特攻隊員に麻薬が投与されていた?
ネット上でよくそのような記事や書き込みを見かけます。
「特攻隊 麻薬」で検索をかけてみると以下の通り
『皆さん知ってましたか?特攻隊って実は上官に麻薬を打たれて突入したんですよ』
『特攻隊のパイロットは麻薬で異常な興奮状態にさせられて、自爆テロに出撃したわけだ』
『よく特攻隊が自爆攻撃できたのは麻薬を服用していたからだといわれますが、これは事実でしょう』
さて、これが事実ならばその根拠となる出典(書籍・一次証言など)を教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

故坂井三郎氏の著書零戦の真実に戦後当事の軍尉官と何かの会合



ではなした時 実は坂井さん あの時戦時中は栄養剤と称し

ビタミン剤と一緒にヒロポンも投与してましたと言うお話があり

坂井氏曰くどうりで、体はやせてきても、みょうに元気だけはあったな

搭乗員は戦争終了まで生き残れ無い所詮 使い捨てだったのだろう
言うページがありました。

坂井氏は特攻隊でも無いし、戦闘機搭乗員です

ヒロポンは当事新聞等でも、宣伝しており、今のリポD見たいな感覚だった
と思います
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2010/08/02 14:51

 太平洋戦争時日本は幾多の島々で玉砕戦闘を繰り広げましたが、そこで戦った米海兵隊の戦闘記録に共通のトピックスがありました。

それは玉砕した日本軍兵士たちの全ての体から、異様なほどのアルコール臭がしていたということです。

 戦闘後日本軍の拠点や司令部などを調査した海兵隊は、そこに膨大な数の一升瓶やビール瓶の空き瓶を発見しています。つまり陸上戦においても、死を覚悟した最後の戦闘に際しては平常心ではいられなかったということです。

 あなたが今回の疑問に関して「一次資料」に強くこだわっており、回答された皆さんへ出典や資料の不備について不満を述べておられますが、それなりに時間と手間をかけた回答へのお礼としては、思慮に欠けたものではないかと思います。

 それほど「一次資料」にこだわるのであれば、それなりに真面目に自分の疑問と向き合う姿勢を生かして、ご自分で精査されればいいのではないでしょうか。情報を目にされたサイトへ直接質問できるのであれば、そこへの質問がまず最優先されるべきです。

 あなたのお礼文を読むとまずは結論ありきで、それにそぐわない回答なり資料などを提示されても、どうしても認めたくないという感情が優先されるように見受けます。もしそうであるならば、今回の質問は「ためにする」質問ということで、回答者の方々の労力は無駄骨だったということになります。あなたのお礼文を読む限り、そのような印象を抱かざるを得ません。

 終戦後今に至るまで、日本ではあの戦争は悪だったという風潮が蔓延していますので、戦争に従事せざるを得なかった方々もいまだに肩身の狭い思いをしておられます。しかし特攻隊員はちょっと違った扱いを受けているのが現実です。

 つまり「国のためにあたら若い命を散らせた」的な情緒的な扱いに代表される特攻隊員讃美です。国のために命を奪われた人々は膨大な数に昇りますが、なぜか特攻隊員は別格的な扱いを受けています。

 そのような美化されているといってもいいくらいの特別扱いをされている(鹿児島の特攻会館の存在がその実情をよく表しています)特攻隊員が、麻薬を投与して(あるいは、投与されて)出撃していったということを、現実として認めがたいということは心情的には良く分かります。

 結局どのような資料を基に回答したとしても、あなたを満足させることは絶対に出来ないだろうと思われます。伝聞が資料として成り立たないといわれますが、「一次資料」としてふさわしそうな戦闘記録にしても、所詮は各方面の戦闘報告をまとめただけの伝聞のような性質のものです。当事者への直接インタビューなどがあったにしても、生き残った元特攻隊員は死んでいった仲間たちが、実は麻薬を服用していていたなどとは決していうことはないはずです。(なんて、こんな書き方も到底納得されないでしょう)

 隊員たちがいかに崇高な使命感に燃えて死んでいったかを伝えるにはやぶさかではないでしょうが、ネガティブなイメージをあえて世間に伝える役目はそうそう負いたくはないはずです。そういう意味では、希望されている「一次資料」はすでに鬼籍に入った特攻隊員自身に聞くしか方法はないでしょう。

 あなたにとっての「一次資料」には、どのようなものが一番ふさわしいと思うのかをまず提示されてはいかがでしょうか。さらには証言者や研究者、調査・研究機関、そして調査・研究された時代背景や年代そのものにたいしても、それなりのあなたのこだわりがあるのでしたら、それも提示されれば如何でしょうか。もっともそこまで分かっているのなら、ご自分でやるほうが速いですよね。

 今回の疑問に関してはまず元特攻隊員だった方たちや軍関係者の証言・回顧録などが常識的にいえばあなたのいう「一次資料」ということになるのでしょうか?もしそうだとしても、これには前述した理由により、不確実性や思い込み、かつ意図的な情報操作とでもいえる恣意的な面が往々にしてあります。

 ですから「二次資料」「三次資料」と続くことによって、「一次資料」の内容の裏づけや新たな資料の補足で全体の信用度のグレードアップを図ることが出来ます。「一次資料」にこだわるあまり、その後に現れた新事実や「一次資料」の間違った部分に眼を向けないという、本来なら避けられたはずのミスが生まれるという可能性もあります。

 #6で回答された回答者の方のが、個人的には今回の疑問にふさわしい「第一級資料」を使った回答だと思います。あなたの質問自体は非常に興味をそそられる内容でしたので、私も実は同じような方向性の回答を出そうとしていたのですが、資料を漁っている間に#6さんの回答が出ていました。

 早まって回答していたらいい恥をかいていたと、冷や汗を流したほど良い回答だと思いますよ。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

指摘回答ありがとうございます

お礼日時:2010/08/02 05:16

>ウィキペディアは誰でも編集に参加できるので、いま私がなんの根拠もなく書きかえることだってできるのです



だからと言って、間違っているとは判断出来ないはずです。
間違いだとまるで証明出来ていません。

質問内容には経口投与も投与経路すらまるで考査に入っていません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A8%E5%B0%84# …

これは教えるだけ無意味だと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

指摘回答ありがとうございます

お礼日時:2010/08/02 05:18

厚生省薬務局長・慶松一郎が、「覚醒剤でございますが、これは大体戰争中に陸軍、海軍で使つておりましたのは、すべて錠剤でございまして、飛行機乗りとか、」「兵隊に飲ましておりましたのはすべて錠剤でございまして」と国会答弁しています。



参院予算委員会1949年11月30日
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/006/0514 …
〔引用開始〕
○井上なつゑ君 ちよつと厚生省の薬務局長さんに伺いたいのですが、実はこの頃浮浪者の少年の中で問題に可なりなつておりましたヒロポンでございますが、これは厚生省と大蔵省に伺わなくちやならんかと思うのでございますが、伺いますところによりますと、ヒロポンは製造上大変抑圧しておるように伺いますが、戰争中にヒロポンが可なり多く用いられて、それが貯蔵されておつたというような話を聞いたのでございますが、これは厚生省としてどういうように譲受けになりましたか。又それは大蔵省の国有財産の一部として拂出しになつたのでございますか。その点明らかにして頂きたいと思います。実は製造を禁止いたしましても、この頃子供一人を掴まえると、四十本、五十本打つておるので、何処からか流れ出しておるのではないかという懸念がございますので、このことにつきまして厚生省並びに大蔵省から承りたいと思います。
○説明員(慶松一郎君) 只今お話になりました覚醒剤でございますが、これは大体戰争中に陸軍、海軍で使つておりましたのは、すべて錠剤でございまして、飛行機乗りとか、或いは軍需工場、軍の工廠等におきまして工員に飲ましておりましたもの、或いは兵隊に飲ましておりましたのはすべて錠剤でございまして、今日問題になつておりますような注射薬は殆んど当時なかつたと私は記憶いたしております。そうしてその終戰当時ございましたそれらの薬は、外の医薬品、或いは衛生材料と同様に、占領軍当局、進駐軍当局から厚生省に渡されまして、そうして外の薬と同じような方法によりまして各都道府県に配給いたしたと存じております。併し私、当時から全体の薬の配給等に関係いたしておりましたが、当時におきましては余りそのことが問題になつておりませんでしたので、果してどういうふうに配給されたか、ちよつと今分らないと思います。併しいすれにいたしましても、今日問題になつておりました製薬は当時殆んどなかつたということが言えると思います。
〔引用終り〕

成分は主にメタンフェタミンです。下記のサイトは小山なつ・滋賀医科大学准教授(http://www.shiga-med.ac.jp/~hqphysi1/)によるものです。

痛みと鎮痛の基礎知識 - 薬物依存、依存性薬物
http://www.shiga-med.ac.jp/~koyama/analgesia/sub …
〔引用開始〕
○メタンフェタミン Methamphetamine
〔中略〕
第二次世界大戦中は、日本のみならずアメリカ、イギリス、ドイツなどで使われていた。
日本では1941年に「ヒロポン(大日本製薬)」として販売が開始されると、政府が軍需工場の作業員に配布したり、夜間の監視任務を負った戦闘員に使用させていた。夜間戦闘機の搭乗員に、「夜間視力向上用」として渡した場合もあった。---吶喊錠・突撃錠・猫目錠である。大戦末期には、特攻隊向けにも使われ、ヒロポンにお茶の粉末を混ぜたものが出陣の前に「特攻錠」として支給された。
〔引用終り〕

下記の本にも詳しく載っています。

佐藤哲彦 『覚醒剤の社会史―ドラッグ・ディスコース・統治技術』、東信堂、2006年。
http://www.amazon.co.jp/dp/4887136714/

この回答への補足

戦時中=暗黒時代の象徴として特攻隊・ヒロポンのヨタ話が広まったとしか私には読めませんでした。同じ著者の『麻薬とはなにか』も読みましたが「~といわれている」という伝聞のみだったのが残念です

補足日時:2010/08/01 14:20
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとございます。残念ながら前半の答弁には特攻隊の文字は見受けられませんでした。戦争は勝ってナンボですから、徹夜もヒロポンも何でもありだったとは想像できますが、それでは話が別の方向に行ってしまいます。「特攻錠」のネーミングは「二百三高地髷」や「神風タクシー」のような類でしょうか。ご紹介の書籍は地元の図書館にありましたので、一次資料が含まれているか、さっそく読んでみます。

※繰り返しになりますが、回答してくださる方は一次資料の提示をお願いします。

お礼日時:2010/08/01 07:10

ヒロポンチョコという物が航空食の一つにあります。

ですが、これは特攻隊員限定の食い物では無く、搭乗員が疲れた時に食べるチョコです。

質問者もお気付きだと思いますが、ヒロポンが有害と分かったのは戦後の話しで、戦時中は疲労回復薬という認識です。現在でも医師が処方するならば覚醒剤は使えます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2010/08/02 14:52

> さて、これが事実ならばその根拠となる出典(書籍・一次証言など)を教えていただけないでしょうか。



多分、デマじゃないかな? と思います。

質問者氏が飛行機に乗る機会があったら、搭乗前にお酒を飲んでみてください。飛び立った後に酔いが急に普段にも増して回ってきます。これは時間がたったからお酒が回ってきたわけではなく、単に気圧が下がったから毛細血管が開いてお酒がまわっているだけです。

基本的に覚せい剤も、血中にあるものが回ることによって効果が表れる種類の薬品ですから、気圧の調整などほとんど期待できない当時の戦闘機や爆撃機では、覚せい剤を使用したまま乗れば上空でラリってしまって飛ばすことすら覚束なくなってしまうかもしれません。

したがって、薬理的な問題から、デマの類だと判断しています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2010/08/02 14:50

国がそんなことをした証拠がこのような掲示板で暴露されるわかがないでしょうw


ヒロポンの取り締まりは軍需工場で働いていた近所のおっさんがやられるのを目撃したのだから憶測や噂じゃないぞ

この回答への補足

書き忘れましたが、ヒロポンの取り締まり(覚せい剤取締法)は昭和26年からだそうです。ありがとうございました。

補足日時:2010/07/31 21:35
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。そりゃ兵隊だって使っていたのでしょう、私の父だって薬局で買い受験勉強に使用していたくらいですから。しかし私はそんなことを訊いているのではありません。ヒロポンでも何でもいいです、「特攻隊員に」薬物を打って出撃させた、という根拠をお示しいただきたいのです。噂や伝聞でしたら結構です、証拠のない回答は勝手ながらご遠慮願います。

お礼日時:2010/07/31 21:22

 その話は「麻薬」ではなく「覚せい剤」です。


 ウィキペティアの「覚醒剤」で「歴史」の部分に特攻隊員が覚醒剤を使っていたという記述があります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%9A%E9%86%92% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。しかしその記事にも出典がありません。ウィキペディアは誰でも編集に参加できるので、いま私がなんの根拠もなく書きかえることだってできるのです

お礼日時:2010/07/31 20:47

戦争中は兵士だけではなく軍需産業に携わる人にもヒロポンを使用させていたようで戦争が終わっても残っていたヒロポンが闇で出回っていたようです


ヒロポンは疲れと恐怖心を抑制する興奮剤です
ヒロポン中毒患者のことをポン中と呼んでいましたが国が支給した薬品なのであまり厳しく取り締まることは出来なかったようで警官はヒロポンを取り上げる程度でした

この回答への補足

ありがとうございました。勉強になりました。

補足日時:2010/08/02 14:53
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お願いがあります。
「~のようです」、「ネットにこう書いてあります」という回答ではなく
具体的な根拠となる証拠や証言が知りたいのです。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/07/31 20:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先の大戦での特攻隊員の遺書を本当に本人の自由意志で書かれたと思っている

先の大戦での特攻隊員の遺書を本当に本人の自由意志で書かれたと思っている人がいるのですか。

Aベストアンサー

「きけ わだつみのこえ」なんか、ちょくちょく好きで読みますが。

>本当に本人の自由意志で書かれたと

検閲など普通にあったでしょう。
「書いてはならない言葉」の意識も当人たちにあったでしょう。
現在では考えられない有形無形の規制があったのは想像ができます。
(その内容の想像は難しいですが)

でも、それらに抵触しない「限られた言葉」で綴られた彼らの遺書。
「当たり障りない言葉」のみで綴られた遺書。

それでも伝えてくる彼らの思いは「本物」です。

「国のため、天皇陛下のため」と書かれているものも、
その思いの真実にこそ、価値がある、と私は受け取っています。

自由意志で書かれたか、書かれなかったか?は、遺書の価値や伝える力に影響しない、と思えます。

>自由意志で書かれたと思っている人

も、遺書を読まれるくらいです。
すぐに当時の規制の事実に気づかれる筈です。
そう思っていても良いのではないでしょうか。。。

Q特攻隊に投与されたヒロポンについて

特攻隊に投与されたヒロポンについて
それがどのようなものであったか、私が調べたところ、みっつの説があることがわかりました。
・「突撃錠」という名前だった(玉露の粉で菊の御紋の形に固めてある)
・「特攻錠」という名前だった
・錠剤ではなくアンプルであった(ウィキペディアhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%9A%E9%86%92%E5%89%A4#.E6.AD.B4.E5.8F.B2)
そこで質問です
(1)上のみっつのうち、どれが正しいでしょうか
(2)それはどのような形で本人の手に渡ったのでしょうか(例 疲れたとき本人が酒保で買い求めた、上官から支給された等)
以上、二点よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問への直接の回答ではありませんが参考になりそうなものを。
添付されたウィキに書かれている黒鳥四郎少尉について。
ウィキの脚注にあります
渡辺洋二著『重い飛行機雲 太平洋戦争日本空軍秘話』(文春文庫、1999年)
ここで黒鳥少尉へのヒロポン投与について書いてあります。
取材による黒鳥少尉本人の証言をもとにかいたもので信憑性は高いと思います。

今、現物が手元にないので覚えている範囲の内容を。

黒鳥少尉の場合、投与は軍医によってされていた。
薬投与は部隊員全員にはなされず、試験的に一部搭乗員にされていた。
(横空は新兵器等の試験の役目も負っていた)
薬について軍医からの具体的な説明はなかった。
暗視力向上ができる、魚に含まれる成分とだけ伝えられた。
戦後、元軍医がヒロポンであったことを打ち明け、黒鳥氏に謝罪した。

覚えているのはこんな感じです。
薬について搭乗員がどう認識していたかといったことも書かれています。
特攻隊での使用以前の話ではありますが多少の参考にはなろうかと思います。

特攻隊での使用について、今ではわからない部分も多いと思います。
全特攻隊に統一した規格の薬が与えられたのかもわかりません。
初期の特攻隊などでは恐らく計画的な投与は行われていないでしょう。
また薬についてどのように説明するのか、軍令部で規定したのかも疑問です。
おそらく各航艦、部隊などによって色々なケースがあるのだと思います。
軍令部が集中力向上のため投与を命じ、各部隊が手元のヒロポンを投与した。
だから薬が錠剤だったりアンプル注射だったり、また呼び名が違ったり。
そういうことではないでしょうか。

太平洋戦争中の軍事史料は限られます。
やばいものは終戦間際に燃やしてますし。
仮に残ったとしても防衛庁の資料を一般人が目にするのは極めて難しい。
特攻隊の生き残りの方の証言を積み上げないと全体も詳細もわからない。
今となっては正確なことを把握するのは至難と思います。

質問への直接の回答ではありませんが参考になりそうなものを。
添付されたウィキに書かれている黒鳥四郎少尉について。
ウィキの脚注にあります
渡辺洋二著『重い飛行機雲 太平洋戦争日本空軍秘話』(文春文庫、1999年)
ここで黒鳥少尉へのヒロポン投与について書いてあります。
取材による黒鳥少尉本人の証言をもとにかいたもので信憑性は高いと思います。

今、現物が手元にないので覚えている範囲の内容を。

黒鳥少尉の場合、投与は軍医によってされていた。
薬投与は部隊員全員にはなされず、試験的に一部搭...続きを読む

Q特攻隊員の遺書

皆さんこんにちは。

現存している特攻隊員たちの遺書は、それほど数は多くないと思うのですが、それはどうしてでしょうか?

先の大戦では、かなりの数の特攻機が出撃したように思うのですが、検閲で遺書が通らなかった人が多いのでしょうか?

何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

遺書を書かなかったのではないでしょうか?

日本の特攻舞台が集まった鹿児島・知覧の特攻基地を舞台にした、石原慎太郎都知事の映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」を観ましたが、前日は皆死んでいくことを知っているため、お酒を飲んだり、愛する人が愛に来て逢瀬だったり、最後のときを好きなようにしていました。

また特攻は赤紙でなく本人が志願してなるものですので、当時お国のため最先端の飛行機に乗り、命を捧げるという任務はあらかじめ家族に対しても、遺書という形で残すようなことはしていなかったのではないかと個人的に思います。

米軍が彼らを苦しめた特攻隊関係の資料を持っている人を徹底的に処断するという噂もあったようですが。

参考URL:http://www.geocities.jp/kamikazes_site/isyo/isyo.html

Q神風特攻隊で特攻した兵士

神風特攻隊で特攻した兵士は、下記のどの階級まで含まれていたのでしょうか。

(ウィキペディアより抜粋)
------------------------------------------
  大元帥・元帥
将官:  上級大将・大将・中将・少将・准将
佐官:  代将・上級大佐・大佐・中佐・少佐
尉官:  上級大尉・大尉・中尉・少尉
准士官:  准尉
下士官:  曹長・軍曹・伍長
兵:   兵長・上等兵・一等兵・二等兵
------------------------------------------

ご教示お願いします。

Aベストアンサー

http://samurai.kt.fc2.com/tiran.htm
↑ご参考(特攻隊員遺書)

ご質問内容の階級は「旧・陸軍」のものですね。

神風特攻隊員の多くは「旧・海軍」からが多かったので「上等兵」や「伍長」のような階級はありませんでした。

ところで、遺書に記されてる階級は「戦死後の二階級特進」の階級ですから、二階級を下げた階級で見て欲しいのですが、少尉が圧倒的に多いです。
(少尉⇒戦死⇒大尉です)

中には、18歳の曹長(戦死後・少尉)の遺書もあることにも注目してください。

この中では、大尉(戦死後・中佐)が最も階級が高いですが、実際は、少年下士官(曹長クラス)から学徒動員された大学生(准尉・少尉クラス)が殆んどです。

即ち、少佐以上の上級士官の特攻要員はなかったのです。

Q特攻隊員や旧日本兵の遺書について

『特攻隊員や旧日本兵の遺書は、検閲されるから本心なんて書けない。
だから、日本国を守りたいなんていうのは本当は違うのだ。』

こういう意見を耳にすることがたまにありますが、あなたは
彼らの遺書に書かれていることは本心ではないと思いますか?

私個人の意見としては、他に書きたい本音があった人もたくさん
いたと思いますが、遺書に書かれていることが嘘だとは思えません。
遺書の内容も本心、そしてそれ以外に書けなかった本音がある人もいる、
と思います。あのような文章を、あれは本音じゃないと切り捨てるのは
ちょっとおかしいと感じますが、皆さんはどう思われますか。

Aベストアンサー

祖父の弟(7人兄弟の末っ子)が特攻隊員でした。とても優秀で、本人も特攻隊員として誇りを持っていたようです。

遺書は祖父、父と引き継がれ私も読まされました。
真珠湾へ飛び立つ二日前の夜に徹夜で書き、翌朝出発前に家族へ渡したものだそうです。検閲は受けてはいません。

内容は日本国の為に戦争に行く、残された両親、兄弟への感謝の気持ちを綴ったもので、死ぬのがイヤだ、行くのが怖いなどの文章はありませんでした。
一番印象的だった言葉が両親、兄弟に対して「自分は末っ子で甘える時間がなくて申し訳なかった。その分兄上両親のことを頼みます」「自分に会いたければ靖国へ」という文章ですかね。
ただただ涙、涙です。

Q北朝鮮の工作員と大東亜戦争の特攻隊と愛国心について

二度と帰ってこられないことを覚悟した作戦は江戸以前の航空機や潜水艦が存在しなかった時代の出来事では何かありますか?

Aベストアンサー

>二度と帰ってこられないことを覚悟した作戦
負け戦での殿戦は全体的にそうでしょう。有名な負け戦で殿戦を上手くやり遂げた例としては織田の朝倉攻めの際に浅井の裏切りにあった信長を守るために秀吉、光秀、家康がやり遂げた撤退戦とか。

ただ特攻的なイメージとしては夏の陣の真田幸村の家康の陣への特攻とかになるのではないでしょうか。

まぁタイトルと内容が一致しないので回答の方向性が難しいですが。
・そもそも愛国心なるものが芽生えたのは明治以降
・特攻はリスクが非常に高い作戦というよりは自爆テロ
1

Q特攻隊員の遺書・・

特攻隊員の方たちの遺書をいくつか手元にメモしておいたのですが、なくしてしまい1つが今も見あたらなくて困ってます。
その遺書の一部には「生まれ変わったらアンデルセンの(絵本に出てくる)おとぎの国の王子さまになりたい。そして、木々や小鳥たちと会話したい。」と書いてあったように記憶しています。思い違いかもしれませんが・・・。
分かりにくいとは思いますがよろしくお願いします。たしかネットのどこかで読んでメモしたのだと思うのですが。

Aベストアンサー

このサイトにありました。
ここだけではないかもしれませんが。
http://web.hpt.jp/eikonroku/tokkou.html

下の方なので「アンデルセン」で検索してください。

Q特攻隊員の戦死は役に立ったと云えますか?

戦争末期に数千人の若者が特攻作戦で戦死しました。

国を守るために自分の命を犠牲にした、その純粋な気持ちに心のそこから哀悼の意を表します。

さてその戦死に対して、現代日本人の中に、「彼らの死のお陰で現在の日本があるのだから彼らの犠牲に感謝すべきだ!」という人が居ますが、私はこの論理が解りません。

彼らが犠牲になることが無く、戦後生きていたとしたら、本当の意味でお国のために貢献できたはずだ、と私は思うのですが・・・・。

「彼らの犠牲があったからこそ、日本の現在の繁栄がある」ということをわかるように説明してくれる人は居ませんか?

Aベストアンサー

戦争と言う社会情勢の中
特攻隊は、
国か、故郷か、家族か、何を想って出撃したのか、
大切なものを守るために命を呈した人の行動を無駄と言うのは切ない。
どなたかの書き込みで、愛国心と思った人がいるとの事、
もしかしたら、アメリカが天皇を残して統治しようとしたのは、
日本人の文化を粗末にすると愛国心が強いので治められないと思ったのかも。
かも?です。
しかし、この作戦は最低で無駄の何物でもないと思います。

Q特攻隊の遺書で探しているものがあります。

以前、youtubeかニコ動で見た記憶があるのですが、

『特攻を命ぜられた母子家庭の息子さんの遺書』

を探しております。
内容がうろ覚えなのですが、確か母一人子一人の母子家庭の方で、その唯一の息子が特攻に出撃するという、悲しい遺書でした。

一度それを見て、同じく母子家庭の自分と重ね、非常に感銘を受け、自分への戒めにしていたのですが、どうしてもその原文(もしくはその見た動画)が見つかりません。

原文をご存知の方や、「これかな?」と思う遺書をご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

福岡出身の特攻兵・林市造ではないでしょうか。
遺書ではないですが、母あてに多くの手紙を出しており、櫂歌書房『日なり楯なり 林市造遺稿集』に収録されています。

私は、一部をメモ書きして残しています。
「母チャンが私をたとみと必死で育ててくれたことを思うと、何も喜ばせることが出来ずに、安心させることもできず死んでゆくのがつらいです。」

林市造で検索してみてください。
例えば、
クリスチャンの特攻隊員 : 林市造の手記を読む
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/27972

Q旧大日本帝国陸海軍には朝鮮半島出身の将校もいた。憲兵隊員もいた。特攻隊員もいた。ニュースで観たがある

旧大日本帝国陸海軍には朝鮮半島出身の将校もいた。憲兵隊員もいた。特攻隊員もいた。ニュースで観たがある陸軍将校はB29に体当たりして自らも戦死したが見事にB29を迎撃した。私は戦争には反対だが、この様に散った朝鮮半島出身者の存在に韓国のいう侵略という言葉に違和感を感じる。いったい何が真実なのか?

Aベストアンサー

韓国は大日本帝国の併合地で日本である。特別校撃退が、いても不思議ではない!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報