出産前後の痔にはご注意!

こんにちわ。最近友達に車を譲ってもらいました。
最初は名義変更等もきちんとする予定だったのですが、
実はその車がディーゼル車で10月より規制がかかるのと、
次の車検が来年の8月までなので、寿命が
あと一年だけなので、名義人の友達も
「そのままでいいよ」とのことなんです。

そこで質問なのですが、名義等は特にわたしも
困る点はないのですが、任意保険についてです。

こういった場合どのように加入すればよいのでしょうか
よくネットで数社一度に見積もりを取り寄せる
方法がありますが、名義のらんは本人とか家族とかに
なっております。

よく聞く、「ドライバー保険」の部類になるのでしょうか?
それはどこの会社でもあるのでしょうか?
また、おすすめの保険会社があればぜび
教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

譲り受けたが名義変更はまだという状態ですね。


特にそれ自体には問題がないように思えます。
契約時に車検証の提出が必要ですが、あわせて「自分の車だが名義変更はまだ」ということを資料化何かで証明すればいいだけです。このあたりは加入される保険会社によって手続きが違っていると思われるので、契約時に確認が必要です。

注意したいのは特に次の2点ですね。
ネットや通販では車検証だけで判断されると思いますので、代理店等で契約することをお勧めします。もうひとつは、契約すること自体には他人名義であろうと大きな問題はありません。ただこの先車を買い替えなどして車両入替をする場合、所有者も一定の範囲内である必要があります。他人名義からの変更ではこの範囲外になってしまいます。他人名義の車であってもあくまでも「実態上の所有者はsa-tanさん」ということで契約する必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすく教えていただき
どうもありがとうございました。

これで安心しましたので今日明日にでも早速
資料を検索したいと思います。

お礼日時:2003/07/20 20:08

譲渡されたことを客観的に証明できる書面を用意できれば、問題ないです。

(譲渡書・売買契約書・確認書など)

どこの保険会社でもsa-tanさんを契約者として、任意保険をひきうけてもらえますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ということは、私が自分自身で保険会社と契約をして、
車種等はもちろんその車で登録して、

「契約時に委任状類を提出すればよい」
ということですね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/07/20 20:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q他人名義、自分使用の車に保険をかけたい。

 車検証上の記載で、所有者と使用者が義弟の車を無償で使っていいことになりました。
 ただ、ランニングコスト(任意保険代、車検代、ガス代等)は当方負担ということにしました。
 この場合、任意保険はどのようにかけたらいいのでしょうか? 運転者は私に特定し、他人にまた貸しするつもりもありません。妻は運転免許証を持っていません。
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

保険会社によって対応が違うので、電話等で確認した方が良いです。
せっかく加入したのに、いざというときに使えないんじゃ意味無いですからw

ドライバー保険って言うのであれば、あなた自身にかける保険ですから、車の種類を問わないのですが、こっちは高いです。

Q任意保険への加入-車が他人名義の場合

来年7月まで車検の残っている中古車を、近く親戚から譲り受ける予定です。
車の所有者名義は次の車検までは変えない方針です。
そこで質問なのですが、他人名義の車でも、その車を運転する立場にある私は任意保険に加入できるのでしょうか?(加入できないとなると怖くて運転できません。)

先ほどソニー損保の人に伺ったのですが、名義人が親戚であれば可能とのことでした。
しかし複雑なのは、この車は私の親戚が経営する会社の社用車だということです。つまり間接的には親戚の車ですが、厳密には(親戚がオーナーである)会社名義になっているということです。

どなたかアドバイス頂ければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

通販除いて、一般代理店型損保なら車検証名義そのままでも加入できます。

その車の車検証コピー 空白欄に実態上の所有・使用・占有ははあなたであることを明記 署名捺印して保険会社に提出すればOKです。

同居親族に11等級以上の優良等級任意保険加入があれば、セカンドカー割引として7等級で加入できます。

車検時に名義変更すれば良いでしょう。

Q自動車名義人と保険の契約者は同一人物でないといけないのか?

この度、車を購入しようかと考えているのですが、今使用しているのが私自身の名義の車で保険も私名義です。これから購入予定の車の名義を主人の名前にしたいのですが、保険は私の名義のままでも大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

夫婦間なので、現契約での車両入替処理は出来ます。
問題ありません。

自動車保険では次の3つの名義を設定します。

1.契約者・・・契約を交わす人です。誰でも(赤の他人でも)OKです。

2.記名被保険者・・・主にその車を使う人であり、等級の継承者です。
名義の中では最も重要で、これが実態と異なる場合は、約款の規定により契約が解除されることがあります。
解除された場合は、事故が起こっても保険金が支払われません。
記名被保険者は、同居の親族間に限って変更することができます。(夫婦に限っては別居でもOK)

3.車両所有者・・・その車を実態上所有する人。
車検証上の所有者と同一でなくてもかまいません。

Q友人名義の車に自分名義の保険をつけることはできるか

友人名義で車を買うことになりました。事情があり、名義変更はしない予定です。ほとんど私が乗ることになるので、任意保険は私名義で入りたいのですが、可能でしょうか。

Aベストアンサー

確かに実際に車の存在する場所と所有者の所在場所が同じなので、「車庫飛ばし」にはあたらないのかもしれません。でも実態上は東京在住の人間が近くに駐車場を確保できないため駐車場を確保できる人の名義を借りている・・ということになりますよね。

>事故った時、駐車禁止をとられた時にもめるというのはどういうことなのでしょうか?

事故等で賠償問題になったときは使用者・所有者どちらに請求してもいいことになっています。ので所有者のところに見に覚えのない請求のいく可能性があります。駐車禁止については使用者だけでなくその車両の所有者も取り締まることができるようになりました。

Q他人名義の車を運転する時

他人の車を運転していて、万が一事故を起こした際に
問題となるような事について、教えてください。

特に自動車保険関係についてお願いします。
別に問題ないですか?
(家族限定とか、年齢によっては保険が適用されない
と言う程度は知識としてあります)

Aベストアンサー

こんにちわ。
あなたから見れば、ご友人の保険の適用の確認、自身の自動車保険(他車運転)の確認だけで第三者への賠償問題は大丈夫ではないかと思います。
次に、借りた車そのものが壊れた場合には修理して返さないとなりませんよね。友人の車に車両保険があればそれで修理も可能ですし、自身の自動車保険の他車運転で借りた車の修理費が賄える事もあります。
乗ってる人(あなたや同乗者)がケガをした場合には、これも同じくご友人の保険の人身傷害補償や搭乗者傷害保険が対象になりますし、搭乗者が個々に自動車保険に入っていれば自身の人身傷害補償が適用できることもあります。

どちらかと言えば、貸す側の方がデメリットが大きくなるように思います。あなたが事故を起こして消息不明になると、被害者は所有者に対して損害賠償請求します。所有者責任を問われ、特に人身事故では責任は免れません。貸す側はきちんと保険に入っておくべきです。

Q車の名義変更の際の任意保険加入のタイミングについて

今度、他県の運輸支局で登録された弟の車を譲り受ける予定です。
手続きの流れとしては、「1.車庫証明の取得」→「2.自分の住所の管轄の運輸支局で移転登録」→「3.新しいナンバーで任意保険に加入」といった順序だと思うのですが、、
そうなると、
『移転登録完了(新しい車両ナンバーの取得)~任意保険の効力発生日』の間で、「任意保険未加入」となる期間が発生すると思われます。
そこで、ご質問があります。
(1)この空白の期間は、異なる運輸支局間で移転登録を行う際は仕方のないことなのでしょうか?
(2)空白期間で事故が起こった場合は、保険の使用は不可能ですか?
(3)このような移転登録を行う場合は、通常どのような手続・タイミングで任意保険に加入するものなのでしょうか?
似たようなケースをご経験の方、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、

(1)質問者様も危惧していらっしゃるように例え僅かの時間であっても、社会通念的に任意保険の空白期間が発生する事は非常にまずいです。
従って、移転登録の際であっても任意保険の空白期間を発生させてはいけません。

(2)空白期間に事故が起こると言う事は、任意保険未加入の車で事故を起こしたと言う事ですから、当然保険は適用されません。

(3)質問者様と弟さんの現在の任意の自動車保険の加入状況が分からないので、的確な回答をするのは難しいです。

保険の空白期間(無保険状態)を作らないために考えられる方法。

先ずは、弟さんが譲ってくれる車に任意保険を掛けている場合。
弟さんには名義変更と移転登録が済むまでは保険を切らずに継続加入してもらい、あなたは車検証のコピーを基に保険会社の窓口で保険の加入手続きをしておく、運輸局で移転登録が済んでナンバーを取り付けてもらったら保険会社に電話をして当日付けで有効になるように保険の適用手続きを完了してもらう。
(弟さんの保険が家族限定や運転者限定の保険の場合はNG、運輸局までは弟さんが運転して来てくれるのならOKですが)

弟さんが既に別の車に保険の切り替えをしているか、保険を解約している場合。
上記と似ていますが、正規の車検証又は車検証のコピーを基に保険会社の窓口で譲渡予定の車に掛ける任意保険の内容を決めて適用開始日を名義変更日に設定します。
ナンバーが交付されたら保険会社に行って新しい車検証を見せてナンバー登録情報などを入力してもらって正式な手続きが完了になります。
(心配なら運輸局から保険の窓口に新ナンバーを電話で連絡しても良いと思います)

現在ご自分の車が有って任意保険を切り替える場合も手続きの流れは大体同じですが、自分が加入中の保険を切り替えて新規のナンバー登録を行う場合は、その当日の一日間に限っては旧の車と新規の車の両方どちらの車で事故を起こしても加入中の保険が適用されます。

説明が難しい上に私の国語力が無いために、ご理解し辛い文章で申し訳ございません。

要するに、
>『移転登録完了(新しい車両ナンバーの取得)~任意保険の効力発生日』
となるのではなくて、新しいナンバーは無くても次に購入する車の車検証が有れば保険に加入する事は可能で、車検証を基に事前に保険に加入して保険の適用開始日も指定しておく事ができる。
ナンバーに付いては新しいナンバーが交付されてから後で保険会社に連絡して手続きをしても大丈夫で有るという事です。

こんばんは、

(1)質問者様も危惧していらっしゃるように例え僅かの時間であっても、社会通念的に任意保険の空白期間が発生する事は非常にまずいです。
従って、移転登録の際であっても任意保険の空白期間を発生させてはいけません。

(2)空白期間に事故が起こると言う事は、任意保険未加入の車で事故を起こしたと言う事ですから、当然保険は適用されません。

(3)質問者様と弟さんの現在の任意の自動車保険の加入状況が分からないので、的確な回答をするのは難しいです。

保険の空白期間(無保険状態...続きを読む

Q自賠責保険証明書の名義について

昨年買った中古の軽自動車を今度、姉に譲渡する予定で、車検証の名義変更を自分でやろうと思うのですがそこで、自賠責保険証明書を見て、ふと、疑問に思ったので是非教えて下さい。 
昨年、中古車ショップで買った軽自動車には、前所有者(大阪市の甲さん)を契約者とする自賠責保険証明書(来年3月までの保険期間)が付いています。購入に際して、中古車ショップには、諸費用の中で自賠責保険料を払っているのに保険証明書が私を契約者として変更されていないのはなぜでしょうか。 自賠責保険は車体に対してのものなので、契約者の名義変更をしなくても、車検証の名義人に保険期間が引き継がれると聞いたのですが、本当でしょうか。 私は神奈川県在住で現在は川崎ナンバーです。大阪ナンバーだった車が川崎ナンバーになっていても、自賠責は車を特定されているものなのでしょうか。 今度、姉に車を譲渡する際も、車検証の名義変更をして、私の前の所有者(大阪市の甲さん)名義の自賠責保険証明書を渡しておけば良いことなのでしょうか。 
そして、来年3月の保険期間満了時に姉の名で改めて保険契約を結べばいいのでしょうか。 初歩的なことかも知れませんがどうか、教えて下さい。

昨年買った中古の軽自動車を今度、姉に譲渡する予定で、車検証の名義変更を自分でやろうと思うのですがそこで、自賠責保険証明書を見て、ふと、疑問に思ったので是非教えて下さい。 
昨年、中古車ショップで買った軽自動車には、前所有者(大阪市の甲さん)を契約者とする自賠責保険証明書(来年3月までの保険期間)が付いています。購入に際して、中古車ショップには、諸費用の中で自賠責保険料を払っているのに保険証明書が私を契約者として変更されていないのはなぜでしょうか。 自賠責保険は車体に対して...続きを読む

Aベストアンサー

車検制度の適用される自動車の場合、「初度登録」「車検」似合わせた形で自賠責保険の契約がされることが一般的です。ですから契約者はその時点における所有者となることが一般的です。
また自賠責保険は対象車1台ごとに1つの契約というのが原則です。契約の際には車体番号か登録番号が必要となり、それによって車を特定することになります。

>契約者として変更されていないのはなぜでしょうか。
おそらく、正式な「名義変更」という手続きをとったわけではなく、それぞれの所有期間に応じた保険料を負担しあうなどの方法が取られたのではないでしょうか。ちなみに契約者が誰であれ保険の機能自体にはまず問題がありません。被害者側から請求がある場合、加害者が自分に責任の無いことを立証しない限り保険は使えてしまいます。また使ったとしても任意保険と違い保険料に影響することはありません。運転する車に自賠責保険があれば、名義はあまり気にする必要がないのかもしれません。

>大阪ナンバーだった車が川崎ナンバーになっていても、自賠責は車を特定されているものなのでしょうか。
先程も書きましたが、車体番号が証明書に記載してあれば特に問題はありません。

>車検証の名義変更をして、私の前の所有者(大阪市の甲さん)名義の自賠責保険証明書を渡しておけば良いことなのでしょうか。
これは質問者さんのケースと同じです。金銭的な問題が絡まなければ車検証と一緒に渡せば終わりです。

>来年3月の保険期間満了時に姉の名で改めて保険契約を結べばいいのでしょうか。
その通りです。

実態はわかりませんが、任意保険のほうもちゃんと処理をしておかないと、後々困ったことにもなりかねません。

車検制度の適用される自動車の場合、「初度登録」「車検」似合わせた形で自賠責保険の契約がされることが一般的です。ですから契約者はその時点における所有者となることが一般的です。
また自賠責保険は対象車1台ごとに1つの契約というのが原則です。契約の際には車体番号か登録番号が必要となり、それによって車を特定することになります。

>契約者として変更されていないのはなぜでしょうか。
おそらく、正式な「名義変更」という手続きをとったわけではなく、それぞれの所有期間に応じた保険料を負担...続きを読む

Q車の煙草のにおいを消す一番の方法、アイテムを教えてください。

車の煙草のにおいを消す一番の方法、アイテムを教えてください。

中古のミニバンを購入したらたばこのにおいがひどい状態です。
私も家族も煙草を吸わないので、臭いをできるだけ消したいのですが、カー用品ショップに行ったら完全は無理で匂いがほとんどしない状態にするのも無理だろうということ。

できるだけにおいを消したいのですが、どうすればよいでしょうか?

一度、バルサンみたいなやつをやりましたが、ほとんど変わりません。
10年以上前の車なのでシートは茶色く変色しています。

車内水ぶきとか特殊な薬剤で拭く、 銀イオン、バイオ、炭などいろいろありますが、何がお勧めですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

取れないタバコの匂いの原因は、室内のあらゆる部分に染みついてしまっているヤニです。このヤニを除去してやらない限り、なにをしても後から後から匂いが発生してきます。

以下の作業を徹底して行えば、ある程度は緩和できるでしょう。

1)フロアマット清掃
フロアマットを車外に出して、流水でホコリを洗い出します。次に除菌消臭効果の高い室内干用液体洗濯洗剤を薄めに希釈した洗剤液をタップリ付けて、洗車ブラシを使用で洗います。まず全面をまんべんなく洗ってから、部分的に汚れている箇所を見つけて局部的にゴシゴシと洗ってください。
汚れが落ちたら、泡が流れ出なくなるまで流水で洗い流して完了です。なお、フロアマットが濡れているとそれがまた匂いの原因になってしまうので、完全に乾かしてから室内に戻しましょう。

2)室内清掃(バキューム)
延長コードをクルマまで引っ張って、家庭用掃除機で室内を掃除します。ホコリ、毛髪、食べ物カスなどをすべて吸い取ってキレイにしましょう。特にシートとフロアカーペットは念入りに。細いノズルを使用して、シート脇やシート下も隅々までやってください。

3)室内清掃(拭き掃除)
匂いの原因を除去するうえでキモとなる作業なので、特に丁寧に。
中性洗剤を薄く溶いた溶液を部分ごとにスプレーで噴霧し、1~2分待ってから固く絞った濡れ雑巾で拭き掃除します。特に吸水(吸湿)性が高い部位には汚れ成分が染みこみやすいので、時間を掛けて叩き拭きすると良いでしょう。染みこんだ洗剤成分と溶け出した汚れやヤニを一緒に拭き取りましょう。
シート地はもちろんですが、ダッシュボード、天井、ドア内張、フロアカーペットに至るまで、拭き掃除が可能な部位はすべて行うことが重要です。
かなり大変な作業ではありますが、ここで妥協してしまうと思うような結果が得られませんので、根気強く頑張りましょう。

4)エアコンフィルターの交換
エアコンフィルターに染みついているタバコの匂いは絶対に取れません。また、エアコンフィルターはユーザーが要望しない限り整備時に交換されるものではないので、新車時から1回も交換されていないケースもあります。フィルター価格は3,000円~5,000円くらいで、交換用フィルターのメーカーサイトに車種別の交換方法が載っているので、それを読んで完全に理解できるなら自分で作業できるでしょう。車種によりやり方が違いますが、長じて難しい作業ではなく、必要な工具もせいぜい+ドライバーくらいです。

5)エアコン内部の清掃
市販の車内用除菌消臭剤(バルサンタイプ)でOKです。説明書記載通りの方法で行います。

6)内窓拭き
ガラスクリーナー(できればアルコール主成分の速乾タイプ)でガラスの内側をすべて拭き掃除します。ヘビースモーカーのクルマはガラスの内側が驚くほど汚れています。

7)完全乾燥
室内の拭き掃除でかなりの湿気が室内に残りますが、これを乾燥させずに放置するとまた匂いの原因になってしまいます。
室内乾燥は、日中にすべての窓を半分以上開けた状態で6~8時間ほどかかります。当たり前ですが、天気が良く気温が高い日ほど早く乾燥できます。
なお、上記の作業が終わった段階で夕方~夜であれば、その夜は窓を5cmほど開けたままにしてください。夜は湿度が上がるのでほとんど乾燥はできませんが、窓を閉め切って密閉状態にするよりはるかにマシです。ただし、雨が降りそうな天気なら締め切っておくことはいうまでもありません。たとえ降らなくても湿度が高く意味がありませんので。

8)除菌消臭剤の噴霧
ここまでやって、はじめて除菌消臭剤の登場です。強力な効果を発揮する業務用消臭剤が手に入ればベストですが、それがなくても、市販のファ○リーズやリ○ッシュなどの除菌消臭効果をうたっているものならかなりの効果があります。
消臭剤を室内の吸湿性がある部位すべてにまんべんなく噴霧します。市販のスプレータイプならボトルの半量を一回に使うくらいの気持ちでちょっとタップリめに噴霧します。
そしてまた十分に乾燥。消臭剤には多量の水分が含まれていますから、いくら除菌効果があるといっても湿ったままではまた匂いの元となるバクテリアやカビが発生する可能性が高くなります。

窓を5cmくらい開けたまま、2~3時間は乾燥させてください。その後も天気がよい日は窓を開けて走るなど、車内の乾燥を意識してください。

※1)~6)までは1日で一気に終えてしまう方が、より効果的です。
特にタバコ臭の原因となるヤニは水に溶けやすいので「匂いを水分(洗剤分)で溶融させてから吸い取る」という感覚で作業すればかなり落とせます。

1人でやるにはかなり大変な作業になりますが、難しくはないのでチャレンジしてみても良いかも知れません。「そんなことに1~2日も費やせない!」ということなら、相応の対価を払ってプロに依頼するしかありません。

取れないタバコの匂いの原因は、室内のあらゆる部分に染みついてしまっているヤニです。このヤニを除去してやらない限り、なにをしても後から後から匂いが発生してきます。

以下の作業を徹底して行えば、ある程度は緩和できるでしょう。

1)フロアマット清掃
フロアマットを車外に出して、流水でホコリを洗い出します。次に除菌消臭効果の高い室内干用液体洗濯洗剤を薄めに希釈した洗剤液をタップリ付けて、洗車ブラシを使用で洗います。まず全面をまんべんなく洗ってから、部分的に汚れている箇所を見つ...続きを読む

Q自動車の所有者を私のまま使用者変更したら税金は?

所有者及び使用者が私の普通自動車を所有者私のまま使用者を友人に変更手続した場合に税の申告は発生しますか? ネットで調べていると代書屋の使用者変更手続に自動車税・自動車取得税申請の項目があります。 ローン返済中の場合と個人所有の場合でごっちゃになってしまいました。
自動車税・自動車取得税は所有者が払うと言う記述と自動車税のはがきは使用者に来ると言う記述があります。所有者が個人の場合既に自動車取得税は所有者が払っており、 また自動車税はローン返済中を除いて個人所有の場合は所有者にはがきか来るという認識は正しいでしょうか?
つまり使用者のみの変更では税の申告はいらないと言うことで正しいでしょうか。

Aベストアンサー

>所有者私のまま使用者を友人に変更手続した場合に税の申告は発生しますか?

先ず、所有者と使用者が同一名義の場合は「所有者が各種税金の納税義務者」ですよね。
では、今回のように(何故か)使用者名義のみを変更する場合。
基本的に、自動車税・自動車取得税は「新使用者が納税義務者」となります。
各陸運局車検場で変更登録「自動車検査証記入申請書(変更登録申請書)」を行うときに、一緒に申告・納税「自動車税・自動車取得税申告書(報告書)」を行います。

>自動車税はローン返済中を除いて個人所有の場合は所有者にはがきか来るという認識は正しいでしょうか?

基本的に、間違いです。
自動車税については、自動車を登録した際に提出する「自動車税申告書」の納税義務者欄に記載した者が納税義務者になります。
通常は、使用者名を納税義務者欄に記載します。
「自動車税申告書」の納税義務者欄が空欄の場合は、所有者が納税義務者になります。
質問者さまの場合、自由に選択して下さい。
常識的には、全く利用しない自動車の税金を負担したく無いですよね。

Q車検証の所有者が、なぜかディーラー。 使用者は私。

最近気が付いたのですが、車検証の所有者がディーラーになっていました。所有者は私です。
もちろん、お金は購入時に全て払い込みました。

1.このままトラブルなど起こらないのでしょうか?
2.所有者を私に変更するための手続き方法とは?
全く急がないので、お願いいたします。

Aベストアンサー

すでにたくさんの回答ありますが、私も一言。

>車検証の所有者がディーラーになっていました。所有者は私です。
◎「所有権留保」による登録です。
所有者は自分であるのに、車検証上自分は使用者となっている。
これは、
ローン購入などで、車両引渡し時に支払が済まない状態の場合で、支払が済むまでの登録方法です。
完済するまで勝手に車を処分できないようにするのが主目的。
所有者はディーラーで、車検証上の使用者に使用権があるというわけです。

>お金は購入時に全て払い込みました
◎前金をいくらか払うなど購入時の約束次第。
通常、登録(ナンバーが付く)と納車までの時間的ズレがあります。
すなわち厳密には、
登録する=車検証とナンバープレートが交付される=この時点で所有者が決まるわけです。
ところが、
いざ納車時に、購入者が何らかの事情で約束どおり全額支払しない場合、納車できないことになってしまいます。
万が一このようなことが起きても、納車できるように考慮すると、ご質問のような登録が有効であると考えることもできます。
ディーラーによっては、このような登録の考えを採用するところもあるようです。
要は、無用なトラブルを避けるためと解釈することも可能です。

>1.
◎すでに他の回答者さんご指摘どおりです。
(1)ディーラーの「倒産」などが心配。
といっても、法的には差し押さえられると言うことはありません。
なぜなら、使用者は完済しているので事実上の所有者だからです。
ただし、わけの分からない「債権者」と称するヤカラが来ないとは限りません。
(2)乗り換えや廃車時に面倒。
「所有権解除手続」を、そのディーラーへお願いする必要が発生します。

上記以外の何らかのデメリットは考えられません。
もちろん車検受には一切関係ありません。

>2.
◎簡単です。
ディーラーへその旨申し入れれば、一切の手続を無料でしてもらえます。

※いずれにしても、所有者変更しておくべきです。
上記は、良い方へ解釈した考えです。
悪く考えれば、
ディーラーが納車希望日に関係なく自社の登録実績を増やすために、購入者の印鑑証明等を待たずに登録してしまったなどもあり得る話ですが。
まずはディーラーへ連絡してみましょう。
万が一、そこで何らかのトラブルが発生すれば、またご質問下さい。

すでにたくさんの回答ありますが、私も一言。

>車検証の所有者がディーラーになっていました。所有者は私です。
◎「所有権留保」による登録です。
所有者は自分であるのに、車検証上自分は使用者となっている。
これは、
ローン購入などで、車両引渡し時に支払が済まない状態の場合で、支払が済むまでの登録方法です。
完済するまで勝手に車を処分できないようにするのが主目的。
所有者はディーラーで、車検証上の使用者に使用権があるというわけです。

>お金は購入時に全て払い込みました
◎前金を...続きを読む


人気Q&Aランキング