建売住宅を購入して2年目です。子供は未定で共働きです。
間取りの使いにくさや水まわりの狭さなどを日々感じています。契約時は更地だったので、もっと入念に考えてから購入すれば良かったと反省します。しかし、このまま30年以上も不満を感じながらローンを払い続けるのは本当に気が重いです。
今は子供もいないので、ローンも余裕ですが誰もが将来のことを考えて倹約しますよね。我慢するのがやはり当たり前なのでしょうか?
同じような経験からの意見や部分的なリフォームのすすめ、思考の変換など、今後の参考になるお話があったら教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

私は4年前に中古住宅を購入して、飛行機の騒音に悩まされて半年で売却しました。


購入後すぐに150万円程かけてリフォームして、その分が無駄でしたが、
嫌々住み続けるよりは早い内に手放してよかったと思います。
実際、買い手が付くまでに半年かかりました。

今の家を見つけるのに半年と10日程(25件目)かかりました。
一度失敗してるので二度目は慎重に探しました。
売るなら早い内ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり皆さん買い替えを勧められますね。そして築浅の物件ほど条件がいいわけですよね。これで子供が出来たら、買い替えなんていつになるか分からないですし。実行するなら早いうちですね。
有難うございました。

お礼日時:2001/04/11 17:49

そうですね。

他の回答と同じように買い替えが良いかと思います。幸い欠陥住宅ではないし、築浅物件ということで、違反建築でなければ、比較的流通しやすいのではないかと思います。あまり残債は減ってないかもしれませんが、金利も安いし、購入時より相場も下がってるはずですから、1つの選択肢として考えられてはどうでしょうか?
賃貸で出すのは良いですが、また購入しようと思った時におそらくローンは難しくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yanakaさんからも買い替えのアドバイスがありましたが、一番の解決策ですよね。
もし、それを実行しようとしたら今度こそ失敗できないですね。消極的ですが
大きな買い物を数年で2回するには一般庶民にはかなりのプレッシャーですね。
再度購入する事も考えて、家の事をもっと勉強しようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/10 22:24

もうひとつ別の考え方があります。


買い替えをしてしまうということです。現状にどうしても我慢できないという状況であればひとつの方法です。今の不満点ははっきりしているでしょうから次に取得される物件の押さえるべきポイントはお分かりだと思います。
みなさんがそうだと思うのですがはじめての自宅購入で100パーセント満足される方はまずいないと思います。今は昔と違って不動産も一生に2,3回と住み替えや買い替えをする時代です。そのステップアップの中で自分に合った、住まいにより近づけていくということではないでしょうか。
もし、売れる金額が購入時より下がっていても税金上の損益通算、ローン控除などのメリットがあります。
    • good
    • 0

注文住宅でも同じことです。

練りに練って間取りを考えて
いざ入居して見ると、あーすれば良かった、こうもしておけば良かったという所が出てきます。
 メンテナンスを兼ねて少しづつ改良していく以外にありません。
 2年経過すれば、住宅金融公庫の住宅改良資金が借りられると思いますが、ローンを増やすのも何かと大変でしょう。別にまとまったお金があるのなら、別に気に入った住宅を見つけて引越し、今の住宅を借家にする方法もあります。一昔前にこうして不動産を増やされた方をしっていますが、この頃はこうした事例を聞きません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

知人からも『家は3回建て直してやっと納得できるものだ』といわれました。
注文住宅でもそうなのであれば尚更ですね。
5年もすればメンテナンスも必要になるし、いきなりリフォームを考えるより
本当に必要になるまでじっくり考えながら、他の物件を参考に見に行くのも良い
ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/10 21:57

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ