この積分の問題ができません。誰かやり方を教えてください。(答えまでのプロセスも)
次の関数を積分せよ

e^√x
1/(X^3-1)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

積分 1/x^2」に関するQ&A: 積分 ∫(2x)/(2x - 1) ^2 dx

eの積分」に関するQ&A: eの積分

A 回答 (3件)

siegmund です.



2番目の問題,sumou111 さんの計算にちょっとミスがあるようです.
私の回答と比べますと,
(1/6) log |(x-1)^3 / x^3 -1| の第1項は本質的に同じ,
第2項が,
私の方は - (1/√3) arctan {(2x+1)/√3},
sumou111 さんの方は +3√3/16・arctan[2/√3(x+1/2)] です.
arctan の中身は同じですが,前の係数の符号と大きさが違います.

符号は,部分分数展開のミスから来ています.
a=-1/3,b=-2/3,c=1/3 が正しいです.

大きさの方は,

1/6・log(x^2+x+1)+1/2・∫[1/(3/4・tan^2 A+3/4)・√3/2・1/cos^2A]dA

=1/6・log(x^2+x+1)+3√3/16・∫[1/(tan^2 A+1)・1/cos^2A]dA

の1行目から2行目に移るところにミスがあります.
2行目の第2項の前の係数は
(1/2)×{(3/4)^(-1)}×(√3/2) = 1/√3
が正しいですね.

この2箇所を訂正すれば私の回答と同じになります.

1番目の問題は私の計算も sumou111 さんと同じです.

揚げ足取りみたいで失礼しました.
    • good
    • 0

(1) √x=tと置換すると、x=t^2 → 両辺tで微分するとdx/dt=2t → dx=2t・dt


これを与式に代入すると

∫e^√x・dx

=∫e^t・2t・dt

=2∫t・e^t・dt

=2(t・e^t-∫e^t・dt)

=2(t・e^t-e^t)

=2e^t(t-1)+C (C:積分定数)

(2)∫1/(X^3-1)・dx

=∫1/(x^2+x+1)(x-1)・dx

ここで1/(x^2+x+1)(x-1)を (ax+b)/(x^2+x+1)+c/(x-1)に部分分数に分解してa,b,cを求めるとa=1/3,b=2/3,c=1/3 (この計算は自分でやって下さい)
よって

∫1/(x^2+x+1)(x-1)・dx

=∫1/3・[(x+2)/(x^2+x+1)+1/(x-1)]・dx

=1/3・[∫(x+2)/(x^2+x+1)・dx+∫1/(x-1)・dx]・・・(x)

ここで分かりやすいように、(x)を(i)1/3・[∫(x+2)/(x^2+x+1)・dx]と
(ii)1/3[∫1/(x-1)・dx]に分けて考えます。

(i)=1/3・[1/2・∫(2x+4)/(x^2+x+1)・dx]

=1/6・[∫(2x+1+3)/(x^2+x+1)・dx]

=1/6・[∫(2x+1)/(x^2+x+1)・dx+∫3/(x^2+x+1)・dx

=1/6・log(x^2+x+1)+1/2・∫1/(x^2+x+1)・dx

=1/6・log(x^2+x+1)+1/2・∫1/[(x+1/2)^2+3/4]・dx

第二項について考える。x+1/2=yと置換するとx=y-1/2になるので両辺をyで微分するとdx=dyになる。これを第二項に代入すると、

1/6・log(x^2+x+1)+1/2・∫1/(y^2+3/4)・dy

さらに第二項について考える。y=√3/2・tanAと置換して両辺yで微分すると
dy=√3/2・1/cos^2 A・dAになるので、これを第二項に代入すると、

1/6・log(x^2+x+1)+1/2・∫[1/(3/4・tan^2 A+3/4)・√3/2・1/cos^2A]dA

=1/6・log(x^2+x+1)+3√3/16・∫[1/(tan^2 A+1)・1/cos^2A]dA

=1/6・log(x^2+x+1)+3√3/16・∫[cos^2 A・1/cos^2A]dA

=1/6・log(x^2+x+1)+3√3/16・A

y=√3/2・tanAと置換したので、Aについて解くとA=arctan(2/√3y)
x+1/2=yと置換したので、A=arctan[2/√3(x+1/2)]
よって(i)=1/6・log(x^2+x+1)+3√3/16・arctan[2/√3(x+1/2)]

(ii)=1/3[∫1/(x-1)・dx]

=1/3・log(x-1)

与式=1/6・log(x^2+x+1)+3√3/16・arctan[2/√3(x+1/2)]+1/3・log(x-1)

=1/6・log[(x-1)^2/(x^2+x+1)])+3√3/16・arctan[2/√3(x+1/2)]

答えがきれいじゃないので、合っているかどうか自信がありません。もし間違えていたら直してください。
    • good
    • 0

(A) e^√x は √x=y と置換すれば簡単です.



(B) 1/(x^3-1) は
(1)  1/(x^3-1) = (1/3){1/(x-1) - (x+2)/(x^2+x+1)}
と部分分数展開します.
{}の第1項は簡単.
第2項は,分母を x^2+x+1 = [x+(1/2)]^2 + (3/4) の形に平方完成して,
x + (1/2) = t とおけば,分母は t^2 + (3/4) の形.
分子は x + 2 = t + (3/2)
分子のtの方は,t^2 = u とでも置けば簡単.
(3/2) の方は,よく知られた 1/(t^2 + a^2) の形の積分に帰着できます.
結局,答は
(1/6) log |(x-1)^3 / x^3 -1| - (1/√3) arctan {(2x+1)/√3}
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qある積分の問題。∫1/√(x^2+A) = log|x+√(x^2+A)|

ある演習問題で
∫1/√(x^2+A)
という形が出てきて、それが解けずに解答を見たら、
∫1/√(x^2+A) = log|x+√(x^2+A)|
という記述で、この積分の問題は済まされていました。逆算すると、確かにそうなるのですが、なかなかこの形を直接考え出すのは、難しい気がします。…ので、単純な暗記になると思うのですが、覚えにくい形ですよね…。
何か右辺を導き出すような考えの手順のようなものはあるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

高校範囲だと、#1の方のように、
t = x+√(x^2+A)
という置換を覚えるものです。

∫1/(1+x^2)dx という形をみたら、x=tan(t) と置く、ていうのと同じ感じで、
∫1/√(1+x^2)dx という形をみたら、t=x+√(1+x^2) と置くものなんです。
この積分は、けっこうよく出てくるので、覚えておいて損はないです。

大学生であれば、#2の方のように、x=sinh(t) と置換するってのが常道でしょうけど。

Qx≧1の時2(√(x+1)-√x),2(√x-√(x-1)),1/√xの大小関係は

こんにちは。


x≧1の時2(√(x+1)-√x),2(√x-√(x-1)),1/√xの大小関係は?

という問題なのですが
2(√(x+1)-√x) < 1/√x < 2(√x-√(x-1))
という大小関係になると思います。
単に引き算してもなかなか2乗の形に持ってけません。
どうやって証明するのでしょうか?

Aベストアンサー

ヒントのみ
1/√xに着目して
分子の有理化をしてください。
そして、逆数の大小の比較(差をとって比較)してください。
大小関係が決まりますので、その逆数をとってもとの大小関係が決まります。
ただし、不等号の両辺が1より大か、小かを確認して逆数の不等号を考えてください。

結果の大小関係は正しいですね。

Qe^(x^2) * e^(j√2x) = ?

次の2階非斉次線形微分方程式の一般解を求めよ。
(d^2 y)/(dx^2) - 4x dy/dx + 4(x^2)y = e^(x^2)

・・・という問題で、
(※下記の j は虚数の i と読み替えてください)

     v = e^(x^2)

     (d^2 u)/(dx^2) + 2u = 0
u = d^(λx)とおいて、
     λ^2 + 2 = 0
     λ=j√2, -j√2
よって、独立解は
     e^(j√2), e^(-j√2)

y = uvであるから
     y1 = e^(x^2) * e^(j√2x)
       = e^(x^2) cos √2x          ←?
          :

・・・と書いてあるのですが、オイラーの公式で

     e^(j√2x) = cos √2x + j sin √2x

なので、

     y1 = e^(x^2) * e^(j√2x)
       = e^(x^2) { cos √2x + j sin √2x }

じゃないんですか?
なぜ、j sin √2x が消えているんですか?
(ちなみに、y2 は -j も消えて y2 = e^(x^2) sin √2x になっています・・・)
どうか教えてください。お願いします。

次の2階非斉次線形微分方程式の一般解を求めよ。
(d^2 y)/(dx^2) - 4x dy/dx + 4(x^2)y = e^(x^2)

・・・という問題で、
(※下記の j は虚数の i と読み替えてください)

     v = e^(x^2)

     (d^2 u)/(dx^2) + 2u = 0
u = d^(λx)とおいて、
     λ^2 + 2 = 0
     λ=j√2, -j√2
よって、独立解は
     e^(j√2), e^(-j√2)

y = uvであるから
     y1 = e^(x^2) * e^(j√2x)
       = e^(x^2) cos √2x          ←?
          :

・・・と書いてあ...続きを読む

Aベストアンサー

解の表示を複素数も許容するのか,実数だけにしたいのかということが混乱の原因になっているように思います.

虚数単位にiではなくてjを使っているところをみると,質問者様は工学系の先生が書かれた教科書で勉強しているのでしょう.

数学ならば解なら方程式を満たせばよろしいとなりますが,工学や物理の問題は実数である必要があることがほとんどです.だから,解は最終的には実数だけで記述することが多いのです.

(☆)y''-4xy'+4x^2y=e^{x^2}

まず,☆を解くためにy=ue^{x^2}とおき,uの微分方程式を導きます.それは次のようになります.

(★)u''+2u=1

これの同次形は

u''+2u=0

となります.これはただちに解けて(というか覚えておくべき)

(1)u(x)=C_1e^{i√2x}+C_2e^{-i√2x}

となります.C_1,C_2は複素数でよいのですが,もし実数の解が必要ならこれに制限が加わります.u^*=uより

C_1^*=C_2

の関係があります.C_2=(A+iB)/2と実部A/2,虚部B/2に分けるとC_1=(A-iB)/2で

u(x)={(A-iB)e^{i√2x}+(A+iB)e^{-i√2x}}/2
=A(e^{i√2x}+e^{-i√2x})/2-iB(e^{i√2x}-e^{-i√2x})/2

つまり次のようになります.

(2)u(x)=Acos(√2x)+Bsin(√2x)

※もちろん,(2)でA,Bが虚数でも解にはなります.しかし,実数解を考えるときは普通は係数など実数だけで記述します.

次に,特殊解ですが★の形からu=1/2が解の一つであることは容易にわかります.

こうして,★の一般解は同次形の一般解+特殊解として,

u(x)=C_1e^{i√2x}+C_2e^{-i√2x}+1/2

または

u(x)=Acos(√2x)+Bsin(√2x)+1/2

となります.y=ue^{x^2}によって☆の一般解は

y=C_1e^{x^2}e^{i√2x}+C_2e^{x^2}e^{-i√2x}+e^{x^2}/2

または

y=e^{x^2}{Acos(√2x)+Be^{x^2}sin(√2x)}+e^{x^2}/2

となります.

解の表示を複素数も許容するのか,実数だけにしたいのかということが混乱の原因になっているように思います.

虚数単位にiではなくてjを使っているところをみると,質問者様は工学系の先生が書かれた教科書で勉強しているのでしょう.

数学ならば解なら方程式を満たせばよろしいとなりますが,工学や物理の問題は実数である必要があることがほとんどです.だから,解は最終的には実数だけで記述することが多いのです.

(☆)y''-4xy'+4x^2y=e^{x^2}

まず,☆を解くためにy=ue^{x^2}とおき,uの微分方程式を導き...続きを読む

Q(x^3+√2x^2+3^(1/3)x+1)^100 を展開したとき、

(x^3+√2x^2+3^(1/3)x+1)^100 を展開したとき、
x^296の項の係数を求めよ。

一般的な解答の仕方は、100!/(a!b!c!d!)の和
ただし、a,b,c,dは負でない整数で3a+2b+c=296,a+b+c+d=100を満たす。
となると思うが、a,b,c,dをもとめるのは大変である。
ということは、別の解法になるのかと・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>a,b,c,dをもとめるのは大変である。

そんなことはないでしょ
(a,b,c,d)=(98,1,0,1),(98,0,2,0),(97,2,1,0),(96,4,0,0)
の4通りしかないのでは?

Q三角関数を使わずに∫[-1,1]1/√(1-x^2) dx=2∫[-1,1]√(1-x^2) dx

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E5%91%A8%E7%8E%87
によると、
π:=∫[-1,1]1/√(1-x^2) dx

π:=2∫[-1,1]√(1-x^2) dx

π:=∫[-∞,∞]1/(1+x^2) dx

ということですが、

∫[-1,1]1/√(1-x^2) dx
=2∫[-1,1]√(1-x^2) dx
=∫[-∞,∞]1/(1+x^2) dx

ということを三角関数を使わずに示すにはどうしたらよいのでしょうか?
三角関数を使わずに、という理由は、
arcsin(x)=∫[0,x]1/√(1-x^2) dx
というのが三角関数の定義として考えたいからです。

Aベストアンサー

∫[-1,1]√(1-x^2) dx
=[x√(1-x^2)][-1,1]+∫[-1,1]x^2/√(1-x^2) dx
=-∫[-1,1]√(1-x^2) dx+∫[-1,1]1/√(1-x^2) dx

2∫[-1,1]√(1-x^2) dx
=∫[-1,1]1/√(1-x^2) dx


人気Q&Aランキング

おすすめ情報