仕事で必要なので教えてください。
 ディジタルIC回路等のプリント基板の通信教育について知っていることがあれば教えてください。ディジタルIC等の基本的な使い方やICの組み合わせ等による回路系の作成の仕方などの方法を学べるものについて聞きたいです。
 お願いします。

A 回答 (1件)

こんにちは。



WEBを検索しましたが,職種に関わらずこれと言ったのが見つかりませんでした。
でも,設計実務でたちまち必要なのか,営業の方で商品知識を深めるのが目的なのか
など,職種によって受ける講座も違ってきます。職種を補足されると他の方からの回答も
得やすくなると思います。

参考までに
営業の方なら会社の開発・設計の部署か,無ければそう言う職種のお知り合いに
聞いてみられてはどうでしょう?新技術に関するセミナーや,通信教育講座の案内が部署内で
回覧されていると思います。
もし設計の方なら,通信教育より参考URL(一例です)のような専門書とOJTで得る知識の方が
実践では使えると思います。

以上,ご質問への直接の回答でなくて申し訳ありません。
では。

参考URL:http://ns.cqpub.co.jp/hanbai/books/32021.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプリント基板について

実は、友人のノートPCのプリント基板のプリントされてるところが取れてしまったそうなのですが、友人は自分で修理できたら修理したいらしくて、今いろんな情報を探しています。誰かプリント基板のことについてご解答願います。

Aベストアンサー

何処の部分でどの程度か解りませんが
知識と経験が必要です。

もし素人だったら止めたほうが良いと思いますが。

Qディジタルテレビは開始されるのにディジタルラジオは???

ディジタルテレビは何年か後にアナログ放送から切り替えされるのに、ディジタルラジオの予定はないのでしょうか? ラジオはテレビよりも、技術的にはより簡易なはずですが・・・毎日車でAM放送を聞いていますが、年々雑音が多くなってきますので、ディジタルラジオだと雑音は少なくなると考えています。(FM放送は音楽ばかりで、浜村さんのトークが聞けません)

Aベストアンサー

確か何年か前から放送をやってたような(当方は大阪です)
FMの番組で、宣伝してたのも記憶しています。(受信機のモニター募集だったかな・・・)
と調べてみたら、WIKIにhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA とありました。
今年10月から本放送のようですね。

Qプリント基板は燃える?

電気製品に使用しているプリント基板(ガラエポ)が燃えることがあると聞きました。電子部品のゴムやプラスチックが燃えることは想像できるのですが、プリント基板が燃えるというのが理解できません。どのようなメカニズムで燃えるのか、ご存じの方は教えてください。
・プリント基板の何が、どのようになって燃えるのか。
・通電をしていなくても、自らが燃えていくのか。
・使っている部品の影響があるのか。(電解コンデンサが怪しいと思っています。)
・電気機器メーカはどのように対策しているのか。
家や仕事場でも、通電しっぱなしの電気製品がたくさんあります。それらのものが絶対に出火しないなんてことができるものなのか、心配しています。
参考図書やURLでも結構です。教えてください。

Aベストアンサー

>電解コンデンサの内部ガス(電解液?)が可燃性であることが心配です。

電解液自体は燃えません(燃え難い?)が、発生するガスは水素ガス(水分が電機分解する?)なので条件が揃えば発火します。

>以前、電解コンデンサというのは、”液漏れをすることがある”というのを聞いたことがあります。たぶん電解液は導電性で、異極間に付着するとショートしてしまうのではないかと思いますが、液体ですので、蒸発したりして、火災にはならないだろうと思っていましたが、可燃性であるとすると、電解液自身が燃えて、さらには、プリント基板も燃えて、さらには、銅箔も燃えてしまう。そこまでいったら、家も燃えていそうです。

電解液自体はアルミケースの中にたっぷり入っている訳ではなく、紙(クラフト紙を想像して下さい。)に染み込ませてある程度です。 液漏れして銅箔にかかったとしてもそれ自体が原因で漏電(?)発熱するケースは稀です。

銅箔は非常に薄い物です、過電流が流れれば1000℃を超える温度で銅箔自体が燃えるケースがあります。 銅箔にしろ、リード線(内部配線用)にしろ燃える時真白い色で燃えるケースもあります。 炎の色から1000℃を越していると想像します。

家電製品が原因で火災に至ったケースは年間100件くらいだと想像しています。 消防庁等の統計に出ていませんかね?

>電解コンデンサの内部ガス(電解液?)が可燃性であることが心配です。

電解液自体は燃えません(燃え難い?)が、発生するガスは水素ガス(水分が電機分解する?)なので条件が揃えば発火します。

>以前、電解コンデンサというのは、”液漏れをすることがある”というのを聞いたことがあります。たぶん電解液は導電性で、異極間に付着するとショートしてしまうのではないかと思いますが、液体ですので、蒸発したりして、火災にはならないだろうと思っていましたが、可燃性であるとすると、電解液自身が燃...続きを読む

Qプリント基板の耐圧

プリント基板の同一面パターン間の耐圧沿面距離は安全規格などで定義されていますが、多層基板などでの層間耐圧などの定義はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

以下の規格を参照してください。
http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=43403
かなり詳しく書かれています。

参考URL:http://www.jisc.go.jp/app/pager?id=43403

Qプリント基板を作りたい

電子工作初心者なのですが、
オリジナルのプリント基板を作りたいと考えています。
ホームページをあたっても手軽にできるのがないので
簡単に手軽にプリント基板を作りたいのです。
必要な工具・薬品・材料などと
作り方のHPまたは作り方を教えてください。

どれくらいお金がかかるかも参考までにお聞かせいただければありがたいのですが、
とりあえずプリント基板の作り方を教えてください。
そんな大きな物は作りません。5cm×5cm位のものです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アマチュアユースだと前出のサンハヤトのHPが大いに参考になると思います
私の場合簡単なテスト用の基板はサンハヤトの感光基板でフイルムはお絵かきソフトでアートワークを書きOHPフィルムにプリントアウトして作ったり、万能(ユニバーサル)基板を使ったり、又はべた基板の銅箔のいらない部分をルーターで削ったりして作っています
もし作られる基板が簡単な回路でアナログ回路(穴ピッチが大きい)であれば、べた基板を買ってきてルーターで削るのが安上がりです
その際の費用は
片面べた基板 数百円
工具はサンハヤトの基盤用ドリル、D-3 4,800円
ドリル0.8mm DB0.8 550円(その他取り付け部品の足サイズ)
ルータービット(2.4mm)1000円前後
基盤用ドリルにつける2.4mmアダプター、Bチャック 450円
この程度です、参考までに

Q回路基板を改良する際の業務

現在、会社で総務の仕事をしております。(ですから、全くの文系です)今度、上からの業務命令で研究開発に関する助成金の申請書を書かなければならなくなりました。
当社では、ある機械部品の精度を回路基板の改良により向上させるための研究開発をしております。
技術課題として、「ある部品(当社にとっては製品になりますが)の高感度化」。解決方法として、「回路基板の改良」と位置づけし文章を作成しようと思っているのですが、具体的にどういう作業をして改良していくのかが全くわかりません。
研究員に聞けども、全く知識のない私にはチンプンカンプンで、文章化出来ないのです。
そこで、通常、「回路基板を改良する」場合、どのような作業手順で仕事を進めていくのか知りたいのでご教授くださいますようお願いいたします。

Aベストアンサー

今頂いた情報で、あたりさわり無い範囲で補足です。

基盤改善での「ノイズ」低減を行うなら、

何がノイズを出しているかを見極めます。
ポイントは、大電流であるもの・電流の変化が激しいものです。
ノイズを測定する機械があるなら、測定しておきます。

大抵は、駆動用部品への電源供給分や、昇圧回路・発振回路
などが比較的ノイズが多くなります。

電波を出さないためには、大電流部分は配線を極力
太く・短くしてください。

駆動部分の大電流を流れる配線の近くは、電磁誘導で周囲にも
電流を発生させるため、
小さい電流を増幅して読み取っているセンサー入力となる部分の
配線と隣接させると、センサー入力側にノイズが乗ってしまい、
そのまま増幅してしまうため精度に影響します。
配線が直角に交わる分には、殆ど影響はありませんが、
平行して並べると、電流がかなり伝わってしまいます。

基板上で、大電流の駆動部分と、小電流のセンサー側を
なるべく分ける事です。

駆動電圧の高電圧化は、何を高電圧化するかでちょっと変わりますが
もし、センサー側だとしたら、0,0.1,0.2~5V の変化で読み取っているを
0,0.1,0.2~12Vの変化で読み取るようにして、2.4倍細かく判別できる
ようにする、といった感じです。

モーターなどの駆動電圧を上げる場合は、発生するノイズも
大きくなりますので、注意が必要です。

今頂いた情報で、あたりさわり無い範囲で補足です。

基盤改善での「ノイズ」低減を行うなら、

何がノイズを出しているかを見極めます。
ポイントは、大電流であるもの・電流の変化が激しいものです。
ノイズを測定する機械があるなら、測定しておきます。

大抵は、駆動用部品への電源供給分や、昇圧回路・発振回路
などが比較的ノイズが多くなります。

電波を出さないためには、大電流部分は配線を極力
太く・短くしてください。

駆動部分の大電流を流れる配線の近くは、電磁誘導で周囲にも
...続きを読む

Q中国からのプリント基板の購入時の関税

いつもお世話になっております。
皆様からのご意見、いつも参考にさせて頂いております。

今回、タイトル通りの質問なのですが、
関税についてわからない点が多々ございます。
日本でプリント基板を注文すると、膨大な金額になってしまうため、
中国の製造メーカーにお願いしようと思っております。
プリント基板については、4×1cm程度で部品等の実装はありません。
枚数はまとめて注文すると安いようですので、全く同じものを
200枚~500枚程度、一気に注文してしまおうと思っております。
法人での注文ではなく、一個人での注文、使用となります。

関税について色々と調べた結果、当方では
プリント基板は「印刷回路」と認識しており、
部品を実装していない場合、関税は無税だと思っておりましたが、
いくつかのホームページを見たところ、
基板の大きさや数量、回路こそは違うものの、
同じプリント基板でも関税を「取られた」という方や、
関税は「無かった」という方がおり、困惑しております。

そこで直接、税関に問い合わせてみたのですが、
当方の話し方が悪かったせいか、中々話しが通じず、
結局解決することが出来ませんでした。
税関の話しでは、印刷回路に属するか、線として見なすか、
基板の詳細を教えてもらわないと回答できないとのことでした。
当方では、LED用に使用し、送られてくる段階での部品の実装は無く・・・
等と出来る限り詳細な事を話しておりましたが、向こうの話しも難しく、
当方もこれ以上どう説明していいのか分からずという状態でした。

線として見なした場合、関税は4.8%とのことでしたので、
大体の計算はできるのですが、その分類の定義が今一よくわかりません。
また、関税を取られた方と無かった方との違いもわかりません。

出来るだけわかりやすく説明して頂けると助かります。
また、プリント基板についての関税は個数や、
重さでも課税率が変わってくるのでしょうか?
全く同じ基板を500枚だといくら個人でも違ってくる等・・・

説明が上手く出来ず、大変申し訳ございませんが、
ご回答頂けますと幸いです。
何卒、宜しくお願いいたします。

いつもお世話になっております。
皆様からのご意見、いつも参考にさせて頂いております。

今回、タイトル通りの質問なのですが、
関税についてわからない点が多々ございます。
日本でプリント基板を注文すると、膨大な金額になってしまうため、
中国の製造メーカーにお願いしようと思っております。
プリント基板については、4×1cm程度で部品等の実装はありません。
枚数はまとめて注文すると安いようですので、全く同じものを
200枚~500枚程度、一気に注文してしまおうと思っております。
法人での注...続きを読む

Aベストアンサー

どうしても中国のメーカーと直接取引しなければなりませんか?

試作を主に扱っている通販メーカーはいかがでしょう?
P板ドットコムは韓国のメーカーが作っていると思います。
ご希望されている500枚だと多すぎて作ってもらえないので、
面付け+Vカットでやれば価格4万円くらいで収まると思います。
通関手続きもメーカーが対応してくれますのでお任せで簡単です。

P板ドットコム
http://www.p-ban.com/
プリント基板センター
http://pcb-center.com/

参考URL:http://www.p-ban.com/,http://pcb-center.com/

Qプリント基板CADの選択について

仕事でプリント基板CADを導入したいと考えています。ほしいレベル(規模)のプリント基板CADは以下の通りです。
 ・回路図から基板ができる
 ・ガーバーデーターが出力できる
 ・片面・両面基板ができる(多層基板は必要ありません)
 ・基板の大きさ、最大25cm×45cm
 ・部品リストができる(できれば)
 ・日本語対応(できれば)
1年間で使用する頻度が少ないので(年1~2回程度)価格を抑えられればと思っております。おすすめがあればぜひ教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本で販売されて日本語サポートがされているものの大半は、高価格システムになています。ご要望の内容からは、数百万、1千万円するシステムではもったいないですね。米国では個人マニア用のような割安ソフトがかなりあるようですが----

米国製の高額CADシステムを販売している会社です。ここで聞いてみてはどうでしょうか。(ここは廉価版CADは扱っていないと思いますが質問してみる手はあります)
http://www.cadpro.co.jp/giyoumu/%82o%82b%82aDesign%82benter20040415.pdf#search='%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%82%A3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%80%E3%82%AF%E3%83%88'

Qプリント基板について

ガラスエポキシ製のプリント基板を使って高周波回路を設計しています。しかしプリント基板をエッチングするときに長時間行ってもどうしてもエッチングできない部分があります。原因はなんなのでしょうか。露光に問題があるのかそれとも現像しきれていないのか。知ってる方がいたらお願いします。

Aベストアンサー

ANo.5です。

ANo.2の補足欄に「使用するものはすべてサンハヤト・・・」とあったので、エッチング槽もサンハヤトの噴流式タイプのものを使っているのかと思いました。

エッチング工程に問題がありそうですね。
横にゆするだけでは不十分でしょう。
3分おきくらいに、基板を割り箸ではさみ(基板の両側を)、基板を立ててエッチング液を流し落とします。
これを数回繰り返します。
(基板表面に反応生成物(沈殿)が付着していると、その部分はそれ以上反応が進まない)

このとき、表面状態を目視観察します。
ゴミが付着していたり、エッチングが進んでいない箇所が見つかったら、バケツに水を張ったものを用意しておき、これに基板を放り込み、汚れた箇所を(エッチングの進まない箇所も)指の腹でこすります。

この作業は、エッチング工程の中間から、後半にかけて行う必要があります。
終盤に入ってからでは、手遅れです。

前回、「0.3mmのラインが引けるようになった」と申し上げましたが、この検討を行ったのは2年位前で、今では当時苦労したことも忘れてしまいましたが、ご回答を書いているうちに、だんだん思い出してきました。(-_-;)

蛇足ですが、銅箔の上に塗ってある薬剤がレジストです。
ハンダ付けを終わった後、防湿と絶縁を兼ねて塗布する薬剤もレジストですが、感光用のレジストは正確には「フォトレジスト」といいます。

ANo.5です。

ANo.2の補足欄に「使用するものはすべてサンハヤト・・・」とあったので、エッチング槽もサンハヤトの噴流式タイプのものを使っているのかと思いました。

エッチング工程に問題がありそうですね。
横にゆするだけでは不十分でしょう。
3分おきくらいに、基板を割り箸ではさみ(基板の両側を)、基板を立ててエッチング液を流し落とします。
これを数回繰り返します。
(基板表面に反応生成物(沈殿)が付着していると、その部分はそれ以上反応が進まない)

このとき、表面状態を目視観...続きを読む

Qプリント基板ミーズリングについて

プリント基板ミーズリングについて質問します。ガラエポ(FR-4)を使用しておりますが、半田付け装置にてミーズリングが発生してしまいました。ミーズリング発生時の温度条件を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
 業界団体の仕様によるとフロー槽で260+5/-0℃の温度の時、板厚t0.8未満が5秒、t0.8以上が10秒で異常がない事となっているようです(P.35 はんだ耐熱性)。
 裏を返せば、それ以上の温度や時間では保証できないということですね。
 リフロー槽の場合は、フロー槽よりも温度が高いため上記のようなガラエポ一般品の耐熱特性では厳しいかも知れません(そのために高耐熱材=高Tg材がある)。

参考URL:http://www.jpca.net/jp/other/standerd_pdf/jpca-pb01-2004.pdf


人気Q&Aランキング

おすすめ情報