早朝にWOWWOWで放映されていた映画「マッカーサー」を見ましたが、次の部分のニュアンスがわかりません。

マッカーサーがGHQのおかれた日比谷の第一生命相互ビルに入っていくシーンの後、側近たちに占領政策を表明する。農地改革、戦犯の徹底追及、労働運動を根付かせることなど。側近3名に説明している。
これら一連の説明のあと、側近が次のように口をはさむ。

―――――――――――――――――――
側近 将軍、すいませんが、これはあの・・何かに似ていませんか。

マッカーサー 何に似ているんだ?

側近 ニューディール政策です(Like the New Deal)

(一瞬の沈黙。いぶかしげに側近を見るマッカーサー)

マッカーサー ここは日本でアメリカじゃない。ファシストのことを考えると、若干左よりにするべきだ。そう思わないかい? だから、ニューディールなんて呼ばせはしない

一同 下を向いてくすくす笑う
―――――――――――――――――――

なぜ、側近はニューディール政策との関連をあえて指摘したのか?
その後の気まずいような沈黙はなんなのか?
最後の、「くすくす笑い」の意味は何なのか?

よくわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 アメリカ史を学んでいる者ですが、占領期の専門家ではないので「一般人」です。


 下記の方々のコメントに更に若干の補足をすると…、

・ダグラス・マッカーサーははっきり言って右翼に近いくらいの超反共主義の保守で、共和党シンパです。彼は軍事予算の削減をめぐって、ローズヴェルトと激しく対立したこともあります。共和党保守派は、(アイゼンハワーを担ぐ前には)マッカーサーを共和党の大統領候補にしようと画策していました。結局失敗しましたが、泡沫極右政党がマッカーサーを大統領候補にしようとしたという話もありました。朝鮮戦争時には彼は総司令官として(北朝鮮を支援する)中国に原爆を落とすことも主張していました。朝鮮戦争の方針をめぐって当時の民主党の大統領トルーマンを公然と批判し、罷免されたのですが。そのような人物が、民主党のローズヴェルト政権の看板であるニューディール風の政策を…というのが、気まずさ+くすくす笑いの一因でしょう。
・公共投資や労働者の生活保障がすなわち社会主義的だというのは、ちょっと安直ですが(社会主義者が「漸進主義だ」といって怒りそう?)、ニューディーラーたちの中でも左派の人々は、大恐慌時代にもソ連が五カ年計画で安定して経済成長している(ように見えた)ことから、ソ連的計画経済に多大なる関心を示したことがあります。1930年代は、アメリカのリベラル~左派の知識人の間で社会主義やソ連が関心の的になった時代です。ヘンリー・ウォレス(農務長官)なんて、そんなタイプでしょうね。そういう意味では、「ニューディール=共産主義」というレッテルは、<政治的には>効果もリアリティも大いにあったのでしょう。
・ニューディールは、大いに支持を得ていたことは事実ですが、反発も大きく、ローズヴェルトの大統領選挙も1932年の対フーヴァーの時を除くと、共和党候補に対して圧倒的な勝利ではありませんでした。ローズヴェルトは終戦直前に病死しますが、終戦後は共和党が勢いづいたことは確かです。

占領期のアメリカ側については、以下の本がお勧めできるのではないかと思います。
ハワード・ショーンバーガー著『占領1945-1952 戦後日本をつくりあげた8人のアメリカ人』宮崎章訳、時事通信社、1994年。第2章はマッカーサーを扱っています。

この回答への補足

詳細なコメントありがとうございます。

>そのような人物が、民主党のローズヴェルト
>政権の看板であるニューディール風の政策を…というのが、
>気まずさ+くすくす笑いの一因でしょう。

これは説得力があると思いました。

ご紹介下さった本はさっそく入手してみます。

さらに、アメリカで当時、ニューディーラーやニューディール政策がどう
考えられていたのか、知りたくなりました。

補足日時:2001/04/09 13:53
    • good
    • 0

ニューディール政策については多少聞きかじった程度の素人ですので、これはあくまでも想像です。

映画の1シーンに出てくる程度ですので、一般人にもわかりやすいシチュエーションではないかという観点からです。
ニューディール政策は、景気回復のための策でしたが、最終段階で生産性を上げるために保護した農民や労働者たちが集団交渉権を乱用し、逆にストライキ、生産物の廃棄などに走り、期待を裏切る状況になってしまったというものだと理解しています。
日本は当時、極右の国でしたので、景気回復政策としてニューディール政策に似たものを実施するのですが「経済復興の名を借りて、社会主義的な要素を投入したほうが、ファシスト対策になるだろう。これは経済復興が目的ではなく、ファシスト対策なのだ。だから、これは誰かのように失敗しない。」といった感じなのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この場を借りて,
KKatohさま,magokoroさま,Caneciusさま,JunkMasterさま
ご回答かありがとうございました。

今回,非常に参考になったのはCanesiusさんの回答でした。
教えていただいた本は注文中ですが,まだ来ません。
20ptをさしあげます。

また,
現在,朝日新聞・日曜日にやっているマッカーサーの伝記なども
参考になりました。映画で,幣原がマッカーサーに戦力放棄を
申し出るくだりがありましたが,あれはマッカーサーの日記に載っている
そうですね。しかも,それが「真っ赤な嘘」と言われていることなど,
先週でしたか,載っていました。

正直なところ,もう少しニューディールの評価とニューディーラーの動きの
情報がほしかったところです。実際,ニューディーラーと呼ばれている人た
ちが,占領期にかなり来ており,日本の政策形成にも多大な影響を及ぼした
ようです。さらに調べてみて,場合によってはまた質問を提起させていただ
くかもしれません。その場合はよろしくお願いします。

次点は・・・最初に回答を下さったKKATOさんにさし上げることに致します。

お礼日時:2001/04/18 16:51

 前の方のご回答で充分だと思いますが、もし付け加えるとすれば、アメリカの日本統治の目的は、共産主義に対する防壁というものでした。

その防壁たる日本が、共産主義色に少し染まると言うところに、懸念を抱いた面々だったのではないでしょうか。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

補足日時:2001/04/09 13:59
    • good
    • 0

「ニューディール政策」は、1929年にはじまった世界恐慌に対し、1933年からフランクリン・ルーズベルト大統領の行った一連の政策のことをさすのはご存知ですね。

まず、大企業や銀行を援助し、農産物を買い上げて農民を保護し、また、労働者の生活を保障するとともに、テネシー渓谷開発公社(TVA)の地域開発事業など公共投資の増加による私的資本の投資への刺激と失業対策を行い、景気の回復をはかろうとしました。

このように、たぶんに社会主義的政策であり、資本主義つまり自由放任が第一のアングロサクソン、特に共産主義が大嫌いな(法律でも禁じているほどです)アメリカ人にとっては、ニューディール政策は、嫌われる政策だったようです。(世界恐慌当時は仕方なかったにしろ、後の評価では)

戦後の日本占領政策は、ご質問にもあるように、やはりある意味社会主義的でありました。共産主義が嫌いなはずのアメリカ人、それも軍人、マッカーサーがこの政策を推進することには?がつくのも納得いきますよね。

う~ん。説明になっていますでしょうか?

この回答への補足

さっそくのご回答ありがとうございます。

しかし、このシーンは一般的な嫌悪感以上に
意味ありげです。
例えば、1945年当時、アメリカでニューディール政策に関する
バッシングみたいなものがあったんでしょうか?
また、GHQのスタッフにはかなりのニューディーラー(ニュー
ディール期の政策担当者)が入っていたという話も聞いたことが
ありますが、いわば「祖国を追われ」るようなかたちで、それら
の人は日本に来たのでしょうか?
いろいろ疑問が浮かぶのです。映画のフィクションかも知れませ
んが・・・

補足日時:2001/04/08 09:30
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGHQ司令官がマッカーサー元帥でなかったら

日本、終わってましたか?
他のアジア同様、白人達から小馬鹿にされながら生活していくハメになりましたか?

ちょっと余談になりますが、
僕の母(戦後生まれ)が、昭和の陛下様とマッカーサーさまが居らしてくださったから日本は救われたと、小さい時からいつも僕に言ってました。
僕が、”マッカーサーは過去の屈辱から、山下大将を処刑したりしたんだよ? しかも軍人としてじゃなくね・・・ ” って言ったら母は、”マッカーサーだって人間だもの・・・ ” だってwwww
更に、マッカーサー元帥を演じれる「俳優」は絶対に居ない!って言ってますw
凄い惚れ込み様ですねw
(トミーリージョーンズさんのマッカーサー観に行こうかと思います。)

母のこんな姿を見てますと、やっぱりマッカーサーって凄かったんだな・・・と思います。

Aベストアンサー

最初に断っておくが、あなたの母親はとても可哀想な人だ・・・ここまでわが日本人が今でもマッカーサーに洗脳されているのかと思うと、とても腹が立つし、やり切れないが少し教えておこう!マッカーサーが山下大将、松井大将、東條元総理を処刑した東京裁判こそが私怨・怨恨極まりないマッカーサーによる報復裁判だったのである!それは世界中の博士・学者の誰もが認めている、中でも強烈なマッカーサー批判を展開したのが、インドのパール博士でこの人の倫理・正論に勝る者はいなかった、だが槍玉に挙げられた被告人達(俺は山下・松井・東條各氏らを被告人として認めない!)はパール博士のチカラ及ばず処刑されてしまった!・・・チョットGHQの話をすると、全権委任されたマッカーサーから日本国憲法を草案・実施指揮したGHQ民政局次長・チャールズルイスケーディス(大佐)は当時、同じGHQ参謀第二部(G2)部長・チャールズアンドリューウィロビー(少将)、通称・赤狩りのウィロビーと熾烈な主導権争いを展開していた、同時期にはトルーマン大統領とマッカーサーによる対立も激化している、その頃、昭和電工疑獄事件がGHQ・政・官癒着を巻き込んでの事件に発展、そしてケーディスは社長夫人との不倫が暴露されて窮地に追い込まれるが、1949年5月に民政局次長・ケーディスは解任更迭される、更に大問題の怪事件が次々と起こる、1949年7月5日常磐線・北千住~綾瀬間で下山国鉄総裁の轢死体発見!(下山事件)、7月15日中央線・三鷹駅構内で無人列車暴走!死者6名負傷者20名(三鷹事件)、8月17日東北本線・松川~金谷川間で運行貨物列車脱線!運転手含め死者3名(松川事件)、これらの事件全てがGHQ関与の可能性大であり、民政局次長・ケーディス又はG2部長・ウィロビーの命令によるものとされている!下山事件でも日系人将校を使い、松川事件でも日系人将校を使っているのは事実である、赤狩りのウィロビーは当時、松川事件の首謀者を東芝労組と国鉄労組に祭り上げたが後、被告人とされた者は全員無罪、今をもってしても昭和の重大事件はGHQの仕業率、大なのである、少しはお解かりいただけたかな?それと進駐軍の総司令官がマッカーサーだったのはオールバッド!だが、もし米海軍のニミッツ提督だったら少なくとも東京裁判という卑劣な報復裁判は無かっただろうし、日本国憲法の草案にしてもこんなに理不尽でイビツな状態には成らなかったであろう。

最初に断っておくが、あなたの母親はとても可哀想な人だ・・・ここまでわが日本人が今でもマッカーサーに洗脳されているのかと思うと、とても腹が立つし、やり切れないが少し教えておこう!マッカーサーが山下大将、松井大将、東條元総理を処刑した東京裁判こそが私怨・怨恨極まりないマッカーサーによる報復裁判だったのである!それは世界中の博士・学者の誰もが認めている、中でも強烈なマッカーサー批判を展開したのが、インドのパール博士でこの人の倫理・正論に勝る者はいなかった、だが槍玉に挙げられた被...続きを読む

Qマッカーサーが昭和天皇を占領政策に利用した、という客観的な裏付けは存在しますか?

昭和天皇が東京裁判で戦犯として裁かれなかった理由としては、戦争を引き起こしたのが東条ら軍部の独走によるものであるから責任はない、という説と、マッカーサーが昭和天皇を戦後の混乱を避け戦後日本を植民地化する占領政策の一環として利用した、という2つの説が存在するようですが、私は前者には無理があるような気がします。

例えば企業が不祥事を起こせば、それが企業にとって大きなダメージを与えるものであればあるほどトップは引責辞任するのが当たり前です。三菱自動車しかり、西武グループしかり。日中戦争や太平洋戦争は日本にとって測り知れないダメージを与えたわけですし、旧憲法下では天皇に統帥権があったのですから、いくら軍部が独走したとはいえ責任がないとは言えないと思われるからです。

そこで消去法的に後者の方が説得力があるような気がしました。しかし、戦後の混乱がどうして昭和天皇を生かして利用することで防げるのかが分かりませんでした。天皇は現人神でなく人間だと宣言してみたところでどれほどの効果があるのか。そこで、このような仮説を立ててみました。マッカーサーは昭和天皇を溥儀のように利用しようとしたのではないか、と。つまり、満州国→占領下の日本、関東軍→占領軍、溥儀→昭和天皇と置き換えてみれば、植民地である日本に傀儡政権を樹立し、GHQや占領軍自らは昭和天皇をワンクッションとすることによって反乱や暴動の被害を直接受けずに済む。

しかし、これはあくまでも私の思考の産物に過ぎません。客観的な裏付けは存在するのでしょうか?

なお、この質問は回答者さんのご意見をきいているものではなく、あくまでも私の思考の産物を裏付けるか、否定し別の真実を発見することを目的としていますので、意見表明は断固お断り致します。

昭和天皇が東京裁判で戦犯として裁かれなかった理由としては、戦争を引き起こしたのが東条ら軍部の独走によるものであるから責任はない、という説と、マッカーサーが昭和天皇を戦後の混乱を避け戦後日本を植民地化する占領政策の一環として利用した、という2つの説が存在するようですが、私は前者には無理があるような気がします。

例えば企業が不祥事を起こせば、それが企業にとって大きなダメージを与えるものであればあるほどトップは引責辞任するのが当たり前です。三菱自動車しかり、西武グループしかり...続きを読む

Aベストアンサー

日暮吉延『東京裁判の国際関係』木鐸社、は、東京裁判の政治過程について実証的な研究を行なっている本ですが、この中で、連合国側がどのように天皇不起訴を決めたかが若干触れられています。

ちなみに、日本降伏後も、合衆国政府内では天皇起訴をめぐる議論が続いていたことが確認できます。また、連合国内でもオーストラリアは、天皇起訴について強硬なスタンスをとっていました。

また、占領政策全般については、五百旗頭真『米国の日本占領政策』中央公論社があります。こちらは東京裁判までフォローしていませんが、米政府がなぜ天皇の存続を認めるに至ったのかの経緯がわかります。

いずれも、米国の公文書などに基づいた研究ですので、信頼性は高いと思います。図書館などで御一読ください。

Qマッカーサー

マッカーサーをどう思いますか?
学校時代にどう学び、どういう印象もちましたか?
今どう思いますか?

Aベストアンサー

ahosaruman さん、こんばんわ。

私は中学校の時にマッカーサーのことを知りました。とても頭がいい人物で一人で作戦計画を立てられる人だったそうです。
厚木の飛行場の姿です。非常にかっこいい人物と思いましたが、連合国軍最高司令官として財閥解体や農地解放など日本を変革するためにいろいろな行動に出ていたことを知ってびっくりしました。しかし、反面大学に入って、調べるうちに彼はとても目立ちたがり屋で演出好きという性格を聞いてがっかりしたことを覚えています。

Q西郷隆盛の側近について

西南戦争の時の、西郷隆盛の側近で、映画やテレビ番組で描かれている人物で、いつでも、戦場でも、戦闘時でも、山高帽をかぶり、高級スーツにネクタイ・革靴を着用している人物は、どういう人なんでしょうか?

Aベストアンサー

 桐野利秋の可能性も有りませんか?

 洒落者として有名だったみたいですし…。

 陸軍少将時代には金無垢の懐中時計を愛用し、軍服はフランス製のオーダーメイド・軍刀の拵えも純金張の特注品を愛用し、城山で戦死した際にも遺体からはフランス製の香水の香りがしていたとか…。
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%90%E9%87%8E%E5%88%A9%E7%A7%8B

Q原爆に関する出版は禁止されていた?(GHQ)

戦後数年、おそらく1951ぐらいまで広島、長崎の原爆、被爆者に関する記事はGHQによって統制されていた、という話を聞きましたが、本当でしょうか?
また最初に原爆について書かれた本は何という本で、いつ出版されたのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 たしかに当時の連合軍占領統治下においての、広島長崎における原爆に関する一切の報道は、1945年9月19日のあのプレスコード第3項によって厳しく統制されていきました。

 一般的にはこれは当時のGHQ最高司令官のマッカーサーによって発布されたということが多いようですが、今では米大統領トルーマンの直々の指令であったことが知られています。

 さて原爆について書かれた最初の本ということですが、この「本」と言うのがどのような出版物であるかによって回答がいくつかあるかもしれません。新聞に関しては終戦までは「新型爆弾」という文言を使用するよう大本営より厳しく通達が出されていましたので、実際に「原爆」の文字が新聞紙上に現れたのは、1945年9月3日から9月18日にわたって報じられた「被爆1ヶ月後の広島」(中国新聞)が嚆矢に近いのではないかと考えます。

 しかし「本」という書籍出版物に広げて見れば、個人的な体験談や犠牲者への追悼手記のような少数の部数を印刷し、身近な人たちへ手ずから渡されたようなものから、犠牲になった生徒たちを悼む学校などの追悼書籍、更には本格的な調査研究書、歴史的郷土的観点からの資料、市町村など公共団体の資料、そして原爆を扱った文学芸術的資料、などなど多岐に渡っています。

 ということで、ここではいわゆる出版物全般を「本」として考えてみます。まず終戦の年の1945年ですが、この年には残念ながら記録に残るような出版物はなく、最初の出版物といえるのが1946年2月7日に発刊された「不知火追悼号」(第七高等学校造士館理科二年甲類五組編)ではないかと思われます。これは見ての通り、言ってみれば私的出版物に近いものです。その翌月の1946年3月1日に岩波書店から広島長崎の両被爆地を扱った「世界」第3号が発刊されています。
 
 広島からの出版物は1946年3月10日の「中国文化ー原子爆弾特輯」(中央文化発行所)が一番古い、つまりは原爆投下後一番早く出版されたものといえると思います。

 手元の資料によれば以上のような状況ですが、もしまた何かご質問等がありましたら及ばずながら協力させていただきます。また他の方が更に詳細な資料をお持ちで、私の回答に間違い等があったならばどうかお許しください。

 たしかに当時の連合軍占領統治下においての、広島長崎における原爆に関する一切の報道は、1945年9月19日のあのプレスコード第3項によって厳しく統制されていきました。

 一般的にはこれは当時のGHQ最高司令官のマッカーサーによって発布されたということが多いようですが、今では米大統領トルーマンの直々の指令であったことが知られています。

 さて原爆について書かれた最初の本ということですが、この「本」と言うのがどのような出版物であるかによって回答がいくつかあるかもしれません...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報