ロシアンセージ(ペロフスキア)を昨年の春に植え、
50cmほどに伸び花も咲きました。
何もしないまま冬を越し、今小さな芽らしきものが
枝のあちこちから出てきています。
一度短く刈り込んだ方がよいのか
そのままほおっておいても良いものなのか
ご存じの方がいらっしゃいましたら
教えていただけると有り難いのです。
宜しくお願いいたします。

A 回答 (1件)

こんにちは。


セージ類って一般に生命力旺盛で、少々の刈り込みにはビクともしませんよね。
うちのライオンセージも何もしないのに、今や花壇を占領する勢いです。

刈り込みのベスト時期は「芽が動き出す前」だそうなので、今急がれた方がいいのではないでしょうか?(下の参考ページ参照)
寒冷地ではマルチングを怠ると冬越しできないとありますが、普通の気候のところでは大丈夫な気もしますが?

きれいなお花で大株になってくれそうなので、私も店頭で探してみます♪

参考URL:http://www.kconline.com/tg/uraniwa/Perovskia.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難うございました。
早速 短く刈り込んで大株になるのを楽しみにしています。
HPも行ってきましたが とてもセンスもよいし
お勉強になる所でこれから活用させていただきます。

お礼日時:2001/04/10 00:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロシアンセージの冬越し

中国地方の標高250mくらいの土地でロシアンセージを植えています。今ちょうど花が終わったころです。冬は雪も時々降り積もります。ロシアンセージの冬の管理についてご存知の方、ご経験のある方教えてください。

Aベストアンサー

北海道の函館に住んでいるものですが、我が家の庭にもロシアンセージが植えてありますが、管理らしい管理は何もしてませんが毎年春になると新芽が出てきます。ただ、こちらは雪が積もりますのでそちらとはちょっと違うかもしれませんが。

こちらによると、耐寒温度は-20度のようですね。
http://www.ogis.co.jp/subsage.htm

それならお宅でも何もしなくても大丈夫かと思います。

Qトマトの側枝とわき芽

ミニトマトの育て方についてですが、基本的に主枝の1本で育てるのがいいようです。

わき芽は摘み取るのはわかるのですが、側枝はそのままでいいのでしょうか?それだと1本仕立てにならないと思うのですが・・・

Aベストアンサー

腋芽を全部詰み取っていたら 側枝は出来ないと思いますが?

腋芽をのばして 大きくなったものが 脇枝
主枝に対しての 側枝とよばれる訳だからね

Qカリフォルニアローズの挿し芽で増やして冬越ししたい。

今春、カリフォルニアローズフェイエスタを購入したガーデニング1年生です。

このバラのような、お花が可愛くてしかたありません♪
もっと増やしたい。冬も越したい。愛着が沸いてきました!
毎日、眺めております。

色々ネット調べているうちに、冬越しできること、挿し芽で増やせることがわかりました。

そこで、水挿ししていたところ、根っこが出てきたので、ポットに土を入れて、植えました。早かったのでしょうか??この子達は、今年中に花を咲かせる?

こんな感じで、ちょいちょい水挿しで根っこが出たら、植えていけばいいですか?

親株も冬越しを挑戦してみようと思いますが、バックアップの子孫たち(挿し芽)をいつくらいにするのが適当でしょうか?

なにせ、初心者なので、質問の説明も下手でわからないことだらけでなので、詳しく教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

越冬温度5℃はさすがに無理でしょう。
拙宅のインパチェンス類が寒さで枯れてくるのは、12月半ばぐらいですが、この時分の最低気温は当方が暖地のせいもありますが、8、9℃ぐらいです。10℃ぐらいはでもう元気はないですね。
従って越冬はやはり最低15℃ぐらいはないと安全とは言えないでしょう。
もっとも観葉植物並みに鉢土を乾かし気味にして耐寒温度を下げるというテが使えるのかどうかはわかりませんが、ただの想像ではなく実際の経験者がいれば聞きたいところです。

冬越しの前に夏越しです。ここ最近の真夏は暑い、暑すぎる!。33℃以上はザラです。真夏は花咲かんですよ、ハッキリ言って。こういう時は標高のある涼しい所が羨ましいですね、平地じゃチョットね。
要は30℃も超える日々が続くと休眠してしまうのです。フィエスタならぬシェスタ(昼寝)です。
休眠中に水をジャンジャン遣ったり、肥料をバンバン遣ったりして、「やれ働け、花咲かせ!。」とせっついてもムズカるばかりです、それで枯らす場合も多いです。
基本的に怠け者なのですよ、彼らか彼女らかは知らぬが。
こういう場合はあきらめて、水遣り控えめ、施肥中止して安眠妨害しない方が結果としてはよろしいようです。
秋になったら、またせっせと水遣りや施肥してやりましょう。

>この子達は、今年中に花を咲かせる?
購入時の苗ぐらいの大きさになったら、すぐ蕾を付け花が咲きます。

>こんな感じで、ちょいちょい水挿しで根っこが出たら、植えていけばいいですか?
根の長さは2.5cmぐらいは欲しいところです。

>親株も冬越しを挑戦してみようと思いますが、バックアップの子孫たち(挿し芽)をいつくらいにするのが適当でしょうか?
適当に。上手く越冬すれば全部無事です。越冬温度については前述した通りだと、私は思います。

補足。
品種によっても夏越しの丈夫さは違いがあるようです。
アップルブロッサムとスパークラーローズはなんとか去年夏越しできましたが、去年の新種のサーモンピンク色のものはさっぱりダメでした。
また用土にバーク堆肥の多い市販培養土をお使いの場合は、ボラ土や軽石の小粒を1/4ぐらい土に混ぜて排水性を上げた方が良いです。
真夏の平地では休眠するので案外水を吸わず、土が過湿状態に陥りそれで枯らす場合も多いからです。

越冬温度5℃はさすがに無理でしょう。
拙宅のインパチェンス類が寒さで枯れてくるのは、12月半ばぐらいですが、この時分の最低気温は当方が暖地のせいもありますが、8、9℃ぐらいです。10℃ぐらいはでもう元気はないですね。
従って越冬はやはり最低15℃ぐらいはないと安全とは言えないでしょう。
もっとも観葉植物並みに鉢土を乾かし気味にして耐寒温度を下げるというテが使えるのかどうかはわかりませんが、ただの想像ではなく実際の経験者がいれば聞きたいところです。

冬越しの前に夏越しです。ここ最近の真...続きを読む

Q畑に植えたジャガイモの芽が出ない。

近畿地方に住んでいます。
3月27日に植えたジャガイモからまだ芽が出てきません。
約3週間経っています。

秋に植えた時はちゃんと芽が出てきました。
最近暑かったり寒かったり、気温の変化が激しかったからでしょうか?
もう少し待てば芽が出てきますか??

Aベストアンサー

3月26日に植えたジャガイモ
私も長雨で腐っているのかと思って・・・先ほどほじくってみました。

かわいらしい根が先に延びています
芽はまだまだのようですが、元気でしたよ。

「大丈夫?」
って聞いたら
「未だ寒いでしょう・・・サクラが未だ咲いてるもん、
もうちょっと様子見ます」
って。

大地の気温が上がるのを彼らも待っているのでしょうね
神戸市内です。

Q植え替えたなんてん、まだ芽がでません

すみませんが教えてください。
昨年8月に里から高さ5mの先を1m位短く切りとって捨て、
その日のうちに直径64cmの植木鉢に植え替えました。
 寄生していた、シダ類やコケは元気で青く根ずいていますが、
肝腎のなんてんがまだ、青い芽をだしません。上のほうには茶黒
色の枝はでています。

以前同様に植え替えた、なんてんは1年後に青い芽がでてきました。

 かなりの年季がはいっているので、大事に水もやってきました。
ただ、植え替え当初は水の補給が週1程度でした。

 寄生植物が生きているということはなんてん本体もいきているのでしょうか?

同じようなご経験をされた方、参考になる程度のご意見でも結構です
ので、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

里から持ち帰る時に根を乾かして居ませんか。掘り上げてから麻布等を根に
巻いて、十分に散水をし湿らせた状態で持ち帰ったでしょうか。
また植付け時に傷んだ根や長過ぎる根は切って整理をして、その後に植付け
をされたでしょうか。
出来れば根に土が付いていた方が良いのですが、砂質であれば根から落ちて
しまうので、そんな時はバケツ等に水を入れ、水に浸けた状態で持ち帰る事
が大切になります。要は根を乾かさないようにして持ち帰ったかです。

樹木と草類を一緒に考えては駄目ですよ。シダなどは水分が若干でも残って
いれば枯れる事はありません。樹木は根を乾かしたら終わりなんです。

南天の植替えは基本的には4月ですから、真夏の猛暑時に根を動かしたのが
主な原因でしょう。家庭の事情でどうしても位置変えをしないと都合が悪い
時は、9月に入ってから急いで植付けをします。
それと完全に水切れを起こさせましたね。水分を多く必要とする時期なのに
1週間に1度では根枯れを起こさせても仕方がありません。
一番重要なのは植え替えてから根が安定するまでの期間です。この間に水を
切らしてしまうと、新根が出る事はなく新芽も出なくなります。

置き場所は半日陰か日陰の場所に置かれていたでしょうか。直射日光が直に
当る場所は良くありません。植付け後は雨の日を除いて朝夕には水遣りをす
る必要があります。

腐葉土を多めに混ぜたでしょうか。庭土だけでは上手く育ちません。

寄生植物は僅かな水分でも生きます。でも樹木は違います。必要とする時期
に与えていませんから、現在まで新芽が出ないと言う事は既に枯れていると
しか言えません。

里から持ち帰る時に根を乾かして居ませんか。掘り上げてから麻布等を根に
巻いて、十分に散水をし湿らせた状態で持ち帰ったでしょうか。
また植付け時に傷んだ根や長過ぎる根は切って整理をして、その後に植付け
をされたでしょうか。
出来れば根に土が付いていた方が良いのですが、砂質であれば根から落ちて
しまうので、そんな時はバケツ等に水を入れ、水に浸けた状態で持ち帰る事
が大切になります。要は根を乾かさないようにして持ち帰ったかです。

樹木と草類を一緒に考えては駄目ですよ。シダなどは水分が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報