生命保険に契約している人が、自分が生命保険に入れないような病気を持っていることを身内に隠されていたことを後に知った場合どうなるのでしょうか。
もちろん本人は知らなかったわけですから契約は出来ていますが記入内容に誤りはあったわけです。この場合保険金はどうなるのでしょうか。
また、更新などの時に保険会社ではこのようなことを確認したりはしないのでしょうか。

A 回答 (3件)

searchingboyさんがかかれているとおり、一度約款をご覧になるのがいいと思います(契約時に保険屋さんから貰ってないですか?)。


また、保険契約は責任開始日(契約が成立した日?)から2年を過ぎると、保険会社のほうから契約解除をすることが出来なくなると記憶しています。

また、更新時には確認はないと思いますが、転換などしようと思うとまた審査をすることになるので、入れなくなってしまうかもしれません。
現在どんな契約をされているのかは存じませんが、更新で継続させていくのが途中大変になっていくかもしれませんが、知る前に入れてよかったですね。(←そんなことを言っていいのか分かりませんが…)
    • good
    • 0

No.1回答者:kensakuさんの通りですが.お手許に生命保険の約款をお持ちでしょうか。

 「告知義務違反による解除」-故意.重大なる過失によって告知の際に事実を
 告げなかったとき,事実でないことを継げたときは,将来を保険会社は契約を解除することができる.
    「保険契約を解除できない場合」
 1. 解除の原因を保険会社が知っていたとき,かしつのために知らなかったとき
 2. 解除の原因の事実をを知ったときその日を含めて1月を経過したとき
 3. 責任開始から2年以内保険支払の住事由が生じないとき
   あなたの場合3.に当ると思います.いちど約款をご覧なってください.
   「詐欺による無効」がありますが、あなたの場合は当てはまらないと思います.
    • good
    • 0

その方が成人で、当人がそれを知らずに告知契約したなら、契約は有効でしょう。


また、その病気が死因となった場合は、その後に調べが入る可能性はありますが、契約して2年以内でなければ、それほどは調べないと思います。また更新時には、確認はしません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京ディズニーランドで配布される記念日などのピンについての質問です。

東京ディズニーランドで配布される記念日などのピンについての質問です。
今までその日に行ったことがないのですが、配布される日というのはあらかじめ分かるものなのでしょうか?

また最近も配布はされているのでしょうか?
11月18日のミッキーの誕生日に配布されたりしますか?

その日はやっぱり混雑しますか?

色々質問ぃて申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

25周年を最後に、正式?な配布はしていませんが…

去年だったっけ?TDSのキャンドルライトリフレクションズが終わるときに、サイリウム(折ると光る棒)を配りました。
でもこれは告知ナシで、どちらかというとCMの撮影用のためという感じでした。
ミッキーの誕生日と、キャンドルの最終日に配ったと記憶してます…

あとは、カウントダウンのときは毎年配布というか、記念品がつきます。

確か10周年から4/15のみ告知ナシで配布がはじまりました。
(それ以前は、5年おきの○周年というときにスクラッチとかはあった)
ミレニアムカウントダウンあたりから、開園記念日以外の日に配布をするようになり、公式HPでも告知がされるようになりましたが、25周年を最後に(しかも確か24個という半端な数で)配布は終了しました。
それ以降、HPで事前に告知されるような配布はしていないと思います。
事前告知があったときの配布日はかなり混雑しますよ。
10~14周年の、4/15のみ配布のころは、4/15に行けばふるい常連にばったり会う…なんてぐらいでした。
ただ25周年までの近年は配布も頻繁でしたので、配布初期のころと比べると分散していたように思います。

今年に関しては、公式では告知はないと思います。
最近は情報あまり入ってこないのですが、とりあえず11/18に配布があるかどうかは今のところ耳にはしていません。
ただ去年はかなりぎりぎりに知ったので、ないとも言い切れないですが。

25周年を最後に、正式?な配布はしていませんが…

去年だったっけ?TDSのキャンドルライトリフレクションズが終わるときに、サイリウム(折ると光る棒)を配りました。
でもこれは告知ナシで、どちらかというとCMの撮影用のためという感じでした。
ミッキーの誕生日と、キャンドルの最終日に配ったと記憶してます…

あとは、カウントダウンのときは毎年配布というか、記念品がつきます。

確か10周年から4/15のみ告知ナシで配布がはじまりました。
(それ以前は、5年おきの○周年というときにスクラッチとかはあっ...続きを読む

Q契約者本人以外が、生命保険の保険料を支払うことはできませんか?

契約者本人以外が、生命保険の保険料を支払うことはできませんか?
こんにちは、質問させてください。
60代の同居母は国民健康保険以外の保険がありません。
私が会社で加入している生命保険におまけのように加入していますが、
保障範囲は小さいです。
万が一のとき、葬儀代や墓石代や身辺整理費用のために、
死亡保険をかけたいな、と思っています。
ただ、母は無職で年金もまだ受け取れる年齢でないため定期的な収入や貯金が
ありません。
契約者を同居娘の私、被保険者を母とし、保険料を同居娘が払うことは
できないのでしょうか?
わざわざ、毎月母の口座にお金を振り込んで口座引き落としにするのは面倒です。
高齢者向けに、お勧めの生命保険があれば合わせてアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

保険契約者=A
被保険者=B
受取人=A
として、保険料をAが支払うことは、何の問題もありません。

ただし、Bに万一があったとき、受け取る保険金は、一時所得として
所得税の課税対象となります。
相続税にするには、保険料負担者=被保険者としなければなりません。

今回の場合、もう一つ、問題があります。
それは、御母堂様が無職・無収入であることです。
それがネックになって、保険契約を認められない可能性があります。

契約できるとして、高齢者向けの死亡保険というのは……
保険料の一括払いなど、限られています。
例えば、終身保険の終身払いを選択すると、月々の支払は少なくて
済みます(と言っても、かなり高額)が、一定の年齢になると、
支払総額が保険金額を上回るという現象が起きてしまいます。
つまり、100万円の死亡保険なのに、保険料支払額が100万円を
超えてしまう、という現象が起きます。
それを防ぐためには、一括払い、10年払いなどをしなければ
なりませんが、それだけ保険料が高くなります。

10年定期保険(解約払戻金ゼロ)で、保障額が数百万円程度ならば、
保険料も数千円で良いでしょう。
この10年間に、それ以降の様々な費用を貯める、という方法もあります。

いずれにしても、保険料の予算がどれほどなのか、
貯蓄をどのように考えておられるのか、
年金を受け取るようになったら、それを貯蓄に廻せるのかどうか、
などなど、様々な要素を考えなければならないので、
単純には申し上げられません。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

保険契約者=A
被保険者=B
受取人=A
として、保険料をAが支払うことは、何の問題もありません。

ただし、Bに万一があったとき、受け取る保険金は、一時所得として
所得税の課税対象となります。
相続税にするには、保険料負担者=被保険者としなければなりません。

今回の場合、もう一つ、問題があります。
それは、御母堂様が無職・無収入であることです。
それがネックになって、保険契約を認められない可能性があります。

契約できるとして、高齢者向けの死亡保険というの...続きを読む

QQ.手首付近の局部麻酔について 僕はあと2日したら局部麻酔で手首のピンを抜釘します。でも、局部麻

Q.手首付近の局部麻酔について


僕はあと2日したら局部麻酔で手首のピンを抜釘します。でも、局部麻酔が不安で仕方ありません、本題ですが、局部麻酔は、注射されてから何秒くらいで感覚が無くなるのでしょうか(効果が出てくるのでしょうか。)

Aベストアンサー

5秒から10秒くらいですかね?

麻酔ですからまったく痛みは感じません。

痛みを感じていたら麻酔の意味がありませんからね。

Q【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。 自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってま

【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。

自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってまだ存在してますか?

もうどこの生命保険会社も自殺した場合は保険金が支払われない特約付きになってますか?

生命保険開始日より1年以下での自殺は保険金が支払われないが加入から1年以上経ってからは自殺でも保険金が支払われる自殺対応の生命保険を教えてください。

Aベストアンサー

ほとんどの保険会社が、免責期間を3年、、と決めています。

自殺する場合は、3年は踏みとどまりましょう。

それ以前に死ぬと無駄死になります。

ただ、病気とかで、生きていくのが嫌になったりした場合の自殺は

3年以内でも、支払われる「場合」もありますが、、、。

Q日焼け止め、ピンからキリまで☆

日焼け止めの、価格は、ピンからキリまでありますが、
効能に違いはあるのでしょうか?

伸びがいい、落ちにくい、などの理由でしょうか?

やっぱり、高いのは焼けない!
やっぱり、安いのは焼けてしまった!

の経験談など、ございましたら、お願いします。m(..)m

Aベストアンサー

日焼け防止効果はSPF値が高いほどまたPA値の+が多いほど日焼けしにくいです。
SPF 120、 PA+++は白浮きします。
SPF 50、PA+++などなら塗ったかどうかわからないものもあります。また塗った感じがさらっとしていて長く安定しているものが値段が高いように感じられます。

●使う基油の違い
 べたべた感・さらさら感・汗でおちやすさ
 長く皮膚に安定しているかなど。
●使う反射材の違い
 紫外線収集剤や反射材などの材料が金属アレルギーを起しにくい材料か又は匂わない材料かで変わります。安いものは鉱物、アルミなどですが高いものはパール粉末や酸化チタン、酸化亜鉛などを使用します。
●見た目の感じ
 白浮きしないかどうかの感じ

参考URL:http://nayami.spaspa.jp/suncare.html

Q生命保険の解約について質問させて頂きます。 男、28歳です。 2ヶ月前に契約した生命保険を解約する

生命保険の解約について質問させて頂きます。
男、28歳です。

2ヶ月前に契約した生命保険を解約するために、昨日コールセンターに電話をしました。

解約の理由はネットで色々調べているうちに、独身の時は生命保険は必用ないんじゃないかな、結婚して子供が出来た時に入るべきだなと思ったからです。

コールセンターの方に解約の旨を伝え(軽く引き止められましたが)方法として郵送で手続き書類を送ってもらうようにしました。

ちなみに解約理由は正直に言うと引き止められるのがめんどくさそうだなと思ったので、他の保険に入ったためと嘘をつきました。

最後に解約で処理させて頂きますとのことで終わりましたが、本日の朝から営業担当の人から電話が10回ほどかかってきています。

どうせ解約理由と引き止めだろうからと思い、めんどくさいのもあって無視しています。

このまま特に担当者とやり取りしなくても大丈夫でしょうか?

長文失礼しました。
解答よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

解説します。
今まで支払った保険料は無駄になります。
絶対と言うほど解約金は無いでしょう。
契約担当者(外交員)にも、成績の戻入が発生します。
子供が成人するくらいまで、保険金が大きく安い掛け捨ての定期保険で十分です。
*内資・外資を問わず。
・・「保険料」と「保険金」を間違わずに。
なお、ゆうちょ銀行以外、支払いを3回止めたら失効となり自動的に解約になります。
・・保全の為に担当者の訪問は有ります。
・・これらを繰り返していると、保険協会に登録されて以降の加入はできな  くなります。
元、保険外交員。

Q「取引債務の弁済期日から90日」についてピンと来る方いますか?

売買契約にかかる債務は、債務履行しないまま弁済期日から90日経過すると、「何かが起こる」ような感じがするのですが、これについて何かご存知の方は是非教えてください!法律に書いてある場合は、法律名もお教えいただけますと助かります。

Aベストアンサー

補足があって初めて分かりました。

○銀行の不良債権で、3ヶ月以上延滞している債権を要管理債権に分類しているようなのですが

これは、金融再生法(金融機能の再生のための緊急措置に関する法律)およびその施行規則において、金融機関が開示すべき債権の種類として「要管理債権」を定め、その基準に「3ヶ月以上延滞している」というのがあるからです。銀行法でも3ヶ月延滞という基準による開示義務があります。

http://www.zenginkyo.or.jp/pub/pamph/pdf/dp2_1.pdf

これらの債権については金融機関の開示義務が生じるというだけで、もとの債権自体には何らの変化も生じません。

売買契約だから、というものでもないですね。

Q相続資産となる生命保険(契約者被保険者別契約)

契約者:父、被保険者:子、死亡保険金受取人:父の契約(終身保険)について教えてください。

この契約形態で父が亡くなった場合、亡くなった時点の解約返戻金で相続評価ですが、「相続資産」という認識で良いでしょうか。
通常、「保険はみなし相続資産であって相続資産でない」ですが、このケースは対象外ということでよいでしょうか。

Aベストアンサー

これは次の通達にあるとおり、みなし相続財産ではなく、本来の相続財産となります。お考えのとおりです。

相続税法基本通達(被保険者でない保険契約者が死亡した場合)
3-36 被保険者でない保険契約者が死亡した場合における生命保険契約に関する権利についての取扱いは、次に掲げるところによるものとする(昭57直資2-177改正)
(1) その者が当該契約(一定期間内に保険事故が発生しなかった場合においては、返還金その他これに準ずるものの支払がない生命保険契約を除く。以下(2)において同じ。)による保険料を負担している場合(法第3条第1項第3号の規定により、相続又は遺贈によって保険契約に関する権利を取得したものとみなされる場合を含む。)には、当該契約に関する権利は、相続人その他の者が相続又は遺贈により取得する財産となること。

なお、みなし相続財産となるのは、保険料負担者と保険契約者が異なる場合です。(相続税法第3条1項3号)
ご質問のケースは保険料負担者と保険契約者が同一ですから、このみなし相続財産とはならず、本来の相続財産となる訳です。

Q彼氏がバイトでネクタイを締めていて、ネクタイピンが欲しいと言っていたそうなのでネクタイピンを買いまし

彼氏がバイトでネクタイを締めていて、ネクタイピンが欲しいと言っていたそうなのでネクタイピンを買いました。
これを何でもない日に渡すのか、2ヶ月記念日の飲みの時に渡すのか迷ってます。

どちらがいいと思いますか??
どちらが嬉しいでしょうか?
何でもない日のプレゼントもいいなと思ったのですが…

Aベストアンサー

2ヶ月記念日がどのくらい先なのか知りませんが、2週間以上先ならば私は先に渡します。ネクタイピンを贈るときの意味をネットで知って贈ってあげたらよりすてきなプレゼントになると思います。

Q日本生命が、主契約と特約の死亡保険金の合計(保険金額)を1000万以下へ契約変更させない事への対応方法は

現在ニッセイの終身保険(主契約)に入っています。

この契約には無駄な掛け捨ての特約が多いので、それらを外して主契約だけ、または主契約と医療保障だけにしようとニッセイに話しをしたのですが、担当者が上司に相談したのでしょう。何日も経ってから、主契約と特約の死亡保険金の合計(保険金額)が1000万以下への契約変更は出来ないと言われ、更新時なら出来るとの事でした。

そこで約款に書いてあるのかと尋ねた所、確かにそれらしい事は書いてありました。ですが1000万という数字は明記されていません。

しかし、そのように会社で決められているからと言って、掛け捨ての無駄な特約の保険料を支払い続けたくはありません。

全てを解約しようかとも考えていますが、このような場合どうしたらよいでしょうか。特約を解約する手立てはないものでしょうか。

Aベストアンサー

bvt3juさん

「全てを解約」とまで考えていらっしゃるのであれば、現在ご加入の終身保険の保険金額や、契約してからの経過年数にもよりますが、終身保険を「払い済み保険」http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/continuance/incidence.html#haraizumi に変更するという方法もあると思います。

これは、現在の解約返戻金相当額を原資にして、一回り小さい保障額の終身保険に変更する、というものです。以降の保険料支払いはなくなります。
この際、定期保険特約及び医療保険特約などの特約は消滅します。
(払い済み保険に変更したあとの終身保険・保障額(保険金額)が、100万円以上(?)あるいは300万円以上(?)となれば、変更可能だとおもいます。保険会社にご確認を。)

各保険会社とも、これ以上保険金額を下げられない、という最低限度額はあるようです。
ただ、大手生保のほうが最低限度額が高いように思います。
rokutaro36さんがご紹介してくれたサイト http://www.nissay.co.jp/okofficial/keiyaku/gengaku/gengaku.pdf によれば、日本生命の定期保険(商品名:ニッセイ定期保険 EX)は、保険金・減額限度額は1000万円までのようです。

一方、契約時の最低保険金額ではありますが、オリックス生命の定期保険(商品名:ファインセーブ)http://www.orix.co.jp/ins/direct/product/fs/index.htm であれば、最低保険金額は"100万円"のようです。

bvt3juさん

「全てを解約」とまで考えていらっしゃるのであれば、現在ご加入の終身保険の保険金額や、契約してからの経過年数にもよりますが、終身保険を「払い済み保険」http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/continuance/incidence.html#haraizumi に変更するという方法もあると思います。

これは、現在の解約返戻金相当額を原資にして、一回り小さい保障額の終身保険に変更する、というものです。以降の保険料支払いはなくなります。
この際、定期保険特約及び医療保険特約などの特約は消滅します...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報