人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

近所の川で取ってきたエビ(ヌマエビ?)の孵化についての質問です。
エビが抱卵していたので、かえるのを楽しみに待っていましたが、
抱卵後10日くらいで、卵の色が黒から茶色になり、2~3日後コケみたいになって、何もなくなってしまいました。
いろんなサイトを検索してみたらヌマエビは、海水でないと卵がかえらないと書いてあり、そのせいかとも思いました。
でも、家の水槽では(普通の水道水)、先日も、捕まえてきたエビが抱卵していて、しばらくすると、40匹余りの赤ちゃんエビがいて、それも、スクスク成長しています。
以前にも、抱卵していることがあり、いつの間にか、赤ちゃんエビになっていたり、コケのようになってだめだったりしたことが、何度かあります。
今回、孵らなかった原因を三つ考えました。
1.家でも孵ったエビは、もともと川で抱卵していたもので、失敗したエビは、家の水槽で抱卵したエビなのではないか。
2.抱卵してから、水槽の水かえをしたからではないか。
3.連日の猛暑で、留守中の家の中の気温が35℃を超えることもあり、水温が高くなりすぎたのではないか。

なのですが、そもそも海水でないと孵らないという点から違っており、何か違うエビなのかとも思うのですが・・・。

家のエビが、ヌマエビなのか。
それなら、どうして海水でなくても孵ったのか。
ヌマエビでないなら、孵るのと孵らないのとある原因は何なのか。
どなたか、詳しい方、よろしくお願いします。

「近所の川で取ってきたエビ(ヌマエビ?)の」の質問画像

A 回答 (2件)

ヌマエビと言っても種類毎に違いがあります。



>ヌマエビは、海水でないと卵がかえらない
これはヤマトヌマエビのことでしょう

>40匹余りの赤ちゃんエビが
これはミナミヌマエビのことでしょう
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
『ミナミヌマエビ』だったのですね。
『ミナミヌマエビ』で検索して、不思議に思っていたことや合点がいかなかった事が、解決しました。
次に抱卵した時には、『ミナミヌマエビ』として観察してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/02 15:05

 エビに関しては詳しい訳ではありませんが、その水槽には同種の雄エビも一緒に飼っておられたのでしょうか。


 もし、卵を産んだ時(産卵直前の脱皮時)に雄が居なければ、卵は受精しませんから、孵化する筈がありませんが、その辺りは問題ないのでしょうか。

【参考URL】
 ヌマエビ類の交雑について
  http://ecoplants.at.infoseek.co.jp/column/kouzat …

この回答への補足

川で捕ってきたエビで、雌雄の別が分からなくて、申し訳ありません。
ただ、抱卵の直前に、エビがいつになくとても暴れまわっていたのですが、そういう時期だったんでしょうか。だとすれば、受精はしているかもしれません。

補足日時:2010/08/02 14:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうごさいます。
何分、勉強不足で、すみません。

お礼日時:2010/08/02 14:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q川エビの飼い方

こんにちは!

川エビというんでしょうか、1~3センチくらいの透明なエビを池から取ってきたのですが(ええ、田舎ですとも!)飼い方がわかりません。

餌は何を食べるのでしょうか?
金魚(まだチビ)の水槽に入れても大丈夫でしょうか?

お休みのところ恐れ入りますが、ご存知の方、どうかご教示ください。よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

 スジエビ、ヌマエビ 両方の可能性があると思います。スジエビであれば、肉食性が強いので、金魚を攻撃してヒレが切れる可能性があります。(サイズ次第ですが)逆に、金魚がサイズアップした場合、エビは餌とみなされる可能性が十分あります。
 混泳させるのでしたら、植木鉢の破片とか流木などでエビの隠れ家を作る必要がありますね。餌は特別に気を使う必要はないですよ。なんでも食べます。
 水温は低温に関しては、金魚が耐えうる範囲であれば問題ありません。夏の高温には、金魚より弱いように思います。といいつつ私は室外で飼育してますねどね。
エビの違いは下記サイトなどの写真を見て判断してください。

参考URL:http://ki.itigo.jp/marli/water/

Qヤマトヌマエビの産卵と卵を産む仕組み

ことしの7月に飼い始めたヤマトヌマエビがお腹にたまごをたくさん抱えているのをきょう見つけました。今回エビが卵を抱えているのを見て初めて疑問に思ったのですが、エビはどういうふうにお腹に卵をつけているのでしょうか。オスと交尾をするのでしょうか。また、以前からエビの背中が白くなっていたので病気だと思ってのですが、それは産卵する前の状態なのでしょうか?それと、エビはお腹に卵を抱えてから赤ちゃんが孵化するまでどれくらいの期間があるのでしょうか?たしかエビの赤ちゃんを孵化させるのは難しいんですよね。今回初めてエビが卵を抱いているのを見たのでうれしい反面、知識がないのでどうしたらいいかわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
初めてのエビの産卵大変ですね。
ヤマトムマエビとのことですが、元々これは、汽水域に住んでいることが有るエビです。(真水で飼育は全く問題ありませんが)エビの幼生は、海に下り、海で大きくなり、そして川に帰ってきます。
要するに、水槽での繁殖はちょっと無理と言う事です。
南ヌマエビや、ビーシュリンプは、幼生が海へ下りませんので、そちらで狙ってはどうでしょう。
繁殖を狙うのであれば、魚との混泳は、無理です。食べられちゃいます。

Qミナミヌマエビが妊娠するも中々稚エビができない

今までに四匹のミナミヌマエビが妊娠したのですが、内二匹はいつのまにかお腹の卵がなくなっていてお腹をパタパタさせています。稚エビが生まれたのかと思ったのですが、日数的にも早すぎますし、毎日水槽を見ていますが確認できません。もう二匹の内の一匹も最初は10~20個お腹にあったのに、現在では6~7個ぐらいしかありません。原因ってなんなんでしょうか??水槽を設置して三ヶ月ぐらい経ちますし、ウイローモスなどの環境も最低限なっていると思います。ミナミヌマエビはほっといても勝手に繁殖すると聞いているのでこうも中々生まれないと心配です。どなたかわかる方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。
> phを測ってみたら、比色表に表示されている一番低い(用紙の色が薄き色)phよりもさらに低いみたいです。
・少し低すぎですね。

> phを安定させる石なども売ってましたがあんなのもあったほうがいいですか??
・pHをアルカリ性側へ引っ張るのならば、サンゴ砂がオススメです。
サンゴ砂をタバコの箱位の大きさの量をネットなどに詰めて、外掛け濾過器の濾過槽内に投入すればOKです。

サンゴ砂の大きさは「粗目」が目安。
http://www.mangointernational.com/sub2.htm

> あと、ヒーターをいれようと思うんですが、妊娠しているエビがいる水槽にいきなり入れても大丈夫でしょうか?急に水温が変わったらエビにも良くないと思うんですが。。。

・水槽水量に適正なW数のヒーターを使用する限り問題ありません。
現在27L水槽ですから、75W~100Wのヒーターが適正W数です。
200WなどW数の極端に大きなヒーターは、あまりにも短時間で、一気に適正水温に上昇するため、生体に負担を掛けるため注意が必要です。

メダカやヌマエビなどの温帯性生物は、夏場は30度近く、冬場は10℃以下の低水温でも生きられます。
しかし、短時間の温度差には、とても脆弱な生物です。
温帯性生物に対するヒーターの目的は、外気温の水温への影響を排除し水温を安定させることです。

ヒーター設置時の注意点は、必ず1/3量~1/2量の水替えを行ってからヒーター設置することです。

No.2です。
> phを測ってみたら、比色表に表示されている一番低い(用紙の色が薄き色)phよりもさらに低いみたいです。
・少し低すぎですね。

> phを安定させる石なども売ってましたがあんなのもあったほうがいいですか??
・pHをアルカリ性側へ引っ張るのならば、サンゴ砂がオススメです。
サンゴ砂をタバコの箱位の大きさの量をネットなどに詰めて、外掛け濾過器の濾過槽内に投入すればOKです。

サンゴ砂の大きさは「粗目」が目安。
http://www.mangointernational.com/sub2.htm

> あと、ヒーター...続きを読む

Qタニシが爆殖して困ってます

メダカとミナミヌマエビを飼育してます。
直射日光の当たらないところに置いてますが、水草(アナカリス)にくっついてきたのか原因不明でタニシが私の水槽に密航してきました。
アナカリスにはゼリー状の卵らしき物も見つかりました。
ほかっておいても良いのでしょうか?
飼った覚えが無いので駆除か水槽のリセットをした方が良いのでしょうか?
知恵を貸してください!!

Aベストアンサー

・タニシ、ヒメタニシは、雌雄異体(雄と雌が別々)の卵胎生です。
卵(透明な卵塊)を生み付けることはありません。
体内で、卵を孵化させて、直接、タニシのチビ達を産出します。

・透明なゼリー状の卵塊を生み付ける種類の貝の代表は下記の種類です。
水槽で、邪魔な巻き貝を「スネール」と読んでいます。
サマキガイ科:サカマキガイ
モノアラガイ科:タイワンモノアラガイ、モノアラガイ
ヒラマキガイ科:インドヒラマキガイ(ラムズホーン、レッドラムズホーン)、ヒラマキミズマイマイ
http://www.geocities.jp/mochisachi/museum/13_aqua/02_re/009_gedou/page.html

> ほかっておいても良いのでしょうか?
> 飼った覚えが無いので駆除か水槽のリセットをした方が良いのでしょうか?
・スネールは、魚たちには無害ですから、リセットは最後の手段です。
爆繁殖すると、水草を食い荒らします。

スネールは、飼育水中の有機物が増える(=汚れてくると)と爆繁殖しやすくなります。
逆に、飼育水中に有機物の少ない、綺麗な水では爆繁殖することが出来ない生物です。
高水温時期である、夏場は、普段よりも飼育水が汚れやすくなります。
急に増えてきたスネールは、飼育者に水の汚れを教えてくれる、有り難い生物でもあります。

スネールが、急に増えてきた場合は、
・底砂や濾過器の清掃。
・水替え頻度を増やす。
・エアポンプによるエアレーションを強化。
・魚やエビに与えている餌を減が多すぎる可能性があるため、減らす。
・第二フィルターの追加。
などの清水化対策を実施することにより、少しずつ数を減らすことが可能です。
とりあえず、上記の清水化策を行いながら、水槽の横に瓶などを置いて、見つけ次第、ピンセットで瓶へ引っ越し。

それ以外の方法では、スネールは酸性を嫌い、繁殖できなくなります。
酸化剤(天然または化学的)を使い、水槽水のpHを5.5程度の弱酸性に下げることによりスネールを駆逐することも可能です。

天然酸化剤:使用中、水槽水は薄茶に染まります。
http://www.rva.jp/shop/sera/sera3.htm

・タニシ、ヒメタニシは、雌雄異体(雄と雌が別々)の卵胎生です。
卵(透明な卵塊)を生み付けることはありません。
体内で、卵を孵化させて、直接、タニシのチビ達を産出します。

・透明なゼリー状の卵塊を生み付ける種類の貝の代表は下記の種類です。
水槽で、邪魔な巻き貝を「スネール」と読んでいます。
サマキガイ科:サカマキガイ
モノアラガイ科:タイワンモノアラガイ、モノアラガイ
ヒラマキガイ科:インドヒラマキガイ(ラムズホーン、レッドラムズホーン)、ヒラマキミズマイマイ
http://www.geociti...続きを読む

Qミナミヌマエビの抱卵が2ヶ月

ミナミヌマエビが去年の11月ごろ卵をうんで
孵化するのを楽しみにまっているのですが
まだ孵りません。
もう、お腹にかかえてから2ヶ月くらいたっているような
気がします。
ネットで調べると、3週間くらいでかえるみたいなのですが
2ヶ月はおかしくないでしょうか?
卵のほうはよくみると変化が出てきて
稚エビが育っているのかな~とは思います。

今プラスチックケースで飼っているので
エビ用の水槽を作ってあげたいのですが
母エビが脱皮しそうで怖いです。

自分も二ヶ月くらいかかった!という方は
いらっしゃいますでしょうか?

Aベストアンサー

1.水温が低い。孵化に時間がかかります。

2.実は2度目の抱卵である。1度目のエビが目立ってくるまで1ヶ月チョットかかります。

3.別のエビである。

2の場合絶対見逃してなかったら無いですね。ただ条件が整っていると意外とすぐに次の抱卵をすることがあるので実はよくあるパターンです。
何にせよ抱卵するぐらいだからコンディションがいいのでしょうね。
たくさん殖えるといいですね。

Qスジエビの繁殖について

スジエビの繁殖について
今、スジエビとメダカを混泳させていますが、エビの一匹が抱卵しました。
・・・なのですが、適切な繁殖方法が分かりません・・・(・_・;)
教えてくださいっ!
ご回答の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

メダカと一緒では、卵から孵化したゾエアはメダカに食べられてしまいます。
ゾエアは、たしか9回脱皮すると足の生えた稚エビに変体します。
スジエビは陸封型のエビですから、繁殖に海水(塩分)は必要ありません。
塩を入れたら死んでしまいます。

プラケで隔離飼育するか、産卵ネットでの飼育になります。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/1239/4974212053306.html

プラケの場合、スポンジフィルターにる弱い水流が必要。
水は、本水槽の水を毎日50%交換です。
http://item.rakuten.co.jp/chanet/14574/

餌は、動物性プランクトンと植物性プランクトン。
・動物性プランクトンはワムシ、ゾウリムシ、ツリガネムシなど。
・植物性プランクトンはアオコ。
近くの公園の池から、底の泥と溶けかけた葉っぱを大きめの瓶に汲んで、明るい窓際に置いておけば一週間ほどで、プランクトン類は発生します。
無理ならば、冷凍ワムシとクロレラ粉末。
http://www.kyorin-net.co.jp/frozen/fz09.html

スジエビについて詳しくは下記URLをご覧ください。
http://ki.itigo.jp/marli/water/ebi01_2.htm

最後に、現在、メダカと一緒のスジエビは肉食食性の強い獰猛なエビです。
スジエビが4cm程度に成長すると、メダカを襲う危険性があるので充分、ご注意ください。
詳細は下記URLを。。。
http://plaza.rakuten.co.jp/afublog/diary/200508010001/

メダカと一緒では、卵から孵化したゾエアはメダカに食べられてしまいます。
ゾエアは、たしか9回脱皮すると足の生えた稚エビに変体します。
スジエビは陸封型のエビですから、繁殖に海水(塩分)は必要ありません。
塩を入れたら死んでしまいます。

プラケで隔離飼育するか、産卵ネットでの飼育になります。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/1239/4974212053306.html

プラケの場合、スポンジフィルターにる弱い水流が必要。
水は、本水槽の水を毎日50%交換です。
http://item.rakuten.co.jp/chanet/14574...続きを読む

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む

Qエビが死んじゃう水槽って?

90センチ水槽。カージナルテトラ20匹。ブラックテトラ7匹。他テトラ系5匹の混泳。最近死んだ熱帯魚はありません。水草はアヌビアス・ナナ

20匹位入れていたヤマトヌマエビがまったく見えなくなったのに気がつき、日曜日新しく10匹入れました。
次の日の朝見たら、1匹赤くなって死んでました。
本日また1匹赤く動かなくなっていました。

エビは、熱帯魚に比べ水に敏感というふうに聞いておりましたので、今の水槽の環境があまりよくないのかな。水換えは週1or2週毎。今日、phを計ったら6.5~7.0でした。

実は最近、藍藻が発生し、毎日吸い出している始末。
このコケは厄介ですよね。
また、アヌビアス・ナナにもひげ状こけがくっ付いています。

こんな状況ですが、どんなのが原因に考えられるでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

エビの導入は結構難しい面を持っていると思います。
エビは水に敏感であるとも思います。
慣れるとそうでもないんですけど。

これは受け売りですけど、温度合わせと水合わせはお魚以上に時間をかけると良いと思います。通常、一時間から一時間半ぐらいかと思いますが、エビの場合その倍以上の時間をかけた方が生存率はいいように思います。私の経験ではビニール袋に水槽の水を入れる時エビが暴れるように泳ぐときは飼育水に何か問題があるように思います。この時は亜硝酸が高かったのが原因でした。
導入時に底砂などをツマツマしていればその後の経過は順調です。しかし、魚につつかれたり、緊張して動かないようであれば予後経過は大変です。できればストレスがかからないように隠れ家があるといいと思います。ウィローモスは最適だと思いますが、現状、藍藻が発生しているとお勧めはできません。
導入後、エビは脱皮してませんでしたか?水質が急激に変化すると脱皮が多く見られます。
あと気になるのは水槽は立ち上げてかなり時間が経ちますか?90センチ水槽は立ち上がるのに時間がかかります。#4さんのおっしゃるように水質が安定したら導入されてもいいと思います。
テトラとヤマトの混育は可能だと思います。多少の難はありますが。

あっ忘れてました。水替えの時の水はどうしてますか?給湯器などを使うと銅イオンのせいでエビが死ぬという書き込みを読んだ事があります。

確かにエビはいるだけで面白いと思います。
頑張って下さいね。では。

エビの導入は結構難しい面を持っていると思います。
エビは水に敏感であるとも思います。
慣れるとそうでもないんですけど。

これは受け売りですけど、温度合わせと水合わせはお魚以上に時間をかけると良いと思います。通常、一時間から一時間半ぐらいかと思いますが、エビの場合その倍以上の時間をかけた方が生存率はいいように思います。私の経験ではビニール袋に水槽の水を入れる時エビが暴れるように泳ぐときは飼育水に何か問題があるように思います。この時は亜硝酸が高かったのが原因でした。
導入時...続きを読む

Q川でとってきたばかりのメダカが即、死んで行く。

先日、メダカを取りに川へ行きました。
捕まえてからすぐに移動用の小さな水槽の中で死んでしまうものが
何匹かいました。それらは川へ流しました。

結局、30匹程度、持ち帰り、
大きめの金魚鉢へ移し、水は川からとってきた水を使用しました。

翌日、みてみたらバタバタしんでいて
すでに10匹程度しかいません。

ショック死したのでしょうか?
原因がわからず、困っています。

Aベストアンサー

まず、この季節で疑われるのが、高水温と酸欠です。

=高水温=
メダカは夏でも30℃未満の水温で飼育する必要があります。
飼育水が短時間でも35℃を超えると、メダカにダメージを与え、ポツポツ死んでゆきます。
長時間、35度以上の高水温には耐えられません。
川でメダカを取ってきてから、自宅の金魚鉢へ離すまでに、メダカの水温が高くなるようなことはありませんでしたか?
自宅では、涼しい日のあたらない場所へ金魚鉢を置いていますか?
この季節は、明るい窓際などに金魚鉢を置くと、直射日光が当たらなくても、結構水温が高くなるので注意が必要です。

=酸欠=
メダカを飼育している金魚鉢は何リットルくらい入りますか?
30匹を長期飼育するには、水槽サイズで最低45センチ26リットル以上は必要です。
取りあえず、数日間の仮の住処としても30センチ12リットル程度は必要です。
ただし、この水量ではメダカにかなりのストレスを与えます。
なるべく早めに大きな水槽へ移してあげましょう。
また、その水量に溶け込んでいる酸素の量も限られます。
メダカたちは水面で口をパクパクしていませんか?
もしも、水面でパクパクしていたら酸素不足で窒息しています。
空気ポンプで空気をブクブクしてあげましょう。

そして、大急ぎで信頼のおける熱帯魚店でメダカ30匹の飼育用の水槽・フィルター・底砂・餌を買ってきましょう。
そのときに、メダカの飼育方法を教えてもらいましょう。

一応、江ノ島水族館のメダカの飼い方のHPをお知らせします。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~kurobe56/fms/intro6.htm

まず、この季節で疑われるのが、高水温と酸欠です。

=高水温=
メダカは夏でも30℃未満の水温で飼育する必要があります。
飼育水が短時間でも35℃を超えると、メダカにダメージを与え、ポツポツ死んでゆきます。
長時間、35度以上の高水温には耐えられません。
川でメダカを取ってきてから、自宅の金魚鉢へ離すまでに、メダカの水温が高くなるようなことはありませんでしたか?
自宅では、涼しい日のあたらない場所へ金魚鉢を置いていますか?
この季節は、明るい窓際などに金魚鉢を置くと、直射日...続きを読む

Qドンコの飼育について

今年の夏に渓流でドンコを捕まえて飼育しています。
餌はメダカを与えていますが、だんだん体も大きくなり昔は10匹が3~4日持ったのですが、
今では20匹を1~2日程で完食です。体長は10cm近くあります。
平日はショップに行ないため、土日餌をあたえて残り5日は絶食状態になっていますが
問題ないでしょうか?

あと、当初はいろんな魚を混泳させたかったのですが、すべて食べられ
大型の魚もボロボロにされて、あきらめて混泳させるのは餌と割り切ったメダカだけに
なりました。やはり単独飼育しか無理でしょうか?

その他に、何か適切な飼育方法についてアドバイス頂ければ幸いです。
宜しくお願いします

Aベストアンサー

飼育可能数は、水槽の大きさ次第です。
私は、ドンコの親戚で、性格もドンコと同じチチブを飼育していました。
チチブを選んだ理由は体長が10cm前後だから。

ドンコは25cm程度まで成長するので、60cm水槽では2匹程度が飼育の限界となります。
ドンコを複数飼育する場合の条件は3つ。
・水槽内に流木や土管、割れ鉢などを多数設置し、縄張りが明確に分かれるようにレイアウトすること。
・ドンコ同士の視線が衝突しないようにレイアウトすること。
・一緒に飼育するドンコの体長を合わせること。
以上は、チチブの飼育から学んだ事です。

他種との混泳の場合、90cm以上の水槽が必要になります。
ドンコよりも一回り大きな上中層魚とならば、比較的トラブル無く混泳出来ます。

> 餌はメダカを与えていますが、だんだん体も大きくなり昔は10匹が3~4日持ったのですが、
> 今では20匹を1~2日程で完食です。体長は10cm近くあります。
> 平日はショップに行ないため、土日餌をあたえて残り5日は絶食状態になっていますが
> 問題ないでしょうか?
・問題はありません。
ですが、週に一回20匹与えるよりも、週に二回7匹~8匹与える方が、餌の量が減少し飼育水の汚れも減少するので、私はオススメします。
これは、肉食魚(=フィッシュイーター)を育てる上でのテクニックでもあります。

フィッシュイーターは、自然界では、いつも、餌を食べられるわけでは無いので、食べられるときには一気に食べます。
しかし、栄養を吸収する消化器の吸収効率は、腹一杯(=血糖値が上昇する)になると低下してきます。
このため、大量の餌を一気に食べると、吸収率が低下してしまうのです。
それならば、週に2回の給餌にして、一回の餌の量を減らしてもドンコにとっては同じ、またはプラスになるわけです。

飼育上の注意点
1・濾過設備。
毎週、20匹のメダカを捕食するわけですから、排泄物の量もバカになりません。
メダカ20匹分の有機物を分解出来る強力な濾過設備が必要です。
ドンコは渓流に生息する魚ですから、水槽内の水流は多少強くても問題ありません。
必要により、濾過器の強化(追加など)を図ることをオススメします。

2・餌に与える金魚
フナ色で誕生するが美しく色づく仕組みは「ビタミンB1破壊酵素(サイアミナーゼ)」の生成です。
金魚はビタミンB1破壊酵素を持つ魚です。
金魚ばかりを与えるとビタミンB1不足に陥る危険性があります。
餌金魚は、偶に与える分には問題ありませんが、主食には向かない生き餌です。

飼育可能数は、水槽の大きさ次第です。
私は、ドンコの親戚で、性格もドンコと同じチチブを飼育していました。
チチブを選んだ理由は体長が10cm前後だから。

ドンコは25cm程度まで成長するので、60cm水槽では2匹程度が飼育の限界となります。
ドンコを複数飼育する場合の条件は3つ。
・水槽内に流木や土管、割れ鉢などを多数設置し、縄張りが明確に分かれるようにレイアウトすること。
・ドンコ同士の視線が衝突しないようにレイアウトすること。
・一緒に飼育するドンコの体長を合わせること。
以...続きを読む


人気Q&Aランキング