『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

Jhon CageのCheep Imitationのような感じの音楽を探しています。

音の間隔と単音のピアノが気に入っているので、その条件に合っているものならば何でも構いません、教えて下さい。

宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

「Church of Anthrax」はテリー・ライリーとの共作の、ですよね。



方向は二つあります。
ブライアン・イーノと共作した「Wrong Way Up」(1990年)や、
2003年の「5 Tracks」。これは多少ロック寄りになってます。

テリー・ライリーをご存知なら、おそらくご存知でしょうが「The Dream Syndicate」関連の作品を追うのも良いかと。「Inside the Dream Syndicate Volume I : Day of Niagara」他CDが4枚出てます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々教えて下さり、ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2010/07/30 11:41

あまり単音部分は無いけど、この辺とかどうでしょうか?



アルヴォ・ペルト「アリーナのために」
(Arvo P?rt "F?r Alina")

武満徹「遮られない休息」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
武満徹は聞いた事がないのでぜひ聞いてみようと思います。

お礼日時:2010/07/29 10:15

John Caleのピアノが好きです。


この人は作品によってスタイルが大幅に変わるので、ピアノをメインとした作品は、
1.「The Academy in Peril」(1972年)
2.「23 Solo Pieces for La Naissance de L'amour」(1993年)
3.「N'ouble Pas Que tu Vas Mourir」(1995年)
などがあり、特に2は全曲ピアノで一番のお薦めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

John Caleがこんなにたくさんアルバムを出しているとは知りませんでした。
紹介して頂いた作品はぜひ聞いてみたいと思います。
ちょうどJohn Caleなので伺いたいのですが、Church of Anthraxの様な作品は他にもありますか?

お礼日時:2010/07/29 10:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング