F-X 航空自衛隊次期主力戦闘機は、ユーロファイター・タイフーンしか無いんじゃないですか。

タイフーンしか無いんじゃないですか。消去法でいくと。

F-22>空自が一番欲しがっていたけど、オバマ大統領の生産中止決定で事実上消滅。
F-35>開発遅れが続く。いつになったら手にはいるのか全く予定がたたず。F-Xには間に合わない。
F-18>そもそも第四世代機。ステルス性ほとんど無しで、おまけに鈍重。空自の目的に合わない。
F-15SE>何をいまさらのF-15。完全な第四世代機。だいいちこのSEとかも実機が飛んでいない。
F-2増産>空自は3機種体制を取る方針とかで、それからいくと2機種になってしまうF-2はありえない。

ラファール、グリペン、さらにロシア機に至っては妄想のレベル。

となると、もう残ってるのはタイフーンだけでしょう。
これで決まり。後はいつ予算をつけるかだけじゃないんですか。

どう思います?

A 回答 (4件)

>でも現実的に入手できて、しかも最新鋭の機体は、もうこれしか残ってないのでは



とどのつまり、「最新鋭」というのは具体的にどのようなアドバンテージに繋がるのでしょうか?ってことなんですけどね。
タイフーンの特徴として
・ハードポイントがF-2やF/A-18と比べて多い(搭載重量は不明です)
・推力重量比が同世代機と比べても高い
といった部分がありますけど、反面
・ペイロードレンジが現有機と比べて短い
・機首が小さいため、F-15に比べてレーダーの性能が制限される
というのもあるわけです。
RFPが出ていないのでまだわかりませんが、仮に航空自衛隊が今後の戦闘機に要求するものが「大容量の兵器を搭載し、広い空域を担当できて、相手をできる限りアウトレンジできる機体」ならF-15系列の可能性が高いだろうし、それ以外の要求が優先されるならタイフーンが最も適している可能性があります。
(実際の要求はこんな定性的な言い方ではなく、もっとずっと具体的な数値やシチュエーションを挙げてきます)

ついでに言っとくと、実は質問者さんの挙げている機体の中で開発開始や初飛行が最も最近なのはF/A-18Eです。当然ながらエンジンやレーダーもF/A-18のほうが新しいです。
ステルス性についてですが、レーダーに捉えられないようにする技術ってのは機体形状や塗料に限らず色々あるようなのでちょっと分かりません。ただし、F/A-18は改修時にステルス性を意識した設計が行われているし、ユーロファイターは構想の時点(1980年代)では最新技術の実証機においてもステルス性なんて考慮されていないので、どちらが優れているかはかなり微妙です。
・EF-2000
開発開始:1986年(共同開発のための企業であるユーロファイターGmbHの設立を基準とした)
初飛行:1994年
・F/A-18E
開発開始:1992年(米海軍がF/A-18をベースとして開発することを決定した年度を基準とした)
初飛行:1996年

おまけで追加
・F-2
開発開始:1990年(開発チームの設置を基準とした)
初飛行:1995年
    • good
    • 1

こんにちは



先日の報道では
「最終的には、JSF(F-35)、ライノ(F/A-18)、EFの三機種に
候補が絞られた・・・」
とありました。

でも、このうち"現在完成しているのはライノだけ"
JSFはもちろんの事、EFも空自が欲しがるTranche 3(正確には
3B?)は、開発中。

空自がF-Xをいつから、どれくらい、必要とするのかが、依然と
して"もやもや"状態なので、断定は出来ませんが、もしも、数年
以内の調達を考えているのなら、必然的にライノしか選択肢は
あり得ないのですが・・・。

でも、その可能性は低いようですね。
何故なら空自は第5世代機しか眼中に無いから。
なので、導入時期のことはさておき、上記の3機種の中から選ぶ
となれば"F-35"

何故そんなに第5世代(ステルス機)にこだわるのかと言えば

空における戦いは「質を量でカバーできない」空自はこれまで
各時点で最高性能の戦闘機を調達してきた。
ステルスは対空戦闘能力と対地・対艦攻撃能力を発揮する上で
必須な機能。

空戦能力について見ると、これまではAAMの射程とレーダーの能力
が大きな要素だったが、今後はステルス性の要素が重要。
しかもそれはレーダー性能の向上で補うことは困難。

対地・対艦攻撃ミッションでも、敵の防空網を回避するのにステ
ルスは大きなアドバンテージ。

などと、林富士夫さん(元空将)が某誌のインタビューで答えて
いました。

まぁ"そりゃそうでしょう"なのですが・・・。

果たして、現在 我が国がおかれている状況で下、(機種の決定を)
こんなにも引っ張りまくって、いいものかどうか?
導入時にはそのアドバンテージがアドバンテージのままであり続け
ているのか?

などを考えると、ちょっと疑問ですね。

個人的には"日の丸EF"を見たいのですが・・・。(゜ペ)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たしかにそうです。タイフーンのアドバンテージは時間的にあまりない。いや、もうすでに無いのかもしれない。
しかし、実際に入手できる最新鋭戦闘機は、もうタイフーンだけというのも現実でしょう。

お礼日時:2010/08/02 21:39

EF-2000のF-Xとしての疑問点。


・AESAレーダーを搭載していない
タイフーンが搭載するのは従来型の機械走査式レーダーで、この点でF-2にはっきりと負けている。多数の機体への対処能力はAESAのほうが高いが、タイフーンでは未だに量産されていない。
・国産のミサイルとのインテグレーション
タイフーンの機種は写真で見るとF-2と同じかそれ以上に細く見えるが、日本独自の電子機器を追加できるのかという問題。他の何かを下せばいいという問題では無いため、結構重要(んなことしたらタイフーンの能力が低下する)
また、タイフーンは一部のミサイルを胴体への半埋め込み式で運用するが、この方式はミサイルのサイズによっては利用できなくなる。国産の対空ミサイルにはヨーロッパで使用しているものより一回りサイズが大きいものがあり、それが使用できるか不明。
もし機体側に改修が必要な場合は機体形状をいじくる必要があるが、そもそもそれは簡単にできるものなのか、という問題がある。
・ペイロードレンジ
対空や対艦などの装備を搭載した際にどれだけの距離を飛べるか、という量です。「フェリー航続距離」とは違うものであることに注意。
同じ装備で比べた場合、国土・領空があまり広くないこともあり、ヨーロッパ製の機体は伝統的にこれが短い傾向にあります。一方、アメリカ製の機体はペイロードレンジをヨーロッパに比べてずっと長くとられており、防空の範囲が広くて使える基地が少ない空自もペイロードレンジにかなりこだわる傾向があります。


そもそも、戦闘機選定で一番大事なのは「空自が戦闘機に対してどのような仕事を求めていて、そのためにはどのような性能が必要か」です。F-22を除きますが必要な性能が「航続距離とステルス性」ならF-35、「ひたすら高いレーダー性能が欲しいが加速性能などは重視しない」ならF/A-18、「とにかく大きなペイロードレンジ」ならF-15E系列。じゃあタイフーンが提供できるものって何よ?って話ですね。
F-2の場合は「対艦ミサイル4本抱えて三沢から宗谷海峡まで対艦攻撃に行って帰ってくる」という運用のために「大きなペイロードレンジ」が求められました(それ以外にも色々ありますが)。
こういったことに気をつけないといざ導入しても日本の防空の役に経たない可能性が出てきます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たしかにタイフーンは満足のいく機体ではない。それは認めます。
でも現実的に入手できて、しかも最新鋭の機体は、もうこれしか残ってないのでは。

お礼日時:2010/08/02 21:37

日本のFX選定では


その時点で、最強の制空もしくは邀撃戦闘機を選定している
それは国防上、少数で他国侵攻を洋上で迎撃する思想だから
キルレシオが1:3とかかなり能力上位の戦闘機で無いと破綻する

ユーロファイターは
マルチロール機だから
空対空だと、F-22レベルだと遅れをとる
ということにたぶん空自は耐えられないと思うな

私、たぶん、F-22を
輸入(ライセンス生産なしとかで)が一番可能性高いと思う
次は、F-2増産で途中をしのぐかな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

F-22の輸入ったって、もう生産中止でしょう。
日本のためだけに生産継続? いくらなんでもそれはないのでは。

お礼日時:2010/08/02 21:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q秋田県男鹿の航空自衛隊

先日、男鹿をドライブしていたときの話です。

案内板があり、「男鹿航空自衛隊」とありました。

私は秋田県人(生まれは違いますが)ですが、男鹿に航空自衛隊があるのは初耳でした。

秋田空港近くに救難隊があるのは知ってますが・・・

男鹿の自衛隊は「←男鹿航空自衛隊」とあったのですが、矢印の方へ行けば普通に山の中でした。

こんな山の中に本当にあるのかと、友達と話しながらドライブしてました。

レーダーサイトみたいなところなんでしょうか?

飛行機が離発着したところを見たことが無いので・・・

Aベストアンサー

男鹿半島の真ん中の国有地内に賀茂という基地があり、第33警戒隊となっています。

たぶん、レーダーサイト、あるいは航空管制設備の一部、無人の機械設備ではないでしょうか。防衛省航空自衛隊の部隊一覧にも住所が載っていますので、間違いなく防衛省、航空自衛隊管轄の設備です。空港ではありません。

Q航空自衛隊の次期主力戦闘機

アメリカ空軍のF22をいずれ採用するの?いままでのながれからいけばそうなるけど、ものすごいお金かかる戦闘機です。いまの日本の仮想敵国は北朝鮮。なら必要なし。中国まで考慮すればありえるかもしれないけど。F2支援戦闘機について。本当はF16改みたいな戦闘爆撃機でなく、日本オリジナルのF15の後継機を造りたかったけど、アメリカに邪魔されたというのは本当?
詳しい方、回答を。

Aベストアンサー

F2の開発経緯に関して回答します。
日本オリジナルのF15の口径といっておられますが、性格には戦後初の国産機となったF1の後継機として完全にオリジナル(機体からエンジンからディテールまで全て)で開発していく予定でした。
それにアメリカが無理やり横槍を入れてきて、共同開発(F16をベースにすることを強制)を押し付けてきました。
理由は二つあると思われます。アメリカが横槍を入れ始めたのは86年ごろです。当時日米貿易摩擦はすさまじく、日本の貿易黒字は天文学的数字になっていました。
F2だけでなくこの当時から軍事関連のアメリカからの輸入は貿易摩擦の解消に一役も二役も買っていましたから、日本政府としてはFSXをいけにえに差し出したということです。
二つめはなにも知らないアメリカの議員が日本の航空産業に脅威を感じたということがあげられると思います。
このことは開発途中で「日本に先端技術を渡すな」、「操縦システムのソースコードを渡すな」と議会が反対してきたことから明らかであると思われます。
自分で無理やり共同開発を強制しておきながらめちゃくちゃなことを言いますよね。
おかげでわが国は独自にソースコードを開発しなければならず、開発コストはさらに上昇しました。
もともと安価なF16をベースにしたにもかかわらずF2の調達価格は一機120億円、世界で一番高い戦闘機となってしまいました。
さらにさらにF16のノウハウ提供のお礼として主翼のカーボンファイバー、アクティブフェイズドアレイレーダーなど日本の先端技術は全部アメリカに無料で供与させられました。
F2に技術を吸収したF16の製造元のロッキード・マーチン社はちゃっかりF16の改良型ブロック60を開発しました。これでは我々の税金でブロック60祖開発したようなものですね。
私はこのF2の開発経緯こそ、わが国がアメリカに頭が上がらない(ポチ?)ことを如実にあらわしているいい例だと思います。
安く次期支援戦闘機を導入するなら回答者の方がおっしゃっているとおりF15に対地戦闘能力を持たせたFー15Eストライクイーグルを導入するなり、これに近いものど独自開発するなり(F15はすでに図面も生産設備も整っているので)するのがベストでしょう。部品も訓練もかなり共通のものがあるはずです。
まったく何を考えているのでしょうねぇ。

F2の開発経緯に関して回答します。
日本オリジナルのF15の口径といっておられますが、性格には戦後初の国産機となったF1の後継機として完全にオリジナル(機体からエンジンからディテールまで全て)で開発していく予定でした。
それにアメリカが無理やり横槍を入れてきて、共同開発(F16をベースにすることを強制)を押し付けてきました。
理由は二つあると思われます。アメリカが横槍を入れ始めたのは86年ごろです。当時日米貿易摩擦はすさまじく、日本の貿易黒字は天文学的数字になっていました。
...続きを読む

Q航空自衛隊機について教えてください

航空自衛隊機について教えてください

航空自衛隊に納入されているロッキード社製の航空機の機種名を教えてください
年代は問いませんので、航空自衛隊発足時からの機種をお願いします。

もし参考になるhpご存知でしたらアドレスもよろしくお願いします

Aベストアンサー

現用の機体としてはC130Hハーキュリーズ輸送機、
過去の機体としてはF104Jスターファイター戦闘機、
T33A T-バード練習機あたりでしょうか。
海上自衛隊ならP2V、P3C対潜哨戒機。

それぞれの形式名で検索すれば、写真等が載ったページが
たくさん出てくると思います。

Q日本の次期主力戦闘機

日本はF-22の導入ににこだわっているようですが、F-35ではいけないのでしょうか?両機の違いについて教えて下さい。また国内開発という可能性はないのでしょうか?

Aベストアンサー

F35でいけないということではありませんよ。
F22が導入不可なら、次善の機体はステルス性を重視してF35でしょから。

・F22 : 制空戦闘機(空中戦主目的)・超高性能・抜群のステルス性(小鳥が飛んでるくらいにしかレーダーに映らない)・スーパークルージング(鈍足赤外線ミサイルが追いつけない)・高額
・F35 : 多目的戦闘機 (マルチロール機)

詳しいことはネットで調べれば分かるよ。

F22は世界の第五世代戦闘機の中でも、圧倒的に他を引き離しての最優秀機。
特筆すべきなのは、その信じがたいほどの空中戦能力。旧型機との模擬対戦成績は200対1とも300対2とも言われる。旧型機でF22を模擬対戦で撃墜するケースがゴクマレに発生するが、撃墜したパイロットは英雄扱いですがな。
F22は制空戦闘機としては現在向かうところ敵無し。

自衛隊がF22を欲しがっているのは、この圧倒的な空中戦闘能力の為。旧型機の数機に囲まれても無問題。

自衛隊は先に手を出せない。敵が攻撃してくるまで戦闘行為に入れない。(日本の馬鹿な武器使用規制の為)
だから、日本には圧倒的に高性能な戦闘機が必要。高性能な機体で敵を圧倒し 「後手に回っても」 任務遂行しなければならない。
これまでは周辺諸国と比較して高性能戦闘機を保有していたので、自衛隊も日本の空を守れが、次第に周辺国の戦闘機の能力が向上し、今では自衛隊機と変わらないほどになり、仮想敵国のその保有数も増えてきた。(この場合の仮想敵国は、中国・韓国・ロシア・台湾)

なので、自衛隊には更なる高性能機が必要になった。或いは武器使用制限を撤廃するか、攻撃目的専用の機体を大量配備するか、しなければならない。
とりあえず自衛隊自身としては、高性能機を入手するしかない。だからF22。

ちなみに日本の空想的防衛思想は広く世界に知れ渡っていて、領空侵犯機も要撃に向かった自衛隊機を調子に乗ってよくからかうそうです。何をしても実際に攻撃しなければ自衛隊側が全く手を出さないと分かってるので。
これじゃ要撃に行った効果も半減するし、本気の戦闘目的で敵来襲しているのなら、敵と同等の機体では自衛隊側に勝ち目はない。


ま、ですが、F22は制空戦闘を主目的とするため、全機がF22になってもマズイので、その意味で多目的戦闘機であるF35の意味も大きい。(航続距離も短かめなので、航続距離短縮の日本特殊改造を施さなくともそのまま導入できるしwww)
そもそも自衛隊の戦闘機配備計画は、これからはマルチロール機主体にすべし、となっていたはずだが、あまりにF22が凄まじ過ぎるので…最低でもF22を20機程度は保有しておきたい…んだって。


戦闘機の国産化ですが、昔もその話があって、当初はオール国産で戦闘機の自主開発をしようとしていたこともあった。
だが、一部自民党の議員さんの妄想的な対米追従思想による自主的規制の為に、米国技術の大幅導入による共同開発を余儀なくされてしまった。(F2)
んで、いつものように米国側のグチャラグチャラがあって、国産開発もメタメタにされてしまったわけですが。

今は「心神」というコードネームのステルス航空機を国産試作中ですね。
この主目的は、戦闘機技術の育成なんだろうが、とりあえずの現実目的はステルス機を実際に飛ばしてみて、レーダーに映して見て、レーダー捕捉技術を向上させる…という目的か。
なにしろ日本には第5世代ステルス戦闘機がないので。自分で実験できない。だから模型で実験、と。
だが心神は上手くいけば、国産ジェットエンジンさえなんとか開発できれば、何とかなりそうですね。15年後くらいには。

再び日本の空にゼロ戦を飛ばしたい…その情熱の為、採算度外視で戦闘機製造に精魂傾ける某社がなかったら、どもならん。


と。何か米国に、またもやグタラグタラにされている感も無きにしも非ず。
アーダコーダされているうちに、日本の航空戦力は漸次低減して行くのかな。米中友好の影響ですかね…

F35でいけないということではありませんよ。
F22が導入不可なら、次善の機体はステルス性を重視してF35でしょから。

・F22 : 制空戦闘機(空中戦主目的)・超高性能・抜群のステルス性(小鳥が飛んでるくらいにしかレーダーに映らない)・スーパークルージング(鈍足赤外線ミサイルが追いつけない)・高額
・F35 : 多目的戦闘機 (マルチロール機)

詳しいことはネットで調べれば分かるよ。

F22は世界の第五世代戦闘機の中でも、圧倒的に他を引き離しての最優秀機。
特筆すべきなのは、その信じがた...続きを読む

Q航空自衛隊浜松基地の航空ショーの日程がないです

航空自衛隊のブルーインパルスと航空ショーのスケジュールが発表されたのですが気になることがありました、なぜか航空自衛隊浜松基地の航空ショーがないのですが今年は開催されないのですか。別に浜松基地でイベントが開催されるのでやらないのですか、事情を知っている人教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

http://www.mod.go.jp/asdf/hamamatsu/index.htm

確かに飛行ショーの文字がなく、
【飛行展示予定】T-4、E-767、F-15J、F-2A、U-125A、UH-60J、MU-2、V-107、ブルーインパルスだけです。
上記は
航空自衛隊 浜松基地【公式サイト】です。
ここにメールして聞かれてはいかがですか。

Q海上自衛隊潜水艦隊の戦闘能力について

現代の海上海中戦闘にて自衛隊の方は結局は魚雷攻撃しか策は無いのでしょうか?
トマホークも発射出来る様だけどどうなんでしょう?

性能で言うとうんりゅうとそうりゅう型でしたっけ、とても無音潜航が得意のようで
まぁ、日本の全ディーゼル艦は非常に隠密行動に優れていると聞きますが、いかがですか?
もう知能持った魚雷もあるそうですが。

自らの判断で目標物の真下にもぐりこみタイミング良く自爆すると、専門用語は知りませんが。
それって本当なのでしょうかね?

今の戦争って先に打った方が勝ちみたいなところありますでしょう?
回避工作の(デコイ)面でもそんな単純に回避に引っかかりますかね、今は人工知能入ってるんじゃないでしょうかね対中国自体も・・・その点是非とも軍事に詳しい方または軍事評論家の方でも
是非とも御教えして頂けないでしょうか?

宜しくお願い致します。m(__)m

http://www.youtube.com/watch?v=5713ozMeyao

Aベストアンサー

>現代の海上海中戦闘にて自衛隊の方は結局は魚雷攻撃しか策は無いのでしょうか?トマホークも発射出来る様だけどどうなんでしょう?
 ⇒魚雷+ハープーンが主な攻撃手段ですね。

>日本の全ディーゼル艦は非常に隠密行動に優れていると聞きますが、いかがですか?
 ⇒静音性では世界最高レベルとの評価が定着しているようです。

>知能持った魚雷もあるそうですが。
 ⇒現用の潜水艦用の魚雷は89式長魚雷だと思いますが、知能とまでいえるかどうか。

>自らの判断で目標物の真下にもぐりこみタイミング良く自爆すると、専門用語は知りませんが。
それって本当なのでしょうかね?
 ⇒艦底起爆式といって、かなり古くからある考え方です。炸薬の爆発威力そのものよりも、それによって発生するバブルパルスの力を応用して船体を「へし折る」方法です。

>今の戦争って先に打った方が勝ちみたいなところありますでしょう?
 ⇒先手が有利なことは間違いないですが、他の方もおっしゃるようにまずは「見つける」ことですね。

>回避工作の(デコイ)面でもそんな単純に回避に引っかかりますかね、今は人工知能入ってるんじゃないでしょうかね対中国自体も
 ⇒このあたりはいたちごっこ。中国は他の国の開発した技術を上手に取り入れる(パクる、ともいいます)ことに長けているようですので、有利ですかね。

>現代の海上海中戦闘にて自衛隊の方は結局は魚雷攻撃しか策は無いのでしょうか?トマホークも発射出来る様だけどどうなんでしょう?
 ⇒魚雷+ハープーンが主な攻撃手段ですね。

>日本の全ディーゼル艦は非常に隠密行動に優れていると聞きますが、いかがですか?
 ⇒静音性では世界最高レベルとの評価が定着しているようです。

>知能持った魚雷もあるそうですが。
 ⇒現用の潜水艦用の魚雷は89式長魚雷だと思いますが、知能とまでいえるかどうか。

>自らの判断で目標物の真下にもぐりこみタイミング良く自爆...続きを読む

Q航空自衛隊のできた背景

戦前の陸軍と海軍はそれぞれ陸上自衛隊と海上自衛隊に変わりましたが、航空自衛隊はどんな部隊をベースに設立されたんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

帝国陸海軍と陸上・海上自衛隊の間に組織としての連続性はありません。しかし、陸上自衛隊の前身である警察予備隊(後に保安隊)の隊員の多くは帝国陸軍の、海上自衛隊の前身である海上警備隊(後に警備隊)の隊員の多くは帝国海軍の出身者でした。短期間で新しい軍事組織を立ち上げるためには、経験者を採用する必要があったのです。

本題です。

航空自衛隊は、警察予備隊などの前身から発展した陸上・海上自衛隊と異なり、全く新しい組織として防衛庁(自衛隊)発足時にゼロからスタートしました。隊員は新規募集隊員と保安隊・警備隊からの転属者の混成であり、重要なポストは保安隊からの転属者で占められていたようです。

なお、航空自衛隊が陸上・海上自衛隊と並ぶ独立した組織として発足したのは、航空戦力の帰属をめぐる陸・海軍出身者の激烈な政治闘争の結果です。
当時、陸軍関係者の多くは陸・海軍の対立が国を滅ぼす要因となったことの反省から、陸・海・空を一元化した統合軍編成の必要性を主張していました。
これに対して海軍関係者は、数において圧倒的に優勢な陸軍関係者の思惑どおりにことが進むことをおそれ、航空戦力の陸・海分属を断固主張して譲りませんでした。国益よりも組織防衛を優先したのです。頑迷固陋な海軍の面目躍如たるものがありますね。

綱引の結果は、政治力に勝る海軍の勝利でした。海軍は、陸・海・空の統合に反対して自ら必要とする航空戦力を分属させるとともに、陸・空の統合にも反対してヘリコプターを除く航空戦力の主力を航空自衛隊として独立させることに成功したのです。

今、陸・海・空自衛隊の統合の必要性が再び強調されるようになりました。軍事的にも経済的にも望ましい統合論ですが、おそらく、海上自衛隊の反対で骨抜きになるでしょう。頑迷固陋・唯我独尊が信条ですから。

帝国陸海軍と陸上・海上自衛隊の間に組織としての連続性はありません。しかし、陸上自衛隊の前身である警察予備隊(後に保安隊)の隊員の多くは帝国陸軍の、海上自衛隊の前身である海上警備隊(後に警備隊)の隊員の多くは帝国海軍の出身者でした。短期間で新しい軍事組織を立ち上げるためには、経験者を採用する必要があったのです。

本題です。

航空自衛隊は、警察予備隊などの前身から発展した陸上・海上自衛隊と異なり、全く新しい組織として防衛庁(自衛隊)発足時にゼロからスタートしました。隊員は...続きを読む

Q【自衛隊】3万人の自衛隊員に心の病。って自衛隊員になる時点で心に何らかの問題があるのでは?心に病

【自衛隊】3万人の自衛隊員に心の病。って自衛隊員になる時点で心に何らかの問題があるのでは?

心に病がなければ自衛隊員なんかにならないよね。

防衛大とかではなく、高卒公募とか末端兵の話ね。

Aベストアンサー

心の病の隊員は自衛隊に一人もいません。
早く憲法改正してイスラム国と戦いたいと自衛官は皆言っています。

Q陸上、海上、航空自衛隊、もし入隊するとしたら?

陸上自衛隊
海上自衛隊
航空自衛隊

もし入隊するとしたら、どこに行きたいですか?
その理由も教えて下さい。

もちろん女性の方にも門戸は開かれていますから、どうぞ。

Aベストアンサー

私的には

航空自衛隊>海上自衛隊>陸上自衛隊

です。

航空自衛隊ならやはりファイターパイロット。
時期FXのF-22(ホントはラプターがいいのですが)で日本の空を守りたいです。

「スクランブル!!!まわせ~」と。

海上自衛隊ならやはり「イージス艦乗り」ですね。
それも「砲雷長」です。CICでイージスシステムを指揮して日本の海を守りたいです。

「右対空戦闘~CIC指示の下、打ち~方始めぇ~」なんて。

一番入隊したくないのは陸上自衛隊です。
やはり「歩兵」は自分には出来ません。体力が無さ過ぎです。

最悪どうしても入隊するのなら「普通科連隊」ではなく「戦車連隊」で最新式の10式戦車に乗りたいかなぁと。

これじゃ単なる「乗り物好き」ですね。
と、言う事は私には自衛隊に入る資格も能力も覚悟も無いという事です。

Q次期戦闘機 FX計画 F-22以外に

F22戦闘機は247億円 米議員、輸出解禁に期待
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090606-00000127-san-pol
次期戦闘機の予算見送りへ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090607-00000126-yom-pol

こんな実戦経験もデーターもなく、なおかつアメリカでさえ格落ちした
戦闘機を日本がおめおめと米国のどうしようもない算出法で1億ドルも
上乗せして購入しようとしないといけないのでしょうか?ぼったくり。
それもなおかつ、ほしい意欲を見せているのに技術漏洩を恐れて出し渋り
してる時点で舐めてると思います。(これを理由に値段を吊り上げる)
民間の商売ではまずありえないことだと思います。みんなの税金で購入する分、もうすこし考えてほしいです。米国製じゃなくてもほかに買う機種はないんでしょうか?ロシアの戦闘機とかよさそうなのがあるとおもうんですが、(Su-27とかSu-47とか)自国で今、作ってる心神とかじゃだめなんでしょうか?国家間でのやりとりだからといってもマジでこの利不屈な商売はやめてほしいです。F-4の後継機ならF-2増産でも十分な気もします。F-2の件でも米国は邪魔しかしてないように見えます。
いや本当にほかの戦闘機ないんでしょうか?

F22戦闘機は247億円 米議員、輸出解禁に期待
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090606-00000127-san-pol
次期戦闘機の予算見送りへ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090607-00000126-yom-pol

こんな実戦経験もデーターもなく、なおかつアメリカでさえ格落ちした
戦闘機を日本がおめおめと米国のどうしようもない算出法で1億ドルも
上乗せして購入しようとしないといけないのでしょうか?ぼったくり。
それもなおかつ、ほしい意欲を見せているのに技術漏洩を恐れて出し渋り
してる時点...続きを読む

Aベストアンサー

>ロシアはグルジアなど結構実戦経験豊富ですよ。
 グルジアって亜音速のSu-25攻撃機を少数しか持っていない相手なんですが…。
 ロシアの戦闘機2機が爆撃に参加という事がニュースに成る様な規模でしたが…。

>キルレシオ10:1
>そもそもこれを評価するべきかどうか疑問です。
>これでは中身のパイロットもトップガンレベルじゃないといけませんね。
 数千人もいる米空軍パイロットの中から選りすぐられた百数十人にしか操縦する事が出来ない機体ですが…。

 それに、トップガンの教官に相当する米空軍のアグレッサー部隊がF-16を使って300回もの模擬戦闘出撃を行っても、ついに一度もミサイルの射程内に捉えられなかったなんて話は有名だと思いますが…。

 「F-22はなぜ最強といわれるのか ステルス、スーパークルーズなど最新鋭戦闘機に使われるテクノロジーの秘密に迫る 」と言う本では
   >144対0、241対2。この数字は2006年にアメリカで行われたF‐15、F‐16、F‐18とF‐22の模擬空中戦の撃墜数である。
   http://www.amazon.co.jp/F-22%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E6%9C%80%E5%BC%B7%E3%81%A8%E3%81%84%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%80%81%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%AA%E3%81%A9%E6%9C%80%E6%96%B0%E9%8B%AD%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F%E3%81%AB%E4%BD%BF%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%81%AE%E7%A7%98%E5%AF%86%E3%81%AB%E8%BF%AB%E3%82%8B-%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E9%9D%92%E6%9C%A8-%E8%AC%99%E7%9F%A5/dp/4797349883

 F-15なんて実戦で一度も撃墜された事が無いと言われる、名機だったりするのですが…。

 ステルスの効果って、相手のミサイルに撃墜される危険は殆ど無くし、相手がレーダに映ったらミサイルを発射する為、口さがない人は、離着陸が出来る程度の技量が有れば誰でも上述の戦果が出せるなんて…。

 あと、前回書き忘れたのですが、安い機体を買うと10数年後位にまた数兆円かけて新鋭機買う事になりますよ…。
 (主要な国はF-35やロシアの新鋭機など装備し始めているでしょうし…。ドレッドノート以前の戦艦と同様の道を辿る事に成りそうです。)

 F-15の時は当時の最新機種(当時も質問者さんと同じ事を言う人がいたそうです。しかも当時は今みたいな経済大国では有りませんでした。)を買っておいたので、大過なく30年近く運用し、さらにまだ20年位は使い倒す予定です。
 (安物買いの銭失いには成りたくない物です。)

 あと、F-22の生産ラインは、米国以外に購入計画が成立しなければ近いうちに生産終了(生産ラインの維持にだって膨大な費用が必要です)します。
 (F-15の更新時にF-22を購入すると言うのは恐らく無理です。)

 買えるもんなら買って置くのが一番賢い選択でしょう。
 (運用して不具合が有るなら、それこそ心神の拡大発展版[10~20年の時間の余裕が有れば、エンジン技術もかなり追いつくでしょう]にそれを反映すべきでしょう。購入予定機数は多くないのですし…。米国しか知らないステルス機の弱点なんて、今後の日本の航空技術発展の為に是非とも欲しい情報です。)

>ロシアはグルジアなど結構実戦経験豊富ですよ。
 グルジアって亜音速のSu-25攻撃機を少数しか持っていない相手なんですが…。
 ロシアの戦闘機2機が爆撃に参加という事がニュースに成る様な規模でしたが…。

>キルレシオ10:1
>そもそもこれを評価するべきかどうか疑問です。
>これでは中身のパイロットもトップガンレベルじゃないといけませんね。
 数千人もいる米空軍パイロットの中から選りすぐられた百数十人にしか操縦する事が出来ない機体ですが…。

 それに、トップガンの教官に相当する米...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報