先日、放置駐車違反(駐車禁止場所等)・禁止場所放置の違反で青キップを頂戴しました。私の不注意ですのでとりあえず反則金の納付はするつもりですが、警官に指示された指紋押捺についてどうもすっきりしませんので質問させていただきます。
サインと押印を求められ、印鑑は所持しておりませんのでサインだけで勘弁してくれとお願いしたところ外国人はサインでよいが日本人は押印又は指紋押捺とのこと。国籍で決まっているのかとの問いには、YESと。いったん押捺を拒否したところ、それでは調書を取るので車から出なさいとの指示。
ここらで馬鹿らしくなったので押捺し開放してもらいました。国籍の件、調書の件をそれぞれ問いただしたときに、明確に答えず逆になぜ拒否するのかとしつこく聞いてきた警官に今ひとつしっくりこないものがありましたので、どなたか法令又は判例等による解釈をご教授ください。

A 回答 (1件)

馬鹿くさくなったと言ってますが、そこで負けてはいけませんでしたね。

あくまでもそれで調書とってもらって闘うべきでした。といってもどうにもなるわけでもないですが、まあささやかな抵抗ですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q質屋の指紋押捺の強制は違法では?

質屋で強制的に指紋を採っていますが、古物営業法、質屋営業法にもその必要はうたっていないようです。拒否したいのですが、警察がそうするように決めているとのこと。根拠法令がどこかにあるのでしょうか?人権問題ではないでしょうか?

Aベストアンサー

ほんと?
私が通う質屋はハンコで大丈夫ですよ。
ハンコが無いから指紋を押捺要求されるのでは?
近頃、ハンコ100円で売ってますよ。
それでは解決できなければ、あしからず。

Q指紋押捺制度と改正入管法

政治経済に関する質問です。

指紋押捺制度は1992年に永住外国人のみ廃止され、1999年に前面廃止されたと政経の参考書に載っていました。

しかし、先日の模試で、2006年に入国する外国人に指紋採取と顔写真撮影を義務づける改正入管法というのが出てきました。

指紋採取は廃止され、顔写真と指紋を取る法が再度作られたのでしょうか?
良く分かりません。

すみません、説明をお願いします…。

Aベストアンサー

>指紋押捺制度は1992年に永住外国人のみ廃止され、1999年に前面廃止されたと政経の参考書に載っていました。

それは既に廃止になった外国人登録法での話しです。

>顔写真と指紋を取る法が再度作られたのでしょうか?

新法ではなく、出入国管理及び難民認定法の改正です。以下、引用です。

第三章 上陸の手続
第一節 上陸のための審査
(上陸の申請)
第六条  (略)
2  (略)
3  前項の申請をしようとする外国人は、入国審査官に対し、申請者の個人の識別のために用いられる法務省令で定める電子計算機の用に供するため、法務省令で定めるところにより、電磁的方式(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式をいう。以下同じ。)によつて個人識別情報(指紋、写真その他の個人を識別することができる情報として法務省令で定めるものをいう。以下同じ。)を提供しなければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当する者については、この限りでない。
一  日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法 (平成三年法律第七十一号)に定める特別永住者(以下「特別永住者」という。)
二  十六歳に満たない者
三  本邦において別表第一の一の表の外交の項又は公用の項の下欄に掲げる活動を行おうとする者
四  国の行政機関の長が招へいする者
五  前二号に掲げる者に準ずる者として法務省令で定めるもの

>指紋押捺制度は1992年に永住外国人のみ廃止され、1999年に前面廃止されたと政経の参考書に載っていました。

それは既に廃止になった外国人登録法での話しです。

>顔写真と指紋を取る法が再度作られたのでしょうか?

新法ではなく、出入国管理及び難民認定法の改正です。以下、引用です。

第三章 上陸の手続
第一節 上陸のための審査
(上陸の申請)
第六条  (略)
2  (略)
3  前項の申請をしようとする外国人は、入国審査官に対し、申請者の個人の識別のために用いられる法務省令で定め...続きを読む

Q交通違反警告時の指紋押捺について

一方通行違反をしてしまいました。
警官に免許書を渡した後、派出所に連れて行かれ、誓約書?(詳細を忘れてしまいました)などと書かれた用紙に、警官が免許書の住所などを記入した後、「今回は切符を切らないでおく。ここに署名と指紋捺印するように」と言われ従いました。 
今冷静に考えますと、やけに警官が「この用紙を書く事は、何も心配いらない」と、こちらが何を伺った訳でもないにもかかわらず、何度もそう繰り返し言い、どちらかと言えば、機嫌を取る様な言い方であったと言う様に感じたと言う事もあり、かえって気になってきました。
あの場合、本当に指紋捺印の必要があったのでしょうか? サインなどではいけなかったのでしょうか? 調べた所、罰金は7千円で、減点は2点のようです。 指紋など押さなくてはならないくらいであれば、切符を切って頂いた方が、良かったのではないかと言う気がしてきました。
その時に、もっと冷静に考えるべきであったと後悔しているのですが、後から切符への変更願いが出来るものでしょうか? 例え変更が出来たとしても、既に指紋を何かに登録されている可能性があるとは思いますが。 この場合、警察ではその指紋をどうするのでしょうか? 実際の日時について、この時点では伏せさせて頂きます。不安でなりません。因みに過去無事故無違反です。宜しくご教示お願い致します。

一方通行違反をしてしまいました。
警官に免許書を渡した後、派出所に連れて行かれ、誓約書?(詳細を忘れてしまいました)などと書かれた用紙に、警官が免許書の住所などを記入した後、「今回は切符を切らないでおく。ここに署名と指紋捺印するように」と言われ従いました。 
今冷静に考えますと、やけに警官が「この用紙を書く事は、何も心配いらない」と、こちらが何を伺った訳でもないにもかかわらず、何度もそう繰り返し言い、どちらかと言えば、機嫌を取る様な言い方であったと言う様に感じたと言う事も...続きを読む

Aベストアンサー

1)法律か法令か通達かはわかりませんが、全国統一ですので、何らかの規則はあるはずです。

2)何らかの違反になる可能性はあるでしょう。ただしそれに関する法律の知識はないので、正確にお答えすることは出来ません。

3)指は必ず「左手の人差し指」を指定されます。他の指ではダメなようです。

4)三文判で大丈夫です。シャチハタでかまいません。

5)警察の場合、何かの書類などに捺印する場合は全て左手の人差し指です。詳細は不明ですが、多分実務上の理由でしょう。どの指でも良いとなると、もしその文書が妥当かどうかを検証する場合、該当者の全ての指の指紋と照合しなければなりません。そんな所が理由じゃないでしょうか。

6)納得できない場合は署名捺印をしてはいけません。「署名捺印をする=内容を認める」ですので。認めない場合は署名捺印を拒否しましょう。私はこれで違反の取締りを認めなかったことがあります。その後も何もおとがめなしです。

Q指紋押印の強制

私の妻(台湾国籍)が放置自転車をその管理人から無料でもらい受けました。念のため管理人の名刺も頂いています。後日 それが盗難車とわかり 警察に事情聴取を受けました。その際 本人の同意も得ることなく写真撮影と指紋押印されました。まるで犯罪人扱いです。警察にそんな権利があるのでしょうか?外国人に対する人権蹂躙だとおもうのですが?どなたか納得できるご回答を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは

お腹立ちはごもっとも。
ただ、

>外国人に対する人権蹂躙だとおもうのですが?

そんなことはありません。「日本人でも」同じことをされます(笑)

指紋採取と写真撮影は「任意」です。同意がいります。
ご質問の「事情聴取」の段階でしたら。
警察は「ずるい」ので同意確認をしません。「拒否しなければ同意した」
と判断されてしまいます。写真と指紋を取ろうとしたとき、「明確に
拒否すれば」よかったわけです。いまさら遅いですが・・・

ただ、もしこれが「逮捕された」のなら法律上は指紋採取は拒否
できません(刑事訴訟法218条2項)。
当然裁判も受けていないので「被疑者」の段階で調書を作成され、
指紋押捺を求められます。拒否すれば「手を押さえて」むりやり押させます。
(必要最小限の有形力行使が認められており、違法ではありません)

重ねて言いますが、「奥様が外国籍だから」ではありません。

Q高校生の息子が警察署で事実と違う内容の供述調書に署名押印してしまいまし

高校生の息子が警察署で事実と違う内容の供述調書に署名押印してしまいました。変更してもらうことはできるでしょうか。

JRで通学している息子が、休日に友人と高校のある町に列車で遊びに行きました。駅には同じ高校の生徒が駅から学校まで使用している自転車が置いてあり、そのうちかぎの掛かっていないものを無断借用しようとして動かしたところを警察に補導されました。警察では「遊びに行くために盗みました」という調書に署名し、指紋を押して写真を撮られたそうです。私が身柄を引き受けに行った時も「窃盗罪」となっていました。

しかし帰ってゆっくり息子の話を聞いてみると、「自転車には高校の通学許可証が貼ってあり、色で学年がわかるようになっている」、「同じ学年の列車通学の人は全員わかり、自転車を借りられる程度の関係である」「休日であるうえ自分たちと同じ列車(午後1時半)から降りてこなければそれ以降部活に行くという可能性もないので、今日は使わないことがほぼ確実である」ことから、借りて行って当然帰りも駅まで乗ってきて返しておくつもりだったといいます。
もちろん、それは勝手な考えで、そうでない事態で本人が使おうとすることもあるし、無断借用は許されていることではないと話しました。現に、借りようとした自転車の持ち主を警察が調べて電話したところ、同じ学年の生徒ではなく(過去に上のお子さんが同じ色になる学年で、許可証がそのままだった)知り合いでもなく、しかもその日はスポーツの遠征で駅まで乗ってきていた生徒さんでした。
息子には、必ずしも世界は自分の思っている通りではないということ、ここから教訓を得て謙虚に生きなければ間違いを犯すということをよく話しました。

しかし、そういう事情も何もなく「盗みました」という調書で「窃盗罪」という記録だけが残るのはなんともやりきれない気持がします。
調書をあとから訂正してもらうことはできるのでしょうか。
それとも、そんな事をする意味はないでしょうか。

高校生の息子が警察署で事実と違う内容の供述調書に署名押印してしまいました。変更してもらうことはできるでしょうか。

JRで通学している息子が、休日に友人と高校のある町に列車で遊びに行きました。駅には同じ高校の生徒が駅から学校まで使用している自転車が置いてあり、そのうちかぎの掛かっていないものを無断借用しようとして動かしたところを警察に補導されました。警察では「遊びに行くために盗みました」という調書に署名し、指紋を押して写真を撮られたそうです。私が身柄を引き受けに行った時も「窃...続きを読む

Aベストアンサー

質問者の方は使用窃盗に当たる以上、窃盗罪が成立しない事案なのではないかと、
そうお考えなのですね。
お気持ちは分かりますが、この場合、使用窃盗にはならないのではないかと思います。

かなり難しい話になるのですが、使用窃盗が窃盗罪として処罰されない理由は、
不法領得の意思のうちの権利者排除意思を欠くからだというように説明されています。
つまり、権利者の占有を排除して、自分のものにしてしまおうという意思がないから、
そのような行為には窃盗罪として処罰するに値するだけの有責性がないと、
そのように考えられているわけです。

そのような趣旨から考えると、使用窃盗というのは、権利者の占有を排除しない程度の
軽微な占有侵害の場合にのみ、成立することになります。

これを前提に本件を考えますと、お子様としては「一時」の借用の意図なのでしょうが、
登校時から下校時までの時間はそれなりに長時間ですから、
もはや権利者の占有を排除しない程度の軽微な占有侵害とはいえないように思います。

したがいまして、警察で取られた調書そのものは、間違った内容ではないと思われます。

ちなみに言いますと、いったん巻いた調書は契印を押して一通にまとめられてしまい、
その後は、取調官自身であっても訂正できないことになっています。

質問者の方は使用窃盗に当たる以上、窃盗罪が成立しない事案なのではないかと、
そうお考えなのですね。
お気持ちは分かりますが、この場合、使用窃盗にはならないのではないかと思います。

かなり難しい話になるのですが、使用窃盗が窃盗罪として処罰されない理由は、
不法領得の意思のうちの権利者排除意思を欠くからだというように説明されています。
つまり、権利者の占有を排除して、自分のものにしてしまおうという意思がないから、
そのような行為には窃盗罪として処罰するに値するだけの有責性がないと、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報