独特な雰囲気のある漫画

最近夢中になって読める漫画が中々ないので、何か面白い漫画がありましたらおすすめお願いします。
独特な雰囲気というか、少し他とは違う作風の漫画に夢中になることが多いのですが、面白ければ基本的に何でも構いません。

好きな漫画家は、

手塚治虫
諸星大二郎
清水玲子
冨樫義博

辺りです。
上記いずれかと似た作風の漫画家などいましたら、そちらも教えてくださると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

他の方々も色々お勧めしていますが、自分が一点だけお勧めできるのは以下です



「ドロヘドロ」林田球/小学館

簡単なあらすじ
「魔法使いの世界」から来た魔法使いによって、頭を爬虫類に変えられ、記憶を失った男、カイマン。
そしてその友人、ニカイドウ。カイマンの口の中には謎の男が存在している。
カイマンは自分の頭を元に戻すために、そして記憶を取り戻すためにニカイドウと共に「ホール」にやって来る魔法使いを狩っていく。
彼は何者なのか、なぜ記憶がないのか、口の中の男は誰なのか。
それはまだ……混沌の中。
それが……ドロヘドロ!

以上wikiより抜粋

主人公側だけでなく、敵キャラ達も魅力たっぷりの、独特の世界観と絵柄を持つ漫画です。
単行本がちょっとお高いですが、その価値は十二分にあると思います。

あと餃子が無性に食べたくなります。

以上です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
あらすじを読んだだけでも面白そうですね。期待しつつ読んでみます。

お礼日時:2010/08/17 23:00

独特の雰囲気なら


・高橋葉介
・TONO
あたりでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
高橋葉介が好みに近いような気がするので、まずこちらを読んでみたいと思います。

お礼日時:2010/08/17 23:11

山岸涼子さんの短編集。


文庫シリーズがオススメです。

人間の怖さ、切なさなどを
独特のタッチとテンポで描かれているので
読みやすいし、読み応えもあると思います。

「文春文庫 ビジュアル版」が多く取り扱ってますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
山岸涼子は聞いたことがあるので、手をつけやすそうです。教えてくださったように文春文庫のビジュアル版で個人的に良さそうなものを探してみることにします。

お礼日時:2010/08/17 23:03

・泉昌之


 B級グルメマンガの先駆けにして巨人。
 いかにして駅弁を食べるかで1本描いたのは、この人が最初です。

・安永航一郎
・田丸浩史
 お下品でパワフルで痛いギャクの巨人。世紀末変態伝説。

・平野耕太
 内容もそうですが、台詞回しが独特で「平野節」などとも言われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
平野耕太が特に気になり、読んでみたいと思いました。

お礼日時:2010/08/17 22:54

伊藤明弘


植芝理一
大河原遁
太田垣康男
岡崎二郎
木城ゆきと
さいとう・たかを
志村貴子
園田健一
高田裕三
広江礼威
星野之宣
宮尾岳
望月三起也
森薫
横山光輝
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
太田垣康夫、星野之宣、横山光輝辺りが気になるので、まずそちらの方を読んでみます。

お礼日時:2010/08/17 22:19

独特の雰囲気と画風ってことで



『無限の住人』沙村広明
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
描き方が特徴的な方みたいですね。一度手にとってみたいと思います。

お礼日時:2010/08/17 22:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漫画家の冨樫義博さんは具合悪いの?HUNTER×HUNTERの続きを読みたいのですが!

漫画家の冨樫義博さんは具合悪いの?HUNTER×HUNTERの続きを読みたいのですが!

Aベストアンサー

私も続き読みたくて待ってる一人なんですが笑
描かないで終わらせるってことも無いと思うけれど、気分がのらないのにお義理で描いたつまらないものを出してくるより、意欲もアイデアも好調の時に描いているものを待ちたいです。
精神的なものだとか、腰痛だとか色々噂はあるけど、売れっ子になると大変ですね。

Q諸星大二郎の「栞と紙魚子」シリーズについて

諸星大二郎の「栞と紙魚子」シリーズを集めようと思っているのですが、アマゾンを探してみると結構ヒットしてどれを購入すればいいのか分かりません。
http://www.amazon.co.jp/%E6%A0%9E%E3%81%A8%E7%B4%99%E9%AD%9A%E5%AD%90-1-%E3%82%BD%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E6%96%87%E5%BA%AB-%E8%AB%B8%E6%98%9F-%E5%A4%A7%E4%BA%8C%E9%83%8E/dp/4257722118/ref=sr_1_15?ie=UTF8&s=books&qid=1234168598&sr=8-15
読める話は全て読みたいのですが、内容がかぶらずに読むにはどれを購入したらよいのかお教え頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

「栞と紙魚子 新版」でamazonで検索してください。
7件の検索結果が出てきます。
このうち、文庫となっているものを除いた5冊に「栞と紙魚子の百物語」を加えた6冊で現在刊行されている物語を読むことができます。

※なぜ「新版」なのかというと
実はこの作品を出版していた朝日ソノラマという会社が廃業してしまったのです。幸い、朝日新聞社が他の作品も含めて版権を買い取ったので、朝日ソノラマ廃業以前に出た5冊は「新版」として朝日新聞社から再刊行されたのです。
最新刊の「百物語」はもとから朝日新聞社刊でした。

文庫はまだ2巻しかありませんから全話収録されていません。

Q冨樫義博氏、ハンターハンターの画風変化について・・・

『ハンターハンター』の画風がコミックス途中巻から雑に変化します、全体にすっきりして、線が太くなります。
これは、作者が精神を病んだ為であるというハナシを聞いたのですが、その辺りの情報をお持ちの方がいらっしゃいましたならばどうぞ御教え下さい。
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

 お邪魔します。。まともな情報ではなくあくまで私の私的な推測と見解ですが参加させていただきます。

 雑になったことが精神的な面とかかわっているのは少なくとも否定できないことだと思います。
 要は「幽遊白書」連載時と同じような忙しさに今現在もなっているのではないかと思われるので、以前のように勝手に原稿を描くのをやめて逃げちゃったりなんてことはなくても、かなりシンドイ状況なのではないでしょうかね??

 全体にすっきりして、線が太くなった、ということですが、勝手な予測ですが、普通は原稿のペン入れってGペンやゼブラペンまたはスクールペンや丸ペンで描き分けて立体感や躍動感が出ると思うのですが、富樫先生の個人の体力的な忙しさ(アシはほぼナシ)と精神的な忙しさからして、だいたいをマジックペンで描いているような気がします。
 と、これは私が見て感じたことなので情報ではないです。本当にスミマセン。。
 私は忙しさのあまり全てにおいて時間や工程を省く結果、絵がそうなってっていっているのではと思ってます。

 にしても、今回のWJ連載もビックリなラフ絵状態でしたね。字ばっかで(汗)では、個人的な意見で申し訳ないです。。では。。

 お邪魔します。。まともな情報ではなくあくまで私の私的な推測と見解ですが参加させていただきます。

 雑になったことが精神的な面とかかわっているのは少なくとも否定できないことだと思います。
 要は「幽遊白書」連載時と同じような忙しさに今現在もなっているのではないかと思われるので、以前のように勝手に原稿を描くのをやめて逃げちゃったりなんてことはなくても、かなりシンドイ状況なのではないでしょうかね??

 全体にすっきりして、線が太くなった、ということですが、勝手な予測ですが...続きを読む

Q諸星大二郎の一短編のタイトル

もう10年以上前に見た諸星大二郎の短編漫画で、
どうしてもタイトルが思い出せないものがあり、もやもやして困っています。

どこか遠くの星が舞台で、ロケットでどこか別の星に行こうとした
子供たちのグループが、突然周りの大人たちから嫌がらせを受ける、という内容です。
最後は何とか一人脱出できた子供に向かい、
「俺たちを置いて行かないでくれ!」と哀願する大人たちの表情が
印象深かったのを覚えています。

Aベストアンサー

『流砂』だったかな?
広大な砂の瀑布のある辺境の街(惑星)を舞台に、
変化(可能性)を求めて街(惑星)を出て行こうとする若者たちを
力ずくで妨害し引き止める親世代(大人)。
そんな親達も本当は・・・という話だったと思うけど。

ちなみに『ぼくとフリオと校庭で』に収録されているらしいです。
http://www.amazon.co.jp/dp/4575726109

Q諸星大二郎〔諸怪異誌シリーズ〕

このシリーズは-鬼市-で終わりなのでしょうか。
アクション・・・だったかな、こちらで連載は続いているのでしょうか。

Aベストアンサー

『諸怪志異(三)鬼市』には、
「鬼市」(1997年52号/漫画アクション掲載)から、
「鬼弾」(1999年8号同掲載)までが収録されています。

それ以降のアクション掲載分(3編=6話)はまだ単行本化されていません。

万年楼[前後編] (1999年13~14号掲載)
鶏鳴村の襲撃 (1999年19+20合併号掲載)
破山剣[前中後編] (1999年34+35合併~37号掲載)

2000年以降、諸怪志異シリーズは発表されていません。

※漫画アクションは、2003年39号で休刊となりましたが、2004年4月に復刊しています。この先の動向が注目されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報