精米器を利用しているので、米糠の利用について考えていたところ、園芸の肥料に良いと言うことを聞きました。
どのように利用すれば良いのでしょうか。
油粕などと同様、1~2週間に1度の割合で株元に与肥するのか・・・また、精米したての糠はそのまま利用できるのかなど、米糠を肥料として利用する方法、および注意点など教えて下さい。よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

米糠は肥料として利用出来ます。

(油粕と同様な使用方法でOKです。)
1.庭植えの場合、米糠を株元に置肥として使用するか、土に混ぜてご使用下さい。
2.鉢植えの場合、鉢の周辺に3ケ所くらい小さじ1/2ぱいくらい置いて下さい。
(鉢物用の置肥の作り方)
油粕、骨粉、米糠を適当に混ぜ、水を加えて練ります。
適当な大きさに丸めて、天日で乾かせば出来上がりです。
是非、挑戦して見て下さい。
詳しくは、また掲載いただければお答えします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そのままの米糠を利用できると聞いてホッとしました。
鉢物用も作ってみたいと思います。

また、わからない事があれば、ご質問させていただきますね。

お礼日時:2001/04/06 20:11

米ぬかには酵母菌が含まれているので、野菜くず、生ゴミと混ぜておくと発酵して肥料になります。

(嫌気発酵)
よく市販されている「EM」の主成分は、米ぬか系微生物のようです。わざわざ高いものを買わなくても、米ぬかがあれば充分(ヨーグルトの残りでもあれば満点)でしょう。

直接樹木の根元にやると、土の目がつまって呼吸できなくなるので、別のところに穴をほって埋めるか、ポリバケツなどで発酵させるほうがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。以前、ちょっと巻いてみたのですが固まったようになってしまいました。発酵させて利用するといいのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/06 16:11

こんなサイトに出ています。


http://asterisk-web.com/ritz/herb/culture/benefi …
また、下記はとても詳しいです。
うちではぬかづけから洗い落としたぬかも野菜くずなどといっしょにうめています。ちょっとちがうけど。発酵食品は微生物を活性化するというので。

参考URL:http://www.gin.or.jp/users/k-yone/gomizero/%E7%9 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。さっそく両方のサイトを見てみます。

お礼日時:2001/04/06 16:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q油粕肥料は・・

園芸初心者ですが、今からの時期肥料を施すのが
多いですが、油粕はどの花苗にも良いのでしょうか?
反対にやってはいけない花などありますか?
教えていただけますか?

Aベストアンサー

油粕は窒素、燐酸、カリを含んでいましてほとんどの植木、花木対象です。
環境により粉末と固形物を使い分けると良いと思いますよ。
前者は即効性、後者は遅効性です。
あまり多くやりすぎますと雨の降った翌日からにおいがきついので程々に施肥しましょう。

Q油粕とリンカリ専門の有機肥料について・・・。

油粕はチッソ成分が主役でリンカリ成分は少ないですよね。だから、元肥で油粕の他に、元肥にも使えるリンカリ専門の有機肥料というのも同時に使用しようと思っているのですが、どちらか一種類にした方がいいでしょうか?育てるのは、実を食べる野菜と、葉を食べる野菜です。

Aベストアンサー

窒素、リン酸、加里は、基本的に3つセットで施肥するものだとお考えになったら良いと思います。

極端にアンバランスな施肥を続けて、養分が偏った土地は別ですがね。

むしろ、なぜ「どちらか一種類にした方がいい」かも知れないとお考えになったのか、そのことが不思議です。
同時に使用したら、弊害があるとでもお考えなのでしょうか?
肥料袋に何か書いてあれば別ですが、普通の肥料の中で、油粕と併用してはいけないリンカリ有機肥料は思い当たりません。

Q化成肥料とボカシ肥料の違いがわかりません

庭に花木(サザンカ、ダンコウバイ、沈丁花、カキ、梅など種種雑多です)を植えているため、今の時期肥料をやらなければなりませんが、化成肥料とボカシ肥料
のどちらを与えればよいかわかりません。
私は基本的には今の時期はボカシ肥料を与えていますが、以前園芸農家の方にご相談したところ、2月頃にサザンカに肥料をやる場合は、ボカシ肥料よりも化成肥料の方がよいとお聞きしたことがあるので心配になって質問しました。

Aベストアンサー

厳寒期(1~2月)に与える肥料を寒肥といいますが、tonton5775さんのボカシ肥料で正解です。寒肥は春になって庭木がめざめ生育サイクルに入りますが、そのときに有機質を必要とします。厳寒期に施した有機肥料が徐々に分解され、春の生育期には、吸収しやすい栄養素になるわけです。
厳寒期に化成肥料を施すということは、分解が早いため、夜中に脂っこい食事をたくさん食べるようなもので、人間なら消化不良を起こしますね。
樹木は栄養過多で新芽を出そうとします。
しかし厳寒期であるため、新芽を出そうにもそれもできずといった、生育バランスを破壊することになります。
ただし化成肥料にも緩効性のものがありますので一概に化成肥料がだめというわけではありません。

Q固形肥料と液体肥料はどう違いがあるのでしょうか?

固形肥料と液体肥料はどう違いがあるのでしょうか?

一般的な質問なのですが、植替え時や、成長期に油粕を数か月に一度追肥として与えるのと、ハイポネックス等の液体肥料を一週間に一度(ハイポネックスの説明書に週一で与えると書いてあります。)与えるのでは、どちらがいいのでしょうか?

液体肥料は即効性があるとのことなので、油粕等を施肥した後に、液体肥料で補うって感じで使うのでしょうか?

Aベストアンサー

液体肥料は速効性ですから、液肥の成分が根に触れると直ぐに効きます
が、効き目が速い分だけ持続が短くなるのが特徴です。そのため1週間
に1度の割合で何度も与えなくてはいけません。
一般的には観葉植物や草花に多く使用され、稀に野菜などの農作物にも
使われる事があります。ただ樹木に対しては弱いので、樹木の場合には
固形肥料を使った方がいいですね。

固形肥料には緩効性(遅効性)、速効性がありますが、速効性は効き目
が速い分だけ持続性がなく、緩効性は効き目が遅い分だけ持続性が長く
なります。これらは栽培している植物によって使い分けますが、速効性
は追肥として、緩効性は元肥と追肥として使用します。

油粕は遅効性肥料で、窒素分が多く含まれています。油粕は発酵してか
らでないと根に吸収されませんから、鉢に追肥で施しても土の中で発酵
してからでなければ効果が発揮出来ません。また土中で醗酵する時に出
る発酵熱で植物の根を痛めますから、このような時には既に発酵された
発酵油粕を使うようにします。また施す時には、根に直に触れないよう
に鉢の淵側に置くようにします。そうしないと肥料負けを起こして枯れ
てしまう事があるからです。

液体肥料は速効性ですから、液肥の成分が根に触れると直ぐに効きます
が、効き目が速い分だけ持続が短くなるのが特徴です。そのため1週間
に1度の割合で何度も与えなくてはいけません。
一般的には観葉植物や草花に多く使用され、稀に野菜などの農作物にも
使われる事があります。ただ樹木に対しては弱いので、樹木の場合には
固形肥料を使った方がいいですね。

固形肥料には緩効性(遅効性)、速効性がありますが、速効性は効き目
が速い分だけ持続性がなく、緩効性は効き目が遅い分だけ持続性が長く
...続きを読む

Qトマトが肥料不足なのか肥料過多なのか分かりません

ホーム桃太郎をプランターで2本育てています。
それと同じ場所にシソ2本、バジル2本も植わっています。

ここ1週間前くらいから、トマトの様子がおかしいです。
写真や経過は下記ブログに載せています。
http://blogs.yahoo.co.jp/gyokusen2/folder/978381.html

まず、葉っぱがくるんと巻きました。
それまで花も落ちていたことから肥料過多だったかと思い、肥料はやらずにずっと様子を見ていました。それでも、芯どまりになってしまうなど、相変わらず肥料過多な雰囲気が。
ちなみに肥料の回数は、
5/9 肥料入りの土に定植。
5/22 一緒に植えているバジルがちょっと黄色くなってきたので、
   バジルの根元に液肥を少々かける。
5/28 追肥(固形系?緩行性と即効性が混じってるらしい)。
   Bの方には液肥も。(同じプランターに生えてるが、ちょっと離れてる。)
6/18 液肥。
です。

そして、4日前ぐらいから、肥料過多には水をやらない方がいいと書かれてあったので水をほとんどやっていません。
それと同時に、第一果が赤くなり始めました。
そして、急に下の方から葉っぱが黄色くなってきました。
黄色くなるスピードがあまりにも速すぎて、おろおろしています。

ただ、一度訳あって、2週間ぐらい前にほぼ裸になるくらい葉をとったシソが未だに回復していないこと、バジルの生長も止まったように見えることが気になります。

本当に栄養過多なのか、栄養不足なのか私には判断が全く出来ません。
どなたか、ご指南ください。

ホーム桃太郎をプランターで2本育てています。
それと同じ場所にシソ2本、バジル2本も植わっています。

ここ1週間前くらいから、トマトの様子がおかしいです。
写真や経過は下記ブログに載せています。
http://blogs.yahoo.co.jp/gyokusen2/folder/978381.html

まず、葉っぱがくるんと巻きました。
それまで花も落ちていたことから肥料過多だったかと思い、肥料はやらずにずっと様子を見ていました。それでも、芯どまりになってしまうなど、相変わらず肥料過多な雰囲気が。
ちなみに肥料の回数は、
5/9 肥料入...続きを読む

Aベストアンサー

No,2の方の解答が正しいと思いますよ。

確かに窒素過多が出ていますが、カリウム欠乏も起こしています。
下葉の急速な黄化はその症状で、No,2の方の回答の通り、葉の栄養を実に送っているためです。
カリウム肥料は窒素肥料の3倍ほど必要になるので、同率の肥料でもカリウム欠乏が起きます。
特に実を育て始めてから、その症状が出やすくなります。

窒素肥料は要りませんが、カリウム肥料を追肥しなければ、
このまま実を残してすべての葉が枯れますよ。
枯らしたくなければ、窒素分が入っていない(又は少ない)リンカリ肥料を使うか、
アンモニア態窒素を吸着するカリウム肥料の草木灰を追肥すると良いでしょうね。
(蚊取り線香の灰の成分は不明ですが、きっと使えますね)

トマトはカリウム過多は出にくいので、やりすぎの心配はほとんどありません。
葉面散布という方法もありますが、元々効果が薄く、ゆっくり回復させていくやり方ですし、
一過性の症状にも見えませんから、この状態では手遅れになると思います。

窒素過多の方は栽培初期からの物を引きずっていると思われますが、
葉がまいたり芯止まりになったり落花したりする症状は窒素過多だけが原因ではありません。
何でも窒素過多にせず、他の原因も疑って見極めてくださいね。
写真付きの良いサイトがないか探して見ましたが見つかりませんでした。
以前見たことがあるので、そのうちたまたま見つけたらブログの方にコメントを残しに行きますね。

水不足の方ですが、トマトを栽培する上で水分量を確認する時は成長点を見ます。
一番初めは成長点に萎れや生育不良などの影響が出ます。
その後成長点や葉先から枯れて行きますので、下葉からではありません。

土がからからでも萎れない理由は、湿度が高いからです。
葉や茎に生えた毛茸や、葉の表面にある気孔から、空気中の水分を吸っています。
また、根が弱っている時や乾燥に耐え切れない時は、茎から気根が出てきます。
乾燥地帯原産のトマトは大丈夫な様に出来ているのです。
ただ、野生の物(糖度は増すが、皮が硬くなり、大きく育たない)に近くなるので、
実が付いている時は水をあげたほうが良いと思います。

それと、シソは葉が無いから無事だったのでしょう。
バジルは葉が小さく蒸散も少ないので、真夏の晴天が続かない限りは大丈夫だと思います。
成長が止まったのは水切れの影響が出だしたのでしょうね。
2年前の7月の始め頃に、旅行で1週間ほど水遣りできなかった鉢植えのバジルがありました。
土はからっからになっていましたが、萎れる事もなく普通に生きていましたよ。
おそらくは朝露でしのいだと思われます。(仙人のようです・・・)
植物の生命力は侮れません。

窒素過多になったら水をやらないほうが良いと言うのは、
土の中の肥料が水に溶けて吸われるからです。
追肥のタイミングを計る時には水をかけてみて、2日後に成長点の生長が見られない場合は
肥料が足りないと判断できますので追肥します。
良く生長するようであればお預けにします。

他の株と状態が異なるのは根の張り方が影響していると思います。
特に老化した苗(回復した老化苗も含む)と普通の苗だと育ち方はだいぶ異なりますので。
それと、定植から着果までの間は、水遣りを控えめにして根張りを良くします。
この時の根の生長状態でも、現在の状況に違いが生まれていると思います。

ブログの方で経過も確認しましたが、色々な事が起こり、その都度対処しすぎて
訳がわからなくなっている様に見えます。
対処しすぎて土の中の栄養バランスが崩れると次々問題が発生してしまいますので、
よく観察を続け、慎重に判断してください。
環境要因での一時的なバランスの乱れもありますので、
見守るのが最善の策である事もよくあります。
特にトマトは肥料や水をよく吸う根を持っていますので、
ちょっとしたことでも(3段目開花までは特に)影響が出やすいので注意してくださいね。

それと、葉の白化は病気と言う事になさっていますが、違うと思います。
褐色腐敗病はパリパリと言うより、腐敗して白カビが生えますし、カビが生えたと言う事は
既に胞子をばら撒いているので拡大していきます。
今も栽培を続けていると言う事は、病気でなかった証拠でもありますね。
ガス障害(たぶん亜硝酸ガス)で枯れた部分にシロカビが生えただけでしょう。
枯れた有機物を分解するだけの菌は病原菌ではありません。

ガス障害は多肥や土壌酸度の影響によって発生した窒素ガスの障害です。
栽培初期から肥料が多すぎた様に感じますよ。
水溶性の肥料は水で流れますが、既に吸った肥料は消費し終わるまでどうにもなりません。
トマトは多年草なので、隙を見て栄養を体の中に蓄えてしまいます。
(トマトに近い種にジャガイモ様もおられます)

肥料を使わせる方法は、わき芽を摘まずに伸ばすと良いですよ。
樹勢が普通に戻ったら、そのわき芽は切ります。
伸ばし続けて着果数が増えてしまうと大玉トマトなのに小ぶりになりますし、
着果負担に耐え切れなくなって枯れやすくなります。
(樹勢さえ調節できれば、育てられない事はありませんが追肥や水の量や
やるタイミングは変わります)
現在の状態も(カリウム切れで)着果負担に耐え切れなくなっている状態ですね。

以前の回答時に疑問が残ったようなので、今回はそういうことがない様にがんばってみましたが、
何か疑問が残るようでしたら何でもご質問なさってください。
今年は色々起こったおかげで、たくさん勉強できて良かったですね。(と言ってもいいですよね?)

No,2の方の解答が正しいと思いますよ。

確かに窒素過多が出ていますが、カリウム欠乏も起こしています。
下葉の急速な黄化はその症状で、No,2の方の回答の通り、葉の栄養を実に送っているためです。
カリウム肥料は窒素肥料の3倍ほど必要になるので、同率の肥料でもカリウム欠乏が起きます。
特に実を育て始めてから、その症状が出やすくなります。

窒素肥料は要りませんが、カリウム肥料を追肥しなければ、
このまま実を残してすべての葉が枯れますよ。
枯らしたくなければ、窒素分が入っていない(又は少ない...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報