大学で薬学を専攻する学生です。
東洋医学に興味があり、漢方薬の診断、処方について学びたいと思っているのですが、どのような方法で勉強するのが最適なのでしょうか?
また、実際に漢方治療で応用するためには、医師免許も持っていたほうがいいのでしょうか?

よろしかったらお聞かせください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。

我々のサークルでは、漢方薬の利用法、漢方診察法、鍼灸などを
勉強しています。週1回の勉強会と月1回の実習をやっています。以下の住所まで
郵便で連絡いただければ、ご連絡します。

千葉市中央区亥鼻1-8-1 千葉大学医学部東洋医学研究会

この回答への補足

「回答」に対する補足です。
申し訳ありません。昨日一晩考えてみたのですが、やはり場所が遠すぎるため、週一回の勉強会に今すぐ参加するのは無理なようです。内容そのものはとても興味があるのですが、大学の勉強のほうも疎かにはできないので・・・
勉強会への参加は、薬剤師としての資格を取って、自分でも勉強して東洋医学の基礎知識を身に付けた上でまた考えたいと思います。
しかし、そういう場があるということを知れてよかったです。
ありがとうございました。

補足日時:2001/04/08 09:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

内容にとても興味があるので、後ほど質問も兼ねて是非連絡したいと思います。
その際はよろしくお願いします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/08 01:27

漢方薬に関しては、薬剤師の免許があればいいのですが、私は、大学の薬学部に勉強に行つております、尚、私の子供達、3人共薬剤師です、私は、社会保険労務士ですが、漢方薬の開発をしております。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/08 22:24

日本では治療は医師にしかできないことになっています。

じっさいに診断して漢方薬を処方するのでしたら、医師免許が必要です。医師免許がありませんと、医師の処方どおりの調剤や客の求めに応じた調剤しかできません。
 東洋医学は日本では、冷遇されており、東洋医学がわからなくても、医者になることができます。このため、東洋医学そのものを迷信扱いする医師もいます。勉強方法としては、鍼灸師や柔道整体師向けの学校や台湾、中国への留学もありますが、実際的なものとしては、薬剤師の研修制度や製薬会社への就職で社内で行われているものがあります。
 

参考URL:http://www.jpec.or.jp/contents/c03/top6.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。参考にさせていただきたいと思います。

お礼日時:2001/04/08 01:38

こんにちは。

僕は某国立大学医学部の東洋医学研究会の代表をしています。
大学の講義では、東洋医学は教えられないので、OBの先生をお招きして
勉強会を開いています。
失礼ですが、どちらの大学に通われていますか? もし、うちの大学に近いのでしたら大歓迎です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お誘いありがとうございます☆キャンパスは東京都内にあります。

内容が高度なものであれば話についていけない可能性があります。どんなことを勉強しているのか、どのくらいの頻度なのかを簡単に教えていただければ幸いです。
また、基礎知識を固める上で参考になる書物、雑誌などの中で、お勧めのものがあれば是非教えてください。よろしくお願いします。

お礼日時:2001/04/08 00:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東洋医学について

東洋医学が大変気になります。
学ぶためには本を読むことが一番早いとおもいますが
いきなり難しいのを読んでも頭に入ってこないと思うので
わかりやすい著書などありますでしょうか?

根本的に東洋医学を学ぶ為にはどのようなことから
始めるのが良いでしょうか?(まずは独学)

Aベストアンサー

東洋医学は富山大学和漢診療科が日本では権威かと。
http://www.med.u-toyama.ac.jp/wakan/index.html
(さすがは薬売りの富山)
北里大学でも東洋医学講座が存在しています。

http://www.mmjp.or.jp/kampo-medicine/
この法人にかかわる出版物も根本を学ぶのに役立つでしょう。

いきなり難しいのを読んでも・・・ということだと、
雑誌で特集が組まれている時に買うのが入り口として一番敷居が低いかと思います。
女性誌「クロワッサン」がここ数年、年1回は導入にふさわしい特集を組んでいますので、バックナンバーを探してみてはどうでしょうか。

本でなくてもよいのなら、
http://www.mmjp.or.jp/kampo-medicine/sub4.htm
こちらのページでさわりをご覧ください。

Q東洋医学科での治療について

 私は、アトピーと膵炎を患っていて、今度某病院(個人医ではなく大きい病院です)東洋医学科で治療を受けたいと思ってます。

 実際に病院の東洋医学科で治療を受けている方のお話しが聞きたいです。できれば同じ病気の方だと嬉しいです。

 ちなみに私は東京都北区にある病院の東洋医学科に行く予定です。(一応直接の名前を出すのは差し支えさせて頂きます。)どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ病気ではないのですが、私も東洋医学科に行きました。
私はにきびがあまりにも酷かったので。
行った病院も大阪の某大学病院ですから、同じ所でないのは確実ですが、感想を書かせてもらいますね。

私としては、行って良かったと思ってます。
色々な東洋医学以外の科に行っても、良いと言われてることを実行してみても何年も改善されず、困ってました。
そこで、藁にもすがる思いで行ったのですが、原因はホルモンのバランスが崩れていることがわかり、体質を改善しようということになりました。
にきびだけでなく、便秘や生理痛なども改善されると聞き、漢方薬を飲み続けました。
半年もした頃にはびっくりするぐらい体質が確かに変わったのです。
それから5年以上経ちますが薬を飲んでなくても元に戻ることはありません。
今、仕事柄肩凝りが酷いので又別の病院ですが(前のところは遠かったので)東洋医学をされてる病院でツボ刺激をしてもらってます。
そこは気孔などもされてますが、どうしようもなかった頭痛が数回治療してもらうと治りました。

信じない人も多いですが、必ず通院した人は信者になったように(変な言い方ですが(^_^;)はまってます。

私的にはお勧めですね。

同じ病気ではないのですが、私も東洋医学科に行きました。
私はにきびがあまりにも酷かったので。
行った病院も大阪の某大学病院ですから、同じ所でないのは確実ですが、感想を書かせてもらいますね。

私としては、行って良かったと思ってます。
色々な東洋医学以外の科に行っても、良いと言われてることを実行してみても何年も改善されず、困ってました。
そこで、藁にもすがる思いで行ったのですが、原因はホルモンのバランスが崩れていることがわかり、体質を改善しようということになりました。
にき...続きを読む

Q東洋医学に関する仕事をしたい

医師の免許も何も持っていませんが、東洋医学や薬膳に興味があります。そうした事に触れながら出来るお仕事はないでしょうか?

Aベストアンサー

本気で仕事としてやりたいのであれば、最低でも準看護師くらいの知識を得てから検討してください。鍼灸師も東洋医学的なことを教えてくれる学校がまだあるかもしれないので、それでも良いかもしれません。もっとも昨今は国家試験の予備校化しているらしいですが。
なんの資格も無しに、漠然とした希望という程度のものならば諦めた方が貴方のためでもあり他人の迷惑にもなりません。

東洋医学を標榜して、きちんとした下地が無いままに怪しげな知識を正しいと思い込んで出鱈目をやっているところが多いです。
「自分は正しいと思い込んで間違いを広める」ようなことはやってはなりません。

Q鍼灸師は漢方薬を処方できますか?

最近、鍼灸院で鍼灸だけでなく漢方薬を処方して治療している治療院を見つけました。鍼灸師の先生は、薬剤師の資格は持っていないようです。
これって・・・違法じゃないのかと思い、頭から離れません。
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

医師で無ければ処方は出来ません.
薬剤師でも処方はで来ません. 市販の薬を薬局で扱う事が出来るだけです.
医学博士鍼灸師でも医学博士号を持たない普通の鍼灸師でも西洋薬は勿論、漢方薬に至るまで薬の類は一切取り扱うことが出来ません。
サプリでも効能・効果をうたえば違反となります.
病院に問い合わせるか,保健所に連絡します.

Qいわゆる東洋医学というものに懐疑的です。

いわゆる東洋医学というものに懐疑的です。
以下質問です。
1.針で突くと肩こりが治ったり、人を死に至らしめるツボというのは本当にあるのでしょうか?
2.サイの角が病気に効くというのは本当なのでしょうか?
以上二つ科学的に証明されているのでしょうか?あるいは迷信ですか。
3.物理でも農業でも西洋、東洋の区分はありません。医学のみ西洋だ東洋だと言っているのはなぜですか?

Aベストアンサー

アメリカ在住です。A03さんの意見が私の意見とにているので、補足として、意見をのべます。

現在アメリカでは日本で言われる西洋医学をもう1度見直そうという人たちがふえています。
というのも、あまりにも早く、短期にその症状だけをなおそうとするあまり、症状Aを直すために症状Bがあらわれ、その症状Bを直すために、また、新たな薬の投与がおこなわれる。

これが普通のことのように、行われ2-30年前より、それらに疑いを持った人達が、東洋医学に目をむけだしました。
東洋医学も徐々に研究、科学的な論文が出されるようになりましたが、まだ、歴史的に西洋での知名度がひくいため、研究結果として、発表に至らない研究もあります。

ただ、科学というものはまだ、人間の歴史ではとても短い開発、発見しかなく、つい10年まえに科学的証拠がないというものも、今は科学的に立証されている常識のこともあり、すべてをその時点での科学的に立証にすぎません。ですから”これは科学的な証拠”とうのは現時点2010年においての”科学的な”といわなければただしくありません。というのも明日はまた、別のその証拠を揺るがす結果がでてくることもあるからです。

今、アメリカでの薬剤による治療の問題点は、人間の気持ちを無視した治療です。
それまで、日本で言う東洋医学、針マッサージ等を含めた、処方は単なる擬似的な治療とされていましたが、心電図、脳の働きを詳しく探っていく上で、これらの効果を立証し、治療にアメリカでは保険が利くようになりました。

まだまだ、色々な研究結果に時間がかかりますが、
東洋医学はその症状が出てきた本来の原因からさかのぼって治療するため、時間がかかります。

事故はちがいますが、色々な病気が現れるにいたって、常にその人がたどってきた衣食住が関係あります。
これが今、アメリカでは気にかけるようになり、東洋に色々な情報を求めるようになりました。

参考までに。

アメリカ在住です。A03さんの意見が私の意見とにているので、補足として、意見をのべます。

現在アメリカでは日本で言われる西洋医学をもう1度見直そうという人たちがふえています。
というのも、あまりにも早く、短期にその症状だけをなおそうとするあまり、症状Aを直すために症状Bがあらわれ、その症状Bを直すために、また、新たな薬の投与がおこなわれる。

これが普通のことのように、行われ2-30年前より、それらに疑いを持った人達が、東洋医学に目をむけだしました。
東洋医学も徐々に研究、科学的な論文...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報