「打って一丸となる」の「打つ」とは?

慣用句の「打って一丸となる」の「打つ」の語源はなんでしょうか。

ご存じの方がいらしたら、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

刀剣などの鍛造品を作るときに、まず、全体を均一とし、かつ分子間の夾雑物を除いて、材料としての性質を整えることから始めます。

これを「打つ」と言います。小さなものは、手と小さいハンマーで行いますが、大きなものでは10トン以上もあるような蒸気ハンマーで叩きます。

このようなことから、ことに備えて、人間の集団全体を強固に一体化することを指すのに使われるようになったと思われます。
    • good
    • 0

「打つ」は、「たたく」と同様に激しい動作です。


そこから、「思い切った手段をとる」という意味が生まれました。
「ばくちを打つ」「寝返りを打つ(裏切りのこと)」「ストを打つ」など。

戦前の作家は次のような表現をしています。URL参照。

寺田寅彦  漢文調で 【打して一丸】(だして)
芥川龍之介 文語調で 【うちて一丸】

「打って一丸」の元はこのような言葉でしょう。
赤穂浪士のような「討手」が語源ではないと思います(打つと討つは同源ですが)。

 寺田寅彦 「物質とエネルギー」
・・・もしそうであらばエネルギーと物質とは【打して一丸】となり、物質すなわちエネルギーとなる訳である。 ...

 芥川龍之介 「木曾義仲論(東京府立第三中学校学友会誌)」
・・・ 始め、頼朝の関八州を【うちて一丸】と為さむとするや、常陸の住人信太三郎先生義広、独り、膝を屈して彼の足下に九拝するを潔し ・・・
    • good
    • 0

この場合「打って」は時宜を得る詰まりよいタイミングで、と云う意味と一気に攻撃に出るの両方の意味を持っていると思います。



何故なら他に、打って変わる>急に態度や状態が変わる 打って付け>ちょうどタイミングよく合うこと
等言葉の背景に時間との関係を感じるからです。
個人的な意見です。
    • good
    • 0

飽く迄も小生個人の考えですので、間違っているかも知れません。



この場合の打つとは、太鼓を叩くという意味だと思います。
戦国時代城にいる軍勢が、出陣する時に
太鼓を打ち鳴らしほら貝を吹いて、その後一丸となって出陣した事に
語源があると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q曲線座標でのdiv,rot,grad

div,rot,gradというベクトル解析の演算ですが、たいてい直交デカルト座標から入っていき、その後、発展として曲線座標に進みます。しかし、直交デカルト座標は曲線座標の特別なものですから曲線座標での表示式を示したら直交デカルト座標での表示は演繹的に示せるはずですね。それとも直交デカルト座標のdiv,rot,gradから曲線座標でのそれが演繹的に示されていると考えられるのでしょうか。一般曲線座標、直交曲線座標、直交デカルト座標の順に一般から特殊に向かっているはずですが。学びやすさがその逆ということは承知しています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>一般曲線座標、直交曲線座標、直交デカルト座標の順に一般から特殊に向かっているはずですが

ユークリッド空間の座標系についてならば、これは、一般とか特殊とかいうことではなく、単に変換の問題に過ぎません。ユークリッド空間は直交デカルト座標が本質的ですね。直交デカルト座標以外の座標系を使う場合には、そのユークリッド空間内に存在するベクトル場がどうなっているかによって、適切な座標系を選択すればよいばよいことになります。球対称なベクトル場であれば、直交デカルト座標よりは極座標の方が扱いやすくなるでしょう。それに伴って、div,rot,grad等の演算子もその座標系に適した形に変換すればよいのです。

ユークリッド空間でなく、曲がった空間を扱う場合には、空間を決定する基本計量テンソルによって、div,rot,grad等の演算子を定義する必要があります。回転演算子は共変ベクトルに、勾配演算子はスカラーにそれぞれ作用するように定義します。そして、この定義が、3次元のユークリッド空間に適用されたとき、上述のユークリッド空間で定義されたdiv,rot,grad演算子と一致するならば、曲がった空間での定義が、ユークリッド空間での定義の「拡張」になっているものと判断することができます。曲がった空間について論じるには、どちらかというと、「ベクトル解析」というよりは、「微分幾何学」の分野になります。

>一般曲線座標、直交曲線座標、直交デカルト座標の順に一般から特殊に向かっているはずですが

ユークリッド空間の座標系についてならば、これは、一般とか特殊とかいうことではなく、単に変換の問題に過ぎません。ユークリッド空間は直交デカルト座標が本質的ですね。直交デカルト座標以外の座標系を使う場合には、そのユークリッド空間内に存在するベクトル場がどうなっているかによって、適切な座標系を選択すればよいばよいことになります。球対称なベクトル場であれば、直交デカルト座標よりは極座標の方が...続きを読む

Q「舌鼓」「舌鼓を打つ」の語源を教えてください

「舌鼓」(おいしい物を味わったときに鳴らす舌の音)、あるいは「舌鼓を打つ」(おいしい物を味わった満足感を舌を鳴らして表すこと)の語源、成り立ちなどを教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 もともと日本人は美味しいものを食べた時、舌で上顎を弾いて「コッコッ」といった感じの音を出して「美味いねえ、こりゃまた結構」といった意思表示をするくせがありました。それが音締めをした鼓の高い音に似ていることから舌鼓の語源となったのだと思います。

 この音、つまらない時に出す「チェッ」は舌がほとんど上前歯のすぐ後ろに当たって出ますが、それよりは、舌をもっと奥に丸めて出すようです。

 フランス人は、美味しそうなものを見ると両手の手の平を揉み合わせますが、東西どちらもなぜそうするのかまでは分りません。

Q回転した座標系を基準とし、再回転したときの回転行列について

x軸、y軸、z軸が互いに直角に交わる座標系を考えます。(これを座標系Aとします)
座標系Aを、原点を中心とし、各軸ごとにθxa,θya,θzaだけ回転させた座標系を座標系Bとします。
さらに、座標系Bを基準とし、各軸ごとにθxb,θyb,θzbだけ回転させた座標系を座標系Cとします。

このとき、座標系Aから見た座標系Cの回転角は、どのように計算すればよろしいでしょうか?

座標系Aを基準とした回転角で座標系Bを計算し、さらに座標系Aを基準とした回転角で座標系Cを計算し……という問題であれば、単純に回転行列を掛けていけばいいと思うのですが、
「1つ前の座標を基準とした回転角を与えられたとき、全体でどれだけ回転したか?」
を表現する方法がわからなかったので、ご教示いただければ幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

[1] 回転を組み合わせることについて

> 座標系Aを、原点を中心とし、各軸ごとにθxa,θya,θzaだけ回転させた座標系を座標系Bとします。

 ご質問では、どうも、これを一度の回転とお考えのように見受けられます。(違ったら失礼。)
 しかし、正しくはそうではない。x軸のまわり、y軸のまわり、z軸のまわりと3回の回転を組み合わせたんです。つまり、「さらに、座標系Bを基準とし、…」を持ち出すまでもなく、もうすでに、複数回の回転を組み合わせたものをお考えなのです。
 そのうえ、この文章だけではどんな回転をしたのかさっぱり分からない。というのは、第一に、いろんな回転を何度も繰り返す場合、(ご承知の通り)やる順番を変えれば結果も変わるからです。

(1) これら三回の回転はこの順番でやったのかどうか。

 ま、仮にこの順番でやったのだとしましょう。で、最初にやったx軸のまわりでの角度θxaの回転は良いとして、次にやった回転は、

(2)「座標系Aのy軸」のまわりでの回転なのか、それとも、「最初にやった(x軸のまわりでの角度θxaの)回転の結果得られた座標系のy軸」のまわりでの回転なのか。

 これがはっきりしません。三番目の回転についても同様です。

[2] 回転の表現について
 上記[1]の曖昧さについては補足を求めません。なぜなら、「座標系Aから座標系B、および座標系Bから座標系Cへの変換を(曖昧な文章ではなく)行列で表現したらどうなるか」について、質問者は先刻ご承知のようだからです。では、そのご承知の内容を確認しましょう。
 原点を通る直線を中心軸とする回転は、関係

 R' R = I  (「'」は転置)

を満たす3x3の行列(直交行列)で表現されることはご存知の通り。逆に、この関係を満たす行列Rは、「原点通る直線を中心軸とする回転を行う操作」か、あるいは、「鏡に映すように反転してから原点通る直線を中心軸とする回転を行う操作」かのどちらかを表しています。

 さて、このような回転を幾つ組み合わせようとも、

> 単純に回転行列を掛けていけばいい

と仰る通りで、「直交行列R1,R2,…,Rnで表される回転を、この順番で適用する操作」をRとすると、
 R = Rn … R2 R1
となる。確かに
 R' R = (Rn … R2 R1)' Rn … R2 R1 = R1' R2'…Rn' Rn … R2 R1 = I
を満たします。
 ところで、Rは、「原点通る直線を中心軸とする回転」ですから、その直線の方向を表す単位ベクトルxがある。つまり、Rは単位ベクトルxのまわりでの回転を表しているわけです。回転変換を表す行列Rを与えた時、このベクトルxは回転によって変化しないのだから、
 R x = x
を満たします。このxをRの固有ベクトルと言います。
 Rを与えた時にxを知るにはこの方程式を解けば良い。これで(座標系Aにおける)回転軸の向きが分かります。一方、角度θは何かというと、「xと直交する適当なベクトルvと、それが回転Rによって移ったものRvのなす角度」のことですから、両者の内積を取って
  v' R v = cosθ
から計算できます。
 逆に、xとθが与えられたときにRを構成するには、「直交行列Rであって、R x = x を満たし、かつ、x' v = 0 となるような単位ベクトルvについて v' R v = cosθ を満たすもの」を考えればよい。

 (うるさいことを言うと、回転の中心軸の方向を表すベクトルは当然2つある。つまり互いに逆向きの単位ベクトルです。一方、回転角についても、どっちまわりをプラスとみなすか、のやりかたが2通りある。ですが、ま、そういう細かいことは教科書に任せます。)

[3] ご質問に戻って

> 「1つ前の座標を基準とした回転角を与えられたとき、全体でどれだけ回転したか?」
> を表現する方法

を文字通り(とは言っても不足の部分は補って)解釈すれば、「あるベクトルxと、そのまわりで回転した角度θを与えた時、xとθは?」という問いに他なりませんから、答は初めからそこにある。これじゃ質問になってない訳です。

 一方、(おそらく)ご質問の意図は、Rを「各軸ごとにθxa,θya,θzaだけ回転させ」る、という形式で表現したいということなのでしょう。そういうことを考えるためには、まず[1]で申し上げた曖昧さをきちんと整理する必要がある。その上で、Rを三つの回転の積で表すことを考えれば良い。

 しかし、そんな面倒な表現を使わねばならない場合は滅多にない。単にR、もしくはxとθで表した方が単純明快だからです。

[1] 回転を組み合わせることについて

> 座標系Aを、原点を中心とし、各軸ごとにθxa,θya,θzaだけ回転させた座標系を座標系Bとします。

 ご質問では、どうも、これを一度の回転とお考えのように見受けられます。(違ったら失礼。)
 しかし、正しくはそうではない。x軸のまわり、y軸のまわり、z軸のまわりと3回の回転を組み合わせたんです。つまり、「さらに、座標系Bを基準とし、…」を持ち出すまでもなく、もうすでに、複数回の回転を組み合わせたものをお考えなのです。
 そのうえ、この文章だけでは...続きを読む

Q「打つのを見ました」と「打ったのを見ました」

次のような文は、いずれも私たちがよくみかけるものです。
A.清水さんがホームランを「打つ」のを見ました
B.清水さんがホームランを「打った」のを見ました
私としては同じ意味なので特に区別して使い分ける必要はないと思っていましたが、日本語を勉強している外国人にもそのように言っていいものでしょうか。文法的または意味的に注意しなければならない点などがありましたら、ご指摘板だたきたいと思います。

関連して別のスレッドで次の文についても質問いたしますので、お手数ですがご回答いただければ幸いです。

佐藤さんからお話を伺うことにいたします
佐藤さんからお話を伺うことにいたしました

また既に投稿済みの次の質問についても、ご回答いただければ幸いです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8310776.html

Aベストアンサー

A.清水さんがホームランを「打つ」のを見ました

「打つ」という行為を見た、という意味。
過去の出来事ではあるが、【打つという行為そのもの】に言及したかったので過去形にはなっていないのだと思います。
紛れも無く「打つ」という行為が遂行(実行)されるのを見ました、といったニュアンス。

B.清水さんがホームランを「打った」のを見ました

この「打った」は、過去の事実、あるいは、行為の完了、どちらにも取れると思います。
いずれにせよ、打つ行為そのものではなく、【過去にあった事実】あるいは【完了された事実】として伝えたいのでしょう。
「打った、まさにその瞬間を見ました」のように、完了表現と捉えるほうがメリハリの利いた表現になると思います。

Q球座標と海洋

直交曲線座標として、極座標(平面2次元)、円筒座標、球座標というものがあります。地球上の海の現象を表現する上では球座標を用いると思いますが、球座標は地球の中心から表面まで全部をカバーします。海は地球という球体の表面の薄い膜のようなものなので、球座標のさらに近似版で表現してもよいだろうと思います。地球の半径は6300キロぐらいだと思いますが、海は最大でも10キロ、平均だと4キロぐらいなので、球座標の簡単化されたものになると思います。
すなわち、海を考える上での球座標の近似方程式を知りたいのですが。球面上の薄膜なので2次元でもいいです。球座標は3次元です。球座標での運動方程式は本に載っているのでそれをもとに近似してもいいですが、やはりオーソライズされたものを参照したいと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通常、極座標と球座標は同じもの(3次元空間における極座標系を、特別に球座標と読んでるだけ)です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%B5%E5%BA%A7%E6%A8%99%E7%B3%BB#.E7.90.83.E5.BA.A7.E6.A8.99_.28Spherical_Polar_Coordinates.29

地球表面上の座標系については、地球楕円体で近似する極座標ベースの座標系を使うのが無難でしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%A5%95%E5%86%86%E4%BD%93

WGS-84なんかはGPSでも使われている座標系ですが、緯度、経度、楕円体高の3パラメータで座標を表現します。
http://dominicar.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-a19c.html

Q敬語の「お~」と「ご~」の違いはなんですか? 例えば、「お返事」と「ご返事」、「お家族」と「ご家族」

敬語の「お~」と「ご~」の違いはなんですか?
例えば、「お返事」と「ご返事」、「お家族」と「ご家族」は同じでしょうか?
ありがとうございます!

Aベストアンサー

丁寧語の接頭語は基本的に、
訓読みの語(和語)には「お」が付き
音読みの語(漢語)には「ご」が付く
例外もあります。

「お」と「ご」の使い分け
で検索してみました。
https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%81%E5%AF%A7%E8%AA%9E%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%81%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E3%81%94%E3%80%8D%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E5%88%86%E3%81%91&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-b&gfe_rd=cr&ei=0eYRWa2OF6XU8AeYypkY#q=%E3%80%8C%E3%81%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E3%81%94%E3%80%8D%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E5%88%86%E3%81%91

http://2ri-ex.cocolog-nifty.com/igosso/2016/11/post-5d83.html

「お返事」? 「ご返事」?
https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/term/148.html

お家族は使わないと思います。

丁寧語の接頭語は基本的に、
訓読みの語(和語)には「お」が付き
音読みの語(漢語)には「ご」が付く
例外もあります。

「お」と「ご」の使い分け
で検索してみました。
https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%81%E5%AF%A7%E8%AA%9E%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%81%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E3%81%94%E3%80%8D%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E5%88%86%E3%81%91&ie=utf-8&oe=utf-8&client=firefox-b&gfe_rd=cr&ei=0eYRWa2OF6XU8AeYypkY#q=%E3%80%8C%E3%81%8A%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8C%E3%81%94%E3%80%8D%E3...続きを読む

Q座標軸の変換の計算方法

失礼いたします。
ある点の座標の算出方法がわからず困っています。

・ある2つのA座標軸とB座標軸(ともに2D)が存在し、お互いの相対距離や軸の相対角度についてはわからない。
・ある2つの点b,cはA,B座標軸系に対応する座標がそれぞれ解っている。
・点aはA座標軸系に対応する座標は解っている。
という条件の元、点aのB座標軸系に対応する座標(BXa,BYa)の算出はできるのでしょうか?またその算出方法がわかればご教示ください。

以下に条件についてまとめてみます。
    A座標軸系   B座標軸系
点a  (AXa,AYa)    (BXa,BYa)
点b  (AXb,AYb)    (BXb,BYb)
点c  (AXc,AYc)    (BXa,BYc)
として(BXa,BYa)以外は既知という条件です。

Aベストアンサー

 B座標系はA座標系を原点回りにθだけ回転して、+Bx方向にξ、+By方向にηだけ平行移動したものと捉えて良いのでしょうか。
 でしたら算出できます。
 与えられた条件で4元連立方程式ができますので、そこから3つの変数θ、ξ、ηを求めれば良いのです。
 しかし、計算式がとても複雑になります。方針だけ書きますので後はご自分で導出して下さい。(手間さえかければできるものです。)

  BXa=AXa cosθ-AYa sinθ-ξ ・・・(A)
  BYa=AXa sinθ+AYa cosθ-η ・・・(B)

  BXb=AXb cosθ-AYb sinθ-ξ ・・・(C)
  BYb=AXb sinθ+AYb cosθ-η ・・・(D)
  BXc=AXc cosθ-AYc sinθ-ξ ・・・(E)
  BYc=AXc sinθ+AYc cosθ-η ・・・(F)

 式(C)~(F)を連立して、cosθ、sinθを次のように得ます。
  cosθ={(AXb-AXc)(BXb-BXc)+(AYb-AYc)(BYb-BYc)}/{(AXb-AXc)^2+(AYb-AYc)^2}
  sinθ={(AXb-AXc)(BYb-BYc)+(AYb-AYc)(BXb-BXc)}/{(AXb-AXc)^2+(AYb-AYc)^2}

 あとは、これを式(C)(D)などに代入して、ξ、ηを求めて下さい。
 これらを式(A)(B)に代入すれば、座標変換の式が得られ、座標 (BXa,BYa)が求められるはずです。

 ただし、上記の計算には間違いがあるかもしれませんので、ご自分でご確認下さい。

 B座標系はA座標系を原点回りにθだけ回転して、+Bx方向にξ、+By方向にηだけ平行移動したものと捉えて良いのでしょうか。
 でしたら算出できます。
 与えられた条件で4元連立方程式ができますので、そこから3つの変数θ、ξ、ηを求めれば良いのです。
 しかし、計算式がとても複雑になります。方針だけ書きますので後はご自分で導出して下さい。(手間さえかければできるものです。)

  BXa=AXa cosθ-AYa sinθ-ξ ・・・(A)
  BYa=AXa sinθ+AYa cosθ-η ・・・(B)

  BXb=...続きを読む

Q古典分法の問題です。 「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種

古典分法の問題です。
「乗る」「包む」「漕ぐ」「思ふ」「往ぬ」「飽く」「居り」「勝つ」の活用の行と種類を教えてください!

Aベストアンサー

みんなこういう質問には冷たいね。
辞書をひけば済むからね。


原則的には、現代語で五段活用なら古典文法で四段活用です。
「乗る」:乗らない、乗ります、乗る、乗れば(ラ行)
「包む」:包まない、包みます、包む、包めば(マ行)
「漕ぐ」:漕がない、漕ぎます、漕ぐ、漕げば(ガ行)
「勝つ」:勝たない、勝ちます、勝つ、勝てば(タ行)
行はそのままで、四段活用と答えればいい。

気をつけなければならないのは、「思ふ」と「飽く」
現代語は
「思う」:思わない、思います、思う、思えば(ワ行)
だが、古典は「ハ行四段」。
「(おも)う」じゃなくて「(おも)ふ」だからね。

「飽く」も現代語は
「飽きる」:飽きない、飽きます、飽きる、飽きれば
で上一段活用だが、古典文法では「カ行四段活用」


あとは「往ぬ」「居り」ね。
これは変格活用だから覚えるだけ。
「往ぬ」:ナ行変格
「居り」:ラ行変格

Q局所座標系について

二次元のある領域において、その領域内での点Pについて、局所座標を求めます。
内分比を(a,b)とおいて、連立二次方程式をたてて(普通の?)xy座標系から局所座標系へ変換すると、その局所座標は(a,b)になるそうです。

でも内分比がそのまま局所座標になるのがよくわかりません。
っていうか局所座標系の概念が全然わかりません。
絶対座標系から例えば、極座標への変換みたいなものとは違うのでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

局所座標については
http://nkiso.u-tokai.ac.jp/math/matsuda/webmath/patdiff_txt/s4_5.htm
なんかどうでしょう。

参考URL:http://nkiso.u-tokai.ac.jp/math/matsuda/webmath/patdiff_txt/s4_5.htm

Q「蛸釣られる」(慣用句)の語源ご存じですか?

ずいぶん昔、大正生まれの方と仕事関係の昔話をしていた時に、
そのお相手(当時60才で今は、75才)の方から、

「その後、例の専務に呼ばれて蛸釣られたんだよ、えらい目にあった」 相手
「そうですか、大変だったんですね」 自分

みたいなやりとり思い出しました。その時は、大体の意味は察しました
ので、スルーしておりましたが、語源的には長年の疑問でした。

今はネットがあるので、検索してみると、下記のような解説がありました。
ーーーーーーーーーーーーーーー
タコツラレル【蛸釣られる】(動)  叱られる。罵られる。最初、
大阪の第四師団管下の兵卒の隠語として発生したものであるが、
今では、西日本全般にかなりひろまっている。
ーーーーーーーーーーーーーーー
今でも、判らないのが、「蛸釣り」が何故呼び出しされて「叱られる」こと
になるのか。。。。昔々、明石の蛸釣り(蛸壺)漁師が軍隊に入って広めた
のかとも思うし、どなたかヒント(類似表現も含む)頂けませんか?

Aベストアンサー

私も全くの推測ですが、ご質問文中からヒントを得ました。

蛸壺というのは、蛸が安心してくつろげるプライベートな密室みたいなものですよね。
「蛸釣る」は、そういう狭いところで自分の時間をゆっくりと満喫している蛸を、その壷から無理矢理引き出すようにして釣り上げるイメージがあり、それが基になっているのではないでしょうか。
釣られる蛸の方も、吸盤で壷にしがみついたりして、なかなかすんなりとは出てこない。

そういったイメージから、しぶしぶ呼び出されて面白くないこと(叱られる、罵られるなど)をされることを、自分を蛸に見立てて「蛸釣られる」と言うようになったのかもしれません。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報