長渕剛のせいで友人がいません

私は長渕剛が大嫌いです。
長渕剛の歌を聞くと、腹が立って耳を塞ぎたくなります。
「乾杯」を合唱している人達を見ると、馬鹿じゃないかと思います。
長渕剛が好きな人とは友人になれないと思います。
私の周囲の人は、みな長渕剛が好きです。
「乾杯」を気持ち良さそうにYouTubeで聞いています。
ですから私には、友人がいません。
どうしたら良いでしょうか。

A 回答 (9件)

私も今の 長渕は嫌いだなぁ



昔のほうがよかった
    • good
    • 2
この回答へのお礼

私も「巡恋歌」の頃から、リアルタイムで長渕剛を知っていますが、昔から嫌いでした。

お礼日時:2010/08/15 10:28

あれをド演歌とよびますか。


音楽の知識というか認識がかなり浅はかですね…

長渕云々を語る前に、自分で自分のことをどう思っていますか?

陰気か、傲慢か、自己中心的か、ナルシストか。

傍から見ると『友人がいません』というのが良く理解できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>あれをド演歌とよびますか。
音楽の知識というか認識がかなり浅はかですね…

そうですか? 音楽についてはかなり知識があるつもりですけどね。
今までに、300回くらい色んなアーチストのコンサートに行きましたけどね。
あなたは何回行っていますか?

お礼日時:2010/08/15 10:24

まぁあれを演歌だと思っちゃうくらいだと、音楽の分別がまだ出来てないからフォークソングやニューミュージックやバラードも「ド演歌」とか言って、音楽に関して友達は出来づらいだろうなぁ。


別に友達がいなくても困らないならいなくてもいいんじゃない?(笑)
逆に何の為に友達が必要なの?

相手は自分とは違うのを理解しなきゃ世界に同じ人間なんていやしないから友達が出来る訳はないと思うけど。まぁそんなの若い時だけだが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>まぁあれを演歌だと思っちゃうくらいだと、音楽の分別がまだ出来てないからフォークソングやニューミュージックやバラードも「ド演歌」とか言って、音楽に関して友達は出来づらいだろうなぁ。
ニューミュージックやバラードはともかく、フォークは演歌の一種だと思っています。
吉田拓郎とかが現れたのが私の少年時代のことでしたが、「新手の演歌が現れたなぁ。」と思ったものです。

>まぁそんなの若い時だけだが。
私は今、50代ですよ。あなたの方が私より若かったりして。

お礼日時:2010/08/15 10:20

さっき書き忘れたけど、



>長渕剛が好きな人とは友人になれないと思います。
長渕剛好きの人は人生の全てを長渕に費やしてるわけじゃない。
他の趣味を持ってるはず。長渕以外の事で同じ趣味をもつなかまを見つけたら?


それと、
ZABADAKいいね♪
初めて聞いたけど聞き惚れちゃったです。
    • good
    • 2

皆が長渕剛が好きなんですか?すごいですね。




あなたに好きな歌手はいないんですか?
あなたの周囲の人が同僚なのか同級生なのか知りませんが自分の好きな歌手を周りにアピールしたらどう?

1人くらいは「私もこの歌手好き」という人がいてもおかしくないのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>あなたに好きな歌手はいないんですか?
上野洋子がやめる前のZABADAKが好きです。

>1人くらいは「私もこの歌手好き」という人がいてもおかしくないのでは?
一人もZABADAKを知りませんでした。

お礼日時:2010/08/15 00:29

私はユーミンや美空ひばりを始めとして、日本の歌謡界の半数以上の人が苦手です。



あなたはまだまだ大丈夫。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

美空ひばりも長渕剛と同様にド演歌ですから嫌いです。
演歌歌手はみな嫌いです(特に長渕剛は)。

お礼日時:2010/08/14 23:59

今 君は人生の


大きな 大きな舞台に立ち
遥か長い道のりを 歩き始めた
君に幸せあれ!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

嫌がらせですか?

お礼日時:2010/08/14 23:33

僕も長渕さんは好きじゃありませんよ。


ただし、それは人間的であって歌は無関係です。

歌詞を聴いて共感したこともありませんか?
何かを感じたことはありませんか?

もし無いのでしたら、最初から長淵さんを拒絶しているに過ぎないと思います。

もし聴くに堪えないようでしたら、歌詞だけでも黙読するといいでしょう。

広い世の中、嫌いなものの中にも心を動かされる事実がきっとあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>歌詞を聴いて共感したこともありませんか?
ありません。

>何かを感じたことはありませんか?
保守的なド演歌だな、と感じました。

お礼日時:2010/08/14 23:41

うん、なかなか面白いです。


周囲が全員長渕ファン。そんな環境見てみたいです(笑)。
ある意味羨ましい。

>どうしたら良いでしょうか。

どうもしなくていいんじゃない?
面白いんだし。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長渕剛のキャラの変遷・移り変わりについて

長渕剛は、曲調と自分のキャラを時代とともに変えてきました。

今は、兄貴キャラというか筋肉質キャラというか。

とんぼのドラマの頃は、ヤクザキャラでした。

親子ジグザグのドラマのころは、憂いキャラだったきがします。あれは、石野真子との離婚の影響があるのでしょうか?僕はそのころの長渕が好きです。そういった憂いキャラは貴重な気がしています。

家族ゲームのドラマの頃は、ひょうきんキャラだったきがします。

もっと、キャラの変遷にくわしい方がいれば教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

私の主観ですが、長淵剛の変遷を書きます。

まず長淵剛が最初にテレビに出たのは1980年、『順子』がヒットしてテレビ「ザ・ベストテン」にランクインしたときだったはずです。
しかし当初は出演を拒否していて、やっと出たときもギターの弾き語りのみの演奏で歌い、途中で中断し最初から歌い直しました。
そのため50分と少しの放送時間(生放送)のうち長淵剛の出演シーンだけで9分ほどかかり、後の進行が押せ押せになってしまいました。
司会者との会話もたどたどしく、神経質な印象を受けました。

石野真子との結婚(81年)、離婚(83年)、ドラマ「家族ゲーム」主演(83年)と続く時代は、「ザ・ベストテン」以降もほとんどテレビへの出演がなく、何かするたびに驚くようなことばかりでした。
「え? あの長淵剛が石野真子と?」、「ええ? あの長淵剛がドラマ?」といった感じで。
ただし歌は『GOOD-BYE青春』『孤独なハート』など情けない男を描いたような内容が多く、「家族ゲーム」「家族ゲームII」で演じた下駄履きの冴えない家庭教師役の印象もあり、今のような堂々とした感じでなく飄々としたものが感じられました。

少し変化の下地が見えるのは「親子ゲーム」(86年)で元暴走族のラーメン屋店主を、「親子ジグザグ」(87年)で定食屋店主を演じたときです。
曲がりなりにも自分の腕一本で自営する役を演じることで、少し精神的な力強さを印象づけるようになりました。
また歌でも『SUPER STAR』『ろくなもんじゃねえ』など、少し外向きの内容になってきました。
たとえば『順子』の歌詞は「君の名を呼べば僕は悲しいよ」といった感じですが、『ろくなもんじゃねえ』では「飛び出した18の俺」「大嫌いだぜ」と語尾が強い表現になり主語も“僕”から“俺”に変わっています。
ただしこの頃は志穂美悦子との交際が始まっており(88年結婚)、実際の生活ではあまり憂いを感じるようなものではなかったと推測します。

そして変化が決定的になったのはドラマ「とんぼ」(88年)映画「オルゴール」(89年)でのヤクザ役でしょう。
ここで、内面に弱さを持ちながらも外に向かって行動する、アウトロー的な要素がほぼ確立されたと思います。
89年には映画「ウォータームーン」で修行僧という、こちらも一種のアウトロー役を演じたことも関係あるでしょう。
また89年、昭和から平成に変わった年、光GENJIが『HEY!SAY!』、長淵剛が『昭和』というタイトルのアルバムを出したことも象徴的だと思います。
ただただ明るく前向きな光GENJIに対し、過去の重さを抱く長淵剛を、対照的だなと個人的には感じました。

その後、国生さゆりとの不倫騒動(91年から)、桑田佳祐との論争(94年)、大麻取締法違反による逮捕(95年)など、様々な問題が起こります。
しかしこれらによって、逆に“自分が正しいと思った道を行く”といった印象を与えたように思います。
また歌の内容としては、「お前が舵をとれ」と歌う『Captain of the Ship』(93年)のように、他人に生き方さえ指示する“兄貴”的要素がだいぶ出てきています。

筋肉質キャラが加わったのは、01年の肉体改造によるようです。
そして03年に空手の新極真会に曲を提供し、同年にオールナイトニッポンのパーソナリティを務め自身の考えをそのまま生で伝えられる場を持つことで、ほぼ現在のキャラが定着したといえそうです。
詳しい変遷は参考URLで見られますので、どうぞg354654さんも自分なりの考察をしてみてください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E6%B7%B5%E5%89%9B

私の主観ですが、長淵剛の変遷を書きます。

まず長淵剛が最初にテレビに出たのは1980年、『順子』がヒットしてテレビ「ザ・ベストテン」にランクインしたときだったはずです。
しかし当初は出演を拒否していて、やっと出たときもギターの弾き語りのみの演奏で歌い、途中で中断し最初から歌い直しました。
そのため50分と少しの放送時間(生放送)のうち長淵剛の出演シーンだけで9分ほどかかり、後の進行が押せ押せになってしまいました。
司会者との会話もたどたどしく、神経質な印象を受けました。

石野...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報