ある1価の酸Aの水溶液10.00mlを三角フラスコに取り、これを0.100mol/lの水酸化ナトリウム水溶液で滴定した。このとき加えた水酸化ナトリウム水溶液の体積とpHの変化の一部を表に示す。この表の値を用いて回答せよ。
     体積(ml)         pH
      0            3
      1            4.05
      2.5          4.52
      5            5  
      7.5          5.48
      9.5          6.28
     10.5         10.99
     11           11.96   
     13           12.57
     16           12.7

(1)酸Aの水溶液の濃度は何mol/lか(有効数字3桁)。また、酸Aの水溶液の電離度はいくらか(有効数字1桁)。
(2)この中和滴定の実験の指示薬として誤って変色域がpH4.2~4.4のものを用いた。このとき求めた酸Aの水溶液の濃度は、酸Aの正しい濃度の何倍になるか。


答えは出してみたけど、おかしいような・・・
(1)の濃度だけでも、誰か解説してください・・・お願いします

A 回答 (3件)

(1)


NaOH溶液16 mlを加えたpH12.7の溶液において、

log[H+] = -12.7
log[OH-] = -14 + 12.7 = -1.3
= -(log10 + log2)
= log (1/10 * 2)
[OH-] = 1/20 = 0.05 (mol/l)

よって、溶液中のOH-の量は 0.05(10 + 16) = 1.3 (mmol)

pHの変化から、「[AH] = [A-] となる点」のpHは5付近であることがわかります。
そこでpH12.7において解離していない酸の量は無視でき、
加えたNaOHの量は 0.1 * 16 = 1.6 (mmol) だから、
1.6 - 1.3 = 0.3 (mmol) の酸が最初に存在していたことになります。
よって濃度は、0.3 / 10 = 0.03 (mol/l) になると思います。
有効数字3桁だから、0.0300でいいでしょう(わざわざ3桁とする意図がわかりませんが)。

また、酸の溶液のpHが3なので、[H+] = 10^-3 (mol/l) ですから、電離度は
10^-3 / 0.0300 = 0.03 でいいと思います。

(2)
指示薬の変色域は、関係する化学種の吸収スペクトルにもよりますが、大体2くらいの範囲にわたっていて、pH4.2~4.4というのは原理的にありえないと思います。もし問題が本当にこうなら、適切ではないといえそうです。
    • good
    • 0

(!)



酸Aの強さがわからない以上、pHの値がいくつでで中和したのか
はわかりませんから次のような方法を使って答えると思われます。

酸の解離反応を HA → H+ + A- とします。

NaOH水溶液を16mL加えた時について考えます。

陽イオンと陰イオンの数は同じでなくてはならないので

[H+] + [Na+] = [OH-] + [A-]
(ただし[X]は化学種Xの濃度)

ここでpHの値から考えて[H+]は[Na+]に対してほとんど
無視できますから

[A-] = [Na+] - [OH-]

[Na+]は加えたNaOHの量が分かっているので計算できますし、
[OH-]もpHの値から求まります。

そして、酸はほとんど完全に中和しているはずですから[HA]は
[A-]に対して無視できますので最初の酸のモル数は、この時点での
[A-」のモル数と同じと考えても良いはずです。

よって[A-]/(10+16)×10が最初の酸の濃度になります。

酸の濃度が分かればNaOHを加える前のpHの値から電離度が計算
できます。
    • good
    • 0

(1)について


 前回の質問(参考 URL)で aruberihi さんが回答されている内容で充分なような気がしますが。どこがわからないのでしょうか。答えは出したという事ですので,それをお示し下されば,もう少し具体的な回答も出来るかも知れません。

(2)について
 pH 4.2~4.4 の指示薬を使った場合,表の pH 4.52 で変色するはずです。つまり,この時点で酸Aは中和された事になり,使用した水酸化ナトリウム水溶液の量から酸Aの濃度が求まります。
 この濃度を(1)で求めた濃度と比べれば,答えが・・・。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=59668
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q0.4mol/Lの塩化ナトリウム水溶液100ml中に含まれるNaClの質量を求めよ。 ただし分子量N

0.4mol/Lの塩化ナトリウム水溶液100ml中に含まれるNaClの質量を求めよ。
ただし分子量NaCl=58.5とする。

答え:2.34g

導き方を教えてください><

Aベストアンサー

0.4mol/L は、1ℓ中に0.4モル入っているということなので、分子量NaCl=58.5✕0.4=23.4gが
1ℓ=1000㎖ に、入っていることになります。

問題の水溶液は100㎖なので、100/1000=1/10 となるので、 23.4✕0.1=2.34gとなります。

参考までに。

Q水酸化ナトリウム水溶液・水酸化カルシウム水溶液を判別実験

水酸化ナトリウム水溶液・水酸化カルシウム水溶液を判別する実験の方法を教えてください。
使っていい道具
ビーカー・ガスバーナー・試験管・マッチ・三角架・金網・薬さじ・ろ紙・漏斗・スタンド・リトマス紙・BTB溶液・フェノールフタレーン液・ガラス棒・スライドガラス・金属皿・駒込ピペット・メスシリンダー・マグネシウムリボン・べネジクト液・沸騰石・試験管ばさみです。量は限りがないものとします。
「混ぜて白く濁らる」以外であればお願いします。
※禁止事項
・息を吐いて二酸化炭素を入れる
・手を入れてみる、触ってみる
・においをかぐ
・見た目(ただし、色の違い・気体発生などの明らかなものは可)
・手で重さを比べる

Aベストアンサー

水酸化ナトリウム水溶液と水酸化カルシウム液のそれぞれを、ビーカーに100ccほど採り、駒込みピベットで少量ずつ塩酸を入れ、両方の水溶液が中性になったところで、塩酸を入れるをやめる。両方の水溶液が中性になったかどうかは、リトマス試験紙で確認する。中性になったそれぞれの水溶液を、それぞれの試験管に入れ、試験管ばさみで試験管を持ち、ガスバーナーで、結晶が出てくるまで加熱する。そして、それぞれの結晶をスライドグラスにのせ、結晶を顕微鏡で見る。塩化ナトリウムの結晶が見られる方が、水酸化ナトリウム液となる。

Q★水溶液の濃度の求め方★

中1の問題なんですが、

30%の食塩が入った水溶液がある。この食塩水をつかって10%の水溶液500gを作りたい。
何グラムの水に何グラムの30%の食塩が入った水溶液を加えたらよいか。

これがわかりません。どうやってやったら求まりますか?というか、求まるのでしょうか?汗

Aベストアンサー

濃度算は、食塩の量で考えるのが一番よいです。

10%の500gということは、食塩が
500×0.1=50
50g必要なわけです。

30%の食塩水xgには、x×0.3グラムの食塩が入っています。
よって、
x×0.3 = 50
で求まります。

Q高校1年生、化学基礎の質問です。 ある濃度の酢酸水溶液25mLに0.10mol/L水酸化ナトリウム水

高校1年生、化学基礎の質問です。


ある濃度の酢酸水溶液25mLに0.10mol/L水酸化ナトリウム水溶液を加えて中和滴定を行ったところ中和点までに10.5mLを要した。

問)酢酸水溶液のモル濃度は何mol/Lか。



答)酢酸をc(mol/L)とすると、酸も塩基も1価なので次式が成立する。

1×c×25/1000=1×0.10×10.5/1000
c=4.2×10-2(mol/L)


なぜ、10.5/1000をかけるのですか?
中和点=その物質の体積ってことなんですか?

もしそうだとしたら、中和点は調べたところ酸と塩基がちょうど過不足なく反応し終えた状態だと書いてありました。なので酢酸水溶液の体積も10.5mLになるのではないのでしょうか?

日本語がおかしい所があると思いますが、ご了承ください。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>中和点は調べたところ酸と塩基がちょうど過不足なく反応し終えた状態だと書いてありました。
教科書に書いてあるから、「フムフム」と、納得しましたね!
そこで、「酸と塩基の何が?」と思わないと。
「体積」と思いました? 違いますね。
「濃度」?
「質量」?
「物質量」惜しい!もう一声

キーワードは「反応し終えた」にあります。
では、
なにが、どんな反応しているのでしょう。

中和反応とは
H^+ + H^- → H2O
ですよね。

つまり、中和点とは「酸が持っているH^+の量(物質量:モル数)」と
「塩基が持っているOH^-の量(同上:本当は、受け取れるH^+の量)」が同じになって、
「過不足なく」反応する点なんです。

{「物質量」は惜しい!}と書きましたが、「価数」という言葉が出てきませんでしたか?
すべての酸(や塩基)が分子1個で、1個のH^+を出したり(受け取ったり)するわけではありませんね。
分子1個から、2個や3個出せるやつだってあるでしょう。だからその能力を考えないといけないのです。
(おそらく、質問分中の式になる最初の「1」はその意味でついているのだと思います。)

と、脇道にそれましたが、この問題では、「酢酸」も「水酸化ナトリウム」も価数は1ですね。
では、中和に要した水酸化ナトリウム溶液が出した OH^- の物質量は?
そして、濃度c(mol/L)の酢酸水溶液25mLにあった H^+ の物質量は?
これが等しく、過不足がないのです。

ご理解いただけましたでしょうか?

>中和点は調べたところ酸と塩基がちょうど過不足なく反応し終えた状態だと書いてありました。
教科書に書いてあるから、「フムフム」と、納得しましたね!
そこで、「酸と塩基の何が?」と思わないと。
「体積」と思いました? 違いますね。
「濃度」?
「質量」?
「物質量」惜しい!もう一声

キーワードは「反応し終えた」にあります。
では、
なにが、どんな反応しているのでしょう。

中和反応とは
H^+ + H^- → H2O
ですよね。

つまり、中和点とは「酸が持っているH^+の量(物質量:モル数)」と
「...続きを読む

Q複数の塩が加水分解した水溶液のpHの求め方(計算方法)はあるのでしょうか?

 複数の塩を溶解させた水溶液のpHを計算で求めたいのですが,そのような方法はありますか?
 一種類の塩を水に溶解した場合は,加水分解が起こり,解離定数が既知の場合は算出することができます.
 また,イオン強度から活量を求めて,pH=-log10γ(H^+)を求めることもできます.
 いろいろな本を探してみたのですが,複数の塩を溶解した水溶液のpHの計算法がなかなか見あたらないので,そのような計算は不可能なのでしょうか?
 
 そのような方法が可能であるのかと,もし可能であれば良い参考文献を教えて頂きたいです.よろしくお願いいたします.
 

Aベストアンサー

>場所をご存知でしたらお教えください.
国会図書館。
関東地方以外の方でしたらば.ご近所の大学図書館で
[NCID] BA06869167
と聞いて下さい。こちらはニューヨーク版です。

[書名] Stability constants of metal - ion complexes (IUPAC chemical data series no. 21 - 22.) [English]
[著者] Erik HXgfeldt, Douglas D. Perrin
[出版者] Oxford ; New York : Pergamon Press , 1979
[形態] 2 v. ; 29 cm
[注記] Includes bibliographical references
[NCID] BA06869167

出展
宇都宮大学 蔵書検索システム
http://kuuliba51.lib.utsunomiya-u.ac.jp/cgi-bin/searchS.cgi

Q塩の加水分解について0.40mol/Lの酢酸水溶液100mLと0.40mol/Lの水酸化ナトリウム水

塩の加水分解について0.40mol/Lの酢酸水溶液100mLと0.40mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液100mLを混合した水溶液のpHを求めよ
ただし、酢酸の電離定数Ka=2.0×10^-5mol/L
水のイオン積を[H+][OH-]=1.0×10^-14(mol/L)^2とし、log2.0=0.3、log1.62=0.21とする

自分なりに計算してみたのですが、解答はpH=9.0とのことです。
どこが間違っているのかわからないです・・・ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 溶液全体で200mlだからと言う理由で間違いないでしょうか⁇( T_T)

はい。そうです。その理由で間違いないです。

Qアンモニア水と酢酸水溶液のpHの求め方

アンモニア水と酢酸水溶液の両方で片方につき0.1[mol/L]と0.2[mol/L]のpHを求めたいのですが、pHを求める過程の式を可能な限り簡潔に(短い行で済むように)教えて頂きたいです。
答えまで教えて頂けましたら尚幸いであります。

※log2=0.30,log3=0.48としてください(もし必要でしたら)

Aベストアンサー

では簡潔に2行で・・
楽しい高校化学(第3章-第5講) ( http://www2.yamamura.ac.jp/chemistry/chapter3/lecture5/lect3051.html )

Q酢酸水溶液に塩酸or水酸化ナトリウム水溶液を加えたとき最初は急激にpH

酢酸水溶液に塩酸or水酸化ナトリウム水溶液を加えたとき最初は急激にpHが変化したのですが徐々に変化量が小さくなっていきました。
これは何でなんでしょうか?

Aベストアンサー

最初の変化が大きいのは,解離平衡があるからです.
平衡定数がどういう式で表せるか,その構成要素がどう変わるか考える必要があります.
この延長で,水酸化ナトリウムについては説明できます.
塩酸の方は,ある程度入れた後は,過剰に酸を入れているだけなので,入れている酸のpHに近づいていくというだけのことです(それ以上には下がりえないので).

Q希薄な硫酸水溶液のpHの求め方

1*10^-7 Mの硫酸水溶液のpHを求める問題なのですが、与えられているのが水のイオンKw=10^-14のみです。

希薄な硫酸なので1段階の解離は完全に起こるとして、2段階は解離しないと考えていいのだと思い、といてみましたが、pH=7になってしまいます。

しかもKwを使いません。

自分でも間違っていると思います。

どなたが詳しい方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

H2SO4は、
H2SO4 → H^+ + HSO4^- とほぼ完全に解離しますが2段階目は平衡反応になり、
HSO4^- ⇔ H^+ + SO4^2- ;Ka=0.012 と必ずしも完全には解離しません。

しかし初濃度が1.0*10^(-7)Mと極めて小さいので、2段階目の解離度α≒1と仮定して求めてみます。
するとH2SO4の解離による[H^+]≒2*10^(-7)Mだから、
水の解離により生じる[H^+]=[OH^-]=x(M)とすれば、[H^+][OH^-]={x+2*10^(-7)}x=Kw、
x+2*10^(-7)=[H^+]とおくと、[H^+]^2-2*10^(-7)[H^+]-Kw=0、[H^+]=2.41*10^(-7)、よってpH=6.6
またα=[SO4^2-]/10^(-7)=Ka/([H^+]+Ka)≒1だから仮定は妥当。

Q クロム酸カリウムの水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えると,二クロム

 クロム酸カリウムの水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えると,二クロム酸イオンが生じる。
という記述があったのですが、反応式がわかりません。

どなたか、教えていただければ光栄です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは間違いでしょう。


次のような平衡が成り立っています。


2H^+ + 2CrO4^2- ⇔ 2HCrO4^- ⇔ Cr2O7^2- + H2O


酸を加えると平衡は右に移動して Cr2O7^2- を生じ、
塩基を加えると左に移動して CrO4^2- を生じます。


人気Q&Aランキング