古い 詩 たくさん 本





弟の教科書を読み、詩を読んでみたくなりました

何から読んでみるのが良いのかよくわからないので
広く浅く色々な詩が載っている本で何かおすすめのものがありましたら
教えてください。

何となく古い人のものがいいです、また軽く解説などが載っていると助かります。

A 回答 (2件)

詩は文芸の花、真善美が具現化したものだと思っています。


その最上のものと、まずはアンソロジー(詞華集)で出会い、自前の観賞力で味わい、出会いの最初の印象を大切にすべきですが、同時にその後、自分の観賞の妨げにならない程度の短い的確な解説を読み、その詩の良さを再認識したり賛同したり意外に思ったり驚いたりするということも、詩に接する大いなる楽しみの一つであると思います。つまり、ご趣旨に賛成します。
講釈はさておき、比較的近年のものを中心に、私がたまたま読んだことがあるきわめて限定的な範囲で、いくつか挙げてみます。

『詩の玉手箱』三木卓編 いそっぷ社 2008年刊
『通勤電車で読む詩集』小池昌代編 NHK出版生活人新書 2009年刊
『詩の中の風景 ―くらしの中によみがえる―』石垣りん編 婦人之友社 1992年刊

などがご趣旨にかない、手頃の分量で、まず最適と思います。
また、子供向けに編纂されているけれども大人が読んでもちっともおかしくないものとして、

小池昌代編による
『かさぶたってどんなぶた (1)あそぶことば』
『レモン (2)かんじることば』
『どっさりのぼく (3)いきることば』
『うち 知ってんねん (4)みんなのことば』
『かんがえるのって (5)ひろがることば』のシリーズ あかね書房 2007~2008年刊
があります。それぞれの巻末に短いが印象的な小池さんのコメントがつき、スズキコージや太田大八といった現代の児童画を代表する人たちが画を描き、詩画集としても楽しいものです。(こうした、詩と絵や写真やとコラボした詩画集を開くのも詩を読む楽しみの一つです)

もう一点、茨木のり子、大岡信、川崎洋、岸田衿子、谷川俊太郎の「櫂(かい)」(現代詩グループの一つ)メンバーが頭を寄せあって精選した『おーいぽぽんた』福音館書店 2001年刊
は、詩(新体詩・現代詩)ばかりでなく、短歌や俳句の古典まで載せてあり、別冊では大岡信による短歌や俳句の解説がしてあって、子供たちやその父母が参考にするのにたいへん適切ではないかと思った記憶があります。

そういえば大岡信には膨大な詩歌のアンソロジー『折々のうた』がありました。ここではそれを抜粋した、
『精選折々のうた』上中下巻三冊本 朝日新聞社 2007年刊 を挙げておきます。

詩の一つ一つを必ずしも解説しないが興味深いものとしては、

『詩歌の待ち伏せ』上・下・続の三冊、北村薫/編・エッセイ 文芸春秋社 2002~2004年刊
『名詩渉猟』天沢退二郎他 思潮社 2005年刊
『あの頃、あの詩を』鹿島茂/編・著 文春新書 2007年刊(かつて教科書に載っていた詩を編し時代の変遷を語ったものです) 
『詩の風景・詩人の肖像』白石かずこ/編・エッセイ 書肆山田 2007年刊

脚注ふうに鑑賞が付けられたシリーズとしては、

『日本の詩歌』全30巻 中央公論社 1970年代
『現代の詩人』全12巻 中央公論社 1980年代

が代表的なところでしょうか。
以上、日本の近代の詩を中心に思い出してみました。これでもほんの一部です。このあたりを手掛かりに捜されてはいかがでしょう。
アドバイスとしては、実際に詩作に苦しんでいる人(詩人)が編集・解説したもののほうがはずれが少ないように思います。詩の需要は最近少ないですから、大型書店・老舗の古書店・蔵書の豊富な図書館のほうが見つけやすいでしょう。
    • good
    • 0

まずは、以下の本を読まれてはどうでしょうか?


三好達治『詩を読む人のために』(岩波文庫、\630)
http://www.amazon.co.jp/dp/400310823X/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q詩の仲間、詩を公開する場所

自作の詩を作っている者です。
(1)詩について語れる仲間を見つけたいと思っていますが、そのようなサークル等は存在するのでしょうか?
(2)詩を公開できる本は存在するのでしょうか?

回答頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

通りすがりの検索好きです。
(2)について「雑誌 詩 投稿」で検索したところ、いくつかヒットしました。

未来創作
http://www.miraisousaku.net/
雑誌Cobalt
http://cobalt.shueisha.co.jp/toukou/pc.html
詩学
http://www7.ocn.ne.jp/~shigaku/
詩と思想
http://www5.vc-net.ne.jp/~doyobi/

各雑誌の雰囲気は書店で確かめていただくか、図書館の雑誌コーナーに置いてある場合もあるので、お近くにあれば一度のぞいてみてください。

(1)のサークルや掲示板も、検索すればいろいろ出てくると思いますよ。あとは朗読会のイベントを探して参加してみるとか…。

たくさんの仲間&発表の場が見つかるといいですね。がんばってください。

Q夏目漱石作品等の古い文体(?)の本が読みたい!

国語の知識が無いので、何と表現するのかわからないのです・・・
夏目漱石や横溝正史の作品で、オリジナルの古い文体で書かかれたもの
(「云ふ、さうですか、~するやうに」等の語調で書かれているものという意味です。)
はどこの出版社で購入する事が出来るのでしょうか?
また、書店で請求する場合、この様な文体の名称は何と言えば伝わりますか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

夏目漱石の作品については岩波文庫がおすすめです。
漱石に限らず近代日本文学の中で定評のある作品はほとんどが岩波文庫になっています。もちろん、オリジナルと同じ言葉遣い(旧仮名遣い)で収録されていますから、ivy2003さんのご希望にぴったりだと思いますし、大きな書店に行けば入手は容易です。

残念なことに岩波書店の販売方法が一般の本と違う(返品不可の買い切り制)為に、街の小さな書店や中規模の書店ではおいてないかもしれませんけれど・・

なお、参考URLは近くに大きな書店のない方のための岩波文庫の買い方のガイドです。

参考URL:http://www.tomita.net/column/s971008.htm

Qコメント仲間が出来たのは、いいんですが・・・

僕は、ブログで自作の詩を公開しているのですが、一人で黙々と更新するのは寂しいと思い、
開設当初、同じように自作の詩を載せているAさん(女性)のブログにコメントを書いた事がきっかけで
お互いの作品にコメントしあう様になり、1ヶ月ほど経ちました。(2006年12月現在)
そこで、Aさんのようなコメント仲間?をまた増やそうと思ったんですが、
もし、新しい仲間が出来てコメントしあうようになった場合、

<質問(1)>Aさんは、僕が「新しい仲間」とやり取りを始めた事に対して「イラッ」としないでしょうか?
      自意識過剰とも思ったんですが、僕なら「イラッ」とするかもとも思ったので。

<質問(2)>また、「新しい仲間」に対して「Aさんのブログも見てね」や、
      Aさんに「新しい仲間のブログも見てね」的なフォローをした方がいいのでしょうか?
      僕はちょっと押し付けがましいとも思うんですが。

文章が冗長な上に下手で申し訳ありませんが、是非回答の方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ネット上で複数の方とやりとりするのはごく普通のことだと思います。他の方との交流が増えて、Aさんとのコミュニケーションがおろそかになってしまう恐れがあるなら、また別の配慮が必要かもしれませんが。

なんていうんでしょう…ネット上ではあまり囲い込んだ仲間意識など持たず、不特定多数の方とつながる、という考え方でいいのではないかと思うのです。
あなたが最初Aさんにコメントを書いたように、それをBさんにもCさんにもDさんにも広げていくのは、あなたの自由だと思います。
いろんな人があなたのブログに入ってきたときに、Aさんが変わらず、もしくは積極的に交流の中に入ってくれるか、もしくはやきもち(?)をやいて出て行ってしまうかは、これもAさんの自由ではないでしょうか。

<質問(2)>で「押しつけがましいと思う」と言われていますが、私もそう思います。顔が見える付き合いなら新しい仲間を紹介するのは普通ですが、文字だけで物事を伝えるネット上では、言葉が強く伝わりがちになります。とりあえず、新しい仲間との関係はAさんが考えることであって、あなたが誘導する必要はないのでは。

ネット上での付き合いというのは顔が見えませんから、ある程度割り切ることも必要だと思います。他の方と交流しつつも、Aさんに対して変わらず誠実であることが、あなたにできる最大の配慮かと思うのですが。

ネット上で複数の方とやりとりするのはごく普通のことだと思います。他の方との交流が増えて、Aさんとのコミュニケーションがおろそかになってしまう恐れがあるなら、また別の配慮が必要かもしれませんが。

なんていうんでしょう…ネット上ではあまり囲い込んだ仲間意識など持たず、不特定多数の方とつながる、という考え方でいいのではないかと思うのです。
あなたが最初Aさんにコメントを書いたように、それをBさんにもCさんにもDさんにも広げていくのは、あなたの自由だと思います。
いろんな人があなたの...続きを読む

Q弟に読ませる読解力を高めるための本は何が良いですか?

私には中1の弟がいるのですが、国語の文章の読解力(主題を読み取る力)が弱いので、何か本を読ませてから考えさせたりしたいのですがどのような本にすればいいのかがわかりません。
物語文はストーリのほうに気がいってしまうので、できれば物語以外でお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

試しに、池田晶子さんの『14歳からの哲学』はどうでしょうか。
興味の湧いた章だけでも構わないと思いますよ。

哲学を身近なものにしようと努めてこられた池田さんですが、
最近お亡くなりになったとのことで残念です。

Q笑える詩、ありますか?

笑える詩、ありますか?
面白い詩を探しています。
明日の学校の授業で詩を朗読することになったのですが、
私は今まであまり詩に対して興味がなかったので
どのような詩があるかよく分からないでいます。

どなたか面白い詩を知りませんか?
できれば皆が笑えるような詩がいいです。

ググレカスなどと言わずに笑える詩を教えてもらえると幸いです。

Aベストアンサー

工藤直子さんの『のはらうた』、いかがでしょう? シリーズになって何冊か出ています。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%89%E3%81%86%E3%81%9FI-1-%E5%B7%A5%E8%97%A4-%E7%9B%B4%E5%AD%90/dp/492468421X

学校図書館や、お近くの公共図書館でもたいてい見つかるかと思います。

Q中学か高校時代の教科書に載っていた詩がどうしても思い出せません。

中学か高校時代の教科書に載っていた詩がどうしても思い出せません。
作者はおろか題名や断片の一語も思い出せないので恐縮ですが、
確か、雪国の冬のどんよりした厚い雪雲に覆われた空、
雪に閉じ込められたうっとおしい気分を詩にしたものだったと思います。
何故かその詩が気になって、
時々その詩を思い出そうとするのですが、
いよいよ全く思い出せなくなってしまいました。
これだけの情報で申し訳ないですが、
思い当たる方がおられましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

 
 該当作ではなさそうですが、冬の雪をうたった、代表的作文……。
 
── 雪がコンコン降る。人間はその下で暮しているのです。
── 石井 敏雄《雪(詩)19491221 山びこ学校》
(山形縣山元村中学校生徒の生活記録)
 
http://chihiro-s.tumblr.com/post/181066461
── 山本 稔《名作散歩 199809・・ 東京新聞&中日新聞》http://www.zusi.net
http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/day?id=87518&pg=19511030
 

Q詩が嫌いな人に質問です

詩を好きな人ではなくて、嫌いな人にお聞きします。

1.どのくらい詩が嫌いですか?
(回答例:詩見るなら~した方がマシ)
2.詩の何が嫌いですか?
3.2の問題が解決したら詩を好きになることはありますか?
4.趣味で詩を書いていると言われたら引きますか?

僕は詩を趣味で書いてるので1には答えられませんが、
2.長い詩や冗長的な詩は一行で見るのを断念します。
その一行が物凄いインパクトがあれば見ますが。
3.これ以外の詩なら、まぁ・・・。
4.詩を見せてもらってからですかね。自分も書くので。

あと全く関係無いんですが、たけのこの里ときのこの山どっちが好きですか?
今日久しぶりに買いまして、ちょっと聞いてみたいなと思いました。
僕は前者のたけのこの里です。

今時間に余裕がある方で詩が大嫌いな方、よろしくお願いします。
ポイントは1から3までを重視しようと想います。

Aベストアンサー

女の学生です。私は文章を読むのが大嫌いです。
小学生の時から国語が大嫌いで真剣にやっても
間違ってたりしてイライラします。
小学生の時の国語の本に書かれてある物語以外の、
小説本を、最後まで読んだことがありません。

1.詩は小説と同じ分類と考えてしまいます。
短いものもありますが、読みながら考えないといけないのが
苦手です。でも考え方を書いている随筆とかは好きです。
しゃべっている感覚なので、長くても読んでしまいます。
詩見るなら嫌いな食べ物食べた方がマシです。
2.随筆のようにストレートに伝わらないからです。
長文は絶対読みません。
3.もちろん好きになれると思います。でも内容によるのですが、
つらい思いをただつづっている詩は嫌いです。
前向きな詩だったら好きになれると思います。
4.引きはしません。私が嫌いな分、尊敬というかすごいと思います。

たけのこの里ときのこの山だったら、絶対たけのこの里ですね!
高いので買いませんが、安かったら毎日食べたいです。

Q源氏物語の「御」の読み方は、ご、み、おほん、おん、お、とありますが、下の語によっとどのように読み分け

源氏物語の「御」の読み方は、ご、み、おほん、おん、お、とありますが、下の語によっとどのように読み分けたら良いのですか。教えてください。

Aベストアンサー

「御」と書いてあって、われわれがそれを読み分けなければならないことは、ほとんどありません。一つだけ言えるのは、「ご」と読むのは漢語の上についている場合ですが、これも例外があるかも知れません。こういう読み分けを考えてくれるのは学者です。
 有名な冒頭の部分の「いずれのおほんときにか」の「おほん」はテキストに読み仮名が付けてあるでしょう。源氏物語の原本は残っておらず、写本という形で残されてきたのですが、そのため、テキストがいろいろありますので読み方も変わってくる可能性があります。

Q良い詩とはなんでしょうか?

黒田三郎と宮沢賢治の詩ばかり読んでいる者です(範囲狭っ…

ストレート過ぎるのですが、一般的に「良い詩」とはなんなのでしょうか?
どういった詩を人は「良い詩」と思うのでしょうか?

また、私は詩の書かれているブログやホームページを廻ったりするのですが、その時にランキングとかを見ると、上位にいる人は「幸せ」「希望」「愛」などの明るい、プラス的な詩が多いなぁ~と思いました。
暗めの詩が好きな自分としては、あまりいい詩とは思わないことがあるですが、一般的に暗い詩というのはあまり評価されないのでしょうか?

回答お願い致します。

Aベストアンサー

これまでいろんな詩を愛読してきた中年男です。

>ストレート過ぎるのですが、一般的に「良い詩」とはなんなのでしょうか?
>どういった詩を人は「良い詩」と思うのでしょうか?

まず、「良い詩」の「良い」の基準をはっきりと定めないことには、簡単に回答しづらいのではないでしょうか。
さらに、「良い」の基準を定めたにせよ、その基準の拠り所なり、根拠なりを曖昧にしたままでは、その基準も結局は恣意的でしかないということになりかねませんよね。

で、私としては、ある詩が「良い詩」かどうかは、それは小説でも、戯曲でも、絵画でも同じだと思いますが、結局、その詩がどれほど写実的であるかで決めるしかないと思います。
その点、よそ行きの韻文の衣装を着せられたり、きらびやかな比喩をちりばめられたりした詩が、はたして本当に「良い詩」なのかと問われれば、私としては、それは「良い詩」どころか、「悪い詩」にも及ばない、単なる虚飾に装われた擬似詩、つまりウソとしか呼びようがないところです。

思うに、詩に限らず、あらゆる芸術の価値、その存在理由はとなると、つまり「良い芸術」であるための基本条件とは、とにかく写実的であること、つまり世界なり、現実なり、人間なりの真相、正体をできるだけあるがままに捉えていること以外にはありえないと思います。
だって、写実的でない芸術が人間の心を根本から揺さぶり、感動させることができるとは、とても信じられませんからね。

>暗めの詩が好きな自分としては、あまりいい詩とは思わないことがあるですが、一般的に暗い詩というのはあまり評価されないのでしょうか?

いや、題材、テーマの「明・暗」とその詩の「良い・悪い」とは全く無関係だと思います。
たとえば、賢治の有名な「春と修羅」だって、題材レベルでは決して明るくはないですが、本当に「良い詩」だと思います。

ということで、「良い詩」というのは、詩人が《言葉》の有する能力を最大限発揮して、世界や人間の真相、正体をできるだけ正確に捉えようともがき苦しんだ末に詠み出されたものだと思います。

これまでいろんな詩を愛読してきた中年男です。

>ストレート過ぎるのですが、一般的に「良い詩」とはなんなのでしょうか?
>どういった詩を人は「良い詩」と思うのでしょうか?

まず、「良い詩」の「良い」の基準をはっきりと定めないことには、簡単に回答しづらいのではないでしょうか。
さらに、「良い」の基準を定めたにせよ、その基準の拠り所なり、根拠なりを曖昧にしたままでは、その基準も結局は恣意的でしかないということになりかねませんよね。

で、私としては、ある詩が「良い詩」かどう...続きを読む

Q友人の結婚式で詩を読もうと思っています

谷川俊太郎さんの詩で、結婚を祝福するのにふさわしい詩はありますでしょうか?
また、その他の作家さんでも良いので結婚を祝福する詩を教えてください
よろしくおねがいします

Aベストアンサー

【祝婚歌】
吉野 弘の『祝婚歌 しゅくこんか 』という詩があります。
いろいろなところで紹介されていますので、
ご存知かもしれませんが、胸を強く打つ詩ですね。
下記のサイトで紹介されています。

http://1952mail904.269g.net/article/1012797.html

【迷子】
谷川俊太郎の詩ですが、結婚式の詩でいいですね。

私が迷子になったらあなたが手をひいてくれる

http://www.lares.dti.ne.jp/~taka-ino/poem09.htm

参考URL:http://www.lares.dti.ne.jp/~taka-ino/poem09.htm,http://1952mail904.269g.net/article/1012797.html


人気Q&Aランキング