亡母の預金があとから見つかり、再度、私と弟で相続手続きをしますが、
多くないので自分で手続きをしたいと思い調べています。
郵便貯金と、銀行の預金なのですが、遺産分割協議書を作成したいと思います。
郵便局と銀行で手続きの際、協議書と同時に、除籍謄本、戸籍謄本の提出を求められていますが、この場合、郵便局と銀行それぞれに、遺産分割協議書を作成し提出する必要があるのですか?
また、除籍謄本、戸籍謄本も、それぞれ別々に原本を取り寄せて提出する必要があるのですか?
それとも、片方を手続きしたあと、協議書や謄本は返却してもらえて、もう一つの方の銀行の手続きに使えるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

それぞれの窓口の手続き上、原本が必要です。


ただし、金融機関の窓口で原本の確認をしてもらった上で、コピーを取ることを了承することを前提に、原本の返却を求めればよいでしょう。

私も親の代理で、祖父母の相続手続きを行ったことがあります。
戸籍謄本(除籍謄本を含む)や遺産分割協議書(印鑑証明書を含む)は、再作成が出来ないものも含まれます。相続関係書類は、相続開始直後や遺産分割協議時の証明資料です。印鑑証明にかかる印鑑登録などは変更が出来ますし、戸籍謄本なども保存期間が過ぎれば取得できないかもしれませんしね。遺産分割協議書も協議後に相続人が亡くなってしまう場合もありますし、やり直しを求められても困りますしね。

私は、戸籍謄本や印鑑証明は取得が出来る人も限られますし、費用もかかることから、手続きの流れを作り、原本が帰ってこない手続きを後回しにしましたね。
遺産分割協議書も相続人の数以上に作成し、相続人それぞれに1通、手続きを代表して行う者に余分の遺産分割協議書と印鑑証明書などを渡しましたね。

注意点として、戸籍謄本などの証明書類の中には、複数枚となりホチキスで止められ、契印(パンチ状のものを含む)のようなものがある場合には、ホチキスをはずすことで、効力を失うものもあります。
金融機関の窓口には無知な場合もあり、私は戸籍謄本をいくつも無駄にされた経験があります。
ホチキスを綺麗に止めることで、ばれずに有効に使える場合がありますが、本来の方法ではありません。
金融機関でコピーをとらせて欲しいといわれたときには、ホチキスをはずすなと注意した方が良いですよ。
    • good
    • 0

いずれの書類も、それぞれの窓口などで、原本の提出が必須事項です。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代の戸籍謄本を入手する方法は?

私の家の家系図を作成する計画です。その為の参考資料として戸籍謄本を利用したいと思います。

私を起点として、私の祖先(配偶者含む)の名前と生年月日、没年月日、結婚又は離婚の年月、養子縁組の年月、祖先の親の氏名などを世代を遡って把握します。また父母、祖父母、曽祖父母に関する事項だけでなく、彼らの兄弟姉妹に関する情報も必要になります。そこで質問です。

質問(1)今の役所で保存されている戸籍の原本では、祖先の系譜をどの頃まで遡ることができるのでしょうか。明治の初めまででしょうか。

質問(2)(この質問の方が重要ですが)仮に遡る限界が明治初期の場合、それ以前、つまり幕藩体制時代の戸籍についての記録は、どこで保存されているのでしょうか。(ちなみに私の祖先は愛知県知多郡におりましたので、「尾張藩」です。)菩提寺の過去帳では戒名は分かりますが俗名が分からないのです。

ご存知の方、よろしくお願いします。

質問の答が分からなくても、質問の答を見つける方法をご存知でしたら教えて下さい。(どの役所に聞いてみる、とか、どこの歴史資料館で捜す、とか、ホームページとか。)

私の家の家系図を作成する計画です。その為の参考資料として戸籍謄本を利用したいと思います。

私を起点として、私の祖先(配偶者含む)の名前と生年月日、没年月日、結婚又は離婚の年月、養子縁組の年月、祖先の親の氏名などを世代を遡って把握します。また父母、祖父母、曽祖父母に関する事項だけでなく、彼らの兄弟姉妹に関する情報も必要になります。そこで質問です。

質問(1)今の役所で保存されている戸籍の原本では、祖先の系譜をどの頃まで遡ることができるのでしょうか。明治の初めまででしょうか。...続きを読む

Aベストアンサー

ご自身が含まれる戸籍は自由に入手は可能ですが、いくら親兄弟であっても戸籍が別となっていれば、正当な理由や権利が無ければ入手できません。
相続や先祖を祀るなどの理由があれば直系であれば入手は可能でしょう。
それぞれから委任状などを得る必要があると思います。

1については、戸籍によって保存期間があり、既に処分されているものもあるようです。自治体によって法律上の保存期間を超えても処分していない役所も多いと思いますので、それぞれの役所へ確認しましょう。私の地元の役所では江戸時代ぐらいのものはまだあるようです。

2については、役所の戸籍でわからず、寺などの過去帳でわからなければ難しいでしょう。

戸籍謄本は自分との関係を証明しながら取る必要性がありますので、ご自分や親の戸籍から遡って、わかる範囲で戸主の名前で請求するようになるでしょう。縁故者の協力状況によっては、遡るにも限度があると思います。
行政書士などは職権で戸籍謄本などの入手が可能な為、一部の行政書士などが家系図作成を請け負っている場合などもあります。

私自身、家督相続時代を含めた相続手続き(登記)を行った際、遡るのに結構大変でした。

頑張ってください。

ご自身が含まれる戸籍は自由に入手は可能ですが、いくら親兄弟であっても戸籍が別となっていれば、正当な理由や権利が無ければ入手できません。
相続や先祖を祀るなどの理由があれば直系であれば入手は可能でしょう。
それぞれから委任状などを得る必要があると思います。

1については、戸籍によって保存期間があり、既に処分されているものもあるようです。自治体によって法律上の保存期間を超えても処分していない役所も多いと思いますので、それぞれの役所へ確認しましょう。私の地元の役所では江戸時代...続きを読む

Q相続手続きと預金通帳

普段からお付き合いしている会計事務所に父の相続をお願いします。
父の通帳についてですが、どこどこの銀行に通帳が…こちらから申告するのでしょうか?
隠すつもりはありませんが、先に亡くなった母の葬式代、お寺、仏壇、法事、固定資産税、所得税、病院代など、その都度引き出してあります。(すべて必要物ばかりで私用には使わず明細はメモしてあります)。それからタンス預金は、あるような無いような金額ですが、この扱いはいかがでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生前に使われたものは関係ありませんし、まずあなただけが残ったのでしょうか、それとも御兄弟がいれば話し合いでお互いの印鑑が有れば相続は可能です、預金の引き落としも可能です、会計事務所を使う意味が判りません、ただし相続が数千万を超えた場合申告が必要ですが、貯金などはおろしてしまえば判らないはずです、たんす預金は出す必要ないと思います、預金についてはすでに差し止めされていますから引き落としは出来ませんが、御兄弟の印鑑だけでおろせると思いますが詳しい家計が判らないので銀行などでお聞きになれば誰と誰の印鑑がいると教えてくれますよ、大きなお金で有れば会計事務所でいいのかも判りませんが、預金通帳はすべて出すことになります。

Q江戸時代の戸籍法

オランダ商館シーボルトの娘は、楠本イネという方で、
日本最初の女医さんだそうです。
が、何故「楠本」と称したのか、わかりません。
母である丸山町引田屋の遊女其扇(そのぎ・本名楠本たき)
の姓を名乗ったとのWEB記事を見たことがあります。
しかし、当時、町人や遊女には姓がなく、ファミリーネーム
として屋号が普通であったと、昔、学校で習いました。
当時の戸籍法なり、住民票制度に詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

明治時代以前、町民・農民などの庶民は、公では苗字を使用できなかった(苗字帯刀の制限)のは学校で習ったと思いますが、しかし庶民は私称として苗字を使用していました。
貴族の苗字は平安時代中期頃、武士の苗字は鎌倉時代、庶民は室町時代頃から苗字を持っていました。
室町時代に各地で農村が惣村(そうそん)という組織をつくり、団結して領主である武士と争うようになり、こういった惣村では、地主層の苗字が中下層の農民にも与えられました。
ただ、地主層から苗字を与えられない農民は、適当に苗字を私称しました。
有力な商工民は、武士や公家から苗字を与えられ、中下層の商工民は、屋語(やご)を苗字のような形で相続していきまいた。

戸籍については、キリスタン弾圧によって出来たともいえる[寺請制度:てらうけせいど]からといえます。
豊臣秀吉から受け継がれたキリスト教弾圧は、徳川三代将軍・家光にも引き継がれ、寛永11年(1634年)幕府は[寺請け制度」を定めました。
これにより国民はすべて一つの菩提寺の檀家とならなければならなくなりました。
寛永12年(1635年)には[寺社奉行]が設置され、僧侶や神官がその管理下に置かれました。
各宗派は江戸に触頭寺院(しょくとうじいん)という出先機関を設置させ、寺社奉行がこれを管理して各宗派を抑えました。
すべての宗教が幕府の統制に治められました。
寛永14年(1637年)には、キリスタンである天草四郎時貞を中心とする島原の乱が起き、これをきっかけに幕府は[隠れキリスタン]を取り締まるためとして[[宗門改役:しゅうもんあらためやく]を設置し、[宗旨人別帳]を作りました。
これにより、国民ひとりひとりが寺を通じて、幕府が管理できる体制となり、今で言う[戸籍]が出来ました。
個人の証明として、[寺請証文]が寺から発行され、旅をする時などは、これを携帯しなけらばなりませんでした。
つまりは寺請証文は、海外へ行くパスポートみたいなもです。

明治時代以前、町民・農民などの庶民は、公では苗字を使用できなかった(苗字帯刀の制限)のは学校で習ったと思いますが、しかし庶民は私称として苗字を使用していました。
貴族の苗字は平安時代中期頃、武士の苗字は鎌倉時代、庶民は室町時代頃から苗字を持っていました。
室町時代に各地で農村が惣村(そうそん)という組織をつくり、団結して領主である武士と争うようになり、こういった惣村では、地主層の苗字が中下層の農民にも与えられました。
ただ、地主層から苗字を与えられない農民は、適当に苗字を...続きを読む

Q相続人が相続(放棄)の手続きをしてくれない

昨年春に叔父が亡くなりました。
相続財産(+)は現金百数十万円、軽自動車1台、
(-)は死亡した後に受け取ってしまった生命保険会社の年金返金が10数万円あります。
葬儀等で100万以上かかっているので、実質的にはほとんど残りません。

離婚した妻(死去)との間に子が1人います。
この子が相続してくれれば全く問題なかったのですが、離婚後は全く縁が切れていた上にこの子は生活保護を受けており、相続すれば給付が止まるので相続放棄するとの意向でした。(この意向を聞き出すまでに2ヶ月くらいかかりました)
話し合いをし、相続放棄の仕方も教えて用紙も渡しました。

その後、しばらく連絡を待っていたのですが、一向に連絡がないためこちらから何度も連絡したら、ようやく繋がり、
「相続放棄の書類を受理しました」という通知が裁判所から来た。ただ、まだ色々書類を提出しなければいけない、といった連絡を最後に本人と全く連絡がとれません。

本人と連絡が取れないので本人の親族と連絡をとったところ、
「ウチとはもう関係ないので一切連絡するなと(子に)言ってある」
と訳の分からない事を言い出しました。

本人(子)に手続きをする意志が全くないので、一向に進みません。
軽自動車も放置したままになっています。

相続放棄の書類を出した、ということ自体、本当かどうか分かりません。
嘘であればすでに3ヶ月以上経過しているので単純承認した事になってしまっているとおもうのですが、それすらはっきりしません。

「どうせお金にならないんだから面倒なことはしたくない」といった態度のようです。

この子が相続放棄すれば、私の父とその兄弟計3人が法定相続人になります。
叔父がかけていた生命保険の受取人が私の父になっていたので、法定相続人になるかならないかで相続税の有無が変わってきます。

向こうが一切手続きをする気がないということになれば、どのように対処すれば良いのでしょうか?

昨年春に叔父が亡くなりました。
相続財産(+)は現金百数十万円、軽自動車1台、
(-)は死亡した後に受け取ってしまった生命保険会社の年金返金が10数万円あります。
葬儀等で100万以上かかっているので、実質的にはほとんど残りません。

離婚した妻(死去)との間に子が1人います。
この子が相続してくれれば全く問題なかったのですが、離婚後は全く縁が切れていた上にこの子は生活保護を受けており、相続すれば給付が止まるので相続放棄するとの意向でした。(この意向を聞き出すまでに2ヶ月くらいかか...続きを読む

Aベストアンサー

>嘘であればすでに3ヶ月以上経過しているので単純承認した事になっ
>てしまっているとおもうのですが、それすらはっきりしません。

そうであれば今更どうしようもないので、ここで質問してもしようがないのでは…

なお、裁判所に相続放棄の書類を出したら、裁判所から本人の意向に間
違いないか確認する書類を送ってくるので、それに対してまた書類を提
出しなければならないというのは本当です。

Q江戸時代の身分と養子縁組について

江戸時代の身分制度で士農工商やえた・ひにんなどあるのですが。江戸時代は婿養子をとるとき、婿の家とお嫁さんの家のお互いの家の身分が同じくらいでないとできないのでしょうか。
私の江戸時代くらいの先祖の身分を知りたいのです。
戸籍謄本上に、
前戸主:高橋源七
前戸主源七の長女:はる
前戸主源七の義理の息子:源造
と書いてあり、源造の以前の前は北川博左衛門だったんです。(改名した)江戸時代ー左衛門とつく名前は武士か御家人だと聞いたことがあるのですが、その源造が武士が御家人やったら、前戸主の源七も武士の家計だった可能性が高いのでしょうか。

Aベストアンサー

>婿の家とお嫁さんの家のお互いの家の身分が同じくらいでないとできないのでしょうか。

その通りですね。
「家の格式」が、全ての価値判断の基準でした.
ですから、嫁はんの家とつりあいが取れない旦那は、先ず(嫁はんの家と同格の)他家の養子になります。
そして、その養子先の人間として婿さんに入ります。

>江戸時代ー左衛門とつく名前は武士か御家人だと聞いたことがあるのですが

武士(旗本・御家人含む)とは、残念ながら限りません。
当初は、役職名でしたが、徐々に誰でも名乗っています。
豪農(庄屋)大店(オオダナ)の主も、代々左衛門と名乗っている場合があります。
ですから、代々武家とは限りません。

江戸時代は、身分制度がはっきりしていて武士は武士・農民は農民・・・と決まっていた様に考える人が多いです。
(現在は、政治家の子孫は代々政治家となる世襲制度がありますね)
が、武士が農民・商人などになる例も多く、また逆に、豪農・商人が武士になる事も多かったのです。
例えば、幕府のお膝元多摩地方では、名主・豪農が「御家人株」を30両から50両で購入し、御家人となり「八王子同心」なっている例が多いです。
地方各藩でも、同様に身分の売買が存在していました。
例えば、高知の坂本竜馬を産んだ「才谷屋」。先祖が「郷士株」を購入し、下士(山内家家臣は上士で、旧長曽我部家臣は下士(郷士))となり武士身分を獲得しています。
1万石程度の小藩では、1年単位で商家・農家の次男坊三男坊を役人として採用しています。(武士の中でも、一番低い身分でしたがね)

先祖が武士だったか否か。
旦那寺の過去帖とか、先祖が使えていた藩の記録を調べた方が良いですね。
藩の記録(現在の、社員一覧表)は、その藩があった図書館で見る事が出来ます。コピーも可能。

>婿の家とお嫁さんの家のお互いの家の身分が同じくらいでないとできないのでしょうか。

その通りですね。
「家の格式」が、全ての価値判断の基準でした.
ですから、嫁はんの家とつりあいが取れない旦那は、先ず(嫁はんの家と同格の)他家の養子になります。
そして、その養子先の人間として婿さんに入ります。

>江戸時代ー左衛門とつく名前は武士か御家人だと聞いたことがあるのですが

武士(旗本・御家人含む)とは、残念ながら限りません。
当初は、役職名でしたが、徐々に誰でも名乗っていま...続きを読む

Q負の遺産相続放棄後に、定期預金等を相続をした?

夫の実家のことです。
実家は、義両親と義兄(長男)が同居していました。その義兄が、昨年亡くなりました。
義兄には、長女(嫁に行った)と長男(実家に戻るつもりはないらい)がいます。
亡くなってから、借金があることが分かり、夫の兄(次男)が相続放棄の手続きなどをしてあげて、借金の返済をしなっくても良いようになったとのことでした(次男の妻…義姉から教えてもらいました)。

昨日、義母から電話があり、農協に定期があり相続人の子供たちでなければ解約できないと言われ、長女がそのお金を相続し持っていったと。長男は、放棄する紙?を持ってきたらしいのですが・・・
実家は農家なので、その他営農の預貯金、農協の出資金(本々は義父が積み立てたもの)まで長女が相続したのなら大変なことにると。
私は、義父母、夫から実家の事や、相続などについて話や相談を受けていないので、今更、困ったと言われても・・・無視しょうかとも思ったのですが、なんか変だな・・・?と思いましてここに相談させて頂きました。
・負の相続放棄した後に正の遺産が相続できるのか?問題ないのか?
・農協の定期を相続した長女に対しどのように対処すればよいのか?

兄の入院費、葬儀費など子供たちは出してません。義父母が負担しました。
よろしくお願いします。

夫の実家のことです。
実家は、義両親と義兄(長男)が同居していました。その義兄が、昨年亡くなりました。
義兄には、長女(嫁に行った)と長男(実家に戻るつもりはないらい)がいます。
亡くなってから、借金があることが分かり、夫の兄(次男)が相続放棄の手続きなどをしてあげて、借金の返済をしなっくても良いようになったとのことでした(次男の妻…義姉から教えてもらいました)。

昨日、義母から電話があり、農協に定期があり相続人の子供たちでなければ解約できないと言われ、長女がそのお金を相...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます
No.7の回答の者です。
相続権を有する第二相続人である、義父母、第三相続人である、義兄の兄弟等が気持ちが一緒ならば、大丈夫です、闘えます。
まず、内容証明郵便で、相続放棄後の遺産相続は無効であるので至急、第二相続人である義父母に返却しなさい等との文面です。
それで、受け取らないあるいは無視された場合には、家庭裁判所へ相談されるか、簡易裁判所(金額は少ない場合には)あるいは地方裁判所へ仮差し押さえの訴えをすることができます。
ただ、家庭裁判所と違って、最初に費用が発生してしまうので、あまりお勧めはできません。
家庭裁判所でまず、相談→次に、遺産分割の調停申し立て→強制執行という流れになります。
調停申し立てまでは、無料で行えます。
それか、法テラスへご相談された方が良いのではないでしょうか。
法テラス
http://www.houterasu.or.jp
0570-078374(コールセンター)

Q最も、平和だった(失われる命が少なかった)江戸時代の時期っていつらへんですかね?? もし、好きな過

最も、平和だった(失われる命が少なかった)江戸時代の時期っていつらへんですかね??

もし、好きな過去の時代で生きられるなら、と言う問いに対して、江戸時代と答えたのですが、江戸時代には飢饉も有りましたし………

Aベストアンサー

大まかに江戸時代でいいよ。
今の戦後の70年多少の栄枯はあっても大してさはないでしょう。
その程度の差なんです。
控えるとすれば戦後の短い期間、江戸末期の混乱くらいかな。

Q相続、子なし叔母の預金を受け取る手続き

亡くなった叔母(R)(子なし、両親死亡、兄弟は兄(N)一人で、既に死亡)の預金をどのように受け取れるか?

叔母(R)の縁故者として、兄(N)の妻(K)と、NKの実子4人がいます。私(M)は4人の長女です。
Rは20年以上の入院生活の中で亡くなりました。預金を1000万円残しました。Nの戸籍を調べたところ、NはNの祖父の実子として届けられていました。養子に入ったのではなく、生まれてすぐ、祖父の実子として入籍したので、NとRは戸籍上は兄弟ではありません。

NとRの母親は4年間、私のところで暮らしたので、その間の住民票は入手できます。
受け取る権利のある者として、KとM他3人の4兄弟、合計5人が考えられます。(個人的想像)
いわゆる特別縁故者として5人が平等に受け取るのでしょうか?

また、受け取るための手続き、特別縁故者の証明はどのようにすべきかご教授願います。

Aベストアンサー

>受け取る権利のある者として、KとM他3人の4兄弟、合計5人が考えられます…

K は全く関係ありません。
故人の配偶者以外で、血縁関係のないものが法定相続人になることはありません。

>生まれてすぐ、祖父の実子として入籍したので、NとRは戸籍上は兄弟ではありません…

逆に、NとR が兄弟であることは何で知ったのですか。
NもしくはR から聞いていた?

>受け取るための手続き、特別縁故者の証明はどのように

NとR が兄弟であることを証明できない限り、家裁で判断を仰ぐよりほかないでしょう。
母子手帳でも残っていれば良いのですが、相当昔の話と思われますので無理でしょうね。

参考URL:http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_06_16.html

Q江戸時代って

とある時代マンガを読んでいて思ったのですが、江戸時代って、国民をどういう風に把握していたんでしょう。
戸籍に代わるものはあったのでしょうか。身分によっても違ったのでしょうか。

捨て子を拾って来て自分の子どもとするようなことは可能だったのでしょうか。

Aベストアンサー

全国どこにでもあると思いますよ。sanzasiさんのお住まいの地域でも、「~区史」や「~市史」のような本が出版されていると思います。その中に、もし残存していればですが人別帳が収録されていることが多いです。

江戸時代の農村の名主さんの日記を読んだことがあるのですが、そこでは人別帳は3月~4月ごろに名主さんが作成して領主の御役所へ提出していたようです。

内容は、例えばですが
「高四石
  百姓 五右衛門 三十六才
  女房 とめ 三十五才
  娘  りん 十才」
という感じで一家ごとに全村人が載っていて、最後に寺から「確かにこの人たちはうちの寺に所属しています」という証明と、村の代表から「この通り、うちの村にはキリシタンは一人もいません」という証明が書いてあります。

年齢は、私の見た人別帳では2歳や3歳の子供でも載っていましたから、本当に地域によって色々みたいですね。

それから、多分宗門改帳と宗門人別帳は名前が違うだけで同じものでしょう。

Q相続に協力しない相続人がいる場合の相続手続きについて

55歳の女性です。私には二人の弟がいて、そのうちの一人が行方不明です。大手企業に勤めているので、勤務先はわかります。両親が高齢なので、相続手続きの話をしたく、会社にメールしたり、昔の住所に手紙を書きましたが、無視されたり、手紙も戻ってきました。先日は、弟の奥さんのお義母さまに手紙を書きましたが、受取拒否で戻ってきました。(詳細は過去の質問のとおりです。)以前にもここで、公正証書遺言書のアドバイスを頂きましたが、両親も高齢だったり、弟に対しての憎悪の気持ちがあったりで、遺言書の作成に至りません。そこで、お詳しい方に、遺言書が無い場合の相続の手続きというか、流れを教えていただきたく存じます。
⓵親が亡くなったら、役所に行って、戸籍をたどり附票で現住所を確認する。
②弁護士に代理人になってもらい、弟に会ってもらい、遺産相続放棄の書類に捺印してもらう。.....とはすんなりはいかないと思います。1/3を要求してきたら、それはそれで、応じたいと思います。しかし、弟が、代理人である弁護士にも会わなかったら?
③裁判所に調停を依頼する。
④裁判所から弟に通知がいく。この通知を弟は、受取拒否できない。
⑤裁判所の呼び出し日に弟がこない。
⑥裁判所の裁量で、分割案が決まり、弟が無視し続けても、その案で、相続手続きが進み、私ともう一人の弟は、裁判所の決めた分割案のとおり遺産を受け取れる。
......だいたいこのような流れでよろしいでしょうか。
弟が、それなりに相続権を主張してくれば、話は進むと思うのですが、全て無視されるのではないかと思い、その場合、相続がどのように進むのか教えていただきたいので、よろしくお願いいたします。

55歳の女性です。私には二人の弟がいて、そのうちの一人が行方不明です。大手企業に勤めているので、勤務先はわかります。両親が高齢なので、相続手続きの話をしたく、会社にメールしたり、昔の住所に手紙を書きましたが、無視されたり、手紙も戻ってきました。先日は、弟の奥さんのお義母さまに手紙を書きましたが、受取拒否で戻ってきました。(詳細は過去の質問のとおりです。)以前にもここで、公正証書遺言書のアドバイスを頂きましたが、両親も高齢だったり、弟に対しての憎悪の気持ちがあったりで、遺言書...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
多分、裁判所手続きにして調停調書とか審判書とかで、法定分割してしまえば、公正証書や分割協議書のかわりとして、相続手続きはできると思います。

ですので、流れとしてはそのような認識で良いかと。
弁護士の交渉も相手が応じないなら手立てはないですしね…

ひとまず専門家に相談された方がいいと思います。
多分、個人で動くにはかなり大変な案件だと思いますので…


人気Q&Aランキング