gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

中学の夏休みの宿題で塩の結晶を作っているのですが、よくわからないので教えてください。

塩の溶け残りが出るくらいの濃さの食塩水を作り、小皿にその食塩水の上澄みを大さじ一杯入れ窓際で3日間かけて蒸発させました。
すると小皿には白い粒が無数に出ているのですが、結晶というよりは食塩水が蒸発してまた塩ができたという感じなんです。粒が小さすぎて結晶には見えません。
やはりこれは結晶ではないのでしょうか?

2mm角くらいの結晶ができれば、それを核にどんどん大きくしていこうと考えています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

粒が小さすぎて結晶として見えないかも知れませんが、析出したのは確かに結晶です。


蒸発のスピードが速すぎるなどして、細かな結晶が多数現れたのです。

作りたいのは大きな単結晶ですね。
すでに回答にあるように、結晶はすでにある結晶(種結晶という)が成長するように析出します。
種結晶がない場合はホコリなどの不純物や、容器の壁などが種として働きます。
ですので、濃い溶液を作ったあとはろ過をしておきましょう。
また、細かな結晶が出てきたとしても、その中でも特に大きなものを種結晶として置いておきましょう。
残りの小さなものを再度溶かして濃い溶液とし、その溶液に先ほどの種結晶を1粒だけ入れておくのです。

ここで濃い溶液は飽和溶液の一歩手前が良いでしょう。種結晶の表面がやや溶けるため、種の表面にある細かな結晶をなくすことができます。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

小さくても結晶だったんですね。まだまだ夏休みは始まったばかりなので、試行錯誤をしながらチャレンジしてみます。

お礼日時:2010/07/22 22:04

ゆっくり成長させるとどの回答にも書いてあります。


でもそのゆっくりがどの程度なのかが分かりません。
そこが難しいところです。

#1では「日の当るところ」と書かれています。
#6では「日の当らないところ」と書かれています。

読んでも分からないということになります。

日の当らないところです。
今の時期、食塩水を入れた小皿にお茶碗を逆さにかぶせておくぐらいでいいでしょう。
透明な容器をかぶせておく方がいいでしょう。動かさずに中を見ることができます。
「塩の溶け残りが出るくらいの濃さ」というのはよくないです。
その溶け残りが種になってしまいます。
一度完全に溶かしたものを使う方がいいです。
一度ティッシュでろかをして小さなゴミを取り除いておくといいでしょう。
窓際で3日間というのが速すぎたということです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

すごくわかりやすい回答、ありがとうござます。ティッシュでろ過して再チャレンジしてみます。

お礼日時:2010/07/22 22:01

最近、暑い日が続いていますから、蒸発が速過ぎたのかもしれません。



また、小さな埃が入ってしまうと、大きな結晶を作ることが難しくなります。

蒸発法により、結晶を作る場合には、飽和溶液である必要はありません。

少し、薄めの食塩水を作り、小皿に入れたら、上からティッシュ等で埃が入らないように覆い、
室内の直射日光が当たらないような場所に放置してみてはいかがでしょう。

息子の時は、醤油を小皿に入れて、ほおって置いたら、3mm程度の塩の結晶ができましたが。
    • good
    • 3

結晶を大きくしたいなら、下記の2点を重視してトライして下さい。


1.ゆっくりと成長させる。
きれいな形の結晶を作るためです
2.成長している容器全体に振動を与えない
 振動が結晶を作るきっかけになるので、成長している結晶に別な結晶が発生して形がくづれます。

>2mm角くらいの結晶ができれば、それを核にどんどん大きく
いい考えですが、その2mmを作るには更に小さな結晶から形の良い結晶を選び出して「2mm角くらいの結晶」を作ることを考えて下さい。

要は、手間と時間を惜しまずに地道な努力が必要な作業です ^ ^
    • good
    • 2

食塩は温度による「溶解度差」がとても小さいので、お薦めではありません。


ミョウバンをお薦めします。
http://asaitou-web.hp.infoseek.co.jp/kesshou/rik …
うまくするとこんなのが出来ます。
http://www.google.co.jp/imglanding?q=%E3%83%9F%E …
    • good
    • 3

一辺が10センチメートルの食塩結晶は100万円以上するそうですからかなり難しいようです


粗塩の中から出来るだけ大きい粒を選び出します
これを食塩の飽和溶液に入れてゆっくりと温度を下げます
蒸発させてはいけません
急に冷やしてもいけません
時間が長いほど結晶が大きくなります

塩の一粒一粒を顕微鏡か虫眼鏡で見て下さい
立方体の結晶が見えるはずです
    • good
    • 2

参考ページの人工的な方法を参考に。



熱湯に限界まで塩を溶かす(飽和させる)。
ゆっくり冷やせる場所に置く(日の当るところ)。

うまく核が成長するまで根気よくやるだけでしょう。
また、何個も同時にやりましょう。
微妙に日のあたる条件を変えてみたり、水の量を変えてみたりするといいかもしれません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%90%E6%99%B6% …
    • good
    • 2

なんとも言えませんがそれでもできるような気がします



また食塩は難易度高めなのでミョウバンをおすすめします
    • good
    • 3
この回答へのお礼

塩の結晶を作るというのが宿題なので、ミョウバンではダメなんです・・・。

お礼日時:2010/07/22 21:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩の結晶が出来ない。

子供が夏休みの自由研究で、塩の結晶を作っています。

水を温めて塩を入れていき溶けなくなったところで、
モールを入れたガラス瓶に入れましたが、
一日たっても
塩が下にたまったまま結晶は出来ません。
何が悪いんでしょうか。

また、塩は水温が20度のときと、
90度のときととける量は違いますよね?

水200cc、水温20度のときに70グラムも溶けたのに、
それを火にかけてもそのまま溶けずじまいです?


なんかすごく間違ってるような???

ちなみに塩は粗塩を使いました。

もうすぐ夏休みも終わりで、
なんか大慌てです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も小学生の時に、40日かかって塩の結晶を作りました。1辺が1.5cm位で高さが5mmくらいの結晶が数個出来ました。ピュアな結晶を作りたかったのですが、1.5cm角の結晶の上に小さな結晶が乗っかり更に上にといった「親亀の背中に小亀を乗せて…」状態になってしまい多少落胆したのを覚えています。
飽和食塩水を作って、昼夜の温度差が大きくない、暗い湿った場所に容器(コップ)を放置し、1週間ごとに飽和食塩水を追加しました。追加した食塩水がまだ冷めきっていなくて出来た結晶がまた溶けてしまったこともありました。
大きな結晶を作るのであれば、ゆっくりと自然蒸発する環境の方がいいでしょう。
でもあと1週間しかない状況ではちょっと厳しいですね。こんな方法はどうでしょうか。
飽和食塩水を入れたコップの上に箸を渡し、中央から糸をコップにたらして、その糸に食塩を一粒糊(ご飯粒)で着けておきます。この食塩が核になります。
その容器を物置とかの暗所に入れておくのがいいのですが、多少早めるのであれば、もっと乾燥した所、部屋の隅や冷蔵庫の中などに置いてみてはいかがでしょうか。直射日光の当たる場所は水温も変化しやすいのでやめた方がいいでしょう。
この際、色々な場所で試してみて、その場所の一日の気温・湿度の変化と、結晶の大きさや形を較べるという研究にされてもいいかも知れません。
失敗したって何かやったことが大事ですから、どのような目的でどのような仮説にたって、どのような実験をし、どのような結果を得たことで、仮説を証明できた(もしくは出来なかったので別の仮説が生まれた)といった論理だてたまとめ方を考えていってくださいね。

私も小学生の時に、40日かかって塩の結晶を作りました。1辺が1.5cm位で高さが5mmくらいの結晶が数個出来ました。ピュアな結晶を作りたかったのですが、1.5cm角の結晶の上に小さな結晶が乗っかり更に上にといった「親亀の背中に小亀を乗せて…」状態になってしまい多少落胆したのを覚えています。
飽和食塩水を作って、昼夜の温度差が大きくない、暗い湿った場所に容器(コップ)を放置し、1週間ごとに飽和食塩水を追加しました。追加した食塩水がまだ冷めきっていなくて出来た結晶がまた溶けてしまったこともあ...続きを読む

Q大きな塩の結晶を作りたい。

昔理科の実験などでやった事があるのですが、せいぜい3mm角程度の結晶しか出来ませんでした。

最大でどの程度の大きさの結晶が出来るのですか?角砂糖位の大きさはいけますか?
また、作り方も教えてください。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

小さな単結晶をお持ちでしたら、No.1さんのコメントされているように飽和食塩水を作ったあと、その中に小さな結晶を浸けてやると、その結晶を核として大きな結晶に育ってくれます。

蒸発のさせ方にも結晶成長は依存します。
コップでもフラスコでも良いですが、完全に密閉されない程度のフタをしてやってわざと蒸発を遅くすると大きな結晶がゆっくりとできてくれます。

Q大きな塩の結晶を作る、実験失敗の理由を教えて

大きな塩の結晶を作るために
1.100gの水に40gの塩を溶かした塩水をシャーレに入れて天日で水を蒸発させ、少し大きめの結晶を作った
2.少し大きめの結晶を釣り糸に接着しそれを核として更に大きな結晶を作る
3.100gの水に40gの塩を溶かした塩水に、上記の核を入れた後5分後に核になる結晶がなくなって実験は失敗した。
この失敗の原因を教えてください。

Aベストアンサー

補足を見ると「100gの水に40gの塩を溶かした塩水」ではなくて下に溶けきれない塩が残っている
状態だったということですね。
だとすると「釣り糸に接着し」というところが問題だったのでは?
たとえば接着剤が溶けて核となる塩の結晶が外れて下に落ちちゃったとか。
失敗の原因は「接着し」というところだと思います。結べば良かったのかも


人気Q&Aランキング