通勤電車の中で気軽に読めて
くすりと笑えるシュールな
笑い本を探しています。

気軽に読め、それでいて人生観が変わるような
哲学的な要素もあり、なおかつ、
かなり笑える本を知っている方
ご紹介下さい。

ぜひ読みたいのです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中11~18件)

こんにちは。


以前にも似た様な質問がありましたが、中島らもさんは面白いですよー。
あとは・・・ドリアン助川さんの『言葉ノート』。
これは雑誌 ダ・カーポ に連載されていた当時から毎号楽しみにしていました。

参考URL:http://www.rasputin.co.jp/%7Esakebu/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

aquamgさん、こんにちわ。
中島らもさん、読んでみます。
ドリアン助川さんは 熱く詩を朗読する男性ですよね。
物事を深く考えている真面目な方だという印象が
あります。
URLまで記入していただき ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/04/08 22:50

原田宗典さんのエッセイは笑えますよ。

初期のエッセイ集は腹がよじれるくらい笑わせてもらいました。特に「17歳だった」が一番かな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HATさん こんにちわ。
原田宗典さんのエッセイ集はたくさんありますね。
「17歳だった」は過去に読んだ事がありましたが
かなり以前の事ですのでもう一度読み返して
見ようと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/04/08 22:42

これはかなり有名な本なのでもしかして、もう既に読まれているのではないかと思いますが、私が読んだ本の中で“一押しお勧め”の本といえば‥ 


司馬 遼太郎著 『竜馬がゆく』
これにつきますね。全8巻なので読み応えはあると思います。歴史ものでとっつきにくいような気もしますが、読み始めるとあっという間にはまりますよ。私は通勤電車の中で読んでいて、思わず吹き出しそうになった事もあります。いつの間にか、竜馬の人柄に引き込まれていましたよ。もしまだ読んでいないのでしたら、ぜひぜひ読んでみてはいかがでしょうか。ちなみに、私はかなり影響を受けましたよ‥(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tomotomoさん ありがとうございます。
実は 歴史小説というものを 今まで読んだことが
なかったんです。(何巻もあって途中で挫折しそう。。&
表現や文体が難しそうと言うイメージで^^;)
本屋さんに行っても、つい私小説的なものばかりに
目がいっていました。
ですからアドバイスを聞いて
新しいジャンルを開拓してみよう
と言う気持ちになりました。
「竜馬がいく」というのがテレビドラマでやっていた時
観たことはあります。
(でもテレビの時は特に笑えませんでした。)
小説の方がおもしろいのかしら。。
とりあえず 今回、食わず嫌いをしないで
読んでみます。(@^▽^@) 
歴史小説で笑えるものがあるとは
思っても見ませんでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/08 06:59

朝日文庫 歴史上の本人


ISBN:4022642319
朝日新聞社 (2000-11-01出版)
・南 伸坊【文】・南 文子【写真】\940
本書は、歴史上の人物本人が、自分を思い出す旅のルポを書くという、歴史上類を見ない新機軸の本である。外見の似た人は、考え方も日常の習慣も似ている。
だから、外見を似せれば本人の考え方も体験できる、という「本人術的理論」を提唱した著者自身による、理論実践の写文集。

二宮尊徳―金次郎はナゼ偉い?
金太郎―金太郎とは何者か?
仙台四郎―この人は誰だ?
松尾芭蕉―奥の細道の謎
シーサー―シーサーは何処から来たか?
キジムナー―キジムナーの思想
徐福―徐福の謎
聖徳太子―聖徳太子外人説
大村益次郎―ヘンな顔の偉人
大国主命―亜細亜の白兎〔ほか〕

これは面白いです!ただ、噴いちゃうので、通勤電車、大丈夫かしら...
この方の本は、大抵難しくなっちゃいそうな深い洞察が、実にすらっと書いてあって、すごいです。達人です。この方のお友達?の方々の本もそういう感じで、深いです。赤瀬川源平さんや、藤森照信さん、糸井重里さん...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

むむ。。なにやら 興味深い感じ。。
ちょっと 変わった本という印象。
はてな 印が たくさんついてしまいました。
なので 余計 気になってしまいました。
『「本人術的理論」を提唱した著者自身による、
理論実践の写文集。』というあたりは、
なにやら 難しそうですし。。
通勤電車で ふいちゃうくらい笑えたら
ホントにうれしいです('-'*)
(南伸坊さんの本は 今まで読んだ事が
ありません。お友だちの方も糸井さん以外
知りませんでした。)
ぜひ読んで見ようという気持ちになりました
baianありがとうございました。

お礼日時:2001/04/08 07:12

こういう本って言うのは、日本人苦手ですね。


日本人と限定なさってはいないけれども、質問を拝見した
瞬間にそう思いました。深い教養とユーモアっていうのは
一朝一夕には身につくものでは在りませんからね。

お奨めはズバリ。
伊丹十三著
「女たちよ」(文春文庫)です。

これを書いたのは著者が30代のときなんです。
随分と老成した感じがします。今では日本では常識に
なっていることを1960年代に既に注目して書いて
いたりするんで(それがまた実にいろいろな分野でね)
たぐいまれなる才能を持った人だったと思います。
    • good
    • 0

A.ビアスの「悪魔の辞典」は読まれましたか?


哲学的要素、というのとは違うかと思いますが結構ブラックなジョークもあり高度なジョークあり、クスリと笑うこともあります。

構成自体、辞典のパロディですからどこからでも読めるところも電車向きかと思います。
    • good
    • 0

パキラハウスの『ちょっとしたヒトの叡智』というのが講談社から出て


います。内容は叡智というより、ちょっとした裏技といったようなもの
ですが、気楽に読め、哲学的な要素もあり、けっこう笑えました。
ほんの少し、さわりだけ、、、。

☆ ハイキングに行って知らない草の名前を尋ねられたら『ヒメ』+
『ミヤマ』+『知ってる草の名』を言うと、もっともらしく聞こ
える。たとえば、『ヒメミヤマペンペングサ』。

☆ 『かわいそう』とは、『ほれた』ってことよ。

など、全部で888項目あります。
    • good
    • 0

こんにちは!マジでお勧めの本あります!!さくらももこさんの「モモのかんずめ」って言う本です。

他にもさくらさんシリーズなら何でもお勧めです。マジで面白いです。読んでみてください!是非是非!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yoshinobuさん。
早速のご返答ありがとうございます!
「マジでお勧め」と言うところにかなり惹かれました。
さくらももこさん とは同県出身なので
波長が合いそう!ももこさんの本には
今まで特に 縁がありませんでした。
早速 明日「モモのかんづめ」
を買いに行こうと計画中。
ありがとうございました。
「是非是非!」というアドバイス通り、
早速 読んでみます!

お礼日時:2001/04/07 22:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q笑える本ありますか?

読書が好きですが、時々読むのに疲れて億劫になります。特にミステリをよく読むのですが重たいテーマの本を続けて読むとげんなりしてしまいます。
こういう時、軽く読めて笑えて愉快な気分になり爽快にしてくれる本があればなあ、と思います。

今まで読んだ中では椎名誠、浅田次郎、群ようこ、中村うさぎ、などが笑えましたね。
「電車男」も笑えました。京極夏彦の「探偵」榎木津が活躍する「百器徒然袋」もゲラゲラ笑いながら読みました。

笑える本ありましたら教えてください。

蛇足ですが私が今、一番笑える物は北海道のローカルテレビ番組「水曜どうでしょう」なのです。あの、ゆる~い雰囲気がたまりません。「水曜どうでしょう」を見ていると幸せになってしまいます。

Aベストアンサー

こんにちわ。中村さんは笑えますよねぇ。浅田さんも好きです。参考までに、お薦めです。

■「空中ブランコ」奥田英朗著 (短編集)
伊良部総合病院精神科には、今日もおかしな患者たちが訪れる。飛べないサーカス団員、先端恐怖症のヤクザに、義父のカツラを取りたくなる男。トンデモ精神科医・伊良部が奇想天外な方法で、病気を治してゆく。続編に「イン・ザ・プール」「町長選挙」があります。
http://www.amazon.co.jp/%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B3-%E5%A5%A5%E7%94%B0-%E8%8B%B1%E6%9C%97/dp/4163228705/ref=sr_1_1/249-9611961-3013901?ie=UTF8&s=books&qid=1175837231&sr=1-1

■「死神の精度」伊坂幸太郎著 (短編集)
死神が人間の死期を見極めに地上へとやってくる。ちょっとずれた死神が観察する、客観的な人間模様。こいつは生かすべきか、殺すべきか、判断は死神次第。
http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%BB%E7%A5%9E%E3%81%AE%E7%B2%BE%E5%BA%A6-%E4%BC%8A%E5%9D%82-%E5%B9%B8%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4163239804/ref=sr_1_1/249-9611961-3013901?ie=UTF8&s=books&qid=1175837564&sr=1-1

■「The MANZAI」あさのあつこ著 (1~3巻 続いています)
つきあってください、歩が告白をされたのは男だった。いつの間にか組む事になった漫才コンビ、彼らのつむぎ出す言葉は次々に笑いへと変わってゆく。
http://www.amazon.co.jp/MANZAI-1-%E3%81%82%E3%81%95%E3%81%AE-%E3%81%82%E3%81%A4%E3%81%93/dp/4861762537/ref=sr_1_3/249-9611961-3013901?ie=UTF8&s=books&qid=1175836809&sr=1-3

■「白いメリーさん」中島らも著 (短編集)
誰を殺してもいいという年に一度の「日の出通り商店街いきいきデー」そんな残酷な一日に繰り広げられるのは、笑いの止まらない、けれど負けられない可笑しな戦い。
http://www.amazon.co.jp/%E7%99%BD%E3%81%84%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%95%E3%82%93-%E4%B8%AD%E5%B3%B6-%E3%82%89%E3%82%82/dp/4062635771/ref=sr_1_1/249-9611961-3013901?ie=UTF8&s=books&qid=1175837013&sr=1-1

■「ハードボイルド・エッグ」荻原浩著
ハードボイルドに格好つけたい探偵なのだが、何故かやってくる仕事は、犬や猫探しばかり。そんな「私」に、ついに事件か・・・!と言う話。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%B0-%E8%8D%BB%E5%8E%9F-%E6%B5%A9/dp/4575508454/ref=pd_bbs_sr_1/249-9611961-3013901?ie=UTF8&s=books&qid=1175836617&sr=8-1

こんにちわ。中村さんは笑えますよねぇ。浅田さんも好きです。参考までに、お薦めです。

■「空中ブランコ」奥田英朗著 (短編集)
伊良部総合病院精神科には、今日もおかしな患者たちが訪れる。飛べないサーカス団員、先端恐怖症のヤクザに、義父のカツラを取りたくなる男。トンデモ精神科医・伊良部が奇想天外な方法で、病気を治してゆく。続編に「イン・ザ・プール」「町長選挙」があります。
http://www.amazon.co.jp/%E7%A9%BA%E4%B8%AD%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B3-%E5%A5%A5%E7%94%B0-%E8%8B...続きを読む

Q笑える本、楽しくなる本、気分が明るくなる本。

笑える本、楽しくなる本、気分が明るくなる本。

元気になれる本を教えてください。

小説やエッセイ、コミック・・・
ジャンルは何でも結構です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「こちら亀有公園前派出所」(著者:秋本治-少年ジャンプコミックス)日本のギャグ漫画の金字塔。単なる笑いに止まらず、時代・世相を反映したネタ、あり得なくもない突飛なストーリーと多彩なキャストで現在も連載継続中。東京都葛飾区に主人公の銅像が設置されたことでも有名。笑いすぎてお腹が痛くなるほどです(お馬鹿ネタだけでなく、しみじみ、真面目、かわいい系な話もございます)。これで免疫能力もアップ!200巻出版まであと少し…未体験なら180巻辺りからコミックレンタルしてみてください。

Q笑える本、面白い本教えてください

最近読書が好きになってきたので、図書館でいろいろ借りてます。(貧乏)
面白くて人前で読んでも笑いをこらえるのが大変な本とか、
意外な展開を迎えて唸ってしまうものなど、お薦めの本を
教えてください。
ちなみに、私は読解力が乏しいのも影響してか、分かりやすく
書かれた作品(山本文緒さん、唯川恵さんなど)を好む傾向が強いです。
林真理子さんのだと途中で読むのを止めてしまうのもあります。
人のすすめで読んだ井上ひさしさんの「新釈遠野物語」は良かったです。
特に恋愛ものが好き、というわけでもないので、いろんな本を手に取るきっかけ、
ヒントをいただけたらなと思います。

Aベストアンサー

こんにちは。
井上ひさしさんの作品が読めるならば同氏の「モッキンポット師の後始末」「モッキンポット師ふたたび」などはどうでしょうか。講談社文庫で読めます。
笑いがとまらない、と言うわけではないですが、小説の世界に素直に入り込めるという意味では藤沢周平さんの作品をお薦めします。時代小説なのでお好みからはずれるかもしれませんが、現代小説でも通用するテーマを時代小説で展開されていて、わかりやすいながらも深い思いを抱かせてくれる作品が多いです。
有名な作品では映画化もされた「たそがれ清兵衛」がありますが、どの作品もお薦めです。
今は「冤罪」(身長文庫)を読んでいますが、これもまたおもしろいです。
ご参考になれば幸いです。

Q笑えるエッセイ、小説を教えてください。

こんにちは。よろしくお願い致します。

読んでいて思わず吹き出してしまうような笑えるエッセイや小説を教えて頂きたくて質問を致しました。
私は東海林さだおさんのエッセイがとても好きで、東海林さんの本はほとんど読みつくしてしまいました。東海林さんのほかには、落語を文章に起こしたもの(「柳家小三治の落語」など)を読んでいます。

他にも笑える文章、ユーモアを取り入れた文章を書く作家さんや、本をご存知の方がおられましたら、教えて頂けますでしょうか?よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

 こんにちは。私も東海林さんのエッセイ大好きです。丸かじりシリーズも良いですが、もう1つのシリーズ(あれは何でしょう)も立ち食いソバ屋さんに通いつめたり、浅草で食べ放題したりとかなり企画がユニークで面白いですね^m^。ここに出ていない作家さんでお勧めのエッセイを数点後紹介します。
●北杜夫さん「どくとるマンボウ」シリーズ
 東海林さんのエッセイで北杜夫さんに惹かれたと書いてありました(今調べたら「ショージ君のコラムで一杯」です。東海林さんの読書遍歴が載ってます)。北さんのエッセイはゲラゲラ笑いではありませんが、上質なユーモアと笑いがあります。「どくとるマンボウ航海記」はゆったりと笑える感じの本ですし、一番読みやすいと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18783356
●朱川湊人さん「超魔球スッポぬけ!」
 朱川さんは小説は全然違ってノスタルジックな感じやホラーをお得意とされる方ですが、エッセイはダメダメ感に満ち溢れています。ゲラゲラ笑ってスカッとできます。これ一冊しか出ていませんので、早く出て欲しいと願ってます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31883739
●奥田英朗さん「家日和」「伊良部医師」シリーズ
 短篇集「家日和」は家に関するユーモアあふれる短篇集です。オークションにハマってしまったり、妻に出て行かれて妙に謳歌し始めたり、ほのぼのとして笑えます。伊良部医師はこんな精神科医がいたら絶対嫌だなと思う超ハイテンションなお医者さんです(舞台化されて宮迫さんが演じます)。どれも面白いですが、道路標識の話はメチャクチャ笑えました。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31870143
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31667444
●浅田次郎さんのエッセイ。
 泣きの浅田と言われるぐらい、小説は泣ける話が多いのに、エッセイは腹を抱えて笑えるぐらい面白いです。頭がでかくて苦悩したり、自衛隊でのニンニクの話、プリクラがやりたかった話、禿た話などなど、どれもこれもメチャクチャ笑えます。4冊ぐらい出ていますが、エッセイは小説と同じぐらいしんどいので、これからは小説にしぼってエッセイを書かないそうです。すごく残念です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30555433
●佐藤愛子さん「我が老後」シリーズ
 短気で怒りっぽくて(怒りの愛子さんです)、モノを大切にして、人の世話を焼いて・・・、毎日のエッセイですが、どうしてこんなに面白いのだろうと涙が出るぐらい笑いました。インコの話が絶品です。85歳ですがこの元気はすごいと思いました。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19902158
●辛酸なめ子さん「ヨコモレ通信」「ほとばしる副作用」
 浮かれている人を覚めた目で観察するこの面白さ!色々な所に出かけていっての体験記や観察記なんですが、筆力がなかったらここまでおもしろく出来ないのではと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/r0332341
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31583670
●宮田珠己さんの旅エッセイ。
 宮田さんの旅行エッセイは、「自分探し」とか「貧乏自慢」とか「我々が失った瞳を持つアジアの人々」などというちょっと鼻持ちならない感じでは全然なくて、ただ変なモノを見に行く為にアジアへと旅行します(好きなのは盆栽と迷路)。騙されまくったり、変なモノを押し付けられたり、爆笑の旅行エッセイで、椎名誠さんも以前エッセイで勧めていました。「東南アジア四次元旅行記」や「旅の理不尽」から読むと良いかもしれません。
http://books.yahoo.co.jp/search?p=%B5%DC%C5%C4%BC%EE%B8%CA
●中場利一さん「岸和田少年愚連隊」シリーズとエッセイ
 映画化された「岸和田少年愚連隊」も小説で読むと、面白くてうっかり電車なんかでは読めません(^_^;)。パーマの話とか自分の高校と他所の高校の比較とか馬鹿馬鹿しくて愛すべき不良たちの話が満載です。エッセイもお勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31472959
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30893362

 ものすごく長くなってすみませんm(__)m。良かったら読んでみて下さいm(__)m。

 こんにちは。私も東海林さんのエッセイ大好きです。丸かじりシリーズも良いですが、もう1つのシリーズ(あれは何でしょう)も立ち食いソバ屋さんに通いつめたり、浅草で食べ放題したりとかなり企画がユニークで面白いですね^m^。ここに出ていない作家さんでお勧めのエッセイを数点後紹介します。
●北杜夫さん「どくとるマンボウ」シリーズ
 東海林さんのエッセイで北杜夫さんに惹かれたと書いてありました(今調べたら「ショージ君のコラムで一杯」です。東海林さんの読書遍歴が載ってます)。北さんのエッ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報