0W-20のエンジンオイルも使ってかまわないのでしょうか?
アクセラを使っているのですが、取り説に0W-20のエンジンオイルも使っていいことが書いてありました。

土日は高速道路をよく利用します。
たまには、山道ドライブも楽しみます。

0W-20は真夏のドライブには適したエンジンオイルなんでしょうか?
5w-30との燃費の差は本当に違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

メーカーが そのエンジンに指定しているなら 大丈夫という事でしょう。



しかしながら 0W-20は異常なほどサラサラなOILです これに合わせ オイルポンプも作られているとの事で 固すぎるOILは逆に オイルポンプ等に 負荷を掛ける事になりかねません。

で  5W-30ですが 保護性能は申し分ないです 安心して乗れますが 燃費は、悪化します 粘度がかなり違いますので エンジン的には、使用しても大丈夫な 粘度と 個人的には、判断しています。
夏場 6月~9月限定でしょう
 これ以上固いOIL 5W-40や0W-40はやめた方が良いです。

Fit乗りの知り合いと一緒に考えてるのですが 夏場は5W-20 秋・冬・春は 0W-20で燃費を稼ぐ
0W-20でも純正か 純正以上の油膜性能を持ってる OILなら安心して使え 
Fitの場合
出光エコメダリストか
シェルヒリックスを 使うよう指示しています。
今夏は 出光エコメダリスト0w-20を入れてしまったので RSTというショップの添加剤黒蜜を入れて 夏を乗り切る様にしています。(燃費はすこぶる伸びている様です1.5Lエンジンで 純正OILで19Km/Lが 21km/L)

5W-20は、出光か SUNOCO製を 現実的に買いやすい価格対の高性能OILなので 薦めています。(この粘度 あまり種類出ていません)

エンジンオイルは、エンジンとの相性が有るので 同じ結果が アクセラで出るとは、限りませんが
一応 他車種で 良い結果が出てるので 参考まで
 
エコエンジンには 低粘度のOILでないと 意味が有りません。
それと 噂では、エコエンジンなんて 10万km耐久で考えられ 0W-20と低粘度OILが使われてる 買い替えサイクル・耐久を計算されてる(長持ちさせなくて良い) 
寒冷地でなければ 常用OIL 5W-20が エンジンに最適など 言ってる人も 少なくありません。 あくまで 噂 予想の話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

冬に0W-20を試そうかなと思います。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/13 08:57

3級整備士の資格を持ち内燃機関を専攻している学生です。

学生の戯言と思って下さい。

「普通の運転」をしていれば0W-20でも問題ないでしょう。
土日は高速道路をよく利用します。⇒法定速度前後を、最上段のギヤで走行していれば問題ないです。
たまには、山道ドライブも楽しみます。⇒月に1回程度の走行頻度で、エンジン回転数を常時5000rpm以上をキープしないなら問題ないです。

0W-20は真夏のドライブには適したエンジンオイルなんでしょうか?⇒上記2点が「問題ない」なら真夏でもエンジンが壊れることはありません。ただし、高速や峠にて長期の渋滞でラジエターに走行風が当たらなかったり、エンジンルーム内に走行風が入ってこない状況を頻繁に経験するなら僅かながらですが不安はあります。

5w-30との燃費の差は本当に違うのでしょうか?⇒Stop&Goを繰り返す市街地なら0wが僅かながら有利かもしれないです。1時間以上、ある程度の一定速度で走行する高速道路なら30が多少は有利になりやすいです。

以上より、純正油または純正油同等のエンジンオイルおよびオイルフィルターをシビアコンディションのサイクルで定期的に交換し、「普通の運転」をしるなら0W-20でも何の問題もないです。
先ずは、純正の「ゴールデンECO」をディーラーで入れてみるのが良いでしょう。もしかすると「カストロールSLX Professional MZ(0W-30,5W-30)」を薦められるかもしれませんが、前者で十分でしょう。
エンジンをかけてから、オイルがエンジン全体に回るまで(10秒みれば平気でしょう)アイドリングして、その後「普通の運転」すれば油膜切れは考えなくていいです。

個人的にオススメなのは「Gulf ARROW GT20」または「Gulf ARROW GT30 」です。ベースオイルも添加剤も安心できる製品です。後者を使えば間違いありません。

長々生意気書きましたがご勘弁を。。。

参考URL:http://www.mazda.co.jp/service/parts/oil/03.html
    • good
    • 3
この回答へのお礼

高速走行では燃費が変わらないのですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/13 09:00

0W-20は、柔らかいですね。


個人的には使いたくないですけど、燃費を上げる為には、こういう柔らかいオイルを使わないと燃費が悪くなるんですよね。

エンジンの為なら多少固めの方が良いと思いますけど。
メーカーの指定している範囲であれば、使うのは構わないと思いますが、私なら、燃費よりエンジンを守る為にもう少し硬い物を使用しますね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

質問者も燃費より車自体を大切にしたいですからね。

参考になりました。

お礼日時:2010/08/11 23:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q0Wオイルと5Wオイル エンジン保護に良いのは?

お世話になります

0Wオイルと5Wオイルまたは10Wオイルに関して質問です

0wオイルを使用すると 燃費が目に見えて向上しますが

 以前 「0Wはエンジン保護には弱い  10Wのほうが油膜が強くエンジンには良い」 との意見を聞いたことがあります

認識として  燃費は 0W>5W>10W ですが エンジンの保護・油膜の強さは 10W>5w>0w

との認識ですが これはあっているでしょうか?


モノタロウなどで 安い0Wがあるので使ってみたいのですが 油膜に問題があるなら
5Wを使用しようかと検討中です

0Wも5Wも10Wもエンジンの保護には差はないのでしょうか? 単に燃費の違いがあるだけでしょうか?

お教えください

Aベストアンサー

概ね、質問者さんの認識で、合ってると思いますよ。

私が他人に「良いオイルは?」と聞かれたら、
 「前の数字は、純正指定、後ろの数字は、純正以上、それなりに高価なもの」
と答えています、0W-20より、0W-30、の方が良いと思います。

価格重視の安価なものは、販売されてる方には、大変失礼ですが、
その場しのぎ用のオイルとしか見ていません。

誰にでも、解かりやすく明確に理由を説明できないのが、もどかしいですが、
20年もエンジン修理しると、そうなります。

安物入れ続けた車両と、新車から、良いもの使ってる車両じゃ、
同じ車種でも、圧縮計ったら、ビックリするくらい変わってるよ。

もっとも、10年未満で、車両を替えるのが普通な時代なんで、
一般のドライバーさんには、どうでも良いことかもしれませんが(笑)

Qメーカー指定粘度オイル(0W-20)を入れる理由は

先日オイル交換をしようとボンネットをあけたら、
「必ず0W-20のオイルを使用してください」とでかでかとステッカーが張ってありました。(事務用品で作れるようなステッカーです、メーカーが作ったステッカーではありません)

たぶん 車検時にディラーが貼り付けたものと思います。  

取説を読むと、 0W-20  5W-20 が指定オイルになっていましたが
これまでずっと 10W-30(20?)をいれていました。

10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

もちろんメーカーの指定が一番いいのかもしれませんが、燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

0W指定のエンジンに10Wを入れると どんな不具合があるのでしょうか?

それとも これといって目立った問題はなく(そう目立った問題になるとは思えませんが)
メーカーが望む燃費が維持できないだけでしょうか?

または エンジンの保護にはやはり指定粘度のオイルが良いのでしょうか?

お教えください

Aベストアンサー

>10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

他にも回答がありましたが、オイル粘度は洗浄作用とは無関係ですよ。

>燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

その通りですね。
「原発廃止の為に、ECO節電。節電すれば、電力不足は起きない!」ポンコツ菅首相断言。
「省エネの為に、電気使用料を減らして石油ストーブを使おう!」ポンコツ民主党。
色々と、全く意味の無い燃費向上目的でオイル粘度を選択しています。
燃費なんかは、温度・湿度・風速などの環境で多くの誤差が出ますからね。
特に、信号が一切無い+渋滞が無い+坂道が無い状態で走行しないと実験結果は出ません。
国土交通省届出用数値を得る目的で、これらの粘度のオイルを勧めているのでしよう。

>0W指定のエンジンに10Wを入れると どんな不具合があるのでしょうか?

質問者さまが住んでいる地域が分かりませんが、粘度は「適用・耐用できる気温」を意味しています。
0Wだと、マイナス40度から0度の範囲に対応。
10Wだと、マイナス20度からプラス10度の範囲を対応。
質問者さまがマイナス40度からマイナス20度超寒冷地で住んでいれば、エンジンが故障します。
潤滑油としての機能を、全く果たしませんからね。
日本国内でも、温暖化とエセ環境保護団体が叫んでいますが「極端に低温」になる地域がありますよね。
(10000年単位で考えれば、地球は温暖化・寒冷化を繰返しています)
また、タコメータ上の最高エンジン回転数で常時走行する場合もエンジンが故障(焼き付き)します。

>メーカーが望む燃費が維持できないだけでしょうか?

先に書いた通り、メーカー指定粘度を利用しても「メーカーが望む燃費は期待薄」です。

>エンジンの保護にはやはり指定粘度のオイルが良いのでしょうか?

設計・試験走行時に、一番適した(馬力・トルク・燃費が期待できた)粘度がメーカー指定です。
安心を考えれば、メーカー指定オイルの方が無難でしようね。
但し、各種エンジンオイル添加剤を入れると意味が無くなります。

私個人としては、最高速度は(追い越し時を除いて)道交法を守っています。
最近は、10W-30の「国内平均オイル」を用いていますね。
日本国内全ての環境で、用いる事が出来ますし安価です。
メーカー指定は、10W-30・5W-30・0W-30と取説に書いています。
その下に「使用する地域の外気温度を基準に、上記オイル粘度を選択して下さい」と書いていますよ。
国産車ではありませんが、国産車も実質的には同じです。

>10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

他にも回答がありましたが、オイル粘度は洗浄作用とは無関係ですよ。

>燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

その通りですね。
「原発廃止の為に、ECO節電。節電すれば、電力不足は起きない!」ポンコツ菅首相断言。
「省エネの為に、電気使用料を減らして石油ストーブを使おう!」ポンコツ民主党。
色々と、全く意味の無い燃費向上目的でオイル粘度を選択しています。
燃費なんかは、温度・湿度・風速などの...続きを読む

Qエンジンオイルの「10W-30」の意味

市販されているエンジンオイルに「10W-30」などの記述がされていますが、これはどういった意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

粘度(硬いか 柔らかいか)

詳しくは、↓に全部書いてます。

参考URL:http://www.sunoco.co.jp/product/qa/

Qディーゼルエンジンオイルとガソリンエンジンオイルの違い

1.5tonディーゼルトラックを所有していて、エンジンオイルを交換したいのですが、手元に賞品でもらったエンジンオイルがたくさんあります。

それらにはSFなどのガソリングレードが記載されていますがCEなどのディーゼルグレードの記載がありません。

両方記載されてあるオイルなら問題ないと思いますが、ガソリングレードしか記載されていないエンジンオイルをディーゼルエンジンに入れると何か不具合が起きるのでしょうか?
また、元来どういう違い(区分)があるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちはm(__)m

ガソリンエンジン用のオイルは
ガソリンエンジンオイルの特徴である低速低温での
スラッジ(低温スラッジ)や
対摩耗性や触媒に影響しないようになっていますが
ディーゼルエンジンオイルはその対応がありません

ディーゼルエンジンはオイルに対して熱での安定性や正常分散性や洗浄能力などを求められます
ガソリンエンジンオイルでは対応出来ないんです

例えば”SF/CE”などの表示であれば大丈夫ですが
単独表示のオイルの互換性はありません
応急処置での使用は大丈夫ですが
普通には使えません(使わない方が良いです)

ベースオイルは殆ど同じですが
成分の比率や添加剤の違いで
それぞれのエンジンの特徴に合わせて配合されています

Qエンジンオイルの交換周期とエンジンオイルフィルターの交換周期は同じですか?

一般的に、自動車のエンジンオイルは5000kmで交換しています。それでは、エンジンオイルフィルターも5000kmごとに交換する必要がありますか?

Aベストアンサー

オイル交換毎に交換する必要はありません。
よほどエンジン内部が汚れてるエンジンでもなければ フィルターは、オイル交換2回に1回が一般的です。

おおよそメーカーは、オイル交換10,000kmとか言われてます
なので 20,000km2回目のオイル交換時に オイルフィルターを一緒に交換で良いです。
しかし 多走行 半年程度で10,000km走る方なら良いですが
年間10,000km走るか走らないかの人は、 短距離走行(近所の買い物)などで エンジンオイルが熱せられ湿気を追い出すまでもなくエンジン停止させるので 酸化劣化が起きやすいので 距離でなく 1年以内に一度交換といったサイクルが 長い目で見て エンジンには良いです。
また エンジンを大切に思う方は、
NAで 5~7,000km毎のエンジンオイル交換
ターボで 3~5,000km毎のエンジンオイル交換がお薦め
軽の場合 小さいエンジンで 3L程度の少ないオイル量で 700kg位の車体を引っ張り走るので 小型車より回転数は、高く過酷なので
3~5,000kmで交換が良いです。

オイルフィルターは、汚れの詰りが起きる前に交換なので オイル交換が 3,000kmと早めの場合 3回目でも10,000km走行なので 3回目フィルター交換でも 大丈夫です。(走行距離の少なさと早めのオイル交換してるので汚れが少ないのでフィルターも詰り難い)
決まりはないので ご自身の判断で!

オイルエレメントは、純正が一番です ホームセンターなどで売ってる社外品は、純正よりフィルター面積が極少し少ない様ですが 今まで何個も使ってきましたが問題は起きたことありません。
社外品で高価なスポーツフィルターは、価格相応の効果は、感じ取れません 無駄
メーカーが儲かるだけ

オイル交換毎に交換する必要はありません。
よほどエンジン内部が汚れてるエンジンでもなければ フィルターは、オイル交換2回に1回が一般的です。

おおよそメーカーは、オイル交換10,000kmとか言われてます
なので 20,000km2回目のオイル交換時に オイルフィルターを一緒に交換で良いです。
しかし 多走行 半年程度で10,000km走る方なら良いですが
年間10,000km走るか走らないかの人は、 短距離走行(近所の買い物)などで エンジンオイルが熱せられ湿気を追い出すまでも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報