5月から6月にかけて東京へ修学旅行に行く中学三年生の女の子です。宇宙をテーマに自由研修をしようと思いますが、都内で見学できる宇宙に関する施設を教えてください。お仕事して見える方のお話が聞ければうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。

 「宇宙」と聞いて2つのことを思いつきました。 「天文」と「宇宙開発」です。

「天文」ならsesameさんが書かれている通りです。
上野の国立科学博物館は面白いですよー。
あとプラネタリウムにいろいろな宇宙に関する展示がある施設もあります。
http://www.astroarts.co.jp/link/index-j.html

「宇宙開発」だと、横浜になりますが「三菱みなとみらい技術館」があります。
http://www.mhi.co.jp/museum/
H-(2)ロケットの一段目エンジンの実物を見るのもいいでしょう。

また、ちょっと違いますが、天文雑誌の編集部を尋ねるというのも面白いかも知れませんよ。
http://www.hoshinavi.com/

楽しい修学旅行になるといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
 良く整理してみます。

お礼日時:2001/04/15 20:35

それなら、国立三鷹天文台(参考URL)がいいでしょうね。


三鷹は都心からはちょっと足をのばすことになりますが、常時公開もしているし、5月~6月なら650mm大望遠鏡の改装も終わってる頃なので、ちょうどいいでしょう。
一般公開についての案内はこちら。
http://www.nao.ac.jp/pio/kanboukai/koukai.html

ただ、一般見学者は仕事をしている人の邪魔をしてはいけないことになっているので、もしお話を聞きたければ、まえもって一般質問電話
http://www.nao.ac.jp/pio/qa/index.html
で確認をとっておいたほうがいいと思います。

それから、上野の東京国立科学博物館
http://www.kahaku.go.jp/
にも宇宙に関する展示があります。

参考URL:http://www.nao.ac.jp/index_J.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへんありがとうございました。
 いろいろ参考になりました。早速ホームページを見てみました。国立はよさそうですね。候補として検討させてもらいます。またよろしくお願い致します。

お礼日時:2001/04/08 20:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙の誕生は水素とヘリウムと暗黒物質らしいですけど、暗黒物質ってなんで

宇宙の誕生は水素とヘリウムと暗黒物質らしいですけど、暗黒物質ってなんですか? わからない物質ってことですか? 暗黒物質がなにかわからないのに、なぜ天文学者は宇宙の誕生がわかったなんてせこいことを言っているのですか?

Aベストアンサー

宇宙の総質量は、地球から見える範囲の天体の動きなどから推測をすることができます。
近くは、銀河系の総質量は、太陽系の近くの恒星の動きなどからだいたいの計算はできるんですね。
また、実際に地球から見えているモノの重さからも、どのくらいの重さがそこにあるかが分かります。
この2つから計算した総質量で、大きな差があることが近年分かり、謎だったんですね。
その謎を説明できる宇宙論を考えた、というのが現状で、その宇宙論が正しいことを証明することができるから、ダークマターに注目が集まっているんです。
見えているモノだけしか考えることができないというほうが、今ではせこい学問なんですよ。

宇宙はインフレーションを起こす前、1つの素粒子程度の大きさしか無かったとされています。そこから一気に爆発的に大きくなるわけです。
素粒子程度の大きさのモノには、不確定性原理が働きます。1つの粒子は、存在確率で実在を定義されていて、ココにある、とは言えない、という原理原則のことです。存在確率を雲に例えて確率の雲ということもあります。
インフレーション初期にできた素粒子は、その後のインフレーションのために一気に宇宙サイズにまで「確率の雲」が引き延ばされます。宇宙サイズに大きくなった確率の雲の中から実在する素粒子を観測する難しさは分かるでしょうか。
今のところ、ダークマターの正体のひとつの可能性と考えられていて、観測の試みが行われています。

宇宙の総質量は、地球から見える範囲の天体の動きなどから推測をすることができます。
近くは、銀河系の総質量は、太陽系の近くの恒星の動きなどからだいたいの計算はできるんですね。
また、実際に地球から見えているモノの重さからも、どのくらいの重さがそこにあるかが分かります。
この2つから計算した総質量で、大きな差があることが近年分かり、謎だったんですね。
その謎を説明できる宇宙論を考えた、というのが現状で、その宇宙論が正しいことを証明することができるから、ダークマターに注目が集まって...続きを読む

Q例えば宇宙空間で爆発した宇宙船などが宇宙塵となって、月のまわりの引力圏を周回することはありえますか?

例えば宇宙空間で爆発した宇宙船などが宇宙塵となって、
(大きくても小さくてもいいのですが)
月のまわりの引力圏を周回することはありえますか?

お教え頂きたくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 
 
1.
 「爆発したロケット」ではないですが、切り離されたロケットの実例があります。

http://www.planetary.or.jp/HotTopics/topics020925_3.htm

http://www.astroarts.co.jp/news/2002/09/13j002e3/index-j.shtml

http://hotwired.goo.ne.jp/i/news/20020930306.html

 月~地球~太陽~その他の惑星… これら全員から(重力を介して)指図を受けて 右往左往するので、小さく軽い物の将来は不透明です。地球のように大きく重ければ 一応 我が道を行くに近いですが。人間社会に似てますね。



2.単純化した話;
ロケットと月だけあって、日本の花火のように一様に割れた。

     ハ
     ●
     ↑
 イ●←☆→●ロ       ○
     ↓           月
     ●
     ニ

 破片のスピードが;
(1) 脱出速度より大きいなら イロハニ全ての方向の破片が脱出して 帰って来ません。途中の軌道は様々ですが 最終的に全て居なくなります。(ロの方向でも月にぶつからなければ脱出します。)

(2) 脱出速度と周回速度の中間なら イロハニ全てが月を回る衛星になります。その軌道は様々ですが。(月にぶつかって終わる軌道もあります。)

(3) 周回速度より小さいなら イロハニ全てが月に落ちてゆきます。その軌道は様々ですが。

 破片が飛ぶ方向は関係ないのです。爆発のエネルギだけで決まります。大,中,小 ですね。



 余談;
なぜ方向が関係ないのか?  ブラックホールなどの絵で 星の重力が中心で深い穴になってる図がありますね、地面に図と同じ形の穴を掘ったとします。(観客席が坂になってるスタジアムでも良いです。) 坂を登り降りすれば 位置エネルギの差があります。が、同じ深さの所をグルグル回るだけなら位置エネルギは変わりません。(歩き疲れるという話は無しです。)
 爆発地点から地上に出るまでに登らないとだめな高さは、イも ハも ニも同じです。 ハとニは距離は長いですが 登る高さはイと同じです。
(斜め後ろから引っぱられながら登るので 道は真っすぐでなく 双曲線になります。)
 ロの方向は 深く降りて反対側に登ります。降りる時に位置エネが速度エネに変わり、登りはそれが位置エネに戻るのだから、反対側で爆破位置と同じ深さになったときは 最初の速度エネに戻ってます。そして向きは月を背にしてます。これはイと同じですね。
 
 

 
 
1.
 「爆発したロケット」ではないですが、切り離されたロケットの実例があります。

http://www.planetary.or.jp/HotTopics/topics020925_3.htm

http://www.astroarts.co.jp/news/2002/09/13j002e3/index-j.shtml

http://hotwired.goo.ne.jp/i/news/20020930306.html

 月~地球~太陽~その他の惑星… これら全員から(重力を介して)指図を受けて 右往左往するので、小さく軽い物の将来は不透明です。地球のように大きく重ければ 一応 我が道を行くに近いですが。人間社会に似てますね。...続きを読む

Q宇宙の誕生の仕方はわかりましたが(水素とヘリウムと暗黒物質)、人間の誕

宇宙の誕生の仕方はわかりましたが(水素とヘリウムと暗黒物質)、人間の誕生の仕方がわかりません。 人間はどうやって誕生しましたか?

生物学の人に聞いても魚が進化したとか頭が悪い解答が多いので、
宇宙の誕生がわかった天文学の人に人間の誕生をおしえてもらいたいと思いました。

Aベストアンサー

最近買った本がこれです。

http://www.newtonsanseido.com/cart/book_view.php?book_code=0000000000063195

物質が現在生命と呼ばれるているものになる過程についての解説ですよね?
上のリンクの本に載ってます。

実際実験してみて、DNAを構成する物質ができたそうです。

Q膜宇宙論 サイクリック宇宙論 五次元宇宙論 ホログラフィック宇宙論 現在の宇宙論の中で一番有力視され

膜宇宙論 サイクリック宇宙論 五次元宇宙論 ホログラフィック宇宙論 現在の宇宙論の中で一番有力視されているのはどの宇宙論ですか?

Aベストアンサー

超弦理論の派生である膜理論。
全ての物理定数をプランク定数h(=量子)のみから
導くプロセスの奇跡の美しさが、偶然であるはずがない。

Q暗黒物質(Dark Matter)は透明ですか?

暗黒物質(Dark Matter)は透明ですか?

天体の運動量と軌跡を考えると観測できる天体以外に質量がないと辻褄が合わないことから、現生人類では観測できない暗黒物質なるものを仮説し、その質量が影響していると解釈するのが現在の標準的宇宙論とのことです。

暗黒物質それ自体がいかなる波長の電磁波も自らは発していないのは良しとして、他から発信された電磁波を妨げることも無いのでしょうか?
つまり、深部の銀河を観測する時、観測者と観測対象の間に暗黒物質があると考えざるを得ないのですが、この中間にある暗黒物質が電磁波を衰弱させるとか、偏光させるとかの影響があると思うのですが。

もし「暗黒物質自体が何も発していない」のみならず「暗黒物質はいかなる影響も及ぼさない」というのではれば、そのような”物質”を仮定するのことに無理があるのではないでしょうか?

そのような無茶な仮説よりも、重力以外で天体の運行に影響を与える力を仮説するのが自然と思うのですが。

質問を整理します。
質問1:暗黒物質は電磁波的に透明ですか?
質問2:天体の運行に重力以外の力(引力か斥力)が影響を与えていると仮説することは無意味でしょうか?

なにか、考えるヒントをいただければ有り難いです。

暗黒物質(Dark Matter)は透明ですか?

天体の運動量と軌跡を考えると観測できる天体以外に質量がないと辻褄が合わないことから、現生人類では観測できない暗黒物質なるものを仮説し、その質量が影響していると解釈するのが現在の標準的宇宙論とのことです。

暗黒物質それ自体がいかなる波長の電磁波も自らは発していないのは良しとして、他から発信された電磁波を妨げることも無いのでしょうか?
つまり、深部の銀河を観測する時、観測者と観測対象の間に暗黒物質があると考えざるを得ないのですが、この中間...続きを読む

Aベストアンサー

質問1:
今のところ電磁波に対しては「重力」としての作用しか確認できていません。(一般相対性理論では電磁波は重力で曲がります。)一般的には透明だと考えていいでしょう。

質問2:
今まで多くの学者がそのような考えで研究を進めてきていますが・・。

ある高名な学者とその点で討論しましたが、「アインシュタインの式より綺麗な方程式が書けないのです。それで皆あきらめているのです。」という話がありました。つまり光の速度を他の要因の関数にしたり、斥力の伝達も光速と違いものにしたりこれだけでも現在解っている全ての現象を解くには今までの物理常識では出来ないということのようでした。

まあ自然が綺麗な方程式だけで解ける物ではないということかもしれませんが、今の物理屋さん、数学屋さんには耐えられないのでしょうね・・・。

Q【天文学・宇宙・重力波】なぜ宇宙は真空の世界なのに重力波が伝わるんですか? 地球と宇宙は電波で通信

【天文学・宇宙・重力波】なぜ宇宙は真空の世界なのに重力波が伝わるんですか?

地球と宇宙は電波で通信している?

真空でも振動が伝わるってことは地球と宇宙ステーションで電波で通信している。

衛星も電波で通信して指示を与えている。

ってことは重力波が宇宙で伝わるのも当然ってことですか?

とすると、重力波の発見って電波で通信出来ているんだから存在して当たり前な気がしました。

そんな重力波の発見は偉大な発見だったのでしょうか。

地球と宇宙ステーションは電波で通信出来ずに光で通信していたらすみません。

Aベストアンサー

>真空でも振動が伝わるってことは地球と宇宙ステーションで電波で通信している。
この場合電磁波である光(光波・光子)が真空中を伝わります。光は透明な媒体ならどこでも届く。ただし速度の上限である「真空中の光速」より速くは情報は伝達出来ない。
現在のところ、この時空で相互作用を行なうに必要な力は、古典的には、電磁波、弱い力、強い力、重力、の四つしかない。力の媒体は、ファインマンと朝永先生が矛盾を解決した電磁波と弱い力が統一された電弱相互作用、強い力は湯川先生が見いだしたパイオン。問題は理論でも実際も重力を媒介する波・粒子が有る筈なのに見つからなかった。検出装置は巨大な金属柱を全ての振動から隔離し、それに多くの伸縮検出器を貼り付けたもの、それだけ。50年以上も無駄だった、だけどITが進歩し信じられない程細かい伸縮を検出出来る様になり、巨大な金属柱も作られた。でも重力子は質量が無い。なお電磁波を通信に用いるアンテナ間の電磁波も質量が無い。今回重力波・重力子が見いだされたのはほとんど運が良いとしか言い様が無い、二つの巨大な銀河系が斜めに衝突していた。多分それぞれの中には多くのブラックホールが含まれていたはず。それでようやく重力波・重力子が実在することが分かった。こいつには質量が無いので光速で飛んで来た。やっと欠落が埋まった。

>真空でも振動が伝わるってことは地球と宇宙ステーションで電波で通信している。
この場合電磁波である光(光波・光子)が真空中を伝わります。光は透明な媒体ならどこでも届く。ただし速度の上限である「真空中の光速」より速くは情報は伝達出来ない。
現在のところ、この時空で相互作用を行なうに必要な力は、古典的には、電磁波、弱い力、強い力、重力、の四つしかない。力の媒体は、ファインマンと朝永先生が矛盾を解決した電磁波と弱い力が統一された電弱相互作用、強い力は湯川先生が見いだしたパイオン。問題...続きを読む

Q暗黒物質は、ゆっくり動いて、周りの物質を集めている

ある新聞の科学蘭で、暗黒物質について、興味ある記事を読みました。
村山斉氏が、子供の質問に次のように答えていました。
子供の質問
  「暗黒物質は、重い性質があるという。その理由は」
村山斉氏の回答
  「速く動くと、周りの物質があつまりにくい。このため、暗黒物質はゆっくり動く重い物だと考えられている」
暗黒部質は、難しい問題で、今でも明快な解明がないらしいですね。
質問は、暗黒物質は、ゆっくり動いて、周りの物質を集めているのですか? 易しく教えて下さい。
 

Aベストアンサー

まず, 現在主流となっている理論では, ダークマターが存在してくれないと困ります. もちろん「ダークマター」という名称そのものはどうでもよくって
全く観測されていないけど周囲に重力を及ぼす「何か」
が存在してくれないと矛盾しちゃうというだけですが.

でもって理論上ダークマターにもいろいろな種類があるわけですが, ダークマターを使って構造を作るためには高速で運動する「ホットダークマター」ではまずくって速度の遅い「コールドダークマター」である必要がある, というわけです.

Q宇宙から太陽を見たらどのように見えますか?

 子供のころ、ある本で「宇宙空間から太陽を見たら真っ黒で何も見えない」というのを読んだ記憶があります。
 理由は、「地球上で太陽が見えるのは空気に光線が当って乱反射するからで、真空中では素通りするから何もみえない」というものでした。
 これは記憶違いかもしれません。

 可視光線があるので、見えると思うのですが……。
 でも宇宙から撮った太陽は生写真はあまり見ません。特殊なフィルターを通してのものが多いと思います。
 もし、太陽が見えないのであれば、宇宙の星々も見えないことになり、宇宙は暗黒になってしまいますが……。
 どなたかお願いします。

Aベストアンサー

実際に見てみて波動ですか?
参考URLにボイジャーから撮影した太陽の写真があります。

空気がないですので拡散しないので月を何倍も明るくしたような状態で見えます。

参考URL:http://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA00450

Q天文学の種類

○○天文学というような天文学の種類を教えてください。
ニュートリノ天文学やX線天文学などがあったと思うのですが。。

Aベストアンサー

margaret7さんがどこまでを天文学であると捉えるかによって答えは変わってくるかと思いますが、ここに書いてある内容が参考になると思います。

下のほうにある「天文学の各種分野」というところを見てください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%96%87%E5%AD%A6

Qこの宇宙は「親宇宙」か「子供宇宙」か?

この宇宙は「親宇宙」か「子供宇宙」か?

今我々が観測しているこの宇宙は「親宇宙」かそれとも「子供宇宙」でしょうか?
私は「子供宇宙」だと思います
その根拠はこの宇宙の中心点が時間の流れと共に移動していると言えるからです
(1)我々の宇宙は球体ではない
(2)この宇宙は膨張している
(3)内部構造には「斑」がある
これらの理由から「恒星が惑星の影響でぶれる理論」を応用して「子供宇宙」だと思うのです

詳しくはこちらを見てください(図解入りの説明です)
http://ichinarisoft.com/17/b01.htm
ムービーは若者向けなので、落ち着いて見たい方はテキストのみ参考にして下さい
5分程度で読めます
この考えですと親宇宙の存在、特異点、ブラックホールの説明は飛躍的に進歩すると思うのです

今の標準的な宇宙の姿は色々ありますが、どれも親宇宙(外宇宙)からの影響は
考慮しておらず「無」の空間と捉えていますね

もしこの理論が既に発表されているならどのような評価がなされているか気になります
ご感想をお願いします

Aベストアンサー

子供だったら親もいる祖父母もいる曾祖父母もそのまたさらに親も…きりがない
これを説明しないと子宇宙とは言えないと思います


人気Q&Aランキング

おすすめ情報