4月17日はQueenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

着物の色によって身分が違うみたいな話を聞いたことがあります。紫は最高身分の人、みたいな。赤の着物はどんな場合に、どんな人たちがまとったのでしょう。わかる方、教えてください。時代の特定はありません。できれば詳しく知りたいのですが。

A 回答 (1件)

ご質問にある「紫は最高身分の人」…というものは、


「冠位十二階」に、
これは(603年)初の冠位ですがこのときに紫、青、赤、黄、白、黒の色が当てられています。(位と色が対応)
内容については、下記URLをご覧ください。

書籍としては、
「有職故実図典」 鈴木敬三著 吉川弘文館
「日本の色辞典」 吉岡幸雄著 紫紅社
「かさねの色目」 長崎盛輝著 青幻舎
がご参考になると思います。

女性に限って言えば、唐衣(からぎぬ)では、赤色は女御以上および内親王に使われていました。
●平安時代の女性の細かな身分と色については「かさねの色目」が特に詳しいのではと思われます。(文庫本で入手し易いでしょうし)

何らかのご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.sol.dti.ne.jp/~hiromi/kansei/r_ikai.h …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング