天智と天武は、実は兄弟ではなかった。というのは、本当なのでしょうか。学生時代、教科書には確か、兄弟とあったように思うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

天智天皇と天武天皇が兄弟ではなかった、という説の論拠は


天智が671年に46歳で死んだという記述です。

しかし、一般的には56歳で死んだとされています。とすると
このとき、天武は50歳であって、「年上の弟」などという事
態は起こりません。

なお、いわゆる「騎馬民族征服説」はロマンチックな作り話で
あって根拠に乏しい言説です。また、天皇家の家系が万世一系
であるというのもフィクションであります。

人は歴史について事実を認定することの難しさもあって、つい
ついロマンを求め、「こうあって欲しい」という説を支持しま
すが、かならずしもそうはいきません。今のところ、天智と天
武が実母を共にする兄弟であったとして問題はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
 一般人は、ロマンを求めたがるというか、変わった説に興味を持ちがちですよね。自分自身、反省。反省。
 天智と天武が兄弟じゃない、という人もそれぞれいろんな説を持っているし、兄弟だ、とする人もいろんな説を持っている。言論の自由と言ってしまえばそれまでですが、「ノストラダムスの大予言」の時と同じだな、なんて思ってしまいます。
 あの時は、一般人(世界的というより、日本人だけだったような・・・)を恐がらせるだけ恐がらせておいて、結局、何も起きなかった。ああだ、こうだ、言っていた人たちは、本で儲けるだけ儲けて、後は、知らん顔。
 同じにするな!とお叱りをうけそうですが、あの時と同じだ、あの時のようにならなきゃいいけど。なんて、思ってしまう私は、変ですかね?
 そういう説もあるらしい。という程度に考えておくのが良いのでしょうね。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/19 11:26

 書き方が足らなくて、すみません。


当然、少数説であり、万世一系を信じている人は決して、認めることはないでしょう。
    • good
    • 0

下でshoyosiさんが長々と述べられておりますが、これは


そういう説もある、というだけでこれが正しいとはまだ認
められておりません。

この回答への補足

 ありがとうございます。
 kyaezawaさんの参考URL、shoyosiさんのお話でなるほど・・・と思いました。また、aminouchiさんのお話で、まだ専門分野では認められていない説なのだということもわかりました。
 これは、「専門家は確固たる証拠もなしに軽はずみな発言はできない」ということ以上に、この説に対して何か大きな矛盾点・問題点があるということなのでしょうか。

補足日時:2001/04/16 09:13
    • good
    • 0

この考え方は、作家の佐々克明氏が1974年8月号の「諸君」で問題の提起をされ、作家の金達寿氏や鈴木樹明大教授が関心を寄せられ、一方古代の権威、坂本太郎東大名誉教授からは、真っ向から否定されたという経緯があります。

彼の推論は次のようです。
岩波書店の「日本史年表」で天智天皇のくだりに「671年12月天皇没す(46)」となっているそうなると、天智天皇は626年に生まれたことになる。一方天武は「686年9月没(65)」とあるから逆算すると622年の誕生だから、同母兄弟とされている兄の天智の方が弟の天武より4歳年下ということになります。調べてみると、「年表」の根拠は天智は日本書紀の舒明記、天武は「本朝皇胤紹運録」の記録より取ったものとわかりました。学会では。天武の死亡年の65歳の記述は56歳の誤りとしていました。彼は、日本国の成立、日本人のルーツは古代のアジア全体の流れと深くかかわっており、江上波夫氏の「騎馬民族征服王朝説」を避けることはできない、天皇家系譜は記紀編集辞典の政治、経済、社会情勢とは無縁でありえない、さらには、王朝の交代があったと考えざるを得ないと述べています。その根拠として、交代したと見られる系譜の継ぎ目には、極端な近親婚が見られ、たとえば、継体朝の王朝が切れたと思われる欽明は異母兄とされる宣化の皇女と結ばれ、天智・天武のところでは天智の姫、持統天皇は天武の皇后であり、天武36歳、皇女13歳ときわめて不自然であり、天智はさらに3人もの姫を送りこみ、実の弟にこれまでサービスをする必要がどこにあったのかと書いています。彼は、次のような仮説を立てています。
 当時、東アジアは唐と朝鮮3国が入り乱れ、日本もその激動に巻きこまれ、新羅対百済の争いに挟まっていた。647年新羅から王族の金春秋が質として、来日し、2年後、金多遂が代わって来日した。これ以後、金多遂の記録がなく、氏はこれを大海人(天武)と疑しています。以下続けています。
日本の朝廷は欽明以来百済系と見られるのに、一応中立主義のポーズを取り、天智(中大兄)、藤原鎌足らはお目付け役の大海人を賓客扱いにして懐柔する。鎌足も娘を大海人に妃として送りこみ、天智に至っては4人もの娘を差し出した。次第に、大海人は本来の役目を忘れ、日本にのめりこんでくる。当時新羅系はたくさん日本に居住した上に、天智は大海人を「皇弟」と呼び、もしかすると「自分の後を継がないか」などと甘心したかもしれない。しかし、東アジア情勢は険悪の度を加え、唐新羅の連合軍が百済の王都を占領した。斉明女帝は中大兄、大海人を伴なって、北九州に向かうが、女帝は疲れて崩じ、西征は中止される。663年、天智は百済軍を応援するため、大軍を派兵したが、白村江の戦いで大敗し、百済王国は再興の望みをなくし、大海人には、居心地の悪いものとなった。万を越える亡命者が来日し、天智はそれらを厚遇し、667年には飛鳥から近江へ遷都を強行し、高句麗と連携して新羅との戦いに備えるが、高句麗も滅亡してしまいます。百済王と同根と見られる天智王朝は露骨な反新羅政策に踏み切り、大友皇子が皇太子に就任すると大海人の身辺が危ないものとなり、政界引退表明し、吉野に亡命します。672年に天智が崩じ、大友皇子が即位すると百済色に塗りつぶされた近江王朝は新羅系帰化人のホープである大海人の圧殺を謀り、大海人は持統らと共に吉野を脱出し、新羅系の渡来人の多住地方である美濃に拠って近江に宣戦し、壬申の乱が起こり、飛鳥、大和地方の旧百済豪族も新来者が中核の近江朝を嫌っていたので大海人に加担し勝利しました。天武持統期に編集の始まっていた「日本書記」は、朝廷の政策を取り入れて編年し、系譜を造作したとしています。
 この文章は、佐々克明氏の論文「天智・天武は兄弟ではない(歴史と旅・昭和53年1月号)」を要約したものです。詳しくは、そちらを見てください。
    • good
    • 0

以下のページに書かれているようです。


参考にしてください。

天智天皇と天武天皇 part1http://homepage1.nifty.com/sibaurataro/rekisibun …

天智天皇と天武天皇part2
http://homepage1.nifty.com/sibaurataro/rekisibun …

皇室王朝交替についてYO・JO http://www.page.sannet.ne.jp/tsuzuki/kousitu1.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天智天皇と天武天皇は本当に兄弟だったのでしょうか?

天智天皇と天武天皇は本当に兄弟だったのでしょうか?

Aベストアンサー

天智・天武の兄弟を疑う説は有ります。

なぜなら日本書紀には天武の生年が記されていないからです。
欠史時代や古墳時代の天皇を除いて生没年がはっきりしてないのは、この天武天皇と崇峻天皇だけです。
崇峻天皇は唯一暗殺された天皇であるから、短命を特に悼んでの不記載と考えられます。

では天武は単なる書き落としかと言えばそんな筈はないのです。なぜなら日本書紀という書物自体が天武朝の編纂で天武の事跡の顕彰を大目的に書かれた物だからです。天武の記事は全体の一割に及ぶ、つまり本書の主人公です。
その人物の生年を書き忘れるとは考えられません。

しかし没年は朱鳥元年(686年)と明記されています。
『一代要記』『本朝皇胤紹運録』には天武は65歳で崩御とありますから、逆算すると622年の生まれと計算できます。ところがこれが本当だとすると弟である天武が兄である天智より4年も先に生まれた事になってしまうのです。
日本書紀において天武の生年は書き忘れられたのではなく、書くに書けなっかたのだという推論が可能である訳です。

この他天皇家の菩提寺である泉涌寺で天武系7人の天皇だけ除外されていること、天智天皇の死体が見つかっていない事などが非兄弟説の出所です。

私は案外兄弟では無かったのではないかと思います。

天智・天武の兄弟を疑う説は有ります。

なぜなら日本書紀には天武の生年が記されていないからです。
欠史時代や古墳時代の天皇を除いて生没年がはっきりしてないのは、この天武天皇と崇峻天皇だけです。
崇峻天皇は唯一暗殺された天皇であるから、短命を特に悼んでの不記載と考えられます。

では天武は単なる書き落としかと言えばそんな筈はないのです。なぜなら日本書紀という書物自体が天武朝の編纂で天武の事跡の顕彰を大目的に書かれた物だからです。天武の記事は全体の一割に及ぶ、つまり本書の主人公です...続きを読む

Q天智と天武

「兄弟ではない。」
「母親は同じ(斉明・皇極)だが、父親は違う。」
という説はよく目にします。

そこで、
「父親は同じだが、母親は違う。」
という説は存在しますか?

Aベストアンサー

天武=古人大兄皇子という説がありますが、史書通りなら父親は同じということになりますね。

Q関羽が商売の神とされていることが分かる身近な場所

インド圏では商売の神として「ガネーシャ」(象の人格化されたような姿)が、お店のレジの横などに飾られていることなどがありますよね。
(インド、シンガポール、タイなど…)

同じように中華圏(中国、東南アジアの華僑など)では、関羽が商売の神とたたえられているそうですが、同じくレジの横、後ろなどにひげずらの関羽の置物などが置いてあるのでしょうか。
もしそうであれば、今度注意深く見てみようと思うのですが、関羽の特徴はどういうところで分かるのでしょうか?象のガネーシャはすぐ分かるんですが、関羽をひげがある人とだけ、判断するのは難しいと思うのですが…。ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

中国の民間信仰に関する本は数冊読んだことがありますが、「レジの横、後ろなどに関羽の置物を置く」といった記述は寡聞にして知りません。インドと違い、中国は祭壇を設けて祀るのではないでしょうか。

東京近辺の方なら、
江戸東京博物館の常設展示に神田明神の出車(だし)があり、そこに関羽が乗っているので、比較的近くでじっくり観察することができます。
ざっと見た限り、同博物館web上に写真はないみたい。「江戸東京博物館ポケットガイド」が図書館などにあれば、写真をみれます。
歌舞伎十八番のひとつに「関羽」がありますが、これは実際の関羽を演じたものではなく、畠山重忠が関羽に扮して荒事芸を見せる話です。京劇にも関羽は登場します。赤は忠心を示すと言われております。

http://ja.wikipedia.org/wiki/関帝
にも一枚あります。
http://www.kanteibyo.org/html/kantei_1.html
にも一枚あります。
東京都立川市にもあるようです。

二階堂善弘「中国の神さま 神仙人気者列伝」平凡社新書
二階堂善弘「封神演義の世界 中国の戦う神々」大修館書店
のいずれかに、白黒写真などが載っていたと記憶しています。

やはり美髯公と言われたくらいなので一番の特徴は髯です。長い顎鬚と口髭も持っていますし、他の髯を持つ人とかなり違う気がします。次は武器の「青龍円月刀」だと思います。像になる場合、必ずしも赤い顔でない時もあります。

中国の民間信仰に関する本は数冊読んだことがありますが、「レジの横、後ろなどに関羽の置物を置く」といった記述は寡聞にして知りません。インドと違い、中国は祭壇を設けて祀るのではないでしょうか。

東京近辺の方なら、
江戸東京博物館の常設展示に神田明神の出車(だし)があり、そこに関羽が乗っているので、比較的近くでじっくり観察することができます。
ざっと見た限り、同博物館web上に写真はないみたい。「江戸東京博物館ポケットガイド」が図書館などにあれば、写真をみれます。
歌舞伎十八番のひ...続きを読む

Q天智・天武・額田王の三角関係を学会が否定する理由

(1)あかねさす 紫野行き標野(しめの)行き 野守は見ずや 君が袖振る(額田王)

天智七年(668)五月五日、天智天智は蒲生野で大海人皇子(のちの天武天皇)・中臣鎌足など群臣を率いて薬狩りを行いました。
そのときに額田王が詠んだ歌ですね。

この歌に大海人皇子が返歌をしています。

(2)紫の 匂へる妹を 憎くあらば 人妻ゆゑに 我恋ひめやも(大海人皇子)


また、次のような歌があります。

(3)香具山は 畝傍(うねび)を愛(を)しと 耳成(みみなし)と 相争(あひあらそ)ひき 
神代より かくなるらし 古(いにし)へも 然(しか)なれこそ 現人(うつせみ)も 褄(つま)を 争ふらしき (中大兄皇子)

(1)(2)の歌を受けて(3)の歌は、天智・天武・額田王の三角関係をうたったものだとする説があります。

ところが、学会では(1)(2)の歌はいずれも相聞歌(ラブソング)ではなく、雑歌に載せられていることなどから、宴会の席でのざれ歌、
(3)は単に神話の世界を詠んだ歌だとしています。

でも、表だって相聞歌だと言うことができないから、雑歌に載せられているんじゃないか、と思ったりします。


また、ただ雑歌に載せられているから三角関係ではなかった、というだけの理由ではあまりに考証が雑です。
まさか、それだけの理由ではないだろうと思います。

学会天智・天武・額田王が三角関係にあったとする説を否定する詳しい理由をしりたいです。
よろしくお願いします。

(1)あかねさす 紫野行き標野(しめの)行き 野守は見ずや 君が袖振る(額田王)

天智七年(668)五月五日、天智天智は蒲生野で大海人皇子(のちの天武天皇)・中臣鎌足など群臣を率いて薬狩りを行いました。
そのときに額田王が詠んだ歌ですね。

この歌に大海人皇子が返歌をしています。

(2)紫の 匂へる妹を 憎くあらば 人妻ゆゑに 我恋ひめやも(大海人皇子)


また、次のような歌があります。

(3)香具山は 畝傍(うねび)を愛(を)しと 耳成(みみなし)と 相争(あひあらそ)ひき 
神代より かくなる...続きを読む

Aベストアンサー

既に結論は出ているようですが、日本の学界は
まさに史料至上主義で、史料に無いことは
単なる推測でしか無いという立場です。

この考えは正確性を期すためには必要なスタンスですが、
同時に、常識でわかりそうなことすら排除してしまうとか、
情報操作された史料しかないとそれが定説になってしまう
欠点があります。
特に、常識については(その時代の人は)わざわざ記録しないことが
多いので、結果的に学界の定説がピントのずれたものになりがちです。
(史料の少ない時代は無論のこと、比較的近い時代でもわざわざ記録しない
庶民の生活などが、実は定説が無いとか珍しくありません。)

こういうのは、学会の主流の考えが変わらないとどうしようもない
部分ですが、それを変える礎としてブログ等で発表するのは
決して無意味ではないと考えます。

Q天武帝が持ち込んだ鬼道とは?

 『少年陰陽師』から遡ること200年前の平安初期を舞台に全5巻という短すぎるお話だった『篁破幻草子』(全5巻)の完結巻で「天武帝が鬼道を倭(日本)に持ち込んだ」とあり、『少年陰陽師 動画之書』の巻末に収録されていた文庫未収録短編集の中の1つ「鬼夜来」で“嵯峨の帝は陰陽師が大嫌いだった”と死後も冥官を勤める篁が言っていましたが、「鬼道」とは「陰陽道」のことですか?

 因みに、天武の帝は篁の前世です。闇に呑み込まれた部分が悪鬼・朱焔となり、閻羅王(閻魔大王)が人界を救うために天武の魂を割って無事だった部分が転生して小野篁として生を受けたという設定です。

Aベストアンサー

「鬼道」についてということで,中国から渡来してきた道教の考え方です。
中国では,幽霊,妖怪などのよくわからないものを「鬼」と書きます。
道教の最終目的は,天地と一体になり不老長生に至る(昇仙:仙人になる)することなので,鬼道は仙術の中の召鬼法にあたると思われます。
この召鬼法とは,陰陽道でいうところの式神ですかね。
陰陽道は中国から渡来した仙術思想が基盤になっています。
仙術は体系別にすると,8系統あり風水や召鬼法,五行遁術などがありその全てをひっくるめて一人で使えるようにしたのが陰陽術です。
陰陽五行を取り込んだ証拠に,陰陽寮の家紋は星型です。
これは,陰陽五行の考えのひとつの五行相生相克を表す図形です。
つまり,鬼道とは陰陽道になる前の仙術のひとつの系統です。
同じものですかと言われれば違うとも違わないとも言える微妙なところですね。

参考URLは,ネットで見つけた物ですが,参考までに。

参考URL:http://www.ops.dti.ne.jp/~taoistyi/senjyutu.htm

Q義淵僧正を育てたのは天智天皇or天武天皇?

http://www4.kcn.ne.jp/~balance/cn4/index.html

上記によれば
義淵僧正は天智天皇に引き取られ、岡宮で草壁皇子とともに育てられました。
とあります。

一方、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E6%B7%B5
によれば
義淵僧正は天武天皇により皇子とともに岡本宮で養育されたという。

とあります。

義淵僧正を育てたのは天智天皇なのか、天武天皇なのか?
どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

天智天皇が育てたとの伝承を支持したのは、義淵僧正の研究者の、横田健一氏でその著書「義淵僧正とその時代」吉川弘文館 に書かれています。

Q曹操と関羽

曹操は劉備の事は大嫌い(まぁお互いでしょうけど・笑)ですが劉備配下の関羽の事を何故か気に入っていますよね。
何故なんでしょうか?
豪傑だから?ちなみに関羽は曹操の事をどう思っていたんでしょう?

Aベストアンサー

こんばんは。三国志演義、そしてそれを元にした小説や漫画から受けた印象ですが、
曹操はやはり関羽の戦闘力はもちろん、義に厚いところ、
そして“美髯公(びぜんこう)”と呼ばれるほどの風采と大人然とした風度を
気に入っていたのではないでしょうか。前二者は張飛も同じことですが、
後二者は張飛には備わっていなかったでしょうから。
優秀な武将なら誰しも喉から手が出るほど欲しかったでしょうが、
張飛の粗暴さは曹操の敬遠するところであったことは想像に難くありません。

>ちなみに関羽は曹操の事をどう思っていたんでしょう?

能力は認めながらも、主君候補としては「眼中にない」といったところでしょうか。
袁術討伐の名目で自分から借りていた兵を元手に独立勢力化していた
徐州の劉備を曹操は急襲しましたが、その際劉備(袁紹の元に亡命)の妻子を
人質にすることで、主君とはぐれた関羽を手中に収めたこともありました。

関羽はしかし、劉備が生きていることを知るや曹操の元を離れ、
曹操の武将を血祭りに挙げてまで妻子を劉備のところまで送り届けます。
有名な「関羽の千里行」です。

曹操は暇を告げる関羽に会おうとせず、また主のためにすることだ、と
去る関羽を引き止めないよう部下に命じていたのですが、
無理に通せんぼをした武将たちは夏侯惇を除いてすべて討たれてしまいました。
……「演義」の記述によれば。

一方「正史」ではここのところの記述がほとんどないために、
「実は関羽は妻子を見殺しにして自分だけ逃げ帰ったのではないか?」
と推測する人もいます。関羽にとっては美談中の美談ですから、
事実とすれば正史でもここぞとばかりほめちぎるはず、というのがその根拠。

また、曹操は劉備のこともかなり買っていたと思われます。
劉備が呂布に徐州を追われ、曹操の元に身を寄せていた時代、
彼を敵に回すよりは自分の勢力下に置いて飼いならそうと
曹操はしきりにアピールしていましたよね。

帝が天下を牛耳っていた曹操にクーデターを企て、
曹操がクーデターの同志の血判状に自分の名を見出したことを知った劉備は
脱兎のごとく逃れ徐州を乗っ取ります。
で、その後は曹操猛襲→主従離散→関羽の千里行の流れになります。

参考URL:http://www9.ocn.ne.jp/~all/jaki-1.htm,http://www5a.biglobe.ne.jp/~shuren/resume/clannad.htm

こんばんは。三国志演義、そしてそれを元にした小説や漫画から受けた印象ですが、
曹操はやはり関羽の戦闘力はもちろん、義に厚いところ、
そして“美髯公(びぜんこう)”と呼ばれるほどの風采と大人然とした風度を
気に入っていたのではないでしょうか。前二者は張飛も同じことですが、
後二者は張飛には備わっていなかったでしょうから。
優秀な武将なら誰しも喉から手が出るほど欲しかったでしょうが、
張飛の粗暴さは曹操の敬遠するところであったことは想像に難くありません。

>ちなみに関羽は曹操の事...続きを読む

Q【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。 戦国時代の

【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。

戦国時代の日本人口は1000万人くらい。

少なく見積もっても800万人。

で、大名に万石という土地を分け与えて国を管理していた。

そのときに3番目に多くの土地を貰っていたのは九州の大名で86万石。

天皇の朝廷
その時の天下人
でこの3番目の九州の大名

3番目の九州の大名で86万石。

日本で3番目に多くの領地を貰っている大名で最大で86万人しか食べられない。

ということは最低でも800万人国民いたとしたら、大名の数が当時の数と合わない。

本当はもっと総人口は少なかったのでは?

天下人と天皇の朝廷は大名に年貢を納めさせたので大名の万石から譲り受けたわけだからノーカウントとして、残り714万石。

あとの大名は10万石とかですよね。

当時の大名ってそんな数いませんよね?

おかしくないですか?

Aベストアンサー

士農工商のうち、武士以外が米を食っていたとでも?

Q天武天皇

京都 泉涌寺には、なぜ、天武天皇系の天皇の位牌は存在しないのでしょうか?

Aベストアンサー

天武系統は壬申の乱で勝利しながらも称徳(考謙)天皇(道鏡を天皇にしようとした女帝)で滅びた皇統だからです
今の皇統は天智系統です

ちなみに天智天皇と天武天皇は兄弟 壬申の乱で兄の子 大友皇子を倒し その後称徳天皇までは天武系統が続く
しかし称徳天皇に子が居なかったので天武系統は滅び光文天皇(桓武天皇父)に皇位が移る

光文は今に続く天智系統で こちらが正当な皇統とされた
天武系統は壬申の乱で皇統を奪ったので逆賊みたいな扱いをされ さらに称徳天皇のスキャンダルで一層恥をさらしたあげく皇統を断絶させた

なので天武系統の位牌は泉涌寺にはないのです

Q日本史 飛鳥時代 白村江の戦い 天智天皇 仏教

白村江の戦いの敗北を受けて、天智天皇(中大兄皇子)が行った政策について80字以内で教えてください。

また、
≪氏寺・三経義流・古墳≫の語句を用いて、伝来当初から七世紀前半までの仏教の受容の特徴を90字以内で教えてください。

Aベストアンサー

天智天皇⇒670年、日本最古の全国的な戸籍「庚午年籍」作成。

それまで、氏寺(儒教)が主流であったが、馬厩皇子が仏教の蘊蓄を書き綴った書(三経義流)を発行後、有力豪族の蘇我氏の影響で全国に広く伝播した。薄葬制の制定により、徐々に古墳は消え、10世紀には消えた。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報