味噌を作りたいのですが・・・
麹について「米麹」と「豆麹」があるそうですが、
詳しい知識をお持ちの方、どうゆうものなのか、
教えてくださいませ!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

麹には米麹、豆麹の他に麦麹があります。



味噌は、茹でた大豆に塩と麹を加えて、桶などに入れて、上から重石をのせて作ります。
この味噌の分類法は色々ありますが、味では甘味噌、辛味噌、色では赤味噌、白味噌と中間の淡色味噌に分けられます。
製法から言いますと、味噌を作る際に使用する麹の原料別に、米麹を使った米味噌、麦麹で作った麦味噌、大豆麹で作った大豆味噌に分けられます。

一般的なのは米味噌で、日本の味噌の8割がこれで、秋田味噌、仙台味噌、信州味噌など、全国で作られています。
麦味噌は主に九州で作られ、仕込んだその年にもう食べれます。
大豆麹を利用した大豆味噌は、主に東海地方で作られ、独特の香りと渋みが特色の八丁味噌が有名ですが、これは熟成するまでに3年もかかります。
また、粒の有無では粒味噌、濾し味噌にも分けることが出来ます。

 各地の気候風土によって、味噌の味は微妙に異なり、それぞれ特色のある味噌が生まれ、育ってきました。

ですからどういった感じの味噌を造りたいかによって麹を代える必要があります。

味噌を造りたい方は結構いるようでそれようのページもいっぱいあります。
http://www3.ocn.ne.jp/~amazake/mn05.htm
を初めとして。

参考URLのページに行くと色々な味噌を造るページを紹介していますので参考にしてください。

参考URL:http://www.ecorient.co.jp/hmp/howto/miso.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変、助かりました!
全国で皆さん作ってますね!
ちょっとびっくり!

お礼日時:2001/04/08 01:35

味噌は大豆と塩と水に麹を混合して熟成します。


この麹の原料に米をつかうと米麹。
豆麹は原料の大豆で麹をつくり塩と水を加えて熟成させます。
うちでは米を麹屋さんに持ち込み米麹を作ってもらい自家栽培
の大豆で味噌をつくってます。

参考URL:http://www.miso.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2001/04/08 01:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【生物学】人は身体に油を塗ると暖をとる事が実際に可能で出来るものなのでしょうか? ゆうつうの書に「倭

【生物学】人は身体に油を塗ると暖をとる事が実際に可能で出来るものなのでしょうか?

ゆうつうの書に「倭人は冬になると豚の脂を1cmくらいの厚みで塗って冬の風や寒さに耐えていた」とあります。

豚の脂を塗ってその上から服を着たら温かったのでそうしていたと思うのですが1cmの厚みで全身に塗ってたら部屋中がベトベトになりますよね?

まあ卑弥呼の時代ですから倭国に馬もおらず豚を主食としていたようなので豚の脂はいっぱいあったとして豚の脂を塗って暖を取るのは理にかなっているのでしょうか?

本当に暖かかったのかな?

あと動物の毛皮を着ていたようなので豚の脂を塗らなくても風は防げたと思う。

脂を塗って暖を取っていたって本当なのか疑問です。

別の意味があったのでは?

Aベストアンサー

自転車競技やマラソンでは、寒い時期のレースでは、保温のために競技前にオイルマッサージをして、皮膚に油の膜をつけます、風に当たるときなどは効果が大きいようです

http://cyclist.sanspo.com/49972

Q米がブランド米かを判定するのはハイブリダイゼーション?

図解雑学シリーズの科学捜査にかんする本で、「農水省や秋田県などは、米の特定DNAだけに結合するものを混ぜて、30近い品種を鑑別する技術を開発している」という記述を読みました。これは、ハイブリダイゼーションのことをさしているのかどうかをお尋ねしたいです。この記述は、ブレンド米を純粋なブランド米として販売している業者を摘発するための科学捜査の手法を紹介しているページにあります。別のページで、ハイブリダイゼーションとは2本鎖をほぐして1本にし、別のDNAと結合させてそのDNAの特徴を知る方法、と紹介されていました。が、この米の識別でハイブリダイゼーションを使うのかは行間からは読めませんでした。

Aベストアンサー

おっしゃっているハイブリダイゼーションとはDNAの一本鎖同士が結合して二本鎖になる「現象そのもの」、あるいはその結合させる操作だけを指す言葉ですから、多分言いたいのはサザンハイブリダイゼーションのことですね。コレはある生き物に特異な配列をプローブと呼ばれるDNA断片で検出する方法です。米に関するDNA検査技術を知りたいのですね。それに関しては詳しくは知りませんが、おそらく制限酵素長多型(RFLP)法か、PCRを用いるものでしょう。というか、これくらいしかその手の判別には利用できないと思います。質問にある本を読んだことはありませんが、ハイブリダイゼーションという言葉だけで説明しているのなら非常に不十分な説明であると思います。詳しく知りたいのならば、分子生物学の本を読むと良いかと思います。エッセンシャル細胞生物学とかセルなどといった本が出ています。大学生か、それ以上のレベルですが。そうした説明が(かなりはしょってでも)出ているのなら、おそらくサザンハイブリダイゼーション(RFLP)を用いていると考えられます。

Q女性に好まれそうな味、男性が好きそうな料理って?

女性に好まれそうな味、男性が好きそうな料理って?

よく「男性が好きそうな味ですね。」とか「女性にウケそうな料理」って表現をしますよね?一般的には前者は、濃い味付け、油っぽい料理、肉料理、ボリュームがある等、後者は、その逆、野菜を多く使っている等ということかと。

これって、人間として、あるいは動物として、はたまた日本人として何か根拠があるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

男性好みの料理はご質問文に書かれている通り+おふくろの味的なものだろうと見当がつきましたが、女性にウケそうな料理=野菜?? 何か違うように思ったので「女性に好 料理」で検索してみました。そうすると...

・あっさりとした上品な味わい
・ハーブを使った料理
・見栄えも味も工夫された料理
・「スイーツ」(甘味)
・上品な盛付け
・あっさりした味わいで胃にもたれない
・ちょっとおしゃれな
・やさしい後味

野菜じゃない...(笑)
男性が好む料理の逆と言えばその通りなのでしょうけど、要は「見た目」や「雰囲気」を大事にした「あっさり」系のお料理ってことじゃないでしょうか。
「私はお上品で小食なんです」というのの裏には「こんな私って素敵な女性でしょう?」というアピールがあるのですかね。
確かに男と同じ量をガッツリ食べる女は養うのが大変そう(笑)でも、個人的にはその方が丈夫な子孫を多く残してくれる気がしますがね(^^;)

Q傷口に塩・味噌!?

先日調理場で傷口には塩つけるといいと聞いたのですが、どうも納得できません。
つけてた人はとても痛がっていました
刺激があるということは体が拒否してるということだから良くないって事だと思うからです。
1.本当に効くのか?
2.塩は傷口(患部の細胞や血管など)にどう作用するでしょうか?⇒痛みの原因、治癒効果について
3.効かないとしたら、どのような経緯でこのような
応急処置が生まれてしまったと考えられるでしょうか?
以上3点について、御回答お願いします
2については生物・化学的な解説有ると嬉しいです
(2をメインでお願いします)

Aベストアンサー

やけどに味噌をつけるという民間療法がありますが、徳島医師会のウェブページ(下記URL)で否定されているとおり、よくないようです。

傷口に繁殖しやすいブドウ球菌は食中毒の原因になりますが、耐塩性(10%食塩)がありますので塩分控えめの味噌などでの殺菌効果は期待できません。

ヒトの細胞は0.9%食塩水と等張(同濃度)で、それより高濃度では水分を奪われ、細胞自体が破壊されることにもなりかねません。

塩を傷口にもみ込めばある程度細菌も殺せるでしょうが、それ以上に傷口の細胞が傷を治す力は失われ、より感染しやすい状況を作るように思われます。

先に回答された方々の意見と同じく、何かの勘違いで生まれた新しい伝説ではないでしょうか。

参考URL:http://www.tokushima.med.or.jp/infono5/hihuka/hihu_7.htm

Q味噌の作り方について

うちの味噌は市販品ではなく田舎の味噌で、味噌用に作った大豆を製造所?に持ち込んで加工してもらい、持ち帰って味噌蔵で数年寝かしてから食べます。
それも十分美味しい味噌なのですが、傑作の味噌があります。
それが、発酵に酒粕を使ったものなのです。
とても美味しいので親に聞いてみたところ、いっこうに発酵が進まず、作った当時は「失敗した!」と思ったそうです。
時間をかけて何とか味噌らしくなった味噌なのですが、この味噌が今までで一番味が深く、美味しい味噌になりました。
砂糖を加えるだけで作った茄子と豚バラの味噌炒めなんて、安い肉でも丼飯いけます(笑)
20年近く大事に、今でも少しずつ食べています。
でも、いつかは無くなります。

そこで、次の点を教えていただきたいのです。
発酵に酒粕を使うのは一般的なのか?
それとも出来上がった味噌は偶然の産物で、同じ味噌をまた作ることは不可能なのか?
環境が違っても出来るのか?(気候、空気中に存在する微生物の違いなど)

もし確実に作ることが出来るのならば、他の方にも勧めたいです。
また作って!とリクエストし易いですし。
やはり、生物学のカテゴリーで伺うべきでしょうか?食材に一旦投稿しましたが、削除しました。

お願いしますm(__)m

うちの味噌は市販品ではなく田舎の味噌で、味噌用に作った大豆を製造所?に持ち込んで加工してもらい、持ち帰って味噌蔵で数年寝かしてから食べます。
それも十分美味しい味噌なのですが、傑作の味噌があります。
それが、発酵に酒粕を使ったものなのです。
とても美味しいので親に聞いてみたところ、いっこうに発酵が進まず、作った当時は「失敗した!」と思ったそうです。
時間をかけて何とか味噌らしくなった味噌なのですが、この味噌が今までで一番味が深く、美味しい味噌になりました。
砂糖を加えるだ...続きを読む

Aベストアンサー

 酒粕は日本酒のもろみを絞った残りですから、米麹に酵母、残りのアルコールなどが含まれています。普通に味噌作りで用いられるのは麹だけですから、影響を与えたとすると酵母やアルコールが大きいでしょう。

 アルコールは消毒にも使われるほどですから麹の働きが弱くなったりするでしょうし、酵母によって成分が分解されたりというのもあるかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報