私の父が肺がんになり先日(4/3)右上部肺葉とリンパ節郭清手術をうけました。
今後の治療については、まだ担当医から説明を受けていませんが、食品でいいものは と探しているところです。
タヒボ茶が肺がんによく効くというページを見つけました。プロポリス等とくらべたらよく効くでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

タヒボが癌に直接効くことは、おそらくないでしょう。

免疫力を上げる効果はあるかも知れませんが、価格ほどの効果は期待できません。また、過剰摂取は危険と思います。
まだ、「シイタケ菌糸体」「EPA」のほうが可能性があるかも。
少なくとも友人には効きませんでした。
    • good
    • 0

タヒボ茶ですが、私は知人に勧められて飲用し、花粉症がかなり軽減したように思います。



細胞が活発になり体質改善につながったのかと思います。

参考URL:http://www6.ocn.ne.jp/~yakubo/taheebo/
    • good
    • 0

肺癌摘出を受けられたようですが、タヒボ茶をブラジル産のタヒボの木の成分から精製されたものですが、その効果は、定かではありませんので、別のものを、紹介していきます、まず、「EM-X」・「AHCC」・「不知火菊」が、転移を防ぎますのでこれらの、飲料水とか、お茶を使用されたが良いと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

tyoffice様 ありがとうございます。
さっそく それぞれ調べて使用しようと思います。

お礼日時:2001/04/08 15:36

肺癌の組織型によって治療法は異なりますが、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


この回答で#6、#7に紹介したサイトも参考にして下さい。

「プロポリス」に関しては、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=39489
この回答で#4に紹介したサイトも参考にして下さい。

「タヒポ茶」に関しては論文検索はしてませんが、
http://www.wombat.or.jp/minohonosaru/tahibo1/tah …
(タヒボ茶)
このページではin vitro(試験管レベル)のデータで、in vivo(マウス等での試験)のデータの記載がありません。

さらに臨床評価については症例報告のみで、少なくとも国内ではしっかりした臨床評価はされていないのではないでしょうか?

個人的な見解では、評価が確定されていないものはお勧めできません。

ご家族の心情はお察ししますが、良く担当医と相談されることをお勧めします。

ご参考まで。

お大事に。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=23904
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
手術後に担当医とぜんぜん話をしておらず ガンの種類も確認していないので よく担当医と相談して今後のことを家族とも決めたいと思います。

お礼日時:2001/04/08 15:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母が肺がん検診を受けて、要精密検査の結果になりました。 理由が肺がん以外にあるそうで、肺がん検診なの

母が肺がん検診を受けて、要精密検査の結果になりました。
理由が肺がん以外にあるそうで、肺がん検診なのに肺がん以外に何か異常があるとなると何が考えられるのだろうと余計に心配してしまいます。
母はこれまで乳がんやポリープが見つかったりしています。
骨に見つかったのかな?などと考えてしまうのですが…肺がん以外とはどういったことが考えられますでしょうか?

Aベストアンサー

脊椎の側弯、心肥大、大動脈の石灰化、肺の古い炎症の後、胸膜肥厚。

 いろいろ考えられますよ。

Q子宮がん、肝臓がん、腎臓がん、大腸がんによく効く画期的な治療は?

親が子宮がんです。手術しましたが再発ありうる状態だそうです。
また、肝臓がん、腎臓がん、の可能性も今後あるとのこと。
そして、大腸がんになりやすい体質と判明しているのでよくないことなどあったのですが、これらによく効く画期的な治療はどんなものがあるでしょうか?

保険対象外ならばというものもあるそうですが、兵庫の粒子線治療は300万とかするらしいですが、よく効くならば対象外を優先したいくらいです。

情報お持ちのかたいらっしゃいましたら宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

私の友人も癌と告知され、セカンドオピニオンとして全国にある癌専門の病院を調べていました。そのなかのサイトとして非常にわかりやすかったサイトを参考までに添付いたします。癌専門の名医が載っているTVですので是非ご覧になってみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://www.meiitv.net/cancer/index.html

Q乳がんの脇窩リンパ節郭清術後について

専門知識のある方にご回答いただければと思います。
脇窩リンパ節郭清を行うとどうしても浮腫みが生じます。
これはリンパマッサージやサポーターなどを装着する事である程度改善されますが、旅行などで飛行機に乗るような場合はどうなのでしょうか。
通常でも長時間乗ればリンパの流れが滞るために足などに浮腫みが生じます。
脇窩リンパ節郭清をおこなった場合は飛行機などに乗ることは出来ないのでしょうか?
搭乗時間に関係があるのであればどれ位なら可能でしょうか。
患者様により色々ではありますが、ここでは症状の軽い浮腫(術後15年)としてご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>脇窩リンパ節郭清を行うとどうしても浮腫みが生じます。

リンパ隔清 イコール 浮腫み じゃないですよ
私は出てませんから。
飛行機などに乗るときは水分を取る、立てるときには立って動く等
リンパ浮腫の本を読むと書いてあります

飛行機に乗れないほどの重症なら…主治医が気づいてアドバイスするはずです

>ここでは症状の軽い浮腫(術後15年)として
質問の最初に書くべきですね…

Q乳がんでリンパ節への転移がある場合、即抗がん剤治療になるの?

54歳の母が29日に乳がんの手術をしました。
リンパ節への転移は病理検査の結果を見ないとわからないということで、現在その結果待ちの状態です。
私の母のしこりは約3.8センチと1.5センチそれぞれ独立した別のもので術後の主治医の説明ではステージ2というお話でした。
触診ですこし硬いものが触れていたので、おそらくリンパへの転移もあるでしょうから、術後の治療はホルモン療法と抗がん剤になるでしょうという話でした。リンパの転移の数に関係なく、転移があれば即あの辛い副作用の抗がん剤を使用しなければならないのでしょうか?
一般的にリンパの転移はどれくらいなら多いと判断するのか判らないのですが、
経験のある医師なら、術中に「多いか少ないか」くらいの判断はある程度可能なものなのでしょうか?母の主治医は「おそらく転移はあると思うけど、はっきりしたことはわからない」と言うあいまいな言い方でした。

Aベストアンサー

私どものところでは、stage2では使う場合もあるし、使わない場合もあるので、そこは何とも言えないです。ちなみにstage3以上では全例に抗癌剤を使っています。抗癌剤は使用する可能性も十分あると思っておいた方がいいと思います。ただ、どんな薬を使って、どういう方法でというような全国的に決まった方法は確立されていないので、医師の判断によるところ多いです。

それから、術中に「多いか少ないか」わかるかといったら、わからない、というのが答えです。肉眼的には判断できないからです。不安でしょうが、医師というのはデータがないうちは歯切れのいい言葉で安心させてあげることができないんです。主治医が曖昧な物言いをするのも当然とおもわれます。一言一言に責任があるので。

抗癌剤ですが、おそらくタキソテールかCEFが使われるのではないかと思います。まあ、ほかにもありますが。共通する副作用は、吐き気、脱毛などです。個人的にはタキソテールが副作用がマイルドなので好きです。(これは3年くらい前に認可された比較的新しい薬です)が、個人によって効くか効かないか変わるので、これも何とも言えません。

歯切れの悪い回答で申し訳ありませんでした。

私どものところでは、stage2では使う場合もあるし、使わない場合もあるので、そこは何とも言えないです。ちなみにstage3以上では全例に抗癌剤を使っています。抗癌剤は使用する可能性も十分あると思っておいた方がいいと思います。ただ、どんな薬を使って、どういう方法でというような全国的に決まった方法は確立されていないので、医師の判断によるところ多いです。

それから、術中に「多いか少ないか」わかるかといったら、わからない、というのが答えです。肉眼的には判断できないからです。不安でしょう...続きを読む

Q胃がん  リンパ郭清

胃がんについて 通常の癌の場合はリンパ郭清を行う事もあると思いますがカルチノイドや平滑筋肉腫などの粘膜下腫瘍の場合は腫瘍だけを取り除いて終わりですか?

粘膜下腫瘍では基本的にリンパ郭清は行わないという事で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

胃癌ガイドラインによれば、胃癌の場合はD2郭清が標準術式です。
カルチノイド、平滑筋肉腫に関してはガイドラインはありませんが、胃癌に準じたリンパ節郭清が行われるのが普通です。ごく小さい場合は省略可能かも知れませんが。なお、粘膜下腫瘍の中で最多のGISTはリンパ節転移があきらかな場合以外はリンパ節郭清は不要とされています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報