悪意は悪意で返すべきなのか?

よく掲示板で相手のことを想って言っているのではなく、相手を貶めることで自分の優越感を得たり、相手を傷つけて苦しむのを想像して楽しむための書き込みを見ることがあると思います。
もちろんネットの世界だけではなく、リアルの世界でもありますが、そういうものにはどう対処すべきだと思いますか?

無視する、説教する、やり返す などなど

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (23件中1~10件)

やり返すのは、最低です。

泥仕合になるだけです。
相手が後輩であれば、説教も可です。
無視するのが、通常はベストです。超然としていれば良いのです。
    • good
    • 1

もうひとつのパターン



 私たちは仲が良い。幸せである。⇒彼は私たちを見て嫉妬している。うらやましがっている。⇒仲良くしているだけで不快に思い、偽善者であると思っているらしい。

 ということか。こういう腐った考え方しか出来ない奴がいるから、世の中忌まわしい。

 親との関係を見直さないでそのままいくとこうなる。
    • good
    • 0

「私は愛そのものである」という人間は他者に対しては愛そのものであるとは思わないらしい。

いまどきの新興宗教の教祖や幼児でさえ自分に対して「愛そのもの」とは言わないでしょう。これで騙される奴は「自分でここまで言うからには何かあるかも」と思うアタマの良い人か、言われたことをそのまま信じる頭のワルイ人のどちらかであって、少数狙いということであり、一般大衆狙いではないということか。


 自分は許してきた⇒怒っている人は非寛容であり、悪である⇒オレは善、あいつは悪⇒許し・見下げる姿勢⇒嘲笑

 こういうことか?

 まさに「私が愛そのもの」と言う奴が、対象の「悪」を作っている、つまり根っからの悪人ということになる。
    • good
    • 0

No.20の意見は面白い。



私も、例えば街中を楽しそうに歩くカップルがいて、そいつらを何も気にしないでいると、「なぜこいつは平常心でいられるのだろう、なぜオレたちを気にしないのだろう」という思いを持つケースがあります。そして、そういった雰囲気に私が気づくと、引っ込んで防御するか、攻撃をするかしかなくなります。なんとも忌まわしく、迷惑なことです。

 自分の存在の本質を自覚させられるのが嫌で、逆に意識的に責めてきます。

 だから、あるところまでいったら戦う姿勢を維持するしかないと言えます。
    • good
    • 0

悪意を私に向ける実質的犯罪行為に対し私はあくまでも善良なる人間としてその犯罪者を見ない接します。


犯罪者の人間性に接した結果、犯罪の病根は悪の下僕と化した家畜人状態であると気が付きました。
彼らは悪から解放されるべきです。
私自身の存在と行いは常に愛であり、同情と言う形で犯罪者の悪に感化されてしまう事をを避けながら冷静に犯罪に対処する限り、犯罪者の人間性が家畜のごときである事を正直に表してしまします。
同情をしない私に接している限り、悪意をもって他者に接する犯罪者は、犯罪者自らが家畜人である事を自覚してしまうのです。
私は犯罪者に復讐しません。
しかし犯罪者は家畜人に過ぎない自らに気が付いてしまうのです。
そうして犯罪者は私を逆恨みします。

悪に悪をもって接しないとこのようにダメージを受けます。
しかし私はその痛みを恐れません。
何故なら生きることは愛であり、私は愛そのものであるからです。
    • good
    • 0

>そういうものにはどう対処すべきだと思いますか?



 相手が悪意であるという判断すると、復讐、報復したくなります。

 悪意を受けたというフラストレーションは、復讐のカタルシスによって解放されます。
 復讐のカタルシスほど甘味でエクスタティックなものはありません。

 直接行動するのも悪くはありませんが、あまりに程度が度を超した場合は告発すべきでしょうね。

 個人が特定されないことをいいことに、ネット上で誹謗中傷する卑怯な輩は、
 見つけ出して、責任を負わせる必要があるのですよ。法律が遅れているにすぎません。
    • good
    • 0

悪意に悪意で返すと、必ず自分にはね返ってきます。


そういうものに対しては、「赦し」で対抗するといいでしょう。

相手に悪意があることを認めた上で、一つ大人になって「この人はこういう人だから仕方ないな」という目線をもつことが大事だと思います。

なかなか難しいですが・・・。
僕もそうなれたらいいな、とは思います。
ですが強烈なものには、反応して悪意で返してしまいます。
まだまだ未熟です・・・。

ですが、少しずつ良くなってきているのを感じています。

前述のような対応を踏まえたうえでの意見というもので、対処していくのがベストだとは思いますね。
    • good
    • 0

>「何を屁理屈こねやがって」みたいに思う人が多いんですよね。



なんか屁理屈をこねているようにしか表現出来ないっちゅうことは、本人でも何言っている判らないんじゃないんかね。哲学も学問だ。だから哲学やる本人も自分で何言ってるか判んないから学問をやってる。判ってたらそんな物やるほど人間暇じゃないもんね。だから、わけも判らずに物を言っているのは当たり前って言えば当たり前だ。でも、判んないながらも、何か本質を捕まえているらしいと本人が感じることができている時には、その人の表現の中に異様なオーラが出ているもんだ。オーラって理屈で相手に伝わるもんじゃない。だから、くだくだ理屈をこねくり回しているような表現きり出来ない奴は、こいつは自分の見付けて来た直感を本気で何とかしようとしていないな、ただ言葉の遊びで恍惚としているだけなんだなと素人が見ても判っちゃうんだね。

自然科学の中で最も単純な現象だけを選択的に対象にしている物理学だって、未だに公理論的は方法、すなわち、論理の局所的な精密性に基づいて、言葉を厳密に使いながら現象を理解しようと言う方法が成功した試しがないんだ。必ずどこかに神懸かった論理の飛躍なくちゃ人を説得出来ない。その神懸かりが新しい世界との遭遇の契機となって人々を説得して来たんだ。くだくだ理屈を捏ねているだけでどこにもキラっと不思議な光打出て来ない論文なんて、誰も相手にしてくれない。いわんや、哲学なんて物理学より桁違いに複雑な人間を対象にした学問だ。だから、くだくだ理屈ばかり捏ねて、オーラが全然こちらに伝わって来ないような表現しか出来ない奴らの言っていることが哲学だなんて、そんなことある筈がないと言うことを、素人さん達はすぐ分かっちゃうんだね。

ところが、物理でも同じなんだがその学問をやり始めた連中の多くは、初心のうちはいろいろ深い疑問を持っていたんだが、その学問を始めて見ると先人達の死体累々とした遺物を目の前に見せられて、「そうかこう言うことも判らなくてはこの学問は出来ないのか」と怖じ気付いてしまい、その死体を一枚一枚めくっているうちに、初心の深い疑問をすっかり忘れてしまって、細かな論理だ理屈が大切なことだと思うように洗脳されてしまうようだ。

本当に説得力のある哲学的な主張だったら、素人さんに「何を屁理屈こねやがって」みたいに思わせない表現が出来ると思うよ。
    • good
    • 0

 さて、ではどのようにその問題を解決することが出来るでしょうか。

快楽犯的な相手を槍で突けない変わりに、愛と憎しみ混ぜこぜになった情動で女を突き、女を喜ばせ、コドモを生ませ(生ませられ)、そうやって家庭は形成され、社会は作られ、人口は増えてきました。良くも悪くも、法の効果もあり、そうなってきました。人口が増えて良いこと、良い時代もあったでしょう。

泣いている赤ん坊を見て悲しむのではなく、笑って抱き寄せる人間になりたくなければ、

愛憎ごちゃまぜにした下衆になりたくなければ、完全に社会を捨て、一人で生きれば良いのでしょう。

一人で生きることが可能であったとしても、しかしそれではわざわざ生まれてきた、あるいは存在している意味がないと言えます。

もし、その中間があるとしたらなんでしょうか。

一人で100kgの荷物を背負ったら、潰れてしまうでしょう。

十人であればなんとか背負って生きていけるかもしれません。

百人であれば、程よい重さが身心を強くし、浮き草・根無し草の人間は地に足をつけて生きることにもなるでしょう。


もちろんこれは誰かを募って集団ですることではなく、個々の人間がそれぞれ対処していくことでしょう。
    • good
    • 0

訂正



×抑圧した人間と根本的な問題を解決していれば、そのような人間は目に入らないか、黙って見過ごすことが出来るでしょう。

○自分を抑圧した(と感じる)人間に対して根本的に問題を解決していれば、そのような人間は目に入らないか、黙って見過ごすことが出来るでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【哲学】世界の中に自分がいるのではなく、自分の中に世界が存在している。自分が死んだ時点で世界が終

【哲学】世界の中に自分がいるのではなく、自分の中に世界が存在している。

自分が死んだ時点で世界が終わる。

世界は己自身の中にあり、世界は内と外に存在する。

これらの言葉の解釈を発見した者は死を経験しないだろう

やっと気付いた「自分が世界に存在する」ではなく「世界の正体が自分」な件
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4900063.html

どう思いますか?

Aベストアンサー

自分が死んだ時点で世界が終わる。

この考えだと死を悟った者の中に不届き者がいて、運悪く核兵器のボタンを握っていたとしたら他の皆も運命共同体であの世行き。

それに近い人は過去に居たはずですが、今のところそこまでの愚か者は居ない。死ぬ間際は案外「自分が世界に存在する」に寄って亡くなる方が多いと考えます。

Q優越感劣等感

人間、この種の感情を何時となく持ち得る(持たされる)ものと思われます。
また各自の内面世界にてそこから派生する過度感情ならびに知的判断(著しい優越感から周囲への侮蔑の念等)を抱くのは自由ですが、そこを自己内面に制御出来ず、表立って周囲の劣等人への誹謗中傷(名誉毀損等)と至るのは明らかに人道にも人権にも反しており、それらは決して許されざる行為ではないでしょうか。

優越感を生きる源とするのは構いませんが、それを自己外に表すは、あくまで他人の人格を尊重する限りに於ての行動言動に制限されると思うのです

いかがでしょうか

Aベストアンサー

優越感と劣等感は、コインの表裏または、優劣の振り子運動のようなものです。優越感の強い者は、劣等感も強いように、降り幅が大きくなるように思われます。
優劣感情は他者との比較による意識で、他者の称賛や権威からの是認に価値を置くこと____《虚栄心》が生じ、自分が騙したものによって騙されてしまう。
誹謗中傷は、間接的な怨恨(ルサンチマン)を抱いているのかもしれませんが‥

世間を斜めに眺めてみると、気づかされることがあります。
例えば、ニーチェの‥視点というよりも視線。

「自己自身に対する関心、自己を満足させたいとの願いは、虚栄心の強い人のところでは、きわめて高じているので、彼は彼自身の間違ったあまりに高すぎる査定へと他人をまどわせて、それから結局他人の権威にたよる、つまり誤謬をまねきよせておいて、しかもそれに信を置くのである。~人間的あまりに人間的No89~」

「高貴な人間にとって、おそらく理解し難いものの一つは《虚栄心》である。~善悪の彼岸No261~」

高貴な人間は、《自分に対して畏敬の念・誇り》を持てるかどうか、自身の誠実から来る命令に服従しようとする。《虚栄心》と、価値を自ら立脚する《誇り》は違うもの。
《虚栄心》は、優劣をつけたり、傷つけ引きずり下ろそうとする、《誇り》は孤独のなかにあるかもしれないが、___それは孤立を意味するのではない。他者との関係では、貶めるのではない、高めあうための戦いや共感がある。

__以上は、優越感・劣等感に関する、ニーチェ的な見方です。
スノッブな世間を見る時、(内心)ニーチェ的視線になりがちなので>私
世間だけでなく、自分自身にも刃は向かいますが‥

私的な見方を加えるなら‥
《虚栄心》が自分を飾ることを喜びとするなら、《誇り》は世界を飾ることを喜びとするように思います。自分を飾るための物や知識は、肉体が滅びれば無に帰してしまいます。世界は、(残された者の記憶になくても)形を変えながら受け継がれていくから、労働や子育てなど生産する生き方は、そのまま世界に没入していると思います。
もし、明日死んでしまうなら、自分を飾ったことよりも、世界を飾ったことのほうが満足感が大きいような気がします。優劣意識のような卑小なものとは距離を置くことが、自分を毒したり、時間を無駄にしない選択ではないでしょうか。

優越感と劣等感は、コインの表裏または、優劣の振り子運動のようなものです。優越感の強い者は、劣等感も強いように、降り幅が大きくなるように思われます。
優劣感情は他者との比較による意識で、他者の称賛や権威からの是認に価値を置くこと____《虚栄心》が生じ、自分が騙したものによって騙されてしまう。
誹謗中傷は、間接的な怨恨(ルサンチマン)を抱いているのかもしれませんが‥

世間を斜めに眺めてみると、気づかされることがあります。
例えば、ニーチェの‥視点というよりも視線。

「自己自身に対...続きを読む

Qイエスの「山上の説教」について

新約聖書の「マタイによる福音書」に有名なイエスの「山上の説教」がありますね。
この冒頭で、「心の貧しい人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである」という文にはじまって、同じ形式の文が8回繰り返されています。

最後の(8個目の)部分は、「義のために迫害される人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである」という言葉です。仮に、この部分がカットされて、冒頭7つの「幸い」だけが書かれていたら、どんな印象を持ちますか?

実はあるテキストで、この8つめがカットされて、最初の7つの「幸い」だけが引用されているのを見つけました。クリスチャンではない編集者によるものです。深読みなのかも知れませんが、最後の「幸い」をカットすることで、テキスト全体の印象を変える意図があるのかしら、と考えました。

必ずしも専門的なお答えを期待しているわけではなく、この8個目の「幸い」がカットされていることで、どのようにテキスト全体の印象が変わってしまうか、などのご感想・ご意見をクリスチャンの方などにお答えして頂けると、大変嬉しいです。もちろん専門的なお答えがあれば、助かります。

新約聖書の「マタイによる福音書」に有名なイエスの「山上の説教」がありますね。
この冒頭で、「心の貧しい人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである」という文にはじまって、同じ形式の文が8回繰り返されています。

最後の(8個目の)部分は、「義のために迫害される人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである」という言葉です。仮に、この部分がカットされて、冒頭7つの「幸い」だけが書かれていたら、どんな印象を持ちますか?

実はあるテキストで、この8つめがカットされて...続きを読む

Aベストアンサー

#1 です。

>引用されていたテキストというのは、実はある国の中学生向けの教科書です。私は関心があって、外国の教科書の内容分析をしており、原文でそれを読んでいます。その国ではクリスチャンはマイノリティであるため、政府が意図的に聖書の内容を軽んじる、利用するなどという可能性があるのかないのかを考えたわけです。

 …なるほど。とてもよく背景が分かりました。マイノリティであるにも関わらず、「教科書に載せる」ということにとても面白さ(←funny という意味でなく)を感じております。
 戦時下における日本のキリスト教弾圧に関しては少し資料を読んだことがありますが、戦時下では「敵国の宗教」として禁じたことがありますが、キリシタン弾圧等の徹底した弾圧をかけるより、少し操作意図を含ませた「解禁」の誤った教義の中で泳がせておきたいという国の思惑が見え隠れするのですね。
 そうすると、「その国がどんな文化を持っているのか、もしあれば国教はなんなのか」ということでも髄分と削除の意味合いが違ってきますね。キリスト教では「両親を捨てて自分についてくるように」また、「信仰を弾圧するような法に屈しない」(原文のママではありませんが)という思想がありますよね。
 それは国家だけでなく、時の権力者にとってはとても怖い考え方であって、「非暴力・不服従」ではないですが、少しずつ改竄した経典を与えることにより、一本貫かれている教義を形骸化することが出来るようにも思います。
 クリスチャンがマイノリティの国、それでも教科書に母国語でバイブルを編集して載せる国。色々と思い浮かべていますが、今思い浮かぶ国の文化の中で#1 の (1)~(7)を排除する思想を持った国を思いつきません。(だからこそ教科書にも堂々と載せているのでしょうが)
 「生ぬるい」クリスチャンに仕立て上げるには(8)の削除は確かに有効と思えます。
■聖書 / 新改訳 (翻訳:新改訳聖書刊行会)■
【日本聖書刊行会 1983年 2版5刷より引用・抜粋】
わたしは、あなたの行いを知っている。あなたは冷たくもなく、熱くもない。わたしはむしろあなたが冷たいか熱いかであってほしい。このようにあなたはなまぬるく、熱くも冷たくもないのでわたしの口からあなたを吐き出そう
【ヨハネの黙示録 第3章15節~16節】
を連想させられます。

>なお、この質問は個人的・学問的な関心に基づいており、何かの団体や政治的利害に関係しているわけではないことをお約束しておきます。

 そういった心配はしていなかったので(無用心?)安心なさってください。私も学問的関心から宗教の一つとして持っている知識の中で、思ったことを書いただけですので。
 ただ、マイノリティであるクリスチャンは正しい教義を知っている人もあり、実際にそういった国に住んでいるクリスチャンが「原典」を書き換えられるといった行為にどれだけの憤りを感じているのかと思うと(当たり前ですが、「聖書」から加えたり引いたりする者は「呪われよ」とも書いてありますよね、確か)非常にお気の毒に感じます。
 私も哲学のカテに参加すること自体、1ヶ月程度の「教えてgoo」というコミュの中では2度程しかありませんし、確固たる「信仰」を持った人間ではないのですが、宗教論を書くことは時に危険を伴うものという認識くらいは持っております。
 …ので国名は書けませんが、割と近くて私にもある程度読み書きの出来る言語を持つ国で、非常に弾圧が強かったけれど、マイノリティであったはずのクリスチャン人口が増え続けている国が一つ想起されています。
 今では地下活動でしか「正しい聖典を学べない」というのはそういったことなのかな、とも思っています。宗教の違い、宗教観の違いは国と国との争いにまで発展するのは言わずもがなのことですから、教科書に載せるには「丁度いい温度」が必要なのでしょうか。
 私が「国教はキリスト教」というところにポンと放り込まれるとしたら、確かに、「何もかもを捨ててキリストについていきなさい」と言われるよりは、「生活に支障を来たさない程度の」「生ぬるい」宗教を望むと思います。日本は宗教観の曖昧な国ですが、その文化の中で生きてきたものにとっては、「何時になったら何をしていてもコーラン」といったように「生活に干渉されたくない」という気持ちが強いので。
 生活に干渉するからこそ宗教だという気持ちもあるのですが、本来は仏教の教えも厳しい部分があるのにもかかわらず、なんら制約をうけず生活をしているたくさんの「そういえば、うちブッディスト」という人たちと変わらないのが私個人です。
 中学生の教科書に「あえて削除したものを載せる」ということは、小学生の教科書に載せるより、はるかに効果があるようにも思えます。家がクリスチャンの中学生なら、はっきりと「意図的に削除されている」という無言のメッセージを感じ取ることが出来る年齢だと思うので。(何歳から中学生の国かは拝察しかねますが。)
 度々失礼致しました。そうやってなまぬるい生活を許されているうちに、軍事大国として憲法も変わっていたということのないように、宗教だけでなく、なまぬるい日本の生活観念を改めなければならない危機感のようなものを教えていただいた気がします。

#1 です。

>引用されていたテキストというのは、実はある国の中学生向けの教科書です。私は関心があって、外国の教科書の内容分析をしており、原文でそれを読んでいます。その国ではクリスチャンはマイノリティであるため、政府が意図的に聖書の内容を軽んじる、利用するなどという可能性があるのかないのかを考えたわけです。

 …なるほど。とてもよく背景が分かりました。マイノリティであるにも関わらず、「教科書に載せる」ということにとても面白さ(←funny という意味でなく)を感じております。
 ...続きを読む

Qなぜ「優越感」で精神的充足を感じてしまうのか?

なぜ「優越感」で精神的充足を感じてしまうのか?
私は自分が『「優越感」で精神的充足を感じてしまう』のが嫌だ!
どういう思考パターンが形成されてきたか知らないが、
これと縁を切る方法はないでしょうか?

私が敬愛する人物と恊働したいのは、様々な思考パターンを
自分にコピーしたいがため、である。

私は知能がとても低い。静止した文字など40年間みたことがない。
それで、私は心も身体も「痛い」(病気と障害)。
誰かヒントでいいので、私にください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

このことに、これほど強く気づくなんて、なんということでしょう。

残念ながら、これを断ち切る術はありません。人間の性。
ただ、人間同士で、人間関係の上だけであれば方法はあるでしょう。

自分が他に優越しない最低の人間だと自分が思える人間になればいいです。

但し、この感覚やあなたの世界が優越感に変容しないように祈ります。
それぞれは、優越も劣後もしません。

Q【社会ルールを守る喜びって何ですか?】優越感ですか?劣等生物を見る感じですか?

【社会ルールを守る喜びって何ですか?】優越感ですか?劣等生物を見る感じですか?

Aベストアンサー

喜びでルールを守ったことない。
ルールを守っていればルールが自分を守ってくれるから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報