ワインの名前でCUVEE(スペルあってる?)=キュベって言う言葉が入っているものが結構ありますが、このキュベって何ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「キュベ」とは、ワイン生産者や販売者が、スタイルや品質、またマーケティング用に、独自に選別し樽詰/瓶詰したワインのことです。



例えば、川島なおみはフランスの生産者に依頼し(どこかの商社の企画でしょうが・・・)、Cuvee Naomiと言うのを作っています。

Cuveeがついているからと言って必ず良いワインという訳ではありませんが、企画物としてそのブランドのワインの中では、上級の物が多いように思います。
    • good
    • 11

フランス語の発酵槽を意味するキューヴ(cuve)から派生した言葉です。

生産者や販売者が独自に選別し樽詰めしたワインで、特にオススメのものにつけることが多いようです。ただつけるかどうかの明確な基準はなく、生産者や販売者の判断に任せられているものになります。
    • good
    • 0

専門家紹介

食のことならLoveTableLabo.

職業:料理講師

商品企画・レシピ開発・撮影・フードコーディネートのことならLove Table Labo.(ラブテーブルラボ)

Love Table Labo.は食に関するプロ集団です。登録スタッフは600名以上(2016年12月現在)。
お客様に喜んでいただけるフードコーディネーター、フードスタイリスト、料理家をキャスティングしご提案します。
商品やサービスの価値を上げ、結果を残せるお手伝いをします。

http://www.love-table-labo.com/

詳しくはこちら

専門家

【キュヴェ】 (Cuvee:フランス語)


ブレンドの意。良い樽のワインを指すことも。

参考URL:http://www2.winegrocery.com/enjoywine/w_term/
    • good
    • 5

コンバンハ。


キュベとは発酵漕を意味するキューヴ(Cuve)からできた言葉で、
発酵漕の中のワインという意味だそうです。

この事から「Cuvee ○○」とは、○○という特定な発酵漕のワインのことであり、特別なロットのワインという意味を含むことがあります。
(以下URL参照)

参考URL:http://www1.u-netsurf.ne.jp/~urase/drink/winedas …
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコルクではないワインのキャップの開け方を教えて下さい

お土産でもらったカナダのワインですが(CANADIAN MAPLE WINE)、キャップがコルクではなく、しかし、コルクのような形で4cm位の長さでボトルに入っています。
多分プラスティックだと思います。
通常のワインオープナーでは硬くて刺さりません(開けられません)。

方法をご存知の方、お願いします!

Aベストアンサー

プラスティック製だとしたら、中へ押し込んでしまうのではないでしょうか?
コルクの栓もそうしてしまう人を見たことがあります。

Qワインってどんな味なんですか?赤ワイン、白ワインのそれぞれの味を教えてください!

ワインってどんな味なんですか?赤ワイン、白ワインのそれぞれの味を教えてください!

Aベストアンサー

赤ワイン
グレープジュースの甘みを取って 苦みと渋みを付け加えた感じ
始まりは食事の時 チーズ(本場は臭いもキツい)やジビエ料理の癖を消して美味しく食べる飲み物
白ワイン
甘みが強いのでジュース感覚で飲め 魚介類に合うと言われてる。

料理に合わせてワインを選び飲むのが普通です。

私は魚介類は日本酒の方が合うと思う。

Qワインの開け方

いつもお世話になってます。早速なのですが今晩,軽い気持ちでワインを買ったのですがワインオープナーが自宅に無いことを考えていませんでした。そこで・・・少々乱暴ですがオープナー以外でコルクを抜く方法がもしあれば教えていただけませんでしょうか??
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

切れ味が良く、かつ細身のナイフを差し込んで、
コルクの栓を真っ二つに綺麗に切って、
ビンの中に落としてしまえばいいんです。
そうすればヘンな屑は出ません。
そうそう、まずはビンの口の上端で水平に切って、
それからグサッと中に差し込んでいくんですよ。

螺旋のオープナーを使わず、ナイフだけで開けるバーテンさんもいます。
もちろん、プロはそれでも栓を綺麗に外に出してしまいます。
中に落とすなんてことはしません。

なお、文房具のカッターナイフはダメです。
あれだと、途中で折れちゃったら危ないですので。

それとか、千枚通しでも何でも手段を選ばず栓を粉々にしてしまい、
あとから茶漉しとかコーヒーのフィルターみたいなのでろ過しながら
飲むとか、荒業もありです。

Q赤ワイン用の葡萄を使って、白ワインを作っているのってあります?

赤ワイン用の葡萄を使って、白ワインを作っている地方とかありますか?
この質問をするわけは、ドイツの古城街道のシュワーベン地方とフランケン地方の境のあたり(ぎりぎりシュワーベン地方)で、キャプションでは「赤ワインをふるまう」と書いてあるのに写真では黄色っぽい色をしているからです。黄色っぽいのも白ワインと思うのですが。
赤ワインようの、たとえばカベルネでも皮をむいて処理したら一応白ワインになりますよね?でも一般的ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

 赤ワインの色はブドウの皮から抽出されたものですから、皮を一緒に仕込むことで色がつきます。ブドウの果汁を絞るときに皮を分離できますから粒の状態のブドウの皮をむく必要はありません。

 白ブドウから作られた白ワインをブラン・ド・ブラン、黒ブドウから作られたワインをブラン・ド・ノワールなどと呼ぶこともあります。蛇足とは思いますが、フランス語でブランは白、ノワールは黒の意です。

 まあ、赤ワイン用ブドウで白ワインを作るのはあまり多くありませんが、例外はシャンパーニュ(シャンパン)で、シャルドネはもちろん使いますが、ピノノワールやピノムニエなどの黒ブドウから作られるシャンパーニュはたくさんあります。

 ドイツワインの件が本題でした。ドイツはヨーロッパでも北のほうに位置しています。ヨーロッパにおけるブドウ栽培の最北限はドイツです。こうした寒い地方では黒ブドウにもあまり色素が乗らずに、赤ワインを作っても濃い赤にならないと聞いています。ただ、黄色っぽく見えるほどではなく、ロゼに近い色になるはずですが...。その写真、そう思ってみたら黄色ではなくロゼに近い色に見えませんか?そんなわけないか(^^;

 回答になってませんね。ごめんなさい。

 赤ワインの色はブドウの皮から抽出されたものですから、皮を一緒に仕込むことで色がつきます。ブドウの果汁を絞るときに皮を分離できますから粒の状態のブドウの皮をむく必要はありません。

 白ブドウから作られた白ワインをブラン・ド・ブラン、黒ブドウから作られたワインをブラン・ド・ノワールなどと呼ぶこともあります。蛇足とは思いますが、フランス語でブランは白、ノワールは黒の意です。

 まあ、赤ワイン用ブドウで白ワインを作るのはあまり多くありませんが、例外はシャンパーニュ(シャンパ...続きを読む

Qワインの美しい開け方

ワインのコルクを抜くときに使ってるオープナーは、
女の人がスカートはいてるみたいな形の物(仮に★とします。)使ってるんですが、
頭の所、くるくる回すと両手がバンザーイとなって、
最後に両手をぐいっと下げるとコルクが簡単にはずれるヤツです。
このタイプのオープナーでないとうまくコルクが抜けません。

ですが、まわりに付いてるフィルムがうまくはずせません。
ナイフの付いたオープナーも持ってるので、それで一旦切ってるんですが、
きれいにはずせた試しがありません。
いつも破れちゃうので、ビリビリ手でむいてます。

きれいにフィルムをはずすのにはどうしたらいいのでしょうか?
また、★のオープナーを使うときには、ナイフも別に使って開けるものでしょうか?
それとも★のオープナーのみで開けることもできるんですか?

どなたか知ってらっしゃる方お願いします。

Aベストアンサー

★式のワインオープナーはウイング式というみたいです。
コルクの周りについているフィルム状のものは、ウイング式だけでは開けられませんので、ナイフやカッターで切ることになります。ナイフで上手に切るのは熟練を要しますよね。そこで「フォイルカッター」なるものがあります。ワインの口の少しくびれた部分に回転式のカッターがついたフォイルカッターを当て、カッターを軽く握りながらぐるっと半周させるときれいにフォイル部分が取り外せます。

文章にするとややこしいのですが実際は1,2秒で簡単に切ることが出来ます。ウイング式のコルクオープナーとセットになった同じデザインのものも売っています。私も愛用しています。

ワイン屋さんや輸入雑貨屋さんで売ってると思います。とりあえず「フォイルカッター」で検索してみてください。価格も高いものではありませんよ。

Qワイン好きの友人にワイングラスとワインをプレゼント

ワイン好きの友人のお誕生日にワイングラスをプレゼントしたいと思っています。
彼女はワインが大好きで、よく一人で海外ドラマを観ながら赤ワインを飲むのが大好きなのです。
以前お店で飲んだときに、タニックのグラスでワインが出てきたときに、こういうのが欲しいと言っていました。http://item.rakuten.co.jp/aben/10005188/
値段が2千円とお手頃ですが、せっかくなので自分では購入しないもう少し高価なグラスのほうがいいのかなとおも思います。
予算は1万円です。
グラスだけでは味気ないので、赤ワインと一緒に送りたいなと思いますが、どういうグラスとワインがいいのか全然わからないので、アドバイスお願いします。
エノテカのグラスはどうなのでしょうか?
飲み口がいいグラスが希望です。
ワインも軽すぎない赤ワインを希望です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はグラスはリーデルと決めています。
今も、飲みながら書いてます。
ショップへ行けば飲むワインに応じたグラスをアドバイスしてくれますよ。
http://www.riedel.co.jp/

私は業務用の安価判で丈夫なのを普段は使ってます。
特別なワインを開ける時のためにハンドメイドのグラスも用意してます。

で、今飲んでるのはこれ。
http://club.coneco.net/user/22544/review/100136/
リーズナブルだけど間違いなく美味しいです。
ブログでもリーデルのグラス使用とありますね。
重めの赤が好きな女性ならきっと気に入るでしょう。
高いワインが美味しいわけでもないですからね。

ご参考まで。

Qワインの開け方がわかりません

ワインを頂いたのですが、
コルクの上に金具のような硬いものがついていて、
カッター等で切っても傷一つ付きません。
ソムリエカッターとかいうのが必要なんでしょうか?

家にある道具で開けられないのですか?

Aベストアンサー

ソムリエナイフが適していると思いますが、カッターやナイフなどでも切れますよ。
切るときはフチの段になっているところに沿ってクルっと一周切りはがします。
伝わるか不安ですが頑張ってくださいね。

Q白ワインよりも、コテコテの赤ワインが好みって邪道ですか?

 例えば・・・
 多人数の酒の席で、今日はワインを飲むとなったとき
 何故か、自分以外の皆は白ワインを注文したがります
 私が好む濃厚な赤ワインは、誰も好まない様子です

 因みに
 赤色の靴下は嫌いです
 赤色の服も好みません
 自動車も赤色系を所有したことはありません
 だけども赤色のワインだけは、本当に美味しいな~
 と、心底と感じています
 とある方から忠告されたのですが
 こんな私は邪道ですかネ?
 
 肉でも魚でも、赤ワインでやっちゃいます ^^;

Aベストアンサー

日本はワインが主流の国ではなく、当然飲み慣れた方も少ないでしょう。
一般的に考えれば、白は万人に飲みやすいものが多く、赤は渋い感じなので、飲み慣れたり好みが偏る方が多い、それだけの理由なので、邪道などという観点で考えること自体、ありえません。

しいて言うなら、これも一般的ですが、赤は肉料理を引き立てるような味であるとか、専門家などは、このワインは○○によく会うという批評などがされます。
貴族やブルジョアの食事会などではないでしょうし、先にお答のように、ご自分の好みで飲まれる方、国なども多いです。

Qスパークリングワインの持ち運び及び開け方

私はワイン初心者の者です。
宜しくお願いいたします。

来週会社の先輩の家で忘年会があり、
いつもお世話になっているので感謝の意味を込めて
人生で初めてのスパークリングワイン(自分の財力では高級です。笑)を買いました。

割と有名なものなので
喜んで頂けるかな、とも思っていたのですが、
噂ではスパークリングワインは持ち運んでから開けると吹きこぼれてしまうというのです。

それが本当かどうかはわかりませんが
実際持ち運んで先輩の家で無事に開けることは可能なのでしょうか?

忘年会自体は朝まであるようなのですが、
できれば一番盛り上がるときにでも開けれるといいなと思っております。

どなたか詳しい方、知恵をお貸しください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

既に回答されている方の中には、スパークリングワインとシャンパンとを別物のように考えておられる方々もおられるようですが、発泡性のワイン全体を、英語でスパークリングワインと呼びます。

フランスでは、ヴァン・ムスー、
ドイツでは、シャウムヴァイン、
スペインでは、ヴィノ・エスプモーソ、
イタリアでは、ヴィノ・スプマンテ、
と言い、いずれも各国の言語で、発泡性ワインのことです。

フランスの発泡性ワインで代表的なものが、シャンパーニュ地方でシャンパン方式で造られるシャンパンなのです。
シャンパンは瓶内で二次発酵を起こさせ、その際に発生した炭酸ガスで発泡性を持たせます。
同じフランスでもそれ以外の地方の発泡ワインには、シャンパンの名称は使用できません。
例えば、ソミュール・ムスー、ブランケット・ド・リムー、クレマン・ダルザスなどの名称が与えられます。
フランス全体の発泡性ワイン生産量のほぼ3分の2が、瓶発酵法です。

ドイツでは、瓶発酵法のものは10%にも満たず、大部分がタンク発酵法で、密閉タンクで二次発酵を行わせ、無菌濾過後、瓶詰します。特定の基準を満たしたものがゼクトと呼ばれます。

スペインでは、90%が瓶発酵法です。シャンパン方式によるものが、カバと呼ばれます。

イタリアでは、10%が瓶発酵法で、他はタンク発酵法です。

製造法としては、カーボネーション法もあります。
ワインを冷却し炭酸ガスの溶解度を大きくした状態で炭酸ガスを吹き込み、発泡性を持たせるものです。
私の経験では、この方法で造られたスパークリングワインは、瓶発酵法やタンク発酵法で炭酸ガスが生成されたものに比べ、抜栓後の泡立ちの持続性は短いように思います。
自然に溶け込んだ炭酸ガスの方が、細かい泡がいつまでも続きます。

以上は、ご質問への回答ではありませんが、まずスパークリングワインというものを正しく知って頂くために、最初に説明させてもらいました。

<割と有名なものなので>
とのことなので、上記のどのタイプのものなのでしょうか?
<高級>
だというからには、シャンパンのような気もしますが。

いずれにせよ、スパークリングワインを供するのは冷えた状態でなければなりません。
レストランなどでは、冷えた氷水を入れたバスケットに瓶を浸けておいて、テーブルまで持ってくるものです。
購入されたスパークリングワインが、今あなたの家に置いてあるのなら、まず冷蔵庫で冷やしておきましょう。
忘年会の会場までは、新聞紙のようなものに包んで、手提げ袋に入れて持ち運べば、振り回したりしない限り、特に問題はないと思います。
会場では、氷水を入れたバケツを用意してもらって、実際に抜栓する時までその中で浸けておきます。
十分冷やしておけば、スパークリングワインの栓を抑えているワイヤーをはずせば、割合容易に栓は抜くことができます。
ただし、瓶の口は、人がいない方向に向けておきましょう。
栓を手で必ず押さえておいて下さい。「ポン」という音で栓は抜けます。
よく栓を飛ばしてみたがる人もいますが、正式にはこの音をさせることの方が重要だと言えます。
あまり冷えていないような時には、ガス圧が高まって暴発することもありますので。

既に回答されている方の中には、スパークリングワインとシャンパンとを別物のように考えておられる方々もおられるようですが、発泡性のワイン全体を、英語でスパークリングワインと呼びます。

フランスでは、ヴァン・ムスー、
ドイツでは、シャウムヴァイン、
スペインでは、ヴィノ・エスプモーソ、
イタリアでは、ヴィノ・スプマンテ、
と言い、いずれも各国の言語で、発泡性ワインのことです。

フランスの発泡性ワインで代表的なものが、シャンパーニュ地方でシャンパン方式で造られるシャンパンなのです。
シ...続きを読む

Qワインって常温保管しても大丈夫ですか? 母の誕生日プレゼントにスパークリングワインを買ったのですが、

ワインって常温保管しても大丈夫ですか?
母の誕生日プレゼントにスパークリングワインを買ったのですが、誕生日は明後日の19日です。しかしながら冷蔵庫に入れておくとバレてしまうので、比較的室温の低い押入れに隠しておくつもりなのですが大丈夫でしょうか?保冷剤などと一緒に保管したほうがいいでしょうか?
お酒は素人なのでご教授願いますm(_ _)m

Aベストアンサー

ワインビジネスに従事しています。

明後日あけるスパークリングワインならば、そのまま押し入れでOKです。保冷剤必要ありません。
召し上がる前日ぐらいから冷蔵庫の野菜室などに入れておいて、温度が6~8度ぐらいにするのがベストなのですが、それだとバレちゃうというならば、飲む30分ぐらい前に洗面器に氷と水、それに塩をひとつまみ入れて(塩を入れると氷の温度がより下がるので)その中で冷やしてもいいです。
ワインのエチケットを濡らしたくないならば、ビニール袋でエチケットに水分がつかないようにして冷やしてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報