追加でお伺いしたい事があります。1988年製のモンキーRを所有しておりますが、最近めっきり乗らなくなりました。そこで2年放置しておりましたら(室内で)タンク内が錆び、キャブレター内のガソリンがドロドロになり、フロートが腐食しました。前質問にてタンク内の錆の取り方についてはご回答いただきました。乗らない場合の長期保存方法について教えて頂きたいと思います。(エンジンオイル、ガソリン等について...。)ちなみにエンジンは武川の88cc、オイルクーラーはアールズの6段です。よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

氷の入ったコップのまわりに水滴が付くように、気温差でタンクの中にも水分が溜まってしまうので、面倒でも1月に何度かバッテリー充電のつもりで、水抜き対策をして動かした方が良いと思いますが?何年もエンジンを動かしていないといきなりエンジンをかけるとかなり負担がかかり良くありません、エンジン内部のオイルなどが必要なところになくなってしまうかです、オイルが行き届く前に金属がこすれあうのですから、それとキャブのドレンボルトも忘れずに緩めキャブ内の水を抜きましょう。

2年乗っていないのなら(エンジンを1度もかけない)もし自分だったらとりあえずバイク屋にオーバーホールに出します。長く乗るつもりならオーバーホール後定期的に乗車し調子を見ながら、もったいないけれどエンジンオイルも定期的に交換するのをお進めします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報