出産前後の痔にはご注意!

時代劇のワンシーンでの長ゼリフがどうしても思い出せません。『赤木の山も今宵限り....』ではじまる
セリフだったと記憶しています。お正月の新春かくし芸大会で、よくタレントさんが演じていたものです。
お世話になった、会社の上司に、調べて教えてあげると約束してしまいました。ご存知の方どうか教えてくださいませ。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

検索しての受け売りで失礼します。



忠治 鉄――。
巌鉄 へい。
忠治 定八。
定八 なんです、親分。
忠治 赤城の山も今夜を限り、生れ故郷の国定の村や、縄張りを捨て国を捨
   て、可愛い子分の手めえ達とも、別れ別れになる首途(かどで)だ。
定八 そう云ゃなんだか嫌に寂しい気がしやすぜ。

雁の声。

巌鉄 あゝ、雁が鳴いて南の空へ飛んで往(い)かあ。
忠治 月も西山に傾くようだ。
定八 俺ぁ明日ぁどっちへ行こう?
忠治 心の向くまゝ足の向くまゝ、当ても果てしもねえ旅へ立つのだ。
巌鉄 親分!

笛の音、聞ゆ。

定八 あゝ円蔵兄哥が……。
忠治 あいつも矢っ張り、故郷の空が恋しいんだろう。

忠治一刀を抜いて溜池の水に洗い、刃を月光にかざし――

忠治 加賀の国の住人小松五郎義兼が鍛えた業物、万年溜の雪水に浄めて、
   俺にゃあ、生涯手めえという強い味方があったのだ。

定八刀を拭う。
(析の頭)笛の音、山嵐、この模様よろしく。
――幕――

行友李風「国定忠治」より
PDF
http://www.japanpen.or.jp/e-bungeikan/guest/pdf/ …

オリジナルは長ぜりふではないのですね
    • good
    • 1

No.1です。


略してしまったのですが、不味いと思い、再度書き直しておきますね。

赤城の山も今宵限り……生まれ故郷の国定の村や、縄張りを捨て国を捨て、かわいい子分のてめえ達とも、別れ別れになる門出だあ

です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

      えっ!こんなにすぐに回答いただけるなんて感激です。
    今回初めて質問させていただきました。今日、さっそく上司に報告します。
     ありがとうございました。 \(^。^)/

お礼日時:2010/07/19 13:29

國貞忠治ですねっ。



赤城の山も今宵限り……かわいい子分のてめえ達とも、別れ別れになる門出だあ
です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国定忠治

国定忠治の名セリフ『赤城の山も・・・』
以下の文章がわかりません。
誰か知りませんか?

Aベストアンサー

「赤城の山も今宵かぎり、かわいい子分のお前たちとも、別れ別れになる門出だァ。
東の山に、雁が飛んで行かァ」

…ですね。
ここで子分衆から合いの手(?)が入ります。
ここから先もあったと思いますが、わかりません(^_^;)

Q泉鏡花「婦系図」の名台詞「切った切らないは芸者のときに言う言葉、、、」

泉鏡花「婦系図」の名台詞「切った切らないは芸者のときに言う言葉、、、」

この台詞のある、湯島天神の場面は、
何章のどのあたりに記述されているのか知りたいのです。

通して精読している時間がないため、
当たりもつけられないで困っています。

早瀬が蔦とこういったやりとりをするまでのいきさつや、
小説全体のストーリーのおおまかな流れも教えていただけると助かります。

ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

鏡花の小説「婦系図」の中にはそんな台詞はおろか湯島の天神も出てきません。従って全編探しても徒労です。
あれは後に新派のお芝居として劇化されたとき、脚本の中に挿入されて上演大当たり、有名になったものです。

あまりの人気に鏡花自身が後年その有名な湯島の境内、台詞を取り入れて「湯島の境内」という戯曲を書きました。したがってこちらにはその有名な「切れるの別れるのって~」という台詞が出てきます。
そういう事情で、原作の小説「婦系図」はあくまでその台詞とは無関係です。

参考
http://www.tokyo-kurenaidan.com/kyoka1.htm

青空文庫には「婦系図」も「湯島の境内」も収録されていて、全文を見ることが出来ます。
あらすじをお知りになりたければネットで「婦系図 あらすじ」で検索すれば出てきます。

Q老人ホームで寸劇を行います。

老人ホームで寸劇を行います。出し物が決まっていません。誰もが知っている時代劇で10分くらいでできる出し物はありませんか?水戸黄門は前回行ったので×です。お知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

歌舞伎の名場面「勧進帳」。
安宅の関で、弁慶が義経を守るために、白紙の勧進帳を読み上げます。
義経だと知りながらも、義経を思う弁慶の心に打たれ、関守富樫泰家は通します。
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/9389/ataka.htm

「瞼の母」
番場の忠太郎とも言います。渡世人忠太郎は、幼い頃母親と別れ父親とも死に別れ、今は天涯孤独の身です・・・・。
泣かせどころ満載です。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/sei0720/kabuki/mabuta.html

「一本刀土俵入り」
横綱になると誓った茂平でしたが・・・。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/sei0720/kabuki/mohei.html


「有名な科白」
http://homepage1.nifty.com/zpe60314/kojyo5.htm


人気Q&Aランキング