第一生命の堂々人生らぶ

保険金部分1500万
スーパーリライ特約 300万円
シールド特約    300万円
傷害特約      500万円

 この場合、事故で死んだ場合もらえる保険金はいくらですか?

設計書には「死亡・高度障害の時は2100万円」
「災害で死亡の場合は500万円上乗せされます」とありますが、

事故で死んだ場合にも、シールド特約やスーパーリライ特約の分の
保険金もおりるのですか??

[
シールド特約はガン・心筋梗塞・脳卒中と診断されたときに
保険金をお受け取りになれます。」とあるということは
事故で死んだ場合は出ないのでしょうか?

でも、「死亡・高度障害の時は2100万」と大きく書いて
あるということは、事故で死亡した時にもおりる???

 加入するときに説明を良く聞いたつもりですが、改めて保険証書を
見直すと分からないことが出てきました。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 うちの会社の保険ではありませんが(笑)



病気死亡 2,100万円
(1,500万円+300万円+300万円)

災害死亡 2,600万円
(1,500万円+300万円+300万円+500万円)

です。
 但し、死亡する前に上の300万円2つ(シールド特約とスーパーリライ特約)の給付要件に該当していなかった場合の数値です。


 たとえば、シールド特約の給付要件に該当して、死亡前に保険金を300万円を既に貰っていた場合、貰った時点で、シールド特約は消滅しているので、二重には貰えません。
 スーパーリライ特約も同様。

 だから、シールド特約の給付要件に該当してその部分の保険金300万円を受け取った後に(保険期間内に)亡くなった場合は、残りの部分、つまり
病気死亡 1,800万円
(1,500万円+300万円)

災害死亡 2,300万円
(1,500万円+300万円+500万円)

を受け取る事になります。
 結局は合計すれば2,100万円・2,600万円は受け取られる、という事です。


 シールド特約やスーパーリライ特約は、
『給付要件に該当した時に、(本来ならば死亡してからしか受け取れない)保険金を前払いで受け取る事が出来る』
と言えば、理解できるでしょうか?


 もちろん、全て保険期間内に起きた保険事故(死亡など)の場合の話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

> 災害死亡 2,600万円
> (1,500万円+300万円+300万円+500万円)
災害死亡でもちゃんと受け取れるんですね。
安心しました。

お礼日時:2003/07/25 00:36

シールド特約のお支払いについて補足します。



がん・急性心筋梗塞・脳卒中になられたとき特約特定疾病保険金をお支払します。
死亡・高度障害のとき、特約死亡・高度障害保険金をお支払します。
●この特約からの保険金のお支払は1 回限りです。

悪性新生物(がん)/被保険者が、責任開始期以後、生まれて初めて悪性新生物に罹患し、医師によって診断確定されたとき。ただし、上皮内がん、皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がんは除きます。また、責任開始期から90 日以内に乳がんに罹患し、診断確定された場合も対象となりません。
◆ 急性心筋梗塞/被保険者が責任開始期以後の疾病を原因として発病し、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60 日以上労働の制限を必要とする状態が継続したと医師によって診断されたとき。ただし、狭心症等は含まれません。
◆ 脳卒中/被保険者が責任開始期以後の疾病を原因として発病し、初めて医師の診療を受けた日からその日を含めて60 日以上、言語障害等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師によって診断されたとき。ただし、対象となるのは、脳血管疾患のうち、くも膜下出血・脳内出血・脳動脈の狭塞(脳血栓・脳塞栓)です。
    • good
    • 0

前の回答で一部間違えていました。



※「シールド特約」

・三大成人病のときに一時金支給で、いずれか1回給付を受ければ特約消滅
・悪性新生物は診断確定で足る
・急性心筋梗塞は継続して60日以上の労働の制限が必要
・脳卒中は60日以上後遺症が継続することが必要

スーパーリライの対象となる身体障害の状態】
病気やケガにより所定の身体障害状態に該当された場合に特約障害保険金をお支払いします。
死亡のとき、特約死亡保険金をお支払します。

1. 両眼の視力を全く永久に失ったもの
2. 両耳の聴力を全く永久に失ったもの
3. 言語またはそしゃくの機能を全く永久に失ったもの
4. 1上肢または1下肢の用を全く永久に失ったもの
5. 中枢神経系・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要するもの
6. 呼吸器の機能に著しい障害を永久に残し、180日以上継続して酸素療法を受けたもの
7. 恒久的に心臓ペースメーカーを装着したもの
8. 心臓に人工弁を置換したもの
9. 肝臓の機能に著しい障害を永久に残したものまたは肝移植を受けたもの
10. 腎臓の機能を全く永久に失い、人工透析療法または腎移植を受けたもの
11. ぼうこうを全摘出し、かつ、人工ぼうこうを造設したもの
12. 直腸を切断し、かつ、人工肛門を造設したもの

それから、堂々人生らぶ の場合年金例えば20万円を10年とか書いてありませんか?この場合2000万円の死亡保障もさらについています。

>契約者の身になって提案してくれるセールスマン(レディー)いないかな。
過去回答も探して下さい。
遺族年金・傷害年金・健康保険の高額療養費が戻る制度もありますので良く考えて下さい。
死亡保障だけなら月々3000円から4000円程度で毎月10万円を保障するタイプの保険もあります。(40歳以下の場合)
終身医療でも約3000円以下(39歳以下の男性)
それとガン保険・終身保険と単独で組み合わせてはどうでしょう。

参考URL:http://www.hoken-de.com/news/daiichi11.htm
    • good
    • 0

>保険金部分1500万


原因が事故でも病気でも死亡(高度障害)時に支払われます。

>スーパーリライ特約 300万円
>シールド特約    300万円
原因が事故でも病気でも死亡(高度障害)時に支払われます。
また、要件に該当すれば生前でも受け取れます。
生前に受け取った場合は死亡時の支払いはありません。
生前、要件に該当する状態になる人は殆どいないでしょう(笑)

>傷害特約      500万円
原因が事故の場合に限り死亡(高度障害)時に支払われます。

以上が回答です。
いずれも保険期間(10年とか)に死亡または高度障害、または「所定の状態」にならなければ掛け金はすべて掛け捨て。
その後も更新はできますが、半端じゃなく掛け金が上がる更新型の保険だと思いますので良く確認なさってください。

障害特約はともかくスーパーリライ特約、シールド特約はいらないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

れすありがとうございます。
ガンと診断されたときに300万というのは助かるかも
しれませんが、スーパーリライはいらなかったなと思います。

 じつは先日、保険を見直そうと担当の人に相談したのですが、
不必要と思う1泊目からの入院給付金などがもれなくついて
くることと、更新後の保険料の上がり方がものすごい
設計書を持ってきたので、見直しをやめたばっかりなんですよね。
 契約者の身になって提案してくれるセールスマン(レディー)いないかな。。

お礼日時:2003/07/25 00:48

スーパーリライ特約 300万円


シールド特約    300万円
傷害特約      500万円
これらの特約を付ける必用があるかどうかも考えると
良いと思います。

特約の内容は保障範囲が保険会社により微妙に違いますので、最終的には加入保険会社に聞くのが間違いありません。
私の知っている範囲では、基本的には1500万円の死亡保障があります。
設計書には「死亡・高度障害の時は2100万円」

「災害で死亡の場合は500万円上乗せされます」とありますが、事故で死んだ場合にも、シールド特約やスーパーリライ特約の分の
保険金もおりるのですか??

事故の場合は「シールド特約やスーパーリライ特約」はおりません。三大成人病の場合とか60日間その状態が津使いないとおりないはずです。がんの場合は日数制限はないですが、初期ガンではおりないと思います。
特約の重ね売り状態のようですが、保障としては、全く別ですので、設計書・証券を良く見て下さい。
三大成人病の場合、西条秀樹のような場合はおりません。
書き出すときりがない場合ので、過去回答を良くみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
> 事故の場合は「シールド特約やスーパーリライ特約」はおりません
え?おりないんですか。。
どちらも専門家さんだし。。。どっちだろう??

お礼日時:2003/07/25 00:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩いくら(イクラ)からの塩の抜き方

お世話になります。
塩イクラをいただいたのですが、醤油漬けして食べたいものですから、
このまま、醤油に漬けちゃうと、塩からいものですから、塩の抜き方
をご伝授いただけませんでしょうか。
既に、1箱は醤油漬けにしたのですが、食べれるものではありません
でした。
生いくらなら、簡単に美味しく造れるのですが・・・

Aベストアンサー

こちらのH.Pは、参考になりますでしょうか?

http://shumpu.com/nankyoku/eco05.html

参考URL:http://shumpu.com/nankyoku/eco05.html

Q月掛け金1000円くらいで死亡保障が300万円くらいで金払いが良い保険会社

保険に入ろうと思っている23歳の男です。

とりあえず上の条件を希望したいのですが何か良い保険などありませんか?

回答おねがいします。

Aベストアンサー

オリックスダイレクトで、300万円なら月513円です。

参考URL:http://www.orix.co.jp/ins/direct/product/teiki/index.htm

Qいくら丼に合うメニュー

友達から「北海道産イクラ醤油漬けを通販で取り寄せたから、今晩イクラパーティーをしよう!」と連絡がありました。
とりあえずはご飯を炊いて、刻みノリとネギとわさびと醤油(要らないかな)でいくら丼をするつもりなのですが、サイドメニューを何にしようか悩んでいます。
いくら丼にオススメのサイドメニューがあれば、教えて下さい。
また、おいしいいくら丼のトッピングや、その他のイクラの食べ方でオススメがあれば是非ご紹介下さい。
せっかくのイクラなので、おいしく楽しく食べたいです(^ ^)

Aベストアンサー

パーティー \(^▽^)/歓喜なことば・・・・で、イクラ(卵)醤油漬け
何人分くらいの量が準備できたかわかりませんが、一人で2~3杯かるくおかわり行くでしょう。
飽きることは無いでしょうが、脇役を加えて食べるのも舌への刺激で良いかと。

塩分は、程足りているので、淡白なものが良いのでは。 ということで すりおろした「山芋」(山かけ、とろろ)を用意されてみては。
イクラのプチプチ、山芋のつるつる、で熱々のご飯が 口の中で・・・・・・混ざり合って・・・・・しあわせ・・・・

http://www.yaizu.com/info/ryori/ikura/ikuratororo/は、とろろに軽めに味をつけています。この方が、無味より食べやすいでしょう。

Q日本生命が、主契約と特約の死亡保険金の合計(保険金額)を1000万以下へ契約変更させない事への対応方法は

現在ニッセイの終身保険(主契約)に入っています。

この契約には無駄な掛け捨ての特約が多いので、それらを外して主契約だけ、または主契約と医療保障だけにしようとニッセイに話しをしたのですが、担当者が上司に相談したのでしょう。何日も経ってから、主契約と特約の死亡保険金の合計(保険金額)が1000万以下への契約変更は出来ないと言われ、更新時なら出来るとの事でした。

そこで約款に書いてあるのかと尋ねた所、確かにそれらしい事は書いてありました。ですが1000万という数字は明記されていません。

しかし、そのように会社で決められているからと言って、掛け捨ての無駄な特約の保険料を支払い続けたくはありません。

全てを解約しようかとも考えていますが、このような場合どうしたらよいでしょうか。特約を解約する手立てはないものでしょうか。

Aベストアンサー

bvt3juさん

「全てを解約」とまで考えていらっしゃるのであれば、現在ご加入の終身保険の保険金額や、契約してからの経過年数にもよりますが、終身保険を「払い済み保険」http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/continuance/incidence.html#haraizumi に変更するという方法もあると思います。

これは、現在の解約返戻金相当額を原資にして、一回り小さい保障額の終身保険に変更する、というものです。以降の保険料支払いはなくなります。
この際、定期保険特約及び医療保険特約などの特約は消滅します。
(払い済み保険に変更したあとの終身保険・保障額(保険金額)が、100万円以上(?)あるいは300万円以上(?)となれば、変更可能だとおもいます。保険会社にご確認を。)

各保険会社とも、これ以上保険金額を下げられない、という最低限度額はあるようです。
ただ、大手生保のほうが最低限度額が高いように思います。
rokutaro36さんがご紹介してくれたサイト http://www.nissay.co.jp/okofficial/keiyaku/gengaku/gengaku.pdf によれば、日本生命の定期保険(商品名:ニッセイ定期保険 EX)は、保険金・減額限度額は1000万円までのようです。

一方、契約時の最低保険金額ではありますが、オリックス生命の定期保険(商品名:ファインセーブ)http://www.orix.co.jp/ins/direct/product/fs/index.htm であれば、最低保険金額は"100万円"のようです。

bvt3juさん

「全てを解約」とまで考えていらっしゃるのであれば、現在ご加入の終身保険の保険金額や、契約してからの経過年数にもよりますが、終身保険を「払い済み保険」http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/continuance/incidence.html#haraizumi に変更するという方法もあると思います。

これは、現在の解約返戻金相当額を原資にして、一回り小さい保障額の終身保険に変更する、というものです。以降の保険料支払いはなくなります。
この際、定期保険特約及び医療保険特約などの特約は消滅します...続きを読む

Qいくら

 懸賞で冷凍のイクラが当たりました。
本物のイクラかどうかは不明ですが、どう調理していいか分かりません。

(180グラムで 家族3人で食べます)

ちなみに関西人です。

Aベストアンサー

まずは冷蔵室でゆっくり解凍します。
解凍したらパーシャルかチルドで(凍らないように)保存して
数日で食べきるようにしましょう。
ほぐれにくいイクラはごく少量のお醤油を数滴たらして
混ぜるとサラサラになります。

使い道は、
・鮭いくらの親子丼
 (しそを刻んで具の下に敷くかご飯に混ぜるとおいしい)
・刺身ものせて海鮮丼
・ちらし寿司の具
・手巻き寿司の具
・大根おろしにのせる
・おろしなますに和える
 (大根おろしでなますを作る 普通のなますでも良い)
・酢の物のトッピング
・きゅうりを4~5cmに切って2つ割りにして
 ボートのように少しくり抜きイクラをのせる

♯1の方の「ほかほかごはんに」おいしいですよね
その上から海苔や、お醤油つけたシソでかぶせて食べたりもします。
いろいろ楽しんでください。

Q死亡保険金・高度障害と成年後見人

死亡保険 契約者:私 被保険者:父 受取人:私 金額700万
高度障害 契約者:私 被保険者:父 受取人:父 金額3000万
父の成年後見人:私

父が高度障害と認定され、合計3700万を保険会社に請求致しました。
その際、合計3700万をあわせて父の口座ではなく
成年後見人たる私の口座に振り込まれる事になりました(保険会社がそうにしか対応できないと)

成年後見人なので財産目録も定期的に提出も行っておりますが
私の口座に振り込まれるとなると高度障害とはいえ、所得税が
発生してしまうのではないかと思っております。

この場合は税金は発生さずに、父が他界した際に発生する相続税
だけになるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

保険会社が言うには高度障害の場合は、死亡扱い(言葉が悪いですが他に表現のしようもないので)となり、死亡保険金も同時に支払われるとの事でした。

これは、保険会社の説明が拙いです。
死亡保険には、死亡保険金と同額の高度障害保険金が付いています。
「支払われるのは、どちらか一方」です。
高度障害保険金が支払われた場合、その保険は消滅します。
つまり、「死亡扱い」と同じなのです。

高度障害保険金は非課税です。
受取人は、被保険者本人です。ですが、今回の場合には、
質問者様が後見人なので、後見人に支払われます。

死亡保険金は、相続税の対象となります。
受取人は、死亡保険金の受取人です。

被保険者が死亡していないのに、死亡保険金が支払われるということは
あり得ません。
死亡保険金を支払うには、死亡診断書が必要ですから。
それに、税金の取り扱いも異なります。

700万円も高度障害保険金と見るのが正しいと思います。

ご参考になれば、幸いです。

Qいくらにきゅうり?

幼稚園児の息子に質問されました。
「どうしてイクラの軍艦巻きにはいっつもきゅうりが乗ってるの?上いっぱいイクラの方がいいのに!」
困ってしまった私は「色がきれいだからじゃないの~?」なんて適当に答えてしまいました・・。
どうしてかご存知の方、子供にも分りやすい説明をお願いします。

Aベストアンサー

単にイクラやウニを節約するためです。
キュウリは普通どこの寿司屋にもありますから。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Foodpia/8566/report/kuro.htm

Q余剰金(500万円)で生命保険加入を考えています。

こんにちわ。
33歳の男です。
これから10年間、死亡時に2000万~3000万円ほど保険金が出るような保険に加入したいと考えています。

しばらく使うことないお金が500万円ありますので、有効に使えたらと考えています。(投資は別でやっています。)

そこで、
(1)掛け捨ての保険を一時払いで加入する。
(2)養老保険に、特約をつけて一時払いで加入する。
どちらかを考えたのですが、
一般的に、支払われる同じ保険金に対してはどちらが効率がよいのでしょうか?

上記以外にも何かいい保険加入の方法があればアドバイスお願いします。
具体的な保険商品とおよその支払額総額も教えていただければありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険は基本的に

(期間中の死亡保険金×死亡率)+(満期保険金×(1-死亡率))

で保険料が決まります。ですので、どんな保険でも「満期時の受取金」は
定期預金より低くなりますから、投資効率と言う面では全くお勧めできない
金融商品です。最近は低金利ですから、ヘタすると死亡率が利率(+事業費率)
を上回り、逆ザヤになる可能性もあり得ますし。

ということで、死亡保障2~3000万円を絶対と考えるなら、500万円のうち
「死亡保険」に当たる分だけを保険商品とし、残りは他の金融商品にした
方が正解でしょう。ただ、保険は預金とは別に「倒産時などの保障枠」が
あります。そういう意味で残金部分を「満期保険金」に突っ込むと言う
考え方はアリかもですが。

なお、死亡保障に使う「死亡率」は、基本的に各会社同一ですが、事業費率は
ネット/通販系の保険会社の方が、一般の保険会社より安いのが普通です。
更に、あなたの勤めている会社がそれなりに大きな企業であるなら、関連
会社などが募集している「団体定期」の方が更に料率が低いです。死亡保障
を考える場合は、こちらを中心にしたほうが良いかもしれません。

ちなみに特約は、各会社微妙に条件や料率が違い、蒸気の死亡保障の料率
よりも差が大きい場合が多いです。特約を前提に考えてから、死亡保障を
その会社で契約する、というのもアリかもしれません。

保険は基本的に

(期間中の死亡保険金×死亡率)+(満期保険金×(1-死亡率))

で保険料が決まります。ですので、どんな保険でも「満期時の受取金」は
定期預金より低くなりますから、投資効率と言う面では全くお勧めできない
金融商品です。最近は低金利ですから、ヘタすると死亡率が利率(+事業費率)
を上回り、逆ザヤになる可能性もあり得ますし。

ということで、死亡保障2~3000万円を絶対と考えるなら、500万円のうち
「死亡保険」に当たる分だけを保険商品とし、残りは他の金融商品にした
...続きを読む

Q炒めたいくらのいくら丼

昔網走の飲み屋で、飲んだ後のシメでいくら丼を頼みました。

作るところを見ていると、
・フライパンを出す。
・油(バター??)を入れる。
・冷蔵庫からイクラを出し、フライパンにいれる。
・塩・こしょうで味付けする。

いためたイクラをご飯の上にのせる。


めちゃめちゃおいしかったので、自分で作ってみたんですが、まずい・・・

どうすればおいしくなりますか?

Aベストアンサー

いくらではなく味付けした筋子をほぐした物を使ったのではないでしょうか。
それを軽く火を入れて丼にしたかなと思います。
また、鮭ではなく鱒を使ったかもしれません。

普通のいくらを炒めると潰れてしまいます。どこか違っていたと考えるのが妥当かと。

Qガンと診断されたとき500万円の給付金が出るガン保険

いつもお世話になります。

今、ある弁護士さんが書かれた闘病記を
読んでいます。
その著書には「ガン患者とお金」についても
書かれています。
患者さんの共通の悩みはやはり経済的なこと
だと言うものです。
著者は免疫療法を受けますが、そこの院長先生に
『ガンと診断されたとき500万円の給付金が出る
ガン保険に入っていれば十分な免疫療法が受けられる』
と言われたとのことです。

自分がガンになったとき、免疫療法を受けるかどうかは
別にして、せめて経済的なことは悩まないで
治療を受けたいと強く思いました。
そこで上記のようなガン保険を検討しようと思います。

実際に『ガンと診断されたときすぐに500万円の
給付金が出るガン保険』ってありますか?
あるならどこの会社のどんな商品がおすすめですか?
お暇なときに教えていただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして、kyo-coさん。
うちの父親もがんにかかりましたがやはり最初はお金のことが心配でした。
がん保険はかけていましたので最初の時点で少しだけ安心して手術や入院に向き合えたのを覚えています。
さて、がん保険には各種類の内容の中に「がんと診断されてOOO万円」という診断給付金というのがあります。
たいていの保険は診断給付金と入院保険金、通院保険金がセットで更に各種特約を付ける形のものがほとんどです。
この中で診断給付金を例えば500万円にして行く形となるのですが、診断給付金を上げることで付随する入院給付金などの日額(一日当たりの入院時の保険金額)なども上げなくてはならないパターンがほとんどのはずです。
そうするともちろん全体的な内容の上昇となるので毎月支払う保険料が高額となってきます。
確かに保険でも備えて安心ですが、保険だけで賄うものなのか、貯蓄をしていきいざというときのために使うのかということを再度お考えいただき、用途や心配ない金額だけ補償として備えるという形でも良いかと思います。
保険はちなみにアメリカンファミリーでした。
請求書類など揃ってから支払いまでの期間は2日くらいでした。
現在はアメリカンファミリーを扱う一代理店ですが、贔屓目でなく支払いに関しての評価は高いようです。
ただ、特約など内容がたくさんあったり、セットで販売をしていて保障のつけはずしもできるのでよく話を聞いていただいてからの契約がよいかと思います。
他にも自由診療も対象となる保険など様々な内容があります。
漠然とではなく、どのような内容の保障が自分には必要なのか考えていただき、資料を比べてみてください。
そしてまたわからない部分で質問していただければ自分にあった保険を契約できるかと思います。

はじめまして、kyo-coさん。
うちの父親もがんにかかりましたがやはり最初はお金のことが心配でした。
がん保険はかけていましたので最初の時点で少しだけ安心して手術や入院に向き合えたのを覚えています。
さて、がん保険には各種類の内容の中に「がんと診断されてOOO万円」という診断給付金というのがあります。
たいていの保険は診断給付金と入院保険金、通院保険金がセットで更に各種特約を付ける形のものがほとんどです。
この中で診断給付金を例えば500万円にして行く形となるのですが、診断給...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報