通訳を目指したいと思っています。
TOEICは850点程度で、通訳の知識もゼロなので
まずは通訳養成学校に通おうと思っています。

そこでいろいろは学校から資料を取り寄せて検討した結果、
コングレ、ISS、サイマル、インタースクール、日米会話学院の
どれかがいいのではというところまでは絞ったのですが、
そこから先、どこがベストかというのを決めかねています。

そこで、実際に通っていた方や、また学校に詳しい方に
その学校の特徴や感想等を教えて頂きたいです。
また、どこの学校に行った方がその後通訳として働く上で
有利とかはあるのでしょうか?

それから、ある学校のパンフレットには
「いきなり通訳(会議通訳等)を目指すのは難しいから
まずはガイド通訳の資格を勉強しつつ学ぶのがいい」とありました。
それについて、どう思われますか?

将来のことで真剣に考えています。
どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

再度登場、scoronです。



ISSも派遣やっていますよ。私はまだまだ通訳として稼動できるレベルではないので登録していませんが、教務の方にお話すれば、コンベンション事業部という派遣やってるところに紹介してくれ、そこの面接を受けて登録、となるみたいです。その他にお仕事の紹介として、展示会とかのアテンド通訳のOJTなどのお話もあります。

これはおそらく、サイマル・インター・コングレも同じだと思います。どこが有利かっていうのはどうかなー、ちょっとわかりません。ただ、クラスでの日々のパフォーマンスというか、頑張り具合を先生はしっかり見ていて、有望と思った生徒をスカウト、というか推薦したり、というのはあるみたいです。なので、どこに入っても一生懸命勉強して、仕事のチャンスをつかむのがきっと大事なのでしょう。そうやって、在学中からOJTや派遣でちょっとした仕事からこなしていって、履歴書に書ける経歴をどんどん増やして、社内通訳などのビジネス通訳をして、その後会議通訳や放送通訳の道が待っている…というのが一応王道のようです。長いですね(笑)最初は、通訳としての経験がなくても、翻訳でも経験とみなされます。ですので、早い段階では翻訳の派遣も仕事として考えてみてはいかがでしょう。私も現在、派遣で翻訳をやっています。

あと、さっきは触れるのを忘れていましたが、ガイド通訳についてです。
ガイド通訳は英語以外に、日本の文化も勉強しなくてはいけませんよね。それに今は不況ですから、外国の方が観光で日本に来ても、わざわざ通訳ガイドを雇うことも少なく、仕事の口も厳しくなってきているみたいです。それだけで食べていくには難しいんですよね。特に新米は。いずれ本格的に会議通訳をしたいとお思いなら、ビジネス通訳とか、あとはなんらかの専門(金融、IT、法律とか)の勉強をされるほうが、近道だと私は思います。でもISSで今教わっている先生はもともとガイド通訳をなさっていた方で、そのときの勉強は役に立った、とおっしゃっています。そのへんは、学校に入ってから情報集めしてみてもいいでしょうね。

私も今はまだ恥ずかしくて、言いにくいほどのレベルなのですが、会議通訳になりたい!のです。おんなじですね。また何かあれば、お答えしますので。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

まずは、御礼が遅くなってしまい、すみませんでした。

いろいろ教えてくださり、ありがとうございました。
とても参考になりました。
10月から通訳養成学校に通いたいと思います。

お互い頑張りましょうね♪

お礼日時:2003/08/24 00:45

ちょっと遅いですが、経験者ということで少しアドバイスを。



私は現在、都内でISSに通っています。(まだまだレベルの低いクラスですが。)私は平日は仕事の関係で通えないので、まず土曜のみのクラスがあるところ、ということでインターとISSに絞りました。それから、両校に体験レッスンを受けに行き、学校の感じと教務のかたが親切そうだという(笑。けっこう大事です)理由で、ISSにしました。料金はほとんど変わらないですしね。ただインターのほうがきっと厳しそうな気がします・・・。

平日週2回通えるのなら、そのほうが力はつくと思います。まあ自分次第ですが。それでしたら、コングレも見学させていただきましたが、良さそうでしたよ。

サイマルは「同通」の同時、というところから学校名が来ているだけに、すでにかなり通訳者としての実力がある人がさらに鍛えられに行くところだそうです。入門者は相手にしてくれないらしい(泣)落ちそうと思ったので、テストも受けませんでしたが。そしてこちらも、どこかのサイトで「そーとー厳しいらしい」との評判でした。怒鳴られるらしい・・・ホントかな?

日米会話学院は昨年、半年だけのコースに通いました。ここは、先生が固定ではなく、なんと10人近くの先生がそれぞれの専門?分野(日→英、英→日、翻訳、時事などなど)を教えるというスタイルでした。これは人によると思いますが、私はあまり好みませんでした。

TOEIC850点でしたら、入門科ならまず合格するでしょう。スピーキングの実力次第では、いきなりもっと上のクラスに入れるかもしれません。ですが、入ってからがほんとに大変ですので、お互いがんばりましょうね★
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。

日米外語学院は専門学校なんですか?
知らなかったです・・・。
それに10人近くの先生に教わるのは一貫性がなかったり
落ちつかなそうですね。

私は週2回通うつもりでいて、サイマルにしようと決めかけていたところです。
でも養成学校の中でもレベルが高めなんですね?
ついていけるか不安ですね。

ISSに通っていらっしゃるんですね。
他の養成学校はその後学校と同じ会社がやっている
通訳派遣への登録率が載っていたのですが、
ISSだけ載っていなかったんです。
だから卒業後、派遣登録しやすそうって言うことで
サイマルかインターに絞ってたんです。
ISSの派遣登録についてご存知でしたら、教えていただけますか?

お礼日時:2003/08/12 11:33

回答が付いてないようなので。

。。

私は都内の通訳学校には通ったことはありませんが、地方都市の通訳学校で、短期間ですが通訳の訓練を受けたことがあります。
↓のサイトです。
http://www.icube-t.co.jp/school/index.html

そこでは、能力に応じてOJTを受けたりして、プロに登用される道が開かれていました。実際にそこで生徒として学び、後にプロとなられた方は何人かいらっしゃいます。
サイマルなども同じような制度があるのではないでしょうか。

日米会話学院は専門学校ですね。政府(外務省?文部省?)が関与して作った学校で、この分野では草分け的な存在だと理解しています。
他に専門学校としては、日本通訳協会付属の日本外国語専門学校があります。場所は高田馬場です。

専門学校はまさに「学校」ですが、サイマルのような所は既にある程度通訳の能力・実績のある方の訓練機関という性格が強いということはないでしょうか。
私は通った経験はないので、想像ですが。。。
専門学校でもその他の所でも、実際にどの程度のレベルの人たちが入っているのかを確かめる必要があると思います。
ご質問の中で名前をあげられた所は、いずれもしっかりした内容をもち、実績を挙げていると思いますが、対象とする学生のレベルが微妙に違ったり、将来のプロへの登用のルートがあったりなかったり、といった違いはあるかもしれません。
パンフレットだけでは十分わからないこともあるかもしれませんので、できれば学校に直接出向かれて、担当者からお話を聞いてみられてはいかがでしょうか。
ご自分との相性というものもあると思います。

日本通訳協会が通訳検定を実施しています。
これを目標にすると、励みになるかと思います。
(私はかなり昔に2級を取りましたが、1級はあまりにも難しくて、当面の目標を見失っています。)
↓のサイトを参照して下さい。
http://www.jipta.net/index.shtml

ガイド試験と会議通訳では、勉強の内容がかなり違うと思います。会議通訳を目指すなら、始めからその方向で勉強された方が良いかと思います。

最後に私が通訳学校に行っていたとき、先生方が強調されていたのは、

日本語の能力・センスをみがくこと
論理的に考え、「整理する」・「まとめる」能力をつけること
世の中の様々なことに関心をもち、知識をふやすこと

などでした。英語以前に必要なことがたくさんあるようです。

家にいてもできる勉強法として、私がやっていることをご紹介します。
NHKラジオ第二放送で月~土の夜10:45-11:00にビジネス英会話、その後11:00-11:15に英語ニュースを放送しています。
これを聞きながら、シャドーイングします。
シャドーイング(shadowing)とは、英語を聞きながら、それをわずかに遅れて、真似して(英語で)言ってみることです。
通訳学校でもシャドーイングは必ずやります。始めはなかなかうまく行きませんが、聞き逃したところは飛ばしてでも、最後までついていくようにして下さい。慣れるとかなりできるようになります。聞き取り能力や集中力、また耳と口を同時に使うことに慣れるために、有効な訓練です。

あまりたいしたアドバイスはできなくて、恐縮です。
がんばって下さい。

参考URL:http://www.icube-t.co.jp/school/index.html, http://www.jipta.net/index.shtml
    • good
    • 1
この回答へのお礼

naomi2002さん、ご回答ありがとうございました。
そして、お礼が遅くなってしまって、申し訳ありません。

通訳養成学校といっても学校によってレベルとかが違うのですね。
自分にあったところを見つけたいと思います。

ラジオでのシャドーイング、私も挑戦してみました。
とても難しいですね・・・。
聞き取れなかったり、どんどん遅れていってしまったり。

10月からは養成学校に通ってもっと力をつけていきたいと思います。
アドバイス、ありがとうございました。

お礼日時:2003/08/12 11:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q翻訳スクールのことで教えてください。

実務翻訳家を目指すための通信コースのあるスクールを探しています。過去ログも検索、その中で紹介されたURLにも行き、いろいろ参考にさせていただきました。フェローアカデミーやDHCはよく聞くのですがビジネス教育学会はネットではじめて知りました。

1、ビジネス教育学会はビジネス英語翻訳試験というのを実施しているそうですが、翻訳業界ではよく知られているのですか。

2、サン・フレアアカデミーでは翻訳実務検定を運営しているということですが、こちらはどうでしょうか。

TOEICは800点以上、英検準一級を持っています。知人に頼まれて、自己流で何度か翻訳したことがある程度です。翻訳のスキルをきちんと学んで将来プロとして実務翻訳ができるようになりたいです。(企業に勤めていませんので、特に得意な分野があるわけではありません。)

3、東京近辺に住んでいますが、私のような場合、どこのスクールにしたらよいのか迷っています。フェローアカデミー、DHC、サンフレア、ビジネス教育学会等、いくつか候補に絞るところまできたのですが、学校の情報やアドバイスをいただけないでしょうか。
どうかよろしくお願いします。

実務翻訳家を目指すための通信コースのあるスクールを探しています。過去ログも検索、その中で紹介されたURLにも行き、いろいろ参考にさせていただきました。フェローアカデミーやDHCはよく聞くのですがビジネス教育学会はネットではじめて知りました。

1、ビジネス教育学会はビジネス英語翻訳試験というのを実施しているそうですが、翻訳業界ではよく知られているのですか。

2、サン・フレアアカデミーでは翻訳実務検定を運営しているということですが、こちらはどうでしょうか。

TOEICは8...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。思い出したので付け足します。


一例ですが、「アメリア」は年会費が1万円ぐらいかかるんですが、毎月定例トライアルというのがあって3千円ちょっとで添削して返してくれるシステムがあります。
冊子上で全体講評、表彰(?)もあります。
そういうのも練習になるかも・・・
企業の催すコンテストにガンガン応募してみるとか。
http://www.amelia.ne.jp/user/top/introduction_01.jsp

フェローしか知らない都合上フェローアカデミーの内容を前提に書きますが、「実務基礎」からでいいかもしれません。その上の「実践」なると分野が分かれちゃうので(入学テストもある)。
「実践」で総合演習というのでもいいのかもしれませんが。

ちなみに私がなぜフェローにしたかというと、「自分にとって通学しやすい場所で、他に検討した通いやすそうな場所の学校より料金が安かった」からです。他校とじっくり比較検討して吟味したわけではありません。
(一応資料だけ他の学校も見たんですが通訳・翻訳学校で通訳のほうに力を入れていそうな印象があり、値段も高かったのでやめました)

私は基礎コースでも難しかったので(TOEIC700点台後半、英検準1級持ってません)そこでストップしてます。
その程度のレベルの人の言うことですので、あくまで参考程度にお願いします(^^;

No.2です。思い出したので付け足します。


一例ですが、「アメリア」は年会費が1万円ぐらいかかるんですが、毎月定例トライアルというのがあって3千円ちょっとで添削して返してくれるシステムがあります。
冊子上で全体講評、表彰(?)もあります。
そういうのも練習になるかも・・・
企業の催すコンテストにガンガン応募してみるとか。
http://www.amelia.ne.jp/user/top/introduction_01.jsp

フェローしか知らない都合上フェローアカデミーの内容を前提に書きますが、「実務基礎」からでいいかも...続きを読む

Q通訳案内士のレベルってどのくらいですか

33歳既婚男子です。仕事上一切英語を使う事はありません。学生時代英語が多少好きだった程度です。付属上がりの大卒なので特別な受験英語も経験しておりません。
そんな状態の私ですが「通訳案内士」という資格に大変興味を持ちました。「リタイアしたら東京の観光案内を外国の人にしたい」と漠然と考えていたら、実際にこのような資格があることを知り驚きました。
又日本の社会や文化を外国の人に紹介するための公式な資格という処に感動しました。
もっとも英語力という絶対的なハードルがあるのですが、
もう一度改めて英語を勉強しなおしたいと常々思っていた下地もあり、是非この資格にチャレンジしたいと思いました。
しかし正直、現実のレベルがゼロに近いので中学生の英語の教科書と参考書からやろうかとも思っています。しかし実際の試験はどの程度のレベルなのでしょうか?英検で言うところの@級、TOEIC@@@点レベル大学入試レベルとか具体的な例で教えてください。

Aベストアンサー

1980年頃で「通訳案内業」といっていた頃に受験しました。合格後の1週間の研修会にも参加し、免許も取得しましたが、オールラウンドの英語力をつける一環として受験したので、仕事をしたことはありません。

その経験と、現在どのような問題がでているかは知っています(あまり変わっていない)ので、それをベースにご参考までに。

大まかに言えば、一定レベルの英語力プラス試験用の対策、になるかと思います。「リタイア後・・」とのことですが、1年でも早めにとっておいた方がいいと思います。

英語力としては「最低で英検2級。準1級あれば楽」のレベルと思います。また、ガイド増員という行政の意向もあり、合格率はかなりあがってきているので、難関ではないと思います。昔の合格率5-6?の頃も英語的には英検1級より楽なレベルでした。

貴殿の現在の英語力はわかりませんが、まず英検2級合格レベルをめざす(まだなら)がいいと思います。具体的には、英検2級対策をしながら基礎的な英語力をつける。

2級対策では英文作成能力はつきにくいので、同時に和文英訳・自由英作文の練習をするといいと思います。まずは、中学及び高校生用(やさしめ)の参考書で練習して基礎的な力をつける(毎日5題とか・・・こつこつとやっておれば知らずに「力」はついてきます)。また、意外と「大学受験英文解釈」の勉強が役立つと思います。

ある程度力がついてきたら、(1)過去問を何回もやる(なれるし、どんな問題がでそうか?など役立つ)、(2)英字新聞を読む(ヨミウリが問題にでることがけっこうあるとか・・。また、試験で問われる「現代・日本事象用語?」をどう英語で言うかリスト作成(例:年金、餃子、引きこもり、・・・))

イメージとしては、あるレベルの一般英語力あれば、過去問練習しガイド用語(日本事象用語)をやっておけば大丈夫とおもいます。

また、英検1級合格者は一次試験免除ですから、面接対策と日本事象用語暗記をしておけば・・・

「都内案内」だけでは多分「知的刺激に欠ける」とおもうようになるかもしれないので、産業視察などの同行通訳などの仕事も入れるようになれば、貴殿の「仕事で蓄積した知識・ノウハウ」も活かした「通訳ガイド」もできるかと(→仕事の巾を大きくしておく)。現在の状況わかりませんが、純粋な観光ガイドはガイドが余っている(ベテランガイドで用足りてる?)ようなことを聞きますが・・・。

1980年頃で「通訳案内業」といっていた頃に受験しました。合格後の1週間の研修会にも参加し、免許も取得しましたが、オールラウンドの英語力をつける一環として受験したので、仕事をしたことはありません。

その経験と、現在どのような問題がでているかは知っています(あまり変わっていない)ので、それをベースにご参考までに。

大まかに言えば、一定レベルの英語力プラス試験用の対策、になるかと思います。「リタイア後・・」とのことですが、1年でも早めにとっておいた方がいいと思います。

英語力...続きを読む

Q翻訳講座は仕事に直結しますか?

翻訳講座(通信)受講を検討中ですが、その後仕事がないのでは?と思うとふんぎりがつきません。DHC、バベル等ありますが、どこの講座が良かった、終了後ガンガン稼動している等の経験談を教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

翻訳教室に通学したことがあります。
(うーん、でもまだ翻訳できるレベルじゃなかったんだなこれが)
仕事してないので「一般人」としておきます。

翻訳のコツを教えてくれるし、勉強を続けていく上で、役には立ちました。
はあ、こういう世界なのか~、と。

通信制でも通学制でも、またどこの学校でもこれは同じだと思いますが、講座を修了したとて、仕事を得られるとは限りません。
No.1の方がおっしゃるように、トライアルを受けるのが一般的。
トライアルに受かってもすぐ仕事があるかどうかも分からないようです。
(だから多くの人は複数会社に登録するらしい)

卒業後にトライアルを受けやすい体制を取っている学校もありますが、実際に仕事を得られるかどうかは本人の努力次第です。

ちなみに私が行ったのはフェローアカデミーで(通信制もあり)、仕事紹介や情報交換の場として「アメリア」という会があります。
http://www.amelia.ne.jp/user/top/introduction_top.jsp
これは受講生や卒業生以外でも入会できると思いますが、会費がかかります。
ここは場を提供するだけで、採用・不採用は翻訳会社が決めます。

また、ニフティの翻訳フォーラムは老舗的に有名らしい(私はまだ入ってないけど、インターネット以前のパソコン通信時代から存在していました)。

No.2の方がおっしゃるように、翻訳家になるには?というような情報を探すと、どういう風に仕事を得るのか書いてありますよ。
・・・あっ、あと、何翻訳をやるかにもよりますね。
一番仕事を得やすいのは実務翻訳ですよね。

アルクのサイトに翻訳者へのインタビューなど載っているようです。
  ↓

参考URL:http://www.alc.co.jp/eng/hontsu/h-wakaru/index.html

翻訳教室に通学したことがあります。
(うーん、でもまだ翻訳できるレベルじゃなかったんだなこれが)
仕事してないので「一般人」としておきます。

翻訳のコツを教えてくれるし、勉強を続けていく上で、役には立ちました。
はあ、こういう世界なのか~、と。

通信制でも通学制でも、またどこの学校でもこれは同じだと思いますが、講座を修了したとて、仕事を得られるとは限りません。
No.1の方がおっしゃるように、トライアルを受けるのが一般的。
トライアルに受かってもすぐ仕事があるかどうかも分...続きを読む

Q通訳になるために必要な勉強期間

こんにちは。現在TOEIC740点の者で、将来通訳になりたいと思っています。以前通訳学校の先生に「今の実力じゃ時間はかかるけれど地道に勉強していけばいつかパァっと霧が晴れたように英語が聞き取れるようになる」と言われました。その時に具体的な勉強方(ディクテーションやリプロなど)も教えていただきました。通訳学校で教わった勉強方法や自分なりの方法でこれから真剣に勉強したとして、どれくらいの期間で先生のおっしゃるレベル(英検1レベルくらい?)になれるでしょうか?勉強内容や人それぞれの上達レベルがありますので勿論一概には言えないと思いますが、今、今後の長期勉強計画をたてておりだいたいの目安として知りたいです。ちなみに今は専業主婦で子供もおらず勉強時間は1日たっぷり取れるので7時間くらいで計画をたてる予定です。(少ないでしょうか?;)こんな質問で申し訳ありませんが、教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英検一級レベルとプロ通訳のレベルでは英語力に雲泥の差があります。地道な努力することで英検一級レベルまでは行けるかもしれませんが、プロ通訳レベル(国際会議の通訳者とか、放送通訳者とか)まで行ける人はほとんどいないと思います。

「通訳ガイド」もプロ通訳に含めるのなら、難易度的には英検一級レベルなので、努力すれば合格するでしょう。英検一級合格者は一次が免除されるようになったのではなかったでしょうか。

とりあえずは英検一級とTOEIC950点以上レベルの英語力を目指すとして、今の実力からして、1年から3年くらい、またはそれ以上かかると思います。今は英検一級レベルはすごいという印象を持っておられるかもしれませんが、受かってみると実際はそれほど大したことはないということが、実感としてわかります。

英検一級=英語なら何でもわかる、では決してないです。とはいっても、一級に合格するまでかなりの時間と労力を要します。とにかく合格してみて、それからプロ通訳を目指してさらに厳しい勉強を続けられるのか、再度自分に問うてみるのがいいかもしれません。

Q通訳者になるための最短距離は?

通訳者になるための方法を私なりに模索したのですが最適な方法があればご教授下さい。

現在、私は無職の27才、国内で物理の学士号を取得、コンピューター会社に4年勤務、英語力はCBT TOEFL173程度しかありません・・・(英会話は自信ゼロ)

1:海外の大学に留学する→帰国後、通訳の専門学校などに通う→派遣会社などから仕事をもらう

2:語学留学などを通しながら英会話力を身につけ、かつTOEFL230以上まで上げる→海外の大学院に留学をする(イギリスのバース大学の通訳・翻訳修士など)→帰国後、場合により専門学校等に通いエージェントに登録して仕事をもらう

1のプランの欠点は時間がかかりすぎる(3~4年)ことです。現在の私の英語力を考慮すれば致し方ないのかもしれません。
2のプランで心配な点は語学留学の信用性(日常会話はできてもTOEFLの点数はあがらないとか)+大学院の通訳課程の実用性(行く価値があるものなのか?)

上記のプランは(留学)+(少しの期間でもネイティブに囲まれる)事が前提となっております。どうか宜しくお願いいたします。

通訳者になるための方法を私なりに模索したのですが最適な方法があればご教授下さい。

現在、私は無職の27才、国内で物理の学士号を取得、コンピューター会社に4年勤務、英語力はCBT TOEFL173程度しかありません・・・(英会話は自信ゼロ)

1:海外の大学に留学する→帰国後、通訳の専門学校などに通う→派遣会社などから仕事をもらう

2:語学留学などを通しながら英会話力を身につけ、かつTOEFL230以上まで上げる→海外の大学院に留学をする(イギリスのバース大学の通訳・翻訳修士など)→帰国後、場合...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。もう、留学先決められましたか?ご参考になるかどうかわかりませんが、反面教師として私めの失敗談を。英検一級を取ったあと東京の会議通訳基礎コースに1年通いましたが、芽が出ずやめました。専門知識、英語力、日本語力、反射神経、意外なのが文章を簡潔に図式化するテクニックや手首の運動・・・「速記力」です。
全くの実力社会で、本当に会議通訳になれる人は最上級のクラスのトップだけ。しかも一人前になるのに5年かかると言われ、諦めて企業に就職しました。大体、基礎科で教えている先生でさえ、時々しか仕事が無かったようです。(余談ですが、男勝りだけど女優みたいな先生・生徒が多く、通訳学校は「女の園」でした。黒子といいつつ、ブースにいるのでなければ結構視線浴びる職業なんですよね。シャイな人には向きません。)
通訳学校の授業はある日は経済・ある日は政治・ある日は環境問題・ある日は地質学の通訳と、めまぐるしくテーマが変わります。oleoleさんがもともと物理専門ということは、学会などの通訳をされるのでしょうか?もしそうでしたら、全部を網羅しなければいけない通訳修士より、物理に絞ったほうがいいと思いますが・・・。
皆が英語を勉強する時代になって通訳業界は今かなり厳しいので、もし万が一通訳で失敗しても特許事務所などで特許翻訳が出来れば、リスクヘッジできるのでは?
いずれにせよ、貴方のチャレンジスピリットに敬服します。頑張って下さい!!

こんにちは。もう、留学先決められましたか?ご参考になるかどうかわかりませんが、反面教師として私めの失敗談を。英検一級を取ったあと東京の会議通訳基礎コースに1年通いましたが、芽が出ずやめました。専門知識、英語力、日本語力、反射神経、意外なのが文章を簡潔に図式化するテクニックや手首の運動・・・「速記力」です。
全くの実力社会で、本当に会議通訳になれる人は最上級のクラスのトップだけ。しかも一人前になるのに5年かかると言われ、諦めて企業に就職しました。大体、基礎科で教えている先生で...続きを読む

Qインタースクールのレベルチェックについて・・

先日、インタースクールのレベルチェックテストへ行ってきました。
1週間ほどして、事務の方からTELがあり、
「相当なレベルをお持ちで・・・、○○のクラスに(←たいしたことない)入っていただけることになりました。
このクラスの中でも上の方なので、このクラスを1ターム受けていただけば、ほぼ進級は可能のある方とのことでした。・・・・」

といわれました。
どう見ても、あのできの悪い、苦手なところをつかれたテストだったのに・・・という感じでした。

それにもかかわらず、↑おだてあげられ、クラスもそうかな?って感じ(全体のレベル)だったのですが、郵送でテスト結果がでてきて、さらに???というかんじが・・・。

クラス名だけではなく、分野別(語彙、文法、読解・・・)ごとに判定(A~E)されるのですが、その判定もあまりよくありませんでした。

ブログでどなたかのレベルチェックで、具体的にAとかBとか・・・と、ふりわけられたクラスを書いてる方がいらっしゃるのですが、
あまりよくわかりません・・・。

どのような基準なののか?よくわからないのですが・・AとかB判定とかでなくても良い結果なのでしょうか?

ちなみに私が受けたのはフランス語です。 だから余計に情報がないのです・・・。

(昨今、生徒集めに必死なのかとも思ったのですが・・・。)

先日、インタースクールのレベルチェックテストへ行ってきました。
1週間ほどして、事務の方からTELがあり、
「相当なレベルをお持ちで・・・、○○のクラスに(←たいしたことない)入っていただけることになりました。
このクラスの中でも上の方なので、このクラスを1ターム受けていただけば、ほぼ進級は可能のある方とのことでした。・・・・」

といわれました。
どう見ても、あのできの悪い、苦手なところをつかれたテストだったのに・・・という感じでした。

それにもかかわらず、↑おだてあげられ、ク...続きを読む

Aベストアンサー

その学校に行ったことがないのではっきりしたことは分かりませんが、

電話口で褒められたとしても、振り分けられたクラスが質問者様曰く“たいしたことない”のであれば、それが結果ということなのではないでしょうか。

HPを探して見てみましたが、フランス語通訳・準備科~基礎科IIの中で振り分けられるということなのでしょうか。
また、目安がフランス語検定4級~1級とのこと。
一番簡単なのが準備科で4級レベル、一番上が基礎科IIで1級レベルという風になっているのでしょうか?
下から上まで、かなりレベルが違うのではないでしょうか。

他校の実務英語翻訳コースに通ったことがありますが、入門レベルは比較的簡単でした。基礎レベルはもっと難しくなり、私は「このままこれ以上進んでも付いていけなそうだし、基礎力が足りないな。翻訳でなくまず英語の勉強をしなければ」と思い、次のレベルには行きませんでした。

QNCC綜合英語学院の授業・講師につきまして

NCC綜合英語学院に通われている生徒の方の本当の意見を聞きたいです。

この学校を含めいくつかの学校を検討しておりますが、口コミの評判はこの学校が
一番良いように思います。ただもう少し具体的に知りたいのです。

『TOEIC500前後の私がこの学校に入ったらTOEIC900になりました』
『この学校で一生懸命勉強したら通訳になりました』
このような回答は今までの口コミでたくさん拝見しましたので、もっと具体的な授業内容や講師の質を知りたいのです。

NCC綜合英語学院のHPを拝見しましたが、講師の経歴等がございませんでした。そこで検索をかけてみたらリクナビネクストで講師を募集しておられました。そこには『意欲や興味があれば、学歴・経験等を問わず歓迎します』と書かれており少し不安になりました。学歴はまだしも経験無い素人でもOKということは無いですよね?その募集ページにはTOEIC何点以上や英検何級以上というのも無く、HPの教員募集ページの募集資格と異なった内容でした。もっともHPの方は主任教員となってましたが。

私がお伺いしたい内容ですが、(1)授業内容詳細と(2)講師の経歴等です。

(1)授業内容詳細ですが、批判的な意見の方に多く見受けられたのが『例文の暗記暗唱』でした。例文の暗記暗唱自体は良いと思うのですが、まさかテキストの例文の暗記暗唱のみでは無いですよね?授業中にその例文を使って応用をきかせたりディベート等をしたりすると思うのですが、そういった具体的な内容を知りたいです。日本人の講師による理論演習もどのような内容か知りたいです。
普通に考えれば例文暗記でTOEIC500の人が数ヶ月でTOEIC900以上になるのは考えにくいので、何か特別な事があるとおもうのですが、そのようなものがあればこちらも教えてください。

(2)講師の経歴等
これまでの口コミに講師の熱心さや親身さは書かれており拝見しておりますので情熱は疑っておりませんが、リクナビの募集ページを見て不安になりました。TOEIC初心者を短期間でTOEIC800以上や900以上まで上げるとなると凄腕の講師だと思いますが、講師自身もTOEIC等はかなり高スコアをお持ちということでしょうか?あと、ネイティブ講師についてですが、こちらは過去の口コミで批判が少々ございました。またリクナビネクストの募集ページには日本人講師は全員正社員と書いてあります。ネイティブ講師については正社員ではないということでしょうか?正社員では無くても質は他の英会話学校に比べて上なのでしょうか?


やはり高いお金を費やすのですから、納得した上で入りたいと思います。
このような質問は『説明会に行ったら長時間親身に聞いて、実際の授業内容を見せてくれる』という回答を頂きそうですが、40万以上の費用をかけるのですから当たり前です。私は営業ですからお客様に納得して頂くためにはそれ以上の時間を掛けることもザラにあります。それでも買って頂けない事も当然のごとくあります。実際の授業内容を見せてもらうのも当たり前です。私はメーカーの営業ですからデモンストレーションという言葉になりますが、同じ事だと思います。

ですのでその回答は求めておりません。上記2点につきまして詳細を教えてください。
お願い致します。

NCC綜合英語学院に通われている生徒の方の本当の意見を聞きたいです。

この学校を含めいくつかの学校を検討しておりますが、口コミの評判はこの学校が
一番良いように思います。ただもう少し具体的に知りたいのです。

『TOEIC500前後の私がこの学校に入ったらTOEIC900になりました』
『この学校で一生懸命勉強したら通訳になりました』
このような回答は今までの口コミでたくさん拝見しましたので、もっと具体的な授業内容や講師の質を知りたいのです。

NCC綜合英語学院のHPを拝見しましたが、講師の経歴等がご...続きを読む

Aベストアンサー

No.3です。

●暗記暗誦など、生徒が自分で出来ることは全部宿題です。
例えば、
<書く>英作文の宿題をこなした上で添削指導が入ります。
<読む>宿題でまず読解をこなした上で、授業にて必要な解説が入ります。
<聞く>日本人クラスは音声教材を使ったディクテーションがメインで、まずは宿題から。
<ネイティヴクラスは当然それ自体がリスニング、他、肉声によるコンプリヘンション>
以上、レベルによって大きく異なりますが、自分で出来ることが宿題となり、授業では、教師による直接指導が必須である指導内容に終始します。
具体的には、
1.暗記暗誦の宿題チェック
2.語彙、サブ教材の例文チェック及び解説
3.クラスによっては英作文、英文読解等の宿題チェック及び解説、ディクテーションの解説
4.口頭英作の理論演習<ECOP><この詳細に関しては、No.4の方がリンク済みですが、http://www.ncc-g.com/page13.htmlとにかくすごいボリュームです>
5.口頭英作の実践演習<Interpretation>
6.クラスによっては発音指導

●ネイティヴクラスは日本人クラスとは別の日にある場合が多く、初心者は日本人クラスの応用練習。
中級以上の生徒はディスカッション、ディヴェートなど。<マテリアルはジャーナル系の英語雑誌・英字新聞などで大量の予習・宿題が必須>

●それから、No.4の方もおっしゃるように、シニア教師から個別にカウンセリングや指導を受けることが多分にあります。
これによって、カリキュラムが個別に異なり、また、クラスも異なってくるので、NCCの授業が判で押したように<こうだ!>と言い切ることができないのです。
そのためにも、入学相談会で教師側と生徒側のすり合わせが大切だと言っているのです。
既成の製品を売買するのではなく、自分に必要なモノをNCCで作ってもらえるのか<教師と一緒に作っていけるのか>という問題なのです。

●教師の求人に関しては、リクナビが公式でないかどうかは知りませんが、多くの応募者を募り、能力のある人を多角的に発掘するための試みのようです。
<私も含めNCCの卒業生が多数応募していますが、プロ+αの実力がなければまず採用されません>。つまり、入り口を広くしているだけで、実際に採用されるのは、HPにある募集要項の<主任教員>レベル<プロ+αの通訳レベル>だということです。もちろん、それ以下の人も募集している以上、髙い競争率を経て採用されることもあるでしょうが、それでも、主任教員に昇格するまでは補佐的な仕事をすることになると聞きました。
入り口を広げ多方面から募集しているのは、No.4の方がおっしゃるように、教育に大切なのはまず熱意だからです。<予備校で自ら教えていてよく分かります>。学歴・経歴にこだわって採用するのなら、極端な話、大学教授のような人を雇用すればよいことです。<或いは、生徒もそれを望むのであれば、大学で学べばよいことです>。しかし、大学の教員とは違う経歴なれど<情熱は誰にも負けない>というような人が中にはいるでしょう。そんな人にチャンスを与え、NCCで見習いをしながら成長するための募集枠を用意している、ということだと思います。
いかにもNCCらしいことで。

No.3です。

●暗記暗誦など、生徒が自分で出来ることは全部宿題です。
例えば、
<書く>英作文の宿題をこなした上で添削指導が入ります。
<読む>宿題でまず読解をこなした上で、授業にて必要な解説が入ります。
<聞く>日本人クラスは音声教材を使ったディクテーションがメインで、まずは宿題から。
<ネイティヴクラスは当然それ自体がリスニング、他、肉声によるコンプリヘンション>
以上、レベルによって大きく異なりますが、自分で出来ることが宿題となり、授業では、教師による直接指導が必須である指導...続きを読む

Q日米会話学院について

みなさんこんにちは

現在は社会人であり、夜(もしくは週末)を利用し、英語をまじめに一年くらい時間をかけて勉強しようと考えております。目標は英語会話力や文書力を身につけ、TOEICなどの試験にも挑戦したいと
思っております。

NOVAのようなゲームをしたり、雑談したりする学校ではなく、
授業形式で本格的な学校をさがしていたが、日米会話学院の夜間
社会人向けコールを見つけました。
http://www.nichibei.ac.jp/program/synthesis_night.html

質問1: 上記学校の卒業者や経験者にお聞き致します。
実際ホームページ通りでちゃんとした学校でしょうか。
"おすすめ"の学校でしょうか。

質問2:同様な学校と比較してみたいが、いくつか推薦していただ
けないのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

日米のいろいろなコースを10数年前から(一時離れましたが)受講しています。
一番最初に受講したのが、今質問者様が思案中のコースでした。
クラスは成績別で半年毎に進級試験。成績だけではなく出席もとても厳しく出席率の低さで落ちる人いました。(私は仕事中断して日中でしたが夜は仕事があるので微妙に違うかもしれません。)
宿題が多く気軽に参加するととても追いつけません。でもそこをがんばればどんどん上達すると思います。

グループ学習ですので、他の方の話し方や注意を聞ける特典も大きいと思います。
先生の質はとてもよいですよ。みなさんきちんとした資格を持っている人でこちらで教えて10年、20年以上というベテランの先生ばかり。
授業料もそれほど高くなくてお勧めの学校だと思います。
4月からまた別のコースを受講する予定です。がんばってくださいね。

Q翻訳家になられた方に、まじめなご相談です。

翻訳家になられた方に、まじめなご相談です。
小生は、現在50歳男性、わけがあって会社を辞めて半年です。学生時代から英語が好きで、会社は外資系のグローバル企業につとめました。本来は翻訳家にすぐにでもなりたかったのですが、まだまだ英語を鍛えようと外資に入りました。
さて、会社を辞めたのは、実は会社の都合でそうなりました。でも、これをきっかけに翻訳家になりたいと思っています。これまでの翻訳経験は、過去に3年程あるヨット専門月刊誌で連載の翻訳を担当したことがあるだけです。
翻訳家になられた方々はどうやって道を切り開かれたのでしょうか?体験談をお聞かせ願えませんか?
「翻訳OOOO」という季刊誌を読んでも、成功談や美談は書いてあるのですが、すぐに私に役立つという情報はあまりありませんでした。
なにとぞ、よろしく、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

見逃していたらすみません。意外とどなたも書いておられないような気がするのですが、翻訳業界では口コミがモノを言うのは有名な話です。それ以外に、客観的に能力を判断する方法があまりないからです。例えば、トライアルに合格しても、いざ発注してみると、量がかさむにつれて質が落ちる、いつまで経っても文体を担当者の好みに合わせられない、下手すると締め切りを守らない、といろいろなことが生じます。その点、口コミなら、その人の人となりやこれまでの仕事の進め方にお墨付きがついたようなものなので、皆、口コミで雇いたがるのです。

私は「家」が付くほどの者ではありませんが、自分もクライアントも長く快適に仕事を続けられているケースは皆、もとをたどれば口コミでもらった仕事です。質問者さんの場合なら、翻訳学校の先生に挨拶がてら連絡してみる、そのヨット誌の関係者に連絡してみる、などの方法が考えられます。また、とかく「会社の都合」で大勢の退職者が出ると、そのうちの何人かは、会社での実績を活かして新たな事業を立ち上げるもので、その際に、翻訳の心得がある元同僚に手伝いを依頼したりします。なぜなら元の会社の業界の流れに詳しいからです。

何にせよ、人間関係を大事になさるといいでしょう。それと同時に、人間関係に“注意”なさるようおすすめします。翻訳業界はクセのある人が多いので。ちなみに収入面では副業が欠かせないのは、皆さん、お書きになっているとおりです。

それから、意外と書かれていない点をもうひとつ。私は質問者さんと同年代ですが、この年齢になると翻訳は肉体的にキツイです。老眼と整形外科系関係はお大事に。

見逃していたらすみません。意外とどなたも書いておられないような気がするのですが、翻訳業界では口コミがモノを言うのは有名な話です。それ以外に、客観的に能力を判断する方法があまりないからです。例えば、トライアルに合格しても、いざ発注してみると、量がかさむにつれて質が落ちる、いつまで経っても文体を担当者の好みに合わせられない、下手すると締め切りを守らない、といろいろなことが生じます。その点、口コミなら、その人の人となりやこれまでの仕事の進め方にお墨付きがついたようなものなので、...続きを読む

Q実際通訳されてる方!苦労話を聞かせてください

職種は事務ですが、TOEIC830点持っているので、たまに、会社で役員の通訳や翻訳を手伝うことがあります。

先日、外国からの来客対応で、少しだけ通訳を任されました。が・・・もう穴に入りたい気分で未だに落ち込んでいます。理由は、私は通訳するには決して十分ではない英語力しかないという事もそうなんですが、話のバックグラウンドが分からないまま、突然通訳を依頼されたことの緊張、もともと人見知りする性格、その会議が役員だらけで、平社員の私には居場所が無かったなど、言い訳ももろもろありますが、きちんと通訳できなかったので、未だに恥ずかしい思いです。自分に対してです。もし現在プロとしてご活躍されている方、もしくは私のように会社で業務の一環として通訳など担当されている方がいらっしゃいましたら、「過去にはこんな失敗談もあったが、こんな努力した」などの話を聞かせていただければ幸いです・・・よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3の再々入場です。 

今から40年も昔、初めて通訳をしました。 その時の経験です。

インドネシアの田舎から来られたキリスト教の牧師先生のあいさつを通訳したのですが、これがさっぱり聞き取れないのです。 モタモタしていると、米国から来られた宣教師の先生が、インドネシア英語を聞き取りやすいアメリカ英語に直して下さって、ようやく通訳出来ました。 最初の経験でしたので、印象が深いです。 その時、同じ英語でも随分と違うものだと痛感させられました。 

私は技術移転の仕事が主でしたから、技術の専門家を連れて、お客様の工場に出向き、説明をします。 ひどい英語で聞き取れないこともあります。 そこで、肩から提げられる、小型のホワイトボードを携帯して乗り込み、わからない点は彼らに書かせました。 技術の細かなやり取りになると、図で書いたり、現場の配管を見取り図にして説明すると、失敗が防げます。 

工場に三ヶ月もいると、英語で考える習慣が身につきました。 こういうどさ周りが一番英語が身につきます。 田舎の現場ではミスをしたって、たいしたこともないので、平気で失敗を重ねました。 誤訳も沢山あったでしょうが、気にしないで翌日訂正しておきました。 若いうちに現場で英語を使うのが良い訓練になります。 

日本でお客様を迎えて会議の時は、私がホテルまで出迎えに行き、連れて来ました。 タクシーの中で会話をしていると、相手の発音のクセも飲み込めます。 通訳をする場合には、事前に本人と接触出来る特権があるわけですから、これを利用しない手はないでしょう。

それと、外国のお客さんを迎えて会議をする時には、事前に資料を用意して、必要枚数をコピーして配っておくことですね。 それと、会議の議題も黒板に書いて、それに従って進めるとスムーズに行きます。 日本人は外人のお客さんが好きだから、沢山の人が出席して来るでしょう。 外人の客一人に、日本人の出席者が二十人なんてことも少なくありませんね。 こういう席だと通訳も緊張しますね。 ご苦労の程がしのばれます。 

TOEIC830点は立派な成績ですよ。 もうひと頑張りでプロの領域に入れます。 がんばって下さい。 それと、通訳の場が与えられたら、積極的に手を上げて下さい。 何事も経験です。 

最後に通訳のプロを目指されるのなら、英語の発言をすばやくメモに取る訓練をお薦めします。 これは特殊技能ですから、必ず高い評価を受けられますよ。 

#3の再々入場です。 

今から40年も昔、初めて通訳をしました。 その時の経験です。

インドネシアの田舎から来られたキリスト教の牧師先生のあいさつを通訳したのですが、これがさっぱり聞き取れないのです。 モタモタしていると、米国から来られた宣教師の先生が、インドネシア英語を聞き取りやすいアメリカ英語に直して下さって、ようやく通訳出来ました。 最初の経験でしたので、印象が深いです。 その時、同じ英語でも随分と違うものだと痛感させられました。 

私は技術移転の仕事が主でし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報