58歳の父からの質問です。去年の9月頃から症状が出始め、今は左手、左足の機能が低下しており、歩行速度も遅く、頭が重い等といった症状が見られるようです。医学書で調べたり、病院にも通っているのですが、もっと情報が欲しいと思っています。もし何かこの病気について知っていることがあれば何でも良いので是非教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 頚髄症(正確には頚椎症性脊髄症といいます)は、頚椎の加齢的変化によって神経(頚髄)が圧迫を受ける病気です。

ほとんどの場合、整形外科で治療します。症状としては、腕や手にかけて(上肢)のしびれ感や痛み、知覚障害(触った感じが鈍くなる、皮膚が分厚くなったような感じ)から始まることが多く、症状の重い人は、握力が弱くなったり、お箸が持てなくなったり、痙性歩行といって歩く時に思ったところに足が出せなくなったりします。もちろん頚椎の病気なので、首の痛みやそれによる頭重感なども出現します。まず最初は、お薬とリハビリで経過を見ますが、症状が進行性で日常生活にも支障を来たす程度であれば入院の上でのリハビリなどをします。しかし、病院によっては治療に長期間を費やすよりも、病変部がハッキリしている場合は手術を勧める場合もあります。必要な検査としては、頚椎のレントゲン撮影、頚椎のMRIやミエログラフィー(髄液内に造影剤を注入する検査)などをします。これらの検査結果を見ていないのでなんとも言えませんが、お父様のように症状が左半身に集中している場合、脳の方も鑑別してもらう必要があるかもしれません(例えば脳梗塞の場合は症状が半身に出ることが多い)。簡単な説明なのでまだまだ分りにくいところがあると思いますが、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

父より、「誠にありがとうございました。ご回答を考慮し、主治医の先生に従い、治療を続けて参ります。」とのことです。
 ありがとうございました。
 

お礼日時:2001/04/14 14:37

 himeroさんが詳しく書かれておりますが、診断はどのようにしてなされたのでしょうか?もしも確定的な診断(CT,MRI,MRA,ミエログラフィーなどで診断がなされた)だとすれば症状的には、保存的治療なら頚椎の牽引を中心とした理学療法とビタミン剤(B1、B6、B12やE)、筋弛緩剤などの内服薬での治療が一般的です。

ただ症状が重く上肢ではマヒや筋萎縮、下肢では歩行障害などを来すようになれば手術を考える必要があるかと思われます。診断が正しければ現在の年齢からすれば、いずれ手術適応となりそうな気がします。いずれ手術なら早くやればいいかと言えば一概にそうとも言えません。決して安易にやるべき手術ではありません。どうしても必要になったときにやるべきです。確率的な話で申し訳ありませんが80%以上は手術適応になるだろうと想像してるだけです。5分の1は手術は必要ないとすれば宝くじの末等に当たるより手術しないですむ確率のほうが倍も高いのですから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

父より、「誠にありがとうございました。ご回答を考慮し、主治医の先生に従い、治療を続けて参ります。」とのことです。
 ありがとうございました。
 

お礼日時:2001/04/14 14:35

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「頚椎症性脊髄症」
さらに
http://www.jichi.ac.jp/usr/publ/publsemi/makio/s …
(変形性頚椎症性脊髄症)
専門的ですが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.medj.net/clinic/qa/c_spine/mye.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q頸髄損傷になってしまった場合

叔母が慌てて階段を下りたために、階段から落ちてしまい、
頸髄の5番というところをいためてしまったそうです。

頸髄の上のほうをいためると危険だとは聞いたことがあるのですが、
頸髄の5番をいためた場合、それが直接的又は間接的な原因で
死んでしまうことってあるんですか?
また、入院ばかりでなく、家で生活することはできるんですか?
(家で生活できるのだとしたら、散歩くらいはできるんでしょうか)

家族や友人も詳しくないようなので、もしご存知でしたら回答お願いします。

Aベストアンサー

言葉としては頚髄損傷で合っています。完全麻痺か不全麻痺か、症例により回復の程度には大きな差があります。
非骨傷性頚髄損傷で麻痺が軽度の場合は歩行できるまで回復するケースもありますが、麻痺が強ければ介護が必要となります。褥瘡や肺炎で死亡することもあるでしょう。

いためているというのがどの程度かによって、深刻さが全然違いますので、ここでの回答は困難です。担当の先生に相談してみましょう。

Q福島原発事故による放射線の影響が出始めるとしたら

福島原発事故による放射線の影響が人間に出始めて、十分に検証するとしたら、

東北から関東圏で、現在、乳幼児くらいまでの子ども同士が結婚して
それで生まれた子が成人位までになって、統計が取れるようになる頃でしょうか?

Aベストアンサー

チェルノブイリの事故をお調べになるといいかもしれません。
個人的には10年~30年後頃その影響が顕著になるのでは、と思っています。

Q頸髄損傷の人

頸髄損傷の人は独立行政法人自動車事故対策機構からお金をもらうことができないのですか?

Aベストアンサー

独立行政法人自動車事故対策機構の介護料の件ですね。
介護料の対象となる脊髄損傷には、頸椎損傷も含みます。

脊髄は、その部位によって名称が違います。
ですから、どこを損傷したのかによって、頚髄損傷・胸髄損傷・腰髄損傷・仙髄損傷・尾髄損傷‥‥などと区分けしますが、要はすべてが脊髄損傷です。

脊髄損傷の4分の3は頸椎損傷で、重症例が多いそうです。
いずれにしても、前回もお答えしたと思うのですが、参考URLをごらんになっていただいた上で、機構に電話などで確認してみてはどうですか?
機構に直接問い合わせるのが、ネットの情報を探すよりもはるかに確実だと思います。

参考URL:http://www.nasva.go.jp/sasaeru/taisyou.html

Q左足違和感と痺れに関して

はじめまして。昨夜から急に左足の膝下(説明不足ですが、左足の膝下で太い骨が一本出ている辺り)の突っ張り感、痺れが取れません。座っている時は膝下の痺れ、突っ張り感は感じませんが、歩くと症状が出る状態です。
特に重い物を持ったという覚えも無く、仕事も座りながら行う仕事なので思い当たる節がありません・・。今年の健康診断での採血では中性脂肪が高いと指摘されました。現在、年齢は40歳ですが、何科を受診したら良いのでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

医療関連の仕事をしていますが、
整形外科、外科を診療している病院にかかって下さい。

Q頸髄腫瘍

父が手のしびれがあり、ずっと整形外科に通っていましたが、
なかなか良くならないためにきちんと病院で検査を受けました。
そうしたら、頸髄腫瘍(2~5)と診断され、手術が必要との事でした。
難しい手術みたいで、すごく不安です。
いろいろと調べて見ましたら、都内だと慈恵医大や慶応大病院が実績がありそうなのですが、その辺で名医などの情報をお持ちでしたら教えていただけますか?
また、手術内容や後遺症・入院期間やリハビリ期間などについても、アドバイスいただけたら助かります。宜しくお願い致します。
手術すると、手足などの後遺症がかなり出ることが多いらしいので、心配で仕方ありません。

Aベストアンサー

ご心配ですね。頸髄腫瘍だと顕微鏡手術が必要だと思いますので、大きな病院に掛かる事が必要だと思います。慈恵医大では舟崎裕記先生、曽雌茂先生、慶應大学病院では教授の戸山教授が脊椎脊髄が専門の先生ですから、千葉、松本両助教授、中村雅也先生だと安心だと思います。

脊椎脊髄を得意とするこのほかの医療機関では、千鳥ヶ淵にある九段坂病院、国立病院機構村山医療センターが有名です。

手術内容は顕微鏡で神経を確認し、分けながら腫瘍を取り分けていく作業だと思いますので、大きさや場所によって治療の期間が変わってくると思います。ですので是非手術件数の多い、経験有るドクターにかかる必要があると思います。

Q左手小指から左腕のしびれ

 半年前から左腕の肘付け根あたりが痛く、近くの整形外科に受診しました。腱鞘炎ということで、二日に一回シップ、電気などの治療、週一回のステロイド注射をうけましたが2ヶ月経ってもよくなりません。その後テニスやゴルフをしたこともなく、またパソコンなどをめちゃくちゃしたこともありません。その後ほうっておいたらちょっとよくなりました。
 で、2,3年前から左臀部から大腿部にかけて歩行中痛みがあるので、大きな病院の整形外科に受診したところ、しびれは有るかとの問診にないと答えてしまいました。レントゲンを撮ったところ、股関節に異常はありませんでした。ところが、この2週間ほど、左小指のしびれがあり、また右小指もそれより弱いしびれがありました。このしびれは就寝時にあり、そのせいか4時間ぐらいの睡眠ですぐ目が覚めます。そして起きたとき左小指から左肘にかけて、そして右小指もしびれがあります。ふだん腕をダラッとしているときも若干だるい感じです。
古い症状から言うと、以下のとおりです。
1.左頭部に近いうなじあたりの痛み(首を急激に左に曲げた時)
2.左臀部から大腿部にかけて歩行中の痛み
3.左肘の付け根の筋肉の痛み
4.左小指のしびれ、左肘から下の腕全体のしびれ(最近)
神経的なものなのでしょうか?

 半年前から左腕の肘付け根あたりが痛く、近くの整形外科に受診しました。腱鞘炎ということで、二日に一回シップ、電気などの治療、週一回のステロイド注射をうけましたが2ヶ月経ってもよくなりません。その後テニスやゴルフをしたこともなく、またパソコンなどをめちゃくちゃしたこともありません。その後ほうっておいたらちょっとよくなりました。
 で、2,3年前から左臀部から大腿部にかけて歩行中痛みがあるので、大きな病院の整形外科に受診したところ、しびれは有るかとの問診にないと答えてしまいました...続きを読む

Aベストアンサー

No.3です。補足ありがとうございます。


>昔、といっても30年ほど前ですが、頚椎の何番目かの骨と骨との間が狭いと言われたことがあります。もしかしたら頚椎に関係する病気なのでしょうか?

今おいくつか分かりませんが、頚椎の劣化は大なり小なり間違いなく進んでいるでしょう。病名で言えば頚椎症、後縦靭帯骨化症、頸椎椎間板ヘルニアなどあります。


>腰痛とかいったものは特段なく、背筋を伸ばした時(座禅をする時など)に1分程度ジーンと腰全体にだるい感じがある程度で、これが普通だと思っています。もしかしたら普通でないかも…。

腰に自覚症状がない坐骨神経痛もあるので厄介なんですね。実際の患者さんでも腰に自覚症状を訴えない方は多くいます。しかし貴方は症状の出現まで一分程とかなり早いですので、レントゲンを撮れば何らしかの異常はあると思います。


>左臀部から大腿部にかけては痛みがあるので、痺れではありません。私も股関節ではないかと思っていましたが、レントゲン写真5枚ほど撮った結果、股関節が原因ではないと医師が言っていました。処方は貼り薬でしたが断りました(不要、一時的なので)。それで治るくらいなら何年も苦労していません。

痺れではなく痛みなのですね。失礼いたしました。ただ腰痛疾患由来の下肢症状の表現として使用した単語なので、痛みも痺れも細かく使い分けるケースではありませんでした。腰のレントゲンは取りましたか?


>肘部管症候群などを合併している
 説明不足でした。3.と4.については、肘、筋肉痛は外側の方です。もしかしたらこの症状には当たらないかと…。

外側というのは手の甲側ということですね。これは実際によく見てみないと分かりませんが、肘部管症候群のほかギヨン管症候群など鑑別診断しなければいけないでしょうね。ただ首にも異常を感じているようですから、頸椎の異常である可能性が一番高いと思います。


>小指については、左臀部の痛みと同じ頃から動かしにくい自覚がありました。たとえば両手で水を救ったりするときなど、ほかの指と違う動き、感覚があり、うまく動かせません。

たまたま臀部の症状と時期が重なっただけで、基本的には関係ないケースの方が多いです。もし関係があるとなれば手術の対象になってきます。実際に見ていないので何とも言えませんが、他の要素をお聞きする限りでも臀部と指の原因は別ではないかと思います。

No.3です。補足ありがとうございます。


>昔、といっても30年ほど前ですが、頚椎の何番目かの骨と骨との間が狭いと言われたことがあります。もしかしたら頚椎に関係する病気なのでしょうか?

今おいくつか分かりませんが、頚椎の劣化は大なり小なり間違いなく進んでいるでしょう。病名で言えば頚椎症、後縦靭帯骨化症、頸椎椎間板ヘルニアなどあります。


>腰痛とかいったものは特段なく、背筋を伸ばした時(座禅をする時など)に1分程度ジーンと腰全体にだるい感じがある程度で、これが普通だと思っています...続きを読む

Q顎の骨吸収が見られる。とは、どういう状態ですか?

中学二年の男子を持つ母です。最近息子が歯医者へ行き歯のレントゲンを撮ったのですが、下顎の骨吸収像が見られるので口腔外科で診てもらってくださいと、紹介状を渡されました。左側の奥歯の奥に、本来なら白く骨が映っているべき場所に骨が映っていません。(右側には骨が映っています)
ネット等で調べても詳しいことがわかりません。
近々口腔外科へ行く予定ですが、行くまでにどんな病気が考えられるのか、知っておきたいです。
どなたか詳しくおわかりになる方、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

実際にレントゲンなどを拝見した訳ではありませんので、
あくまでも参考程度にしてください。
考えられる病気として、とりあえずいくつか挙げておきます。



・エナメル上皮腫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%83%AB%E4%B8%8A%E7%9A%AE%E8%85%AB
歯胚(歯を作る組織)が原因となる良性腫瘍。
患部を押すとペコンペコンとした感覚(羊皮紙様感)などがあります。

・角化嚢胞性歯原性腫瘍(かくかのうほうせいしげんせいしゅよう)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E5%8C%96%E5%9A%A2%E8%83%9E%E6%80%A7%E6%AD%AF%E5%8E%9F%E6%80%A7%E8%85%AB%E7%98%8D
歯胚(歯を作る組織)が原因となる良性腫瘍。
原因となる組織がエナメル上皮腫とは異なります。

・歯牙腫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%AF%E7%89%99%E8%85%AB
実際には腫瘍ではありません。内容物に歯の出来そこないのような
組織が詰まっていることが多いようです。

・侵襲性歯周炎(若年性歯周炎)
http://www.ha-channel-88.com/sisyuubyou/sinnsyuuei-sisyuuenn.html
若年者に見られる急激に進行した歯槽膿漏。
難治性なので、もし該当するなら専門病院の受診を強く推奨します。
歯の動揺や歯肉出血などの自覚症状がなければ違います。



もし、エナメル上皮腫のような歯原性腫瘍なら、大きくなる前の
処置が望ましいので、担当医としっかり相談してください。

おだいじになさってください。

実際にレントゲンなどを拝見した訳ではありませんので、
あくまでも参考程度にしてください。
考えられる病気として、とりあえずいくつか挙げておきます。



・エナメル上皮腫
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8A%E3%83%A1%E3%83%AB%E4%B8%8A%E7%9A%AE%E8%85%AB
歯胚(歯を作る組織)が原因となる良性腫瘍。
患部を押すとペコンペコンとした感覚(羊皮紙様感)などがあります。

・角化嚢胞性歯原性腫瘍(かくかのうほうせいしげんせいしゅよう)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E5%8C%...続きを読む

Q左手人差し指の腱を切断してしまいました

昨日、家内が左手人差し指をはさみで誤って傷つけ指が曲がらなくなりました。整形外科の先生に診ていただいたところ、腱を切断したとのこと、専門の形成外科の先生にということで紹介状を書いていただき明日病院にいくことになっています。治療法についてと元通りに治るものなのか、期間はどれくらいかかるのか等教えていただければ有難いと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご心配のことと存じますが、主治医の先生にしっかりと意見を伺うことが最も重要です。

主治医との話がしやすいように、基本的な知識についてご説明しておきます。
まず、指の屈筋腱(曲げるための腱)には2本あります。このうち、深い方の腱は深指屈筋腱、浅い方の腱は浅指屈筋腱と言います。この2本では深指屈筋腱断裂がより重症です。理由は深いところにあり、骨と接しています。そのために、損傷を受けた腱が骨とくっついてしまい(癒着と言います)スムーズに指が動かせなくなりやすいのです。これは場所によっても違いますが、もっとも治りにくい部分が、指の付け根の部分から第2関節(付け根のしわから指の真ん中のしわ)までの部分です。これは”No man's land”とも言われた事のある部分で、意味は”人が立ち入っては(手術など、人が触れては)いけない領域”と言う意味です。すなわち、手術してもなかなかうまくいかない部分なのです。しかし、最近では技術が進歩してきて、以前ほど言われなくはなっているようですが、治療が難しい部位である事に違いはありません。この部分で浅い方の腱が切れた場合、つなぐと癒着が起きやすい割に、つながなくても機能障害が少ないために、あえてつながない場合もあります。

こういった領域の専門家としては、形成外科(美容整形ではありません)か整形外科で、”手の外科”と言う分野で主に扱われています。

腱の損傷は、リハビリが重要です。これをしっかりやらないと癒着のために指の動きが悪くなります。治療期間は部位やリハビリ内容によって変わってきますが、縫合手術をした場合、最低数ヶ月間は通院が必要と考えてください。

あと、腱が切れている場合、神経も切れている事が高率にあります。専門の先生なら、必ず確認されるとは思いますが、もし確認されなかったら、神経のほうは大丈夫かどうかを尋ねておくとよいでしょう。

主治医の指示をしっかりと守って治療に専念してください。お大事にしてください。

ご心配のことと存じますが、主治医の先生にしっかりと意見を伺うことが最も重要です。

主治医との話がしやすいように、基本的な知識についてご説明しておきます。
まず、指の屈筋腱(曲げるための腱)には2本あります。このうち、深い方の腱は深指屈筋腱、浅い方の腱は浅指屈筋腱と言います。この2本では深指屈筋腱断裂がより重症です。理由は深いところにあり、骨と接しています。そのために、損傷を受けた腱が骨とくっついてしまい(癒着と言います)スムーズに指が動かせなくなりやすいのです。これは場...続きを読む

Q言語文化学とは・・・

何なんでしょう??

課題で論じなければならないのですが、考えれば考えるほどわからなくなってしまいました。

文学の中に見られる当時の社会的背景や価値観について触れもいいのでしょうか?

ちょっとつまずいてしまって困っています。アドバイスしていただけないでしょうか?
参考文献なども挙げていただけますと幸いです。

Aベストアンサー

>言語文化学とは何なんでしょう??
言葉と文化に関わるすべてのことを対象とする学問です。
最近はやりの学際研究というか、生まれたての分野ですし、はっきりこうといえないところがこういう学問のいいところでもありわかりにくいところでもあります。

核となるものがないので、sora-mr さんの好きにやって構いませんが、言葉と文化の両方が絡み合うように論じてください。「社会的背景や価値観」がどのように言葉に表れているか、ということです。

たとえば、
1.言葉を惜しまず説明するのか、沈黙に価値を置くか、(I love you と常にいうのか全くいわないのか、とか)
2.謝罪をするかしないか、謝るにしても理由をきちんと説明するのか、いいわけなどしないのか、
3.敬語を使うのかフランクに仲良くするのがいいのか、
4.ある言葉遣いが特定の地域・階層・年齢・性別に特有のものなのか、(隠語や忌み言葉を含む)


>参考文献なども

古典的なところではサピアやウォーフです。
『言語・思考・現実』 B. L. ウォーフ
(講談社学術文庫)

ジュリア・ペン『言語の相対性について』(大修館書店)
もいいかもしれません。

そのほか Amazon で、言葉と文化、言語と文化で検索してみることを勧めします。

>言語文化学とは何なんでしょう??
言葉と文化に関わるすべてのことを対象とする学問です。
最近はやりの学際研究というか、生まれたての分野ですし、はっきりこうといえないところがこういう学問のいいところでもありわかりにくいところでもあります。

核となるものがないので、sora-mr さんの好きにやって構いませんが、言葉と文化の両方が絡み合うように論じてください。「社会的背景や価値観」がどのように言葉に表れているか、ということです。

たとえば、
1.言葉を惜しまず説明するのか、沈黙...続きを読む

Q記憶力の低下

記憶力の低下
ストレートネックと分かって以来、自分でも自覚できるぐらい記憶力の低下が激しいです。
暗記をしようと思ってもさっき自分が何を書いていたか忘れてしまったり、深く思考することが出来なくなった気がします。
たまに身近な人の名前を一時的に思い出せなくなったりもします。

脳外科でMRI検査をしたのですが、脳には異常がないと言われました。
やはりストレートネックの所為でしょうか?
結構覚えなくてはならないことが多いので今の状態が続くのはとても辛いです。

Aベストアンサー

脳に異常が無いのなら一安心。

あとは鍛えて維持、改善。

まずは週一の家族とのえいがなどの外出と、
しめに外食で充実した会話。テレビや雑誌のニュース程度の話でいいです。

あとはソニーのPSP-3000などのケータイゲーム機を買って、
好きなゲームを暇さえあればやりましょう。

これだけで改善すると思います。
うちの母がそうでした。

ぼーっとしてたのが、いまではしゃきしャキデス。

さいごにお勧めのテレビ番組を。土曜朝9:25-9:55。
NHK教育テレビの「テストの花道」。脳の活性化システムを毎回違ったテーマで紹介します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報