硫黄島のP-51についてです。 硫黄島に展開したP-51は下面にアンテナを増設して従来のアンテナも1本から2本にしている機体が多くみられます。 さらに座席のヘッドパッドが従来のP-51と違って分厚くなって、無線機(?)とも思うような機械が増設されているようにも見えます。 手持ちの資料などでも、これらの装備については記載されていません。 長距離洋上任務のために、硫黄島に配備されてから改造などを施したのでしょうか?ご存知の方がいましたらご教授願います。

A 回答 (2件)

こんにちは



> 硫黄島に展開したP-51は下面にアンテナを増設して従来のアンテナも
> 1本から2本にしている機体が多くみられます。 さらに座席のヘッド
> パッドが従来のP-51と違って分厚くなって、無線機(?)とも思う
> ような機械が増設されているようにも見えます。

ちょっとズバリの写真が見当たらなかったので、半分推測ですが・・。

D型後期(硫黄島の頃でしたら多分該当?)には 様々な航法支援装置が
付加されているようですね。

"P-51 Mustang Pilot's Flight Manual"によれば・・・
→Google Books(書籍)の検索で上記のキーワードを入力して検索して
みてください。

31頁本文に
・・・and the IFF antenna project from the undersides of the
wings・・・
(IFF<敵味方識別>アンテナは主翼の下面より輻射する)
という記述が一応あるのですが、P-51Dの無線関係の機器の配置図が載って
いる同頁(RADIO EQUIPMENT)には残念ながら(胴体)下面のアンテナの
位置は記載されていないようです。

座席のヘッドパッド(ヘッドレスト)後部には SCR-522-A RADIO SET と
名の付いた でっかい箱がありますので、そいつじゃないでしょうかね?


それにしても、この当時で既に IFFやら後方警戒装置 なんか積んでいる
んですねぇ~ 驚きました。
こりゃ戦争に負けるハズですわ (--;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございました。下面アンテナは敵見方識別装置の可能性もありそうですね。 質問のアンテナや無線機については、こちらに写真があります。 http://www.7thfighter.com/78th/planes/p51s.htm 参考になれば幸いです。

お礼日時:2010/07/21 21:33

航空機搭載の航空機レーダーの可能性あり


サイパン基地からのB29の夜間爆撃護衛任務には、必需兵器。
ご参考まで
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q沖縄の海兵隊の移転先は硫黄島ではダメ?

沖縄の海兵隊の移転先は硫黄島ではダメ?
沖縄に駐留している米軍の一部の移転先はグアム島だそうですが、残りの部隊の移転先として辺野古ではなく、硫黄島ではダメなのですか?
もちろん今より中国や台湾、北朝鮮とは遠くなり地勢的には不便かもしれませんが、硫黄島なら自衛隊しかいませんからへりでも大砲でも好きなように訓練できます。
硫黄島ではいけない事情や理由を教えてください。

Aベストアンサー

硫黄島がダメな理由
1.面積が狭い
2.島が高速で隆起中
3.硫黄ガスが立ち込めてる
4.もったいない

面積が狭すぎるので、数千人単位の常駐には適しません。スラム化します。
兵隊は家に住まわせて置けばそれで良いのではなく、文化的な正常な生活をさせてこそ、必要時に正常な兵隊として活躍できます。
また面積が狭いために、島内での大部隊の訓練地の確保が困難。

万一、敵の空や海からの攻撃があった際、多人数の海兵隊員の陸上での退避拡散場所が無いため、海兵隊は戦わずして壊滅します。
島内に充分な空海戦力を設置する為には場所が必要になるが、その場所が島内で充分に取れなさそう。(数千人の海兵隊で島内は埋め尽くされるし)
島外からの米軍の航空戦力や海軍戦力の短時間での支援は、硫黄島ではさほど期待できず。また自衛隊戦力で米海兵隊を守るという発想は、米軍は本気では持っていない。

島が高速で隆起中なので、継続的な軍港が設置困難。よって海兵隊員が船に乗れない。

そして島内には硫黄ガスが立ち込め、少人数の派遣部隊の駐留は可能であっても、大規模部隊の本格駐留は不可能。
大部隊に居住を強制すれば、脱走者続出。

更に硫黄島というあんなに良い場所であんなに良い地形は、日本の防衛戦略のために取っておくべき。
一度米軍を住まわせたら追い出すのに苦労するのは沖縄で経験済み。
将来は日本の対艦ミサイル基地や、日本製の巡航ステルス爆撃機の待機基地としても有望。
30年後、硫黄島は西の大東島諸島(沖大東島?)と共に日本の海洋防衛を担う位置づけになる。

硫黄島がダメな理由
1.面積が狭い
2.島が高速で隆起中
3.硫黄ガスが立ち込めてる
4.もったいない

面積が狭すぎるので、数千人単位の常駐には適しません。スラム化します。
兵隊は家に住まわせて置けばそれで良いのではなく、文化的な正常な生活をさせてこそ、必要時に正常な兵隊として活躍できます。
また面積が狭いために、島内での大部隊の訓練地の確保が困難。

万一、敵の空や海からの攻撃があった際、多人数の海兵隊員の陸上での退避拡散場所が無いため、海兵隊は戦わずして壊滅します。
島内に充分...続きを読む

QP-51 Mustangの画像

お尋ねします
P-51 Mustang、戦闘機でエンジンの部分に目と口の様なイラストが描いてある画像をご存知内でしようか、漠然としたものですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こういうやつでしょうか?

参考URL:http://www.aircraftresourcecenter.com/Gal3/2601-2700/Gal2614_P-51_McGuinness/gal2614.htm

Q硫黄島からの手紙

「硫黄島からの手紙」の単行本を探しています。

映画だと2部作みたいですが、
・硫黄島からの手紙(日本から見た硫黄島)
・父親たちの星条旗(アメリカから見た硫黄島)

「硫黄島からの手紙」の文庫本は
http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/68/37/9784163683706.shtml
だと思うのですが、単行本は無いのでしょうか?

「父親たちの星条旗」の単行本はあるみたいなのですが・・・
http://item.rakuten.co.jp/book/4144506/

Aベストアンサー

記載されている文藝春秋の案内には、「硫黄島からの手紙」の判型の所を見ると
http://www.bunshun.co.jp/book_db/3/68/37/9784163683706.shtml
  判型 四六判上製カバー装
とありますから、単行本ですよ

Q蒸気機関車「D51-498」のATSについて

JR高崎運転所に在籍していますデゴイチに取り付けられています「ATS-P」と「ATS-SN」が記されているようですが、その「ATS-P」は運転席のどこ辺りに設置されているでしょうか?
また将来、専用電源を取り付ければATC化することができるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

>「ATS-P」は運転席のどこ辺りに設置されているでしょうか?

SLのATS車上子が、テンダにつるされているのはご存知と思います。

スイッチは運転席の左に、
本体はテンダ部に吊るされています。

>専用電源を取り付ければATC化することができるでしょうか?

「電源」と「ATC」とは別ファクターで
電気機関車ではないので無理では?と思います。
運転手の目の前の逆転機、頭上の操作弁、ブレーキ弁
ほとんどが機械式です。
電気的に加速・ブレーキ弁操作をしない
ので、もしATC化したら、運転席ががらっと変わります。もうその時点で「古き良きSL」「生き物たるSL」ではなくなってしまうような気がします。

Q硫黄島2部作

クリント・イーストウッド監督の硫黄島2部作「父親たちの星条旗」
「硫黄島からの手紙」
日本では「父親たちの星条旗」の方が公開が先だったようなのですが、アメリカではどちらの公開が先だったのでしょうか?やはり「硫黄島からの手紙」でしょうか?
 よろしくお願いします!

Aベストアンサー

両国ともに、
父親たちの星条旗が2006年10月公開、
硫黄島からの手紙が2006年12月公開ですね。
リアルタイムで劇場で観ました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%88%B6%E8%A6%AA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E6%98%9F%E6%9D%A1%E6%97%97
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%AB%E9%BB%84%E5%B3%B6%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E6%89%8B%E7%B4%99

Q18日現在P.O.Pペローナの予約は可能ですか?

ここ最近、予約が分単位で瞬殺されているONE PIECEの
「Portrait.Of.Pirates」シリーズですが、その最新作である
ペローナの予約状況も例外ではありませんでした。

最悪の場合は発売日当日に有給を取り直接販売店舗に出向こうとは
思っているのですが、ネット上での予約となるともう現時点では
オークション等の転売屋様の暴利価格で手を打つしか方法はないのでしょうか・・

Aベストアンサー

これ?
http://www.e-yamashiroya.com/f/5f/pop_neo/index.html

違ったらごめんなさい。

もしあっているなら 予約可能っぽいですが・・・

Q硫黄島のP-51についてです。 硫黄島に展開したP-51は下面にアンテ

硫黄島のP-51についてです。 硫黄島に展開したP-51は下面にアンテナを増設して従来のアンテナも1本から2本にしている機体が多くみられます。 さらに座席のヘッドパッドが従来のP-51と違って分厚くなって、無線機(?)とも思うような機械が増設されているようにも見えます。 手持ちの資料などでも、これらの装備については記載されていません。 長距離洋上任務のために、硫黄島に配備されてから改造などを施したのでしょうか?ご存知の方がいましたらご教授願います。

Aベストアンサー

こんにちは

> 硫黄島に展開したP-51は下面にアンテナを増設して従来のアンテナも
> 1本から2本にしている機体が多くみられます。 さらに座席のヘッド
> パッドが従来のP-51と違って分厚くなって、無線機(?)とも思う
> ような機械が増設されているようにも見えます。

ちょっとズバリの写真が見当たらなかったので、半分推測ですが・・。

D型後期(硫黄島の頃でしたら多分該当?)には 様々な航法支援装置が
付加されているようですね。

"P-51 Mustang Pilot's Flight Manual"によれば・・・
→Google Books(書籍)の検索で上記のキーワードを入力して検索して
みてください。

31頁本文に
・・・and the IFF antenna project from the undersides of the
wings・・・
(IFF<敵味方識別>アンテナは主翼の下面より輻射する)
という記述が一応あるのですが、P-51Dの無線関係の機器の配置図が載って
いる同頁(RADIO EQUIPMENT)には残念ながら(胴体)下面のアンテナの
位置は記載されていないようです。

座席のヘッドパッド(ヘッドレスト)後部には SCR-522-A RADIO SET と
名の付いた でっかい箱がありますので、そいつじゃないでしょうかね?


それにしても、この当時で既に IFFやら後方警戒装置 なんか積んでいる
んですねぇ~ 驚きました。
こりゃ戦争に負けるハズですわ (--;)

こんにちは

> 硫黄島に展開したP-51は下面にアンテナを増設して従来のアンテナも
> 1本から2本にしている機体が多くみられます。 さらに座席のヘッド
> パッドが従来のP-51と違って分厚くなって、無線機(?)とも思う
> ような機械が増設されているようにも見えます。

ちょっとズバリの写真が見当たらなかったので、半分推測ですが・・。

D型後期(硫黄島の頃でしたら多分該当?)には 様々な航法支援装置が
付加されているようですね。

"P-51 Mustang Pilot's Flight Manual"によれば・・・
→Google Books...続きを読む

Qナローゲージ特殊狭軌にてついて。

新幹線、在来線以外に、特殊狭軌というあり、
近鉄の内部線、北勢線、八王子線があるのは知っていました。

特殊狭軌についていろいろ知りたいのです。

まだ全国にはナローゲージの列車が走っているところを知って見える方、
情報の乗っているホープページを知っている方は教えて下さい。

お願いします。

Aベストアンサー

さきの回答の補足もふくめて。
現在、普通に乗車券を買って利用できるナローゲージ(762mm軌間)路線は近鉄北勢線内部・八王子線、黒部峡谷鉄道(冬期休業)のみのようですね。
ちなみに、大井川鉄道井川線は車両は確かに小さいですが、軌間は1067mmです(JR在来線と同じ)。
建築限界の関係で小さくなっているようですが、日本唯一のアプト線区間(※)が途中にあったりして(電気機関車が補助を務めます)、なかなか趣のある路線ですよ。途中までの千頭線にはSLも走っていますし。
※アプト線:レールの間に歯車を噛み合わせるギザギザのレールを敷いてあり、そのレールを利用して急勾配を上り下りする路線。昔は信越本線横川~軽井沢間に1967年まで存在していた。

Q硫黄島攻略の戦略的価値

アメリカは、既にマリアナを占領しており、サイパンやテニアンからB29による日本焦土化は可能であったのに、
膨大な死傷者(26000人)を出してまで硫黄島を占領する意味はあったのでしょうか。無理をして硫黄島を攻略しなくてもその後の大勢に影響は少なかったと思うのですが。

Aベストアンサー

硫黄島の位置は当時の最大航続距離を誇るP51戦闘機を使用すれば日本本土上空までB29爆撃機を護衛するのに好適な位置にありました。
当時の日本軍の戦闘機は高空性能が悪く武器も貧弱でB29の撃墜は至難の業で、体当たりしか方法がない有様でした。
高射砲も高々度のB29に届くのは殆どない状態でした。
唯一の機会は夜間低空で侵入する都市爆撃の時くらいでした。
この時は夜間戦闘機月光や高射砲の活躍でかなりの損害を与える事が可能でした。

全体として日本の防空戦力は弱体でしたが、アメリカの空軍力による戦術には無視出来ない損害のレベルと判断し、硫黄島に空軍基地を設ける必要があったのです。

それにそれまでの島嶼奪還戦闘の経験から日本軍の抵抗は猛烈だろうが時間をかければ占領出来る自信があったのです。
しかし日本軍も数々の戦歴から硫黄島の防衛戦略を後退持久戦に切り替え要塞工事を十分にし兵力の増援も行って待ちかまえていたので米軍の損害は見積もりをはるかに越えたレベルになったのです。

アメリカ軍の戦略では空襲により日本の戦力と戦意の喪失を図らねば本土決戦での損害は膨大と予想していたので中型爆撃機と戦闘機の基地が必要だったのです。

硫黄島の位置は当時の最大航続距離を誇るP51戦闘機を使用すれば日本本土上空までB29爆撃機を護衛するのに好適な位置にありました。
当時の日本軍の戦闘機は高空性能が悪く武器も貧弱でB29の撃墜は至難の業で、体当たりしか方法がない有様でした。
高射砲も高々度のB29に届くのは殆どない状態でした。
唯一の機会は夜間低空で侵入する都市爆撃の時くらいでした。
この時は夜間戦闘機月光や高射砲の活躍でかなりの損害を与える事が可能でした。

全体として日本の防空戦力は弱体でしたが、アメリ...続きを読む

QマイクロエースDD51-502釧路機関区特別塗装

マイクロエースのDD51-502釧路機関区特別塗装が限定発売されましたが、あの機種は実在したのでしょうか。
分かる方いらっしゃいましたら、どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
DD51 502号機は廃車後に特別塗装に変更されています。
実車は「レイル・マガジン」50号(1988)に紹介されています。


人気Q&Aランキング