私の所有する土地は、港の中の砂浜部分に接していますが、この度、砂浜を埋めて岸壁を造る事になったと県から通達がありました。
そこで、岸壁を造ると私の土地が、岸壁より低くなってしまうので、私の土地と岸壁の境界に側溝を設けて、更に海に向かって溝を造るように要望しました。ところが、そのような計画はないとの回答でした。
このような場合、高い土地の所有者が溝をつける義務はないのでしょうか。

A 回答 (2件)

 もともとの土地がnaoemonさんの土地のほうが高く、県の工事でnaoemonさんの土地のほうが低くなってしまい、そのために雨水などがnaoemonさんの土地に流れ込むような構造になってしまうとしますと、naoemonさんは、県に対して



(1) 所有権に基づく妨害予防請求権

を有し、もし、雨水がnaoemonさんの宅地に被害を及ぼしたような場合には

(2) 国家賠償法2条1項に基づく損害賠償請求

と、あらかじめ雨水が隣地へ注ぐことがわかっていながらそれを予防する設計を行わなかった設計担当者に故意または過失があったことは明らかであることから、

(3) 国家賠償法1条1項に基づく損害賠償請求

をすることが出来ます。

 しかし、裁判になってしまっては面倒なので、話し合いで解決したほうが良いです。
 そのためには、県知事宛の請願書(嘆願書)を作成し、

1.岸壁の構造をnaoemonさんの宅地に雨水が注ぎ込まないような構造に
  してもらいたい旨
2.もしそれがかなわないならば、上記(1)~(3)の各請求を裁判所を通じて
  行う意外に無い旨
3.裁判の準備の都合もあるから30日以内に何らかの回答を頂きたい旨

を書いて、その通達してきた県の担当部署に、できれば持参して、話し合いの場を設けたほうが良いです。

 そして、それでも県の返事が芳しいもので無い場合には、総務省所管の『行政相談室』(各市町村・各都道府県の県庁所在地またはその出張所たる合同庁舎で月に1~2回の割合で開かれております。各市町村・合同庁舎にお問い合わせください。この相談にのるのは、国家公務員であって、決して市町村職員や県職員ではありませんのでご安心下さい。)に、県の態度について相談を持ちかけるのも手です。行政相談は、それ自体強制力はありませんが、立派な国家機関ですから、その国家機関から何らかの働きかけがあれば、県としても黙殺しておくわけには行かなくなります。
 それでも、県が動かなかった場合には、弁護士の先生にお願いすることになると思います。
 但し、ご注意願いたいのは、雨水が注ぎ込むにしてもその程度があまりにも軽微である場合には、上記の(1)~(3)の権利は権利の濫用として裁判上は認められない場合もあります。

 しかし、その場合でも、県側とnaoemonさんが交渉を重ねて県側が承諾して動いてくれればそれはそれで良いわけですから、交渉してみない手は無いと思います。

 頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変、詳しい回答を頂き、ありがとうございます。
私も裁判沙汰にする気は、全くありませんが、どの程度まで要求できるのか、権利があるのかを知らないと話し合いもできないと思いまして、質問をさせていただきました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/04/10 00:06

民法214条“土地の所有者は隣地より水が自然に流れてくるのを妨げてはならない。


とありますから、naoemonさんの土地から隣接した砂浜側に、現在、自然と雨水が流れる状態でしたら、県は、なんらかの排水措置を講じる義務があります。しかし、別の排水ルートが既にnaoemonさんの土地にあるようでしたら、その義務はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を頂きありがとうございます。

お礼日時:2001/04/10 00:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q側溝の蓋を外す道具

自宅の周囲の側溝の清掃をしたいが、側溝の蓋が重いので簡単に外せる道具の名前・製造会社を教えて。

Aベストアンサー

側溝の蓋の材質は何でしょうか?
コンクリート製蓋を脱着するものはコンフターって名前みたいですね。
「コンフター」って検索すると、いろいろ出てきますよ。

Q集落所有の土地を市に所有権移転する原因について。

とある集落が名義人となっている土地1筆が、昭和22年政令15号により市へ帰属したのですが、その集落から市への所有権移転登記する際の登記原因を教えて下さい。

またその登記の際、添付書類はどういったものが必要でしょうか?
承継証明書が登記原因証明情報となりますか?

なお、この登記は市の嘱託で出来ますか?

回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

(1) 登記原因に関しましては、
「昭和22年7月3日昭和22年政令第15号第2条第2項による帰属」
で宜しいかと思います。

※なお、関連先例としては例えば
「町内会所有の不動産の所有権が昭和二二年政令一五号により市に帰属した日は、
昭和二二年七月三日である
<昭和38年11月20日民事甲第3118号民事局長電報回答>」があります。

ただし、「旧大字名義に登記された土地と昭和二十二年政令第十五号の適用の有無
<昭和32年2月25日民事甲第372号民事局長回答>」の先例によれば、
旧大字名義に保存登記されている土地でその実体も昭和十八年法律第八十一号施行当時の
町内会、部落会が有していたものではなく、同法律の施行による改正後の町村制第七十二条ノ三
に該当するものでないものについては、昭和二十二年政令第十五号の適用はない。
なお、当該大字が財産区であれば何らの手続を要しないが、
当該土地が保存登記当時の部落民の共有であれば、当該大字の所属する市町村長の嘱託により
保存登記を抹消した上で、土地台帳(まま)の所有者の氏名を訂正すべきである。…
のように、たとえ旧大字名義であっても昭和二十二年政令第十五号が適用されない事例も
ある事に御留意下さい。

下記URLのブログなどが参考になると思います。
◆「蟷螂の斧 ―登記雑記帳」
◇いわゆる部落有財産について<第2回>
http://blog.goo.ne.jp/solitary-thinker/e/1f4ac735e783f8e41833c417301cef5c
◇いわゆる部落有財産について<第3回>
http://blog.goo.ne.jp/solitary-thinker/e/81e3595f2f750463016ce18868139566
◇いわゆる部落有財産について<第4回>
http://blog.goo.ne.jp/solitary-thinker/e/1400f69d04173cad9df7fe230099b89c
◇いわゆる部落有財産について<第5回>
http://blog.goo.ne.jp/solitary-thinker/e/3d10f14530efe5145b4313376658f3e6
◆URL◇洋々亭フォーラム~「共有地」名義の土地の取扱いについて
http://www.hi-ho.ne.jp/cgi-bin/user/tomita/yyregi-html.cgi?mode=past&pastlog=44&subno=4870

(2) 添付書類に関しましては、
題目は何であれ、少なくとも御質問の「集落」名義が実体として
「町内会部落会又はその連合会などに属する財産」であった事と、
あと(本政令施行後二か月以内に処分されたが、登記していない場合も有り得ますので)
「本政令施行後二か月以内に処分されていないもの」である事の内容を含んだ疎明資料を
提出する必要があると思いますが、下記のとおりケース・バイ・ケースでしょうから、
当該市の嘱託担当者等と管轄登記所の登記官との間で事前相談を要するもの考えます。

と言いますのは、例えば取扱要綱を定めている彦根市のような事例であれば、
◆「彦根市内の村中名義等財産の移転登記事務取扱要綱」
http://www.city.hikone.shiga.jp/reiki_int/act/content/content110000266.htm
の様式書類などの援用も考えられますし、

また「困った登記要約集/社団法人大分県公共嘱託登記司法書士協会」に基づいた
◆「困った登記事例集/社団法人広島県公共嘱託登記司法書士協会」
http://homepage2.nifty.com/hirosima_kousyoku_S/komatta.htm
のNO.5などのように「ポツダム政令に該当する旨の市町村長の証明書を添付」と
単純化される場合もあるようです。

ほか今回は該当しないと思いますが、
『登記研究 664号(平成15年5月号)』の中の「カウンター相談 149/
いわゆるポツダム政令により市町村に所有権が帰属した土地に関する登記手続について」
では、昭和22年政令第15号第2条第2項による帰属財産ではあるものの、
登記簿上は個人名義の共有地のケースでは、
共有者(又はその相続人)の承諾書を要する場合もあり…
一つの回答は出し辛いと言うことです。

(3) 嘱託登記がふつうではないでしょうか^^

以上 少しでもヒントになれば幸いです^^

(1) 登記原因に関しましては、
「昭和22年7月3日昭和22年政令第15号第2条第2項による帰属」
で宜しいかと思います。

※なお、関連先例としては例えば
「町内会所有の不動産の所有権が昭和二二年政令一五号により市に帰属した日は、
昭和二二年七月三日である
<昭和38年11月20日民事甲第3118号民事局長電報回答>」があります。

ただし、「旧大字名義に登記された土地と昭和二十二年政令第十五号の適用の有無
<昭和32年2月25日民事甲第372号民事局長回答>」の先例によれば、
旧大字名義に保存登記...続きを読む

Q自由勾配側溝、落ち蓋式側溝とは

土木関係の仕事をされているかた教えてください。
自由勾配側溝、落ち蓋式側溝とはどう違うのでしょうか。
見た目の違いはありますか?
教えてください。

Aベストアンサー

紹介したURLが間違って自由側溝の方のふたを紹介してしまいました。

落ちふた式側溝
http://www.matsusaka-kosan.co.jp/niji/pdf/catalog_otihuta_insart.pdf
http://www.yaekon.com/images/seihin.pdf
http://www.nishioconcrete.co.jp/products/douro.html

ふたにも種類があるので
実際のカタログできめたらいいと思います。

Q土地の相続について質問させて頂きます。現在、両親が所有する土地の一部を

土地の相続について質問させて頂きます。現在、両親が所有する土地の一部を第3者に賃貸しています。この賃貸契約は、先代から続いており、数十年に及びます。借り受けている方は、その土地で長年商売をしています。両親も歳をとり、土地の相続のことを考えはじめました。両親は、出来れば借り受けている方に立ち退いてもらい、後々問題にならないかたちで、土地を相続したいと考えています。しかし、どうすればよいのか分からないと、両親から相談を受けました。そこで、どなたかお知恵を拝借できないでしょうか。
質問1.土地相続、賃貸問題、立ち退き問題などは、どなたに(弁護士、行政書士など)相談すればよいのでしょうか。
質問2.仮に、弁護士に相談するとして、土地相続、賃貸問題、立ち退き問題などを専門に扱う弁護士はいるのでしょうか。
質問3.弁護士会などが行っている電話相談などで、この様な問題も受け付けてもらえるのでしょうか。
どのようにすればよいか、皆目見当も付かず、質問させて頂きました。ご回答のほどお願いします。

Aベストアンサー

相談だけなら行政書士でも司法書士でも弁護士でも一緒です。
入り組んだ問題とか、当初から裁判を視野に入れているのであれば
弁護士ということになりますが。

借地は原則として、建物が使用できる間は借地契約は継続します。
ですから、借地人が立ち退きたいとか商売をやめたいと言ってこない
限り、地主から契約解除するためには借地権の買取や建物買取などが
必要になります(もちろん借地人の同意が前提ですが)。

従って、今すぐ誰かに頼めば立ち退いてくれる、という具合には進みま
せんので、入口で相談するのは(法律の原則論ということで)誰でも
いいと思います。

事を急くと余計な出費が掛りますし、相続(予定)財産が多額の場合は
借地のままのほうが資産評価が下がり、相続税上は有利ということも
あります。

Q側溝ジャッキアップ?

こんにちは。
車のジャッキアップはスタッドレスタイヤの交換とかで普通にできますが、
側溝とかにはまったときにもジャッキアップがいることがあるらしく、もしそうなった時、
素人がジャッキアップするのは危険な感じがして質問させていただきました。よろしくお願いします
サイトによると、ずれたり外れたり、ジャッキアップポイントと無関係のところを使うのは危険であるとされていますので、限られた条件で安全性を確保してやらないといけないと思うのですが、
どういうふうにやったらいいのでしょうか。下に挟むのはタイヤでいいのですか?
押して空気を挿入するタイプのジャッキアップとくるくる回すトランプのダイヤのような形のジャッキ持っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エアジャッキならフレームなどの下に滑り込ませて持ち上げるというのは普通の使い方です。
ただバランスボールみたいなものですから傾きやすく、どっちに倒れるかわかんない部分もあります。
(特性を逆手にとって持ち上げた後車体を押してずらすというケースもありますが)
持ち上げた隙にタイヤの下に板とか土嚢袋をけり込む、というのが無難な使い方になります。

板もクロカン系の人ならの金属のグレーチングとか持ってたりしますけどね(汗)

パンタジャッキはもともと携行性重視で平坦なところで使ってください、というものです。
補助的に使うならともかく、正規の使い方ができないところではあきらめてもらったほうが無難です。

ハイリフトジャッキにリフトメイトを組み合わせるという手が使えると強力なんですが…・

Q土地所有者、建物所有者、建物賃借人

土地所有者をAとし、AがBにその土地を賃貸し、Bはその土地上に建物を建て、その建物をCに賃貸していました。
ところでBはAに地代を支払わないので、AはBに内容証明郵便で土地賃貸借契約の解除の通知をしました。(勿論、催告したうえで)
その後、AはBからその建物を借地権の附随しない建物代金として買い受けました。つまり、現在では土地も建物もA所有です。
そこで質問ですが、AはCに対して建物不法占拠として明渡しを求めることができるでしようか?
私は、地代未払いによる土地賃貸借契約解除の段階でCは建物を利用する権利は無くなっていると思われますので(例え、CはBに建物賃料を支払っていたとしても)この訴訟ではAの勝訴となりそうですが、どうなのでしよう。

Aベストアンサー

 直接「的」な判例として,「特別事情があったため」土地賃貸借の合意解除が地上建物の賃借人に対抗できるとされた事例があります。
  昭和49年4月26日第二小法廷判決 昭和48オ766号,建物収去土地明渡請求
 最高裁HPから検索可

 とりあえず文献的なものを1つ紹介しますと「問答式新借地借家法の解説,石田喜久夫著,新日本法規出版」の「借地上建物の賃借人の保護」という項目に多少の記載があります。
 
 比較的自明なものとして確立されていれば,下級審レベルで終了するため,重要判例として刊行物等に記載されることはほとんど無いかもしれません。

Q側溝の蓋について

側溝の蓋で金属のグレーチングではなくて
コンクリート形式のものを探しています。

どこで売っているか?なんという名前か?

おわかりでしょうか?

Aベストアンサー

 側溝のタイプによって適応する規格形状が違います。
 一般的なU形コンクリート側溝であれば、ホームセンターなどで扱っています。
 製品名は側溝用コンクリート蓋版です。表示されている数値は、対応する側溝の内幅になります。

Q公図にない土地の所有者がないと市の所有になる?

公図によると、当家の宅地と隣人の宅地の間に側溝は載っていないのですが、実際は側溝があります。
現在、水は流れて居ません。
現在境界が未設定ですが、側溝のこちらを当家、向こう側を隣人宅の境界として、側溝自体は現状のままどちらの所有でもないとしておくと市の所有になるのですか。

そもそも、公図でくっついているだから、側溝はどちらかの所有地なのでしょうか。

Aベストアンサー

老婆心ながら・・・・・

>側溝自体が境界の役目をしているのでそれでいいかなという事です。先方もそれでよいなら。

 経験から、境界の曖昧な決着は、代が変わったり、質問者の土地を売買等する場合、必ず問題となります。
 決着できるとき、ご自分で解決することが子孫等、未来の為です。


>側溝は市に没収されても狭い隙間ですし、側溝以外の用途に変えることもないと思うのです。

 側溝の場合、質問者らがその存在を安易に認めることは、隣接する土地所有者にも影響を及ぼします。
 ご自分の資産は、積極的に守らねば、誰も守ってくれません。

Q蓋なし側溝(スリット側溝)の桝間隔は?

蓋なし側溝(スリット側溝)の桝間隔は、何mピッチが良いのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

10m

Q砂浜を個人所有できる?

先日、父親と一緒に近所の海へ夜釣りに出かけました。砂浜から釣りをするということになり、1時間ほど釣りを楽しみました。この時期的には割合大漁な方で、釣果にはとても満足できました。すると、砂浜から近くの道路沿いに建っていた店の方から、「そこは私有地ですよ!早く出て行ってください。魚も海に返して!」と言われました。確かに店側が言うよう、私たちが釣りをしていた場所は、その砂浜をちょうど半分に割ってあり、西側だけを所有しているような看板が端の方に立っていました。その砂浜の西側で釣りをしていたようで、忠告を受けたようです。そのときは、特に何も考えず、「すいません。すぐ立ち去ります!」と言って、即立ち去りました。もちろん魚も海に返しました。

しかし、家に帰って父親と話しているうち、どうも納得いきませんでした。一般的に砂浜は公共の場であるし、個人で所有することはできないのではないか、ということです。地域の公園を独占するということと何ら変わらないのではないでしょうか。さらに、なぜ私たちは釣った魚を返さなくてはならなかったのか・・・。お金はそこまでの権限を有することができるのでしょうか。また、法的には砂浜を個人所有することは可能なのでしょうか?長文となってしまいましたが、ご存知のお方はどうか教えていただけないでしょうか。

先日、父親と一緒に近所の海へ夜釣りに出かけました。砂浜から釣りをするということになり、1時間ほど釣りを楽しみました。この時期的には割合大漁な方で、釣果にはとても満足できました。すると、砂浜から近くの道路沿いに建っていた店の方から、「そこは私有地ですよ!早く出て行ってください。魚も海に返して!」と言われました。確かに店側が言うよう、私たちが釣りをしていた場所は、その砂浜をちょうど半分に割ってあり、西側だけを所有しているような看板が端の方に立っていました。その砂浜の西側で釣り...続きを読む

Aベストアンサー

お答えします
砂浜といっても単純ではありません
「領海に関する国際条約」で陸地に属する部分は私有できます。
陸地の部分とは「略最高高潮面上に露出する自然に形成された陸地の部分」となっています。
春秋の大潮時の海面より低い部分はたとえ水面上にあっても最高高潮面より下になるので私有できない場所です。
魚も法律や条令で特別の定めがある場合を除き竿釣りは自由です。
海に戻す必要はありません。
港則法が施行されている港では原則として漁労は禁止です。
また漁協が許可を得て放流養殖をしている水産物を取ってはいけません。
室蘭の帆立貝など、

ホテルなどがプライベートビーチと銘打って客を集めていますが海から砂浜までは行くことが出来ます


人気Q&Aランキング