【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

鎖骨骨折で後遺症の認定について 去年11月30日に交通事故に遭い右鎖骨骨折して手術でプレートを入れました。7ヶ月が経ち今現在痛みと痺れが有り鎖骨の繋がりがまだ6、7割でリハビリ通院中です。そこで質問ですが、プレートを取らないで症状固定し後遺症診断すれば骨の変形で認定されるのでしょうか?今現在は、プレートがモッコリと膨らんで目で見ても変形してプレートごと骨に成りつつあります。どなたか詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 日頃忙しくて中々ログインできませんが、どなたも回答されないようですので回答します。



>右鎖骨骨折して手術でプレートを入れました。7ヶ月が経ち今現在痛みと痺れが有り鎖骨の繋がりがまだ6、7割でリハビリ通院中です。

 お見舞いを申し上げます。
 プレート固定が行われたようですが、鎖骨の場合は骨折の態様によって骨癒合(骨がつながること)が遅延するケースがあります。



>プレートを取らないで症状固定し後遺症診断すれば骨の変形で認定されるのでしょうか?

 プレートが挿入されたままで治療終了することは、基本的にはお勧めできません。
 鎖骨のプレート部に外力が加わった場合に痛みが発生することもあります。
 鎖骨そのものに変形が認められたり、つながらずに偽関節状態となった場合、あるいは肩関節の可動域制限が残存したときは後遺障害に該当することもあり得ます。

 実際に後遺障害に該当するか否かは、こういうサイトでは画像や症状が確認できないという難点があるため、間違いのない回答は不可能であると考えてください。
 プレートが挿入されているからと言う理由だけで後遺障害が認定されるという事はありません。

 プレートとは本来異物ですから、抜去できるものは抜去するのが基本です。
 ただし、抜去できない理由(高齢で全身麻酔が危険であるとか、骨癒合が得られていない等)が存在することもあり、必ず固定金具が抜去されると決まっているものではありません。
 7ヶ月で6~7割つながっているなら、1年程度経過すると完全癒合する可能性もあります。
 
 ただし、2年程度の長期となったケースもあります。
 焦らずにリハビリを継続することをお勧めします。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。参考になりました。腐らずリハビリに励みます。

お礼日時:2010/07/18 01:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨折の抜釘手術は生命保険の支払い対象にはならないのですか?

1年前に腕を骨折して、プレート入れる手術をしました。今回、経過良好につき、抜釘手術を行いました。(ともに全身麻酔の観血手術)

生命保険会社の入院通院の保証のある障害保険に入っているのですが、保険会社より"初回のプレートを入れる手術は対象となるが、今回の分は保証対象にならない。これは他の保険会社でも同様なので了承ください"と言われています。

納得いきませんが、そういうものでしょうか?

Aベストアンサー

>>ただ、入院給付金も出ないと言われています。

No.1です。
すみません、質問の本文をよく読んでいませんでした。
生命保険会社の医療保険でなく、「傷害保険」にご加入なのですね。

傷害保険はケガによる入院や死亡等を保障します。
骨折による手術・入院ですので、前回の入院は「災害入院」に該当して、手術給付金・入院給付金は当然支払われました。

ところが、骨折が一年前ということで、今回の手術のための入院は災害入院に該当しなくなっているのです。
「不慮の事故の日からその日を含めて180日以内に開始した入院」が災害入院給付金の支払事由であり、事故の日から180日を越えて入院または再入院した場合には「疾病入院」に該当します。(災害入院の定義を約款でご確認ください)
「傷害保険」には「疾病入院」に対する給付はありません。

ですから、医療保険に入っていた場合には、1回目の手術・入院に対し手術給付金と入院給付金、今回の手術・入院に対し入院給付金が支払われましたが、傷害保険ということなので、今回の入院給付金は支払われません。

抜釘術が骨折の日から180日以内に行われているか、お入りになっていたのが傷害保険でなく医療保険であれば、2回目の入院給付金は出たということです。
でも、時間は戻せませんものね・・・

>>ただ、入院給付金も出ないと言われています。

No.1です。
すみません、質問の本文をよく読んでいませんでした。
生命保険会社の医療保険でなく、「傷害保険」にご加入なのですね。

傷害保険はケガによる入院や死亡等を保障します。
骨折による手術・入院ですので、前回の入院は「災害入院」に該当して、手術給付金・入院給付金は当然支払われました。

ところが、骨折が一年前ということで、今回の手術のための入院は災害入院に該当しなくなっているのです。
「不慮の事故の日からその日を含めて180...続きを読む

Q後遺障害認定にかかる時間・認定書が送られてくるのは?

●今年、1月中旬に「後遺障害診断書」を任意保険会社(任意一括にしているので)に郵送しました。
●3月中旬:あまりにも時間がかかっているみたいなので、医師にMRIなどの借受などの請求が任意保険会社からあったのか訊ねたところ「何の請求もありませんよ」いう回答でした。
任意保険会社にクレームを伝えたところ何の手続きがされていない状態でした。その直後、任意保険会社から整形外科へレントゲン・MRIの借受がされました。
●4月20日頃に自賠責保険から任意保険会社に「後遺障害14級」が認定されたと確認がとれたので示談交渉を開始しました。

■質問■
「後遺障害認定書」については、しばらく時間がかかると任意保険会社の担当は、言っています。

口頭で認定が出て3週間ぐらい経過しているのですが、「認定書」が送られてくるのは、後どのくらいかかるものなのでしょうか?

ちなみに自賠責も任意保険会社も同じ会社です。

Aベストアンサー

No.2で、書いたものです。

自賠責保険は、特殊な保険で、任意保険会社が勝手に料率(保険料)などを決める事が禁止されています。

自賠責保険は、加入時の保険料のうち、取り扱い手数料がいくらと決定されているだけでなく、事務経費などもすべて届け出る必要がある特殊な保険なんです。
ですので、受付事務なども別の部門に分かれていますので、被害者請求をする場合、保険会社のサービスセンターに電話をして、自賠責保険の受付窓口を聞いて下さい。

そこへ申請を行ったものに対して、任保険の担当者は手出しをする事は出来ません。

また、後遺障害の等級認定は、保険会社ではなく、自賠責保険の調査事務所という保険会社を超えた共同で行われている所で行いますので、保険会社とは別な機関と思ってください。
そこで認定された内容に対して、保険会社が認めないという事は出来ません。
(ですが、この組織に被害者が直接等級認定を申請する事も出来ないのです。)

任意保険から等級認定書が来た後、自賠責保険に被害者請求を行う事は可能ですので、自賠責保険の担当部署に異議申し立てを行うことになります。
ただ、この異議申し立ても、あなたから、単にその等級じゃ軽すぎるなどでは根拠になりません。
医師の所見として、客観的後遺障害基準に相当する内容やデータ、写真などの根拠を提示して申請します。
あなたの主治医が「12級だ!」と書いたって、そんなものは認めません。
あくまで測定結果、写真の内容などがすべてだと言う事を覚えておいてください。

自賠責保険の認定結果に関しては、加害者請求(任意保険会社経由)であれば、任意保険会社経由でしか通知は行われません。
任意保険の担当者にいつ出すんだと言っていくしかありません。

No.2で、書いたものです。

自賠責保険は、特殊な保険で、任意保険会社が勝手に料率(保険料)などを決める事が禁止されています。

自賠責保険は、加入時の保険料のうち、取り扱い手数料がいくらと決定されているだけでなく、事務経費などもすべて届け出る必要がある特殊な保険なんです。
ですので、受付事務なども別の部門に分かれていますので、被害者請求をする場合、保険会社のサービスセンターに電話をして、自賠責保険の受付窓口を聞いて下さい。

そこへ申請を行ったものに対して、任保険の担当者は...続きを読む

Q鎖骨骨折について

鎖骨骨折をしてしまった場合、よく変形治癒すると聞きますが、変形がわかるのは骨折後どのくらい経ってからですか?
骨折してから2カ月になろうとしてます。
素人なのでレントゲンを見て もあまり理解出来ません。
バンドで固定をしていましたが、主治医より外す許可が出た為外しましたが変形しないか心配です。
手術はしていません。鎖骨の中央あたりの骨折です。
当方17歳です。今のところ裸になっても少し盛り上がってる程度ですが、今以上に変形することはありますか?
どなたか教えて頂けると有難いです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

身内が鎖骨骨折に過去になりました。

ウチの場合は、柔道中の怪我でしたので、そのまま柔道整復師の下へ。

包帯による固定で1ヶ月少し。まったく、きれいに治りました。

実際に受診している主治医に尋ねるほうがいいと思いますが。

Q慰謝料は通院回数以外認められないのか

交通事故の慰謝料について質問です。

6/1~7/14まで約1月半の間が治療期間ですが、
実質病院には7回。

保険会社から提示されたのは
5200×7×2=72800

確かに病院には7回、これは平日は通えず土曜日だけで
日曜日は病院が休みのためですが、ここで質問です。

(1)1ヶ月半首が痛い状況は続いていたわけですが、それでも
通院回数でしか認められないのでしょうか。
7日毎日通って完治したのと1月半も痛い思いしたものが同じ
評価というのが納得できないので何がしかの根拠が欲しいのです。

(2)5200円という基準額は妥当なものでしょうか。

以上よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通るか通らないか、等級によりますが、「日弁連基準」これで知るだけで金額が変わります。
勿論全て日弁連基準で計算して請求です!
保険会社の意味不明な自社基準に従う理由は、どこにもありません。
むちうちの一番下の14級でも日弁連基準なら慰謝料や逸失利益含めて数百万、12級なら一千万近くになります。
後遺症認定には、医師が必要ですから医師と良好な関係を築き必ず整形外科に通院です。
整骨院だと医師でないので後遺症認定の書類が書けないのです。


私は、10、0のオカマ事故被害者で「バックミラー見てなくて怪我したのが悪い」ってニュアンスの言い方するような保険会社を相手にもう話し合う気すらないので弁護士に依頼して訴訟して闘います。
後遺症残った場合など全て日弁連基準で取れるなら仮に借金しても着手金払う価値ありますから(弁護士特約付いてるなら使えますが私付け忘れてた…、これを期に特約付けました)。
ついでに忘れがちなのが生命保険、交通事故通院で出るか確認して忘れずにきっちり請求しましょう。

知ってる弁護士が有り難い事に相談料金無料にしてくれ、「等級決まったら正式依頼で着手金だけ先に払ってね、取れるだけ取りますよー、成功報酬は貰うけど(笑)」と言ってくれてますから、面倒くさい紛争センターより私は、こちらを選びます。

必ず慰謝料は、日弁連基準請求で!これが基本です。
「裁判にならないと日弁連基準適応されない」なんて保険会社の大嘘信じたらダメですよ。

頑張って下さいね。
お大事に。

書ききれなかったので追記失礼します。
大抵の人は、自賠責基準に毛の生えた金額で示談してしまうんですよ。
残念ながら知識ないが故に保険会社に言いくるめられてしまう人が大半なのです…。
後遺症残る残らないに関わらず、慰謝料は、「日弁連基準で請求!」これを知るだけで慰謝料の金額変わります。
こちらから言わないと「治療打ち切ります、示談金額これです」だけで、示談に持ち込み、後遺症認定を言わない保険会社すらありますよ(エグい手口ですがよく聞く)。
後遺症認定を受けるか受けないか、通る...続きを読む

Q鎖骨骨折後 抜糸 つっぱり 違和感

去年の暮れに交通事故にあい鎖骨骨折しました。
最初の手術は4時間位の手術でプレートを入れて固定しました。
その後は肩のプレートのせいなのか、肩に違和感が毎日ある生活をしてきました。
そして今年の先月の後半にプレート除去の手術を行いました。
プレートを取ってしまえば肩の違和感もなくなり事故前の肩となんら変わらないだろうと思っていました。
そしてこないだ最後の受診で大きい絆創膏みたいなのをを外してプレート除去手術の時に縫った抜糸をしてもらいました。
ですがまだ少し違和感があります。
つっぱた感じがして少し不快です。

抜糸後は仕方がないことなのでしょうか?
時がたてば違和感もなくなるのでしょうか?

また受診して先生に聞けばいいのですが、忙しすぎて受診できそうにないので質問させて頂きました。

お分かりになれれる方がいらっしゃいましたら
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

手術をすると、メスが入ります。切ったところは後でくっつきますが、傷痕なんかが残りますよね。これは結合組織というので繋がっているからです。結合組織は、元々そこにあった皮ふや筋肉とは違うもので、伸縮性がなかったりします。
メスで筋肉や毛細血管や細かい神経などがぶった切られているわけですから、「事故前となんら変わらない」なんてのは無理な話なのです。
ではもし手術をしなかったら?手術をしなくても骨は折れてるわ、筋肉は切れてるわ、というようなダメージがあるわけで、それも修復の過程で結合組織に変わったりします。つまり手術するのとあまり変わらないわけ。むしろ治るのに時間がかかるし、骨が変な形でくっついちゃったらそのひん曲がった鎖骨のまま一生を過ごさないといけないのでそれはそれで問題は起こるのです。もし変にひん曲がった状態で骨がくっついたら「一生肩が上がらない」なんてことも起こります。

大ケガをするってのはそういうことです。またケガによって安静にしていたので、肩周辺の筋肉は筋力が衰えています。そのリハビリも充分にやらないとそれによる問題も起きうるというわけですね。大ケガをするってのはそういうことです。

手術をすると、メスが入ります。切ったところは後でくっつきますが、傷痕なんかが残りますよね。これは結合組織というので繋がっているからです。結合組織は、元々そこにあった皮ふや筋肉とは違うもので、伸縮性がなかったりします。
メスで筋肉や毛細血管や細かい神経などがぶった切られているわけですから、「事故前となんら変わらない」なんてのは無理な話なのです。
ではもし手術をしなかったら?手術をしなくても骨は折れてるわ、筋肉は切れてるわ、というようなダメージがあるわけで、それも修復の過程で結...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較