明るく楽しい前向きなSFもしくはファンタジーありますか?
面白かったな~と思うのは
神林長平の敵は海賊シリーズ
タニス・リーの平らな地球シリーズ
ハリーポッター(賢者の石が一番だと思う!)
彩雲国物語
TVドラマですが、スタートレックシリーズ
ジャンルは違うけど
天体戦士サンレッド
動物のお医者さん等です。

文章は、下手だと読むのがつらいです。
海外SFは訳でゲンナリするのもありませんか?!
マンガやドラマなら、まあ大丈夫なんですけど。

こんな傾向がある私に、何かオススメの物ありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

デヴィッド・エディングスのエレニア記、および続編のタムール記がお勧めです。


海外物ですが訳は上手いのか文章はサクサク読めますし、重厚なのに読み辛さがないです。
内容としては聖騎士スパーホークが邪悪な魔法で呪いをかけられた王女を救うために悪の魔法使いと戦うという冒険物です。まさしくファンタジーの王道です。主人公たちもタフで前向きで爽快です。
ただ、作者がアメリカ人なせいか聖騎士たちが全員マッチョなおっさんで、シュワルツェネッガーやスタローンたちが戦ってるみたいな感じを受けるのでハリウッドのアクション映画が苦手なら向かないかも。


ほかには冲方丁のカオスレギオン、シュピーゲルシリーズがお勧めですね
カオスレギオンはファンタジーもので、邪悪な神に魂を売った悪の軍団に対して、主人公は戦争で殺された人々の怨霊を物質化し、邪悪と戦う、というものです。
粗筋だけだと一見暗そうですが、主人公もヒロインも前向きで決してへこたれずに進み続ける、勇気づけられる内容です。怨霊と言っても悪に殺されて悪を憎む霊たちなので主人公の正義感に同調して戦うという感じで暗い感じではないです。

シュピーゲルシリーズはスプライト・シュピーゲルとオイレン・シュピーゲルの二つありますが、これらは近未来のヨーロッパを舞台にしたSFです。
凶悪犯罪に対抗するためにサイボーグ化された少女たちが犯罪組織と戦うという内容ですが、一見最近の萌え小説っぽく見えますが、正反対で、犯罪描写などがリアリティがあり、ご都合主義とかがほとんどない非常にハードで深い内容です。主人公たちは毎回絶望的な状況に追い込まれますが、やはりけして諦めず、犯罪と戦い続けます。また、主人公たちをサポートする大人たちも皆深みがあり、誇りをもって犯罪と闘うプロフェッショナルで、カタルシスがあります。

冲方丁の作品はほかにもいろいろありますが、登場人物が常に全魂をかけて戦う熱い物語ばかりなので興味を持たれれば検索して読んでみることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
マッチョな主人公ですか~、
海外物は、わりかしヨーロッパ系のヤサオトコが主人公というタイプを読むことが多かったので?新鮮です。
ぜひチャレンジさせていただきます!
冲方丁は失礼ながら、知らなかったので、オススメならばぜひ読んでみたいです。
私の感覚では、日本で作られたSFって暗いイメージだったんです。
本屋さんに行くのが楽しみになってきました。
お盆に実家に帰省するときに何冊か買って行って、ゴロゴロしながら読もうと思います!

お礼日時:2010/08/10 08:17

明るく楽しい前向きなSFもしくはファンタジー…



星新一さんのショートショートがずばりそうです。
ショートショートは文芸作品としてちょっと…とお思いでしたら(私個人としては星さんのショートショートのどの作品もすばらしい文芸作品だと思うのですが)、同作者の『地球から来た男』(角川文庫)などの中・長編SF作品はいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
星新一作品は私も好きで、ほぼ読んでいると思います。
先日、子供の教科書に お~い! でしたっけ?
何でも捨てられる?!穴の話しが載っていてびっくりしました!
いつの間にか、SFも教材なんですねえ。
でも、短編だし無駄が無くてスッキリしているので
教科書検定する方が硬い頭でなければ、最適ですよね!

お礼日時:2010/08/10 08:06

彩雲国繋がりで、東洋ファンタジーなのですが



榎田ユウリ「宮廷神官物語」
http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_search.php?pc …

村田栞「東方妖遊記」
http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pc …

宮廷が7冊、東方が3冊で巻数も少ないのでサラっと読めると思います。二作品とも主人公が元気な男の子で面白いですよ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
宮廷神官物語 は、タイトルだけは目にしたことあります。
面白そうだな・・と、ひっかっかっていたんだと思います。
読んでみま~す。

お礼日時:2010/08/10 08:08

笹本祐一「星のパイロット」「ミニスカ宇宙海賊」


高瀬彼方「女王様の紅い翼」「戦場の女神たち」「魔女たちの邂逅」
大原まり子「銀河郵便は“愛”を運ぶ」「銀河郵便は三度ベルを鳴らす」
中村うさぎ「宇宙海賊ギル&ルーナ」
野田昌宏「銀河乞食軍団」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
大原まり子作は夫が揃えていたので、大概読んだような気がします。
ミニスカ宇宙海賊もそうだったような・・・
他は、記憶が無いので、読んでみま~す!
リストを作って、ぼちぼち読もうと思います。
これで、しばらくは楽しめそうです。

お礼日時:2010/08/10 08:11

「茅田砂胡」さんの作品はSFでファンタジーで、とにかく明るくて楽しいです。

SF好きなら「スカーレットウィザード」から、ファンタジー好きなら「デルフィニア戦記」から入って「クラッシュブレイズ」へ、どぞ。とりあえず、「スカヴィ」のリンクを貼っておきます。判型が文庫では無く、ちょっと大きめな「新書」ですので、本屋で探すときはご注意を。
http://www.amazon.co.jp/dp/4125006008/

「キノの旅」で有名な「時雨沢恵一」さんの「アリソン~リリアとトレイズ」のシリーズも、いつでも元気で前向きな「アリソン」「リリア」の親娘が良いです。ファンタジーともSFともつかない舞台設定ですが、「動物のお医者さん」が楽しめるなら楽しめるんじゃないかと。
http://www.amazon.co.jp/dp/4840220603/

「高畑京一郎」さんの「タイムリープ」も、時間ものSFとして凝った設定が実に面白いです。ただこの作者、あとの作品はイマイチなんですよね~。「ダブルキャスト」も暗いっちゃ~暗いし。
http://www.amazon.co.jp/dp/4840205582/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
知らない作品ばかりなので、本屋さんで出会えるのが楽しみです。
本屋さん大好き!
単行本なら、1~2時間で読んでしまう(その間、何にもしないのであまり家族からは喜ばれない)ので、
皆様にこれだけ紹介してもらって もったいないので、
少しづつ探して読もうと思います。
余談ですが
小学校の頃は、田舎で近所も遠く本を読むぐらいしか遊びが無かったので
900の棚が大好きでした。確か、文学。
毎日2冊づつ借りて読んでいました。
するとその本の図書カードにいつも同じ名前が載っていて妙に親近感持ったりしてませんでしたか?
今は、デジタルでバーコードスキャンするので、前歴とか分からなくてつまらないですよね・・・。
やっぱ、図書館の楽しみの一つを奪っちゃダメだろ!!
なので、ここでちょっとそんな気持ちを楽しみました。
全部読んだら、また尋ねてみたいと思います。
ありがとうございました。一人しかベストに選べずゴメンナサイ!

お礼日時:2010/08/10 08:31

海外ものですが


ロバートAハインラインの「夏への扉」
読みましたか?
超、前向き。歴史に残る名作です。
絶対げんなりしませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ぜひ読んでみます!

お礼日時:2010/08/09 09:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qそもそもファンタジーってなんだろう?

文学作品の分類として“ファンタジー”というものがあるとおもいます。

最近の流行りでは『ハリー・ポッター』もそうでしょうか。
『ゲド戦記』や『ナルニア王国』のような作品もファンタジーだとおもいます。
その他にも『後宮小説』(日本ファンタジー大賞受賞)なども賞の名前から考えてもファンタジーと言えるとおもいます。


ところで、これらの作品を括る“ファンタジー”という分類はどういう基準(定義)をもって“ファンタジー”としているのでしょうか?

また、その他の文学作品に比べてファンタジーの持つ“よさ(メリット)”とは何でしょうか。


ご教授のほど、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 皆さん悩んでおられますね^^;
 私もファンタジーの定義については、だいぶ悩んでいます。ファンタジー世界と言われて誰もが考え付くのが、妖精や魔法が登場するソードアンドソーサリー世界でしょう。しかし、「不思議の国のアリス」や「メリーポピンズ」のような作品にはエヴリデイマジックという呼称が使われているようですが、それはファンタジーなのかどうだと言われると即答に詰まってしまいます。
 ファンタジー文学は、日本語ではそのまま直訳で「幻想文学」と言います。幻想と言うと、現実と違うこと全てが当てはまってしまうような気がしますが、それならノンフィクションじゃない(言葉として変ですが)作品は全てファンタジーか、と言われると、そうでもないですね。「サザエさんがファンタジー」なんて言われたら首を傾げてしまいます。ならどこからどこまでがファンタジーか、これが本当に悩みどころですね。
「ノンフィクションじゃない」作品は、当然ながら「フィクション」と呼ばれます。ファンタジー=幻想文学に対し、フィクションは空想文学と訳されるようですが、この「幻想と空想の差」がファンタジーの定義域を示してくれているのではないでしょうか。ファンタジーも「ノンフィクションじゃない」と言う意味では当然フィクションなのですが(本格的にややこしくてすみません^^;)、便宜的にノンフィクションではなく、ファンタジーでもないものをフィクションと呼ぶことにします。文学と言うと堅苦しくなるので、物語としましょう。順序が逆になりますが、空想物語と幻想物語の対比。

■空想物語(フィクション)
 ……現在の現実世界の定義の上で繰り広げられる、現実とは違う振る舞い。非常に近い未来、もしくは現在・過去において、存在しうる可能性がある物語。

■幻想物語(ファンタジー)
 ……現実とは定義を異にする世界の物語。現在の現実世界の定義では起こりえない事象、事柄。予測できない遠い未来。

 なんてところでどうでしょう。空想の欄で「現在の現実世界の定義」などとわかりにくい言葉を使ったのは、時がたつにつれて世界の定義が変わるからです。大昔の人は世界が平らな盆だと信じていましたし、自分たちの住処のそばには鬼や妖精といった生き物が住んでいると信じていたでしょう。今となってはそれは幻想に当てはまりますが、過去の人にとっては空想、自分の生きる世界への思惟だったはずです。
 さて、ちょっと悩んでしまうのは、最初にあげたエヴリデイマジックのような作品と、あとはSFというジャンルの存在ですね。
 エヴリデイマジックは、「現在の現実世界の定義」と同じ世界の中に、いわば異物とも言える不思議な存在が迷い込んでくる物語です。たとえば「となりのトトロ」なんかもそうですね。あくまでも主人公は私たちと同じ現実世界の平凡な人間であることが多く、「不思議との邂逅」が主題のひとつだったりします。これはフィクションの中にファンタジーが浸入しているわけで、結論としてはファンタジーに分類されるようです。ならどこまでがフィクションで、どこからがエヴリデイマジックか・・・。ああ、頭が痛くなりますね(苦笑)
 次にSFです。最近はSF=サイエンスフィクションが一般的のようですが、私が小さかった頃はスペースファンタジーの略だと教えられました。実際、サイエンスフィクションよりもスペースファンタジーと呼ぶほうがしっくりくるようなSF作品もたくさんあるので、曖昧にしておいたほうがいい気もします(スターウォーズがサイエンスフィクションだなんて、とんでもない!)。
 しかし、Fの解釈が二様なのはちょっと見過ごせないですね。フィクション=空想とファンタジー=幻想。先ほどファンタジーの定義の為に差別化した二つの言葉です。SFはフィクションなのかファンタジーなのか。これがかなり難しいところです。例えば「凄腕ハッカーが政府のコンピュータにアクセスする物語」なら、これは現実世界において可能なことであり、フィクションと呼べます。「科学が非常に発展した未来での宇宙戦争」や「タイムマシーンで時間旅行」「多次元宇宙を冒険」は間違いなくファンタジーです。SFと呼ばれている作品の中には、フィクションと呼べるものもファンタジーと呼べるものも存在しているのです。そして、もっとややこしいものもあります。たとえば瀬名秀明のパラサイト・イヴのような作品。100年前に書かれていたら間違いなくファンタジーですが、科学の発展が目覚しい現在では起こりうるフィクションともとれます。SFというジャンルが、科学と言うあらゆる可能性をもった新しい魔法を扱う物語ですから、半ば何でもありな状態で、その全てをファンタジーかどうか定義づけるのは非常に難しいですね。SFを細かく分類すればいい話なんですが、質問とは話がずれすぎると思いますので、やめておきます。

 とりあえず、ファンタジーの定義はこんな感じだと思います。一部不明瞭ですが、そこは幻想だけに曖昧ということで・・・(逃)。


 ファンタジーのよさですが、これは書き手にすれば「世界を描く楽しみ」であり、読み手にとっては「世界を感じる楽しみ」ではないでしょうか。極端な話、冒険でも恋愛でもなんでも、物語のあらすじだけならば別の世界にトレースできてしまいます。例えば質問にタイトルを挙げられたハリー・ポッターシリーズですが、魔法学校を普通の学校、クィデッチをサッカーか何か、さまざまな魔法を化学的なトリック、ついでに悪役のヴォルデモート卿を番長か何かにしてしまえば、それで似たような話ができてしまいます。ファンタジーの、他に置き換えがたいよさと言えば、それは世界観の一言に尽きると思います。世界を魅力的に描いている作品は良いファンタジーと言えるし、世界に魅力がなくても面白いファンタジーがあったら、それは書き手が優秀だったのでしょうね。

 ただ、作品を楽しむときは、しちめんどくさいジャンル分けや、どこがいいかなんて評価は考えず、純粋に作品に向かうことをお勧めします。これだけいろいろ言っておいてなんですが、文学の分類に頭を悩ますのは評論家と本屋さんで十分、読者は気楽に読めばいいのです^^

 では、失礼します。

 こんにちは。
 皆さん悩んでおられますね^^;
 私もファンタジーの定義については、だいぶ悩んでいます。ファンタジー世界と言われて誰もが考え付くのが、妖精や魔法が登場するソードアンドソーサリー世界でしょう。しかし、「不思議の国のアリス」や「メリーポピンズ」のような作品にはエヴリデイマジックという呼称が使われているようですが、それはファンタジーなのかどうだと言われると即答に詰まってしまいます。
 ファンタジー文学は、日本語ではそのまま直訳で「幻想文学」と言います。幻想と言...続きを読む

QSF小説(海外)の邦訳について、それとお勧めのSF,ファンタジーを教えてください。

オースン・スコット・カード著の「エンダーのゲーム」を読んでSFに興味を持ちました。
内容はとても面白かったのですが、文章の邦訳が気になるところが多数ありました。
例として「エンダーのゲーム」から一つのやり取りを書きます。

「きみは、この戦闘スケジュールについて、真面目であるはずがない」
「いいえ、それがあるんです」

これは自然なやりとりとは思えなくて、読んでいて気になってしまいます。
「いいえ、至って真面目です」
と訳したほうが自然、言い方を変えれば読みやすいと思います。

この小説に限らず、昔から海外の小説の邦訳が気になって二の足を踏むことが多々あります。
なので、読んでいて気にならないくらいの邦訳をしている小説、または邦訳家の方を知っていましたら教えてください。
もしくは、日本人の書いているSFを読んだことがないので、お勧めの小説がありましたら教えてください。

またいろいろなジャンルの小説(特にファンタジー)を読んでみたいと思っていますので、SF以外でも自然な邦訳をしている方を知っていましたら教えてください。
それと、もしかしたら創刊が古い小説は全部このような感じなのでしょうか?

ちなみに、「エンダーのゲーム」の邦訳は「野口 幸夫」
ほかに気になった人は、ロバート・マキャモン著「少年時代」の邦訳、「二宮 磬」

逆に読みやすいと思ったのは、クライブ・パーカー著「アバラット」の邦訳、「池 央耿」などです。

よろしくお願いします。

オースン・スコット・カード著の「エンダーのゲーム」を読んでSFに興味を持ちました。
内容はとても面白かったのですが、文章の邦訳が気になるところが多数ありました。
例として「エンダーのゲーム」から一つのやり取りを書きます。

「きみは、この戦闘スケジュールについて、真面目であるはずがない」
「いいえ、それがあるんです」

これは自然なやりとりとは思えなくて、読んでいて気になってしまいます。
「いいえ、至って真面目です」
と訳したほうが自然、言い方を変えれば読みやすいと思います...続きを読む

Aベストアンサー

 初めまして。
 翻訳って日本語の技術がちゃんとある人の手でないと、どうも直訳調になって読みにくくなりますよね。SFなどでは、特に最近の翻訳作品に直訳調が多くて、閉口することが結構あります。

 その中でも、個人的見解としては、福島正実(以下敬称略、夏への扉、鋼鉄都市など)、矢野徹(宇宙の戦士、砂の惑星など)、浅倉久志(アンドロメダ病原体、スランなど)は選んで間違いの少ないところと思われます。また、小尾芙佐、平井イサク、伊藤典夫、山岸真、南山宏、小隅黎、内田昌之、深町真理子、野田昌宏、松谷健二と言ったところも十分訳が日本語としてこなれていると思います。山高昭、酒井昭伸、池央耿は上手な翻訳家ですが、個人的には外れを引いたことがあります。黒丸尚は、翻訳文がかっこいいのですが、日本語的にはこれでいいのかという部分もあるような気がします。そのほかに、大沢在昌(バスカビル家の犬)、逢坂剛(奇巌城)、菊池秀行(吸血鬼ドラキュラ)は本職が小説家な為か、非常に自然な日本語に仕上がっていました。以上の翻訳家の皆さんは、SFだけでなく、推理小説や普通小説も手がけている方が多いです。
 「ハリー・ポッター」シリーズは、私は直接読んだことはありませんが、本が苦手だった姪が喜々として読破したほどですから、読みやすいのだろうと思います。「ゲド戦記」「ナルニア国物語」の翻訳は知人の間で評判がよいです。(私は読んでいません。)これに対して、「指輪物語」は非常にあくが強い訳文となっています。(私はまともに読めませんでした。)

 日本人作家による小説としては、小松左京も良いですが、個人的には、(ジュブナイルが多いですが、)光瀬龍、星新一と言ったところは間違いないと思われます。最近の作家としては、野尻抱介(太陽の簒奪者など)、飛浩隆(象られた力)、藤崎慎吾(クリスタルサイレンス)、林穣治(ウロボロスの波動)はおすすめと思われます。平井和正(幻魔大戦、ウルフガイシリーズなど)、栗本薫(グインサーガシリーズ)、田中芳樹(銀河英雄伝説シリーズ)、神林長平(雪風シリーズ)、高千穂遙(ダーティーペアシリーズなど)と言ったところは、非常に長編で読み応えがあり、はまる人はずっぽりはまりますが、はまらない人は一切はまらないという特徴があります。

 かなりとっちらかりましたが、ご参考になれば幸いです。

 初めまして。
 翻訳って日本語の技術がちゃんとある人の手でないと、どうも直訳調になって読みにくくなりますよね。SFなどでは、特に最近の翻訳作品に直訳調が多くて、閉口することが結構あります。

 その中でも、個人的見解としては、福島正実(以下敬称略、夏への扉、鋼鉄都市など)、矢野徹(宇宙の戦士、砂の惑星など)、浅倉久志(アンドロメダ病原体、スランなど)は選んで間違いの少ないところと思われます。また、小尾芙佐、平井イサク、伊藤典夫、山岸真、南山宏、小隅黎、内田昌之、深町真理子、野田...続きを読む

Qファンタジーものの漫画について

「ファンタジー物は描くのが難しい」と言われていますが、どうしてですか?
「初心者はファンタジーよりまず日常話を描いた方がいい」「新人漫画家が描くファンタジーは面白くない物が大半」と聞きました。
ファンタジーより学園恋愛物などの方が簡単な理由を教えてください。
それは漫画だけでなく小説も同じなんですか?


ファンタジーものはどうやって作ればいいのでしょうか?
また、ファンタジー物に出てくる魔法アイテムや魔法の呪文などはどのように考えるのがいいでしょうか?

ファンタジーの定義はどうなっているのですか?
「NARUTO」「鋼の錬金術師」「ふしぎ星の☆ふたご姫」「ポケットモンスター」「アンパンマン」「ハリー・ポッター」
等はファンタジーに入るのでしょうか?

Aベストアンサー

ファンタジーだと、世界観が絡んできます。
世界観というのは、
「だれだれとだれだれが崇められている世界」だったり、
「天空のどこどこに浮いている島の世界」だったり、
「夢と現実がこうこうこういうふうに繋がっている世界」だったり、
多種多様です。
その世界を作者は物語を進めるに連れて、「だれだれ」や「どこどこ」や「こうこう」を丁度良いタイミングで書かなければいけないというのが大まかな理由だと思います。
物語の最初にバーッ!と隅から隅まで説明されたら読む気なんて起こりませんし、読んでても途中で忘れてわからなくなります。
それに、世界観が中途半端だと矛盾も起こりやすいです。(例えば、何故文明が発達していて飛行機があるのに、時計がないのか)
また、宗教感や基本的な考え方も違う場合があるので、読者の共感を得にくい部分があるも思います。
それでも良いものを作れたファンタジーの作者さんは素晴らしいといえます。
特に小説だと、文章だけで説明しなければいけないので尚更です。

それと、ファンタジーものの作り方ですが、ゲームではないので、漫画だったらアイテムも呪文も少なめにして、主人公の得意なのは○○、ライバルが得意なのは△△、と、はっきりさせた方がわかりやすいです。(例えばナルトのサスケは千鳥《でしたっけ?》、ポケモンのピカチュウは10万ボルト、アンパンマンはアンパンチなど)
そして新鮮味がなくなってきたときや、新たなものを出したいときだけ、たまーになら入れてもいいかもしれません(でも、これをすると段々増えていくのでマンネリ化に注意)
アイテムの場合も数を増やしすぎず、何かキーアイテムのようなもの(モンスターボールとか、賢者の石とか)があるといいと思います。

ファンタジーだと、世界観が絡んできます。
世界観というのは、
「だれだれとだれだれが崇められている世界」だったり、
「天空のどこどこに浮いている島の世界」だったり、
「夢と現実がこうこうこういうふうに繋がっている世界」だったり、
多種多様です。
その世界を作者は物語を進めるに連れて、「だれだれ」や「どこどこ」や「こうこう」を丁度良いタイミングで書かなければいけないというのが大まかな理由だと思います。
物語の最初にバーッ!と隅から隅まで説明されたら読む気なんて起こりませんし...続きを読む

Qオススメのファンタジー映画、SF映画

年末に見るファンタジーやSF映画を探しています。
色んなサイトや評価などを見て、映画を借りて観たりしているのですが、
どうも自分の好みの物を探し当てるのが苦手なようです。。
そこで皆様のオススメの映画などありましたら教えて下さい!
ワクワクする冒険物や夢や希望のある優しい映画が好きです。

今までに観て好きだった映画↓(古いものが多いです。。)
ダントツに好きなのが「ネバーエンディングストーリーI」
「未知との遭遇」「E.T」「A.I.」「フック」「コクーン」「コンタクト」「スタトレシリーズ」
「ナイトミュージアムI」「魔法にかけられて」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
「アンドリューNDR114」「タイムマシン」「グーニーズ」などなど。。

近年発表されているファンタジー、SF映画も観ましたが、
映像や演出が派手な割には感動できる、という作品には中々巡り合えませんでした。
上記に書いたような感じで、よい作品がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

すでに ご覧になられて おられるのでは、
とも 思われたのですが、以下のような
ものは いかがでしょうか。

プリンス オブ ペルシャ 時間の砂
アデル ファラオと復活の秘薬
ミラーマスク
ザ・フォール 落下の王国
ファンタスティック Mr. FOX
ゴーメンガースト
インクハート 魔法の声
エンバー 失われた光の物語
カラー・オブ・ハート
モンド 海をみたことがなかった少年
ベッドタイム・ストーリー
ドリームキーパー
ジム・ヘンソンの不思議な国の物語
アーサーとミニモイの不思議な国
アーサーと魔王マルタザールの逆襲
モンキーボーン
レディ・ホーク
タイム・ライン
アバター
エアベンダー
ラストキングダム(I~IV)
ネバーウェア
デルゴ
ネッシーのなみだ

Q池袋駅の乗り換えについて(山手線と西武池袋線)

池袋駅のJRと私鉄の乗り換えについての質問です。

(1)山手線(大塚→池袋)⇒西武池袋線(池袋→)

山手線で大塚駅→池袋駅まで行き、
池袋駅で西武池袋線に乗り換えたいのですが、
池袋駅の構内が複雑なのでわかりません。
スムースに乗り換えたいのでわかりやすく教えていただきたいです。

(2) (1)の逆ですが、ほとんど同じ手順と考えてよろしいでしょうか?

2点、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

長い期間、西武池袋線の沿線に住んでいます。

仕事場の関係で、東武、JR、メトロと乗換をしてきましたので、その経験から書き込ませて頂きます。

> (1)山手線(大塚→池袋)⇒西武池袋線(池袋→)
> 山手線で大塚駅→池袋駅まで行き、池袋駅で西武池袋線に乗り換えたいのですが、
> 池袋駅の構内が複雑なのでわかりません。スムースに乗り換えたいのでわかりやすく教えていただきたいです。

JR改札で言う所の北口改札は、西武線に乗るには向きません。複雑な地下道を歩いて中央地下道又は南口地下道へ行くか、一旦東口に出て、正面の通りを右に歩くことになります。

乗換が判りよいのは、南口ですが、大塚での乗車を考えると、大塚でホームを池袋よりに近い所まで歩いて、先頭車の前から4番目とか、2両目あたりに乗車するのが効率よい位置ですので、ホームを歩く手間が掛かります。大塚か池袋で移動するのですが、乗換で混雑し、しかもあちこちに地下への階段がある池袋のホームを歩くことを考えると、大塚で前に行った方が良いでしょう。

池袋の山手線内回りホームの先端に、上る階段がありますが、これは西武線には繋がっていません。JRの各ホームと東武デパート、東武東上線を繋ぐメトロポリタン口専用の跨線橋ですので、昇ってはダメです。

その上り階段の少し大塚よりに降りる階段があります。これを降り、左右いずれでも良いので階段から180度方向を変えるように歩くと、直ぐのところに改札があります。

この改札が南口コンコースへの改札です。この改札を出たら左方向へ歩きます。

この時、地下鉄有楽町線の入り口のJR側売店の手前で、右側の壁側に近い(地下鉄の入り口の進行方向右側)方を歩いた方が良いです。逆側は混みますので。ただし、朝のラッシュ時はどちら側も西武からJR方向へ、夕方はこの逆に大量の人が移動します。

通路が右に大きく曲がり、直進方向に数段の階段がある場所に着いたら、そのまま右に折れます。少し行くと右側に西武線の定期売り場や券売機があり、その先が西武の改札です。

西武線は各駅停車と優等列車の発車番線が完全には定まっていません。

日中は2番ホームが各駅停車主体、3番ホームは準急や快速、5番ホームは急行で、7番ホームは未使用ですが、朝夕はまるで決まりはなく、朝のラッシュ時は2番ホームから準急や快速も出ます。急行は7番からもでます。各駅停車は空いているホームから発車します。

夕方も似ていて、各駅停車はほとんど2番ホームからですが、3番・5番・7番ホームは優等列車と言うだけで、急行も3番からでたり7番からでたりします。

各駅停車も時折3番だったり7番だったりしますので、改札内に設置された案内機で発車番線をよく確認しなければなりません。

さらに西武線の車両は1両の片側のドアが3ドアの車両と4ドアの車両があり、待ち合わせ位置が違います。車両は共通運用なので、同じ時間の電車でも日のよってどっちが来るか判りません。案内機のドア数も必ず確認してください。私も通勤に何時も同じ時間の電車を使いますが、日によってドア数が異なるので確認しています(所属車両の割合が、4ドアの方が多いので3ドアに当たる確率は若干低めですが)。

> (2) (1)の逆ですが、ほとんど同じ手順と考えてよろしいでしょうか?

この南口を通る経路であれば、通路の折れている所を左折する、と読み替えることで同じ手順です。

池袋の地下道は増設を繰り返したため3本のメイン通路(南地下道、中央地下道、北口地下道)を複雑に横に渡る通路があるので、記載して経路の時はそうしたものを無視して歩く方が無難です。

長い期間、西武池袋線の沿線に住んでいます。

仕事場の関係で、東武、JR、メトロと乗換をしてきましたので、その経験から書き込ませて頂きます。

> (1)山手線(大塚→池袋)⇒西武池袋線(池袋→)
> 山手線で大塚駅→池袋駅まで行き、池袋駅で西武池袋線に乗り換えたいのですが、
> 池袋駅の構内が複雑なのでわかりません。スムースに乗り換えたいのでわかりやすく教えていただきたいです。

JR改札で言う所の北口改札は、西武線に乗るには向きません。複雑な地下道を歩いて中央地下道又は南口地下道へ...続きを読む

Qオススメの映画(ファンタジー、SF)

自分の知っているファンタジー、SF系映画を見尽くしてしまって困っています。
オススメのファンタジー、SF系映画があれば教えて頂きたいです!


自分が見て面白いと感じた映画は
ネバーエンディング・ストーリー
ビートルジュース
バック・トゥ・ザ・フューチャー
ナイトミュージアム
ハリー・ポッター
ナルニア国物語
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
スパイダーウィクの謎
アイアンマン
トランスフォーマー
パイレーツ・オブ・カリビアン
です。


後、王道と言えるロード・オブ・ザ・リングやスターウォーズは何だか苦手でした。

Aベストアンサー

きっと ご覧に なられている ように 思われる のですが、挙げて
いらっしゃらない のは、あまり 面白く なかった から なの でしょうか ?
なので、そういう のと、いろいろ 違う のを、入れて みました。
でも、all 見た、あるいは、全然 out、でしたら、ごめんなさい。
「アバター」 「エアベンダー」 「デルゴ」 「9 9番目の不思議な人形」
「Dr. パルナサスの鏡」 「月に囚われた男」 「ダーク シティ」 「13F」
「パンズ ラビリンス」 「ザ・フォール 落下の王国」 「ミラー マスク」
「ブレード ランナー」 (タルコフスキーの) 「ストーカー」
「ラ・ジュテ」 「12 モンキーズ」 「ドニー・ダーコ」 「パッセンジャーズ」
「ゴーメン ガースト」 「モンキー ボーン」 「ツバル」
「ラスト キングダム」 「ネバー ウェア」 「ドクター フー」
「ベッド タイム・ストーリー」 「プリンス・オヴ・ペルシャ 時間の砂」
「アラビアン・ナイト」 「ドリーム・キーパー」 「エクスカリバー 聖剣伝説」
「タイム・ライン」 「レディホーク」 「ファウンテン 永遠につづく愛」
「二人の勇者と奇跡のダイヤモンド」 「ロスト・キングダム スルタンの暦」
「エターナル・サンシャイン」 「恋愛睡眠のすすめ」 「脳内ニューヨーク」
「ラン・ローラ・ラン」 「ルナ・パパ」 「カラー オブ ハート」
「セリーヌとジュリーは舟でゆく」 「モンド 海をみたことがなかった少年」
「ジャックと 悪魔の国」 「ヴェルクマイスター ハーモニー」
「ザ・ラスト・スター・ファイター」 「フラッシュ・ゴードン」 「トロン」 「アビス」
「スターマン 愛・宇宙はるかに」 「光の旅人 K-PAX」 「フィッシャー・キング」
( 「ゴッド・ディーバ」 「ティコ・ムーン」 「ヴィドック」)

きっと ご覧に なられている ように 思われる のですが、挙げて
いらっしゃらない のは、あまり 面白く なかった から なの でしょうか ?
なので、そういう のと、いろいろ 違う のを、入れて みました。
でも、all 見た、あるいは、全然 out、でしたら、ごめんなさい。
「アバター」 「エアベンダー」 「デルゴ」 「9 9番目の不思議な人形」
「Dr. パルナサスの鏡」 「月に囚われた男」 「ダーク シティ」 「13F」
「パンズ ラビリンス」 「ザ・フォール 落下の王国」 「ミラー マスク」
「ブレード ランナー」...続きを読む

Q池袋から自転車で各地までの移動時間を教えてください。

JR池袋駅から早稲田大学(西早稲田キャンパス)
JR池袋駅から上智大学(地下鉄四ッ谷駅)
JR池袋駅からJR渋谷
JR池袋駅からJR東京駅
JR池袋駅からJR水道橋駅
JR池袋駅から赤坂駅(東京メトロ)

池袋から各地への自転車での移動時間を大体でいいのでご存じの方がいたら教えてください。

とてもじゃないが自転車で行く距離ではないという答えでもいいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自転車ですよね?かなり昔+普通のオバサン自転車利用ですが…
JR池袋駅から早稲田大学 15分前後
JR池袋駅から四ッ谷駅 25分前後(17号+甲州街道)
JR池袋駅から四ッ谷駅 30分前後(明治通り+甲州街道)
JR池袋駅からJR渋谷  35分前後(明治通り経由)
JR池袋駅からJR東京駅 40~50分
JR池袋駅からJR水道橋駅 30分前後
JR池袋駅から赤坂駅 35~40分
ざっとこんな所です…
基本は下り坂なので、あまり疲れません。
ただし…逆に『池袋へ向かう方向』は上り坂が続くわけですから、かなりの重労働になります。
体力的に自信が無い方はJR水道橋駅→JR池袋駅で50~60分かかる可能性も無きにしもあらずです…

また、これは昔の記憶ですから現在はどうなっているかは不明ですが、
明治通りよりも国道17号経由のほうが走りやすかったです。

QSF ファンタジー映画

さっき、ネバーエンディングストーリーの話をしていて
懐かしい映画の話になりました。
映画の名前も、登場人物の名前も、俳優さんも分からないのですがネバーエンディングストーリーと同じく古い映画だと思うのです
もし、アレではないか?と思う物があれば教えて欲しいです。気になって気になって仕方ありません!!

洋画のファンタジー映画で少年と あと、4、5匹?の なんとも言えない可愛いクマのようなキャラの妖精なのか?と森で、協力しながら冒険している映画なのです。
ストーリーは、ネバーエンディングストーリーほど壮大なストーリーではない気がするのですが似たような森とか着ぐるみの古い感じの作りの映画です。
思い当たる映画があれば、是非 教えて下さい!お願いします!!

Aベストアンサー

「エンドア 映画」

で、検索してみて下さい。
「スター・ウォーズ」のオマケの作品です。

貧乏暇なしなもんで、簡単失礼いたします。
・・・お昼ご飯が・・・。

あってて、すっきりできるといいですネ。

Qファンタジーにはまっています。

お世話になります。ファンタジーなんて子供のものと決め付けて、ほとんど読書なんかしなかった私が、ファンタジーにはまりました。そこでなのですが、皆様これはお勧めというファンタジーがございましたら、おしえていただけないでしょうか?ファンタジーの奥深さにもっとはまってみたいのです。

Aベストアンサー

いわゆるアドベンチャー系とは程遠いですが・・・

安房直子さんはおすすめです。殆どが短編なんですけど。
悲しいお話が多いんですけど、結末が悲しいんじゃなくて、なんてゆうか、この悲しみは悲しい、みたいな。
等身大の悲しみを表現した作品が多いです。
可愛く微笑ましい作品も遺しておられます。
講談社文庫から5冊ほど出ています。が、著者が亡くなってから店頭で見なくなったけど多分在庫は入手できるでしょう。
昔の絵本とかは殆どが絶版みたいだけど、図書館では結構見られますよ。

私は講談社文庫の『鶴の家』が好きです。特に表題作が好き。
『日暮れの海の物語』(講談社文庫『誰にも見えないベランダ』収録)も好き。悲しい恋と裏切りの物語ですが、裏切る側、裏切られる側双方の気持ちが分かってしまうので、切ない物語です。

松谷みよ子さんをおすすめの方もおられるようですが。
松谷さんなら、私はモモちゃんシリーズを推したいですね!(*^_^*)
育児日記ともファンタジーともつかないですが…子供の頃はモモちゃんやアカネちゃんの視点で読んでたけど、今読むとお父さんお母さんの視点に気づいてドキッとしたりします。

いわゆるアドベンチャー系とは程遠いですが・・・

安房直子さんはおすすめです。殆どが短編なんですけど。
悲しいお話が多いんですけど、結末が悲しいんじゃなくて、なんてゆうか、この悲しみは悲しい、みたいな。
等身大の悲しみを表現した作品が多いです。
可愛く微笑ましい作品も遺しておられます。
講談社文庫から5冊ほど出ています。が、著者が亡くなってから店頭で見なくなったけど多分在庫は入手できるでしょう。
昔の絵本とかは殆どが絶版みたいだけど、図書館では結構見られますよ。

私は講...続きを読む

QSFとファンタジーについて。

SFとファンタジーの境目が曖昧になってきていると聞きました。
私の中では、SFは科学がメインであって、
例えるなら鉄腕アトムとかドラえもんみたいなイメージです。
ファンタジーは魔法と中世ヨーロッパのイメージです。
例えるなら、ジブリの魔女の宅急便やハウルの動く城のような世界観でしょうか。

私はSFとファンタジーは違うものと捉えています。
SFとはあくまで科学と結び付けられ、
ファンタジーは(物語の中で科学的説明がなされない)魔法などが出てきて、
SFのSであるサイエンスと結び付けられないからです。

余り、詳しく調べたわけではないのでわかりませんが・・・
皆さんはSFとファンタジーについてどう思いますか?

Aベストアンサー

魔法か科学か・・・ってよりも、過去か未来か・・・ってイメージですね。
たとえば過去のお話のゾンビは魔法で・・・かも知れませんが
未来のゾンビは薬品で・・・って感じですかね?
過去がファンタジーで未来がSF、まあSFのFはファンタジーのFのだと思っていますので
そう考えればまあ一緒だとは思いますけどね。

垣根が無くなってきた・・・ってのはもしかしたら、ストーリー展開の一つとして
過去の方がいわゆる文明の度合いが高く、なんかしらの理由でその文明が失われている
てな感じの構成がちらほら出てきたからでは無いですかね?ゲームなんかじゃ最近ありがちな
パターンの一つかなと。たとえば、表向きファンタジーな古代中世みたいな世界観なのに
そんな世界の遺跡の奥深くには、まるで秘密基地みたいな施設が・・・とかね。

まあ、一つの表現方法としては科学と魔法がごっちゃになっているのは嫌いじゃないです。


人気Q&Aランキング