宅建の受験対策でゴロ合わせの妙案を頂きましたが、もう一つ覚え難いです。
もっと、スマートで品の良いゴロ合わせとか、何か良い覚え方とかないものでしょうか?
【用途制限一覧表】と言うことで、下記の1から8の図表を元に語呂合わせを作っているようです。

   1        2            3           4  5  6 7 8

1-1 1-2  2-1 2-2  3-1 3-2 3-3   近 商 準 工 工
 一   二    一   二    一   二   準     隣 業 工 業 業
 種   種    種   種    種   種   住     商    業    専
 低   低    中   中    住   住   居     業         用
 層   層    高   高    居   居


                               【語呂合わせ】

宗教関係・保育所・公衆浴場・診療所・交番  (人が居る限り必要な建物はどこでもOK)
住宅・図書館・老人ホーム           住宅・図書館・老人ホームに、ヤーさん来ないで
                       (上図8の工業専用地域には建設できない)

幼稚園・小学校・中学・高校           はな(8・7)のない学校
大学・高専等、病院               いやな(1・8・7)大学病院

小規模(150m2以下)の飲食店、店舗      ヤーさん(8) いないお店では、焼酎代が
中規模(500m2以下)の飲食店、店舗      ワン・ツー・スリー(小中大、1ー1、1-2、2ー1) 
大規模(500m2超)の飲食店、店舗

小規模車庫(2階以下かつ300m2以下)     小さな車庫でも1(1ー1、1ー2)人前
大規模車庫(3階以上又は300m2超)、     大きな車庫を見に(3-2)おいで
営業倉庫
自動車教習所                  中年入れぬ教習所
ホテル、旅館                  中年入れぬホテルは、やな(8,7)感じ
ボーリング場、スケート場、プール        中年ヤクザ(8)のボーリング
カラオケ店                   カラオケ通いは、ハタチ(二住)から
マージャン屋、パチンコ屋、勝馬投票券発売所、
射的場                     パチンコやくざ(8)は、ハタチ(二住)から
小規模(200m2未満)の劇場、映画館      ミニ(3ー2)シアターが悩(7・8)みのタネ
大規模(200m2以上)の劇場、映画館      大劇場は”としごろ”(4・5・6)だらけ
キャバレー、料理店               料亭、クラブは、ゴロ(5,6)ツキだらけ
個室付浴場                   ソープはご(5)めん
小規模(150m2以下)の自動車修理工場     小さな工場、ミニ(3ー2)工場
中規模(300m2以下)の自動車修理工場     中規模工場、みみ(3-3)っちい
大規模(150m2超)の工場           大工場は、工業系
忌避施設等(火葬場、と殺場、焼却場)      今日の葬式、人半分(1・2ー1)

まだあるのですが、字数制限の為、ここまで

宅建は初めて受験しますが、みなさんはこんな感じで暗記しているのでしょうか?
自称、京都の元国家公務員(退職者)さん(悪まで自称ですよ!)が、昨年受験に失敗した経験?
から、みんな他の受験生の為にと、皆に配布したものですが、どうも・・・

何かご意見ありましたら、何でも結構ですのでよろしくお願い致します。

尚、本人の弁によると、参考文献は以下の通りです。

引用文献:宅地建物取引主任者受験対策テキストII「日建学院発刊」
     らくらく宅建塾「週刊住宅新聞社発刊」

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「語呂合わせ」は相性があり、誰にでも有効な暗記方法とは言い難いのでは?


宅建では「らくらく宅建塾」のものが有名ですが、正直、かなり雰囲気やこじ
付けで作ってあるものも見られ、(まあ、語呂合わせはこじつけてナンボでし
ょうが・・)思い込みや誤った暗記をしかねないと思いました。
確かに税金関係は「不事山譲」(ふじさんじょう)など、有名かつ有効なフレ
ーズも幾つかありますが、業法や法令上制限など法令関係は、きちんと根拠自
体を理解しながら憶えたほうが賢明だと思います。とは言え、本当は「法令上
制限」なんかは「都市計画法」当りに画期的な「語呂合わせ」が編み出されれ
ば、きっと、もっと合格者が増えるんだろうな・・・とは思うのですがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに相性もありますが、それ以前の’センス’みたいなものも当然あり、語呂合わせのレベルの高低もあると思います。
現在作成中ですが、グループ訳で十分だと思われます。
すべて可のもの、また、ある特定部分が不可または可のもの。そうやって絞り込んで行き、
残ったもの(グループ化になじまない)ものだけを語呂合わせを含めた何らかの方法で
覚えてしまえば良いと思います。
脳細胞も限り有る資源です。宅建試験だけ挑戦しているような暇な人々は別として、いろいろと複数のことを同時進行でやっている人々は、やはり、適正で厳格な効率化が必要だと思います。

お礼日時:2010/08/29 11:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q根抵当権設定者の元本確定請求

宅建の勉強をしていてよく分からないところがあります。

私が使用している過去問題集の解答解説で、「元本確定期日を定めなかった場合、根抵当権設定者の負担が重くなりすぎないよう、根抵当権設定者は、設定時より3年経過すれば元本確定請求ができ、この請求があれば、2週間後に元本が確定する。」とあります。

そこで疑問なのは、根抵当権設定者が元本確定請求をする動機として、自身の負担が重くなりすぎないようにするため、と読み取れますが、元本確定期日を定めない場合、何の負担が重くなりすぎることがあるのですか?元本を確定させないと根抵当権が消滅しないという意味での負担ですか?

根抵当権設定者が元本確定請求をする動機としては、根抵当権を消滅させたい時にしかないと思うのですがどうでしょうか?

勉強を始めてすぐ根抵当権で躓いています。どなたかご説明よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 元本が確定しないと,いつまでも物上保障の負担を負い続けるという「負担」を指しているものです。

 他人の債務のために,自己の財産を担保に提供するということは,通常,主債務者と物上保証人との間に,一定の信頼関係があるからこそできることです。その信頼関係が時間の経過とともに,失われていくことは,世の中一般にあり得ることですから,3年という期限を切って,根抵当権の物上保証人に,物上保証の債務を今あるものに限定し,新たな債務の物上保証責任を負わないという意思を表明する機会を与えたものと理解されます。

 早い話,「自己の負担が重くなりすぎない」イコール「根抵当権を消滅させたい」でいいと思います。

 法律制度の説明には,いろいろの表現をとりますが,結構,「言葉のあや」的な表現で説明することも多いですので,説明の言葉の表面的な意味にこだわらない方がよいと思います。大事なことは,その言葉で,実質は何をいいたいか,ということです。

Q一級建築士にとって宅建とマン管どっちが難?

今宅建の勉強をしていますが畑違いで結構大変です。
宅建取得後マン管を受けようかと思っていますが
そろそろ勉強熱もなくなりつつあり一級建築士の勉強
の時ほど頑張れなくなってきました。
合格率から行くと0スタートでは
マンション管理士の方が難しそうですが
建築の知識があるものにとっては宅建とマン管
どっちが難しい試験となるでしょうか?
宅建より苦労するならあきらめようかなと^^;

Aベストアンサー

もし現在が宅建合格レベルの場合マン管は宅建(今週)終了後から勉強しても通常の努力でそこそこ土台に上がれるレベルまで習得できるものなのでしょうか?

>http://tensyokusikaku.seesaa.net/article/18828541.html

このサイトによると半分ぐらいは勉強範囲がだぶるそうです。

どこかの受験学校のサイトに以前ダブル受験の合格率は書いてあったのですが、かなり高いと書かれていたように記憶しています(探したけど見つかりませんでした)。
個人的な体験上でいうと、宅建の受験後(宅建は2度目の受験)、マンション管理士(最初の受験)の勉強をはじめましたが、幸いにもダブル合格しました。
多分、合格レベルまでの勉強をした方なら、宅建受験後に気を抜かず勉強への集中が維持できれば、翌年受けるよりも労力は少ないような気がします。


>某スーゼネの方でしょうか
なんかロゴを思い浮かべてしまいます^^;

いわれてみれば似ている会社がありますね。初めて気付きました。でも違います。

Q根抵当権更正

 根抵当権者が死亡して根抵当権の相続をし、その後、指定根抵当権者合意の登記を入れていくと連件の書式問題なのですが、疑問があります。
 所有権で相続が起こったら、所有権は移転して本登記で入ります。その相続登記が甲区2番だとして、もし、更正や変更があれば甲区2番に変更登記などを入れていきます。
ところが、上記根抵当権の場合、相続による根抵当権移転の登記(一番根抵当権で付記一号として)をした後、合意の登記が付記二号に入るのですが、この時の登記の目的はなぜ「一番付記一号根抵当権変更」ではなくて「一番根抵当権変更」なのでしょうか?
 根抵当権者Aが死亡してBが相続し、指定根抵当権者をBとした場合、乙区一番根抵当権者のAは朱抹されるべきだと思うのですが、なぜ朱抹されないのでしょうか?

分かる方、お願いします。

Aベストアンサー

簡単に言えば、付記登記でされるものは、全て前の登記が朱沫されるのではなく、それは変更登記だから朱沫されたのであり、移転登記の場合は朱沫されない、と言う事です。抵当権がAB共有となった後に、AまたはBの債権が全額弁済されると、「A(またはB)の債権弁済」を原因として抵当権の変更登記をする事になります。なぜ変更登記になるかと言うと、AまたはBの債権が弁済により消滅して、「債権額に変更が生じた」と考えるからのようです。ただし、変更登記でも、利害関係人の承諾が必要な場合にその承諾書を添付せずに登記申請すると、その変更登記は主登記でされるため、そもそも朱沫の論点はありません。それから、付記一号で債務者変更がされていて、更に債務者を変更した時は、付記二号で登記されます。なぜなら、付記二号は付記一号を変更したものではなく、あくまで主登記である抵当権の債務者を変更した、と考えるからです。ですから主登記に付記して、付記二号になるのです。ちなみに、「付記一号の付記一号」となる例は、所有権の売買契約のときに買い戻し特約がなされると、その買い戻し特約は、所有権移転登記(主登記)に付記して「付記一号」となりますが、その買い戻し権を売買等で移転すると、「付記一号の付記一号」で移転登記されます。質問とは直接関係ありませんが、私は司法書士の受験勉強を始めて7年目になり、今年も残念ながら書式の点数が低く、不合格でした。ここ3~4年の予備校(Wセミナーやレック)の答練では合格が多く打たれており、また、昨年の本試験はトータルでは合格点を遥かに超えているのも関わらず、書式の点数がわずか1点足りずに足切りされてしまいました。しかし、合格できる力はあると思うので、来年は絶対合格します。質問者の疑問は、どういう場合に朱沫されるのか?という事だと思いますが、試験ではあまり出ない論点です。主登記・付記登記がどういう場合になされるかを覚え(原則主登記・法が定めている場合のみ付記登記)、移転登記では朱沫されず、変更登記(かつ付記登記)だと朱沫される、と考えていた方がいいかもしれません。質問者のように、一貫性のある考え方で法律を勉強している事は、私もやっていて、うまく説明できない事が良くありました。法律というものは、一貫性のある理論で考えられては居ますが、その一貫性を貫くと、その時々の要請(被害者救済等)に応えられない事が間々あり、そのときは、裁判所が別の理論を使う等して、その要請に答えるように、判例で修正しているのです。質問者も、もう少し勉強が進めば、今回のような疑問は解けるようになると思いますよ。お互いに頑張りましょう。

簡単に言えば、付記登記でされるものは、全て前の登記が朱沫されるのではなく、それは変更登記だから朱沫されたのであり、移転登記の場合は朱沫されない、と言う事です。抵当権がAB共有となった後に、AまたはBの債権が全額弁済されると、「A(またはB)の債権弁済」を原因として抵当権の変更登記をする事になります。なぜ変更登記になるかと言うと、AまたはBの債権が弁済により消滅して、「債権額に変更が生じた」と考えるからのようです。ただし、変更登記でも、利害関係人の承諾が必要な場合にその承諾書を添付...続きを読む

Q宅建受かった方、どのように勉強しましたか? テキストを読み理解する→重要な用語など覚える→過去問解く

宅建受かった方、どのように勉強しましたか?
テキストを読み理解する→重要な用語など覚える→過去問解くのやり方ではダメですか?
予備校の先生に、テキストは読まず最初はとにかく過去問を解けと言われましたが、解いてても用語がわからずちんぷんかんぷんなので、上記の私のやり方ではダメなのでしょうか。また宅建受かった方、アドバイスください。

Aベストアンサー

かなり(20年以上前)なので今も通用するか判りませんが…

テキスト1冊をひたすら読んで合格しました。
1度目はただ読み、2度目は鉛筆で重要と思う箇所にアンダーラインを引き、3度目は「ここは覚えてないな」と思った箇所にラインマーカーで印を付けました。
何度も読むことで、自分が理解できている部分とそうでない部分がはっきりしてくるので、弱点の補強にもつながります。
これはテキストを使っても過去問を使ってもあまり違いはないように思いますが、過去問なら判っていない=不正解になり、理解できていない部分が一目瞭然になるメリットはあるでしょう。

ただ私の場合、法学部卒で民法の基礎知識が多少残っている時期に受験したことが有利に働いたことは考えられます。
判りにくい法律用語は日常語に置き換えて覚えられるといいですね。
(瑕疵→欠陥、など)

Q根抵当権の法律関係について

確定前の根抵当権の法律関係について、以下の文をわかりやすく解説していただければ幸いです。

・根抵当権者より被担保債権を取得した者は、その債権につき根抵当権を行使することができない。
(根抵当権の意味はわかります)

Aベストアンサー

根抵当権の意味は分かるとのことですが、念のためそこから
 根抵当権は、一定の範囲に属する不特定の債権を担保するものです(398条の2第1項)。根抵当権の確定前においては、この対象となる債権は、随時変動することになります。そして、確定の時に、この「一定の範囲」にある債権が実際に担保されることになります。
 通常の抵当権は、抵当権設定の時点で個別の債権と抵当権が結びついていますが、根抵当権では、その元本の確定前においては、債権と根抵当権の結びつきが、仮のものになっていて、通常の抵当権設定の時と同様の結びつきは、確定時に生じます。
 確定前の根抵当権は、物権的に根抵当権者と根抵当権設定者が結びついていて、その物件的関係と関連する一定の範囲の債権が担保の対象となっているというイメージになります。 

 ご質問の、398条の7第1項の規定は、元本確定前に根抵当権者から他の者に被担保債権が譲渡された場合、その債権は根抵当権による担保から外れるという(随伴性がない)ことを明示したものです。
 前記のような根抵当権の性質から言っても、根抵当権の被担保債権の中に根抵当権者以外の者が有する債権が混じることは、債権から独立した根抵当権の性質になじみません。

 なお、1971年に根抵当が明文化される前には、根抵当権に随伴性があるかどうかについて議論があった(判例は肯定していた)ものを、条文化にあたって、随伴性がないことを明確化したようです。

根抵当権の意味は分かるとのことですが、念のためそこから
 根抵当権は、一定の範囲に属する不特定の債権を担保するものです(398条の2第1項)。根抵当権の確定前においては、この対象となる債権は、随時変動することになります。そして、確定の時に、この「一定の範囲」にある債権が実際に担保されることになります。
 通常の抵当権は、抵当権設定の時点で個別の債権と抵当権が結びついていますが、根抵当権では、その元本の確定前においては、債権と根抵当権の結びつきが、仮のものになっていて、通常の抵...続きを読む

Q宅建業免許と宅建主任者

土地を分割分譲しての販売は宅建業者でないとのことですが、、、

宅建業者と宅建主任者の違いが良く判りません。
例えば、
1.土地の個人所有者が宅建取引主任者の資格を持っていれば、自分名義の土地を分割分譲して販売しても宅建業法違反にはならないのでしょうか?
2.宅建業免許を持つ法人の代表者(取引主任資格あり)が自分名義の土地を分割分譲して販売する場合は?
上記のような形態でも宅建業者の事業と認められるのでしょうか?

ご教授下さい。

Aベストアンサー

不動産業者です。簡単に記します。

宅建業法にかかるかどうか?の判断ですが、「反復継続して取引する」というひとつの基準があります。
具体的に記せば、開発許可等にかからない程度の広さの土地を(市外化区域内なら1000m2以上約302.5坪)道路など築造せずに3区画程度に分けて、一つづつ仲介業者に販売を依頼するなら、大丈夫です。

開発許可等必要とし、道路など築造して複数の買主へ販売するなら区画数を問わずに、業法にかかります。

これは、不動産の「騙す、騙される」という悪しき歴史が、法規制という強制力で一定の資力や責任能力、専門知識が無いものが、不動産の売買の売主や仲介人になることを排除するために、儲けられた免許制度の規制です。
一番大きいのは、その業者の過失や不正などがあり、買主などが損害を被った場合など、保証金で1000万まで保証される仕組みがあることでしょう。

個人の宅地建物取引主任者はあくまで、重要事項の説明などその資格で行なわなければならない業務が定められており、個人の資格です。
免許は、宅地建物取引業者免許を申請して(個人、法人を問わず)大臣や都道府県の首長から与えられる免許で、宅建業にかかる業務を行なう場合には、この免許が必要です。
そしてこの免許の条件に、不動産に掛かる従業者5名に1名以上の専任の宅地建物取引主任者が必要となります。法人の場合は、代表者が主任者の資格を有している必要はありません。

代表者個人でも、業法にかかる販売形式の場合は、当然に代表者は宅建業者ではないのですから、その代表者が売主になることは出来ません。その様な場合は、形式上会社に売却、会社が売主となって販売する事が多いでしょう。この場合、知らなかったが通用しないので、万一発覚すれば何らかの指導ぐらいはあるでしょう。

また、免許を有しない者が自己で開発許可等取得し、適合する工事を完了しても、その宅地を個別に仲介販売する業者はいないというのが現実で、仲介する業者も業法違反に問われるのです。

自己で開発等にかかる宅地を所有し、極力高く売りたい(一括で業者に買い叩かれたくない)なら、開発行為や工事は自己の負担で行い(現金が必要です、融資は不可)完成後に、一括で売却するか?信用できる業者に、利益配分を決めて、契約して(登記上の移転は最終までしない)売主となってもらい、個別に販売するしかありません。

不明な点があれば補足してください。

不動産業者です。簡単に記します。

宅建業法にかかるかどうか?の判断ですが、「反復継続して取引する」というひとつの基準があります。
具体的に記せば、開発許可等にかからない程度の広さの土地を(市外化区域内なら1000m2以上約302.5坪)道路など築造せずに3区画程度に分けて、一つづつ仲介業者に販売を依頼するなら、大丈夫です。

開発許可等必要とし、道路など築造して複数の買主へ販売するなら区画数を問わずに、業法にかかります。

これは、不動産の「騙す、騙される」という悪しき歴史が、法規制という...続きを読む

Q根抵当権について

根抵当権について

根抵当権の登記は、対抗要件でしょうか?


共同根抵当権の場合、登記が効力要件ですが、普通の根抵当権の場合、登記はやはり対抗要件でしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

根抵当権の登記は、対抗要件だよ。

Q宅建の就職口と 宅建と簿記の価値の比較

今、就職準備として、宅建と簿記2級を勉強しています。
宅建の資格を取ると、就職先は不動産と金融以外はどこがありますか?
また自分としては、将来総務の職に就きたいと考えていますが、
簿記と宅建ではどちらが評価されるのでしょうか。
 (学校では宅建が必要と言われたのですが、
   私自身はあまり必要ないと考えているのです。)
ついでに、総務(庶務・経理・労務)対策として取っておくべき資格は
何かありますか?
特に総務経験者の方、お話を聞かせてください。

Aベストアンサー

1.それ以外に宅建主任を必要とする会社は、建設・住宅くらいです。
2.日商簿記2級は必要です。総務という範囲は、小規模な会社なら経理も含むのが普通です。
3.資格として、行政書士、司法書士、日商ビジネス法務、社会保険労務士などありますが、少し有利な程度です。面接で他に何がアピールできるかです。

Q根抵当権について

(1)甲は乙の同意及び丙の承諾を得てもその有する根抵当権の一部を丁に譲渡することはできない
(2)甲及び乙は丙の承諾を得て、共同してその根抵当権の一部を丁に譲渡することはできる


答えを見ると
(1)
根抵当権の共有者はその権利の一部を譲渡することはできない
(398条の14、398条13)
(2)
根抵当権者は根抵当権設定者の承諾を得て根抵当権の一部譲渡をしこれを譲受人と共有することができる
(398条の13)

質問ですが(1)(2)の違いがわかりません。
(1)の回答見るといきなり共有者と記載していた。
(2)根抵当権設定者の承諾を得て一部譲渡し共有することができると記載していましたが
  (1)も根抵当権設定者の承諾があれば一部譲渡できるのでは?と思いました。

ご教授頂けると幸いです。

Aベストアンサー

 まずもって、甲乙丙丁の立場(権利・義務)を明らかにしてください。

 (1)(2)に書かれた問題文では権利関係、事実関係の把握がむずかしいです。


 今自宅なので六法がないので条文を確認・指摘はできませんし、事実関係もわかりませんので一般論しか書けませんが、

 「根抵当権の共有」について定めた条文(たぶん398条の14、398条13のどっちか)で、「『他の根抵当権共有者の同意』があれば、398条のXX第1項(?)の規定により、自分の持ち分を他に譲渡できる」と定めているはずです。

 で、そこで指定された「398条のXX・・・ 」を見てみると、「全部譲渡」だけしか書いてありません(法律が改定されていたらごめんなさい。確認してください)。

 「根抵当権の一部譲渡」は別な項、条文で規定されているので、準用はないわけです。

 で、最終的に、「根抵当権の共有者には、持ち分の分割譲渡、一部譲渡は許されていない」ことになります。

 
 ということで

> 根抵当権の共有者はその権利の一部を譲渡することはできない

 これは正しいと思います。
 

Q宅建と行政書士 宅建の方がとりやすい?

宅建と行政書士試験
どちらを受けるか
悩んだうえ
とにかく取りやすい
宅建にしましたが
今また考えています

宅建
・勉強範囲 狭い?
・4択 記述なし
・問題数 50問
・合格正解率 70%以上
・合格率 16% ただ5点免除者を含むため我々のような免除なし者にとって実質は?
・平均点しだいで合格ラインが上下する?

行政書士
・勉強範囲 広い?
・5択 記述あり
・問題数 60問
・合格正解率 60%以上
・合格率 5%
・平均点関係なく合格ラインは固定?

一番気になるのは 70%以上と 60%以上 の所です

それでもやっぱり 宅建 のほうが とりやすいですか?

Aベストアンサー

宅建概略
 法律系のなかでは出題範囲は限定的だが、関連法規や建築構造、
 税務、国土計画、統計など色々な分野が出題される。民法分野
 も近年は応用的な、やや難易度の高いものが出ることあり。
 記述問題なし。合格正解数は「相対判定」のため、年度ごとの
 受験者平均により異なる。一応は正解数35問(70%)が目
 安だが36点だったこともある。合格率は免除ありは約18%
 免除なしは15%程度と、免除ありの者が有利である。

行書概略
 法令部は憲法、民法、行政法と商法(会社法)、基礎法学など法令
 が適宜出題される。但し、一般知識分野でも以前に出題科目だった
 行政書士法や税法、戸籍法など法令が出題され得る。地方自治法の
 関連法規も一定数出題される。記述40字、空欄補充問題あり。
 法令46問、一般知識14問の合計60問。
 法令科目5割以上、一般知識科目4割以上、かつ全体の6割以上の正答
 で基本は合格(固定)だが、受験結果により補正が懸ることもある。
 合格率は18年4.79%、19年8.64%と増加したが、これは法科大学
 院生の受験が目に見えて増えたため(保険のため?)、受験層のレべ
 ルが上がったこと等に起因しており、決して易化している訳ではない。

宅建概略
 法律系のなかでは出題範囲は限定的だが、関連法規や建築構造、
 税務、国土計画、統計など色々な分野が出題される。民法分野
 も近年は応用的な、やや難易度の高いものが出ることあり。
 記述問題なし。合格正解数は「相対判定」のため、年度ごとの
 受験者平均により異なる。一応は正解数35問(70%)が目
 安だが36点だったこともある。合格率は免除ありは約18%
 免除なしは15%程度と、免除ありの者が有利である。

行書概略
 法令部は憲法、民法、行政法と商法(会社...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング