プロが教えるわが家の防犯対策術!

1年前に虫歯を治療した、銀歯をかぶせた所の歯が痛みます。

早速近所のジャ○コに入っている歯医者に行きました。
レントゲンを撮り、歯の状況を確認。
そこでは銀歯の交換はできないと言われました。内容は、今の銀歯を削り割って取るため、今付けている銀歯は使えなくなり、新しく型を取るにも昔の型がないと作れないと言わました。

納得できない私は、前の歯医者(引越す前の歯医者)は、銀歯の交換など行ってくれたと言いましたが、前に行っていた歯医者でやってくださいとの回答。

結局、銀歯の高さがあっていないといわれ、銀歯の高さ調整(削る)で終わり。

当然、歯の痛みは治りません。
私は歯医者に行けば、銀歯を取り、歯の掃除、治療を行ってもらえるものと思っていました...

最近の歯医者はやってくれないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

以前、歯科助手を3年していました。



銀歯をかぶせた所の歯が痛むということは、
行った歯医者さんの言うとおり
銀歯の高さが合っていないという可能性があります。

ですが高さが合っていなくて痛むのは、
たいていかぶせてそんなに時間が経っていない時に
起こるものです。

1本の歯にかぽっと銀歯をかぶせた場合と、
虫歯部分が少なくて、歯の一部分のみ銀歯をつめればいい場合と
ありますが、質問者さんの場合1本の歯にかぽっと銀歯を
かぶせていると考えて回答させていただきます。

1年も経って痛む、ということは、
虫歯治療の際、奥の神経まで虫歯になってしまっていると、
根の治療をします。
痛みの原因となる神経を針のような専用の道具で
かきだして取り除き、その神経が通っていたところに
薬のようなものをつめます。

その後、元の歯を銀歯をかぶせる為に
全体的に一回り小さくなるように削り歯型をとって、
専用の銀歯を作り、最終的にかぽっとかぶせてつけるんです。

今回傷んだということは、痛みの原因となる神経が
きちんと取り除かれて無いまま(少し神経が残ったまま)
薬をつめて、銀歯をかぶせられてしまった可能性があります。

レントゲンでその銀歯の部分の写真だけ撮ったのなら
きちんと神経がとれているか、薬が綺麗につまっているか、
そういう確認をしていると思います。

でも、もし全体的な歯の写真をとったのなら
あまりよろしくない先生の可能性があります。

どちらにしろ、普通なら銀歯の交換はできます。
痛みが解消されないなら、銀歯を一度外して中を見るのが
普通の歯医者さんだと思います。

治療してもらった歯医者ができないと言うならば
他の歯医者さんに行き、事情を説明すれば対応してくれますよ。
なので、ぜひ他の歯医者さんに行ってみて下さい。

早く歯の痛みが治るといいですね!
    • good
    • 13
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございました。

交換はできるのですね、安心いたしました。

また、レントゲンは、全体の写真でしたので、他を探した方が良さそうですね...。
今回の歯医者を選んだ理由は、土日祝と営業しているため安易に選びました。

初回はどこも3,000円ぐらい掛かるもので、慎重に選び良い所を探したいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/26 14:57

No..3です。



>納得できない理由は、「銀歯がぐらついていて痛みを伴っているのに、なぜ治療ができないのか」という問いに対して納得できる説明がない上で、元の先生のところで治してもらってと言われ、高さ調整のみをされて帰されたことです

銀歯がぐらついている理由にはいろんなことが考えられます。

たとえば歯に問題があって痛みが出ている場合、もしくは歯に問題がなく、歯茎に炎症が生ずることで痛みが出ている場合。

今回のケースでどちらに問題があったのかは、実際に診療された先生しかわかりませんし、別の先生が診れば別の診たてが考えられます。

ただし、初診時に担当された先生にも説明不足といった落ち度はあったかもしれませんね。
しかし、短時間で多くの患者さんをこなさなければ歯科医院の経営自体を圧迫するような保険制度では、すべての患者さんに納得していただけるような説明の時間はとれません。

通常、レントゲンで歯に問題がなければ、かみ合わせの調整をし、薬を投薬するなどで痛みが治まる場合がほとんどです。そのために、その場で銀歯を交換することは治療上の意味がありませんし、そうしてしまうことで、痛みが生じた原因を追究することなく、問題を先送りにしていることすらあります。

保険治療は現物給付で、銀歯を入れたり、治療すればするほど歯科医院側には収入が得られますが、患者さんの歯は治療すればするほど悪化するのは目に見えています。
したがって担当された先生は、今回は歯に問題がなかったので銀歯を外さずに、症状が落ち着いてから原因の追及を考えていらっしゃったのかもしれません。
また、かみ合わせの調整も簡単に思われているかもしれませんが、「治療」の一つですよ。

それから、あなたが「客」として歯科医院に行かれたのであれば、そのような対応をされて当然だと思います。

「患者さん」だからこそ、「治療」を受けることができるわけで、ただの「客」なら物を買ったら終わりですから、そこまで説明する義務もありませんし、治療する必要もありません。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございました。

丁寧なご回答を頂いたうえに、分かりやすい説明でたいへん勉強になりました。重ねて御礼申し上げます。

それから、私が歯医者の先生ならば、「客」でも「患者様」でも同様の対応をいたします。

前回の回答で先生は、
> 多くの方がご覧になっている掲示板をたかが3年国家資格のない「歯科助手」さんの生半可な知識で判断されると困ります。もう少しお気を付けになったほうがよいのでは?

と書かれていますが、先生もお気をつけください。言葉一つで、築き上げた信用・信頼をなくしますよ。
もう少し、冷静(レイセイ)に質問者の気持ちを理解できる人(ヒト)になってください。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/27 17:52

下のほうで回答されていらっしゃるあなた、全体の写真を撮ることが何を意味しているのかわかって発言されていますか?



「木を見て森を見ず」といった治療をされている、もしくは何年も質問者さんを継続して診ていらっしゃる先生ならわかりますが、初診で一見の患者さんを見るために全体のレントゲンを撮らずになにが判断できるでしょう?

多くの方がご覧になっている掲示板をたかが3年国家資格のない「歯科助手」さんの生半可な知識で判断されると困ります。もう少しお気を付けになったほうがよいのでは?

質問者さんにお聞きしたいのですが、何がご納得できなかったのでしょう?

「今付いている銀歯を外して、治療後その銀歯を再利用できないから」?

「新しく銀歯を作り直してくれないから」?

もし、前者なら先生から「じゃあ、その先生のところで治してもらって」
といわれるのも当然かと思います。

銀歯は外さなければならないとき、無傷で外せることはほとんどありません。銀歯が仮止めになっていることがわかっている場合なら別ですが。他院で治療されているのにわかるわけありませんよね?

したがって無傷でない以上、もう一度その銀歯を用いてあなたの歯にぴったりと隙間なく合わせることはほぼ不可能ですし、隙間だらけの銀歯をつけたところで意味のないことです。また、保険治療はそのような治療を認めていません。

万が一、自由診療(保険診療の利かない)で同じ銀歯を基に戻せたとしても、適合が悪くてすかすかの銀歯を長持ちさせられるわけがありません。
また、自由診療で高額の費用を払う患者さんにそのような無責任なことはできません。
うちのクリニックに来られる患者さんにそのようなことを言われる患者さんがいらっしゃったら、間違いなく「元の先生のところでやってもらって」とお話します。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

歯医者の先生からの直々のお返事ありがとうございます。

内容を確認させて頂きました。

納得できない理由は、「銀歯がぐらついていて痛みを伴っているのに、なぜ治療ができないのか」という問いに対して納得できる説明がない上で、元の先生のところで治してもらってと言われ、高さ調整のみをされて帰されたことです。

客からの立場で言えば、ご回答をいただいた先生のように説明をいただければ理解はできますが、上記のように伝えず帰されたらどのように思いますか?

したがって、銀歯は交換・治療ができないのかを質問した次第です。

お礼日時:2010/07/27 10:26

別の歯医者ならやってくれます。

    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2010/07/26 14:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀歯の下の虫歯ははずさないとわかりませんか?

最近、右下の歯が時々痛みます。

そこは、4年ほど前に深い虫歯になり治療した歯で(神経はあります)
銀が詰めてあります。

気になったので歯医者で見てもらいましたが
レントゲンでは異常なく、
「もしかしたら銀歯の下が虫歯なのかもしれないけれど、はずしてみないとわからない」と
言われました。
私としては、それで確認出来るならそれもありかなと思っているのですが、
「深く削ってあるから、新たに銀を入れ替えるとなるとさらに削らないとなので
神経に近くなってしまう」みたいな事を言われました。

もし銀歯をはずして、虫歯がなかったとしても、新たに銀をつめる場合は
削らないといけないのでしょうか?
そう考えると、様子を見たほうがいいかなとも思うのですが
痛みが本格的になってから治療するとなると、神経を抜く事になってしまいそうで不安です。

どなたか詳しいかた、教えてください。

Aベストアンサー

通常のレントゲン画像というのは簡単に言えば影絵です。そして線量も少ないので金属は通しません。
だから金属の陰になってしまった虫歯部分は写らないのです。

金属だけを取る・・接着してあるセメントが劣化していれば、つまり入れてから何年も経っていれば歯を傷つけずに除去できる可能性はあります。4年であれば金属だけ除去できる可能性もかなり高いでしょう。
あとは歯医者が歯を削って除去する人か、金属だけをけ削って除去する人かの違いです。
金属だけを削る専用の器具(バー)は高い割に耐久性がないし、ダイヤモンドでも直ぐだめになる。注意深く除去すれば時間もかかるので、歯を削って除去する歯医者のほうが多いんです。

しかし、除去時にまったく歯に触れないでいいかといえば“絶対”とはいえませんし、その後、古いセメントの除去や形の修正で歯をまったく削らないでイイとは言い切れません。つまり「やってみないと判らない」のです。
それに削る穴や土台の形も結構歯医者によって好みがありますからね、納得して責任ある治療するためにはある程度の修正はやむをえないでしょう。

もちろん神経を抜かないで済むように努力はするでしょうが、絶対などということはいえないのです。
逆に「絶対」などと安易に言う歯医者は気をつけたほうがいいかもしれません。

でも、時折痛むならはずしたほうがいいと思います。
虫歯になっている可能性もあるし、金属は熱伝導がいいので、神経に熱刺激によるストレスが溜まっている可能性もあります。
もしこれらの状況があれば、いずれ歯は何もしないときでも痛みを発する可能性が出てきます。
そうなると根の治療をしなければならなくなるので確認したほうがいいと思いますよ。

通常のレントゲン画像というのは簡単に言えば影絵です。そして線量も少ないので金属は通しません。
だから金属の陰になってしまった虫歯部分は写らないのです。

金属だけを取る・・接着してあるセメントが劣化していれば、つまり入れてから何年も経っていれば歯を傷つけずに除去できる可能性はあります。4年であれば金属だけ除去できる可能性もかなり高いでしょう。
あとは歯医者が歯を削って除去する人か、金属だけをけ削って除去する人かの違いです。
金属だけを削る専用の器具(バー)は高い割に耐久性がない...続きを読む

Qずいぶん前に治療済みの歯の痛み…

こんばんは^^;。

めっちゃ痛くて…って訳ではなく体調が悪い時に
歯が痛む程度だったのですが、一応行っとこうかと
やっと思い立ち…、
約9年ぶりに歯医者に通いだしたら以前治療して
銀を被せてある歯が痛むので(多数&不定期に)
先生に言ったのですが、
「銀の下が悪くなってる可能性がない訳じゃない
けど…それより他の歯 先に治療しちゃおう」と
言われ、
(次の治療時に再度言ったらレントゲン撮って
くれたものの他の歯優先)
常に激痛って訳でもないので従っているのです
が。。。

銀で被せた歯の奥が悪くなる事はあるんですか?
レントゲンで判断できるものですか?

銀を外すのは簡単?というか痛くないのでしょうか?

(あまりにも久しぶりなので今回通っている歯医者で
治療したものか忘れてるのですが)
銀を外して再治療となると型を取り直す事になるから
面倒で軽視されているのでしょうか?

体調が悪かったりすると痛んだりするんですが、
虫歯→治療が必要とは限らないのでしょうか?

多くなってしまいましたが宜しくお願いします。

こんばんは^^;。

めっちゃ痛くて…って訳ではなく体調が悪い時に
歯が痛む程度だったのですが、一応行っとこうかと
やっと思い立ち…、
約9年ぶりに歯医者に通いだしたら以前治療して
銀を被せてある歯が痛むので(多数&不定期に)
先生に言ったのですが、
「銀の下が悪くなってる可能性がない訳じゃない
けど…それより他の歯 先に治療しちゃおう」と
言われ、
(次の治療時に再度言ったらレントゲン撮って
くれたものの他の歯優先)
常に激痛って訳でもないので従っているのです
が。。。

銀で...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは、はじめまして。
歯科で働いていました。

かぶせ物をした歯で、被せ物の下が虫歯になることは
あります。
レントゲンで判別ができます。
(虫歯の部分はレントゲンに写るため)
その際、以下のような状態が想定されます。
・かぶせものを被せる時、下の土台の歯をよく治療していない
・かぶせものを被せる時に下の歯との間に隙間ができている
 ⇒そこに食べ物などが入り込み菌が増殖、虫歯に
このような場合は、歯科側のミスです。

かぶせものを外し、型を取り直す場合は
・土台の歯を治療⇒型を取る⇒かぶせもの作られる⇒歯へ装着
となります。
銀を外す際は、痛くありません。
(被せ物の大きさにもよるかと思います、あいまいでごめんなさい)

その歯が時々でも痛む場合、
そちらの歯から優先的に治療にかかると思います。
他の歯はその後となります。

今度痛みが増す場合なども想定し、
お医者様にはそちらのかぶせものの歯からの治療を
お願いした方が良いかと思います。
こればっかりはお医者様が決められる事ではないので・・・。
そのお医者様に、被せ物の歯を後回しにする根拠があるなら
別なのですが、そこの所がちょっとわからないので。
それでも、「いや、こっちの歯はたいしたことないから
他の歯から」といわれるようでしたら
歯医者を換える事も検討材料とした方が良いと思われます。

被せ物の歯も、早くうずきが取れるといいですね~!
お大事に~!

こんばんは、はじめまして。
歯科で働いていました。

かぶせ物をした歯で、被せ物の下が虫歯になることは
あります。
レントゲンで判別ができます。
(虫歯の部分はレントゲンに写るため)
その際、以下のような状態が想定されます。
・かぶせものを被せる時、下の土台の歯をよく治療していない
・かぶせものを被せる時に下の歯との間に隙間ができている
 ⇒そこに食べ物などが入り込み菌が増殖、虫歯に
このような場合は、歯科側のミスです。

かぶせものを外し、型を取り直す場合は
・土台の歯を...続きを読む

Q銀を詰めた歯の虫歯はレントゲンでうつるか?

銀を詰めた歯が痛いので虫歯かなと思いますがそれはレントゲンをとれば容易にわかるのですか?先生に銀を詰めた歯が痛いといったら診てくれて(レントゲンをとらずに)大丈夫ですといって薬をつけただけでした。レントゲンはとるべきですよね?痛いといっても時々痛いだけなので私もそのままにしていますが心配です

Aベストアンサー

ANo.2 の marvel21 です
X線撮影に関してのご質問でしたので、追伸します
貴方も歯科検診でC1、C2、C3、C4と聞いたことあると思います
各段階(C1~C4)での治療内容は詳細には書きませんが、C1,2では
インレーを詰めますが貴方はC2の治療後が現在お尋ねの状態でしょう
C3になると歯にクラウンを被せます、この場合X線で中は見えません
貴方は「銀を詰めた」ということですから、C2の治療でしょう
詰め物をした部分と歯の間の部分が、更に虫歯になる場合があります
その部分はX線で撮影可能で、診断は主にX線撮影でします
歯科のX線撮影は360度回転させて撮影します
X線読影術は経験と熟練が必要ですが虫歯の確認は可能です
健康保険サイドは財政状況からX線などの検査を渋っています
医師はX線で確認したくても最近撮影してたら頻繁な撮影は難しいです
激痛で我慢できないなどの救急的な場合は、可能になるでしょう
もっとも歯科のX線撮影は全体を撮るので最近のもので診断は可能です
歯は食事に必要で大事なものですから、痛みがひどければ医師に話して
早く痛みが取れるよう、虫歯が進行して神経を殺すとか抜歯にならない
ように、貴方自身も、ご自分の身体を守る努力 = 医師に的確に伝える
ことをお勧めします、不明なことはどんどん医師に質問しましょう
80歳まで20本以上の歯を残しましょう、というキャッチフレーズも
ありますので、早期発見、早期治療で、お互いにがんばりましょう

ANo.2 の marvel21 です
X線撮影に関してのご質問でしたので、追伸します
貴方も歯科検診でC1、C2、C3、C4と聞いたことあると思います
各段階(C1~C4)での治療内容は詳細には書きませんが、C1,2では
インレーを詰めますが貴方はC2の治療後が現在お尋ねの状態でしょう
C3になると歯にクラウンを被せます、この場合X線で中は見えません
貴方は「銀を詰めた」ということですから、C2の治療でしょう
詰め物をした部分と歯の間の部分が、更に虫歯になる場合があります
その部分はX線で...続きを読む

Q銀の詰め物した歯が沁みる

2ヶ月ほど前に奥歯の虫歯治療を行いました。
深く削ったため銀の被せ物を詰めました。
その歯がまだ沁みたり痛かったりします。
以下のような症状です。
・冷たい物を飲むと沁みる(キーンとして、その後数秒鈍痛)
・熱い物は若干沁みるときがある
・堅い物を噛んでも痛みはなし
・時々、ジンジンするような鈍痛を感じるときがある

昨日全ての治療が終わり通院が終了しました。
通院中何度か対象の歯について相談して高さ調整なども行いました。
歯科医からは「様子を見ましょう。ひどくなるようならまた来てください。」と言われています。

いつまで様子を見ればいいのでしょうか?
ネットで調べたら、3ヶ月や半年してようやく症状が引いてくると書いてる人も見かけたので、
これ以上悪化しなければ放置でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

No.3 補足

詰め物の 噛み合わせの調整は正確になされていますでしょうね。

この質問に書かれている症状は、2ヶ月経っても 同じ状態でズーッと続いているのでしょうか?
少しずつ良くなっているのなら、心配しなくてよいと思います。

金属は熱伝導率が高いので、しばらくしみることがあります。ただし、しみる状態がしばらく続くと、歯は神経を保護するように新しい象牙質をつくります。これが第二象牙質です。これが形成されると刺激が神経に伝わりにくくなり、しみる症状が治まってきます。

私は、銀の詰め物を入れた後、冷たい物や熱い物は 詰め物をいれた歯に触れないように 反対側の歯を使っていました。こんなもんかと割り切っていると しみるなどの違和感は7日程でなくなった経験があります。

Q銀歯(インレー)にした歯の中が虫歯になりました。治療法をどうするか迷っています。

本日、いきつけの歯科で一ヶ月、二ヶ月おきに実施している定期診断に行ってきました。

まず、最初にレントゲン撮影を行いました。

3年前くらいだったかな?に撮影したレントゲンが古くなったためです。

そして、いつもとおり歯の状態やクリーニングを行いました。

最後に、医師から新しく撮影したレントゲンを見せられました。


結果は、左下奥から2、3番目の歯の銀歯(インレー)の中が虫歯になっていました。

医師の説明は、「神経までいってるかもしれないですね~」、「様子をみながら根の治療をしていきましょう」との事でした。

そして、会計のときの次回の予約は、2ヶ月後でした。

ということから考えた私の予想ですが、「どうせ神経抜く治療をするから別に急がなくてもいいでしょ」といった考えだろうと思いました。

ちなみに、この歯科では夫婦揃って医師のため二人で治療されています。

そのうちの一人の医師といろいろ話していて「歯を治療する際に神経残すと痛いよ」と発言されていたので、基本的な方針は歯の神経をなるべく残すような配慮はないと感じていました。

私は、歯の神経を抜いた経験がありませんし、抜きたくありません。

そこで、神経を残すことができる3MIX-MP法を採用している歯科で治療すべきかを悩んでいます。

3MIX-MP法が、4年くらい前にテレビで取り上げられた際に、この治療法はよいと思い、家から一時間くらいところまで行って薬を入れてもらったことがあります。

薬を入れてから一週間経過したら、いきつけの歯科で歯を削るよう言われた。

最近は、近場に3MIX-MP法を採用している歯科を見つけました。

ということで、何が知りたいかは以下のとおりです。

①3MIX-MP法は、認可されておらず、安全も保障されていません。
 しかし、神経が残せる点や再石灰化などは魅力は多いと思います。
 実際に治療された方はどのような感じか、治療後の問題を教えていただけないでしょうか?
 もちろん、医師によって薬の調合などの腕の差はあるでしょうが、それが知りたいです。
 私は、神経を除去して歯をミイラにするより良いかとは思っています。

②歯の神経を残して治療してくれる歯科はあるのでしょうか?
 歯科にとっても、リスクがあるように思うのですが。

歯の神経が絡んだ治療はかなり不安です。
たぶん、私だけではないと思うのですが(泣

以上、ご教授願います。

本日、いきつけの歯科で一ヶ月、二ヶ月おきに実施している定期診断に行ってきました。

まず、最初にレントゲン撮影を行いました。

3年前くらいだったかな?に撮影したレントゲンが古くなったためです。

そして、いつもとおり歯の状態やクリーニングを行いました。

最後に、医師から新しく撮影したレントゲンを見せられました。


結果は、左下奥から2、3番目の歯の銀歯(インレー)の中が虫歯になっていました。

医師の説明は、「神経までいってるかもしれないですね~」、「様子をみながら...続きを読む

Aベストアンサー

まず、1-3ヶ月おきに定期検診しても3年後にレントゲンで虫歯を発見、しかも神経が残せるかどうか・・・その検診って意味ありあすかね?極論ですけど毎回レントゲン取っていれば早期発見早期治療が出来たはず。だったら定期健診を年一回にして毎回レントゲン取ったほうがよくないですか?放射線の蓄積なんて考えるまでもなく「ありません」から。
それによく「名医だから混んでいて3ヶ月待ち」という人が居ますけど、虫歯が3ヶ月放置すれば神経を取らねばならなくなるし、神経まで言ってれば抜歯するまでになりかねません。一例ではメチャクチャな上体の患者さんが完全に治療を終えて、歯磨きを一回もせずに3ヵ月後には治療前に戻ったと言うのがあります。
普通の歯医者に行けば詰めるだけだったのに、名医に行くために3ヶ月待って神経取るんじゃ意味ないと思いますけどね。

では②から答えます。
神経を取るべきかそうでないか、それは実際に見なければ分かりません。
レントゲンでもある程度わかりますが、金属の向こうは見えないので、あけてみなければわからないんです。
で、保存できれば保存できるし神経取らねばならない場合は取るしかないと言う事です。

で、神経保護処置は保険でもちゃんとあります。しかし神経保護処置では必ず結果を確認し、神経が生きていればそのまま治療を行い、神経が死んでいれば根の治療をせねばなりません。その期間は状況によって歯が残って居れば1週間、そうで無い場合は1-3ヶ月必要になります。
でも多くの歯医者がこれを行なわず、痛みが無い=良好と判断して治療しています。
所がコレが怖い、神経が死んでいても痛みはナイのですから。これは3mixでも同じですよ。

まずは相談で治療方針を決めてから治療を受けましょう。口の中を見て直ぐ削ろうとする歯医者は敬遠すべきです。

①通常の歯髄保護処置でも経過観察が必要なのに経過観察して居ない歯医者が多い、ましてや神経保護でもOK,神経が死んでいても有効だと言っている3-mixでは、聞くと思い込んでいるから経過観察などしないと思って間違いじゃないでしょう。
実際にうちに来た他院で3-mix施術患者の全てが神経が死んでいました。まぁ違和感があってきたのだから当たり前でもありますけど、半数は痛みがあったけど一時的だといわれて薬を処方されたり我慢させられたと証言、つまりそのときに神経が死んだと判断できるわけです。
それ以外の人も痛みが出ないまま死んだ、或いは施術時に死んでいたと言う事になります。

神経を取ると歯はミイラ化しません。ミイラ化と言うのは虫歯(神経に届いていない)や治療などで神経が死んだ状態をいいます。
根の治療をすれば根の中は密閉するのですが、ミイラ化した場合は組織に腐敗菌が付着すれば腐敗をはじめ、膿がたまったりガスが発生して痛みが出たり腫れたりします。
つまり3mixを含め歯髄保護処置は全て神経を取るよりリスクが高いのです。だから確実な治療をするために経過観察が必要なのです。

3mixで再石灰化なんておきませんよ。そもそも薬剤で歯面を覆ってしまったら再石灰化は阻害されます。再石灰化から見れば薬剤は不純物ですからね。だから再石灰化がおきたと言う人がいたら「薬剤として役に立って居ないものだった」と自白しているようなものですから。

と言うことで、はやく直ぐ診て貰える歯医者に行って相談してください。

まず、1-3ヶ月おきに定期検診しても3年後にレントゲンで虫歯を発見、しかも神経が残せるかどうか・・・その検診って意味ありあすかね?極論ですけど毎回レントゲン取っていれば早期発見早期治療が出来たはず。だったら定期健診を年一回にして毎回レントゲン取ったほうがよくないですか?放射線の蓄積なんて考えるまでもなく「ありません」から。
それによく「名医だから混んでいて3ヶ月待ち」という人が居ますけど、虫歯が3ヶ月放置すれば神経を取らねばならなくなるし、神経まで言ってれば抜歯するまでになり...続きを読む

Qレントゲンでわからない虫歯ってどのくらいの確率ですか?

4月に歯が痛かったので、歯医者に行きましたが、虫歯はないと言われました。
検診をしたのは歯科衛生士で不安でしたが。
レントゲンにも写っていないと言われました。
10月に入り、やっぱり痛いので、もう一度行ってみようかと思います。レントゲンにも写らない虫歯ってありますか?
あるとしたら、どれくらいの確率ですか?
もう神経まで行っていたら、どうしようと不安です。
その歯はむかし、神経ぎりぎりまで行っていて、銀歯です。
もうひとつは前歯で、銀歯ではないけど、治療してます。

Aベストアンサー

ANo.4の続きですが、お話を伺うと根尖性歯周炎ではないかと考えられます。
歯の神経が腐ってしまい歯の根元が腫れたようなむずがゆい様な病気です。
レントゲン的には、歯の根元が黒く透けて見えますよ

Q詰め物の下に虫歯が???

歯が痛くて歯医者に行ったら詰め物の下に虫歯ができていました。もちろん歯の表面は詰め物がしてあったのでまったくわからず、レントゲンを取ってやっとわかりました。おかげで神経を抜くほどの大事に・・・・。以前もこんな事があって思ったのですが?なぜ詰め物の下に虫歯ができるのでしょうか?また、どうすれば予防・早期発見ができるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

私もこれまで同じ症状に散々悩まされていました。
数年前同じように詰め物の下が虫歯になり、近くの歯医者で削ってもらったのですが、なんとなくその医者が合わなかったのでその歯を詰める前に転院しました。
そこで転院先の先生が衝撃の一言
「これで詰める予定だったんですか?虫歯まだ全部取れてないですよ」

鏡で患部を見せてもらったら、黒い部分は削られ、白い部分だけが残ってました。
そこに虫歯探知液というのを塗布すると、所々に赤い液が残りました。
「この赤い部分が“隠れ虫歯”です。見た目には白い歯で虫歯には見えないけど、虫歯菌に犯されてる部分を放置したまま被せると必ず詰め物の下で虫歯になる。
見た目だけで削るのはあまり良くない事で、お金と手間がかかってもちゃんと探知液で確認しながら虫歯菌に犯されている部分を全部除去してから被せる医者を探したほうがいいですよ。今後転院するとしても、そういう技術の治療を受けてください」
と言われました。
実際、削りながら何度も探知液で虫歯を確認しながら削る歯医者と言うのは多くは無いそうです。手間もかかるし、薬を使う分費用もかかります。
ただしその技術を持って、歯磨き&定期健診を怠らなければ一度治療した歯が虫歯になる可能性はかなり低いそうです。

自己ケアはもちろん第一ですが、そういう治療をしている歯医者さんを探すのも1つの手段だと思いますよ。

こんばんは。

私もこれまで同じ症状に散々悩まされていました。
数年前同じように詰め物の下が虫歯になり、近くの歯医者で削ってもらったのですが、なんとなくその医者が合わなかったのでその歯を詰める前に転院しました。
そこで転院先の先生が衝撃の一言
「これで詰める予定だったんですか?虫歯まだ全部取れてないですよ」

鏡で患部を見せてもらったら、黒い部分は削られ、白い部分だけが残ってました。
そこに虫歯探知液というのを塗布すると、所々に赤い液が残りました。
「この赤い部分が“隠れ虫...続きを読む

Q2年以内に治療した保険適用内の白い被せものについて

1年8ヶ月前に保険適用内のプラスチックのかぶせ物をしました。

先日、かぶせ物が壊れてしまったため、同じ歯医者に行ったところ
2年以内のため、前回と同様の保険適用内の白いプラスチックの被せ物はできないとのこと。
保険適用外の¥35000のセラミックの被せ物を薦められました。

悩んでいたところ、先生からは
とりあえず1週間考えることを勧められ、次の予約は一週間後です。

(1)他の歯医者であれば保険適用で白い被せ物はできますか?
(2)セラミックと保険適用内のプラスチックであれば、やはりセラミックの方がメリットが多いのでしょうか?
(3)もし断って他の歯医者へ行く場合、カドの立たない上手い断り方がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

2年以内だから保険は出来ない・・は嘘です。そういう嘘をつく歯医者が多すぎて困ります。
2年間は医院の持ち出して作らねばならないというのが維持管理料の規則であり、保険でできないのではありません。
そういう嘘つきはドンドン通報しましょう。(というかこんないい加減な規則を受け入れた歯科医師会の気が知れません。どうせ「自費でやればいいよ」くらいに思っているんです。だから私は政連を辞めました。歯科医師会は積立金があるので思案中ですが辞めるかもしれません)

維持管理用は選択事項ですが、コレを選択しないと診療不能に陥るほど不利なのでほとんどが選択しているはずだし。2年経たないから保険は出来ないといっている以上は選択しているはずです。
そんな歯医者に正論を述べて保険で作らせたってまともなものは作らないでしょうから他の歯医者に行ったほうがいいです。

1)現在のところ冠(クラウン)やブリッジは他院であれば通常通り治療可能です。
  ちなみに義歯は半年間はどこに行っても保険の作り直しはできません)

2)基本的にはメリットもデメリットもあります。どちらがいいという事は難しいです。
色に関してはメーカーも当然儲けの多い自費用に力を入れているので色の種類が多いです。細かい再現性を考えると自費の方が有利でしょうが、平均的な歯であれば同じです。
強度に関しては自費は硬くもろい、保険用は柔らかく粘るというところ。実際問題自費だって保険だって割れる時に割れるだけです。
しかし多くの歯医者は自費に誘導したいので、保険ではいい加減なものを造ります。わざと差をつけて自費にさせる訳です。
やたらと自費を勧める歯医者や保険の欠点ばかりを言う歯医者は危ないと思ったほうがいい。実際に保険を入れている患者さんを見るのが一番でしょう。

3)嘘つき歯医者(はっきり言って犯罪者)に角を立てないという配慮が要るのかと思ってしまいますけど。だまって変わるのが一番ですよ。何言ったって面白くないはずですから。むしろ黙って変わる方が歯医者としては気楽です。、まぁ、せいぜい「風邪引いたので治ったら連絡します」くらいで十分でしょう。嘘も方便。

2年以内だから保険は出来ない・・は嘘です。そういう嘘をつく歯医者が多すぎて困ります。
2年間は医院の持ち出して作らねばならないというのが維持管理料の規則であり、保険でできないのではありません。
そういう嘘つきはドンドン通報しましょう。(というかこんないい加減な規則を受け入れた歯科医師会の気が知れません。どうせ「自費でやればいいよ」くらいに思っているんです。だから私は政連を辞めました。歯科医師会は積立金があるので思案中ですが辞めるかもしれません)

維持管理用は選択事項ですが、...続きを読む

Q1年以内の歯の治療のやり直し費用は患者側負担?

歯の検査へ行ったのですが、前歯の根の外側に影がありました。
(名前は分からないのですが、歯髄炎というのでしょうか?)
このままだと確実に歯がダメになるといわれたので、できれば治療したいです。
ただ、この歯は別の歯医者で1年位前に治療してセラミックの歯を入れたので、
またセラミックの歯を作り直す経済的余裕はありません。
作り直すのが嫌なら歯茎を切って骨を削って治療する方法もあると言ってましたが、
それもかなり不安です。
前の歯医者でやり直しができるなら、そちらでやってもらいたいです。
説明はありませんでしたが、その歯医者では被せ物は2年間の保障があると
いった内容のポスターが張ってありました。
差し歯そのものに問題がある場合でなくても、保障の範囲でやり直しはして
もらえるのでしょうか?
ちなみに歯医者を変えた理由は、小さい子供がいるので、治療中に子供を見て
くれる所へ行きたかったからです。
お分かりになる方、回答をお願いします。

Aベストアンサー

現在保険の治療では、冠などに対し2年間の保障の様な制度が有ります。
確実に2年間持つような治療を歯科医師は行う必要があり、またその間の再治療に関しては保険側からの支払いは行われません。
つまり、歯科医師が無料で行わなければいけないことに成っています。
これはどこの歯医者さんでも同じ事です。
(2年間云々と言うのはその事ではないでしょうか?)

しかし、自費治療の場合はこの限りでは有りません。
全く保障という概念が無い場合もあれば、5年間、果ては10年間保障と言うところも有ります。
期間、保障の範囲に関しては歯科医院ごと様々な設定ですので、治療した歯科医院に聞いてみるしかそれを知る方法はありません。

通常、例えば明らかに個人のミスによる損傷以外は不可抗力も含め何らかの対応をしていただける場合も多いようです。
ご質問の症状ですと、噛みあわせの調製の不具合が有った場合や神経の治療が不十分であった場合等歯科医院側の原因も考えられますので、一度前の歯医者さんでご相談になっては如何でしょうか。

Q治療した虫歯周辺の歯が痛くなりました。考えられる原因を教えてください。神経を抜くか迷っています。

1ヵ月ほど前に虫歯が見つかり、治療しました。
元々銀歯だった歯で、虫歯による痛みなど自覚症状の無い
小さな虫歯でした。
治療後からズキズキと痛みが出たのでそのことを伝えると
「神経のある歯なのでしばらく痛むかもしれませんが、
 そのうち痛みは無くなります。」とのことでしたが、
痛みが続いたので先日、再度その歯科に行きました。
「今回の治療までの間に神経は既に死んでいるのかもしれないし、
 今も神経が生きていて深く治療しているので神経に
 当たってしまっているのかもしれません。
 その場合は銀歯をもう一度外して神経を抜かないといけません。
 今はまだ神経が過敏になっているだけで、もうしばらくしたら
 落ち着くかもしれません。」とのことで、
結局痛みの原因は分からず、治療をするかしないかの判断を私自身に
委ねられました。一時的に過敏になっている状態が続いているだけの
可能性もあるということで、そんな歯の神経を抜くのは抵抗があり、
もう暫く様子を見ることにして治療をせずに帰りました。
それから数日経った今、治療した歯も痛みますがその手前や真上の
歯も痛みがあるような感じがします。正直なところ、痛みの場所は
不安から錯覚かも?とも思うのですが・・・。痛いのは確かです。
痛みは我慢できないような痛みではなく、熱いものや冷たいものを
飲むとズキズキとくる感じです。噛む圧による痛みはありません。
我慢出来ない痛みではないので薬も要らず、普通に寝られます。

説明が長くなってしまいましたが、痛くなかった虫歯を治療して、
その後に痛くなることは、よくあることなのでしょうか?
また、治療した歯の周辺も痛くなることはあるのでしょうか?
下手な説明でしたが、今回の場合、私の痛みの原因(神経の状態)は
どのようなことが考えられるでしょうか?

これから忙しくなるので治療をするのなら早く始めなくてはと思い、
このまま様子見の状態を続けるか、思い切って再治療をするか、
迷っています。専門家の方のアドバイスを伺いたく質問致しました。
どうぞよろしくお願い致します。

1ヵ月ほど前に虫歯が見つかり、治療しました。
元々銀歯だった歯で、虫歯による痛みなど自覚症状の無い
小さな虫歯でした。
治療後からズキズキと痛みが出たのでそのことを伝えると
「神経のある歯なのでしばらく痛むかもしれませんが、
 そのうち痛みは無くなります。」とのことでしたが、
痛みが続いたので先日、再度その歯科に行きました。
「今回の治療までの間に神経は既に死んでいるのかもしれないし、
 今も神経が生きていて深く治療しているので神経に
 当たってしまっているのかもしれません...続きを読む

Aベストアンサー

関連痛という場合があります。
ズキズキ痛むとの事なのでその治療した歯は神経が炎症を起こしている
と考えるのが妥当のように思えます。
(熱いもので痛みがでるのであればなおさら可能性は高いでしょう)
こうなった場合一般的には神経を抜く治療が必要だと思われます。

こういった場合隣や上の歯が痛むような錯覚を起こすことがありますので
まずは原因と思われる歯の治療を行うことが先決のように思います。


人気Q&Aランキング