今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

移動販売での起業方法について

私は趣味でお菓子などを作っているのですが,先日友人からお菓子を販売してみないかと誘いがありました。試しに,幾つかのジャムを託したところ友人の周辺では有難いことに好評だったようです。

そこで可能であれば,仕事に結び付くような形で出来ないだろうかと色々調べています。


保健所に電話で問い合わせたり,ネットで調べたりもしているのですがどうもピンときません。

保健所に問い合わせた時に頂いた回答についても,それをそのままクリアするには相当お金も時間もかかりそうで困っています。

電話で頂いた回答は

・お菓子を製造・販売したいのであれば飲食店営業許可と菓子製造許可が必要。
・それぞれに専用の厨房施設が必要であり自宅の台所ではそれを許可できない。(調理販売する物によって許可とそのための厨房が別に必要。)
・移動販売の場合は,調理後のものを販売する場合は車に対して特別に許可申請は必要ないが,少しでも調理・加工する場合は許可が必要。

とのことでした。

そこで質問です。

例えばケーキ屋さんは店内から見える厨房とは別の場所にもう一つ厨房をもっているということでしょうか?(一つの厨房で複数の許可を得ることはできないそうなので…)

色んな種類のもの調理・販売するとなるとそれに応じて許可と厨房が必要なようですが,場合によっては3つも4つも場所を確保しなければならないということですよね?複数の許可を得ている人はどのようにこれをクリアしているのでしょうか?

ネットで検索した時に
シンクの数が回答に挙がっていたページがありました。

厨房(調理専用施設)の基準はなんでしょうか?


これについては問い合わせるのを忘れてしまったのですが…
ネット販売の場合は,飲食店営業許可以外に必要なものがあるのでしょうか?


その他知っていた方がいいこと等,詳しく教えていただけると助かります。

よろしくお願いします。


*保健所の問い合わせは鹿児島市の保健所で行いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

通常一つの業種でも複数の許可が必要になる場合が多いです。


例えばパン屋だと通常は菓子製造、サンドイッチなどを作ると弁当製造、
牛乳類を売るための許可等々。
これは一箇所で可能ですよ。
必要な設備があれば追加すれば良いのです。
複数不可と言うのは多分一箇所の厨房で同業種の複数の許可を取る事が出来ないって
意味じゃないのかな。

基準は保健所の方が言われている通りです。
許可を出すのも保健所の担当者なのでその方の言う通りの設備が無いと出来ないって
事です。
これは地域や下手をすると担当者の判断でも変わって来るのでどうすれば良いとは
一概には言えないのです。

許可が要らないのはすでに製造包装された市販の製品を売ることだけです。
開封して小分けするだけでも食品製造許可が必要になります。

ネット販売の場合でも同様ですが、送るという事が必要となるので、梱包や包装、
衛生管理等に気を使う必要がありますね。
食品のネット販売は特にこの辺のトラブルが多いそうです。

移動販売の場合は更に場所の確保という問題があります。
公道での商売は禁止されていますので営業は私有地を借りる事になります。

厳しいと思われるかも知れませんが、全ての飲食店はこの段階を経て営業をしています。
開業にかかる経費を取り戻す採算があって初めて商売になるのです。
それでも10年残る店は一割とも言われていますけど…。
    • good
    • 2

> 先日友人からお菓子を販売してみないかと誘いがありました。



それは、ご友人はどういうつもりで言ったのでしょうか。。。
客観的に考えてください。質問者さんが、友人、または友人の友人の手作りのお菓子をいただいて「味はどう?」と聞かれた時、なんて答えますか?「友人の手作りの料理(無償)」と「全然知らない無名の店の商品(有償→お金を出してわざわざ買うかどうか?)」とでは180度違うものです。

もしやるのでしたら、自宅を改造して厨房を作るか、そのような設備のところを借りることになると思いますので、移動販売ではなく店にしたらいいと思います。車で加工しない場合は保健所の許可がいらないそうですが、道路で販売するには警察の許可がいるはずです。鹿児島とのことなので違うかも知れませんが、道路で一箇所に止めて商売するのはまず許可が下りません。公園・広場・スーパー前なども難しいです。個人の土地を借りるしかありません。そうなると月額費用がかなり掛かります。(また、移動販売では商売敵とのなわばり争い等もあると聞きます。)

営業許可の取れる設備については、細かい点が地域によって違いますので、管轄の保健所に再度問い合わせるのが一番いいと思います。
    • good
    • 2

飲食物を販売する場合は、次の二つに分類されます。

1.食堂・レストラン等調理するためのキッチンが必要な業、2.スーパー等パッケージングされた商品を仕入れて加工せずに販売する場合 の二つです。今回のジャム販売の場合は、1.にあたり、最低法律に則ったキッチンと食品衛生管理者の有資格者が必要になります。これは製造した食品が衛生上きちんとした物を作る為の法律であり、製造する物によって衛生基準が違っています。一般に法律ではキッチンの床に消毒剤を流して消毒する事が義務つけられている為、衛生的に製造出来る出来ないではなくて、一般家庭のキッチンでは許可が出ません。それとどの様な加工をするかでキッチンの設備が違って来ますが、全てを納得させるキッチンをひとつのキッチンで造る事が可能なら、数箇所にキッチンを作らなくても良いです。ご質問に挙げたケーキ屋さんの例では菓子製造販売業の許可で営業しているのでしょうから、菓子製造販売業の許可を得られるキッチンが最低一つ有れば良い事になります。したがって店内からガラス越しに見えるキッチンを工夫して許可を得ている場合がほとんどだと思います。

以上の様にして食品製造業(飲食店等)の許可を得られるキッチンで造った食品を移動販売車で販売する場合ですが、許可を得られたキッチンでパッケージングされた商品に何も手を加えないで販売する場合は移動販売業の許可は必要なく、例えばワゴン車の荷台にDYIでご自身で作った陳列棚等を取り付ければ移動販売可能になります。
仮に法律に則ったキッチンで作ったジャムを大きめのタッパーに入れて移動先で小瓶に詰め替えての販売と言う事を考えている場合は、小瓶に詰め替えると言う加工が伴いますから、移動販売業の許可が必要になり、レストランのキッチン同様に法律に則った加工をされた衛生的に許される移動販売車が必要になります。そして細かい事を言うと、移動販売する地域によって移動販売車をどう加工しなければ移動販売業の許可が出ないかの法律が違う場合が有るので、まずは何処に移動して販売するかを考えた上で移動先の保健所に詳しい移動販売車の仕様を問い合わせたらと思います。

料理が趣味の方が作った物(ジャム等)を友人にプレゼントする場合と業として販売する場合とでは法律に則った衛生的と言う問題が大違いになりますから、趣味の世界と仕事とは大違いです。したがって掛かる費用も大違いです。今まで説明したのは保健所に対しての許可の話しで有って、製造に火を使う料理の場合は消防法がらみの問題もあり、キッチンを構成する壁等も燃え難い素材を使わないと営業許可が出ない場合もあります。と言う様に単に料理と言っても趣味と仕事とでは大違いなので、本当に商売としてジャムを販売したいなら、いろいろな許可を得る事と同様に費用もそれなりに掛かる事を理解して始めて下さいね。

以上何かの参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q移動式で花屋+カフェをやろうと思っています。

移動式で花屋+カフェをやろうと思っています。

現在移動式の花屋を1人で経営しています←そのため家賃や人件費はかかっていないため金銭的にも時間的にもわりと自由がききます

花屋は現状のままやりつつ昼間はコーヒー、夜はビール等を出して客単価をあげたいと思っています←自分1人しかいないためメニューは凝ったものを入れず少なめで

実際花束を待っているお客様にサービスで出したコーヒーが好評でした。でも移動販売は車を改造したり保健所に届け出を出さないと正式には飲食の販売ができないみたいなのです。

そこで質問です。いづれか一つでもお答えいただけたら嬉しいです。

(1)カフェの経験はないのですがどのような勉強をすればよいでしょうか?

(2)車「サンバークラシックを使用してます」を飲食の許可がおりるように改造するのはいくらくらいかかりますか?

(3)そもそも移動販売で花屋+カフェは営業してもよいのでしょうか?←他にやっている仲間を見たことがないので…

(4)その他なにか気をつけることはありますか?

最後に、ビジネスなので客単価はもちろんあげたいのですが 一番やりたいなと思った理由は 人が集まってコーヒーでも飲みながら花を見ている図が頭に浮かんで離れないからです。夢を実現したいので厳しい意見でもぜひお願い致します。

移動式で花屋+カフェをやろうと思っています。

現在移動式の花屋を1人で経営しています←そのため家賃や人件費はかかっていないため金銭的にも時間的にもわりと自由がききます

花屋は現状のままやりつつ昼間はコーヒー、夜はビール等を出して客単価をあげたいと思っています←自分1人しかいないためメニューは凝ったものを入れず少なめで

実際花束を待っているお客様にサービスで出したコーヒーが好評でした。でも移動販売は車を改造したり保健所に届け出を出さないと正式には飲食の販売ができないみたい...続きを読む

Aベストアンサー

 part2です。かつてカネボウが滅んだのは、多角化の失敗と言われました。ですから、いまほとんどの経営理論では核となるビジネスを大きくし、そのなれた部分の延長にプラスしないと、失敗しやすいと考えられています。
 ですから質問者の方向を考えるに、まずは花のサービスをもっと高めていく方向に注力される方が、結果が出やすいのではないかと考える次第です。経営戦略におけるヴィジョンは「人が集まって…花を見ている図」という非常に明快なものを持っておられます。その人達が手にしている飲み物の方ではなく、たくさんの人達が集うところにある花のことを、念入り考えてみてはいかがでしょう。
 つまり、人が集まるところへ、その人達が愛でる花を適切な場所へ、適切な時間・タイミングに供給するということです。
 ここからマーケティングがはじまります。どんな人達が、どんな花を手にしたいと思っているか。ここで、これまでの経験が役に立ちます。これまでのお客様を思い起こして、「なぜあの人は、当店の花を欲しがったのか?」を深く考えてみます。売れたときの相手の年代は、ビジネスマンなのか、専業主婦のような人か。という風に、いろんな切り口でお客様像を作って、その一点に合わせて品揃えや、店舗立地の条件を考えてみられると、これからどうするかという将来が理解できるようになると思います。
 そして販売に集中するために、許認可などを調べて、憂いのないビジネスを進められるとよろしいかと思います。
 尚、許認可に関しては、保健所(食品を扱う場合)と近くの警察所(道路を使っていいかどうか。場所によっては私有地ということで所有者へ連絡。)などへといあわせておくと、心配が減ります。

 part2です。かつてカネボウが滅んだのは、多角化の失敗と言われました。ですから、いまほとんどの経営理論では核となるビジネスを大きくし、そのなれた部分の延長にプラスしないと、失敗しやすいと考えられています。
 ですから質問者の方向を考えるに、まずは花のサービスをもっと高めていく方向に注力される方が、結果が出やすいのではないかと考える次第です。経営戦略におけるヴィジョンは「人が集まって…花を見ている図」という非常に明快なものを持っておられます。その人達が手にしている飲み物の方では...続きを読む

Q移動販売の営業許可について

移動販売を始めるにあたり営業許可を取ろうと思っています。
もし私が営業許可を取った都道府県以外で営業する場合、そこの都道府県の営業許可も取らないといけないのでしょうか?
それとも1つの都道府県で営業許可を取れば他の都道府県でも営業できるのでしょうか?

Aベストアンサー

とあるパンの移動販売をしてた者です。
正直いって移動販売はかなりキツイですよ・・・がんばって下さいね!

まず、保健所で移動販売車の許可を取ります。営業したい市、又は都道府県の保健所で取ります。
見られる点は運転席と調理場が仕切りで区切られているかや、シンクがあるか等です。かなり細かく、私は東京の保健所では何度も許可を落とされました^^;
保健所によって見られる所や必要な物が違うので、直接保健所に問い合わせた方がいいと思います。(図面が必要とか、消毒液が必要だとか)
私は神奈川県、東京都で販売をしてたので神奈川県では
「政令四市(横浜、川崎、横須賀、相模原)以外」「横浜市」「相模原市」「川崎市」この4つを取りました。
東京は「東京都」というのが一つだけなのでこれも取りました。
後、これは全国共通なのですが、自分の家から一番近い保健所で「食品衛生責任者」の資格を取ります。これは講習だけで取れます。
許可を取っていない地区で営業を行った場合には罰金になります。

後は、営業をする場所探しです。今は移動販売する人が多いので、これが一番キツイんですよ。場所の取り合いで・・・かたっぱしに電話で営業をかけます。
売上の何%を取られるか、月いくらとかで場所をかしてくれます。
私はスーパーとドラッグストア、お祭り、大手携帯会社でやってました。

余談ですが、道路や公共の場所でやる場合には地元の暴力団の方に月いくらかというショバ代がかかります。
これは払わないと営業の邪魔をされるので払った方がいいです。(月1~3万です)
ちゃんとした場所で営業をする場合には暴力団の方は来ません。もしきた場合には警察に通報しましょう。
後、道路や歩道等での営業は道路交通法違反になり、見つかると切符を切られます。(道路使用許可は移動販売ではほとんどの所が取れません)
私は始めは道路で営業をしていました。そしてしょっちゅう通報をされ痛い目に合いました^^;

乱文長文すみません。引退者からの助言でしたw
他にも分らない事ありましたら何でも教えますよw

とあるパンの移動販売をしてた者です。
正直いって移動販売はかなりキツイですよ・・・がんばって下さいね!

まず、保健所で移動販売車の許可を取ります。営業したい市、又は都道府県の保健所で取ります。
見られる点は運転席と調理場が仕切りで区切られているかや、シンクがあるか等です。かなり細かく、私は東京の保健所では何度も許可を落とされました^^;
保健所によって見られる所や必要な物が違うので、直接保健所に問い合わせた方がいいと思います。(図面が必要とか、消毒液が必要だとか)
私は...続きを読む

Q焼き菓子のお店を2坪で開店したい

私は現在会社員の女で、子供も2人(2歳と0歳)おります。高校を卒業後、調理の専門学校を卒業し実務も積みました。が、調理師免許等々の「資格」は何もありません。
来年自宅を新築する計画があり、そこの土地が国道に面している事もあって、思い切って2坪を店舗にし、こぢんまりとした焼き菓子専門のテイクアウトのお店を出せないかと思案しています。
夫がサラリーマンですのでそのお店だけで生計を立てるわけではありませんが、気楽な主婦の道楽・・・というつもりもありません。けれど正直なところ、開業にあたっての知識がありません。
上記の様な店を出店するにあたり、必要な事(手続き等)や、資格(衛生管理者等)をご存知の方は是非ともご指導のほど宜しくお願いいたします。
また根本的にその様な店を出店するのは是か非か、重ねてご意見お待ちしております。

Aベストアンサー

 dartsloveさん こんばんは

 焼き菓子店を含めた飲食業を始めるに当って、最低条件が「食品衛生管理者」の有資格者と食品衛生法に則ったキッチンが必要になります。これさえ法律に則っていれば焼き菓子のお店が開店可能です。まずは店舗坪数なんて関係有りません。詳しくは保健所で確認して下さい。

 2坪をどういう風に使うかですけど、店舗(販売部分)だけと言う事で使って別途焼き菓子製造所を設けるなら十分可能です。2坪の中に焼き菓子製造所を含めるとなると、チョット狭い感じがします。2坪とは、言ってしまえば四畳半の部屋より狭いですよ。ここに販売部と製造部(法律に則ったキッチン)の両方揃えるのは相当難しい事だと思います。ただし色々創意工夫をする事で上手く作ればやってやれない事は無いと思います。
 では新たに建てる自宅のキッチンを焼き菓子の製造所と考えた場合どうかですよね。この場合は自宅キッチンが法律に則ったキッチンでないと開業許可が出ません。では法律に則ったキッチンとは何か?ですが、詳しくは保健所に問い合わせて勉強して下さい。簡単に言うと、何かあった時に簡単に消毒剤を流して消毒が出来るキッチンの事を言うわけです。と言う事は、極当たり前な自宅のキッチン(おしゃれなキッチン等)を想像しているとチョット違う訳です。そう言うキッチンを自宅キッチン兼と言う事で使う事は法律上問題は無いのですが、そう言うキッチンで家族皆さんが納得するかどうかです。その点をご主人・お子さんに確認されたらと思います。

 自宅の一部を改造して主婦が商売をする事は大賛成です。良いと思います。しかし2坪と言う制約された中で全てを賄おうとするとチョット無理が有る感じを受けます。では新築の自宅キッチンを法律に則った焼き菓子製造所にするべく作った場合のキッチンは家族の方が納得したキッチンになるかと言うと話が別ですよね。ですから、これから始め様としている焼き菓子お店は、建物的問題を含めて家族の理解の上に成り立つ物だと思います。したがって家族の理解がどれだけ得られえるかが是か非の分かれ目ではないでしょうか???

 dartsloveさん こんばんは

 焼き菓子店を含めた飲食業を始めるに当って、最低条件が「食品衛生管理者」の有資格者と食品衛生法に則ったキッチンが必要になります。これさえ法律に則っていれば焼き菓子のお店が開店可能です。まずは店舗坪数なんて関係有りません。詳しくは保健所で確認して下さい。

 2坪をどういう風に使うかですけど、店舗(販売部分)だけと言う事で使って別途焼き菓子製造所を設けるなら十分可能です。2坪の中に焼き菓子製造所を含めるとなると、チョット狭い感じがします。2坪と...続きを読む


人気Q&Aランキング