最新閲覧日:

中世のイエズス会の修道女の服装を教えて下さい。

画像があればとてもありがたいです。

よろしくお願いします!

A 回答 (2件)

wy1です。

修道会の服装は各々の会で異なる点があるはずです。修道会を決めてから調べられたら如何でしょうか・それと、イエズス会の事を調べられましたか? 質問を直ぐに変更すること自体、あなたの真剣みを納得できかねる感じですが。
    • good
    • 0

イエズス会は男性の修道会ですが。

それに始まったのは中世以降でしょう。サイトでイエズス会を検索されることを
お勧めします。イグナチオ・ロヨラ等が結成した修道会のことを言っておられると思いました。

この回答への補足

でワ

「イエズス会」ではなく、「中世カトリック」の修道女の服装に訂正します!

よろしくお願いします!

補足日時:2010/08/18 23:09
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あり!?

そーなんですか???

とんだ勉強不足!!!!(私が)

ご回答ありがとうございましたー!

お礼日時:2010/08/18 23:07

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中世欧州から見た古代

タイトルのとおりなんですが古代ローマやギリシャは中世の欧州の人々にはどのように見えていたのでしょうか。やはり宗教上の理由であまり良く思われてなかったのでしょうか。

Aベストアンサー

よく思われていなかった、ということはありません。
むしろ中世ヨーロッパの人々はローマやギリシャを崇敬していました。

西ローマ帝国は5世紀にゲルマン人の流入や権力闘争で弱体化し、最終的には中央政府のクーデターによって滅亡します。
そこから始まる中世の時代というのは、端的に言えば「ローマ時代からの衰退」にほかなりません。経済の停滞や略奪によってローマ帝国が築いた数々の都市はかつての繁栄を失い、それまで培われた技術や学問、文化が破壊され、西ヨーロッパの文明は大きく退化してしまいました。詳しい記録さえ残っていないこの時代は「暗黒時代」とも称されます。
そのため、中世の人々は、ラテン人もゲルマン人も地中海で隆盛を極めたローマ帝国に憧憬を抱いていました。

ヨーロッパの王族や貴族の中には鷲の紋章を掲げる人々がいました。西ヨーロッパで有名なのはハプスブルク家ですね。
そもそも鷲というのはローマ帝国の象徴であり、彼らの中には「ローマ帝国の後継者」を自負する者たちもいました。
神聖ローマ帝国なる国がドイツやオーストリアを中心とした地域に勃興するのですが、彼らも西ローマ帝国の後継であることを謳い、鷲の紋章を掲げました。
神聖ローマ帝国の皇帝たちも、シャルルマーニュもナポレオンも、皆、西ヨーロッパで皇帝になった者は「西ローマ帝国の皇帝」を十数世紀にわたって名乗ったわけです。

また、「ルネサンス」という言葉は「文芸復興」と訳されますが、やはりローマ帝国の文化を復興させようという運動だったのです。
政治のみならず文化面でも大きな影響力を持っていました。

ギリシャに関しては、ローマ帝国が手本にしていた地域です。そもそも「ローマ」という都市は、イタリアにやってきたギリシャ人が造った都市を模倣して形成されたものです。
都市も文化も統治体制も、果ては人の名前までギリシャっぽくしました。ラテン人はギリシャ人の先進的なヘレニズム文化をどんどん取り入れ、帝政期に入ってなおヘレニズム文化は手本であり続けました。
ギリシャなくしてローマはなく、中世においてもその思想や学術は少なからず尊重されていました。

ヨーロッパの歴史を語る上でローマとギリシャは欠かすことのできない存在です。今日のヨーロッパを形作ったと言っても過言ではありません。
帝政期にはたびたびキリスト教徒の迫害もありましたが、キリスト教を国教に定めて、地中海全ての人々をキリスト教徒にしたのもローマです。

ローマ時代=キリスト教徒が最も繁栄した時代

と、本を読む限りでは中世の、それも最初期の人々はそう思っていたように思われます。


蛇足・・・ではありますが、現代のアメリカ合衆国も「ローマ帝国の後継」を自負しています。
西ローマ帝国の滅亡から1500年、東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の滅亡から500年。いまだに世界に大きな影響を与え続けているのがローマ帝国であり、その種を蒔いたのがギリシャのヘレニズム文化だったのです。

よく思われていなかった、ということはありません。
むしろ中世ヨーロッパの人々はローマやギリシャを崇敬していました。

西ローマ帝国は5世紀にゲルマン人の流入や権力闘争で弱体化し、最終的には中央政府のクーデターによって滅亡します。
そこから始まる中世の時代というのは、端的に言えば「ローマ時代からの衰退」にほかなりません。経済の停滞や略奪によってローマ帝国が築いた数々の都市はかつての繁栄を失い、それまで培われた技術や学問、文化が破壊され、西ヨーロッパの文明は大きく退化してしまいまし...続きを読む

Q中世の寺社除地について

「除地」を辞書で引くと、江戸時代からとありますが、それ以前「中世」には「除地」の制度はなかったのでしょうか。
古文書の初心者ですが、お教えください。

Aベストアンサー

古代や江戸時代のように制度化して明確にここは寺社領でこの田畑は除地とする、というふうに上から決めたものありませんでした。
実態としては除地扱いの田畑はありました

「除地」すなわち租税回避の田畑ですが、室町時代以降江戸幕府による藩幕制が確立するまでの間は、古代の荘園制度の名残りと武装集団である武家の支配が重複していて、徴税権が確定していませんでした。
頼朝の守護地頭制度も在地の武家集団を追認して朝廷に認めさせたものでした。
古代からの荘園の管理を請け負っていた荘官、郡司、郷司、保司も含まれていました
つまり地頭は、幕府及び荘園領主・国司からの二重支配を受けていました
誰にどれだけ徴収した年貢を送るかは地頭次第という状態でした。
寺社の荘園であれなんであれ、年貢の対象となる田畑は領民と地頭との間で取り決められていました。
年貢の対象となるということは、逆に言いますとその田畑の所有権が公的に認められることを意味していました
農民としては、いわゆる地主として認められて年貢を納めるか、無税のかわりに所有権を放棄するかという問題です。
地主として土地を貸し出して耕作させて小作料を収得することができるかどうかということも絡んできます。
結果としまして裕福な地主層と直接年貢を徴収する地頭との間の話し合いで決めていました。
年貢も個人単位ではなく村落単位でした。
個人を特定できるほど戸籍制度が充実していませんでした.
村落内で誰がどれだけ負担するのかは、農民側に委ねられていました。
これを根本から変えたのが太閤検地と呼ばれる検地です。

江戸時代でも除地とするか否か決めるには検地が必要でしたが、全ての田畑が実測されるということはありませんでした。
検地を受け入れかどうかは地主の権益に直接関わってくる問題でした。
お上から指示命令がありました、というだけでは簡単に引か下がりませんでした。
無理をすれば年貢を納めない、という挙動に出られてしまいます。
いざとなれば逃散すなわち村を放りだして他の領主や大名の土地へ逃げ込みました。
逃げ込まれた方は労働力が増えて新田開発が促進できますので、喜んで受け入れました。
なかには奨励金を出している大名もいました。
結果として検地も多くは農民側からの自己申告に頼っていました。

農村内の実態は幕府や大名が残した史料だけでは良くわからないというのが実情です。
幕府が決めた制度がこうだらこうだと即断すると誤解が生じます。
そもそも類似した法令が度々だされるということは、法令が順守されていなかったことの裏返しです
歴史学会でも、近年は村落に残されている史料を精査するようになってきています。
(素人としては話がややこしくなり良いような悪いような)

蛇足
中世の寺社というのは制度上も扱いも江戸時代とは異なりますので注意して下さい。
土地制度上、寺社だというだけで特別な扱いがあった訳ではありません。
信長が叡山を焼き払ったのも、莫大な権益を有して政治に介入していたためです。

歴史上領地領国と言っても現在の都道府県境のように実測されたものはありませんでした。
あくまでも現地の農民の主張で決まっていました。
田畑のない山間部の取り扱いは極めて微妙なものでした。
歴史上の土地制度は現在の登記制度をもとにして考えられますと混乱を生じますので注意して下さい。

古代や江戸時代のように制度化して明確にここは寺社領でこの田畑は除地とする、というふうに上から決めたものありませんでした。
実態としては除地扱いの田畑はありました

「除地」すなわち租税回避の田畑ですが、室町時代以降江戸幕府による藩幕制が確立するまでの間は、古代の荘園制度の名残りと武装集団である武家の支配が重複していて、徴税権が確定していませんでした。
頼朝の守護地頭制度も在地の武家集団を追認して朝廷に認めさせたものでした。
古代からの荘園の管理を請け負っていた荘官、郡司、郷司、...続きを読む

Q中世ヨーロッパ辺りの城について

中世ヨーロッパ辺りの城には、どんな部屋があったのでしょうか?
たとえば、国王の執務室とか、温室とか、厨房とか…
また、一般的な城の内部構造も知っている方がおりましたら、教えてほしいです。

ご回答、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「中世ヨーロッパの城の生活」でも読むといいと思います。
文庫本で出てます。

Q中世にアジア人がオーストラリアに到達した可能性

オーストラリアの歴史をWikipediaで見る限り、17世紀初頭に発見されたとあり、アメリカ発見よりかなり遅いです。また、アボリジニのことと白人による発見以降のことしか記載がありません。
でも、インドネシアなど東南アジアやインドからそう遠くない位置にあり、少し北の海域では中世の頃からイスラム教徒や中国人による航海が盛んに行われていました。
彼らが南方にある巨大なオーストラリア大陸のことを知らなかったはずはないと思うのですが、イスラム教徒やインド人、中国人が中世にオーストラリア大陸に航海した記録、アボリジニとの交流の記録はないようです。
古代から活発な交易が行われていた海のシルクロードの少し南に位置するオーストラリア大陸にイスラム教徒や中国人が到達した可能性は高いと思いますか?知ってはいたけれど、入植や交易の価値がないので放置していただけですか?全く知らなかったというこは考えにくいと思います。

Aベストアンサー

http://australianmuseum.net.au/Indigenous-Australia-Timeline-1500-to-1900

1500-1700 Indonesian trepang fishermen visit northern Australia. - See more at: http://australianmuseum.net.au/Indigenous-Australia-Timeline-1500-to-1900#sthash.oADWPjwL.dpuf


入植や交易の価値がないので放置していただけですか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E6%B5%81

イメージ的には南海は豊かそうだが、漁場としては南海は豊かではないので興味がわかないということではないか

Q中古中世日本貴族の性行為について

勅撰集作者たちの性行為について質問です。

当時、燈油は高価なものだったと思いますが、ことに及んでも点けたままだったのでしょうか。
消してからだったのでしょうか。

男が部屋に招き入れられて暫くは点いていたと思いますが。

もし、消されていたとしたら視覚的要素の殆どないまま、
皮膚や粘膜の感触、饐えた体臭とそれを隠す香が混ざった匂い、互いの喘ぎ声などが中心となるでしょう。現代日本の感覚とどの程度、異なっていたのか考えたいのですが。

Aベストアンサー

なんにも見えないですよ。だからこそ相手が同性でも気づかないでとかあるんですから。
声ださないで、他人を装ってでもなんでも。騒音がないのですから喘ぎ声なんて同じ家屋内でもれちゃいますね、そんなの近年の
アダルトビデオに感化された人々の行為です。風にのって周囲にも。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報