四季咲きなでしこを育てていて、ずっと花が咲いてくれてかわいいのですが、最近伸びすぎて容姿が乱れてきたので、切り戻しをしたいと思っています。
なでしこの切り戻しはできますか?また、今この時期でもできますか?
今まで切り戻しをして失敗ばかりしていたので(なかなか花がつかなかったり・・)なにか、コツみたいなのはありますでしょうか?
いろいろ質問が多くなりましたが、よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

切り戻しは、花後草丈の半分ほど刈り込んでください。

性質がとても強いので、
大丈夫と思いますが、四季咲きですので肥料を好みます。開花中は月1回、8~
12月は月2、3回液肥を施してください。なかなか花がつかないのは、その
せいかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おお!もう回答は無いだろうと思っていた矢先、こんな古い質問に回答してくださってありがとうございます!
回答数0では、締める事も出来ずに、ずっと気になってました。
なでしこは暖かくなってきたので、ますます伸び放題になっていますので、今から切り戻しをしたいと思います。
肥料はあまりやったことありませんでした。やはり、必要なんですね。買ってきます!
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/01 16:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q美女なでしこ 今年は咲かせたい!

美女なでしこを一昨年の秋に種を蒔いて育てました。
葉はよく茂ったのですが、昨年は1つも蕾すらつけることなく花は咲きませんでした。(その苗は今でも育っています)

昨年の秋にも種を蒔いて育てているのですが、今年は何としても花を咲かせたいと思っております。
今の苗の状態ですが、葉はよく茂っており、一見順調よく育っているように見えます。
しかし今はまだ蕾は見当たりません。(花期がもう少し先の5月くらいなので当たり前なのかもしれませんが)

現状:
使用用土 赤玉土小粒7:腐葉土3にマグァンプを混ぜ、表面にオルトランを撒いております。
場所 日の出~日の入りまで1日中日が当たる場所と、午前中一杯まで日が当たる場所の2箇所に置いております。風通しは両方共にいいです。寒い冬の間も外に置いてましたが、霜が降りそうなときだけ軒下に移動しました。
水遣り 基本の「表面が乾いたらたっぷりと」を実践しております。月に2回ほど、2000倍に薄めた液肥をあげております。

昨年は全く咲かなかったので、今年は何としても咲かせたいと思っております。
昨年咲かなかった考えられる理由と、今からでも出来る対処法を教えてください。

当方、関西中部地方在住です。よろしくお願いします。

美女なでしこを一昨年の秋に種を蒔いて育てました。
葉はよく茂ったのですが、昨年は1つも蕾すらつけることなく花は咲きませんでした。(その苗は今でも育っています)

昨年の秋にも種を蒔いて育てているのですが、今年は何としても花を咲かせたいと思っております。
今の苗の状態ですが、葉はよく茂っており、一見順調よく育っているように見えます。
しかし今はまだ蕾は見当たりません。(花期がもう少し先の5月くらいなので当たり前なのかもしれませんが)

現状:
使用用土 赤玉土小粒7:腐葉土3にマグァン...続きを読む

Aベストアンサー

質問文を拝見する限り、「ビジョナデシコ・育て方」の書籍・説明書・WEBなどを見て育てているのでしょう。致命的な問題点はないです。

◆それなのに“咲かない” →なぜなのか?
チッソ過多の可能性と、肥料の与え過ぎ(マグァンプがやや多過ぎた)と考えられる。養分が多いと葉が茂り花芽が着きにくくなります。

◆<今から出来ることは>・・・・・今からですと今年は間に合うか微妙ですが、葉は茂っているので養分過多。液肥もやめて状況をみる。水を与えるときは乾いたらチッソ成分を洗い流すくらいタップリ。それで生育が悪くなった場合、リンサン肥料のみを置肥することでしょう。

植物も生き物です。環境や気象の問題もあるでしょう。園芸植物は“ケースバイケース”で対応が必要です。昨年ダメだったのでしたら「変えてみる」ということですね。

マグァンプは花着きを良くするためにリンサンを多く含みます。始めにどれくらい混ぜたのか判りませんが、結果的にはN(チッソ)も過多になってしまったのでしょう。マグァンプなら始めから混ぜ込まないか、ごく少量にしてチッソを減らすべきだったということですね。または骨粉少量。
生育状況を見ながら、チッソが全く入っていないリンカリ系肥料を置肥で与えるほうがいいですね。緩効性肥料を置肥~追肥したほうが生育をコントロール出来ます。液肥は生育期より開花期に与える方がいいかと思います。

●葉肥/N(チッソ)過多・・・・・チッソ肥料は葉っぱをよく茂らせ、花芽を生成しにくくする。
●花肥、実肥/P(リンサン)不足・・・・・花芽が生成されない。
http://www.takii.co.jp/flower/howto/lecture/p01.html

◆用土を変えてみる(今年は間に合いませんが)
7:3で問題ありませんが、これは主に球根植物に良い配合です。他の1年草タイプは種類にもよりますが、基本6:4(ビジョナデシコも)の方がいいでしょう。または排水性を考慮して腐葉土3で、バーライト1、もしくは川砂1でもいいです。

<花の用土>
http://handy-power.jp/gardening/planter/hatiue/planter_yodo.html

質問文を拝見する限り、「ビジョナデシコ・育て方」の書籍・説明書・WEBなどを見て育てているのでしょう。致命的な問題点はないです。

◆それなのに“咲かない” →なぜなのか?
チッソ過多の可能性と、肥料の与え過ぎ(マグァンプがやや多過ぎた)と考えられる。養分が多いと葉が茂り花芽が着きにくくなります。

◆<今から出来ることは>・・・・・今からですと今年は間に合うか微妙ですが、葉は茂っているので養分過多。液肥もやめて状況をみる。水を与えるときは乾いたらチッソ成分を洗い流すくらいタップリ...続きを読む

Q「なでしこ」の花の栽培方法について教えてください

昨年3月になでしこの花(ポット、苗)をいただきました。
鉢植えにして毎日活性水(トリム水)を与え、夏場以外は窓際に置いて育てました。
花も年中咲きますし、苗も大きくなりました。鉢から根が随分出てきました。このままですと苗が大きくなるにつれて鉢を大きくしていかないといけないのですが置き場所がないので困ります。株分けとか出来ないのでしょうか。
基本的な育て方も知らないので宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんにちは。ナデシコは何十種類もありますので(カーネーションもナデシコです)、育て方も色々だと思いますが、一般的には春の今頃か秋の涼しくなってきた頃に植え替えをします。株分けも無理にメリメリっとやると傷んでしまう恐れもありますので、自信がないようなら引っこ抜いた時にヒゲネをほぐして清潔な園芸バサミでカットしてみて下さい。そうすると同じ鉢に植え替える事が出来ます。また蒸れると枯れますので、茎もカットして構いません。↓に幾つか株分けや植え替え方法を載せました。
http://www9.plala.or.jp/mosimosi/flower/n/nadesiko.htm
http://mysunbeam.blog100.fc2.com/blog-entry-40.html

 ご参考までにm(__)m。

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Q咲き終わったチューリップの球根はどうすればいいの?

昨年の秋に鉢に植えたチューリップの球根。先週まで綺麗な花を咲かせていましたが、今週になって花は全て散りました。葉っぱはまだ元気ですが、この後どうしたらいいでしょうか?できればまた同じ球根で来年の春に花を咲かせたいと思っていますが、チューリップの球根というのは上手く保管していれば、毎年綺麗な花を咲かせるのですか?それとも一回花を咲かせた球根はそれで終わりで、そのまま捨てるものですか?もし来年も使えるのであれば、どのように保管したらいいでしょうか?

ガーデニングは全くの初心者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

花がらだけつんでそのまま育てます。
2ヶ月くらいはかかります、肥料はたっぷりあげます。
葉が枯れるまで育てたら水遣りをやめて保管します。
掘り出してもいいしそのままでもいいです。
秋になったら植えますがその時は新しい土に植えます。

Qバーベナの葉が枯れてしまいます・・・

バーベナ(花手鞠という名前でした)のポット苗を1ヶ月くらい前に購入し、
鉢に植え替えて育てています。
花は咲くのですが、根に近い葉が枯れてしまっています。
先の方の葉は元気なのですが全体の下半分の葉がほとんどダメなため、
なんか頭でっかちで見栄えが悪いです。
何が悪いのかさっぱりわかりませんのでアドバイスいただけたらと思います。
花はきれいに咲くのでできれば全体的にもっと見栄えよくしたいんですが・・・

Aベストアンサー

花手鞠などの栄養系は、摘芯(ピンチ)をして仕立てていかないと脇芽が出ません。
放っておくと、あるだけの枝が伸びるだけでやがては中央部分がハゲてくるのが普通です。
園芸書に載ってるような、こんもりとした満開にしたかったら、まだ若い苗のうちから
せっせとピンチをくり返して、枝数を増やしてから開花させます。

脇芽が出やすいのは、成長期で、若い苗(入荷期間は3月下旬~5月ごろ)の株の状態からピンチを開始。
サントリーでは約一ヶ月くらいで満開になる、と言っていますが...。天候などによっても変わるので
1~2ヶ月ぐらいは花を我慢して摘み続けると、こんもり咲きます。
よく、切ってもいいの? と不安になる方もいらっしゃいますが、逆に切らないと
まるッパゲになっちゃって、ダメになっちゃいますヨ。

かわいそう...などと思わずに切ってください。切った部分は挿せばいいですし。
(営利増植はイケませんが^^;; 個人で楽しむ範囲なら問題ないでしょう)

もう株元が枯れてきた...ということなのでアドバイスを。

葉っぱがないところから強くピンチしてしまうと枯れこむことがあります。
(光合成ができないとうまく育たないので、葉っぱは4~5枚残しましょう)
切った直後は、葉の数が一時的に減るので、水やりは控えめにしましょう。
花手鞠は、水のやりすぎでも、チャリチャリになることがあるようです。
(根に対して、葉の蒸散が減るので、過湿になることがあります)
あまり暑い時期は、植物が弱るので、切っても出にくくなるようです。
(真夏は強く切らない方がよいみたい)
サフィニアや花手鞠などの栄養系は、丈夫で成長が早く、ピンチをして枝を増やすとどんどん増えるので
チッソ分の多い肥料を施した方がいいようです。

自分のHPで恐縮ですが^^;;、今栄養系ピンチの比較日記をつけていますので
よろしかったら見てみてください。
自分の場合、わりと強くピンチしちゃってたりしてますが。(実験)

参考URL:http://www6.big.or.jp/~abiru/bluegarden/index.html

花手鞠などの栄養系は、摘芯(ピンチ)をして仕立てていかないと脇芽が出ません。
放っておくと、あるだけの枝が伸びるだけでやがては中央部分がハゲてくるのが普通です。
園芸書に載ってるような、こんもりとした満開にしたかったら、まだ若い苗のうちから
せっせとピンチをくり返して、枝数を増やしてから開花させます。

脇芽が出やすいのは、成長期で、若い苗(入荷期間は3月下旬~5月ごろ)の株の状態からピンチを開始。
サントリーでは約一ヶ月くらいで満開になる、と言っていますが...。天候などによ...続きを読む

Q花期の長い宿根草&多年草教えて下さい!

別件で質問している者です。
洋風の一戸建てに住んでいます。居住地は東海地方の沿岸寄りです・・・海辺ではありません。

田舎なのである程度庭がありますが、子供が小さくてガーデニングに集中できません。
でも春だし、お庭に花を咲かせたいな・・・っと思いまして・・・

そこで花期が長くて毎年咲くお花があったら教えて下さい。
それから、花は咲かなくても常緑の葉っぱで存在感のある物なども教えて頂けたら嬉しいです。

今植えてあるものは、コニファー・オリーブ・ライラック・ヤマボウシ・シマトネリコ・柚子・レモン・ネメシア・パンジー&ビオラ・アリッサム・マーガレット・ステラ・カーネーション等です。

Aベストアンサー

グランドカバーてきな花になりますが、宿根のバーベナは、長く花も咲きますし多年なので、お庭でしたら、毎年上手に育つのではないでしょうか?

あと、似たようなもので、ランタナもおすすめです。とても丈夫ですし、こんもりとボリュームがあるので、葉としての存在感もあると思います。黄色、紫、オレンジなどいろんな色があるので、ミックスして植えてみるのも楽しいと思います。

カモミールや、ミント、レモンバームなどのハーブ系も、丈夫ですし、カモミールは花から種がおちると翌年も勝手に芽をだしたりします。地植えだとハーブ類はよく育つと思いますし、利用価値もあると思います。

黄色のユリオプシスデイジーも丈夫で、開花時期も長くてお勧めです。あと、壁などに這わせるのでしたら、つる性のジャスミンがお勧めです。とにかくよく伸びるので、お庭の雰囲気もだせると思います。春には香りの良い花がよくさきます。ものすごく丈夫です。そろそろ苗が出回ると思います。

同じくつる性の、時計草やてっせんも、花はかわいらしいし、つるがのびるさまも楽しめると思います。そしてとても丈夫です。

がんばって、素敵なお庭にしてください。

グランドカバーてきな花になりますが、宿根のバーベナは、長く花も咲きますし多年なので、お庭でしたら、毎年上手に育つのではないでしょうか?

あと、似たようなもので、ランタナもおすすめです。とても丈夫ですし、こんもりとボリュームがあるので、葉としての存在感もあると思います。黄色、紫、オレンジなどいろんな色があるので、ミックスして植えてみるのも楽しいと思います。

カモミールや、ミント、レモンバームなどのハーブ系も、丈夫ですし、カモミールは花から種がおちると翌年も勝手に芽をだし...続きを読む

Qローズマリーには、花の咲かない種類もあるのですか?

いただいた挿し木で増やしたローズマリー、もう、2年以上たちますが、一度も花が咲きません。

紫のかわいい花を楽しみにしていたのに。

今では幹の根元は直径3センチもありそうな、木ですね、これは!

立って育つタイプのローズマリーだったので、大きくなりすぎて、先を切っていたらそこが二股に分かれ、また切ったら二股に、その繰り返しで、すごい垣根になってます。

切ったのがいけないのか、花が咲かないローズマリーなのか?何がいけないのか分かりません。

葉はきれいに茂っていますが、花が咲けばもっと癒されるのにな~と残念です。

思い当たることがあれば教えてください。

Aベストアンサー

地植えですか?
地植えですと 根が思い切り伸びるため 枝葉も繁茂します
花は植物の生殖器官なので ある緯度の大きさにならないと形成されないの
思いっきり伸びているあいだは咲きずらいんです

一般的に 開花促進する方法として
 根を切る
 リン酸肥料を多くあたえる
 環状はく離(特殊)


根を少し切ってやることで 枝葉(光合成生産物)と 根(根が吸収する窒素肥料)のバランスを整え 咲きやすくする
1度に全周囲やると 枯れてしまう恐れもあるので
 6分割くらいのうち 2~3箇所を行なうこととし
 枝葉が伸びている辺りに スコップを垂直に入れて根を切ります


第一リン酸カリ という肥料がありますので 液肥として与えて見て下さい

一枝でも咲かせたいと言うのなら 要らない枝の つけ根近くで 皮をむいて 形成層を分断し(環状はく離)  その枝で作られた光合成生産物が ほかの箇所に移動するのを止めます
こうすると その枝だけ 成熟して咲いてきます
邪道ですがね~~
なお 幹ではやらないほうがいいよ

Qサツキ(?)の剪定の時期とやり方について

サツキ(?)の剪定の時期とやり方について
おせわさまです。サツキの剪定の時期とやり方について教えて頂けますか?
写真のような状態ですが、チョボチョボ生えた小枝を剪定機でズバズバと夏場に刈るのでしょうか?
何せ量があるので、手っ取り早く、機械を使いたいと思ってますが、いつ、どのくらいまで刈るのか自信がありません。よろしく、ご教示くださるようお願いします。

Aベストアンサー

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをするなら大鋏を使用します。
剪定機の場合ですが、エンジン式(混合油使用)と電動式がありますが、
メーカーによって名称は違いますが、エンジン式の場合はヘッジトリマー
と言います。利点としては混合油使用のため、力が強く多少は太い枝でも
楽に切れる事です。難点としては重たいのと価格が高い事です。
家庭ですから数が多くても電動式の方が使い勝手は良いのではないかと思
います。画像のサツキを見る限りでは、電動式でも十分に剪定は出来ると
思いますよ。エンジン式より力は弱くなりますが、長時間剪定をしていて
も疲れ難いですね。コードを謝って切らないように注意すれば、素人の方
でも使えるはずです。

僕は造園土木の会社に勤務して居ますが、主に除草作業を行っています。
それでも年間を通して剪定作業もあるので、剪定機による剪定作業に関し
ては誰よりも上手いと勝手に思っています。
丸型は何とか出来るのですが、難しいのは角型ですね。横は何とか出来る
のですが、上を真っ平にするのは経験が必要です。いかにして波のように
させないかが至難の業です。

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをする...続きを読む

Qなでしこの育て方

初めて自分で花を買って育て始めたのですが、なでしこが枯れはじめてます。あと葉が黒の斑点が出てきてしまいました。病気ですか?

また元気よくきれいに咲かせるにはどうしたらいいのでしょうか?まだツボミもたくさんあるのに一株は枯れそうです。どなたかアドバイスよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「ナデシコ」
●http://dictionary.bloom-s.co.jp/kanri-ha/nadesiko.htm
(ナデシコ)
◎http://community.bloom-s.co.jp/blog/data/32/32_7.html
(ナデシコの病気)
◎http://community.bloom-s.co.jp/blog/data/17/17_68.html
(ナデシコがたべられちゃう!)
●http://www.kirin.co.jp/brands/kokochi/cont/qa_bn/q10.html#q02925
(「ガーデンカーネ」病害虫対策は?)

ご参考まで。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/na_00001g.htm

Qバラと一緒に植える植物(バラとの相性)

バラを植える為に庭にスペースをとりました。
思ったより大きくスペースが出来たので、バラの
手前に丈の低い花を植えようと思います。

今考えているのはアネモネやスノードロップなんですが、
バラと一緒に植えても大丈夫でしょうか。

その他、バラと相性の悪い植物などありましたら
教えてください。

Aベストアンサー

バラにはアブラムシがつきやすいのですが、フィーバーフュー(別名:ナツシロギク、マトリカリヤ)をそばに植えておくと、アブラムシを防いでくれます。
我が家では毎年、バラのそばに植えています。
フィーバーフューは、ハーブの仲間で、カモミールに似た白い花が春~夏にかけて咲きます。
バラ同様、切り花やドライフラワー(私はまだ試した事はありませんが)としても楽しめるそうです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報