【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

先日、健康診断を受けてGOTとGPTの値が高かったののと、エコーで肝臓が大きいとか形のことを言われたので、きょう再検査に行ってきました。

一週間後の結果を見てみないとちゃんとした事が言えません。ということだったのですが、肝硬変やNASHなど、いろいろなことを先生から聞いて緊張して、心臓がドキドキして、血圧も上がっているみたいです。怖くて仕方がありません。

詳しい結果が出るまではどうにもならないということは分かっていますし、先生もしっかり調べて土台をちゃんとしてから対処しましょうと言ってくれています。でも、何も手に付かない状態なので、ここで、少し相談させていただこうと思います。

まず、GOTの値は健康診断時は40、今日が44です。GPTの値が健康診断時は46、今日が52です。ちなみの去年のの数値はGOT35、GPT42です。平成18年の時が一番高くGOT74、GPT101でした。それからいろいろ気をつけて去年ぐらいまで下がってきました。運動や食事など。

そして、今日はフェリチンの値が428と高いと指摘がありました。

私はお酒をのまないし、肝炎の検査もB型C型とも陰性です。

帰宅してからいろいろと調べてみて、肝硬変やNASHのこともネットでいくつか見たらますます緊張してきました。

肝硬変はGOT方がGPTより数値が大きくなるといくつかのHPで書いてありました。私の場合GOTの値がGPTを上回ったことはないのですが、このような場合でも肝硬変の危険性はあるのでしょうか?

また、NASHは該当することが多く、私の場合いつも、GOT値?GPT値ですし、フェリチンの値も高いです。NASHは治るのでしょうか?

先生には結果が出るまであまり悪いこと考えないほうがいいと言われましたが、かなり気が弱い方なのでここで、相談させていただきました。肝臓の病気に詳しい方、ご回答をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

お返事を読ませていただきました。

血小板、白血球ともに低いんですね。
もともと低いと書かれていましたが、その原因は何でしょうか?
血球減少は様々な原因で起こります。
もちろん、肝硬変でも起こりえます。肝硬変以外の病気でも、肝臓の病気を合併しやすいものなどもあります。

おそらく、担当の先生は、NASHのほかに隠れた病気がないか、といったことを中心に調べているであろうと思われます。

肝障害が指摘されてから、どのくらい経つのか、年齢、性別、ご家族に肝疾患の既往のある方はいるのか?血球減少が肝臓から来るものなのか、その他の疾患から来るものなのか?
おそらく担当医はそのあたりも含めて検討しているところと思います。

採血結果はやはりすぐには出ないので、まず、それを待ちましょう。

原因が特定できない場合は、さらに採血を追加したり、検査を追加することもあります。
肝生検をする必要もあるかもしれません。
そのあたりも、よく、担当医と相談してください。

私たち医療者は、手がかりを見つけ、考えられる疾患を一つ一つ除外していくという作業によってのみ診断できるのです。最終的な診断が付くまで、すこし、時間が必要かもしれません。すぐに診断が付かないからといってあせらないで頂きたいのです。

もし、ご心配であれば、肝臓専門医に受診するのも手かもしれません。(肝臓学会のホームページから肝臓専門医を調べることができると思います。)
ただ、その場合も担当医とよく相談して担当医から採血データや、画像データ、これまでの経緯を紹介状として頂いて下さい。

とにかく、あせらないことです。あせっても何も解決しません。一つ一つデータを揃えて、診断を詰めていくことが肝要です。
直接診せて頂いていないので、あまり責任をもって回答することができず、申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に丁寧なご回答をいただき感謝いたします。少し気分も落ちついてきました。何度か不安が来た時には、このご回答を読んで落ちつくことにします。ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/11 21:12

ご相談内容を拝見しました。

まず、貴方の身長、体重が大切かと思います。いわゆるメタボでしょうか?
アルコールは飲まないとのことですよね。相談内容から、貴方のかかりつけのお医者さんはおそらくNASH,NAFLD(いわゆる脂肪肝です)を想定しているものとお見受けします。
NASH,NAFLDについてはいろいろとインターネットにも記載がありますので、お調べになったことと思います。

他のデータが記載されてませんので、何ともいえませんが、肝硬変を疑う所見はなさそうな印象です。
血小板の値であるとか、エコーなどの画像所見で肝硬変が疑われているのでしょうか?
もし、疑われれば、線維化マーカーなどの採血をするはずですし、そのような具体的な説明もなされるはずです。

NASH、NAFLDの治療の基本は食事、運動です。これに勝る治療はありません。
平成18年から数値も下がっているようですし、その努力を継続すれば、もう少し下がるのではないでしょうか?
ほかに、ウルソなど、いくつかの薬剤も効果があるといわれています。
担当の先生は、このデータから、薬を出さず、食事、運動で頑張ったほうがよいと判断されているのではないでしょうか?

他の肝疾患として、自己免疫性肝炎や、原発性胆汁性肝硬変といった、慢性の肝障害を来す疾患もあります。採血などである程度ですが、調べることもできます。また、確定診断をつけたいのなら、肝臓の組織を採って組織検査をするのが一番正確です。ただ、肝臓に直接針を刺して検査をしますので、出血などの合併症が起こりえます。
もし、不安があるのであれば、受診した医療機関、担当の医師にご相談されるのが一番よいとは思いますが・・・。

回答になったでしょうか・・・・・?

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。丁寧なお言葉で少し落ち着きました。

身長、体重のデータを書き忘れました。身長は177センチ、体重は76キログラムです。体脂肪率は22.5、BMIは24.2です。先生にはそれほど太ってはないねと言われました。

ただ、血小板の値は以前から低いのです。66~80 10**3/μlぐらいです。(基準値120‐440ですよね)白血球の値も低く2.5~3 10**3/μlぐらいです。

今日した検査は血液検査のみでした。至急の血液結果のデータだけコピーをもらってきたのですが、一週間後にしかわからない血液の結果というのもあんまり説明はなく不安でした。

この一週間後にしかわからない血液検査というのがWRANGLERJEEPさんのおっしゃる「線維化マーカーなどの採血」なのでしょうか?つまり、今日その検査をした可能性はあるのでしょうか?

あと、健診のときに調べたエコーの画像も先生はディスプレイに出していたのですが、大きいとか形がと言っていた感じでちょっとあやふやでした。これも気になってしまって不安なのです。

補足日時:2010/08/10 20:01
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫の健康診断で肝機能GPTが60だったのですが・・。

夫34歳が、健康診断で肝機能GPTが60で【経過観察】と書かれて結果表が戻ってきました。
肝機能GPTの基準範囲は7~45と記してあり、高めの結果なので心配しています。

経過観察という結果が出たのは今回が初めてで、昨年の数値は42で異常なしだった為、
昨年まで良かったのに、どうしたことかと心配しています。

夫の飲酒は、自宅では週に2回程で、1回当たり缶ビールを一本飲む程度です。
飲み会などがあれば、その場の雰囲気で、もう少し飲む量も増えるでしょうが・・。
体重はそうですね・・、昨年より2~3Kg増えたと思います。

夫に私から、病院で精密的な検査を受けるように勧めたのですが、
経過観察なのだから病院に行く必要は無いんじゃないかとか、
昨年まで良かったのだから、今回だけ、たまたま高い数値が出てしまっただけのことかもしれないだとか、
来年も高い数値が出るようなことがあれば病院に行くようにするなどと言って、
口実を並べ立てて病院に行こうとしません。

昨年より飲酒量が増えたわけではないのに、肝機能GPTが60に上がったのは、
どのような理由が考えられるでしょうか?

また経過観察とのことですが、病院に行かないとなると、何ら治療を施すわけでは無い為、
結果として放置になってしまうのですが、それでも良いものなのでしょうか?

それとも無理にでも夫を説得して病院で受診させるべきでしょうか?

また日常生活や食生活において留意する点などございましたらアドバイス下さいませ。
経過観察と言えども、少しでも改善していきたいと思っています。
どうぞ宜しくお願い致します。

夫34歳が、健康診断で肝機能GPTが60で【経過観察】と書かれて結果表が戻ってきました。
肝機能GPTの基準範囲は7~45と記してあり、高めの結果なので心配しています。

経過観察という結果が出たのは今回が初めてで、昨年の数値は42で異常なしだった為、
昨年まで良かったのに、どうしたことかと心配しています。

夫の飲酒は、自宅では週に2回程で、1回当たり缶ビールを一本飲む程度です。
飲み会などがあれば、その場の雰囲気で、もう少し飲む量も増えるでしょうが・・。
体重はそうで...続きを読む

Aベストアンサー

GPTの数値を単独で判断するにはどんな名医でも不可能です。ましてや基準値やや上程度ですと検査結果としてまさに「経過観察」としか申し上げられません。
ちなみに去年の42にしても決して低値という訳ではありませんのでもしかしたらここ数年来で徐々に上昇傾向にあるのかもしれません。そうでしたら体質もしくは食生活の改善が必要かもしれません。
ご存じのようにこの検査は肝機能の指標となっていますので肥満による脂肪肝、アルコール肝なども対象となっております。(肝炎ばかりではないということです)
検診では機械的にコメントをつけていますので基準値をはずれると何かしらのコメントが自動的につきます。一種のアラームです。
これにより、医者が瞬時に異常に反応できるのです。
また、基準値はあくまでも統計処理をしていますので20人に1人くらいは異常値がでても不思議ではありません。
安心するようなことばかり書きましたが、一応人命に関わる性急なことではないのでこの様に判断しましたが、今後、値に一定の傾向(上昇)が見られるようでしたら精密検査も必要と思われます。

Q肝臓病について(GOTとGPTが高いとき)

健康診断ではじめてGOTとGPTが高い結果がでました。
飲酒も喫煙もしないので、どうしたものかと思っています。
投薬しかないのでしょうか?
何かできる生活習慣や食事など教えて下さい。

Aベストアンサー

GOTとGPTだけが高いのでしょうか?まあ、集団検診の項目ですから、全体的にみてますので、今回のトランスアミナーゼ値の上昇は、肝細胞が何らかの原因で壊れている可能性が高いと理解できます。脂質の検査、コレステロールとか中性脂肪が高く、ウイルス性が否定されるなら脂肪肝が濃厚ですが、(エコーをとればほぼ確定できるでしょう)。他に薬や健康食品?などによる薬剤性肝障害、自己免疫性・・・などいくらか想像はされますが、情報が少なすぎますし、仮にここで、○×△とわかっても自分で治療はできませんので、まずは検診結果を持参して、病院の内科を受診してください。

QALT(GPT)が異常に高いのですが…

先日、献血を受け、その結果がハガキで送られてきました。見てみるとALT(GPT)が92IU/Lで、「医療機関での受診をおすすめします。」とのことでした。説明書きを見ると急性肝炎・慢性肝炎や脂肪肝などで数値が上がります。とあります。そこで質問なんですが、
1.肝炎でまず考えたのが、B型・C型肝炎等のウイルス性肝炎なんですが、献血結果で送られており、「献血にご協力頂きありがとうございました」以外に特にコメントがないということはその可能性はないと考えてよいのでしょうか?
2.ALTの92という数値は検査に急を要するレベルなのでしょうか?ちなみに前回(H17.9月は26IU/L、H16.4は67IU/Lでした。)
3.肝炎・脂肪肝の症状はどのようなものでしょうか?
ちなみに他の項目の数値は
AST(GOT)が48IU/L
γ-GTPが78IU/L
総蛋白が7.1g/dL
ALBが5.0g/dL
コレステロールが223mg/dLです。宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

こんばんは。NO.1です。

最近太ったということで、原因として一番怪しいと思います。
肥満体型ではないようですが・・・

時間をみつけて病院へ行くとのこと。
用心に越したことはありません。
手遅れになってからでは悲しいですからね。

今更なんですけど、病院へ行くときは献血の葉書を持って「ちょっと数値が高いみたいなんだけど・・・」というと担当の医師もなぜ病院へ来たのかというのが明確になって検査・治療の流れがスムーズになると思います。

ちなみに脂肪肝について・・・
脂肪は主に肝臓で分解されるんですが、処理をし切れずに肝臓にたまってしまったものを脂肪肝といいます。
例えるならば、脂肪という借金を肝臓(消費者)がためてしまうわけです。
ある程度まで消費者は借金を借金で返す、つまり自転車操業してでも生活できます。
このときは破滅への道を辿っていることに気付かないそうです。
しかし借金が雪だるま式に膨らむとついには破綻してしまいます。
この状態が肝臓で言うと肝硬変や肝癌という状態です。

脂肪肝は薬など使わなくても高タンパク低脂肪な食生活である程度改善できます。
脂肪肝と診断されても悲観なさらずに「重篤な病ではなく脂肪肝でよかった」位に思ってくださいね!

こんばんは。NO.1です。

最近太ったということで、原因として一番怪しいと思います。
肥満体型ではないようですが・・・

時間をみつけて病院へ行くとのこと。
用心に越したことはありません。
手遅れになってからでは悲しいですからね。

今更なんですけど、病院へ行くときは献血の葉書を持って「ちょっと数値が高いみたいなんだけど・・・」というと担当の医師もなぜ病院へ来たのかというのが明確になって検査・治療の流れがスムーズになると思います。

ちなみに脂肪肝について・・・
脂肪は主に...続きを読む


人気Q&Aランキング