AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

弁護士の報酬金についてです。訴訟事件等の場合、 着手金 対象となる経済的利益等が300万円以下の場合 8%×1.05 、300万円を超え3,000万円以下の場合 (5%+9万円)×1.05 、3,000万円を超え3億円以下の場合 (3%+69万円)×1.05 、3億円を超える場合 (2%+369万円)×1.05 。報酬金 確保した経済的利益等が300万円以下の場合 16%×1.05 、300万円を超え3,000万円以下の場合(10%+18万円)×1.05、 3,000万円を超え3億円以下の場合(6%+138万円)×1.05 、3億円を超える場合(4%+738万円)×1.05と書かれております。例えば、100万円の損害賠償請求の訴訟にて、着手金20万円、報酬金20万円にて弁護士と契約を結んだとします。結果が50万円の損害賠償金を支払うという判決が出た場合、弁護士に支払う報酬金はいくらになりますか。(1)100-50=50万円で経済的利益が50万円出たので、報酬金は全額の20万円を支払う。(2)経済的利益が半分出たので、20÷2=10万円の報酬金を支払う。(3)依頼人は棄却を希望していたのに損害賠償金が発生したので、報酬金は0万円。(4)上記の日弁連の例を用い、50万円×0.16=8万円を支払う。 どれが正しいのでしょうか。もしくは弁護士と話し合いにて決まるのでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(2)でしょう。



契約書作らない弁護士でも,損害賠償事件なら,成功報酬を割合でとるのが普通です。

きちんと契約書を作るなら,普通は,「得られた経済的利益の額の20%(100%の成果を納めた場合20万円)」と書きます。

口約束だとしたら,その弁護士は「得られた経済的利益の額の20%(100%の成果を納めた場合20万円)」というのを十分説明せず,単に「20万円」とだけ言ってるんでしょうね。
    • good
    • 0

弁護士の費用は完全に自由化されています。


費用は事前に相談して決めて下さい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング