ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

法学部で学ぶ教科で普通に生きる上で役に立つ教科って何ですか?民法の授業で教授が「民法は日常生活を送る上ではほとんど役に立たない」と言っていたので気になりました。出来れば犯罪者にならない為の知識などを学びたいんです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

その教授が言ったのは、民法には任意規程が多い、という意味です。



任意規程とは、当事者間の合意があれば動かしてもよい、というもの。

例えば相続は、配偶者(未亡人)と子とが遺された場合、半々ずつ、というのが法定相続ですが、この相続分は当事者同士が合意すれば、変更できます。
変更後の相続分が法定相続分と異なっていても、当事者全員が合意すれば、法的に有効。
これが任意規程。

言い換えれば、合意が法律に優先する、ということ。
この意味で、民法など知らなくても、とにかく合意さえすれば法的には問題無し、という場合は、確かに少なくありません。

それでも、民法が全く役に立たないか?と言うと、そんなことはない。
民法には強行規程も少なからず含まれています。
双方代理(108条)、表見代理(109~112条)、瑕疵担保責任(415条、570条)、使用者責任(715条)などは重要な強行規程です。

あと一般に法学のことを英語で「jurisprudence」と言うように、法律を学ぶことはprudenceを身に付けること、です。
言い換えれば、法の精神や論理を会得することで、これは必ず役に立ちます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりました。詳しくありがとうございます。

お礼日時:2010/09/17 16:35

犯罪者になりたくないなら刑法と刑事訴訟法を。


後使いたくないけど不可欠なのが労働法です。
いつ解雇されるかわからない現代において、労働法は「勉強しておいてよかった」と必ず思う科目です。
特に人事部等に将来配属された際には日常茶飯事として労働法を扱います。
    • good
    • 1

>法律とはそもそも、社会における「紛争解決の為の指針」です。



税法みたいに「公共の福祉に使わせる為の指針」もありますよー?

犯罪なら捕まるか捕まらないかだけなので
トラブルに巻き込まれない限りその知識は必要ないですが、
公共の福祉による義務はトラブルが起こらなくても法律を知ってるほうが経済的優位を生みます。

まあ大学の授業では実務的なことはほとんどやらないですけどね。
紛争が無ければ法律知識いらないってのは間違い。


私が言ってるのは「大学の授業内容」が役に立つことはほとんどないと言ってるんであって、
法律そのものは役に立つものが山ほどあります。

授業よりもポケット六法だけを読むほうが役に立つぐらいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/24 00:56

「全部」役に立ってますけど……



そもそも知識とは「有る」だけでは役に立たないものです。
使いこなして初めて意味を持つの。
使いこなせないならそれは知識の方が役立たずなんじゃなくて
知識を持っている人間の方の能力が足りないんですよ。

もう少し突っ込んで言うなら、
法律とはそもそも、社会における「紛争解決の為の指針」です。
つまり、紛争と無縁の人生を送ることができるなら
法律の知識なんて不要です。

でも、紛争と無縁で生きていくことは、多分無理。
誰しもが人生の中で何度かは様々なトラブルに遭遇します。
そしてそれを乗り越えて生きていかなきゃいけないんです。

しかし、普通の生活、とは往々にして、
紛争のない生活、を意味します。
紛争に巻き込まれた時点でそれは非日常ですから。

つまり、紛争と遭遇せずに生きている人がいたら、
 その人の日常は平凡でしょうが、
 その人の人生は非凡なんですよ。

よって、「日常生活を送る上では不要」とは
「平凡な人生を送る上では不要」を意味しません。
言ってる意味わかるかな?




ちなみに犯罪者にならないための法律、ですが
質問者さんにとっての犯罪者の定義って何でしょう?
そこから伺わないと、どこまで学ぶべきかもわかりません。
優生保護法とかも知らないと犯罪者になっちゃう可能性があるけど
そこまで学ぶ学生はほとんどいないですしねえ。

あなたはどう生きたいの?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですか、とにかく犯罪者にはなりたくないのでやはり刑法が良いんでしょうかね。ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/23 16:26

法学部卒ですが、ほとんど役に立つ教科は無かったですね。



民法だけじゃなく商法でも刑法でも刑事訴訟法でも
法律の根本的な理論とか、多様な解釈の仕方があることの説明ばかり。


まあでも、法律って時代とともに判例とか解釈が日々変化していってるから仕方ないんですよ。

「これをこうすれば犯罪者にならない」って教えても
それはその瞬間までの判例による解釈であって、明日同じことをして逮捕されることもあり得るわけです。
民法なんかは刑法より遙かに融通の利いてしまう法律なので尚更。

だから大学ではそういう教え方はしません。=生活には役に立ちません


ということで私の経験では生活に役立った授業というのは一つも無いです。


ただ、法律用語や原則的な理論を知ってる分だけ、
大人になってから法律に関して調べたときに理解しやすかったり勘違いしなかったりとか
間接的には役に立ってることもありますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか、わかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/23 16:24

民法がほとんど役にたたないということはないと思いますが・・。


不動産を買ったり結婚したり離婚したり、隣家ともめごとがあったり金銭の貸し借りでトラブルがあったり、大きい金額の買い物をしたりというようなことのいくつかは人生のうちで体験していくことだし、そういう場面で最低限の民法の知識は必要だと思いますよ。



もっとも法学部というのは日常生活を送る上で役に立つ実用的な知識を学ぶ場所ではないでしょ。卒業したあとの職業生活の中で役にたてるためじゃないんですか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/08/23 16:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民法を勉強して役に立ったことは何ですか

または、民法を勉強して役に立つと思うことは何ですか。

Aベストアンサー

大学等で法律科目を教えている者です。

とても漠然とした質問ですね。


既に法律を学ばれている方の質問ならば、
1.民法は法解釈の基本であり、民法の解釈ができるようになれば、他の法律も解釈できるようになる事

2.民法の体系(パンデクテン・システム)は、大陸法系の法律の基本形なので、法律家として絶対に必要である体系的理解が身に付く事




これから法律を学ぶ方ならば、

1.民法に定められている事は、抽象的であり、ほとんどが特別法に委ねられているので、民法だけ学んでも役には立ちません。自己満足と見栄だけなら満たされるかな。あと、資格試験に合格だけはできるかな(それを使えるようになるには、特別法と規則・政令・通達と判例をしらみ潰しに学び続けなければなりませんがね)


2.民法と共に、商法、会社法、経済関連の法、労働関連の法、民事執行法・保全法・訴訟法、不動産登記法、借地借家法、建物区分所有法…などの特別法や手続法も学ぶと、民法の知識はとても役立ちます。



僭越ながら、法律で飯を食べるつもりならば、幅広く(できれば基本六法)学んでおきましょう。
もし、貴方が大学生ならばそれができる環境にありますね。

大学等で法律科目を教えている者です。

とても漠然とした質問ですね。


既に法律を学ばれている方の質問ならば、
1.民法は法解釈の基本であり、民法の解釈ができるようになれば、他の法律も解釈できるようになる事

2.民法の体系(パンデクテン・システム)は、大陸法系の法律の基本形なので、法律家として絶対に必要である体系的理解が身に付く事




これから法律を学ぶ方ならば、

1.民法に定められている事は、抽象的であり、ほとんどが特別法に委ねられているので、民法だけ学んでも...続きを読む

Q大学の法学部の講義は日常に活かせる?

タイトル通りです。法学部の進学を考えています。
また法学部の講義は面白いですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

社会に出て一番役に立たないのは経済学部と英文以外の文学部でしょうね。文系の場合、経理マンになるか、営業マンになるかですが、前者なら商学部、後者なら商学部か法学部が役に立ちます。ただし、倒産しない公務員を目指すなら絶対法学部が有利です。なぜなら、お役所は法律・規則で成り立っているからです。典型は警察官かな。刑法、刑事訴訟法を学べるのは法学部だけです。さて、このほか銀行や私企業でも法務部門は重要視されます。そこにも法学部卒の活躍の場があります。そもそも・・私達の身の回りで法律行為でないことのほうが少ないのかも知れませんよ。売買、貸借、結婚、出産など、これらはみんな民法に規定があるのですから。法律の知識は学べば学ぶほどためになります。その知識を悪用して、共謀して善良な市民を痴漢にでっちあげるなんていうのは、法学を学ぶ人間としてもっとも恥ずべきことです。

Q法学部での勉強はどれくらい役に立つ?

法律の専門家あるいはそれに準じる仕事をされている方にお聞きします。法学部卒か否かは問いません。

法学部での勉強は、法律家になるのにどれくらい有用なんでしょうか?法学部外で学べる法律に役に立つことを差し引いてお願いします。

抽象的な質問で申し訳ありませんが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

専門家というわけではありませんが、実際司法試験合格を目指している院生の立場からお答をさせていただきます。

率直に言って、司法試験合格のためには、学部での勉強はあまり役に立たないのではないかと思います。私はある研究室の所属していて、毎年5人程度の合格者をみてきましたが、早期合格する人は、学部の授業には出ておりませんでした。ある人は、合格するには授業に出ている暇なんかないと言っていました(その人は大学3年で合格しました。)。おそらく、彼らが学部の勉強が役に立たないと考えている理由は2つあると思います。

まず、授業の進行が遅いこと。教科書10ページくらいの所を延々とやったりする教授は、私も何度もみたことがあります(というか、私の今の指導教授です・・。)
次に、意外と教授は大局的な授業をしてくれないこと。私の目から見ても、教授は些末な論点にこだわりすぎていて、全体像を提示してくれないことが多々あるように感じます。(大学によっても違うのでしょうがね・・。)

もちろん、将来法律家になって、授業で学習したことが役に立つこともあるでしょう。しかし、そもそもが法律家にならなければ役に立つ経験もできないわけで。
特に、最近のように、予備校全盛時代にあっては、予備校を活用しなければ早期合格はおぼつかないのではないでしょうか。

私は、毎回講義に出席して、基本書も読みあさりました。しかし、25になって未だに合格ができていません(涙)。そんな私の経験上も、授業よりも大人しく予備校いけ!!と言わざるを得ません。

専門家というわけではありませんが、実際司法試験合格を目指している院生の立場からお答をさせていただきます。

率直に言って、司法試験合格のためには、学部での勉強はあまり役に立たないのではないかと思います。私はある研究室の所属していて、毎年5人程度の合格者をみてきましたが、早期合格する人は、学部の授業には出ておりませんでした。ある人は、合格するには授業に出ている暇なんかないと言っていました(その人は大学3年で合格しました。)。おそらく、彼らが学部の勉強が役に立たないと考えてい...続きを読む

Q法学部の学生です。就職活動で質問があります。

現在、新卒で就職活動をしています。

面接で「なぜ法学部に?」「なぜ法学部なのに法律関係の道に進まないのか?」と質問され困っています。

正直なところ、なんとなくで法学部に入り、司法関係に進もうと思ったこともありません。

ちなみに先日の面接では、「裁判所に傍聴したり、弁護士の話を聞いて自分には合わないと思った」と答えたのですが、どこかネガティブですよね。。

なんて切り返すのが一番良いのでしょう?

Aベストアンサー

面接で「なぜ法学部に?」「なぜ法学部なのに法律関係の道に進まないのか?」と質問された場合は・・・

「法律関係の道に進みたいから法学部に行ったのではなく、社会人として社会のルールの基礎・基本を身に付け、大学で培った法律的な考え方に立って様々な問題にも順応できるように、法学部に入りました。」という感じで答えてみてはどうでしょうか??

面接では絶対に自分のマイナスになるようなことを言ってはダメです。アピールする場ですから、全て自分のプラスのなるようなことを言うように注意してくださいね。

参考になれば、嬉しいです。

Q日常で役立つ民法

どういったものがおすすめでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたらご投稿お願いします。

Aベストアンサー

民法というのは、条文の数が千を超える一つの
法典です。
そして、私法の基本となる法律ですから、殆どの
条文が日常生活で役に立ちます。

例えば、未成年者がなした契約は取り消すことが
できる、法人と自然人とは人格が異なる、詐欺
によってなされた契約は取り消せる、時効、抵当権
賃貸借、借金、殴られて怪我をしたときの法律、
親子、婚姻、扶養、相続などを含みます。

これらは皆、日常生活に役に立ちます。

しかし、これを総て覚え理解するのは並大抵のこと
ではありません。

それでお勧めですが。
1,必要な部分だけを勉強する。
 相続で悩んでいれば、相続関係を勉強すれば
 よいでしょう。
2,法律は、90%は常識と合致します。
 そうでなければ市民の支持を得られません。
 だから、健全な常識を醸成することをお勧め
 します。
3,重要な問題の場合は、ためらわずに専門家に
 相談することです。
 わずかな金をけちるべきではありません。
 利息制限法を知らず、人生を棒に振った人は
 何人もいます。

Q法律を勉強する楽しさってなんですか?また、法律の勉強、どこが面白いですか?

ふと気になりました。法律を学ぶとき、どこら辺が楽しいでしょうか?
また、身に付いたことってありますか?回答宜しくお願いします。
どういう勉強の方法が有意義だと思いますか?

Aベストアンサー

 法律はその扱う問題が、身近な社会事象、つまり憲法ですと社会そのもの、刑法ですと犯罪、民法ですと売買や相続や離婚等など、更に商法会社法と、極めて身近な事ばかりです。又知っていればお金になります?資格取得の対象になります。極めて実用的な学問です。
 
 権利意識の強くなる今後の社会では、法律家の社会的必要性は、益々多くなることは間違いありません。
 
 法律は常識の延長のようなものですが、常識と法常識は少し異なります。法律的に物事を考えられる人は、リーガルマインドのある人です。これはリーガルナリッジ、つまり単に法律的知識を有する人同様に、珍重されると思います。
 
 よくテレビ等で弁護士さんが、法律はこのように考えますと言ってるでしょう。あれがリーガルマインドある人です。

 法律は論理の組み立てです、数学のできる人が、法律は良く出来ます。あるひとつの社会事象に、私はこう思うと結論を言い、何故ならば、これこれこお言う理由があるからだ!と証明するわけで、こうなると数学そのものです。頑張って勉強して下さい。

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

Q法学部は忙しい?

すいません、タイトル通りです
再来年に早慶の法学部を受験するんですが、予習中に何故か頭にこれが浮かびました
それから法学部のことを調べるうちに。どんどん法学部学生の話をみてると辛い所ばかり聞いてます
司法試験受けるか、などにも左右されると思われますが、受験勉強なんて序の口~や、単位取るだけで精一杯などなど。
法律の勉強できることになるのを目指している筈なのに、忙しいか気にしてるなんて・・・すみません
大学に寄りけりってのもあると思うんですが、
法学部は他の文系の学部と違って一味も二味も違うんでしょうか?(笑)
勉強の息抜きにでも軽く教えてください、おねがいします

Aベストアンサー

家庭教師派遣会社勤務です。明大法学部出身で、元司法試験受験生です。

法学部は「別名:法楽部(ほうがくぶ)」とか、「別名:法学部砂漠」と呼ばれます。

前者の最大の理由は「卒論が無い!」これにつきます。また、もう一つ理由として「後期試験一発勝負で、前期は一・二年生の一般教養科目しか試験が無く、レポートは一切無い」というのが主な理由です。

そして、後者の砂漠と呼ばれる理由は、法学部の専門科目は出席が求められていません。ゆえに、大学三年生になると、途端に大学に行かなくなります。講義は講義で、先生たちは「俺の講義を受けている暇があったら勉強しろ!」っといいますので、学生が必然的に寄り付きません。なんか一種の短大に行った錯角すら覚えます。法学部に行く人間は「一人で勉強する」ことが求められます。それと、あまり群れを成すタイプの人間は向かないと思いますよ。確かに講義は出てもわかりませんね。また、司法試験勉強をしている奴からすると、司法試験と関連性がない講義を受験科目(例:民法)ですらやっているので、出ている意味が無いのですよ。

司法試験勉強は確かに、大変でした。浪人時代が十年以上続いた感じがして、私は20代いっぱいいっぱいまで頑張りましたが、さすがに30代まで勉強するのはつらいと思い、辞めました。正直、大学時代も浪人の延長線上でしたね。もっとエンジョイした大学生活を送りたいなら、司法試験はやめた方がいいでしょう!

家庭教師派遣会社勤務です。明大法学部出身で、元司法試験受験生です。

法学部は「別名:法楽部(ほうがくぶ)」とか、「別名:法学部砂漠」と呼ばれます。

前者の最大の理由は「卒論が無い!」これにつきます。また、もう一つ理由として「後期試験一発勝負で、前期は一・二年生の一般教養科目しか試験が無く、レポートは一切無い」というのが主な理由です。

そして、後者の砂漠と呼ばれる理由は、法学部の専門科目は出席が求められていません。ゆえに、大学三年生になると、途端に大学に行かなくなりま...続きを読む

Q公務員に向いている学部は?

現在高校3年の女子です。今まで将来の事をあまり考えずに
興味が湧いたからというだけで慶應と早稲田の文学部を志望してたのですが、
改めて将来のことを考えると、結婚する気がなく、できれば生涯働きたいと思っているので
公務員を目指してみようかなという気持ちが出てきました。
そこで公務員試験について調べたら、経済や法律からの出題が多いようなので、
志望学部を変えようかなと思い始めました。
こういった観点から考えると、経済学部と法学部だったらどちらの方がよいのでしょうか?
親に相談したら、「お前はやりたくないことに向けて努力できる性格じゃないから興味のある学部にした方がいい」と言われてしまいましたが…
この時期に学部に迷ってるというのはあまりいい事ではないと思うので、
なにかいいアドバイスがあったらお願いします。

Aベストアンサー

 「公務員」というのは役所に勤める行政職ですよね?
でしたら、よく有利と言われるのは、仰るとおり、法学部と経済学部です。が、この2学部において公務員試験受験に当たってどちらが有利かといえば、どちらも大差ないです。ただ、経済学部は数学を使う場合があるのでその点は考慮する必要があるでしょう。意外に見落としがちなのですが。(また、以前こちらで見かけた回答では「法学部」の方を薦めている方もいらっしゃいました。一つの考えということでご紹介しておきます。その方は、民法の勉強が大変だったそうです)法律か経済か、興味のあるほうでよいでしょう。邪道ですが、単に公務員を目指すのならば、入試段階で入りやすいほうの学部でも良いのかもしれません。

 それから、ひとつ注意点を。
 お調べになったとおり、行政職の公務員採用試験、特に「専門試験」と言われる物は法学や経済学、政治学といった分野からの出題が圧倒的です。なので、「とっかかりやすさ」で言えば、法学部や経済学部の方が有利なわけです。しかし、「とっかかりやすさ」はあるにしても、大学の講義がそのまま採用試験に結びつくか、というと必ずしもそうではないそうです。公務員試験の受験者は公務員試験用の予備校に通う場合が多いです。

 なので、もし文学部の方に興味があるのならば、文学部へ進学した方が良いでしょう。文学部から公務員になる人も多いです。No1の回答者の方のお話の通り、4年間も勉強するわけですから、自分がより興味のある方を選択するのが良いと思います。

 以上です。何か疑問点あれば補足してください。

 「公務員」というのは役所に勤める行政職ですよね?
でしたら、よく有利と言われるのは、仰るとおり、法学部と経済学部です。が、この2学部において公務員試験受験に当たってどちらが有利かといえば、どちらも大差ないです。ただ、経済学部は数学を使う場合があるのでその点は考慮する必要があるでしょう。意外に見落としがちなのですが。(また、以前こちらで見かけた回答では「法学部」の方を薦めている方もいらっしゃいました。一つの考えということでご紹介しておきます。その方は、民法の勉強が大変だっ...続きを読む

Q行政書士・司法書士の大学在学中合格について

皆様はじめまして。
私は今年大学の法学部に入学したものです。
私が法学部に進学しようと考えたきっかけは、中学生の時に弁護士になりたいと思ったことでした。
しかし、司法制度の改革により法科大学院に進まなければならず、
金銭面でかなり難しくなってしまいました。
旧司法試験での現役合格も考えたのですが、あまりにも現実的ではない(私が受けることが出来るのは、旧司法試験最後の1回のみです。)と思い、大変悔しいのですがあきらめることにしました。
私の家はあまり裕福ではないので、(大学も、私のために無理をして通わせてくれています。)親からの援助は無理だと思います。
そうして考えた結果、今は無理でも長い人生の中で成就していこうという結論に至りました。

ただ、せっかく司法試験の勉強を必死にしようと思って大学に入学したのに、何もせず貴重な大学生活の時間を無駄にはしたくない(通わせてくれている親にためにも)と思い、以前から興味があった行政書士・司法書士の資格を取得しようと考えました。

そこで、皆様のアドバイスを聞かせていただきたいです。
(1)行政書士と司法書士二つの大学現役合格は、司法試験現役合格と同じように無謀な考えでしょうか?

(2)どちらの勉強からはじめた方が効率はよいでしょうか?
出来たら、4年に進級するまでに合格をしたいです。

(3)試験科目はそれぞれ調べてあるので分かっているのですが、基本書・参考書はどういったのを使えばよいですか?
 皆様が実際に使ってみて、これは良かったと思ったものを教えていただけると大変嬉しいです。

(4)予備校等に通わないと合格は難しいでしょうか?
金銭的に現状は難しいのですが、必要であればバイトをして、お金を貯めたら通おうとは考えています。しかし原則、利用はしないつもりです。

生半可な考えでは通用しないというのは、十分承知しています。
しかし、そのための覚悟も出来ているので、ぜひ皆様の良きアドバイスを聞かせていただきたいです。
モチベーションを上げるためにも、厳しいご意見もお待ちしています。
どうぞよろしくお願いします。

皆様はじめまして。
私は今年大学の法学部に入学したものです。
私が法学部に進学しようと考えたきっかけは、中学生の時に弁護士になりたいと思ったことでした。
しかし、司法制度の改革により法科大学院に進まなければならず、
金銭面でかなり難しくなってしまいました。
旧司法試験での現役合格も考えたのですが、あまりにも現実的ではない(私が受けることが出来るのは、旧司法試験最後の1回のみです。)と思い、大変悔しいのですがあきらめることにしました。
私の家はあまり裕福ではないので、(大学...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
まずは入学おめでとうございます。
すでに有益な回答が寄せられているようですが、法学部生としてお力になりたいと思い回答させて頂きます。

(1)行政書士と司法書士二つの大学現役合格は、司法試験現役合格と同じように無謀な考えでしょうか?

全く無謀とは思いません。きちんと計画を立て、努力すれば在学中に両方合格できるでしょう。

(2)どちらの勉強からはじめた方が効率はよいでしょうか?

私の先輩は、大学2年の秋に行政書士試験に合格しました。
難易度や科目から考えても、まずは行政書士ですね。
大学2年の秋に行政書士合格、4年の夏に司法書士合格という計画ではどうですか?
なぜなら、行政書士合格後、登記関連の法律の勉強や、行政書士試験の勉強で得た知識を、司法書士試験の出題形式や傾向にあわせていく作業が必要だと思います。
そうすると、司法書士は3年の夏だと少し間に合わない気もします。3年の夏は挑戦のつもりで、4年の夏が本番くらいが現実的かと思います。

(3)試験科目はそれぞれ調べてあるので分かっているのですが、基本書・参考書はどういったのを使えばよいですか?

まずは民法からはじめるのがいいと思います。次に憲法。民法、憲法までは1年の間にやりつくしましょう。
大学の春休みは長いので、1年生が終わった後の春休みから、行政法、商法を始めるくらいがいいかと思います。
参考書は、Wセミナーのコンパクトデバイス、伊藤塾の試験対策講座、LECのC-BOOKあたりの読みやすいのがいいと思います。
行政書士、司法書士の試験は論文の出題はありませんが、可能な範囲で司法試験などの論文問題集に目を通してみると理解がぐっと深まるかもしれません。
民法の勉強できっちり法的思考力を磨いてください。これは本当に大事です。
せっかくの法学部なんですから、授業のみならず、いろいろ教授に質問しましょう。

(4)予備校等に通わないと合格は難しいでしょうか?

行政書士は、法的思考力を身につければ、あるいは暗記の力技で、予備校抜きで何とかなるでしょう。
ただし、最近行政書士試験が少し変わって、記述形式の問題について、暗記では対処しづらいような印象も受けます。
しかし、司法書士については短期で合格するには、予備校のノウハウを利用するほうがいいかも知れません。
いずれにしても、まずは行政書士でしょうから、行政書士試験合格後に、司法書士の過去問を解いてみて、予備校抜きでは不足だと感じる部分だけでも、おそらく登記関連の法律や、記述式の試験の部分になると思いますが、予備校を利用することを検討してみてはどうですか?
検討するのは行政書士試験合格後ないし2年から3年になるときくらいでいいかと思います。
勉強の妨げにならない程度で、社会勉強だと思ってバイトをすれば、2年後には、必要最小限の予備校費用は稼げなくもないかと思います。

最後に、途中でも書いたアドバイスですが、法的思考力を身につけてください。
高校の勉強の延長気分で勉強すると、暗記に陥りがちで、力がつかないことになりかねません。
きちんと条文を読んで、どのように解釈されているか、文言に忠実なのか、広げて解釈しているのか、限定して解釈しているのか、なぜそのように解釈されているのか、なぜその解釈の必要性があるのか、なぜその解釈が許されるのか、不利益を受ける人はいないのか、というような視点を持ってみるといいと思います。

頑張ってください。

はじめまして。
まずは入学おめでとうございます。
すでに有益な回答が寄せられているようですが、法学部生としてお力になりたいと思い回答させて頂きます。

(1)行政書士と司法書士二つの大学現役合格は、司法試験現役合格と同じように無謀な考えでしょうか?

全く無謀とは思いません。きちんと計画を立て、努力すれば在学中に両方合格できるでしょう。

(2)どちらの勉強からはじめた方が効率はよいでしょうか?

私の先輩は、大学2年の秋に行政書士試験に合格しました。
難易度や科目から考えても...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報