ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

交通事故の示談金(損害賠償額)について妥当かどうか教えてください。

主人が事故にあい半年間治療を続けたのですが、これ以上の回復の見込みがなく下記のような示談を相手の保険会社さんから提案されました。妥当かどうか私では検討もつきませんのでどなたかアドバイスを頂けませんでしょうか。宜しくお願い致します。

(主人は後遺障害12級13号に認定されています。)

I 傷害による損害について

1.治療費 ¥791,605
 総治療期間 217日  
 実通院日数 74日
2.看護料 ¥0
3.雑費その他 ¥28,754
4.休業補償 ¥0
5.慰謝料  ¥656,000
6.傷害による損害額小計 ¥1,476,359

II 後遺障害(12級13号)による損害について

7.逸失利益 ¥2,978,906
 年齢別平均給与額 ¥4,915,200
 12級労働能力喪失率 14%
 労働能力喪失率 5年
 5年に対するライプニッツ係数 4.329

 4,915,200円×14%×4.329=2,978,906

8.慰謝料 ¥930,000
9.その他 ¥0

10.後遺障害による損害額小計 ¥3,908,906


III 総損害について

11.損害額合計 ¥5,385,265
12.減額 ¥1,077,053 (過失割合20%を減額します ¥5,385,265×20%)
13.自賠責保険認定額(11-12)  ¥3,440,000
14.損害賠償額 (11-12)¥4,308,212 (上記13の自賠責保険認定額を含んだ金額です)
15.支払い済みの金額 治療費¥778,980 装具費¥12,154 計¥791,134

示談による最終お支払い額 ¥3,517,078


以上となります。
主人はTFCCというケガの後遺症に悩まされているのですが
運送会社勤務の為手は酷使する箇所です。
今も痛みと上手につきあいながら仕事をしていますが
この仕事をしていく上ではきっと一生つきあっていかなくてはならない痛みになるかと思います。
なのに労働能力喪失率が5年というのは短すぎると素人考えですが思ってしまいます。
交通事故の裁判の事例などを見ていますと主人と全く同じ症状(認定等級含め)の方が
この喪失率が75歳まで認められているケースもあり、
裁判はしなくとも示談でも65歳(定年にあたる歳)までは認められているケースがありますが
どのように相手の保険会社の方と交渉をすればよいのかわかりません。
弁護士の先生に最悪は頼もうと思っていますが交通事故の弁護士費用は
けっこうかかってしまいますのでできる限り自分で示談交渉したいと思っています。
その為の知識をどなたかおかし頂ければ幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 TFCC損傷は、あまり一般の方にはなじみのない傷病名ですが、いわゆる手首付近の靱帯等の軟部組織の損傷で、レントゲン等には写し出されません。


 そのため見逃されやすい傷病名であるという特徴もあります。
 一般的には、保存療法で半数以上の人が改善しますが、重度の損傷の場合は手術療法が必要になります。
 提示額について評価すると、休業損害が認定されていませんが、仕事はお休みにならなかったということでしょうか?
 保険会社に対して、個人として直接交渉してもかなりの増額は期待できないかもしれません。


 以下は弁護士委任を行うことを前提として記載します。

 こういうケースの場合、交渉上大切な点は「MRI画像等により損傷していることが確認されていること」が最も重要になります。
 医師の中には、MRI画像で確認できないのに、問診だけでTFCC損傷という診断名を付けることもあります。
 医師は、治療するのが目的であって、証明することが仕事ではないので、その点を確認して奥必要があるのです。
 休業損害が無く、手術もしなくて良かったということであれば、損傷の程度は軽度であったのではないかと評価されやすいということも事実でしょう。
 そのため、主治医に「今後時間の経過と共に改善する可能性があるか?」ということを確認してください。
 改善可能な病態であれば、後遺障害の労働能力喪失期間を67歳まで求めるのは困難になると予想します。
 弁護士は、こうした医学的な知識を持ち合わせていませんので、主治医に質問して、仮に「長期にわたって改善は困難である」とか「改善することはない」というような回答が得られる場合は、その旨記載された診断書の発行を依頼することをお勧めします(有料です)。
 損保担当者が本当にTFCC損傷に対する知識を有しているのであれば、その点の確認は当然行われていると思いますが、5年という短期間の査定しか行っていないところを見ると、もしかするとTFCC損傷に関する知識が無いのかもしれません。
 これと同様に、どこの弁護士であってもTFCC損傷に対する知識は持ち合わせていないと考えてください。

 ポイントは、(1)TFCC損傷の存在を証明すること(MRI画像による)、(2)将来にわたって改善が困難な病態であることを医学的に証明すること(主治医の診断書もしくは意見書)、(3)実態として就労や日常生活にどれほどの影響があるのかまとめておくこと、ということになります。
 そしてTFCC損傷という病態が、どのような病態であるのか、インターネット上に記載されているページを印刷し、担当弁護士に理解してもらうよう準備してください。
 「他の事例でこういう賠償がなされている」と主張しても、損害賠償は個別事例として判断する性質がありますから、あまり参考にはならないと考えてください。

 保険会社は、実際に収入の減少が発生していないという理由で5年という短期間を提示しているものと予測します。
 しかし、将来的にこのままの状態で収入を維持できるかは別問題です。
 「軽微な損傷であるため、将来にわたってほとんど影響がない。」という病態と、「かなり無理して仕事に出ているため現時点では収入の減少はないが、将来にわたってこのままの状態が維持できるかどうかは不明である(または困難である)。」という病態は、全く別の評価が行われるべきものです。
 将来的に悪化する可能性はないのか、その点も主治医に確認してください。

 紛争処理センターの弁護士は、損害保険会社と直接関係のない弁護士が嘱託弁護士として在籍しています。
 紛争処理センターの裁定には、保険会社は拘束されて拒否できないという特徴があり、弁護士費用も無料です(被害者は拘束されません)。
 弁護士会には裁定という強制権はなく、個別に依頼すると有料になります。
 将来的なご不安もあると思います。
 多少時間がかかっても、主張すべきことはしっかり主張してください。
 一般的には、後遺障害が認定された場合は、症状固定日から3年間経過しないと時効にはなりません。
 弁護士会から紹介される弁護士が、それなりの医療知識を有しているとは考えにくいため、費用負担のない紛争処理センターに提訴することをお勧めします。

 いずれにしても、怪我に関する損害賠償ですから、どういう怪我で、その怪我にはどういう症状があり、怪我のためにどういう苦労があるのか、そして現在の病態が将来的にどうなる可能性があるのか、これをなるべく正確に担当弁護士に伝える努力が大切です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
当方では知らないことだらけで大変助かりました。
MRI画像をとって画像の中でTFCC損傷がはっきりとわかり
診断を受けましたので、あとはその症状が
どのくらいの年月をかけ治るのか
また治ることはないのかを
医師に診断書として書いてもらえば良いのですね。
本当にありがとうございました!

お礼日時:2010/08/23 12:28

ご主人さんが何歳の時いつ事故にあわれて、けがの名称は何ですか?



私の姉が車に跳ねられ腰の骨を折り1ヶ月ぐらい入院し
慰謝料は全部で250万円ぐらいありました。
一生痛みを持ち働き続けること、それから考えますと351万円では
安い感じがしますわ。
専門のところでじっくり相談される方が良いです。
十分納得するまで、決めないほうが良いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

主人が33歳の時事故にあい(現在も33歳です)
ケガの名称はTFCC損傷という後遺症です。

弁護士の先生に依頼すると
高い弁護費用を取られてしまいますので
できれば紛争センターさんで
お世話になろうかと思っているのですが
弁護士の先生にお任せした方が良いのでしょうかね。。
悩んでいます。
励ましのお言葉、ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/21 18:07

何をもって妥当というのでしょうかね?



保険会社の提示=妥当と思う人もいるし低いとおもって納得しない人も居るでしょう

要するにあなたにとって妥当では無いという事でしょう!

そんなものは他人に聞いたところで仕方がありません

保険会社だってそれなりに根拠の上で提示しているものです
根拠が無ければ保険会社も金額の算出はできません

あなたが納得しないのであれば 裁判でも起こせばいいのです!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。何をもって妥当というかは
当方側としては地裁基準に値します。
地裁基準での慰謝料の上限は決まっていて
喪失年率も今は5年と出ていますが
地裁基準ならば何年に伸ばせるなどの
具体的なアドバイスが欲しいのです。
素人には難しい計算式等がありますので
それらを知っておられる方がいらっしゃればと思いました。
それに最近では高い弁護士費用を払って裁判を起こすよりは
交通事故紛争センターというところがあり
無料で弁護士さんが地裁基準の示談書を
提案してくださいます。
ですからこの質問サイトにも
専門的な知識を持っておられる方が
多数いらっしゃると思うのです。

紛争センターへ行くつもりですが
そこへ行く前に自分でできるだけの情報を
集めないとならないと言われて
途方に暮れておりました。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2010/08/21 18:01

自分もよくわかりませんがここで相談してみてはいかがでしょうか?


http://www.houterasu.or.jp/service/jiko_songaiba …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました!早速電話させて頂きましたが
相手の保険会社さんからの示談書が妥当であるかどうかは
相談に乗ってもらえませんでした(^^;)
日弁連の交通事故相談センターを紹介されましたので
そちらで一度相談してみます!
ありがとうございました!

お礼日時:2010/08/21 13:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故示談金の支払いまでの日数について

以前からこちらで相談させていただいておりました事故被害の示談交渉が終了しました。
皆さんのアドバイスやお心強いお言葉のおかげで、
何とか納得できる形で終わる事が出来ました。
本当にありがとうございました。
昨日(10月7日、金曜日)に示談書にサインをし保険会社に送付いたしました。
保険会社に到着が11日の火曜日としますと、入金までにどのくらいの日数がかかるのでしょうか?
うっかり聞くのを忘れてしまい、相手方も休日のために確認できません。
通常どの程度の日数がかかるのかご存知の方がおられましたらお教え願います。

今までご回答いただきました皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

Aベストアンサー

 示談が完了されたとの事ですが良かったですね。示談が済んで賠償金が精算されれば、事故での嫌な思いでも忘れる方向に向かう事が出来るでしょう。さてご質問の件ですが、相手の保険会社の担当者の手に渡れば後は担当者の手順次第です、担当者が直ぐ手続きをすれば、保険会社からは一番早い場合3日位で振り込まれるでしょう。もしお急ぎなら賠償金ですので遠慮なく請求すべきです、担当者は沢山の支払い案件があると思います。従ってどうしても請求される方を優先しますので、遠慮しないで請求して下さい。もし示談書(免責証書)を郵送した事を連絡していなければ改めて連絡して、そのとき必ず支払い日の確認をして下さい。送付した事を連絡をした後でしたら、確認の電話をした方が良いと思います。

Q後遺障害認定の結果

以前こちらでアドバイスをしていただき、後遺障害の手続きをした者です。
昨年4月にバイク事故により右手関節TFCC損傷に、11月に関節鏡手術を受けましたが、
可動時痛・握力低下・可動域制限などの症状があります。
先日相手保険会社から14級9号と事前認定の連絡がありました。
その書類に「自動による可動域が左手の可動域角度の四分の三以下に制限されていないから、
自賠責保険における後遺障害には該当しない」と記載されていたのですが、
これはどのようなことなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

後遺障害となるか判断したものに対して、後遺障害としての認定を否定した物の内容が書かれているだけの話です。

可動域(動かせる範囲)が、健常者の基準の3/4以上あれば、後遺障害として残ったとしても、後遺障害とは認定をされません。
ということが書かれているだけの話です。

本来、可動域は、自動では無く、他動(他人が動かす)で計測される物です。
自動より範囲は広くなる(正常値に近くなる)事が普通ですので、自動で3/4以上動いているのであれば、他動ではそれ以上動くと言う事でしょう。

筋力に関しては、手術などで固定すると、一時的に筋力は失われますが、筋力という物は使用する事で回復する物とされますので、それだけで後遺障害として認定される事は少ない物です。


医者の言う後遺障害とは、怪我をする前と少しでも変わった物すべてを後遺障害といいます。
自賠責保険(交通事故)での後遺障害とは、そんな広くは無く、労働災害保険での後遺障害の基準を採用していますので、労働に対してどれだけの労働能力損失があるのか?と言う所から決められている基準ですので、労働能力が落ちないもしくは一時的なもので回復の可能性が高い物(筋力低下など)は、後遺障害と認められない。
と言うのが基準になっています。

後遺障害となるか判断したものに対して、後遺障害としての認定を否定した物の内容が書かれているだけの話です。

可動域(動かせる範囲)が、健常者の基準の3/4以上あれば、後遺障害として残ったとしても、後遺障害とは認定をされません。
ということが書かれているだけの話です。

本来、可動域は、自動では無く、他動(他人が動かす)で計測される物です。
自動より範囲は広くなる(正常値に近くなる)事が普通ですので、自動で3/4以上動いているのであれば、他動ではそれ以上動くと言う事でしょう。

...続きを読む

Q交通事故で手首をケガ

今年の4月中旬にバイク運転中に一時停止無視の車と事故に、転倒しケガをしました。
救急の病院で頭のCT、首・手首・腰のレントゲンを撮り、骨折などはなく、首・腰の打撲、手首のねんざと診断されました。
その後自宅近くの整形外科に通院し電気治療やマッサージを受けましたが、2ヶ月経っても手首の痛みが改善されません。
不安になりMRIを撮りましたが、TFCC損傷・舟状骨骨折もないとの診断。
仕事ができないほどの痛みではありませんが、手を使う仕事(職人)なのでこのまま痛みを我慢しながらの作業はかなりのストレスです。
原因が特定できないので後遺障害認定も難しいでしょうし、このまま我慢するしかないでしょうか?
治療費は相手側の保険屋さんに支払ってもらってます。

Aベストアンサー

自分もほぼ同じ状態の事故で同じような怪我をしました。
半年や一年はハードに使うと手首の痛みはぶりかえしますし、
ゴルフなどをしても痛みがでてきます。

なので事故から10年以上たってもゴルフをする気がおきません。

自分の場合もMRIでも原因は特定できませんでしたが、
MRIにもでないような手のひらなどの軟骨にこまかい傷が
はいっているのではないか。といことでした。

とにかく痛みがひくまでまめに病院に通い続けるしかありません。
一時的に痛みがおさまっても、かならず後遺症がでるものと考え
仕事に支障がでるということを理由に示談などもぎりぎりまで
せずに治療に専念すべきです。

まあ、もらい損という意味ではどうしようもありません。
あとは時間が薬、お金で納得するしかありません。お大事に。

ちなみに、私もハンマー打ちなどをしていると、突然、握力がなくなって
作業を続けられなくなるということがときたまですが、今でもあります。

Q後遺障害認定にかかる時間・認定書が送られてくるのは?

●今年、1月中旬に「後遺障害診断書」を任意保険会社(任意一括にしているので)に郵送しました。
●3月中旬:あまりにも時間がかかっているみたいなので、医師にMRIなどの借受などの請求が任意保険会社からあったのか訊ねたところ「何の請求もありませんよ」いう回答でした。
任意保険会社にクレームを伝えたところ何の手続きがされていない状態でした。その直後、任意保険会社から整形外科へレントゲン・MRIの借受がされました。
●4月20日頃に自賠責保険から任意保険会社に「後遺障害14級」が認定されたと確認がとれたので示談交渉を開始しました。

■質問■
「後遺障害認定書」については、しばらく時間がかかると任意保険会社の担当は、言っています。

口頭で認定が出て3週間ぐらい経過しているのですが、「認定書」が送られてくるのは、後どのくらいかかるものなのでしょうか?

ちなみに自賠責も任意保険会社も同じ会社です。

Aベストアンサー

No.2で、書いたものです。

自賠責保険は、特殊な保険で、任意保険会社が勝手に料率(保険料)などを決める事が禁止されています。

自賠責保険は、加入時の保険料のうち、取り扱い手数料がいくらと決定されているだけでなく、事務経費などもすべて届け出る必要がある特殊な保険なんです。
ですので、受付事務なども別の部門に分かれていますので、被害者請求をする場合、保険会社のサービスセンターに電話をして、自賠責保険の受付窓口を聞いて下さい。

そこへ申請を行ったものに対して、任保険の担当者は手出しをする事は出来ません。

また、後遺障害の等級認定は、保険会社ではなく、自賠責保険の調査事務所という保険会社を超えた共同で行われている所で行いますので、保険会社とは別な機関と思ってください。
そこで認定された内容に対して、保険会社が認めないという事は出来ません。
(ですが、この組織に被害者が直接等級認定を申請する事も出来ないのです。)

任意保険から等級認定書が来た後、自賠責保険に被害者請求を行う事は可能ですので、自賠責保険の担当部署に異議申し立てを行うことになります。
ただ、この異議申し立ても、あなたから、単にその等級じゃ軽すぎるなどでは根拠になりません。
医師の所見として、客観的後遺障害基準に相当する内容やデータ、写真などの根拠を提示して申請します。
あなたの主治医が「12級だ!」と書いたって、そんなものは認めません。
あくまで測定結果、写真の内容などがすべてだと言う事を覚えておいてください。

自賠責保険の認定結果に関しては、加害者請求(任意保険会社経由)であれば、任意保険会社経由でしか通知は行われません。
任意保険の担当者にいつ出すんだと言っていくしかありません。

No.2で、書いたものです。

自賠責保険は、特殊な保険で、任意保険会社が勝手に料率(保険料)などを決める事が禁止されています。

自賠責保険は、加入時の保険料のうち、取り扱い手数料がいくらと決定されているだけでなく、事務経費などもすべて届け出る必要がある特殊な保険なんです。
ですので、受付事務なども別の部門に分かれていますので、被害者請求をする場合、保険会社のサービスセンターに電話をして、自賠責保険の受付窓口を聞いて下さい。

そこへ申請を行ったものに対して、任保険の担当者は...続きを読む

Q交通事故 被害者がいつまでも通院したら??

最近、事故を起こしてしまいました。

一時停止をし、のろのろと出たら、不注意で相手の車にぶつけてしまいました。
(相手の方もスピードは出ていませんでした)


私の車はよく見たらわかる程度の、擦り傷が付き、
相手の車は無傷でした。
(警察の方もそうおっしゃっていました)


相手の方が、
凄まじい衝撃で、首、肩、腰、腕、とにかく全身痛いそうで、めまいもするそうです。


その日のうちに、菓子折り持参で謝罪し、あとは保険会社にお任せするとお話してきました。



その後、保険会社から連絡がきて、相手の車は修理、場合によっては、ボディを取り替えると。


そして、病院には通院し続けるそうです。


警察の方もおっしゃっていた様に、車のボディに傷はありません。

どこを修理するのでしょうか?


ケガ具合は正直、本人しかわからないと思いますが、
スピードが出ていないのに、全身痛いとは…

とちょっと不思議。


謝罪しに伺った時は、小走りをし元気な姿を見てしまったので、また不思議です…。


よく事故で、大したケガじゃないのに、いつまでも通院する悪質な被害者がいるとも聞きました。


でも、保険で出るのは、
実際かかった医療費分だけではないのでしょうか?


通院すればする程、お金がたくさん貯まるなどのメリットがあるのでしょうか…?


通院され続け、今加入している保険会社にご迷惑をかけたり、
保険ではまかないきれなくなったりでもしたらと不安です。

最近、事故を起こしてしまいました。

一時停止をし、のろのろと出たら、不注意で相手の車にぶつけてしまいました。
(相手の方もスピードは出ていませんでした)


私の車はよく見たらわかる程度の、擦り傷が付き、
相手の車は無傷でした。
(警察の方もそうおっしゃっていました)


相手の方が、
凄まじい衝撃で、首、肩、腰、腕、とにかく全身痛いそうで、めまいもするそうです。


その日のうちに、菓子折り持参で謝罪し、あとは保険会社にお任せするとお話してきました。



その後、保険会...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社に任しときなさいな、それで良いのですよ。

そうそう、事故につけて金儲けする輩がいますよ、だってね、通院1日するだけで、自賠責では8400円の治療費とは別に慰謝料と言う物が貰えます、100日通院すれば・・・84万ですね、そこまで通院は出来ないでしょうけど、保険会社により治療打ち切りされ、後は後遺障害の認定受けて下さいとなります。

質問文を読む限りでは、過失相殺事故ですから、質問者様100%悪いわけではないでしょ。
その辺も含め保険会社に任しとけば良いのですよ。

裁判に訴えるとか脅そうとする輩もいます、ですが安心して下さい、弁護士費用・裁判費用・裁判所出廷は保険会社が対応ちゃんとしてくれます、ご安心を。

相手から連絡来て、何か請求されても、一切認めない、返事もしないをよく覚えておいて下さい、平謝りする必要もありません、保険会社に任してるの一点張りで良いです、相手が怒っても、保険会社に苦情お願いしますで良いです。

>通院され続け、今加入している保険会社にご迷惑をかけたり、
保険ではまかないきれなくなったりでもしたらと不安です。

そんな心配は無用、人身無制限で加入してるでしょ、問題ない、これが保険会社の仕事です。
永久に通院を認める保険会社はありません。



実際、質問者様も首が痛いと病院いけば、あら不思議、全治2週間程度の頚椎捻挫(鞭打ち)の診断書が出ますよ、目には目をと言ってやり返す人もいます。
人身事故になりますから、質問者様に行政処分(免停等)と刑事処分(罰金等)が処分対象になります、事故内容や今疑問に思ってる事を書き留めて、検察に呼ばれた時に釈明して下さい。

まともな検察なら不起訴もありえますからね。


現状の今は相手に関わらない事ですよ。

保険会社に任しときなさいな、それで良いのですよ。

そうそう、事故につけて金儲けする輩がいますよ、だってね、通院1日するだけで、自賠責では8400円の治療費とは別に慰謝料と言う物が貰えます、100日通院すれば・・・84万ですね、そこまで通院は出来ないでしょうけど、保険会社により治療打ち切りされ、後は後遺障害の認定受けて下さいとなります。

質問文を読む限りでは、過失相殺事故ですから、質問者様100%悪いわけではないでしょ。
その辺も含め保険会社に任しとけば良いのですよ。

裁判に訴えるとか脅...続きを読む

Q交通事故ってこんなにお金もらえるの?

友人が夜中に車の信号待ちをしている所に車が突っ込んできました。
相手が100%悪いらしいです。
車は一部つぶれてしまったので修理に出しています。
友人は少しむちうちぎみなので病院に通っていますが、普段は全然健常です。
友人いわく、1度病院に行くと4万円もらえるから行ける日は毎回行くと言っています。180日通えるようなので、計算すると700万円以上になります。また、後遺症は全くないのですが診てもらう時にウソであたかも後遺症があるようにすればうまくいくだろうと考えています。軽自動車だったんですけどこれでセルシオ買えるって言ってます。自分はそううまくはいかないと思うのですがホントにこんなうまくいくものなのでしょうか?

Aベストアンサー

自賠責から貰える慰謝料は日額4100円で、
任意保険会社でも同額を出してくれるときがあるので
最高で日額8200円になりますね。

その他、休業損害は賃金を貰えなかった分となります。

自動車の損害は時価額となりますから、
100万円で購入した新車で全損となったときで
2年乗っていれば約50万円しか貰えず、
ローンが60万円残っていれば10万円の損となってしまいます。

もらい事故で得をすることはありません。
得をするなら保険金詐欺が多発してしまいます。

また、被害者よりも加害者が得をすることもあります。
加害者の車両が残存価値150万円で全損となったとき
自分の車両保険に170万円入っていれば
20万円多く貰えることもあります。
被害者の車両は保険金額に関わらず原価償却法による計算されるので
損をすることが多いようです。

Q交通事故の症状固定が出てから 示談までの期間は?

教えて下さいませんか? 2年前交通事故に遭い重態
でしたので やっと5月14日に症状固定が病院から
でました まだ後遺症もあり 通院はしていますが
示談までの期間は通常どれくらい かかるものでしょうか? 又 もし示談になって 補償金とかが出た時
今まで治療費が 650万くらいかかったと 保険屋
さんに聞きましたが それらは その提示された
金額から差し引かれるのでしょうか?
どなたか 宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

  こんばんは。大変でしたね。私も以前交通事故で半年入院して、退院後1年以上通院していた時期がありました。
 
 後遺症があり、通院加療中であれば、まだ通院して治療をされるのが良いと思います。症状固定ということですが、治療で少しでも機能回復の可能性があるのでしたら、治療は続けるべきです。この辺りは主治医に良く相談してください。

 保険会社との示談などはいつでもできますので、後回しでも構いません。
 示談の保証金、つまり慰謝料は治療費とは別です。相手方が加入している、自賠責保険、任意保険の補償額の範囲で積算されるものです。

 相手方が自賠責しか加入していない場合、治療費は120万円までで、それを超える場合は、相手方が実費で支払う義務があります。
 任意保険に加入している場合は、その保証金額までの範囲で支払いすることが可能です。

 私の場合は、20年位前でしたが、治療費だけで1000万円を超えたとのことです。給与補償は全額当然のことでしたが、慰謝料は意外と安く130万円程度でした。
 私の場合は、治療に年月が掛かりましたがやっと完治しました。

 後遺障害がどうしても残るのでしたら、後遺障害認定を公的機関がしますので、その分の補償も保険より支払われます。
 後遺障害がひどい場合は、身体障害者手帳の発行されることになります。

  こんばんは。大変でしたね。私も以前交通事故で半年入院して、退院後1年以上通院していた時期がありました。
 
 後遺症があり、通院加療中であれば、まだ通院して治療をされるのが良いと思います。症状固定ということですが、治療で少しでも機能回復の可能性があるのでしたら、治療は続けるべきです。この辺りは主治医に良く相談してください。

 保険会社との示談などはいつでもできますので、後回しでも構いません。
 示談の保証金、つまり慰謝料は治療費とは別です。相手方が加入している、自賠...続きを読む

Q後遺障害認定までの期間・慰謝料

おととし12月末に交通事故に遭いました。自動車で信号待ち中に後ろから追突され(私の過失は0です)、むち打ちになり、昨年10月まで通院していました。
通院期間は10か月ですが、仕事上通院が難しく、実質の通院回数は50日ほどです。
医師から症状固定のため、あとは後遺障害を申請してはどうかと言われ、10月いっぱいで治療を打ち切り、11月に加害者側の保険会社へ後遺障害認定を申請していますが、いまだに返答がありません。
問い合わせを何度かしていますが、病院への確認など、資料がそろったのが12月末とのことで、未だ結果待ちの段階とのことです。

MRIでは所見なしでしたが、自覚症状としてまだ左腕の痺れや首の痛みがありますので後遺障害を認定してもらいたいのですが、こんなに結果が出るまで時間がかかるものなのでしょうか?
時間がかかる/かからない というのは、後遺障害が認定される/されない に関係がありますか?
私としては、もし後遺障害が認定されない場合、今後自費で治療しなければならなくなることに納得いかないのですが、それを理由に慰謝料の上乗せ(示談後の治療費として)を交渉することは可能でしょうか?

どうかご教授いただけたらと思います。よろしくお願い致します。

おととし12月末に交通事故に遭いました。自動車で信号待ち中に後ろから追突され(私の過失は0です)、むち打ちになり、昨年10月まで通院していました。
通院期間は10か月ですが、仕事上通院が難しく、実質の通院回数は50日ほどです。
医師から症状固定のため、あとは後遺障害を申請してはどうかと言われ、10月いっぱいで治療を打ち切り、11月に加害者側の保険会社へ後遺障害認定を申請していますが、いまだに返答がありません。
問い合わせを何度かしていますが、病院への確認など、資料がそろったのが...続きを読む

Aベストアンサー

>こんなに結果が出るまで時間がかかるものなのでしょうか?

加害者側の保険会社が後遺障害の申請を代行することを事前認定といいますが、通常、診断書や画像等の書類がそろってから40日が目安です。

>時間がかかる/かからない というのは、後遺障害が認定される/されない に関係がありますか?

特に明確な相関関係はありません。
事前認定の場合は、加害者側の保険会社が必要書類に不備がないかを確認したうえで、自賠責損害調査事務所へ送付しますから、自賠責はそれらから認定基準に合致するか、「相当」に該当するかを判断するだけです。

>もし後遺障害が認定されない場合、今後自費で治療しなければならなくなることに納得いかないのですが、それを理由に慰謝料の上乗せ(示談後の治療費として)を交渉することは可能でしょうか?

当然、そうすべきです。
「後遺障害」とは一定基準以上重度の後遺症のことです。認定されなかったと言って後遺症がないと否定されたわけではありません。
また、一度非該当となっても、継続治療や再検査の上、新たな医証を添えて、異議申立を行えば、認定される場合もあります。

>こんなに結果が出るまで時間がかかるものなのでしょうか?

加害者側の保険会社が後遺障害の申請を代行することを事前認定といいますが、通常、診断書や画像等の書類がそろってから40日が目安です。

>時間がかかる/かからない というのは、後遺障害が認定される/されない に関係がありますか?

特に明確な相関関係はありません。
事前認定の場合は、加害者側の保険会社が必要書類に不備がないかを確認したうえで、自賠責損害調査事務所へ送付しますから、自賠責はそれらから認定基準に合致するか、「相当...続きを読む

Q交通事故の慰謝料もらうのに、通院日数の数え方

息子(7歳)自転車と、自動車とぶつかりました。
人身事故扱いで保険屋との交渉中です。100%保証してもらえます。

前歯損傷(乳歯なので抜けてすっきりした)と、頭部打撲と、ひじ・両ひざ打撲と、頚椎捻挫の診断でした。

さて、通院に当たりその日数分の慰謝料が出るそうですが、計算方法が分かりません。

1、通院日数とは、救急車で運ばれた当日分も日数に入りますか?
2、A総合病院(脳神経外科と整形外科)+B歯科医院に通院中のばあい、
同じ日に治療すると、1日分?
3、脳神経外科と整形外科は別々の日に受診した方が慰謝料多くなる?
4、通院回数×4200円×2といわれましたが、×2ってなんですか?

通院の付き添いで、+2050円もらえるのも回数重ねればいい金額です。
どうせ、慰謝料もらえるなら出来るだけ多くほしいとおもいます。

そのほか、知っておくと良い事などおねがいします。

Aベストアンサー

>1、通院日数とは、救急車で運ばれた当日分も日数に入りますか?
治療延日数で計算されますので確実に入ります。

>2、A総合病院(脳神経外科と整形外科)+B歯科医院に通院中のばあい、
同じ日に治療すると、1日分?
 
通院が重なっても1日分です。
ただし、交通費は実費が出ますので個別に自宅からの額を請求してください。
また保護者が有給休暇を使って付き添った場合でも休業損害を請求できます。

>3、脳神経外科と整形外科は別々の日に受診した方が慰謝料多くなる?

  通院が重なっても多くなりません
  
 
>4、通院回数×4200円×2といわれましたが、×2ってなんですか?

痛くなくなるまでリハビリ(クビの牽引や電気治療など)のある整形外科で
週4回以上治療しましょう。

そうすれば、 治療延日数×2>通院期間  となります。

また、治療を終えるときには「治癒」ではなく「中止」としてもらえば
通院期間に +7日 加算されます。

自賠責の基準や計算方法は下記URLを参照してください。

http://home.att.ne.jp/kiwi/JHSC/isyaryou-kijun-01.htm#No.0008

>そのほか、知っておくと良い事などおねがいします。

自賠責で120万円使うと任意保険の基準になり、過失0%でも
もらえる金額がかなり下がります。
3ヶ月までは4200円、4ヶ月目は3366円、5ヶ月目は2933円、6ヶ月目は2533円、7ヶ月目は2100円です。

そうならないためにも治療費を抑えることが重要です。
交通事故の場合、多くの病院は自由診療の最高の1点20円で請求されます。
これは社会保険の2倍で単純にいえば2倍の治療費がかかっています。
(良心的な病院は事故でも1点10円のところもありますが・・・)

接骨医院などは上限がなくかなり高い額を請求するようです。
(リハビリで1日、5千~1万円)

病院側は、交通事故などの第三者行為のとき儲かる自由診療にしたがりますが
健康保険を交通事故の療養に使うと1点10円の計算で治療できます。
(使うといっても後から社会保険事務所が自賠責に請求するのですが・・・)
結局、自賠責での枠を広げることになり被害者が直接もらう枠が広がります。
まだまだ、治療が長引く可能性があるなら是非、社会保険事務所に相談に
いって用紙をもらい申請して下さい。(郵送依頼もも可能です。)

参考URL:http://home.att.ne.jp/kiwi/JHSC/isyaryou-kijun-01.htm#№0008

>1、通院日数とは、救急車で運ばれた当日分も日数に入りますか?
治療延日数で計算されますので確実に入ります。

>2、A総合病院(脳神経外科と整形外科)+B歯科医院に通院中のばあい、
同じ日に治療すると、1日分?
 
通院が重なっても1日分です。
ただし、交通費は実費が出ますので個別に自宅からの額を請求してください。
また保護者が有給休暇を使って付き添った場合でも休業損害を請求できます。

>3、脳神経外科と整形外科は別々の日に受診した方が慰謝料多くなる?

  通院が重なって...続きを読む

Q傷病手当金の受給期限1年6ヶ月を昨年12月11日に迎えてしまいました。

傷病手当金の受給期限1年6ヶ月を昨年12月11日に迎えてしまいました。
その上現在無職なので、今後の通院費などに困っています。
傷病手当金にかわる社会保障はあるのでしょうか?

何もわからないので、どなたか教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

Aベストアンサー

TFCC損傷ということは、尺骨とその神経叢の損傷になりますね。
障害年金の基準では、関節可動域(ROM)や筋力(MMT)の結果が
障害要件を満たすことが必要です。
複雑過ぎるので詳細な説明は省きますが、受給は微妙だと思います。
国民年金・厚生年金保険障害認定基準を見る限り、
少なくとも2関節以上に障害がないと、障害年金の受給はNGです。

したがって、障害年金以外のことも考えなければなりませんね。
身体障害者手帳の取得は考えましたか?
(税の減免などにつながる)

身体障害者手帳は障害年金よりはずっと要件が軽いので、
最寄りの市区町村の障害福祉担当課(福祉事務所のこと)に
お尋ねになってみて下さい。
身体障害者手帳があれば、
自治体の医療費公費助成制度の対象になることもありますので。

その他、社会福祉協議会(所在地等は福祉事務所が教えてくれます)で
生活資金を貸し付けていたりしますので、
こういった制度の利用を考えてみても良いと思いますよ。
知られていないだけで、活用でき得る制度はけっこうあるものです。
 

TFCC損傷ということは、尺骨とその神経叢の損傷になりますね。
障害年金の基準では、関節可動域(ROM)や筋力(MMT)の結果が
障害要件を満たすことが必要です。
複雑過ぎるので詳細な説明は省きますが、受給は微妙だと思います。
国民年金・厚生年金保険障害認定基準を見る限り、
少なくとも2関節以上に障害がないと、障害年金の受給はNGです。

したがって、障害年金以外のことも考えなければなりませんね。
身体障害者手帳の取得は考えましたか?
(税の減免などにつながる)

身体障...続きを読む


人気Q&Aランキング