不動産屋の極秘物件?を、他の不動産屋で仲介してもらうのはタブーでしょうか?
新築一戸建てを希望してまして、ある大手の不動産屋で希望条件を伝えて登録しました。
先日希望の物件にあう物件を紹介してもらったのですが、
そこは融資の手数料などかなり高額(60万で値引きなし)で、日に日に金額が変わり、不信感が募ってきたので迷ってましたら、
営業の人がかなり強引で、
1日に何度も電話してきたり、家まで来たり、言葉も荒くなってきました。
あまりのひつこさに嫌気がさし、かなりしんどくなってきたので、
この不動産屋からは購入は遠慮したくなってしまいました。

ただ、私の希望する地域に希望の条件の物件がなかなかでず、
2年待ってやっと出た物件なんです。
でも不動産屋によると、この物件は今知ってるのはうちだけ、っとおっしゃってました。
こういう物件でも、他の不動産屋さんで仲介に入っていただけるものなのでしょうか?
もし可能な場合、最初の不動産屋にバレたりするものなのでしょうか?
もしバレて、いやがらせの電話がかかってきたり新しい家まで来るのが心配です・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

不動産会社勤務です。



おおむね前の回答者さん達と同意見です。
上司に担当替えを要求してみてはいかがでしょうか。
おそらく、大急ぎで担当替えをしてくれると思います。

融資手数料についてですが、これは金融機関へ支払うものでは??
それが日に日に金額が変わるんですか??
これはナイと思うのですが、私の勉強不足でしたら申し訳ありません。
融資手数料は融資額に応じるので、元の融資額が高額であれば融資手数料が60万円でも有り得なくはないと思いますが・・・。


余計な事かも知れませんが。
不況のせいか悪徳業者でもないのに「良くない営業マン」が増えています。
断られた事を逆恨みにして、嫌がらせなどをホントにしてくる輩が・・・。

担当者がそのような輩だった場合。
担当者が休みの日を狙って不動産会社を訪問し、さりげなく上司に融資手数料の件やその他の懸案事項を相談してみては。
もちろん、担当者に逆恨みをされないように、担当者に問題があるような事を密告しないで。

質問者さん側がここまで譲歩する必要もありませんが、高額とはいえたった一回の取引が原因で逆恨みされて危害を加えられても損するだけなので。


ご参考までに。
    • good
    • 0

元業者営業です



いわゆる「抜き行為」にかかるかどうかですが・・・

>先日希望の物件にあう物件を紹介してもらったのですが、

結論から言うとこの業者からは「仲介手数料を請求される」事になり、他の不動産業者の多くは「元の業者さんで・・・」と断られるでしょうね。

不動産売買は「物件の売買」は当然の事ですが、同時に「情報の売買」です。
その「情報」を提供した場合、業者は「情報料(仲介手数料)」を要求する事ができるのです。
これは判例で認められた業者の権利です。

ただし、「金額」については「提供した情報の質」で様々。
過去の判例では「資料提供」程度なら半額以下、「案内まで受けた」なら満額を要求できるとされてます。
しかし、これはあくまで「判例」ですから、裁判まで行かなければあくまで「交渉次第」です。
まぁ、業者としては満額を請求するでしょうがね。

あと「他の業者で・・・」というのはおそらく無理です。
「元々紹介された業者の存在」が分った時点で手を引く業者が多いから。
元々の業者がとんでもない悪徳業者で、違法行為を行っていたのならいざ知らず、ご質問文を拝見する限り営業手法に問題はありますが「違法行為」ではありません。

で、あるなら新しい業者で契約成立した場合、まず間違いなく「抜き行為」と見做されその風評を業者内に喧伝されて、他の業者から「総スカン」になるでしょう。
そうなったら「商売あがったり」。冒頭で書かせて頂いたように不動産業は「情報の売買」ですから、その「情報」が全く他業者から回ってこなくなり「廃業」です。

失礼な言い方ですが「たかだか一回の取引の為に」そんなリスクは冒せません。

ではどうすれば?

「大手の不動産屋」なんですよね?
ならばコンプライアンスや、社員管理がしっかりしていると思いますので、その担当営業の上司に相談して「担当替え」を申し入れてはいかがでしょう?

通常、大手不動産業者は営業所事に数名~の営業マンを抱えていますからね。

上司としては営業所の成績もありますから、そんな「ショッパイ営業マン」に任せてむざむざお客様を失う事なんて看過しないと思いますよ。

あと

>もしバレて、いやがらせの電話がかかってきたり新しい家まで来るのが心配です・・

これは大丈夫でしょう(笑)
そんな暇じゃありませんよ。
そんな事までしたらそれこそ「犯罪行為」です。下手したら警察沙汰ですよ。

さっきも書きましたが「たかだか一回の取引」がオジャンになった位でそんな事していたら、刑務所は不動産営業だらけになってしまいます。
    • good
    • 0

「紹介」がどこまで行っているのかが胆です。



「物件資料を見せてもらった」ならセーフ。「物件を内見した」なら「ぬき行為」に当たるのでアウトです。
アウトの意味は、他の媒介業者を経由しても、「元の客付けはうちだ!」としゃしゃり出てきて、仲介手数料を要求する可能性はあると言う事です。
法的にはどうかと言えば、払う必要がありません。媒介業務は成功報酬なので、契約時に立ち会い重要事項説明をしない限りは発生しない報酬です。しかし損害賠償を要求する場合が実際にあるようです。

「言葉が荒くなってきた」の一文から感じるのは質の悪い業者。客付け業者も買主も当然元の業者に筒抜けになりますし、嫌がらせとまでは言いませんが、何かしら気分の悪い事は起きる可能性があります。

もうひとつ付け加えると、極秘物件だと言うなら、その元の業者が売主と媒介契約を結んでいる業者の可能性があり、その場合は売買時にその業者が当然に入ってきます。
本来両手物件(売主、買主両方から仲介手数料を貰える)だったのに、それが片手(売主側だけ)になるので、下手をすれば断られます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング