この間「ハリケーン」という映画を観てて、よく分からなかったのですが、
主人公が州裁判所に2度再審請求をして却下されたあと、州最高裁を飛び越して、
連邦裁判所に審理請求に行くとき、「飛び越し」は異例だから、審理請求は
却下されて新たに発見した証拠は2度と使えなくなる(なかったことになる)から、
通常通り、州裁に行った方がいい、と彼の弁護士と連邦裁の裁判官(判事)が
言っていました。

「飛び越し」は異例というのは分かるのですが、
なぜ、その証拠はなかったことになる可能性があるですか?
なぜ、次の再審請求では使えなくなるのですか?物的証拠(メモ)なのに・・・
なぜ、その決断はハイリスクだったのでしょうか?

一緒に観た友達ととても気になっています。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 実際に、この映画を見ていないので自信はありませんが、アメリカ法には「二重の危険」という考え方があります。

これは、被告人を同一犯罪について、二重に刑事手続きによる処刑の危険にさらすことでアメリカ憲法でも修正5条で禁止しています。たとえば、検察官が犯人を起訴したが、無罪とか軽い刑になった場合、検察官は上訴することができません(日本はできる)。たとえば、別の人間を有罪と思って訴えて、(証拠不十分で)いったん無罪と宣告されれば、有罪の証拠がそろっても、裁判にかけることができません。日本でも、刑事法でこれと似た「一事不再理」という制度があります。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/nik/jyoukyou.htm
    • good
    • 0

 たぶんこういうことだろうと思います。



 請求が却下されるということは、証拠が否定されたということでも
あります。
 従いまして、上級裁判所が一旦否定した証拠を再度下級審で
請求しても、採用される見込みは薄い、ということではないでしょうか。

 下級審が却下した証拠を、上級審が認めるということは、まま
あるとは思いますが、逆は難しいのでしょうね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカの空母とその他の空母

アメリカ海軍の空母ってあまりミサイルとかその他防御兵器なんかの搭載量が少なくほぼ周りの駆逐艦や巡洋艦に頼っていることが多いと聞きました!
それは何故でしょうか?

フランスのシャルル・ドゴール空母やロシアの空母は単体でも戦闘可能と聞きますがアメリカは何故攻撃力や防御力を最小限に抑えたのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは


> アメリカ海軍の空母ってあまりミサイルとかその他防御兵器なんか
> の搭載量が少なく・・・

192発もの短SAM載っけている"クズネツォフ(ロシア)"は、まぁ
例外中の例外で(^^ゞ、他の国アメリカ(ニミッツ級)、フランス(CDG)
イギリス(インヴィンシブル)、それぞれの空母の個艦防御用の兵装
にそんな極端な差は無いと思います。

Nimitz(US):8連装短SAMx2、21連装近SAMx2、CIWS x2
CDG(France):8連装短SAMx4、6連装近SAMx2、20mm Gun x8
Invincible(UK):CIWS x3、20mm Gun x2

ってな感じですね。

また米軍(の艦船)に関しては、これらの兵装は、ほぼ全てSSDS
(Ship Self-Defence System)というセンサー類、処理装置、と
一体で制御される、統合個艦防御システム下に統合されていま
すんで、タマは少ないけれど効率的な防御が可能だと思います。


> シャルル・ドゴール空母やロシアの空母は単体でも戦闘可能と聞き
> ますがアメリカは何故攻撃力や防御力を最小限に抑えたのでしょ
> うか?

うーーーん、CDGに関しては個艦で、ってちょっと考えにくいですね。
まぁ米軍ほどの陣容は無理でも、作戦行動の場合は随伴艦が必ず
あると思います。

ロシアつまりクズネツォフについても、基本個艦でどうこう、ってことは
は無いと思うのですが、他国の空母に比べて「重武装」であることには
間違いはないですね。
まぁ、当のロシア海軍自身が"空母"とは呼ばず"重航空巡洋艦"など
という不可思議な呼び方(分類)しているくらいですから・・・。

こんにちは


> アメリカ海軍の空母ってあまりミサイルとかその他防御兵器なんか
> の搭載量が少なく・・・

192発もの短SAM載っけている"クズネツォフ(ロシア)"は、まぁ
例外中の例外で(^^ゞ、他の国アメリカ(ニミッツ級)、フランス(CDG)
イギリス(インヴィンシブル)、それぞれの空母の個艦防御用の兵装
にそんな極端な差は無いと思います。

Nimitz(US):8連装短SAMx2、21連装近SAMx2、CIWS x2
CDG(France):8連装短SAMx4、6連装近SAMx2、20mm Gun x8
Invincible(UK):CIWS x3、20mm Gun x2

って...続きを読む

Q法律の実務でよくある事なのですが、裁判官がよく行う事です。ある結論が裁判官の心の中にあって、その結論

法律の実務でよくある事なのですが、裁判官がよく行う事です。ある結論が裁判官の心の中にあって、その結論に行き着くためだけの証拠だけを採用し、それ以外の都合のわるい証拠は無視する考え方をなんというでしょうか?
ちょうど科学と対極にある考え方のようです。客観性、再現性、合理性がある事が科学の定義です。
しかし、法律の考え方はそれこそ昔の魔女狩りとなんら変わりないこう思い込んだ事だけを結論に至るような証拠のみを採用します。
実証主義?帰納論?演繹論は違いますよね。
知ってる方教えてください。

Aベストアンサー

自由心証主義

Q携帯電話のGPSを使って、現在地を確認する

携帯電話のGPS機能を利用して、現在地の住所を調べたいのですが、可能でしょうか?
まあ、携帯など使わずとも、現在地の住所を把握できる方法ならば、何でも良いです。

また、スマートフォンには、google earthなどと連動して、現在地を把握できる機能は無いのでしょうか?

Aベストアンサー

GPS搭載携帯だと、まず現在地の測位が出来ます(経度・緯度)。
その後、地図サイトにジャンプして、周辺地図を表示したり出来ます。

Googleマップがプリインストールされている機種では、普通に起動して、「現在地表示」([0]ボタン等)とすれば、自動的に測位して表示でき、その後スクロールして見渡せたりもします。
スマートフォンでも、GPS搭載機種ならばGoogleマップアプリで同様のことが可能ですね。

Q日本の裁判とアメリカの裁判の違い

その違いの中でも、特に費用に関して、象徴的に米国の方が安い費用を教えて下さい。
なんでこんなことを聞くかというとズボンを亡くした相手に67億円賠償請求したニュースがあって興味をそそられました。
日本ではよほど金持ちでない限り、67億円の金額を請求することはできないですよね、確か。

Aベストアンサー

費用に関して・・・ということであれば、訴訟時における弁護士費用がぜんぜん違いますね。
弁護士の数が少ない日本では、巨額な賠償訴訟を起こそうとすると、弁護士に最初に支払う着手金が膨大になり、二の足を踏むことになります。
其の点、日本の50倍?くらい弁護士がひしめくアメリカでは、完全成功報酬制をとる弁護士が多く、タダで依頼でき、敗訴すれば1円も払わずにすむなんてこともあります。
そのかわり弁護士も勝訴すれば成功報酬として巨額の料金を取ります。

そして、その「巨額」のもととなるのは、アメリカでは日本では考えられないような賠償金額の判決が下りることです。これは「懲罰賠償」と呼ばれるもので、加害者が悪質とみなされると実際の損害額とは無関係に天文学的な賠償を課すことが出来るためです。

Q【歴史・日本史】日本の休日が日曜日になったのは、アメリカに負けて第二次世界大戦後のアメリカ占領下の時

【歴史・日本史】日本の休日が日曜日になったのは、アメリカに負けて第二次世界大戦後のアメリカ占領下の時にキリスト教の教えである日曜日を祝日にアメリカ指導の元に日本も導入されたのでしょうか。

第二次世界大戦前は日本人は日曜日ぬ休みという感覚はなく1週間ずっと働いていた?

日本はいつから日曜日が休日になったのでしょうか。

室町時代とかでも庶民も日曜日は休んで仕事をしていなかったのか教えてください。

Aベストアンサー

過去何度も同じ質問がされていますが、一番良さそうな回答を以下に貼ります。 江戸時代は、商家には5節句、盆以外に大坂では「もん日」といわれた6斎日、江戸では1日、15日、28日を休みとしている例もありました。また、農村でも農閑期を中心として、大小の休日があり、50日前後の記録があります。



No.2ベストアンサー

回答者: Eivis
回答日時:2002/09/30 12:16
.
1876(明治9年) 一・六の休日を廃し、日曜日を休日とする(1月6日)、

http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/somu/zenkokuhy … ・・・全国教育略年表 明治・大正・昭和19年以前 

http://www.sc.itc.keio.ac.jp/anatomy/kokikawa/hi … ・・・日本近代史(年表)


http://nnh.to/03/12.html ・・・3月12日(記念日)

これによると次のように書いてあるので、実施されたのは(1876)、明治9年3月12日ということが分ります。

1)1876(明治9)年、官公庁で土曜半休・日曜休日制が実施されました。

2)それまでは、1868(明治元)年9月の太政官布告により、31日を除く1と6のつく日を休日としていました。

3)しかし、欧米との交易等で不便があったため、欧米と同じ仕組みに改めることとしました。

参考URL:http://nnh.to/03/12.html

good
0

過去何度も同じ質問がされていますが、一番良さそうな回答を以下に貼ります。 江戸時代は、商家には5節句、盆以外に大坂では「もん日」といわれた6斎日、江戸では1日、15日、28日を休みとしている例もありました。また、農村でも農閑期を中心として、大小の休日があり、50日前後の記録があります。



No.2ベストアンサー

回答者: Eivis
回答日時:2002/09/30 12:16
.
1876(明治9年) 一・六の休日を廃し、日曜日を休日とする(1月6日)、

http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/so...続きを読む

Q裁判所の管轄(地方裁判所・簡易裁判所)

私は、マンションの1室を借りています。

賃貸借契約書には
「本契約に関する訴訟については、○○地方裁判所を管轄裁判所とする。」
と書いてあります。

訴訟価額が140万円以下は簡易裁判所に訴訟を起こし、140万円を超える場合は地方裁判所に起こすというのが法律の規定ですよね(裁判所法33条)。

この賃貸借に関して140万円を超えない金銭の請求をする場合でも、簡易裁判所ではなく地方裁判所に提訴しなければならないのですか?

もし、契約の規定に従って地方裁判所に提訴しなければならないのだとしたら、どのような狙いがあってそのような規定が入っているのですか?
簡易裁判所で訴訟をするとまずいこと、あるいは地方裁判所で訴訟をしたほうがいいことがあるのですか。
(契約の条文は、もちろん私が作ったものではないので。)

Aベストアンサー

#3です。若干の補足をさせていただきます。
>簡易裁判所の司法委員とはなんですか?貸主側の事情として、司法委員に関与されたくない事情があるのでしょうか?
簡易裁判所の司法委員の「公式な説明」については、最高裁判所の参照URLをご覧下さい。
「公式な説明」が別にあることから、私は「非公式な説明」をさせていただくことにしますので、ご参考までに聞き流してください。
簡易裁判所に司法委員を置くということは、要するに、裁判官の人手不足を補うために、細かな和解協議を裁判官の手から切り離して「有識者」に処理させようということです。もちろん、全部が全部ではないでしょうけれど、簡易裁判所の和解協議では、裁判所側として司法委員だけが臨席して、裁判官は出てこないのが普通です。
「有識者」とはいいつつ、実態は会社役員で一線をリタイアしたおっちゃんとか、子育てがひと段落したおばちゃんとか…、要するに時間がたくさんある人(重ねて失礼!!)が就任しているので、素人的発想で和解協議にいろいろと口を挟んできて、法律的にドライに事件を処理しようとしている当事者-多くは請求を構えている原告側としては、迷惑この上ない(重ねて重ねて失礼!!)という実態があります。

>わざわざ褒められたことではないような条文を入れているとなると、どうしてだろう、と思ってしまいます。
実は、簡易裁判所の裁判官は「司法試験合格組み」の裁判官(判事、判事補)ではないのです。「簡易裁判所判事」ということで、地裁・高裁の定年まぎわの裁判所書記官が、選考などを経て簡易裁判所の裁判官になっているケースが多いようです。
それで、裁判を受ける権利の観点から(訴額が小さくても請求原因が特に複雑な事件については)正式な「司法試験合格組み」の裁判官の判断を受ける途も用意しておくというのが、実際のところでしょうか。
もちろん、質問者さまの指摘されるような「アナウンス効果」(?)も、あり得ると思います。

なお、私の回答の「(したがって、このような管轄合意がある場合、地裁に対する提訴後の移送の問題も生じないことになります。)」という点は、言い過ぎだったと思います。
違管轄の移送は問題になりませんが、ok2007さまがご指摘の「裁量移送」という話はありました。
訂正させていただきます。ご指摘いただきまして、ありがとうございました。

参考URL:http://www.courts.go.jp/saiban/zinbutu/sihoiin.html

#3です。若干の補足をさせていただきます。
>簡易裁判所の司法委員とはなんですか?貸主側の事情として、司法委員に関与されたくない事情があるのでしょうか?
簡易裁判所の司法委員の「公式な説明」については、最高裁判所の参照URLをご覧下さい。
「公式な説明」が別にあることから、私は「非公式な説明」をさせていただくことにしますので、ご参考までに聞き流してください。
簡易裁判所に司法委員を置くということは、要するに、裁判官の人手不足を補うために、細かな和解協議を裁判官の手から切り...続きを読む

Qアメリカじゃなく、国連自体が最高の軍事力を持ち世界の警察になるってこと

アメリカじゃなく、国連自体が最高の軍事力を持ち世界の警察になるってことは不可能ですか?
その意見にアメリカ以外の全ての国が賛成しても、アメリカは反対(武力で)するんですかね??

Aベストアンサー

国連は、日本では国際連合翻訳されているんですが、本当は国家連合ですね。第二次世界大戦の連合国側の組織を単に残しているだけのものです。過大な期待はしない方が良いでしょう。

もし国連に軍事力を持たせて、世界警察の役割を持たせたいのであれば、改めて、世界連邦を創る必要があると思います。

現在の世界は、日本の歴史に例えれば、江戸時代の幕藩体制のようなものです。

この状態から、廃藩置県のように国家を無くして地球という一つの国に統合する必要がありますね。現在、国連がやっていることは、日本の歴史で言えば、家康の上杉討伐や幕末の長州征伐のようなものですね。

常任理事国は五大老のようなものですね。江戸時代というより、秀吉亡きあとの豊臣家に近いでしょうか。

Q裁判長、裁判所長官、裁判所所長は、同じ意味ですか?

裁判長、裁判所長官、裁判所所長といった言葉がありますが、それらは別個の役職を示しているのでしょうか?
それとも、上のどれかとどれか、あるいは全ては同じ意味なのでしょうか?

制度について勉強していて、上記の疑問にあたりました。調べてもよく分からないので、もしどなたか分かる方がいれば、お教えいただけると助かります。

また、最高裁判所所長とか、地方裁判所長官といった言葉は存在するのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

裁判所法を読めばある程度わかる。
まず、裁判長というのは全く異なる概念なので後に回す。

裁判官というのは裁判権を行使する公務員の総称であるが、実際には色々な裁判官がいる。最も代表的なのは「判事」である。判事とは、裁判官として活動する資格のある国家公務員の一官名である。あくまでも公務員としての名称であり、裁判官としての権限を行使する側面から見れば裁判官となるのである。そして、判事以外にも裁判官として活動する資格のある国家公務員はいる。それが、最高裁判所長官、最高裁判所判事、高等裁判所長官、判事補、家庭裁判所判事である。
最高裁判所長官は最高裁判所の長たる裁判官であり、高等裁判所長官は高等裁判所の長たる裁判官である。よって、別途「所長」を設ける意味がないので、最高裁判所と高等裁判所には所長はいない。それぞれの司法行政事務は、裁判官会議で執り行うが、長官が総括する。
一方、地方裁判所、簡易裁判所、家庭裁判所には「長たる裁判官」がいない。しかし、司法行政事務を執り行う都合上、責任者とでも言うべき存在が必要である。そこで、地方裁判所、家庭裁判所では裁判官会議により司法行政事務を行うがそれを総括する役職として所長を置き、簡易裁判所に二人以上の裁判官がいる場合には、指名を受けた裁判官が司法行政事務を掌理することになっている。
つまり、「長官」というのは裁判官たる国家公務員の官名であり、同時にその裁判所の「長」であるわけであるので役職を示す職名でもあるが、「所長」というのはあくまでも役職を示す職名に過ぎない。官名は判事である。検察庁も似たようなところがあり、検事正というのは官名でなく地方検察庁の長を意味する職名である。官名はあくまでも(一級)検事である。検事総長は官名であり、同時に職名でもある。官名はいわば警察の階級(巡査とか警部とか警視とか)のようなもので、職名は警察の役職(部長とか署長とか)のようなものである(ただし、警察の階級はあくまでも上下の階級であるが、官名は少なくとも法律上は階級のような上下があるわけではない。)。なお、警視総監は、階級であると同時に、都警察、すなわち警視庁の長を意味する職名でもある(道府県警本部長は職名であるが、階級は警視監である)。

一方、裁判長は全く話が違う。裁判長とは、合議によって裁判を行う、つまり、複数の裁判官による裁判の場合にその裁判を行う裁判官の集合体を代表する裁判官のことである(ちなみにこの集合体を「訴訟法上の裁判所」と言う。)。最高裁判所の大法廷では長官が裁判長を行うが、小法廷では、長官が所属する小法廷の場合には長官が、そうでない場合には、各小法廷で裁判長となる裁判官を定める。下級裁判所では、支部、部などを総括する裁判官が裁判長を務めるのが通常である。
即ち、あくまでも、個別の裁判を行う場合に、それが合議体であれば、そのうちの一人を代表として裁判長とするだけであり、官名でも職名でもないのである。


参考資料として、裁判所法、法律学用語辞典などを読むとよいだろう。

裁判所法を読めばある程度わかる。
まず、裁判長というのは全く異なる概念なので後に回す。

裁判官というのは裁判権を行使する公務員の総称であるが、実際には色々な裁判官がいる。最も代表的なのは「判事」である。判事とは、裁判官として活動する資格のある国家公務員の一官名である。あくまでも公務員としての名称であり、裁判官としての権限を行使する側面から見れば裁判官となるのである。そして、判事以外にも裁判官として活動する資格のある国家公務員はいる。それが、最高裁判所長官、最高裁判所判事、高...続きを読む

Qアメリカの自販機の飲み物種類って・・・

アメリカの自販機の飲み物の種類ってメーカー(ペプシ・コカ)にこだわらず

コーラ
ダイエットコーク
ジンジャーエール
チェリーコーク
7UP
ドクターペッパー

こんな種類しか見たことがないのですが
それも一つの自販機に5種類くらいしか飲み物がなく、
それに指でではなく手のひらで押す位のサイズのボタン。

アメリカの自販機の飲み物の種類って何故あんなに少ないのでしょう?

アメリカ人は缶コーヒーは飲まないのでしょうか?

Aベストアンサー

helpshiteサンの書かれている自販機は、アメリカでは定番の形ですよね。機種で違いますが12ozの缶が400--500個程、詰めます。16ozのPETボトルの販売にも対応していますけど積載数が減ります。自販機のに「故障の場合には1-800-xxx-1212」のステッカーが張っていれば外の業者が運営をしている機材です。業者はルートと呼ばれる自販機を設置している箇所を巡回して缶ジュース、スナック、タバコ、ガム等を自販機に補充していきます。都会のホテル等では従業員で自家営業するかもしれませんが、小銭を集金する際に盗んだり、鍵の管理、補充用に保管している缶ジュースの盗難、自販機の故障の際の対応など面倒くさい事が多いので業者に運営させてコミッションを受け取るほうが簡単です。ファーストフード店の敷地内に有る新聞の自販機や公衆電話も外の業者が入っている場合が多いです。

業者はルートを巡回する日程の関係で少ない種類のジュースを売り切れない程度の量数を自販機にストックしたいので、自販機には(仮に)8種類のジュースを販売できても売れ筋のボトルの水や炭酸飲料はボタンを2つ独占してたりしてませんか?だから販売するジュースの種類は少ないのです。儲かる所なら自販機を2,3台と増やせますけど施設の面積にも関係します。ジュースの自販機の価格も$1000前後しますし....簡単に設置数を多く出来ません。その上に売り上げを土地のオーナーと折半するし...

缶コーヒーや瓶コーヒーをアメリカ人は飲みますよ。マーケットへ行けば売っています。↑の自販機で売れるサイズ・形状のコーヒー缶は知りません。しかし↓の自販機なら売ることが可能です。

40種類以上の缶ジュースを販売できる自販機もありますよ。頻繁にストック出来る場所(空港やコンベンションセンターなど)なら便利です。

helpshiteサンの書かれている自販機は、アメリカでは定番の形ですよね。機種で違いますが12ozの缶が400--500個程、詰めます。16ozのPETボトルの販売にも対応していますけど積載数が減ります。自販機のに「故障の場合には1-800-xxx-1212」のステッカーが張っていれば外の業者が運営をしている機材です。業者はルートと呼ばれる自販機を設置している箇所を巡回して缶ジュース、スナック、タバコ、ガム等を自販機に補充していきます。都会のホテル等では従業員で自家営業するかもしれませんが、小銭を集金する際に...続きを読む

Qアメリカでの裁判について

どうしてアメリカではあんなにも下らないことで裁判が起こり、おかしいほどの賠償額が出るのですか?以前、泥棒に入った男が冷蔵庫を盗もうとしたところ、重すぎて運べず、ぎっくり腰になり、警察に通報され逮捕されたのですが、男は「冷蔵庫に”盗むな!”と書いていなかったから、冷蔵庫を作った会社が悪い」と言って裁判を起こしたところ、5千万円を勝ち取り、釈放されました。他にも家の中でバーベキューをして火事になり、”家の中で使ってはいけない”なんて、どこにも書いていなかったと言って、家を建てる費用プラス慰謝料を受け取ったり。これらはまだましな方で、時折普通の人が裁判で数十億から何百億という単位で大金を手にすることもありますよね?一体アメリカ人は何を考えているのですか?また”説明書に書かれていないから、それ以外のことはやってもかまわない”と考えるなんて、小さいときからどういう教育をされているのですか?アメリカ人の常識を疑いますね。どなたか詳しい方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

その手の話の大半は、事実に反する「都市伝説」のようですから、そのまま信じ込むのは危険です。
(特に有名な、電子レンジで猫を乾かした話など)

とは言え、日本人の感覚からすると???と思うような判決が無いわけではありませんね。

さて、賠償の額の大きさですが、アメリカでは、実際の損害に対する賠償に加えて、「懲罰的賠償」という付加要素がつくため、膨大な額になることがあるようです。これ自体、懲罰であるなら、罰金にすればいい話で、訴えた人が丸取りできるというのもおかしな話ですが。そして、多額な賠償を得られれば、弁護士も多額の報酬を得られるわけですね。そこで、とても優秀な弁護士が、無理やりにでも理屈を付けて、判事や陪審員を納得させてしまうということも起こるのでしょう。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/k-896g/newpage5-2-12.html


人気Q&Aランキング